芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またまたご無沙汰です

あの大雪からはや2ヶ月。

またもや長らくご無沙汰しているうちに横浜では桜も終わってしまい
すっかり緑が濃くなりました。

4月13日の庭1

写真を見てのとおり、大規模修繕の足場が立ち上がっています。


4月13日の庭4
庭の階段側

テラスへの出入り口が確保されています。


約1m、庭側に足場が立てられましたが、
施工業者の現場責任者にも相談の上、バラの植替えはゼロで済みました。

足場や作業員に潰されると困る草木に黄色いビニールテープでマーキングし
足場を立てる場所を可能な範囲で避けてもらいました。

足場のネットの内側にも、小型のバラやつるバラ、クレマチスなどもそのまま。

遮光ネットを張ったような感じで多少日当たりは悪いけれど、
生育に致命的な影響が出るほどではなく、多少の花も期待できそう。


4月13日の庭2
庭にせり出した「半島」花壇には、足場内から一時避難した鉢を仮置き。

原種チューリップ、クリサンサが花を咲かせ、
もみじ、黄金シモツケ、黄金メギなどのカラーリーフも展開中。


4月13日の庭3
足場から避けたり、一時外したアーチから仮誘引した新雪、ピエール・ド・ロンサール、
ウィリアムモリスなどからは次々と新枝が伸張しています。


4月13日の庭5
かなり短く切り詰めたアンジェラとつるアイスバーグもしっかり茂ってきました。
写真では分かりづらいですが、株元付近からはたくさんのシュートが早くも伸び始めています。



4月13日の庭6
階段の上の安曇野も足場の下ですが、日当たりは良く
株元が腐りかかった症状も悪化がとまり、元気に新しいシュートも伸び始めました。


4月13日の庭7
ウィリアムモリスや新雪、カクテルなどに早くも蕾が着き始めています。
例の憎きバラゾウムシの被害が少々見られるものの、瑞々しく輝く若葉が元気です。



4月13日の庭8
クレマチスはだいぶ切り詰めたものの、H.F.ヤングや白万重には蕾が上がってきました。


このあと、錆付いた芝刈り機に油を差して調整し
約半年振りに芝を刈り込み、粒状肥料も散布。

足場が立ってからもまだ片付けが終わっていなかったテラス内も、鉢類は庭に出し、
ガーデニンググッズや用土などをマンション内の仮置き場所へ移動。

かなりの作業でしたが、この土日でほぼ完了。

スッキリしました。


バラが咲き終わる6月頃までこの状態が続きますが
当初思っていたよりは大した影響なく大規模修繕を乗り切る見通しが立ちひと安心。

5月にはそこそこの開花が期待できそうです。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/04/13(日) 23:53:23|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

あけましておめでとうございます 2014

仙台・雪のベランダ

あけましておめでとうございます


2014年が明けました。


すっかりご無沙汰してしまいました。

引き続き元気に仙台で単身生活を続けていますが、
この年末年始は横浜に戻ってのんびりしています。


秋以降、仙台のベランダはバラの開花も少なめで、
ついついBLOGの更新が滞ってしまいました。

その間、平日は仕事で出張が続いたり、
週末には月一のペースでマラソン大会に出場など
結構忙しくしていたもので...

マラソン大会のない週末は、横浜の自宅に戻って
芝の種まきやら、バラの世話などをやってはいましたが、
以前書いたように、この冬から春にかけてわがマンションの大規模修繕があり
ちょうど春の開花時期に足場が組まれることが確定したため、
すべて気が重くなるような作業ばかりで、モチベーションは下がるばかり...


この年末年始も少しずつ作業が進行中ですが、
暮れにテラス上を飾っていた新雪をバッサリと切り落としました。

新雪・剪定前
これが剪定前


新雪・剪定後
そして剪定後...

フェンス側にまだ新しいシュートを2本残していますが...


切り落とした枝はテラスのガーデニングテーブルに山積み状態。
このままではゴミに出せないので、太い枝はノコギリで、
細い枝は剪定バサミで切り刻んでゴミ袋に詰めなければなりません。

いつもの剪定枝なら、これも目的あってのプロセスと思えば楽しい作業なのですが、
今回に限っては何とも切ない作業です。


今月中旬に大規模修繕の説明会があり、どの程度まで片付けなければならないかはっきりしますが、
テラスや壁面に近い部分は最悪の場合根元近くまで切り戻すか、別の場所に植え替えなければなりません。

それ以外の場所も、修繕作業の邪魔にならないように相当「刈り込む」ことが求められそうで、
10年~15年に一度は、と分かっていた事とは言え、やはり気が重くなる一方です。


そんな訳で作業もなかなか捗りません。



西洋芝の方も、修繕作業で踏み荒らされて酷い状態になるのは承知の上で、
雑草除け対策くらいに割り切って、秋に一応種まき作業を済ませました。

芝の種まき2013/10
10月上旬、夏の間に傷んだ芝を短く刈り込み、種まき作業。

例年だとケンタッキーブルーグラスとトールフェスクを7:3程度で混合するところを
今年は丈夫なトールフェスク単植に切り替えて手を抜きました。


西洋芝種まき3週間後
3週間後にはここまで生え揃い、まずは手刈り。


西洋芝の状態2013/12
その後、台風が来たり、しばらく留守にしているうちに病気が蔓延したりして
これが12月の状態。

例年に比べるとかなり酷い状態ですが、
少なくとも春の雑草除けぐらいにはなってくれるでしょう


1月5日午後に仙台に戻り、その後も東京や横浜を行き来したり、
東北地方を飛び回る日が続きます。


そんな合間を縫って仙台では朝か夜にランニングを続けていて、
秋以降も、ハーフやフルマラソンに月一ペースで参加しました。

11月下旬のつくばマラソンでは、3度目のフルマラソンで
自己ベストを17分ほど詰めて3時間10分を切る好タイムでゴール。
いよいよ「サブ3」(3時間切り)が視野に入ってきました。

実はここからの10分がこれまでとは違いメチャ厳しくなります。

50代も半ばに差し掛かりつつあるだけに、
ここから先の「伸びしろ」は老化とのせめぎ合いでどんどん狭まる一方。
時間との勝負でもあり、体重1kg当たり3分と言われる減量効果も織り込んで
今年1年、出来れば今年のつくば(11月)までにサブ3を目指してみます。


そんなこんなで、バラや庭の方はますます疎かになりそうですが、
これからも、折に触れて更新していくよう心掛けたいと思います。

どうかあまり期待せずに、時々気が向いたらで結構ですので覗いてみて下さい。


改めて、どうか今年も宜しくお願いします。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/03(金) 23:09:33|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

最終クライマックス、そして梅雨入りへ

先日の週末、そして平日にも出張で横浜の自宅に帰ってきました。


横浜の庭 5/26 1
長らく続いたバラの満開状態はいよいよ最終段階へ。



横浜の庭 5/26 2
階段の上、遅咲きのバラたちが最盛期を迎えています。



横浜の庭 5/26 3
階段の頭上に渡したワイヤーに絡まるアルバメイディランド(中央左)とニュードーン(中央右)。

左下は小輪一重の安曇野、右下はスーパーエクセルサ。



アルバメイディランド
アルバメイディランド
小輪房咲きのつるバラ。



スーパーエクセルサ
同じく小輪房咲きのスーパーエクセルサ。

どちらも成長力旺盛で超強健。
1ヶ月余りの開花シーズンの終盤戦でメンテナンスに疲れた頃に咲いても、
ほとんど手を煩わすことなく見事に咲き誇ってくれます。

梅雨に入って完全に花が終わってしまった頃、
あまり細かい事は考えずにザクザクと花がらを切り戻すだけでOK。


夢乙女とレッドカスケード
夢乙女とレッドカスケード

こちらも小輪のつるバラ。
中盤過ぎから終盤にかけて長い期間咲き続けます。



ザ・フェアリー
こちらも最終盤組の小輪シュラブ、ザ・フェアリー。



ウィリアムモリス
ウィリアムモリス
こちらは中盤組ながら、大きく伸びたシュートが成長を止めて遅めの開花。

早咲き品種の出遅れ枝に咲いたカクテル、新雪と協演中。


ウィリアムモリス2
別角度から。



クレマチス・プリンセスダイアナ
クレマチス・プリンセスダイアナ



プリンセスダイアナとウィリアムモリスの競演
プリンセスダイアナとウィリアムモリスの競演



ロイヤルボニカとフェンス前花壇
ロイヤルボニカとフェンス前花壇



フェンス前花壇
フェンス前花壇ではラムズイヤーが目立ってきました。



ラムズイヤーとバーベナ
ラムズイヤーやバーベナ、アガスターシェ・ゴールデンジュビリーなどが入り乱れます。


ニゲラ
こぼれ種のニゲラ(クロタネソウ)がそこかしこで咲き始めました。



さて、お楽しみはこの辺まで。

アンジェラ、剪定前
梅雨入りを目前に、ほとんど終わってしまったアンジェラ。

このまま放置すると、終わった花びらが雨に濡れて葉にこびりついたり、
葉の上に降り積もったまま腐ってしまい、病気の巣になってしまいます。


そこで、思い切ってスッキリさせました。

アンジェラ・剪定後
小さな枝を残してもほとんど大した返り咲きもしないので、
来年に向けて夏のシュート発生を促すために太めの「幹」だけ残してバッサリ。

例年よりかなり大胆に切りましたが、これにはちょっと訳もあって...

その辺の事情はまた後日。



最後の仕上げは西洋芝のメンテナンス。

芝刈り後の庭
約2週間ぶりにいつものように22mmカット。
日中の暑さが増してきたせいか、GW頃に比べると成長がやや緩慢になってきたようです。
ちょっと肥料不足もあるかもしれません。

よく見るとあまり目立たないながらダラースポットなどの病気が緑の下に潜んでいるようで
完璧な状態とは言えませんが、たまにしか面倒を見てやれないことからすれば
最低限は何とか維持しているという感じです。


週末には時間が足らず芝刈りだけ。

今朝、一時帰宅時に殺菌剤と液肥を散布してきました。



【西洋芝のメンテナンス記録】

芝刈り: 22mm高(26日)

殺菌剤: タチガレン(ヒドロキシイソキサゾール)
     トップジンM(チオファネートメチル)

液肥:  園芸用液肥(5-7-5)500倍
     尿素肥料(46-0-0)1000倍 を0.5L/平米、殺菌剤とともにジョウロ散布(29日)



そしていよいよ関東地方が梅雨入りしました。

平年より10日早く、2008年とならんで観測史上3番目に早い梅雨入りだとか。


梅雨に入るとそろそろ横浜のバラのシーズンは一段落。

代わって仙台のベランダでバラの開花が目の前に迫ってきました。


仙台の様子はまた日を改めて。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/29(水) 23:59:52|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最盛期の横浜の庭(その2)

今日の仙台は今年一番の最高気温、25.4℃に。

いよいよ初夏らしい気温になってきました。


先日の横浜への一時帰宅から早くも1週間近く。

ようやく前回の続きです。



横浜の庭5/15 1
あまり手を掛けていないことや、最初の開花が例年よりかなり早かった分
いつもの年に比べると開花時期が分散したこともあってか
ピークと言っても花つきはやや少な目。



横浜の庭5/15 2
芝庭に突き出した花壇では、ジュビリーセレブレーションがまず1輪だけ開花。



ジュビリーセレブレーション
ジュビリーセレブレーション



黄金シモツケ・レインボー
同じ花壇の黄金シモツケ・レインボー
もみじ赤枝垂れとのコラボ



ラムズイヤーと斑入り黄金風知草
フェンス前花壇のラムズイヤーと斑入り黄金風知草



フェンス前花壇
わさわさと茂ったフェンス前花壇



クレマチス白万重1
クレマチス白万重



クレマチス白万重2
花姿がゴージャスに変化していく様子が時間差で再現されています。



ウィリアムモリス1
フェンスに絡んだウィリアムモリス
このバラのステムの長さや自由奔放な枝ぶりがよく見て取れます。
最初はアーチに這わせましたが、いささか不向きで、
フェンスに移植してからは、大らかにのびのびとこのバラの良さが引き出されています。


ウィリアムモリス2



ウィリアムモリス3
こちらも例年よりは花つきがちょっと少なめ


アーチのピエール・ド・ロンサール
アーチのピエール・ド・ロンサール
日の向き(左)に向いている花が多くて、今年は見栄えが今ひとつ。
花つきの方もやや控えめな感じ。



テラス前
テラス前の様子
小輪のつるバラが見頃を迎えました。



夢乙女
夢乙女



夢乙女2
「ハート仕立て」の小さな鉢植えを時々園芸店の店先で見かけますが、
とても成長力旺盛で、こんなに大きくなります。



レッドカスケード
こちらは隣に咲いた赤の小輪つるバラ、レッドカスケード



クレマチス・デュランディ
そして、2本の小輪のつるバラの足元で満開になったクレマチス・デュランディ。
立ち性のインテグリフォリア系で背丈は1m程度。



だいたいこんなところですが、例年に比べると格段に手を掛けていない庭としては
まずまず上出来と言えそうです。


因みに、短い滞在時間でしたが、芝とバラに急いで薬剤を散布しました。


【西洋芝の管理記録】
 芝刈り  なし
 殺菌剤  オーソサイド(キャプタン)
      ロブラール(イプロジオン)
 液肥   園芸用液肥(5-7-5) 500倍
      尿素(46-0-0) 1000倍
      (0.5L/平米を殺菌剤とともにジョウロ散布)


【バラへの薬剤スプレー散布】
 殺虫剤  オルトラン(アセフェート) 
 殺菌剤  トップジンM(チオファネートメチル)



関東は汗ばむような陽気が続いているようです。

この週末、帰る頃には、おそらく遅咲きのバラが最盛期。
一方、アンジェラあたりはもう終わり掛けている頃なので
大胆な切り戻しも必要なでしょう。


そして入れ替わるように、月替わり頃からは
仙台のベランダが徐々に開花時期を迎えます。


いつもより長い今年のバラシーズン。
まだまだタップリと楽しめます。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/21(火) 23:59:08|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

咲き始めました

GW初日。

横浜の庭ではバラやクレマチスがいよいよ本格的に咲き始めました。


横浜の庭1



横浜の庭2 新雪
新雪とアンジェラの開花が本格的に始まりました。
まだちらほらですが、これから一気に咲き始めそうです。



横浜の庭3 H.F.ヤング
クレマチス H.F.ヤング



横浜の庭4 ミセス N. トンプソン
クレマチス・ミセス N.トンプソン



横浜の庭5



横浜の庭6
西洋芝も青々


(西洋芝メンテナンス記録
 芝刈り: 22mm高
 殺菌剤: ダコニール(TNP)
      タチガレン(ヒドロキシイソキサゾール)
 肥料:  園芸用液肥(5-7-5) 500倍
      尿素肥料(46-0-0) 1000倍 (殺菌剤とともに1L/平米ジョウロ散布)



アンジェラ
アンジェラ
数えた訳ではないですが、最盛期にはおそらく数千輪の花が咲き乱れます。



H.F.ヤングとカクテル
H.F.ヤングとカクテルの競演
カクテルはまだこれからです。



H.F.ヤング
H.F.ヤングをクローズアップで。



ミセス N. トンプソン
ミセス N. トンプソン



白万重
白万重
このクレマチスの姿の変化は、いつ見ても楽しいものです。



他にも色々な花やカラーリーフが楽しめます。

オステオスペルマム
オステオスペルマム



もみじ「桂」と「笠置山」
もみじ「桂」(黄)とと「笠置山」(赤)



もみじ・赤枝垂と黄金シモツケ・レインボー
もみじ・赤枝垂と黄金シモツケ・レインボー



赤枝垂とユーフォルビア・シルバースワン
もみじ・赤枝垂とユーフォルビア・シルバースワン



スモークツリー・ロイヤルパープルとアガスターシェ・ゴールデンジュビリー
スモークツリー・ロイヤルパープルとアガスターシェ・ゴールデンジュビリー



カラーリーフがいっぱい
まだ花は少なくても、カラーリーフがたっぷりと楽しませてくれます。



シェードガーデン1
シェードガーデンでは、アジュガの穂が立ち上がっています。



シェードガーデン2
そしてこちらは、おなじみギボウシがメインのシェードガーデン。



シェードガーデン3
バラエティに富んだ葉の色や形でいっぱい。

繊細な葉が見事に展開しているのはリョウメンシダ。
ギボウシやヤツデとのコントラストが楽しめます。



これから、日に日に色んな花や葉が競演し始めます。

まだまだ序の口とは言え、とても紹介し切れないくらいですが、
GWは一旦、東北に旅行に出掛け、また後半に戻ってきます。


GW後半には、もっともっと素晴らしい庭の様子をお届けできると思います。
どうかお楽しみに。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/27(土) 23:59:26|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

久々の新顔登場

仙台では桜は開花したものの、ここ数日は花冷えでなかなか咲き進んでいきません。

まだ1~2分咲き程度の仙台・西公園の桜のお花見広場は、
待望の週末、文字どおり「花金」の筈なのに、かなり寂しい人出のようでした。



さて、そんな春の到来が足踏み中の仙台のベランダに、久々に新顔を迎えました。


宿根草系の品揃え豊富ないつもお馴染み、おぎはら植物園さんから届きました。


クレマチス・ビエネッタ
クレマチス・ビエネッタ

フロリダ系のテッセン(フロリダ・バイカラー)の枝変わりでしょうか。
白万重とも花姿はよく似ています。



ユーフォルビア・フロステッドフレーム
ユーフォルビア・フロステッドフレーム

正式な品種名はアミグダロイデス・フロステッドフレーム、
あのプルプレアとも親戚の斑入りのユーフォルビア。



ギボウシ2種
そしてギボウシ(ホスタ)を2品種。
青系の斑入り中型種「エルニーニョ」と、黄系の斑入り中型種「セントエルモスファイヤー」。

いずれの葉色も特筆ものの美しさ。
特にエルニーニョはかなり前から欲しいと思っていた待望の品種。
片や「セントエルモの火(=悪天候時などに船のマストの先端が発光する現象)」という
神秘的な名前を冠した黄金葉が美しいホスタ。

仙台で居るうちに鉢植えで大きくして芽数を増やし、
いずれ横浜に戻ったらシェードガーデンの一等地に地植えしてやろうと考えています。



お買い物の紹介はここまでにして、先日の横浜の庭のつづきを。

緑溢れる横浜の庭
緑が溢れる庭

西洋芝の伸びが旺盛になり、今年2度目の芝刈り。


[西洋芝メンテナンス記録]

 芝刈り機刈高  左右22mm



横浜の庭・階段脇
階段脇のつるバラの様子。

手前から、オベリスクのつるアイスバーグ、アンジェラ、安曇野、アルバメイディランド。

2色のもみじは黄色い「桂」と紅い「笠置山」。


もみじ「桂」
もみじ「桂」
芽吹きは鮮やかな赤い縁取りの黄金色。



笠置山
もみじ「笠置山」
今年初めて花が咲きました。



そして、西洋芝の庭に突き出した花壇では...

もみじ「紅枝垂」
もみじ「紅枝垂」


色々とあるので、以下順不同で。

ムスカリ
ムスカリ



コデマリ
コデマリ



クレマチス・ミセス・N・トンプソン
クレマチス・ミセス・N・トンプソン



ユーフォルビア・ブラックパール
ユーフォルビア・ブラックパール

左は、オステオスペルマムと立ち性インテグリフォリア系クレマチス・デュランディ



スモークツリー・ロイヤルパープル
スモークツリー・ロイヤルパープル
左下の黄金葉はアガスターシェ・ゴールデンジュビリー



まだまだたくさんありますが、今日はここまでにして続きはまた後日。



明日は、宮城南部から福島の桜の名所をハシゴしてきます。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/12(金) 23:59:19|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ふたたび横浜の庭

しばらくご無沙汰している間に、ずいぶんと季節が進み始めました。


仙台・西公園で梅が開花
このところだいぶ暖かくなり、土曜日には仙台・西公園でもようやく梅が開花。



仙台・西公園の桜
西公園の桜もだいぶ膨らんできました。
最新の予想では、4月8日に開花、14日に満開。

もう少しの辛抱です。



ところで、先週末も横浜の自宅に戻って色々と庭仕事を済ましてきました。

横浜の庭
つるバラの新芽が青々と展開し始めて一気に緑に包まれました。

左奥の遠景には満開の桜が...


今年初の芝刈り
西洋芝の庭も、今年初めて芝刈り機を入れてスッキリ。

(西洋芝メンテナンス記録 3月23日)
 芝刈り高  16mm
 殺菌剤   ダコニール(TPN)
       アリエッティ(ホセチル)
 肥料    芝用細粒化成肥料8-8-8 50g/平米
       園芸用液肥5-7-5 500倍 0.5L/平米
       尿素46-0-0 50g/平米       
(殺菌剤とともにジョウロ散布)

約4ヶ月ぶりの芝刈りでしたが、かなり成長が本格化し始めていて
あっという間にバケット半分くらいまで。

芝を刈ったばかりの庭に充満する芝の「香り」がまた格別です。



横浜・桜が満開
桜が満開になり...



公園のハナモモ
庭の目の前の公園のハナモモも満開。

手前はアーチのピエール・ド・ロンサール。



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナの蕾が早くもこんなに膨らみました。
我が家のバラ開花第1号になりそうな勢いです。

アブラムシが早くも発生していたので、すべてのバラにオルトラン+ダコニールをスプレー散布しました。



階段の様子
階段周りのつるバラも緑が濃くなりました。



アンジェラ
アンジェラにも蕾が。



ウィリアムモリス
フェンスでは、ウィリアム・モリスが旺盛に成長中。



クレマチス・ミセスN.トンプソン
クレマチス・ミセス・N.トンプソン
蕾が大きく膨らんできました。



もみじ・桂
芽吹きが美しい もみじ「桂」



黄金シモツケ・レインボー
先日もご紹介した黄金シモツケ・レインボー



ギボウシ・トーチライト
シェードガーデンでは、ギボウシ・トーチライトが早くも展開。
他のギボウシはようやく芽吹き始めたばかりで、これだけ異例に早いです。



ベニシダ
ベニシダも展開を開始。



ティアレラ・ブラックスノーフレーク
ティアレラ・ブラックスノーフレーク

その名のとおり、咲き進むと雪の結晶のような花に包まれます。



ヤツデの芽吹き
ヤツデが芽吹き始めました。

何の変哲も無いヤツデですが、元はと言えば近所の野生のヤツデから採種して育てたもの。
日本ではありふれていますが、この特徴的な葉が欧米では人気があるとか。
ギボウシが中心のシェードガーデンでいいアクセントになっています。



ムスカリ・アズレウム
日当たりの良い花壇では、ムスカリ・アズレウムが開花。

他のムスカリと違って、葉が太く直立で短め。
びろ~んと伸びて「貞子」状態になりがちですが、このアズレウムは大丈夫。
お奨めです。



原種チューリップ・クルシアナ・クリサンサ
原種チューリップ・クルシアナ・クリサンサが開花目前。
たぶん今頃は奇麗に開花していることでしょう。



仙台・3月末の雪
さて、このところようやく暖かくなってきた仙台ですが、3月も最後の日になって雪。
積もりこそしなかったものの、一気に冬に逆戻りしてしまいました。

ただ、この寒さも今日限り。
明日からは月が変わって、春らしさが戻ってくれるようです。


桜の開花まであと1週間あまり。

初めて経験した東北の冬はやはり長くて寒かっただけに、春を迎える嬉しさもひとしお。


さあ、いよいよ本格的な春がやってきます。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/03/31(日) 23:58:15|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

つるバラの剪定、誘引完了

先の週末、横浜に帰ってきました。

横浜としてはこの冬一番と言っていいほどの厳しい冷え込みでしたが、
仙台の寒さに比べればそこそこの暖かさ。


寒さの中でも日差しは日増しに高くなり、春は着実に近づいています。

クロッカス・ジプシーガール
早咲きのクロッカス、ジプシーガールが開花しました。


スノードロップ
スノードロップも開花。
ティタティートなどのスイセンの芽も伸び始めました。



クリスマスローズ
そこかしこに地植えしたクリスマスローズも次々と蕾が上がり始めています。



西洋芝の様子
西洋芝は真冬の寒さでだいぶ色褪せてしまいましたが、生垣の影もだいぶ短くなり、
日当たり部分の面積が随分と広くなってきました。

春の芽吹きに向けて、芝用の細粒化成肥料8-8-8を50g/平米撒布。



ノイバラ
空に向かって伸び放題のノイバラは次々に芽吹き始めています。



アンジェラ
階段脇のアンジェラも。


芽が動き始めるとつるバラの作業はタイムリミット。
残ったバラの剪定、誘引作業を大急ぎで済ませました。


階段の上の安曇野、アルバメイディランドほか
階段の上の擁壁からウィーピングさせた安曇野

手が届きにくい一部のつるや枝はそのまま残して、
少しナチュラル感を。

階段の上に渡した2本のワイヤー(針金)には、左からアルバメイディランド、
右からはニュードーンを誘引。

一番右奥、金網フェンス寄りにはスーパーエクセルサ。
こちらは生垣を支えにして自然にこんもりと枝先を整える程度で。



そして最後の大物、ノイバラ。

ノイバラ剪定・誘引前
2-3mに伸びた長いつるが自由奔放に四方八方に伸び放題。


脚立を伸ばしたハシゴに登っての作業。

ノイバラ剪定・誘引後
庭側に弓なりに垂れていたつるを反対側、生垣側へ倒していきました。


最後は生垣の裏側、庭の外の公園側に出ての作業。

ノイバラ・剪定・誘引後、公園側より
生垣の外側、公園側から見たノイバラ。
庭側から倒したつるを公園側に向けて引っ張り誘引。
ノイバラの自然樹形をそのまま生かしてワイルドに。


このほか、地植えしたブッシュ樹形のバラも
仮剪定後に動き始めた芽を1~3芽分切り戻し、本剪定完了。


そうこうしているうちに日曜日も日が暮れて、
帰りの東北新幹線の時間が迫ってきました。


金曜日の夜から正味丸々2日間の横浜滞在。

庭仕事の合間を縫って、いわきマラソン後は筋肉痛でしばらく休んでいたランニングも再開。

大桟橋からの夕景
土曜日の夕方には、みなとみらい、山下公園への往復20kmランも楽しみました。

写真はランニングコース途中の大桟橋からのみなとみらいの夕景。
左奥には富士山がくっきりと。



中身の濃い横浜での週末を過ごして、仙台へ。

仙台はまだまだ冬真っ只中ながら、僅かずつ春の足音が近づきつつあります。



次回こそは仙台のベランダの様子をお届けする予定です。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/02/18(月) 23:59:10|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩秋の横浜の庭

最近、東京に出張する機会が少なくて、
この週末に久々に横浜の自宅に戻りました。


仙台に比べるとずっと暖かですが、もうすっかり晩秋の気配。

横浜の庭1

芝は青々と茂っているものの、たくさんの落ち葉が芝の隙間に潜り込んで
芝の成長に悪さをしています。

家内が落ち葉を毎日拾ってくれてはいましたが、潜り込んだものまではなかなか厄介で
取り切れずに地面にこびりついた部分は日が届かずに芝が消えてしまっています。

ただ、その程度であれば、春になって芝が旺盛に生長し始めれば全く問題ありませんが...


横浜の庭2
コブシの大きな枯葉が次々と散ってきます。
こいつは長く放置すると芝にもダメージが大きいですが、
幸い芝の間に潜り込むことは無いので、定期的に拾ってさえいれば大丈夫。
拾った枯葉はシェードガーデンにばら撒いておけば、
やがて腐葉土となり土をフカフカにしてくれます。

ギボウシは、ハルシオンが鮮やかに黄葉しています。



横浜の庭3
芝の隙間に入り込んだ落ち葉を入念に拾い集めてから
芝刈り機で22mm高にカット。

落ち葉の影響で芝が禿げた部分が多少目立ちますが
全体としてはほぼ問題なし。


いつも落ち葉を拾ってくれている家内に感謝です。


横浜の庭4
次回は、終盤を迎えたバラや紅葉の様子など
晩秋の横浜の庭をもう少しじっくりと。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/12/02(日) 23:59:27|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

生え揃った横浜の西洋芝

先日、しばらくぶりに東京出張があり、
久々に横浜の自宅に戻りました。


その間、週末は鳴子温泉の紅葉を見に出掛けたりしていたので...

鳴子温泉の紅葉20121028



長く留守にしている間、芝刈りや落ち葉拾いなど西洋芝の管理は家内がやってくれていました。
ご苦労様です。

横浜の西洋芝2012/10/30 1
すっかり生え揃って緑一色に。



横浜の西洋芝2012/10/30 2
芝刈りは少々雑ですが...



横浜の西洋芝2012/10/30 3
でも、芝刈り機も入れられるようになり、
もちろん足を踏み入れてももう大丈夫。


翌日の仙台での仕事の関係もあって、横浜滞在中の僅かな時間を使って
落ち葉集めや芝刈りなどを大急ぎで済ませ、
さらにもう病気発生の心配は少ないものの殺菌剤散布も済ませました。


(西洋芝のメンテナンス記録)
 芝刈り: 手刈りのみ(約30mm)
 殺菌剤: ダコニール(TPN)
      タチガレン(ヒドロキシイソキサゾール)
 肥料:  園芸用液肥(5-7-5)500倍
      尿素(47-0-0) 1g/L



ウィリアムモリス
横浜の秋バラはもうほとんど終わっていましたが、
ウィリアムモリスだけは次々と花を咲かせていました。

ほとんど放任状態なので、他のバラも含め花数は少なめでしたが
まあ、仕方がないでしょう。



さて、いよいよ日曜日は酒田シティハーフマラソン。

昨日から日本海側は寒冷前線の通過、そして冬型の気圧配置で大荒れのようですが、
幸い、荒れたお天気は明日、文化の日までで、本番の日曜日は雨も風も収まりそう。


土曜日のうちに酒田入りして本番に備えます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/02(金) 23:59:13|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。