芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノイバラの誘引完了

立春の暖かさから打って変わって、今日は日差しが少なく少し寒い一日でしたが、
昨日からのノイバラの誘引作業を続けました。


ノイバラ・今日の作業前
まずは、手前側に大きく枝を伸ばしているシュートを、
公園側(写真奥側)へ倒して仮留めします。



テッポウムシにやられた太枝
作業の途上で、昨年テッポウムシ(カミキリムシの幼虫)の被害を受けて
枯れ込んだ太い枝をノコギリで切り戻しました。

肩の高さで枝分かれした新しい枝は何とか生き残っていたので、そこから下は残しましたが...


テッポウムシの穴
こんな穴が開いている状態なので、念のため残した枝のてっぺんの穴から
テッポウムシ用の殺虫剤をたっぷりと流し込みました。
雨水や他の虫が入り込む可能性があるので、あとで穴は塞いでおかなければ...



そして、庭の外の公園側に出て、作業再開です。


フェンスによじ登って、その上に立った不安定な状態での
2時間余りの悪戦苦闘の末、作業が完了しました。

ノイバラの誘引完了1
もともと野生に生えているようなバラなので、なるべくワイルドな雰囲気を残しました。



ノイバラの誘引完了2
公園側、逆方向から。



ノイバラの誘引完了3
庭に戻って、内側から。
もう5時を過ぎてかなり薄暗くなっているのでちょっと不鮮明です。



ノイバラの誘引完了4
階段の上から。



これでようやく大物のつるバラの誘引は終わりました。

来週からは、単身赴任に備えて鉢バラや宿根草を可能な限り地植えにしていく作業をスタートします。
植え付け場所の確保が課題ですが、これは作業をしながら考えます。


仙台に幾つか連れて行くにしても、たぶん全部を地植えするのはちょっと無理かな?


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/05(日) 23:59:31|
  2. ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ノイバラの剪定・誘引(続き)

出張続きの1週間が終わり、ようやく週末に。


雪の仙台駅
週後半の出張先、仙台は雪が7cm。
厳しい冷え込みでした。


今日は立春。
横浜は久々に暖かくなり、最高気温は12.2℃。


今日の芝庭
だいぶ日差しも高くなって、これまで殆ど日陰になっていた芝も半分近く日が当たり始めました。



ポカポカと暖かい午後の日差しの下での今日の庭仕事は、ノイバラの剪定・誘引の続き。

ノイバラ作業前
先日、一部のローズヒップと残った葉を落としましたが、まだほとんど手付かずの状態。



ノイバラ・公園側、作業前
庭の外の公園側から作業します。
グチャグチャに暴れていて、何が何だか分からないような状態。

古枝をどんどん落として、ローズヒップも切り落とし、伸び放題のシュートを倒していきます。



ノイバラ・作業後
3時間ほどの作業で多少スッキリしましたが、まだ大物のシュートが何本も暴れたまま。
日没のため、残りは明日に持ち越しです。


夕焼け
日もだいぶ長くなって、5時過ぎまで作業できるようになりました。


何とかノイバラは明日までに片付けて、来週からはバラ鉢の植え替えに取り掛かりたいところです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/04(土) 21:40:39|
  2. ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

とりあえずノイバラの誘引完了

今日は午後から雲が広がり、夜になって僅かに小雨がぱらついたようです。

雨といってもごく僅かで記録上は降水量0mm。
12月21から22日にかけての夜にまとまった雨が降って以来、降水量0が続いています。


今日は色々と用事があって、庭に出たのはもう夕暮れが近い4時頃。
昨日やり残したノイバラの誘引を暗くなるまでやって、何とかとりあえず完了です。

ノイバラの誘引完了1
多少、まだハネている枝が残っていますが、どうしても届かないので
少々野性味を残しておこうと思います。


ところで、写真ではまだ明るそうに写っていますが、実際には相当暗くて、
数メートルも離れたら人の顔も分からないほど、といった感じでしょうか。


ノイバラの誘引完了2

どちらの写真も、窓から洩れる明かりと比較していただけると分かりますが、
室内より相当暗く、実際、シャッター速度はそれぞれ1/3秒、1/2秒。

それが手持ちで写るのは今までの常識で考えればあり得ないのですが、
今の技術では、それが出来てしまうのです。
感度(ISO)は800までしか上げていないので写真のザラツキ感もそれほどではありません。

しかし、これにはちょっと秘密があるのですが、それはまた改めて。



話が脱線しましたが、ノイバラについて。

ノイバラ1 2010/5/19

学名はロサ・ムルチフローラ。
日本産の原種バラで、欧州のバラ育種に房咲き性を初めてもたらしたバラで、
フロリバンダ系のバラにはこのノイバラの遺伝子が多かれ少なかれ組み込まれています。

国内では、河原などに野生しているほか、観賞用としてよりむしろ接ぎ木用の台木として多く使われています。

少し大きくなりますが、可憐な白い花を咲かせ、秋には多くのローズヒップを実らせるので、
十分観賞用としても使えるし、村田晴男先生はその著書「バラの咲く庭づくり」の中で、
村田晴男が選ぶつるバラ・ベスト10として、第3位にランクインさせているいるほどです。


  ノイバラ2 2010/5/19

ちなみにこのノイバラは、村田ばら園よりれっきとしたバラ苗としてお迎えしたものですが、
秋には多くのローズヒップを実らせ、毎年少量ですが種をとって種まきして育てています。

この冬も20粒あまり種を蒔いていますが、約50日寒さに当てると休眠が破れて発芽が始まります。
発芽したノイバラは、一年たつと1mほどに育ち、接ぎ木用の台木としてちょうど良い太さまで育ちます。

ちなみに、先日ご紹介した接ぎ木2本は失敗でした。
どちらも一度は活着しかけたのですが、最終的に接ぎ穂が黒ずんで枯れてしまいました。

時期的にはちょうど良い季節になってきたので、根が死んでいなければ、
再度挑戦してみようとようと思っています。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/23(日) 23:59:04|
  2. ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

生垣のノイバラ

大寒を過ぎて、穏やかな週末を迎えました。
今日は、最高気温も10.7℃と大台を超えて、遅れていたつるバラの剪定・誘引作業がずいぶんと捗りました。


今日の大物はこいつ。

ノイバラ
庭の南側、公園に面した生垣の上に覆い被さるように茂っているノイバラ。


まず庭の内側で、脚立に昇って細かい枝を落としたり、他の小さめの品種の剪定をしているうちに、あっという間にお昼に。


昼からは、生垣の外の公園側に出ての作業です。

ノイバラ2
公園側から見たノイバラ


フェンスをよじ登って高所での作業になります。

ノイバラ3
フェンス、生垣の上から見るとこんな感じ。
太いつると細い枝がビッシリ。


左奥の緑色は生垣の上部のライン。


悪戦苦闘しながら、日が暮れかかるまでじっくりと。

ノイバラ4
だいぶ作業が進んだ状態。
今日はここまでにしました。

1枚目の写真で、左に向かって大きく湾曲している枝は、高枝鋏を駆使してたぐり寄せます。
それでも、まだ何本か太い枝が手繰り寄せられていないので、残った作業は明日にお預け。


それにしても、なんとも無粋な生垣です。
マンションの専用庭なので切ってしまうわけにもいかないのですが。。。



続きは明日。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/22(土) 23:59:22|
  2. ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノイバラのローズヒップ

今日からブログのテンプレートを変更しました。
芝と緑がテーマです。バラもと思いましたが、ちょっと気恥ずかしいので...。

このところ冬型の天気が続いています。
横浜をはじめ関東地方は、この季節、毎日快晴です。

毎朝、小鳥が庭に訪れて、落ち葉の裏の虫やローズヒップをつっついていきます。

ノイバラ 2009/1/14
大きく育ったノイバラのローズヒップも冬が深まるにつれて、徐々に赤い実が減って寂しくなっていきます。

ノイバラのローズヒップ
昨年暮れにノイバラを誘引した際に、いくつかローズヒップを採取しました。

2月ごろには種を取り出して植えようと思います。

何本かが今年の「庭遊び」の実験台として丈夫な台木に育ってくれる筈です。
どんな品種の芽が接がれることになるかは後々のお楽しみです。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/01/14(水) 23:42:35|
  2. ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ)

ノイバラ(ロサ・ムルチフローラ)

とげ無しで樹高4mぐらいまで伸び、今や2.5mのヒバの生垣を軽々乗り越えて更に勢力拡大中です。
今年も長いシュートがたくさん出たので、スタンダード台木(約2m)づくりに挑戦中です。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/03(水) 01:57:39|
  2. ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。