芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クロッカスが開花目前

バレンタインデーにぱらついていた雨は、今日は上がったものの晴れ間はほとんど無し。

日差しが無かった割には比較的暖かい一日で、横浜の最高気温は11.0℃。
約1週間ぶり、久々に2桁まで上がりました。


クロッカス・ジプシーガール1
そんな暖かさに誘われたのか、クロッカス・ジプシーガールが開花目前です。



クロッカス・ジプシーガール2
もともと早咲き系で、去年も開花が2月13日でしたから、
今年の寒さの割にはそれ程は遅れていない、ということになります。



クロッカス・ジプシーガール3
このタイガーカラーの花は、明るい日差しの下でないと開きません。
明日はまた曇りの一日になりそうなので、冬晴れのお天気が戻る金曜日頃までは
開花はもう少しお預けになりそうです。



スイセンの様子
一方、スイセンも順調に成長中。
こちらも早いものは今月中に開花が始まるかもしれません。



クリスマスローズ
こちらはクリスマスローズ。
どうやら、この冬の開花第1号になりそうです。
花はアプリコットのシングル。



さて、明日もまた仙台に出張してきます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/15(水) 23:59:05|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ひと足早く

いつも同じ事ばかり書いてますが、今日も寒くて乾燥した冬晴れ。

どんどん庭は冬枯れ状態に。

パットオースチン
年末年始に掛けて咲いたパットオースチンの最後の花も
すっかり干からびてしまいました。



風知草
風知草はすっかり枯れて稲藁のような状態。



黄金メギの紅葉
鮮やかに染まった黄金メギの紅葉もいよいよお仕舞。



そんな中、春の訪れをひと足早く告げる早咲きのクロッカスが成長しているのを見つけました。

クロッカス・ジプシーガール
クロッカス・ジプシーガール
黄色にトラ柄の一風変わった花が咲くクロッカスですが、
去年は2月10日過ぎに開花しました。



春の気配には程遠いですが、少しずつ夕方の日が長くなりつつあるのは間違いありません。

まだこれから21日の大寒過ぎまで寒い日が続きますが、2月4日の立春まではあと3週間あまり。
その頃になると、寒いながらも日差しの強さが増して多くの芽が動き始めます。


逆に言えば、その頃までがつるバラの誘引や鉢バラの植え替えなど冬作業の適期とも言えます。

明日から週末ですが、1月の週末も残すところあと3回。
また寒い週末になりそうですが、寒さに負けず頑張らなければ...



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/01/13(金) 23:59:35|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

発芽スタート

少々暑さが戻ってきました。

横浜の最高気温は31.5℃。
夜になっても気温は高いままで、11時現在でも27.0℃。

予報では25℃を超える熱帯夜が戻ってきそうです。




さて帰宅してから、テラスに置いていた種まきトレイの様子を確認してみると...


早くも一部の発芽が始まっていました。

セリンセ発芽
セリンセ・プライドオブジブラルタル(セリンセ・マヨール)




キンセンカ(カレンデュラ)・ブロンズビューティー
キンセンカ(カレンデュラ)・ブロンズビューティー




ビオラ・イエロー&ベルベット(自家採種)
ビオラ・イエロー&ベルベット(自家採種)


ここ数日の程よい涼しさが発芽にちょうど良かったようです。

今晩は熱帯夜になりそうですが、日曜日以降は23℃前後に戻りそうなので
残りも次々と発芽してくれることを期待しましょう。




さて、今朝の庭から1枚。

覆輪の切花品種
覆輪の切花品種(品種名不詳)が引き続き開花しました。

この週末に剪定する予定だったので、何とか滑り込みセーフで開花です。



この週末は、バラの剪定を済ませてから、今月後半の2回の3連休で予定している芝の種まきの準備を進めます。

砂を入れてから藻の発生はかなり収まってきたようです。
砂を入れて以降に枯れてしまった芝を再度取り除いてから、
踏み固められた土をスパイキングして、発芽後の根が張りやすいようにしてやります。

その上で、藻や病気の予防を徹底するために再度殺菌剤を散布しておく予定です。


明日は少々暑くて辛い作業になるかもしれません。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/09(金) 23:59:43|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種まきと挿し木

台風の天気はだいぶ回復してきましたが、今日も南風が吹き込んで熱帯地方のような不安定なお天気。
曇りベースですが、時折、晴れ間や通り雨が繰り返されるお天気。

ただ、この天気も明日からは回復して30℃超えの残暑の日が数日続くようです。

まだ9月に入ったばかりなので残暑は仕方がないですが、
せめて秋らしくカラリと晴れて、朝晩涼しくなってくれば文句ありません。

今のところ週間予報では最低気温は22-24℃程度。
これなら何とかやっていけそうです。



さて、この週末に、種まきや挿し木をしました。


まず、種まきは発芽温度が比較的高めでも大丈夫そうなものから。


ジフィーセブン
種まきに使ったのはジフィーセブンの42mm径のもの。
コイン形状に圧縮したピートモスを水に戻すとみるみる膨らんできます。



ジフィーセブンへの種まき
本来はジフィー1個につき2,3粒蒔いて、発芽したうちから1本を残して
そのままポット上げするのが本来の使い方ですが、私の場合は勿体ないので1個につき数粒蒔きます。

当然数本発芽してくるのですが、本葉が出始めた頃を見計らってまだ根が張り切らないうちに
ジフィーをばらして発芽した芽を取り分けてビニールポットに鉢上げします。

中には植え替えを嫌うものがあるので、そのようなものは本来の使い方で行きますが、
大抵のものはこのやり方で大丈夫です。


これの便利なところは、清潔で冷房の効いた室内で種まきができること。
土を使わないのでほとんど汚れないし、暑い日には室内に置いておけば冷房が効いているので、
発芽して日光が必要になるまでの間は、屋外より発芽に適した温度環境が確保でき
多少種まきを早く始められるメリットがあります。


今年や去年自家採種した種ばかりですが、例年発芽の成功率ははずまず。
ダメ元で蒔いているようなものも多いので、全然出てこないものあるけれど
大抵の場合は多く苗が出来すぎて困る場合がほとんど。

ビオラなんかの場合は、親とは全然違う花色のものも多いのですが、
まあそれもお楽しみの一部です。



そして、次は挿し木。

コリウスの挿し木
これは日曜朝のNHK趣味の園芸でやっていたので思い立ったのですが、
冬越し用に室内に取り込むためのコリウスを挿し木しました。

コリウスは非耐寒性なので、屋外では冬を越せません。
比較的簡単に着き易いのでかなり適当ですが、4品種を2芽ずつ。
2節の挿し穂を作り、下葉を切り落とし、上葉を半分に切って蒸散を減らします。
あとは挿し木用の用土に穴を開けてプスプスと挿し、軽く用土を押さえつけたら
霧吹きで水をやって明るい日陰で管理します。
あとは毎朝霧吹きしてやる程度。


明日から晴れが続きそうなのはちょっと予定外でしたが、
コリウスはかなり着き易い部類なので大丈夫でしょう。

ダメだったらもう一度やれば良い、それでもダメならまた来春買えばよい、というくらいの軽い気持ちで。

活着すれば奇麗な鉢に鉢上げして、晩秋に室内に取り込みます。




さて、最後に今朝の庭から。

ジュビリーセレブレーション
昨日咲いたジュビリーセレブレーションは、夜のうちに降った雨の重みでうな垂れています。



アンジェラ
伸び放題のアンジェラですが、時折、伸びた枝の先端に花を咲かせます。

台風の風で枝が滅茶苦茶ですが、花は左上から弓なりに伸びている枝の先端に咲いています。
春以外の時期は、どういう条件で花が咲くのかハッキリしませんが、
こんな風に先端が下を向くと、枝の成長が鈍って花が咲き易くなる傾向が多少あるような気がします。

といってもアンジェラの場合はかなり気まぐれで、四季咲きといってもこんな程度。
基本的につるバラの「四季咲き」は、程度の差こそあれ、まあこんなものでしょう。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/05(月) 23:59:20|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

写真がいっぱい(ガーデン草花編)

今日から東北地方の温泉に1泊旅行に出掛けます。

昨日(3日)に撮り溜めた写真のうち、「ガーデン草花編」を5月4日分としてお届けします。
(バラとクレマチス編は昨日(5月3日)の記事をご覧下さい。)



庭を見下ろして
新雪の写真を撮るため登った脚立の上から、花壇とフェンスを見下ろしました。



デルフィニウム
デルフィニウム
フェンス前の花壇で咲き始めました。

まだ周りでは、青いH.F.ヤングしか咲いていないので今ひとつ目立ちませんが、
いずれパットオースチンやウィリアムモリスなどが咲き始めると、
抜群の存在感を示してくれるでしょう。



ジギタリス
ジギタリス


ジギタリス2
庭に何本か植えたうちのひとつが咲き始めました。
こちらも今はあまり目立ちませんが、バラの本格化とともに注目を引く存在になるでしょう。



リナリア
リナリア



リナリア2
リナリア(ヒメキンギョソウ)をマクロで。



キャットミント
キャットミント



サルビア・パープルボルケーノ(2011/5/1)
サルビア・パープルボルケーノ


サルビア・パープルボルケーノ
サルビア・パープルボルケーノをマクロで。



ユーフォルビア・カメレオン
ユーフォルビア・カメレオン

左側の金平糖のようなものは、種が出来ているのでしょうか?



都忘れとオダマキ・レプレコンゴールド
都忘れ(右)と斑入りのオダマキ・レプレコンゴールド。



芝刈り後
3日の夕方に恒例どおり16mm高で芝を刈りました。



芝刈り後の様子

芝の生育は極めて旺盛です。
一部にダラースポットと思われる病気が見られるものの、
症状としては軽く、全体としては満足いく状態です。

GW後半に、肥料と殺菌剤を散布の予定です。


芝刈り後、雨が降り始めました。

雨のシェードガーデン
夕暮れ前、雨に濡れるシェードガーデン。



4日、5日と東北・山形の温泉に行って来ます。
甚大な被害が出た太平洋岸ほどではありませんが、
つい最近まで閉まっていた宿も少なくなかったようです。


直前に予約を取ったばかりでやや慌しい日程ですが、
東北の温泉と美味しい料理、お酒を楽しんできます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/04(水) 00:45:55|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

戻り寒波に負けず

今日も寒いです!
真冬のような冬晴れの青空が広がりました。


ピエール・ド・ロンサール
日に日に強くなる陽光を浴びて、ピエール・ド・ロンサールの芽も膨らみ始めてましたが、
このところ、しばらく足踏み状態です。



3月に入って以来の戻り寒波で、次々と開花が進んでいたクリスマスローズもちょっと一休み。

そんな中でも、寒さに負けずじわりと着実に成長しているのは...


ムスカリ・アズレウム
ムスカリ・アズレウム
秋に初めて植えました。

ムスカリといえば、植えっぱなしにしておくとワサワサと葉っぱが伸びて
手が付けられないほど「メデューサ」状態になってしまうのですが、
この品種はあまり伸びないようで、期待度120%。



そしてこちらは...

 原種チューリップ
原種チューリップだけど、何だったっけ?

たぶん上が黄色い花が咲くクルシアナ・クリサンサ、
手前があまり自信ないけどたぶんクリームイエローのホンキートンクだったかな?



原種チューリップ2
そしてこれは...

たぶん、白に芯が青のアルバ・コエルレア・オキュラータ?

まあ、いずれ咲けば分かるのでその時のお楽しみということで。



明日からの週末、寒さは徐々に緩み始めます。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/03/04(金) 23:59:34|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏に向かって宿根草が開花

今日は朝からしっかりと雨が降りました。
このところいつ降ってもおかしくない天気でしたが、結局のところ5日ぶりの久々の雨となりました。


バラは代わる代わる返り咲きが続いていますが、宿根草も春の花がひと通り終わって、
初夏?夏の花がそろそろと咲き始めています。


ルリタマアザミ
ルリタマアザミが開花し始めました。
まだ緑色ですが、これからだんだんと瑠璃色に変化していきます。


     エキナセア・アルバ
     エキナセア・アルバが初めて開花しました。
     まだ開いたばかりですが、花びらが徐々に反り返って咲くようになると思われます。


   ルリタマアザミとエキナセア・アルバ
   ルリタマアザミとエキナセア・アルバ。


オレガノ・ケントビューティー
つるバラのアーチに吊るしたハンギングにオレガノ・ケントビューティーが咲き始めました。


      フクシア・ポーラジェーン
      フクシア・ポーラジェーンも開花し始めました。
      足元には、一緒の鉢で室内で冬越ししたコリウスも葉を広げはじめています。



明日からしばらくは晴れ間も広がり、完全に梅雨の中休みとも言えそうな予報。
その代わり、最高気温は連日30℃前後で推移しそうで、一足先に夏がやってくるような雰囲気です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/06/23(水) 23:59:03|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少々地味な日陰の花

天気が回復しました。
この週末にかけて、梅雨入り前の最後の晴れ間になりそうです。


バラシーズンは終盤を迎え、一部のバラは早くも返り咲きが始まりつつあります。

そんな中、シェードガーデンをはじめとして日陰の地味めな花が元気です。

アスチルベ1

     アスチルベ2
     白とピンクのアスチルベ


アワモリショウマ
日本原産のアスチルベの原種、アワモリショウマ
ギボウシの葉に覆われて薄暗い陰になってしまい、少々貧弱です。

手前のシルバーリーフとピンクの花はラミウム・スターリングシルバー。


       ヤマブキショウマ
       ヤマブキショウマ
       こちらもアスチルベに似ていますが、アスチルベがユキノシタ科なのに対して、
       ヤマブキショウマはバラ科。葉の姿がヤマブキの葉に似ているのが命名の由来だとか。


 
リシマキア・ミッドナイトサン
リシマキア・ミッドナイトサン
半日陰のグランドカバーに最適。ランナーでどんどん横に広がります。  
気温上昇とともに銅葉の葉色は少々薄くなった代わりに、小さくて黄色い花がたくさん咲き始めました。



     ギボウシ・フランシス・ウィリアムズ
     先日ご紹介したシェードガーデンのギボウシ、フランシス・ウィリアムズ。
     頭上のミニ・つるバラ「安曇野」が花を散らし始める中、
     ここでもギボウシの花芽が立ち上がってきました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/06/10(木) 23:59:46|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

宿根草、多年草など、あれこれ

連日、涼しく爽やかな一日。
今日は夕方になっても雨は降りませんでした。


今朝も出勤前に、手が届く範囲で傷んだバラの花がらを始末し、散り落ちた花びらを拾いました。
時間にして30分あまりですが、このところ水遣りが要らない代わりに毎朝の日課になっています。


今日は、バラの様子は週末に譲って、宿根草、多年草を中心にお伝えします。


ペンステモン・ハスカーレッドとリシマキア・アトロパープレア・ボジョレー
ペンステモン・ハスカーレッドとリシマキア・アトロパープレア・ボジョレー

背後のアメリカテマリシモツケ(フィソカルパス)・ディアボロとともに、
銅葉、ワインカラー系が揃いました。


     ラムズイヤー
     ラムズイヤー
     ピンク色の花が咲き始めました。
     

        ミツバシモツケ
        ミツバシモツケ
        茶花にも使われる和風の雰囲気ですが、実は北米原産です。
        鉢植えなので、暑くなる前までに半日陰に移す予定です。

  キミキフガ・ブラネット
 キミキフガ(サラシナショウマ)・ブラネット
 先週末に行きつけのGCで見つけて購入しました。
 銅葉に白い花穂が立ち上がる大型の宿根草です。

 昨年、別の店の山野草売り場で野生種のサラシナショウマを手に入れて
 シェードガーデンに植えつけています。
 この苗も近くに植え付けてやる予定です。



これも先週末ですが、ノイバラのスタンダード台木を切って植え付けました。

ノイバラのスタンダード台木
普通は、梅雨頃に長く伸びたシュートを切って、挿し木をしますが、
昨年の挿し木が失敗したので、遅ればせながら冬になってから、
長いつるのうちの1本を誘引せずに、取り木(環状剥皮法)を試みたものです。

写真の手元に写っているように、環状にぐるりと皮(形成層)を剥がした部分を
湿らせたミズゴケでくるみ、ビニールで覆ったまま放置していましたが、
春先には発根が確認されていたので、あとは切り取って植え付ける
タイミングを見計らっていました。


   ノイバラのスタンダード台木2
  白い花が咲いていた先端部分の葉や花がらを短く切り詰めて、
   
      ノイバラのスタンダード台木3
      ビニールポットに植え付けて、支柱で固定しました。
      長さは約2.4m。
      根付いたら、しばらくこのままノイバラの葉を茂らせて育て、
      秋頃までに先端部分にスタンダードの芽接ぎをを試みます。
      今のところ何を接いで何処に植え付けるかはまだ決めていません。


(追記)
 guranbia3000さんからの質問にお答えしたノイバラの取り木の方法を追記します。
バラは、梅雨時や秋雨の挿し木の適期なら比較的簡単に着くので、取り木は普通やりません。

去年、ドジをして挿し木が風に煽られて炎天下に露出して枯らしてしまったので、
暮れのノイバラの誘引時に試しに1本取り木に挑戦してみました。

(取り木の手順)
 (1)長く伸びたシュートの先端部を残してすべて葉を取り、芽を削ぎ取る
 (2)シュートの根元部分の表皮を1周、幅約1cmほど剥がす(環状剥皮法)
 (3)剥がした部分を湿らせた水ゴケでくるみ、乾かないようにビニールで巻く
 (4)そのまま乾かさないように1?2ヶ月
 (5)環状剥皮した部分から発根するので、そのすぐ下でシュートを切り取る
 (6)先端部分の葉は根付くまで蒸散を抑えるため切り詰めて葉の量を減らす
 (7)発根した根の部分を植え付ける

挿し木の場合は(1)の要領で挿し穂を作って挿し、
1ヶ月ほど明るい日陰で管理すれば比較的簡単に発根します。




これも先週末。
クリスマスローズの種を採取しました。

クリスマスローズの種
2月に交配後、膨らんだ子房を茶漉し袋でくるんで弾けるのを待っていました。
交配したのは4組、種の数はそれぞれ4粒?30粒でした。

発芽前に夏の暑さに一定期間当てる必要があるので、
この週末に、袋のまま土の中に埋めてやります。
湿度を保った状態で秋の種まきシーズンまで保存し、休眠が明けるのを待ちます。

今回、種の回収がやや遅れたため、種が乾いて表皮に少々皺が入ってしまいました。
土に埋めるまでの間、定期的に霧吹きをして、これ以上乾燥しないようにしていますが、
発芽に影響が出ないことを祈りたいものです。


ところでクリスマスローズの去年の種まき組は、本葉が3,4枚出揃って順調ですが、
そちらの様子は近日中に改めてご紹介します。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/28(金) 23:59:34|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

小雨のシェードガーデン

今日も一日、冷たい雨が降り続きました。


ただ、先日の夏日寸前の暖かさもあって、シェードガーデンは日に日にそのボリュームを増しています。

シェードガーデン1


    もう少し寄ってみましょう。

    シェードガーデン2
    右奥の鉢で3本並んで新芽を伸ばしているのは、ギボウシ・フランシスウィリアムズ。
    その手前で密集して茂っている小型のギボウシはゴールデン・ティアラ。
    そしてほの左手前のギボウシがレモンライム。

    ヒューケラは3種。
    左側で白い花穂を立ち上げているのはティアレラ・ブラックスノーフレーク。
    風知草も黄金斑入り葉と緑葉の2種。

    左側はシダが4種。
    手前(中央)側から、リョウメンシダ、ニシキシダ、クジャクシダ、
    そして少し見にくいものの、左端一番奥のヤブソテツ。

    中央右寄り、ギボウシとヒューケラの間で少し背が高いのが斑入りアマドコロ。

    左手前の水玉模様はプルモナリア・オパール、
    その左で全面白く見えるのはラミウム・スターリングシルバー。


    さらにこれらの隙間には何種類かのアイビーが葉を伸ばしています。



 シェードガーデン3
 同じシェードガーデンの右側部分。
 リーガルスプレンダーが立ち性のギボウシらしくスラリと。
 ピンクのハート型の花穂を伸ばしているタイツリソウに、
 やや色が薄くなり始めたベニシダが絡んでいます。



       階段のサガエ
       ギボウシつながりで、階段のサガエの様子です。
       ますます見事になってきました。
       すでに直径が1m近い株張りです。

       右手前は青系のハルシオン、そしてその右隣は全面黄金葉の風知草。


       ずっと奥、上の方には昨日ご紹介したコデマリとラグラスが見えています。


テラスの寄せ植え
最後に、テラスの寄せ植えを。
コルジリネ・レッドスターの周りに、我が家にあり合わせの植物を並べてみました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/23(金) 23:52:04|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。