芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ギボウシの芽吹き

今日から4月。
最高気温16.6℃とこの季節らしい暖かさに。


いよいよギボウシの芽吹きが始まりました。

サガエ
世界的に有名なギボウシの大型品種、サガエ。
山形県寒河江市で発見されたことに由来しています。(Wikipedia "サガエギボウシ")



リバティ
リバティ
サガエの草姿そのままに斑の入り方が広くなった芽変わり品種。



 サガエとリバティ 2009/4/15
サガエ(上)とリバティ(下) (2009/4/15)



サガエ、リバティ、フランシス・ウィリアムス
上からサガエ、リバティ、フランシス・ウィリアムス (2009/5/14)



 トーチライト
こちらは中型ギボウシのトーチライト。


全部で10数品種あるうち、目立って芽吹き始めたのはこの3品種。
桜が満開になる頃には、たぶん全部出揃うでしょう。


見る見るうちに力強く芽が伸びて葉の展開が始まりますが、
植物の生命力の逞しさを感じさせてくれます。

これからの成長の様子をお楽しみに。



がんばれ、東北! がんばれ、日本! 支援&募金ポスター


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/01(金) 23:59:34|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ギボウシの花

梅雨特有のじめじめした日が続いていますが、
横浜の我が家の周辺は微妙に雨雲からは外れていて
この4日ほど雨はほとんど降っていません。


そんな中、緑が溢れる庭では、ギボウシがますますその存在感を増しています。


ギボウシ・サガエの花1
ギボウシ・サガエの花が咲きました。


    ギボウシ・サガエの花2
    株張りが約1m、葉の高さ70cmほどの株から約1.2mの花茎が伸びています。
    ユリ科だけあって小さなユリの花のようで、蕾は薄紫です。
    各々の花は1日だけ咲いて、すぐに萎れてしまいます。


フランシス・ウィリアムズ
シェードガーデンのフランシス・ウィリアムズもサガエに負けないほど大株ですが、
全体的に背丈は低めで、花茎もやや寸詰まり。
花は純白で斜め下向きです。


      リバティ
      階段の南の生垣側のギボウシ。
      サガエの芽変わり品種のリバティー(手前)と青葉のハルシオン(奥)。
      リバティは、さすがに兄弟品種だけあって、白斑の入り方が多い以外は
      何から何までサガエとそっくり。
                   
      一方、ハルシオンは青色ギボウシの代表品種。  
      葉色のコントラストが見事です。

      2つのギボウシに挟まれて斑入りノブドウが成長中。
      白斑と紫の葉脈やつるが緑に彩を添えています。


明日は久々にしっかりとした雨になりそう。
ただ、それ以降はまた曇りがちの日が続くとの予報です。
我が家の西洋芝にとっては雨が続かないのは朗報なので、
できれば我が家の周辺だけでも、このまま雨が少なめで推移して欲しいものです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/06/22(火) 23:59:56|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギボウシ

今日はまだ天気がよく、日中15℃まで上がりましたが、
これからまたしても寒くなるようです。

3月下旬からの天候不順で野菜も高騰し始めているようですが、
今度の寒さが不作に輪をかけなければいいのですが。。。


暖かくなったり寒くなったりですが、我が家のギボウシは順調に芽吹きが進んでいます。

リバティ
リバティ
鉢を階段から新しい花壇に移してみましたが、少し大き過ぎるかもしれません。
早くも隣のバラと接触し始めてしまいました。


    トーチライト
    トーチライト
    やや小型のギボウシですが、どんどん芽数が増えています。


        ジューンフィーバー
        ジューンフィーバー
        HCで人気品種「ジューン」として売られていましたが、
        葉色や光沢の質感などから、どうやら品種間違いのようです。


リーガルスプレンダー
リーガルスプレンダー
立ち性が特徴的な覆輪系斑入りギボウシ。ややブルー系です。


    フレグラントブーケ
    フレグラントブーケ
    鮮やかなライムグリーンの比較的大型品種。
    シェードガーデンの中央に地植えしていますが、存在感たっぷりです。


        フランシス・ウィリアムズ
        フランシス・ウィリアムズ
        ブルー系斑入りの代表的品種。かなり大型です。
        今年は階段からメインのシェードガーデンへ鉢を移しました。


    ハルシオン
    ハルシオン
    粉を吹いたようなブルー系の代表品種。
    最も青みが強いギボウシのひとつでしょう。


サガエ1

   サガエ2
   サガエ
   そして、成長途上ながら早くも威風堂々のサガエ。
   やはりこのギボウシには別格の存在感があります。
   今年は相当見事な大株になってくれそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/14(水) 23:59:04|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ギボウシ「サガエ」の開花

梅雨入り早々いいお天気でした。

今や我が家の庭のシンボル的存在になりつつある大型ギボウシ「サガエ」に花が咲きました。


ギボウシ「サガエ」の開花
サガエ


ご存知の方も多いと思いますが、この「サガエ」という名前は山形県寒河江市に由来していて、寒河江市のとある庭先で偶然発見されたと言われています。
ホスタが人気の欧米でも「Sagae」の名前で通っていて、とても人気のある有名品種です。
事実、アメリカホスタ協会(AHS)の2000年 Hosta of the Year を受賞。
AHSの人気投票でも毎年1位を争っています(2008年はジューン June に次いで第2位)。


      サガエの花1


               サガエの花2


サガエの薄紫の花は、見るからにユリ科の花。
ひとつひとつの花は小さく、それぞれの花の寿命も1日程度。

まだ蕾の部分は、これから花茎が伸びて縦に花が並ぶように咲いていきます。

夏の終わり頃には種が実りますが、種を播いてもひとつとして同じものは出来ず、斑入りになるのも少ないそうです。



階段のギボウシ2009/6/7
階段に並んだ大型ギボウシ揃い踏み。(2009/6/7)
上から、
サガエ、
リバティ、
フランシス・ウィリアムズ


サガエは、来年には単独でどこか目立つとことに植え替えて、名実ともに我が家のシンボル・プランツにしたいなと思っています。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/12(金) 23:59:21|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ギボウシの季節

盛りは過ぎたとはいえ、バラはまだまだ華やかです。


テラス前のバラ
テラス前のバラたち


     階段の上のバラ
     階段の上の遅咲きのバラたち
     アルバ・メイディランド(中央)、スーパーエクセルサ(左)、ザ・フェアリー(右下)



バラが咲き誇っている間に、夏の緑の庭の主役、ギボウシたちがほぼ目いっぱいまで葉の展開を済ませました。


サガエ
サガエ
ギボウシ(ホスタ)界の王様です。


   リバティ
   リバティ
   サガエの芽代わり。


       フランシス・ウィリアムズ
       フランシス・ウィリアムズ
       これも大型の人気品種


以上の横綱級3品種は我が家の階段で堂々の揃い踏み。
抜群の存在感を発揮していますが、どれも単独で十分主役を張れるものばかりです。


脇に控える3品種も個性たっぷり。

アビクア・ドリンキングガード
アビクア・ドリンキングガード
「ドリンキングガード」とは、アメリカインディアンが瓢箪で作ったひしゃくのこと。
北斗七星という意味もあります。


   ゴールド・スタンダード
   ゴールド・スタンダード
   夏が近づくにつれ、黄色味が増してきました。


      パトリオット
      パトリオット
      ギボウシは日本原産。
      アメリカの「愛国者」として里帰りです。


   不明ギボウシ(サガエの品種間違い)
   「サガエ」として裸苗で売られていた不明品種。
   サガエとは似ても似つかないものの、生育は旺盛です。
   太い花茎が立ち上がっています。



シェードガーデンでは7品種が活躍中。

フレグラント・ブーケとハルシオン
フレグラント・ブーケ(右)とハルシオン(左)



    リーガル・スプレンダーとフレグラント・ブーケ
    リーガル・スプレンダー(右)とフレグラント・ブーケ



        ゴールデン・ティアラとレモンライム
        ゴールデン・ティアラとレモンライム
        小葉系のギボウシ2種はシェードガーデン最前列に。



ファイアー・アンド・アイス
ファイアー・アンド・アイス
去年はダンゴムシに食べられて貧弱でしたが、だいぶ復活してきました。


     トーチライト
     トーチライト
     春先までは階段でサガエの隣人でした。
     今はシェードガーデンのクサソテツ(こごみ)の脇に越してきました。




そして、最後にいつものように「国際バラとガーデニングショウ」より。

バラクラ
ケイ山田さんのバラクラ・イングリッシュ・ガーデン
巨大なサガエと芝の組み合わせは去年も使われていました。



      フロントガーデンのハルシオン
      フロントガーデン(玄関庭)
      ブルー系のギボウシはおそらくハルシオン。



   ギボウシ3種
   ここでは3種類のギボウシが、ヒューケラ、シダ、斑入りアマドコロなどとともに。


ギボウシはほとんどの庭で使われていました。
主役も脇役も、日陰だけでなく日向もOKなオールラウンド・プレーヤー。
しかもほとんど手がかからず病害虫知らず。
欧米では「パーフェクト・プラント」と呼ばれているそうです。       

まだお持ちでない方にはお奨めです。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
   

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/05/26(火) 23:48:29|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ギボウシ「サガエ」?モリモリ成長中?

今日はついに20度超え。
横浜は21度まで上がりました。向こう1週間はずっとこんな気温で推移しそうです。

気温の上昇につれて、ギボウシの成長が一気に旺盛になってきました。

サガエ2009/4/8

ギボウシ「サガエ」は、山形県寒河江市の農家で発見されたギボウシの世界的代表品種。
全米ホスタ協会の人気ランキングでも常に上位を占めています。

ちなみに、左の階段下側に写っているリバティはサガエからの変異株で、クリーム色の斑の入り方が多いのが特徴です。

では、今春のサガエの成長を振り返ってみましょう。

ギボウシ・サガエの芽
3月14日
ようやく小さな芽が覗き始めました。

サガエの芽吹き
3月19日
芽が伸び始めました。

サガエ2009/3/27
3月27日
ぐんぐん伸びています。

サガエ 2009/4/4
4月4日
葉が展開し始めました。

サガエ 2009/4/8
4月8日
大きく葉が広がり始めました。
昨年の2芽に対し、今年は6芽。
液肥や置き肥もやや多めにしてより大きく成長を促しています。


すでに去年の2芽のピーク時並の大きさに育ちましたが、まだまだ大きくなりそうな勢い。さらにどの程度の大株に育ってくれるかとても楽しみです。

サガエ 2008/5/18
2008/5/18
去年の様子(右上;サガエ、下;リバティ)


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/08(水) 23:59:06|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

春の嵐 ? ギボウシ成長記録

今日は昼前から雨が降り始めました。
強い南風が吹いて、ちょっとした春の嵐でした。

春の嵐 2009/3/22


午前中、雨が降り出す直前に短時間だけ庭を観察。

サガエの芽2009/3/22
ギボウシ・サガエ(寒河江)の芽が一段と大きくなってきました。


今日は天気も悪いので、ギボウシの成長の様子を振り返ってみることにしました。


我が家に最初にギボウシがやってきたのは2006年の春。

シェードガーデン2006/5/2
まだ、ツボサンゴ(ヒューケラ)より小さいです。
中央上から、レモンライム、フレグラントブーケ、ゴールデンティアラ、右上はファイアー・アンド・アイス、左上ラミウムに隠れているのはパトリオット。

そして翌年2007年の春。

シェードガーデン2007/5/2
だいぶ大きくなりました。
右上の鉢はフランシス・ウィリアムス。ファイアー・アンド・アイスはダンゴムシの食害がひどいので、避難しました。

そして、この年、ギボウシの超有名品種サガエをはじめ何種類かが我が家にやってきました。

サガエ、トーチライト2007/5/2
サガエ(右)とトーチライト(左)

リバティ、リーガルスプレンダー2007/5/10
リバティ(左)、リーガルスプレンダー(右)


そして昨年2008年春のシェードガーデン。

シェードガーデン 2008/5/15
常連の方にはおなじみ?の一角。
かなりしっかりと成長しましたが、大きなフレグラントブーケ(中央)は1芽、奥のフランシス・ウィリアムスは2芽しかないのでまだまだ本来の姿ではありません。

そして階段の様子。

階段のギボウシ2008/5/18
サガエ(右上)と、その兄弟品種リバティー(下)、トーチライト(中央)がバラ、ジギタリス、クレマチスと競演です。サガエとリバティはまだそれぞれ2芽、1芽しかないので、まだまだ本格化はこれからです。

サガエとリバティーは華やかなので、地植えせず、このまま鉢で大株に育ててバラとの競演をさせ、フォーカルポイントとして目立たせる予定です。

階段のギボウシ2008/5/4
同じ階段組を上から眺めた全景。
左上の青系のハルシオンも日陰に映えてなかなかの色合いです。

ちなみに、ギボウシは日向のほうが成長がよく、日当たりが良かった階段組は軒並み芽数が数本に増えました。
計画では、鉢で大株に育ったギボウシは、大きさと色を見極めながら今後、順次庭に下ろしていく予定です。


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/22(日) 23:18:37|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ギボウシの植替え(続き-2)

先日に引き続きギボウシの植え替えです。

まず、トーチライト。
トーチライト(左) 2008/4/26
トーチライト(左) 2008/4/26

右下に見えるサガエと比べてわかるとおり、中型でやや濃い目で光沢のある緑の葉が特徴。

トーチライトの植え替え 2009/1/17
根はぎっしり張って、芽も5、6個付いています。5号鉢から7号鉢に鉢増ししました。


続いて、あまり元気のないパトリオット。
パトリオット 2008/4/26
パトリオット 2008/4/26

パトリオットの植え替え 2009/1/17
やはり根の張りもあまり良くありません。
大きめ、小さめの芽が1つずつ付いています。元の7号鉢に戻しました。

残った2鉢、
ゴールドスタンダード 2008/5/4
ゴールドスタンダード 2008/5/4

不明品種(偽サガエ) 2008/5/4
不明品種(偽サガエ) 2008/5/4

は、昨年購入、植え付けたばかりなので、植え替えは見送って、鉢に腐葉土を多めにふり掛けてやることに留めます。

なお、この2つはホームセンターで購入した袋入りピートモス詰めの裸苗ですが、googleで「サガエ 偽物」と検索してみると、サガエの偽物は結構出回っているみたいです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/01/17(土) 21:34:40|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ギボウシの植替え(続き)

頭痛が直り体調もまずまずだったので、遅れ気味の庭仕事に復帰しました。

今日も例の如くギボウシの植替えとバラの植替えをセットで行い、土を交換しました。

ギボウシの植替えは秋に枯れてから新芽が出るまでいつでも大丈夫なのですが、3月頃と書かれている場合が多いようです。「*?私の花畑?*」のbukeさんからも質問をいただきましたが、ギボウシはとても丈夫なので土がカチカチに凍結するような厳しい寒さでなければ問題ないと思います。

最初は、あまり成長の良くない「ファイアー・アンド・アイス」
ファイアー・アンド・アイス 2008/4/27
ファイアー・アンド・アイス 2008/4/27

ファイアー・アンド・アイスの植替え
予想したとおり根の張りがあまり良くありません。

ファイアー・アンド・アイスの葉はダンゴムシの大好物のようで、いつもかじられて元気がないのですが、鉢をひっくり返して驚いたのは、なんと鉢底の穴から太さ5mmほどの生垣のヒバの根が侵入して肥料分の奪い合いが起きていました。注意深く絡んだヒバの根を取り除いて植え替えました。

小さいながら新芽が4つ出来ているので、今年こそは大きくなって欲しいものです。


続いて、サガエの兄弟分「リバティ」。
リバティ 2008/4/26
リバティ 2008/4/26

リバティの植替え
かなりギッシリと根が張っています。
庭の粘土質の土をかなり使っていたので根鉢がなかなか崩れません。あきらめてジェット水流で土を流し出しました。

昨年は1芽でしたが、特大の芽2つと少し小さい芽が5つほど。
6号鉢から9号鉢に鉢増ししました。

今年もサガエとの競演が楽しみです。


続いて、リーガル・スプレンダーとハルシオン。
リーガル・スプレンダーとハルシオン 2008/5/4
リーガル・スプレンダー(左)とハルシオン(右) 2008/5/4

リーガル・スプレンダーの植替え
リーガル・スプレンダー

ハルシオンの植替え
ハルシオン

リーガル・スプレンダーは立ち性、ハルシオンはブルー系とどちらも特徴的な品種です。

どちらもビッシリと根を張っていて、6、7芽あります。特にリーガル・スプレンダーはほとんど隙間が無いほどギッシリと根が詰まって全く根鉢が崩れません。リーガルは6号から7号鉢に鉢増ししました。


3年目を迎えてどれも芽の数が一気に増えています。
これは春がかなり楽しみです。

残るパトリオット、トーチライトとゴールドスタンダードは来週以降に持ち越しです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/01/12(月) 19:32:16|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ギボウシ「サガエ」の植え替え

先日のフランシスウィリアムズに続いて、我が家のギボウシの大将格「サガエ」を植え替えました。

サガエ 2008/4/20
これが昨年春のサガエです。(2008/4/20)
まだ2年目の成長途上ですが、2芽で株張りは約60センチほどあります。現在は地上部はすべて枯れて無くなっています。

サガエ植え替え1 2009/1/10
鉢から出しました。根がものすごい状態です。

サガエの植え替え2 2009/1/10
なるべく根を切らないように手でほぐして土を落としてから、水で根を洗いました。

サガエの植え替え3 2009/1/10
以前、地上に見えていた5つの芽のほかに、地中に2つの大きな白い芽ができています。

もとの鉢に戻し、根の間にゆすりながら土を入れ、最後に水流の勢いで土を根の間に流し込みました。
今年は見事な大株に成長してくれそうです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/01/10(土) 21:40:28|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。