芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イメトレ効果

仕事始めから2日目。

年が改まり、新しいプロジェクトもスタートしつつあって、
それなりに忙しく過ごしています。


一方庭の方は、つるバラの剪定・誘引や鉢替え、宿根草の株分け、植え替えなど
冬ならではの仕事は目白押しながら、この季節は写真のネタが1年でも一番乏しい時期でもあります。


「つるバラの誘引では、春の花をイメージして」なんて分かったような事を書いてきましたが、
冬色の地味な世界の中でひとり寒さに震えているような状況では、今ひとつイメージが浮かびません。


やっぱり実物の写真を見るのが一番。

という訳で、去シーズンのアンジェラの誘引から開花までの写真を改めて見返してみました。


アンジェラ2010/12/26
2010/12/26
だいたい今の状況と同じですね。



アンジェラ2011/3/20
2011/3/20
一斉に芽吹き始めました。



アンジェラ2011/4/4
2011/4/4
ちょうど桜が満開の頃。すっかり緑に覆われました。



アンジェラ2011/4/20
2011/4/20
早くも蕾が上がり始めました。



アンジェラ2011/5/4
2011/5/4
ついに開花スタート。
おびただしい数の蕾に圧倒されます。


アンジェラ2011/5/22
2011/5/22
そして溢れんばかりに満開。



アンジェラ2011/5/21
2011/5/21
如何でしたでしょうか?



誘引の仕方の参考になったかどうかは別にしても、
何だかワクワクしてきませんか?

こんなに葉が茂って花が咲いたんだ!って今更ながら思いますよね。
頭では分かっているつもりでも、今の姿からはなかなかイメージが湧いてきませんよね。


さあ、冬の寒さに今ひとつ気が乗らなかった貴方。

イメージトレーニングはこれでバッチリ。
俄然やる気が湧いて来たに違いありません。



皆さんも去年の春のアルバムやブログを一度読み返してから、
つるバラの誘引作業を楽しみましょう。

もちろん防寒対策はしっかりと。
(夢中になりすぎて私のように風邪をひかない様にご注意を!)



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/01/05(木) 23:59:45|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アンジェラの誘引完了

いよいよ今年も明日の大晦日を残すのみ。

本来は家のことを色々とやらなければならないのですが、
今日も庭に出てアンジェラの誘引の続きを。


アンジェラの誘引作業1
連日雲ひとつない寒い冬晴れの中、作業に取り掛かります。

低い位置の枝は階段側から、高い位置は裏側に脚立を立てて作業します。
海老反るような格好で枝の隙間から腕を通して、上に向かって暴れている枝を捕まえ、倒して誘引します。
不安定な足場で棘に引っ掛かりながら、結構苦労する作業です。

服は棘に負けないタフなL.L.Beanのフィールドコートをバラ作業専用に長年愛用しています。
アメリカ滞在時に購入したものなので、かれこれ15年もの。

自分のは袖がダメになって一昨年限りで引退しましたが、去年から色、サイズ違いの家内用のを着ています。
普段はLサイズを着ているので、Sサイズはちょっと小さいですが、アメリカンサイズなので何とか大丈夫です。



アンジェラの誘引作業2
3時間ほど掛けて、オベリスクより階段側の作業がほぼ完了。
残すは左側、新雪へと連なる部分だけになりました。

一旦休憩して、遅い昼食。


アンジェラの誘引作業3
作業を再開して1時間あまりでようやく完成。
反対側からの新雪と完全に一体化しました。

開花中の花は仮置きでそのまま残しています。



アンジェラの誘引作業4
新雪側から。
こちらも1輪だけ残っています。



アンジェラの誘引作業5
今度は下から。
階段とテラスの間に幅50cmほどの空間があるので、
そこに覆い被さるようにドーム状に誘引しています。

因みにこの「ドーム」の内側は、夏は日陰、冬は日当たりなので
クリスマスローズのナーサリーに使っていて、大小の鉢、苗をずらりと並べています。


アンジェラの誘引作業6
「ドーム」の骨格は太い古枝でガッチリと固まっているので、
その上に新枝を這わせて固定していく格好。

誘引の仕方はかなり適当です。

この「ドーム」を構造的に支えているのは左側の2本の太い緑の支柱と、
バルコニーの天井裏に渡した針金1本だけ。

オベリスクとは完全分離しています。



残すはフェンスのウィリアムモリスとカクテル、
階段上の安曇野、そして生垣に絡んだノイバラ、
とまだ大物が残っていますが、年内の作業はこれでほぼ終了。


更新も年内はこれで最後になります。


最後に、同じく年を越えるバラの花たちをご紹介してお別れです。


セプタードアイル
セプタードアイル
カップ咲きまであと一息。



オールドブラッシュ・チャイナ1


オールドブラッシュ・チャイナ2
オールドブラッシュ・チャイナ
こちらも開花へあと一息。



ブルーバユー
ブルーバユー



新雪
新雪



芝庭12/28


大震災をはじめ色々な事があった激動の1年でしたが
何とか無事に年の暮れを迎えることが出来ました。

皆様には今年1年、本当にお世話になりました。


それでは皆様、どうか良いお年をお迎えください。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/30(金) 23:59:47|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アンジェラの剪定・誘引

クリスマスイブの夜、スパークリングワインをちょっと飲みすぎたのか
クリスマスの朝は例によってかなり遅く起き出しました。


クリスマスもいつもの週末と変わらず、日中はのんびりとつるバラの剪定・誘引作業。
昨日からアンジェラの剪定に取り掛かりました。


アンジェラの剪定・誘引1
今月初めにオベリスクのつるアイスバーグの剪定・誘引した際に、
一部のアンジェラのシュートは剪定済みですが、大部分は手付かず。



アンジェラの剪定・誘引2
アンジェラはシュートの出が旺盛なため、枝の入れ替えのため古枝はバシバシと切り落としていきます。

写真はその一例。

右から左に横に寝かせた昨年の誘引枝から、直角に上向きのシュートが2本元気に伸びています。

こういう1m超級のシュートが出ている場合は、迷わずその先の古枝は切り落とします。
この写真で言えば、この2本の左側にたくさんの10-30cm級の枝が見えていますが、
これらは全部不要です。
もちろん残してもそれなりに花は咲くのですが、結果的に春以降の枝が込み合い過ぎて
病害虫が付きやすいし、個々の花枝自体は貧弱なものが密集する格好になります。

それ位なら、奇麗サッパリ切り落として太くて新しいシュートに切り替えた方が
結果的に健康的でしっかりした花枝が多く出るようになります。


誘引作業は次回以降へ持ち越しましたが、スッキリ何もなくなった場所に
この太いシュートを倒して誘引します。
何も日照を遮るものがないので、倒したシュートの全ての芽から勢い良く花枝が伸び、
気持ちよく花をたくさん着けてくれます。



今日はお昼過ぎから夕暮れまで、アンジュラの剪定・誘引の続き。

アンジェラの剪定・誘引3
今日は、階段付近と言う事もあって、足場も悪く脚立が使いにくいので、
地面や階段に立って手が届く範囲で剪定しました。

今夕時点でまだ手付かずのまま残っているのは、手が届かない高い位置のシュートや小枝のみ。


現段階ではまだ古枝を少し多めに残していますが、
シュートを順次倒していけば、おそらく最終的にはかなりの古枝が不要になるでしょう。



3連休で結局、新雪の剪定・誘引を終えたのは大きな収穫でしたが、
大物アンジェラはまだまだ誘引はこれから。
当初からある程度予想していたとは言え、ついに年末年始のお休みになだれ込み決定です。

開き直って、焦らずボチボチと進めていくことにします。



さて、最後に今日のバラ。

セプタードアイル
セプタードアイルの最後の蕾がようやく綻び始めています。
果たして、あのカップ咲きまで咲き進んでくれるでしょうか?



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/25(日) 23:59:58|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

アンジェラの剪定・誘引?その3

今日も最高気温は10℃まで上がらず寒い1日でした。

大掃除の手伝いや残った年賀状づくりなどで忙しく、今日も庭に出られたのは2時間足らず。


アンジェラの誘引完了1
今日の作業で、ようやくアンジェラの誘引が終わりました。



アンジェラの誘引完了2
同じ部分を階段方向から。



アンジェラの誘引完了3
このアンジェラは、つるアイスバーグのオベリスク近くに立てた2本の約2mの支柱と
階段脇に立てた金属製ラティスで下部を支えていて、上部はバルコニーの軒下に渡した1本の針金と、
2mの支柱から針金に斜めに渡した細めの支柱1本。

これだけでアンジェラの全てを支えていますが、つる同士が絡み合った状態でお互いを支えあっているので
案外しっかりしていて、風にバタついたり、自重で変形してしまうようなこともありません。



めでたく大物のうちのひとつを誘引し終えましたが、今年は少々作業が遅れ気味。
続きは29日からの年末年始のお休みです。


今年は帰省も遠出も予定していないので、年末に出来るところまでは何とか済ませようと思っていますが、
果たしてどうなることやら。



さて、だんだんと寂しくなる一方の庭の様子から。


もみじ「桂」の紅葉
大鉢のコンテナガーデンでは、もみじ「桂」がかなり遅く紅葉のピークを迎えました。
もうクリスマスも終わったというのに。。。



 新雪
 新雪

バラもだんだんと残り少なくなってきましたが、花は冷蔵庫で保存しているようにずっと開きかけたまま。



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ
シーズン中だと2,3日で散ってしまう花が、1?2週間かけてゆっくりと咲き続けています。



種まきビオラ
自家採種のビオラ(こんもりビオラ・フィオリーナ・イエロー&ベルベット)が次々と開花し始めました。
どれもほぼ親の性質を引き継いでいるようです。
左側は同じく自家採種のリナリア。


さて、今年も残すところあと5日。


これから残りの年賀状へのコメント書き。
今晩中に終えて投函。これで全て完了です。


25日には間に合いませんでしたが、例年は年末年始の休みまで掛かることが多いので
今年は結構ましな方です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/26(日) 23:24:24|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アンジェラの剪定・誘引?その2

クリスマス寒波がやってきました。

横浜の最低気温2.5℃はこの冬一番の冷え込み。
きれいに晴れ上がった冬晴れでしたが、最高気温も8.9℃どまり。
初氷も観測されたとのことで、いよいよ冬本番です。


午前中は遅れていた年賀状づくりで終わってしまい、庭に出たのは午後から。

アンジェラの誘引作業のつづきです。
冷たい冬空のもと、長く伸びたシュートの振り分け、ビニタイでの固定を淡々とこなしていきましたが、
何しろ枝数が多いのと、階段脇の足場が悪い箇所なので、
高い位置の誘引作業は裏側に脚立を置き、上に立った不安定な状態で
天に向かって伸びたつるを下側(内側)から手を伸ばして誘引するという
非常に厄介な作業になります。

 アンジェラの誘引1
これはまだ途中経過ですが、だいたいこんな感じです。
写真下に僅かに見える脚立の上に立って、誘引した枝の隙間から腕を伸ばして、
伸び放題のつるを手繰り寄せ、誘引済みの枝に固定していきます。



アンジェラの誘引2
4時頃には薄暗くなり始めるので、正味の作業時間は2時間ほど。
まだ上の方で何本か長い枝が誘引できずに残ってしまいました。



アンジェラの誘引3
あと残ったつるは10本足らず。

これなら、あと2時間もあれば片付けられそうです。



薄暗くなってから、厳しい寒さの中、まだ庭に残していたトウガラシ・パープルフラッシュを
ついに室内に取り込みました。
これで室内の窓辺には、大きな観葉植物2鉢と、挿し芽をしたコリウス、ミディ胡蝶蘭などが
所狭しと並んでいます。

そして本日最後に、パープル・ファウンテングラスも刈り込み。
亜熱帯性で耐寒性がないので、ビニールポットの状態であり合わせの発泡スチロール製の箱に入れ、
日当たりの良い軒下でやや乾燥気味に管理します。


冬越し対策の様子は、いずれまとめてご紹介します。




今晩もまた厳しく冷え込んできました。

今晩の記事UPは、残りの年賀状を印刷しながら同時並行での作業になりました。
明日までに年賀状は何とか出してしまいたいところですが。。。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/25(土) 23:59:36|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンジェラの剪定・誘引?その1

今日は、午後から2時間ほど、アンジェラの剪定・誘引に着手しました。


 アンジェラ
 アンジェラ
 2010/5/23



アンジェラ 剪定・誘引前1
剪定・誘引前の状態 その1

夏以降、枝の途中から伸びたシュートがジャングル状態。
長いものは2-3mあります。


 アンジェラ 剪定・誘引前2
 剪定・誘引前の状態 その2

ほぼ同じような別アングルから。
階段の下に植えた株は、階段に沿って斜め上に誘引、
そこから上の階のバルコニー下に向けてドーム状に誘引しています。



 アンジェラ 剪定・誘引前3
 剪定・誘引前の状態 その3

階段側からオベリスクの裏側を見上げました。
春の花後に花がらを摘んだ花茎が無数に立ち上がっています。
(1枚目の写真は、この辺りの花を階段のもう少し上から見下ろしたものです。)

アンジェラの場合、新しいシュートの数が多いので、去年誘引した枝は原則として落としてしまい、
一部の太いものでさらに先の方に長いシュートが出ているものだけは例外的に残す場合があります。


新しいシュートにまだ青々と茂っている葉を毟り取りながら、古枝をバシバシと落としていきます。


今日は、とりあえず脚立が立て易いオベリスクの周辺のみで作業しました。

アンジェラ 剪定・誘引後
こんな感じになるまで枝を落しました。
上の写真とほぼ同じアングルです。
まだ、真ん中手前から奥へ、右奥から左へと古枝が残っていますが、
先の方に長めのシュートが出ているためとりあえず残しました。
新しい枝を誘引してみて枝数が過剰なようであれば、これも落してしまいます。



今日のところはここまで。
2時間ほどの作業でしたが、日が傾くと厚着をしていても足元から寒さが忍び寄ります。
続きは23日の天皇誕生日に。

今度は引き続き、残った足場の悪い階段上とドーム部分の古枝を落してから
先端部分を30-50cmほど切り戻した新枝を一気に誘引します。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/19(日) 23:59:28|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

アンジェラの剪定・誘引 2日目

アンジェラの剪定、誘引 2日目です。
少し寒さが緩んで日中は11.3℃。
暖かな日差しの下での作業はなかなか快適です。

誘引開始前
昨日までの作業で、古枝の剪定はほぼ終わりました。
今日は、上に向かって自由に伸びている新しいつるを誘引します。


    アンジェラの剪定枝
    古枝はほとんど落としました。古枝の8割方は落としたでしょうか。
    残した古枝は、先端寄りに新しいつるが長く伸びたものだけ。
    アンジェラは毎年新しいつるが旺盛に出るので、これぐらい落としてちょうど良い感じです。


誘引作業完了1
誘引が完了しました。今日の作業時間は4時間あまり。
スッキリと枝が収まりました。


     誘引作業完了2
     ドーム状の天井部分。
まだ上に向いて立っている枝が少し残っていたので、後で横に寝かせました。


         誘引作業完了3
         ドームの下側から。
         新しい枝が少ないのではとちょっと心配しましたが、
         結果的には十分足りました。
         アンジェラは葉が良く茂るので、これで春には全く隙間がなくなります。



日が暮れ始めるとさすがに冷え込みます。
落とした古枝を切り刻んでゴミ袋に入れ終えたときには、もうほぼ真っ暗になっていました。


これで約半分のつるバラの剪定・誘引が終わったというところです。
残る大物はテラス上の新雪とフェンスのウィリアム・モリス、カクテル。

さらに階段脇の擁壁上のミニつるバラ「安曇野」のウィーピング、
生垣上のノイバラと続きます。



日中の日当たりはポカポカと暖かいので、バラの蕾にビニール袋を被せました。

バラの蕾へのビニール掛け1

      バラの蕾へのビニール掛け2
      蕾がほころび始めたら切花にするつもりです。
      そうしないといつまでたっても剪定が出来ないので...



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/20(日) 22:11:51|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

アンジェラの剪定・誘引 1日目

寒波は今日がピークのようです。
今朝の最低気温は1.8℃まで下がりました。

しかし、日中はほとんど風もなく10℃近くまで上がって、
つるバラの剪定・誘引作業にはまずまずの日和です。


お昼頃までにちょっとした用事を済ませて、2時前からアンジェラの剪定・誘引に取り掛かりました。

アンジェラ剪定前1

     アンジェラ剪定前2

アンジェラは、階段の脇からテラスに覆い被さる様にドーム状に誘引しています。

まず、古い枝や細い枝の剪定からスタートです。

蔓延するカイガラムシ
軒下の枝にはカイガラムシがビッシリとついて、白い綿ボコリがたくさん付着していました。

ブラシでこすり落としながらどんどん剪定していきます。
目安として、新しいシュートが50cm程度以上伸びていない枝は、
原則として一番株元寄りまで切り戻します。
考え方としては、昨冬に誘引したシュートのうち、
今年の夏?秋に新たにシュートを出さなかった枝はすべて切り落とすということです。


    アンジェラ剪定中
    どんどん落としていくと、スカスカになりました。

    写真は3時半頃の途中経過ですが、あっという間に日が暮れ始めます。
    すっかり薄暗くなった4時半頃までには9割方の剪定を終えました。

    明日は残りの剪定を済ませて、いよいよシュートを誘引します。
    今シーズンはシュートの伸びがやや少ないので、比較的サッパリした仕上がりになりそうです。



さて、先週のピエール・ド・ロンサールとニュードーンのアーチへの誘引は、
日が暮れたため、最終仕上がりを改めてご紹介します。

ピエール・ド・ロンサールの誘引
アーチのマンション建物側(北側)半分にピエール・ド・ロンサールを誘引しました。


     ニュードーンのアーチへの誘引
     そしてアーチの生垣側(南側)半分にニュードーンを誘引し、
     余ったつるは隣接した生垣の上に被さるように誘引して、自由奔放に咲かせます。



明日は、明け方は冷え込みそうですが、日中は今日と同様つるバラ誘引日和になりそうです。
丸一日使えそうなので、アンジェラの誘引を済ませ、できれば他のつるバラも少々片付けたいと思っています。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/19(土) 23:59:47|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アンジェラ

地震、台風も落ち着いて、朝のうちの曇り空から、
昼頃には台風一過の青空が広がりました。


庭には大きな変化がないので、今日は我が家のバラのご紹介第3弾。

2009/5/1<br />62009/5/16

我が家の庭のシンボルといっても過言ではない、つるバラ「アンジェラ」。

2009/5/16 アンジェラ
2009/5/16

     2009/5/14 アンジェラ
     2009/5/14
     直径4?5cmほどの中輪カップ咲きの花がびっしりと隙間なく咲き誇ります。


2009/5/16 アンジェラ2
2009/5/16

    2009/5/16 アンジェラ3
    2009/5/16
    我が家の庭の階段脇から上の階のバルコニー下にかけて、
    大きくドーム状に誘引しています。
    昨年暮れの誘引の様子はこちら


今年で5年目を迎えますが、成長の様子です。

2005/5/22 アンジェラ
2005/5/22


2006/5/26 アンジェラ
2006/5/26


2007/5/20 アンジェラ
2007/5/20
ほぼ今と同じサイズまで成長しました。


2008/5/18 アンジェラ
2008/5/18
手前のオベリスクに絡めたつるアイスバーグもだいぶ成長し、
ギボウシ・サガエなども配置されて、現状にかなり近い状況が完成しました。



ご覧のとおり、アンジェラは生育旺盛で、花だけでなく葉もびっしりと茂ります。
葉は照り葉で、黒点病には比較的強く、発病、蔓延はあっても、あっという間にすべて葉が落ちてしまうようなことは余りないようです。

夏から秋にかけて長く伸びたシュートの先端付近に返り咲きしますが、余り期待せず、一季咲きと考えておいたほうが無難です。

1988年 ドイツ コルデス社

香りは微香。

開花時期は標準(横浜で5月中下旬)。

花もちは、株全体として開花から約2週間程度。

花後、花茎を切り戻すと、夏から秋にかけて2?3mのシュートが至る所から伸びてきます。
奔放に伸びたシュートの処理には手を焼きますが、そのまま剪定せずに伸ばしてやることが許すようなら、暮れの誘引時には、シュートが出た部分から先の元枝はすべて剪定して枝を更新してやると、翌年の花つきが格段によくなります。
つまり、暮れの誘引時には、極力その年に延びたシュートだけを残すのがベストでしょう。
前々年のシュートに残した剪定枝(2?3節)からも花は咲きますが、新しいシュートとは花つきが圧倒的に違います。


アンジェラは、いわゆる「初心者向き」のバラとされることが多いですが、
その理由は、
(1)耐病性が強いこと
(2)生育旺盛で花つきが良いこと
(3)もともと育成されたドイツではフロリバンダ扱いなので、短く切り詰めてブッシュ状にしてもOK、つまり剪定自由
などが挙げられます。

確かに誰でもそこそこの花を咲かせることは簡単な部類のつるバラでしょう。
とはいうものの、うまく育てればその花つきは圧巻です。

花色が派手なので、白や薄いピンクなど淡い色のバラ、白や淡い青系のクレマチスとは相性がいいようです。
但し、あまりに密に茂るので、クレマチスや他のバラを絡めると飲み込まれてしまうため、あまり混植には向きません。

葉が密に茂るので、アーチ、ドームなどの裏側はほぼ完全な日陰になります。
生育も旺盛なので、狭い庭よりは、広々としたスペースに配置された大きなアーチ、壁面や、目隠しに使いたい大き目のフェンスなどへの誘引が向いているでしょう。


お勧め度
★★★★☆  4/5


手が掛からず、明るい色で、とにかく元気で目立つつるバラが欲しい方にはお勧めです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/12(水) 23:59:27|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アンジェラ

アンジェラ

春の花付きは圧倒もの。階段脇から軒下にかけて鮮やかなピンクで隙間なく埋め尽くされます。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/02(火) 23:48:11|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。