芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノイバラの誘引完了

立春の暖かさから打って変わって、今日は日差しが少なく少し寒い一日でしたが、
昨日からのノイバラの誘引作業を続けました。


ノイバラ・今日の作業前
まずは、手前側に大きく枝を伸ばしているシュートを、
公園側(写真奥側)へ倒して仮留めします。



テッポウムシにやられた太枝
作業の途上で、昨年テッポウムシ(カミキリムシの幼虫)の被害を受けて
枯れ込んだ太い枝をノコギリで切り戻しました。

肩の高さで枝分かれした新しい枝は何とか生き残っていたので、そこから下は残しましたが...


テッポウムシの穴
こんな穴が開いている状態なので、念のため残した枝のてっぺんの穴から
テッポウムシ用の殺虫剤をたっぷりと流し込みました。
雨水や他の虫が入り込む可能性があるので、あとで穴は塞いでおかなければ...



そして、庭の外の公園側に出て、作業再開です。


フェンスによじ登って、その上に立った不安定な状態での
2時間余りの悪戦苦闘の末、作業が完了しました。

ノイバラの誘引完了1
もともと野生に生えているようなバラなので、なるべくワイルドな雰囲気を残しました。



ノイバラの誘引完了2
公園側、逆方向から。



ノイバラの誘引完了3
庭に戻って、内側から。
もう5時を過ぎてかなり薄暗くなっているのでちょっと不鮮明です。



ノイバラの誘引完了4
階段の上から。



これでようやく大物のつるバラの誘引は終わりました。

来週からは、単身赴任に備えて鉢バラや宿根草を可能な限り地植えにしていく作業をスタートします。
植え付け場所の確保が課題ですが、これは作業をしながら考えます。


仙台に幾つか連れて行くにしても、たぶん全部を地植えするのはちょっと無理かな?


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/05(日) 23:59:31|
  2. ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ノイバラの剪定・誘引(続き)

出張続きの1週間が終わり、ようやく週末に。


雪の仙台駅
週後半の出張先、仙台は雪が7cm。
厳しい冷え込みでした。


今日は立春。
横浜は久々に暖かくなり、最高気温は12.2℃。


今日の芝庭
だいぶ日差しも高くなって、これまで殆ど日陰になっていた芝も半分近く日が当たり始めました。



ポカポカと暖かい午後の日差しの下での今日の庭仕事は、ノイバラの剪定・誘引の続き。

ノイバラ作業前
先日、一部のローズヒップと残った葉を落としましたが、まだほとんど手付かずの状態。



ノイバラ・公園側、作業前
庭の外の公園側から作業します。
グチャグチャに暴れていて、何が何だか分からないような状態。

古枝をどんどん落として、ローズヒップも切り落とし、伸び放題のシュートを倒していきます。



ノイバラ・作業後
3時間ほどの作業で多少スッキリしましたが、まだ大物のシュートが何本も暴れたまま。
日没のため、残りは明日に持ち越しです。


夕焼け
日もだいぶ長くなって、5時過ぎまで作業できるようになりました。


何とかノイバラは明日までに片付けて、来週からはバラ鉢の植え替えに取り掛かりたいところです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/04(土) 21:40:39|
  2. ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

寒さの中、ひと仕事

今日も寒い一日でした。

気温は、最低が0.8℃、最高は7.5℃と数字だけ見るとそれほどではないですが、
冷たい風が吹いて、実際の気温よりかなり低い体感温度でした。


お昼過ぎまではずっと家の中で大人しくまったりとしていましたが、
昼食後、意を決して庭へ。


ノイバラの剪定
最後まで残った暴れ放題のノイバラの剪定に着手しました。

まずは、テッポウムシの影響で一部枯れこんでしまった枝を高枝鋏を使ってCUT。
それから、残った葉を落とし、ローズヒップも枝の新芽が膨らみ始めている部分まで切り戻しました。


本格的な誘引作業は来週末、土曜日の立春以降に持ち越し。

随分と日が長くなり5時過ぎまでOKになってきましたが、
やはり日が翳ってくると寒さが一段と身に凍みました。


水仙の芽吹き
寒さはまだまだ続いていますが、1週間後に立春を控えて、日差しは少しずつ強さを増しています。
先日もご紹介した水仙が元気に芽吹き始めています。



ジュビリーセレブレーション
ジュビリーセレブレーション
昨年暮れ頃に剪定した枝の新芽が順調に膨らんでいます。
気の早い株では、早くも芽が綻び始めています。



夢乙女
新雪の誘引枝の下にぶら下がるような形で夢乙女が枝を伸ばしています。
こちらはまだ剪定も終わっていないので、早めに枝先の整理をしないと...


この寒さのピークは、どうやら次週末の立春頃となるようです。
早くこの寒波が一段落して、暖かな春の日差しが差し込む日が来てくれる事を
じっと我慢して待ちましょう。



明日からまた、東北地方に出張。
このところ週の半分以上が出張ですが、
今度はかなり寒いところへ行くので、
しっかり防寒対策をして出掛けます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

  1. 2012/01/29(日) 23:59:44|
  2. ザ・フェアリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

安曇野の誘引完了

三連休の3日目。
今日は成人の日で、街では晴れ着姿の新成人も多く見かけました。


お天気は、と言えば今日も冬晴れの快晴。
日中は10.1℃と僅かながら10℃を上回り、バラの作業日和でした。


今日は昨日の続きで、安曇野の誘引。

安曇野(誘引作業前)
今日の作業はお昼過ぎから。
上に向って伸びたベーサルシュートのうち、長いもの3本を昨夕仮留めしています。
(左側へ弓なりに誘引している赤い枝です。)



仮留めを一旦外して、枝を下向きに強く引っ張りながらビニタイで留めていきます。

安曇野(誘引後)1
3時間余り掛かって作業が終わりました。

15cm程度以上ある枝は、原則としてビニタイで固定するか
別の枝の下にくぐらせるなどして寝かせて固定します。

例外的に手が届かない左上奥の部分と、左下の長さが余った分は
自然の雰囲気のままで残しました。



安曇野(誘引後)2
下から。


結局、この三連休は安曇野の剪定・誘引作業だけで終わりましたが、
作業の合間に、大部分のつるバラの株元に固形油粕を元肥として埋めたりばら撒いたり。

マニュアル本などでは、大きな穴を株の周りに掘って元肥を施すように書かれていますが、
うちの場合株元に色々な宿根草などが植えられている場合が殆どなので、
軽く地表の土を返して埋めるか、落ち葉などが積もっている部分にはただばら撒くだけ。

かなり手抜きですが、これでも何もしないよりは十分効果があるようです。



新雪
新雪の最後の花


今シーズンは(も)予定よりだいぶ遅れ気味。
皮算用では今日で全てつるバラの剪定・誘引が終わる予定でしたが、
この調子では今月いっぱい掛かってしまうかもしれません。


残る大物はフェンスのウィリアムモリスとカクテル、そして生垣のノイバラ。

あと幾つか細かいものがあるので、まあ何とか頑張ります。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/01/09(月) 23:20:57|
  2. 安曇野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

安曇野の剪定スタート

三連休2日目。

今日からついにバラの剪定・誘引作業を再開しました。


昨日予告したようにミニのつるバラ、安曇野の剪定に着手。

安曇野(剪定前)
剪定前。

ローズヒップと去年の葉を切り落とし、あまり開花が期待できない古枝も落とします。



安曇野(剪定後)1
ローズヒップの枝を1本1本芽の上で切り落としていく作業は、
とにかく数が多いだけに物凄く手間が掛かります。

4時間ほど掛かって、ほぼ剪定が終わりました。
古枝をだいぶ落としたので、かなりスッキリしました。
左上の奥だけ、手が届かないのでローズヒップや葉がまだ少し残っています。

この後、高枝鋏を使ってかなり雑に切り落とし完了。
終わった頃には暗くなってしまったので写真はなし。



安曇野(剪定後)2
少し上から。



安曇野(剪定後)3
今度は下から。

これで今日は終了。
明日は誘引作業です。



今朝、剪定作業に取り掛かる前に芝に殺菌剤と液肥を散布しました。

今日の芝庭
このところの寒さで少し色が褪せ始めています。
前回の殺菌剤の効果で菌糸は抑えられていますが、念のため薬剤を替えて散布。
緑の維持のために液肥と尿素も。

(本日の散布内容)
  オーソサイド(キャプタン)
  トップジンM(チオファネートメチル)
  園芸用液肥(5-7-5) 500倍
  尿素(46-0-0) 2000倍

 以上を混合して10Lジョウロ散布。



久々の庭仕事でしたが、南向きの庭ではほとんど風もなく穏やか。
横浜の最高気温は10.3℃とそれほど寒くは感じませんでした。

風邪はほぼ良くなり、まだ少し鼻水が出易い程度の軽い症状は残っていますが、
今のところ庭仕事の影響は無さそうです。


今日は早めに休んで、明日も頑張ります。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/01/08(日) 22:43:54|
  2. 安曇野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イメトレ効果

仕事始めから2日目。

年が改まり、新しいプロジェクトもスタートしつつあって、
それなりに忙しく過ごしています。


一方庭の方は、つるバラの剪定・誘引や鉢替え、宿根草の株分け、植え替えなど
冬ならではの仕事は目白押しながら、この季節は写真のネタが1年でも一番乏しい時期でもあります。


「つるバラの誘引では、春の花をイメージして」なんて分かったような事を書いてきましたが、
冬色の地味な世界の中でひとり寒さに震えているような状況では、今ひとつイメージが浮かびません。


やっぱり実物の写真を見るのが一番。

という訳で、去シーズンのアンジェラの誘引から開花までの写真を改めて見返してみました。


アンジェラ2010/12/26
2010/12/26
だいたい今の状況と同じですね。



アンジェラ2011/3/20
2011/3/20
一斉に芽吹き始めました。



アンジェラ2011/4/4
2011/4/4
ちょうど桜が満開の頃。すっかり緑に覆われました。



アンジェラ2011/4/20
2011/4/20
早くも蕾が上がり始めました。



アンジェラ2011/5/4
2011/5/4
ついに開花スタート。
おびただしい数の蕾に圧倒されます。


アンジェラ2011/5/22
2011/5/22
そして溢れんばかりに満開。



アンジェラ2011/5/21
2011/5/21
如何でしたでしょうか?



誘引の仕方の参考になったかどうかは別にしても、
何だかワクワクしてきませんか?

こんなに葉が茂って花が咲いたんだ!って今更ながら思いますよね。
頭では分かっているつもりでも、今の姿からはなかなかイメージが湧いてきませんよね。


さあ、冬の寒さに今ひとつ気が乗らなかった貴方。

イメージトレーニングはこれでバッチリ。
俄然やる気が湧いて来たに違いありません。



皆さんも去年の春のアルバムやブログを一度読み返してから、
つるバラの誘引作業を楽しみましょう。

もちろん防寒対策はしっかりと。
(夢中になりすぎて私のように風邪をひかない様にご注意を!)



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/01/05(木) 23:59:45|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アンジェラの誘引完了

いよいよ今年も明日の大晦日を残すのみ。

本来は家のことを色々とやらなければならないのですが、
今日も庭に出てアンジェラの誘引の続きを。


アンジェラの誘引作業1
連日雲ひとつない寒い冬晴れの中、作業に取り掛かります。

低い位置の枝は階段側から、高い位置は裏側に脚立を立てて作業します。
海老反るような格好で枝の隙間から腕を通して、上に向かって暴れている枝を捕まえ、倒して誘引します。
不安定な足場で棘に引っ掛かりながら、結構苦労する作業です。

服は棘に負けないタフなL.L.Beanのフィールドコートをバラ作業専用に長年愛用しています。
アメリカ滞在時に購入したものなので、かれこれ15年もの。

自分のは袖がダメになって一昨年限りで引退しましたが、去年から色、サイズ違いの家内用のを着ています。
普段はLサイズを着ているので、Sサイズはちょっと小さいですが、アメリカンサイズなので何とか大丈夫です。



アンジェラの誘引作業2
3時間ほど掛けて、オベリスクより階段側の作業がほぼ完了。
残すは左側、新雪へと連なる部分だけになりました。

一旦休憩して、遅い昼食。


アンジェラの誘引作業3
作業を再開して1時間あまりでようやく完成。
反対側からの新雪と完全に一体化しました。

開花中の花は仮置きでそのまま残しています。



アンジェラの誘引作業4
新雪側から。
こちらも1輪だけ残っています。



アンジェラの誘引作業5
今度は下から。
階段とテラスの間に幅50cmほどの空間があるので、
そこに覆い被さるようにドーム状に誘引しています。

因みにこの「ドーム」の内側は、夏は日陰、冬は日当たりなので
クリスマスローズのナーサリーに使っていて、大小の鉢、苗をずらりと並べています。


アンジェラの誘引作業6
「ドーム」の骨格は太い古枝でガッチリと固まっているので、
その上に新枝を這わせて固定していく格好。

誘引の仕方はかなり適当です。

この「ドーム」を構造的に支えているのは左側の2本の太い緑の支柱と、
バルコニーの天井裏に渡した針金1本だけ。

オベリスクとは完全分離しています。



残すはフェンスのウィリアムモリスとカクテル、
階段上の安曇野、そして生垣に絡んだノイバラ、
とまだ大物が残っていますが、年内の作業はこれでほぼ終了。


更新も年内はこれで最後になります。


最後に、同じく年を越えるバラの花たちをご紹介してお別れです。


セプタードアイル
セプタードアイル
カップ咲きまであと一息。



オールドブラッシュ・チャイナ1


オールドブラッシュ・チャイナ2
オールドブラッシュ・チャイナ
こちらも開花へあと一息。



ブルーバユー
ブルーバユー



新雪
新雪



芝庭12/28


大震災をはじめ色々な事があった激動の1年でしたが
何とか無事に年の暮れを迎えることが出来ました。

皆様には今年1年、本当にお世話になりました。


それでは皆様、どうか良いお年をお迎えください。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/30(金) 23:59:47|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アンジェラの剪定・誘引

クリスマスイブの夜、スパークリングワインをちょっと飲みすぎたのか
クリスマスの朝は例によってかなり遅く起き出しました。


クリスマスもいつもの週末と変わらず、日中はのんびりとつるバラの剪定・誘引作業。
昨日からアンジェラの剪定に取り掛かりました。


アンジェラの剪定・誘引1
今月初めにオベリスクのつるアイスバーグの剪定・誘引した際に、
一部のアンジェラのシュートは剪定済みですが、大部分は手付かず。



アンジェラの剪定・誘引2
アンジェラはシュートの出が旺盛なため、枝の入れ替えのため古枝はバシバシと切り落としていきます。

写真はその一例。

右から左に横に寝かせた昨年の誘引枝から、直角に上向きのシュートが2本元気に伸びています。

こういう1m超級のシュートが出ている場合は、迷わずその先の古枝は切り落とします。
この写真で言えば、この2本の左側にたくさんの10-30cm級の枝が見えていますが、
これらは全部不要です。
もちろん残してもそれなりに花は咲くのですが、結果的に春以降の枝が込み合い過ぎて
病害虫が付きやすいし、個々の花枝自体は貧弱なものが密集する格好になります。

それ位なら、奇麗サッパリ切り落として太くて新しいシュートに切り替えた方が
結果的に健康的でしっかりした花枝が多く出るようになります。


誘引作業は次回以降へ持ち越しましたが、スッキリ何もなくなった場所に
この太いシュートを倒して誘引します。
何も日照を遮るものがないので、倒したシュートの全ての芽から勢い良く花枝が伸び、
気持ちよく花をたくさん着けてくれます。



今日はお昼過ぎから夕暮れまで、アンジュラの剪定・誘引の続き。

アンジェラの剪定・誘引3
今日は、階段付近と言う事もあって、足場も悪く脚立が使いにくいので、
地面や階段に立って手が届く範囲で剪定しました。

今夕時点でまだ手付かずのまま残っているのは、手が届かない高い位置のシュートや小枝のみ。


現段階ではまだ古枝を少し多めに残していますが、
シュートを順次倒していけば、おそらく最終的にはかなりの古枝が不要になるでしょう。



3連休で結局、新雪の剪定・誘引を終えたのは大きな収穫でしたが、
大物アンジェラはまだまだ誘引はこれから。
当初からある程度予想していたとは言え、ついに年末年始のお休みになだれ込み決定です。

開き直って、焦らずボチボチと進めていくことにします。



さて、最後に今日のバラ。

セプタードアイル
セプタードアイルの最後の蕾がようやく綻び始めています。
果たして、あのカップ咲きまで咲き進んでくれるでしょうか?



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/25(日) 23:59:58|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

新雪の誘引 ~その2

ついに真冬並みの寒波がやってきました。

いわゆる「クリスマス寒波」というやつですね。


今日の横浜は、一日中曇りで最高気温は7.5℃までしか上がりませんでした。
結構北風が吹いて、日差しもないので体感的にはもっと寒く感じました。


そんな中、先週やり残したつるバラ「新雪」の剪定、誘引を再開しました。

新雪の剪定・誘引1
作業時間としては約3時間。
写真の手前側の枝の誘引が若干残ってしまいましたが、
9割方完了しました。


新雪の剪定・誘引4



新雪の剪定・誘引3
開花中の花と蕾を各1輪だけ残しました。

作業を終えた頃にはすっかり薄暗くなって、室内の明るさが目立ちます。


新雪の下で細枝が暴れているのは、左がコーネリア、右が夢乙女。
こちらはいずれ日を改めて誘引します。



ところで、こんな寒い日が続いている中、芝の調子が少しおかしくなってきました。
この1週間で、やや黄色い枯れが目立つようになって来ました。

芝の病気発生(白い菌糸)
よく観察してみると、庭中のあちこちに白い菌糸が発生しています。

こんなに寒いのに病気が蔓延るとは、ちょっと油断していました。


さっそく、殺菌剤を散布しました。

 ロブラール(イプロジオン)
 タチガレン(ヒドロキシシイソキサゾール)

併せて、

 園芸用液肥(5-7-5) 500倍
 尿素(46-0-0) 0.5g/L
 活力剤(オリゴグルコサミンL) 500倍

も混ぜて、0.5L/平米をジョウロで散布。


この時期に芝の病気とは思ってもいませんでした。
梅雨時など暑い時期の病気とは、見た目も明らかに違っています。

ネットで調べてみましたが、低温性のピシウム病でしょうか?
他にも擬似葉腐病(ウィンターパッチ、イエローパッチ)などの可能性があるものの
どれも今ひとつ決め手がありません。

菌糸が出ているので比較的判別しやすそうなのですが、ネットの情報ではあまり出てきません。


とにかく今回の殺菌剤の効き具合をしばらく観察して、後日追加で別の薬剤も散布してみるつもりです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/23(金) 23:59:20|
  2. 新雪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新雪の剪定・誘引スタート

今日も真っ青な冬晴れの1日。

もうすっかりと冬のお天気が当たり前になってきました。
最低気温2.5℃、最高気温11.8℃は、横浜としてはもうほぼ冬真っ盛りの気温。

しっかり着込んでの庭仕事です。


そんな訳で、午前中から新雪の剪定・誘引に取り掛かりたかったのですが、
その前に、テラスに出したままの観葉植物を室内に取り込まないともう耐寒性の限界です。

すっかり大きくなったゴムの木系の2本を室内に取り込むに当たり、
大きすぎてちょっと邪魔になったのと、枝姿がだいぶ乱れてきたこともあって
大胆に小さく仕立て直しました。


こんな寒い時期に弄るのは正直邪道なのですが、「室内事情」もあって、断行しました。

その一部始終は後日ご紹介するとして、この作業が思った以上に時間が掛かり、
新雪の作業に取り掛かれたのはもう日が傾きかけた3時近く。


新雪 剪定前1
剪定スタート前の新雪。



新雪 剪定前2
同じく、ほぼ正面から。


今年は太くて長いシュートの発生がなく、枝はどれも小振り。

こういう状況だと、大胆に古枝を新枝に入れ替える、
というより、むしろ古枝は残して今年春の花枝の2,3節を積極的に活用することになるので、
作業としては大胆な枝の組み直しは殆どなく、とても簡単です。


新雪 剪定途中
ほんの1時間半ほどで日が暮れて、今日はこの辺まで。
剪定というよりも葉っぱを落としただけと言ってもいい程度。

作業的にも、途中、若干カイガラムシが付いている枝を真鍮ブラシで擦ったり、
花が咲きそうもない細い枝や枯れ枝を切り落とす程度。


残った左奥の部分は、バラ花壇の上に掛かっているので、
脚立を立てる足場の確保がちょっと難しくなります。

続きの作業は来週後半の3連休に持ち越しです。



結局この週末、つるバラを弄ったのはたった1時間半のみ。

年末になり、室内のちょっとした模様替えも計画していたり、色々と忙しくなりそうで
まだ全く手がついていない年賀状書きなども考えると、だんだんとスケジュールがタイトになってきました。


3連休でどの程度片付けられるか、ちょっと不安になってきました。

まあ、とにかくやるべきことは山積。
毎冬のことですが、芝の種まきの9月とともに最も忙しい季節が佳境を迎えつつあります。



ところで最後に、新しいオリンパスのミラーレス一眼は、
娘が友達とのクリスマスパーティーに早速持って出掛けました。
なかなか良い仕事をしてくれそうです。

明日以降しばらくは、発色の特徴などを覚えるためになるべく積極的に使って、
CANON機との色味になるべく摺り合わせるよう、セッティングの微調整などをしていきたいと思っています。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/18(日) 23:59:02|
  2. 新雪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。