芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年も終わり

ブログを開設して約1ヶ月。
皆さん、訪問していただきありがとうございました。

Photo Gallery 20081231
大晦日まで咲き続けたバラにも感謝します。
(右からスーパーエクセルサ、クイーンエリザベス、緑光)
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/31(水) 19:34:41|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つるバラの誘引(安曇野、アルバメイディランド、アンジェラ)

残ったつるバラの誘引を一気に済ませました。

「安曇野」誘引前
まず、ミニのつるバラ「安曇野」です。
階段脇の擁壁からウィーピングに仕立てていますが、長いシュートが四方に暴れています。

「安曇野」誘引後
誘引が終わりました。
まずバラの実(ローズヒップ)の付いた花枝を新芽を残して剪定です。昨夕、半分ぐらいは済ませていたので30分ほどで終わり、次は高枝切バサミで上方に伸びたシュートを下の階段からたぐり寄せて固定して完了です。

アルバメイディランドの誘引
次は、アルバメイディランドの誘引です。
先日から少しずつ古い枝や細い枝を整理していたので、今日は最後の微調整だけです。

階段上の安曇野の奥から階段の上をまたいで生垣に向けて空中を針金で誘引しています。
無数の細い枝がどんどん長く伸びるので、古い枝や細い枝は大量に切り詰めて太目の新枝だけ残しました。

アンジェラ誘引前
最後に残ったのが我が家の大物、アンジェラです。
シュートが色々な方向に伸びています。これまで階段から手が届く範囲で枝の整理はしていましたが、ドーム状に誘引している軒下付近はまだ手付かずでした。

ドーム下の狭いスペースに脚立を立てて、ドーム内からトゲの間に手を伸ばしてドーム上のシュートを誘引するというかなり窮屈な作業になります。

アンジェラ誘引後
2時間近い悪戦苦闘の末、ようやく誘引が終わったころにはもう陽が傾きかけていました。
右上は安曇野です。

これで今年の誘引は終了
階段まわりの4種類のつるバラ、左からつるアイスバーグ、アンジェラ、安曇野、アルバメイディランドです。

これで、予定通り年内につるバラの誘引はほぼすべて終わりました。

あとは、細かい微調整だけなので、年明け以降合い間を見つけてやればOKです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/30(火) 20:08:24|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こぼれ種のクリスマスローズ

クリスマスローズがこぼれ種で発芽していました。

こぼれ種のクリスマスローズ
コブシの枯葉をかき分けると、植えっぱなしのスイセンとスノードロップの芽の脇にクリスマスローズも2芽発芽していました。それぞれ3枚葉が2本出ています。

位置的には一番値段が高かったダブル咲き(白・ドット)に近い場所なので、ダブルが咲く期待大?まだ小さいので開花は早くて1年余りあと、遅ければ2年後のお楽しみです。

バラの誘引が一段落したらポットに上げようと思います。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/29(月) 18:48:40|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

芝への施肥

芝に肥料をやりました。

芝の施肥
園芸用液肥500倍+尿素1g/Lを20L、昨日買った10Lのジョウロで散布しました。

この時期、成長はほぼ止まっていて、日当たりも生垣越しの木漏れ日程度で良くないため一部に色が薄くなりかかっている部分があります。

冬季の継続的な施肥がどの程度緑の維持に効果があるか今後も試しに続けてみようと思います。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/29(月) 18:04:18|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

つるバラ「新雪」の誘引(3)

つるバラ「新雪」の誘引が終わりました。

「新雪」誘引完了1

「新雪」誘引完了2
まず、脚立に登って軒下のつるをすべて固定しました。

「新雪」誘引完了3
お隣との境界部分のバラ花壇に脚立を立てて残った部分を剪定、誘引しました。

次に、今年地際から伸びた新雪の新しいシュートをラティスにS字状に誘引しました。

そしてフェンスからラティス上部に絡んだクレマチス白萬重のつる2本のうち1本を折らないように慎重にほどいてラティス中ほどに誘引し直しました。写真右端につるの先端の白萬重の花が写っています。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/29(月) 17:46:08|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つるバラ「新雪」の誘引(2)

昨日に引き続き、つるバラ「新雪」の誘引を今日で完了する予定でしたが、年末で色々と忙しく1時間弱しか作業できませんでした。

「新雪」の誘引2
写真の脚立に登っての軒下の作業は僅かしかやらず、おもに写真左下から左上にかけてまだ青々と葉を残しているシュートの処理が中心でした。

まだ、クレマチス白萬重の薄緑色の花が咲いていて、白萬重の細いつるを折らないように新雪の伸びたシュートを引き倒しながらの作業でした。

明日には、何とか白萬重の剪定とともに終わらせたいと思っています。

みなとみらい夜景
家族で買い物に出かけた帰り道、みなとみらいの信号で止まっている間に運転席から携帯のカメラで撮影しました。

今日の横浜は、買い物客も観光客も多く、年の瀬の慌しい雰囲気でした。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/28(日) 22:48:01|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つるバラ「新雪」の誘引(1)

今日から年末年始の休みです。

つるバラ「新雪」の誘引を始めました。

新雪の誘引その1
バルコニーの軒下に誘引した「新雪」を、脚立に登って剪定、誘引します。

まず、残った葉をすべて落とします。

今年の花枝は2,3芽(約10cm)程度に剪定します。太さ約5ミリ以下の生育不良の細い枝は根元から切り落とします。

何本か伸びたシュートは先端の細い部分20cmほどを切り落とします。

写真左上の2軒のバルコニーの間に高く伸びていたシュート2本を高枝切バサミを使ってたぐり寄せて横に倒して仮留めします(写真中央のアーチ状の枝)。

今日のところはここまでです。

実働3時間ほどでしたが、カイガラムシが出ていたのをワイヤーブラシで落としながらだったのであまりはかどりませんでした。

明日は、長く伸びたシュートの誘引と、脚立が立てにくい花壇上(写真左)の剪定、誘引です。ここには、クレマチス「白萬重」と「HFヤング」の細いつるが絡んでいるので、作業には細心の注意が必要です。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/27(土) 22:32:41|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニチュアダックス 「ココア」

これまでほぼ毎日庭について更新してきましたが、Sunday Gardenerとしては平日の更新はある程度過去ネタに頼らざるを得ません。

久々に毎日更新を怠ってしまったこともあり、今回は我が家のミニチュアダックス「ココア」に登場してもらって場をつなぐことにします。



ということで、

先日、年賀状用の写真撮影のため、横浜港大さん橋に行ってきました。

Cocoa 1

Cocoa 2
写真撮影の主役はもちろんココアだったわけですが、人見知りする臆病な性格としつけの悪さも手伝って人が周りを歩くたびに吠えまくり、なかなか良い写真を撮らせてもらえませんでした。


これからもときどきネタに困ったときはココアに登場してもらおうと思います。


みなとみらい眺望
なお、わがマンションからは、うちからはダメですが、上階や近所からみなとみらいのビル群が望めます。

テーマ:ダックスフント大好き♪ - ジャンル:ペット

  1. 2008/12/26(金) 02:44:10|
  2. ミニチュアダックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

つるバラの誘引(生垣の上)

今日(23日)は、専用庭の南側の生垣の上に絡ませているつるバラの誘引作業をしました。

つるバラ誘引(生垣の上)1
マンション敷地の外側の公園から、生垣の脇のフェンスの上(右下の黒い棒みたいなもの)によじ登っての作業です。

まず、ノイバラから。

生垣は針葉樹のヒバの一種で、そいつの上に覆いかぶさって四方八方に好き勝手に伸びているシュートを生垣の上に緑のビニタイ(幅2mmくらいのビニールの中に針金が入っているやつです)で止めていきます。

手が届かないシュートは高枝切バサミを使ってたぐり寄せます。

ノイバラはトゲなしなので、つるに腕や身体が引っかかったり刺さったりすることもなく、意外と作業に苦痛はありません。

フェンスの最上部(高さ約2m)の横棒の上に立って、手元はつるバラや生垣のてっぺんに掴まりながらの不安定な作業です。何度か落ちそうになりましたが、経験上意外と落ちないものです。

つるバラ誘引(生垣の上)2
これは先日アーチに誘引したニュードーンが一部生垣まで伸びている部分です。右側にアーチの上部が見えています。
こちらはトゲが鋭いので気をつけながらの作業です。一部手が届かない長くない枝はそのままにしておきます。庭の内側の生垣の足元はボーダーガーデン(シェードガーデン)で脚立が立てにくいのですが、見苦しくなければそのままにしておこうと思います。

階段の上の生垣にもニュードーンが絡んでいる(1枚目の写真の右上)ので、そちらも軽く生垣の上に留めていきます。

つるバラ誘引(生垣の上)3
誘引完了しました。
庭側から見たノイバラです。
ナチュラル感を残すために何本か短いのは誘引せずそのまま残しました(ただのズボラ?)。右に向かって一本長いのが残っているのは、シンボルツリーのコブシの木に自然に絡んで木の反対側まで伸びていたので、来年どうなるかそのままにしておきました。
ノイバラが大木に絡んで白い花を咲かせている写真をどこかで見たことがあったので、そんなイメージです。

つるバラ誘引(生垣の上)4
こちらは階段の上のニュードーンです。まだかなり好き勝手に枝を伸ばしていますが、この階段部分の生垣は背が高く、高いところや内側部分は外から手が届かないし、庭側は階段なので脚立も使えないので、かなり長いつる以外はそのままにしました。一本残っている長いのは、後日、階段上の狭いスペースで脚立を立てたところから手が届けば何とかしようと思います。

なお、写真左から伸びているのは、階段上の空中に針金で誘引したアルバメイディランド(剪定のみで誘引作業未了)、少しわかりにくいですが写真中央の生垣左の茂みはスーパーエクセルサです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/24(水) 02:36:51|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つるバラ成長記録(「新雪」編)

我が家のつるバラ成長記録です。
我が家のつるバラ


我が家のつるばらは、

新雪
アンジェラ
カクテル
ニュードーン
スーパーエクセルサ

のほか、ミニのつるバラでは、

レッドカスケード
安曇野
マジックカルーセル
夢乙女

つる仕立てのシュラブでは、

アルバ・メイディランド
ウィリアム・モリス(ER)
ノイバラ

これだけあります。

マンションの専用庭ではほぼ限界ですが、まだ増やせないかと画策しています。
最初はこんなことになるとは全く思ってもいませんでしたが。


という訳で、いくつかのつるバラの成長を振り返ってみることにします。

まず最初は「新雪」です。

2005/4/17
2005/4/17
左の大きいテラコッタで新芽を伸ばし始めているのが新雪です。
我が家には、引っ越して約半年後の2004年12月頃やってきました。

まだこの頃は全くの初心者で、つるバラがどの程度大きくなるのかあまり実感がありませんでした。

2005/5/13
2005/5/13
新雪が咲きました。
いくつか買った大苗のひとつですが、初めてのバラの開花は感動ものでした。

2005/8/14
2005/8/14
中央下から伸びているのが新雪です。
シュートを支柱で支えています。

擁壁の上から四方八方につるを垂らせているのは安曇野、
左下から麻ひもに絡んで伸びてきているのはアンジェラです。

2006/3/26
2006/3/26
1年で約2.5mまで成長し、冬の間に庭の隅のフェンス壁際に地植えしました。
テラコッタから抜き出しての植え替えは、庭中つるを振り回し、トゲを服のあちらこちらに引っ掛けながらの大格闘でした。
3本のつるは、フェンス側に1本、壁面に設置したトレリスに側に2本誘引しました。
すでに新芽が出始めています。

トレリスの下にはミニのつるバラマジックカルーセル、トレリスの右側ではノイバラのシュートを使ってスタンダードづくりに挑戦中です。

2006/5/16
2006/5/16
新雪が見事に咲きました。
つるバラらしさをはじめて見せてくれました。

ピンクのつるマジックカルーセル、赤いカクテル、青紫のクレマチスHFヤングとの華やかな競演です。
庭の反対側でもアンジェラや安曇野、アルバメイディランドなどが咲き乱れています。

今から思えば、この程度はつるバラの単なる序章にすぎなかったんですが、この時点でもうすっかりつるバラにはまってしまいました。

2006/8/21
2006/8/21
新雪はどんどん成長を続けます。

2007/5/7
2007/5/7
植え付けから2年半、上の階のバルコニー下にまで伸び、見事なつるバラとして成長しました。
誘引用の針金の取り付けにはちょっと苦労しましたが、苦労が報われました。

つるマジックカルーセルはコガネムシの幼虫に根を食い荒らされて元気がなくなりましたが、代わりにクレマチス白萬重が仲間入りしました。

2008/5/10
2008/5/10
今年5月の様子です。
さらにつるが伸びて、反対側からのアンジェラとつながる寸前です。

窓に誰か映っていますが...


そして、まもなく2009年用の誘引を始めます。
伸びすぎたので、先端はアンジェラとは逆方向に折り返そうかと思っています。

次は、いつになるかわかりませんが、たぶんアンジェラ編になると思います。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/23(火) 01:20:26|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Photo Gallery 3 「クリスマス」

もうすぐクリスマス。

季節はずれの暖かさが、今日の午後から急に寒くなりました。

クリスマス1

クリスマス2

我が家のクリスマスツリーと、うちのマンションのあるお宅のイルミネーションです。

庭仕事が辛くなりますが、いよいよ冬本番です。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/22(月) 22:12:30|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニュードーンのアーチへの誘引など

今日は冬至。

とは言っても、とても暖かくて春一番のような強風が吹き荒れました。

強風の中、アーチのバラ、ニュードーンの誘引です。

ニュードーンの誘引1
脚立に昇っての作業です。

アーチの右1/3は以前に誘引を済ませたピエール・ド・ロンサール。
左2/3とさらに余った枝をアーチから生垣へと誘引します。

ニュードーンの誘引2
誘引が終わりました。


このあと、安曇野のスタンダードの剪定、誘引、鉢バラの仮剪定を済ませると、いくつかの鉢でカイガラムシが付いているのが目立ったので、ワイヤーブラシで落としました。

カイガラムシ退治
お見苦しくてすみません。
バラは休眠中なので、多少手荒にやっても大丈夫です。


今日は、いろいろと他にやることがあったので、それほど作業ははかどりませんでした。

この暖かさで、残しておいたブルーバユーのつぼみが開花です。
今年最後のブルーバユー


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/21(日) 18:02:28|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バラの芽接ぎ?まずまず順調

10月下旬にノイバラのシュート(約2.5m)を使ってレッドカスケードのウィーピングスタンダードづくりに挑戦しました。

ノイバラ台木の挿し木とレッドカスケードの芽接ぎを同時に、しかも適季を外れた晩秋に行うという、やや無謀かもしれないチャレンジでした。

約2ヶ月経って、初めてポットから抜いて発根状況を確認してみました。

スタンダード台木の発根
思った以上に見事に発根していました。
一時、台木先端部分に脱水症状が出掛かったのが12月に入って復活してきたので、発根はしているだろうとは思っていましたが、ここまでとは。やはりノイバラの生命力はすごいです。
このあとすぐ、元のポットに土を戻してやりました。

次は芽接ぎ部分の様子です。

スタンダード台木上部
先端近くの白いのが芽接ぎ部分です。
芽接ぎ部より先の部分は、一時期枯れ掛かったので表皮が赤黒く変色してしまいました。

レッドカスケード芽接ぎ部分
レッドカスケードの芽接ぎ部分の拡大写真です(撮影の都合上、上下が反対)。
3芽を貼り芽接ぎしていますが、いずれも一時期の脱水症状の影響で、芽の先端部分がやや茶色くなっています。すでに活着はしているようなので、この程度の症状であれば、春には元気な芽が出てきそうです。

続いて、11月下旬に芽接ぎしたクレアローズの状況です。

クレアローズ芽接ぎ1-081220
これは普通のノイバラ台木への芽接ぎです。季節が遅かったのでT字法ではなく単純な貼り芽接ぎですが、うまく活着しているようです。春になって芽が膨らみはじめるまでこのままの状態で維持します。

クレアローズ芽接ぎ2?081220
これは先ほどのスタンダードと同じやり方で挿し木+芽接ぎを同時に、しかも11月下旬からという悪条件でしたが、いまのところ活着、発根とも順調そうです。
なお、挿し木したノイバラの枝の長さは約30センチ、葉は先端部に7枚葉の4枚残しx2でしたが既に落葉しました。
乾燥防止と発根促進のため、晴れた日はビニール袋をかぶせ、テラスのテーブルの下に置いてポットの部分にだけ陽が当たる様にしています。

挿し木はいつも

ルートン(発根促進剤)をまぶす
  ↓
ロックウールに挿す
  ↓
ロックウールごと挿し木用土か赤玉土に挿す(埋める)
  ↓
メデール(植物活力剤)入りの水を遣る

という方法でやっています。これまでの経験では、ノイバラの場合、今回より季節がよかったので成功率はほぼ100%です。


たぶん次回のレポートは芽が膨らみ始める2月下旬?3月上旬頃になるだろうと思います。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/20(土) 23:45:47|
  2. 挿し木、芽接ぎ、種まき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々の芝のお仕事

今日、明日が今年最後の暖かい日になりそうなので、久々に芝刈りをしました。

芝仕事081220

22mm高で刈れたのは僅かでした。

冬の緑を維持するには、12月の施肥が効果的らしいので、通常の園芸用液肥500倍+尿素1g/Lを10Lジョウロ散布しました。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/20(土) 22:32:10|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Photo Gallery 2 「散歩道」

我が家のミニチュアダックス「ココア」のいつもの散歩コースでのひとコマです。

小さな紅葉
道端のガードレールに小さな紅葉を見つけました。

欅
公園で空を見上げたら、欅の枝の広がりが見事でした。


「ココア」はいい写真が撮れたら、いずれ登場するかもしれませんが、今回はお預けです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/20(土) 21:57:56|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿根草・多年草(5月)

5月の庭です。
まずご覧ください。

5月の庭2

5月の庭(ジギタリス)

5月の庭3
バラの庭、シェードガーデン、いずれも最盛期です。

バラの庭ではクレマチスがつるを伸ばしながらバラと競演中です。
ジギタリスもスラリと花の塔を立ち上げて、ギボウシとともにバラがいっぱいの庭にアクセントを添えます。

シェードガーデンでは、ギボウシが大きな葉を展開させ、堂々主役を演じます。
その周りで、ヒューケラ(ツボサンゴ)がシルバーやブラウンのカラーリーフからスラリと花穂を立ち上げ、左奥ではラミウムのシルバーリーフがそのテリトリーをどんどん拡大していきます。

ディアスシア、オステオスペルマム
テラスでは寄せ植えしたディアスシア(左)とオステオスペルマム(右)が、バラ鉢の狭間で競演します。

オダマキ「ノラバロウ」

オダマキ「タワーライトブルー」
南の生垣の半日陰では西洋オダマキの花穂が風に揺れます。ノラバロウ(上)、タワーライトブルー(下)。

ミヤコワスレ
ミヤコワスレ(都忘れ)がラミウムのシルバーリーフの脇から清楚な花を覗かせています。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/20(土) 01:35:15|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

5月の庭(記録2008)

これまで、このブログ開設以来、ほぼ毎日更新してきました。
今日(12/18)は、忘年会で帰りが遅かったので、日付も変わってしまいました。
今日の記事、写真選びはちょっと手を抜きます。

5月の庭
5月はバラと芝、そして多くの宿根草や多年草の最盛期です。

明日以降、これまでに引き続き、5月以降の我が家の宿根草、多年草などをご紹介していきます。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/19(金) 02:03:09|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿根草、多年草(4月下旬)

宿根草・多年草の4月下旬編です。

タイツリソウ(ケマンソウ)
タイツリソウ(ケマンソウ)
ピンクのハートが連なった花穂がユニークです
一度植えたら全く手がかかりませんが、夏頃には枯れて、株全体が溶けたように忽然と消えてなくなります。

セラスチウム
セラスチウム
可愛いシルバーリーフにちょっとメタリックな白い小さな花が咲きます。
多湿に弱く、水やりで株元に水が少々かかるだけで葉が腐ってしまいます。

ユリオプス・デイジー
ユリオプス・デイジー
シルバーリーフの多年草です。手を掛けなくても春にどんどん花を付けます。
秋に葉を切り詰めておかないと、大型化して木のようになっていきます。

ビオラ
ビオラなど冬越しした多くの一年草も一斉に最盛期を迎えます。
そして、屋内に取り込んでいた観葉植物も外に出して、久々に日差しをたっぷりと浴びさせます(ビオラの右の観葉植物はフィカス・ベンガレンシス(ベンガル・ゴムノキ))。


そしてゴールデンウィークに入る頃から、早咲きのバラ、クレマチスなどが咲き始め、これから1ヶ月余りが一年で最高の季節になります。


次回、バラ、クレマチス、ギボウシなども交えながら、5月の宿根草、多年草をご紹介します。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/18(木) 02:03:37|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

宿根草・多年草(4月上旬)

我が家の宿根草・多年草(4月上旬)のご紹介です。

スイセン(黄)
黄色いスイセンです。
新聞屋さんの景品で白いスイセンとともに球根をもらいました。
うしろで白いスノードロップも開花し始めました。
植えっぱなしでOKです。

原種チューリップ
赤も黄色も原種チューリップです。
これも植えっぱなしで毎年開花します。

ラベンダー(スーパーサファイアブルー、わたぼうし)
ラベンダー
スーパーサファイアブルー(左)と、新入りのフレンチラベンダー「わたぼうし」(右)です。

ブルネラ・ジャックフロスト
ブルネラ・ジャックフロスト
美しい銀葉とかわいい青い花がシェードガーデンを彩ります。

オダマキ
日本オダマキ(中央・白、紫)
芽吹いたばかりの斑入りフウチソウ(右)とギボウシ「ゴールデン・ティアラ」(左)、さらに手前の斑入りのスノードラゴン、ヘデラ(アイビー)「グレーシャー」(左奥・白斑入り)、ヘデラ「ピッツバーグ」(右奥)などが取り囲みます。

アジュガ/リシマキア・オーレア
アジュガ/リシマキア・オーレア
生垣の日陰に、リシマキア・オーレアの鮮やかな蛍光色のじゅうたんからアジュガの青い花穂が立ち上がります。


(4月下旬に続く)

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/17(水) 01:08:55|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿根草、多年草(3月)

我が家の庭の宿根草、多年草をご季節を追って紹介します。

まずは3月から。

クリスマスローズ(ピンク・スポット)

クリスマスローズ(ホワイト・ダブル・スポット)

クリスマスローズ(ピンク・グリーン)

クリスマスローズ(ホワイト・スポット)
クリスマスロースが最盛期を迎えます。

ラベンダーの一番花
四季咲きのラベンダー(スーパーサファイアブルー)の一番花。

フウチソウ(風知草)の芽吹き
フウチソウ(風知草)が芽吹き始めます。

ギボウシ(サガエ)の芽出し
ギボウシ(サガエ)も芽を出し始めます。

コブシの花
この頃、コブシの白い花が桜より一足先に咲きます。

(4月に続く)



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/16(火) 23:52:09|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ローズヒップ

バラの実(ローズヒップ)が色づいています。(12月13日撮影)

ザ・フェアリー
ザ・フェアリー

ノイバラ
ノイバラ
我が家のノイバラの実はなぜかあまり赤くなりません。

ニュードーン
ニュードーン

安曇野
安曇野

スーパーエクセルサ
スーパーエクセルサ

不明品種1
不明品種1
ノイバラとバレリーナの子?

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/16(火) 01:29:16|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

我が家のクレマチス

プロフィールで宣言していながら、まだご紹介できていなかった我が家のクレマチスです。
スペースと予算が許せばもう少し増やしたいと思っています。

HFヤング1

HFヤング2
HFヤング
花が終わりかけた行灯仕立ての鉢を特価処分価格で購入。
庭に下ろして、早咲きのバラ、カクテルと競演しています。

白萬重1

白萬重2
白萬重
緑がかった白い花が、開花の段階とともに次々と姿を変えていきます。

フルディーン
フルディーン
微妙に薄ピンクのパールの輝きが乗った白い花です。

ブルーエンジェル
ブルーエンジェル
淡い青色の花がうつむき加減に咲きます。

デュランディ
デュランディ
立ち性の株に鮮やかな青い花。バラにはない色で庭にアクセントを添えます。

プリンセス・ダイアナ
プリンセス・ダイアナ
濃ピンクのチューリップ咲き。今春2年苗を購入したばかりで、来年からの本格化を期待しています。淡い色のバラとの取り合わせが良さそうです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/15(月) 00:47:42|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

西洋芝用の道具、資材、小物

折角の日曜日に雨が降ってすることがありません。

ブログの開設時期が時期だけに「芝とバラの庭仕事」と銘打っているものの芝の話がなかなか出てこないので、この雨の時間を使って芝用の道具、資材類をまとめてみることにしました。

写真を撮ろうとテラスにある物置クローゼットから引っぱり出し始めると、出るは出るは。
西洋芝の管理に手が掛かることをあらためて実感しました。


まずはなんと言ってもこれです。

芝刈機ニューサンビックモアー
キンボシの芝刈り機ニューサンビックモアー2500
刈り幅25cm。集草かごが後ろにあるものは高額品が多いのですが、これは最もリーズナブルな部類です。
昨年の暮れに電動のものから買い替えました。
モデルチェンジのため製造中止でネット中どこを探しても品切れだったのですが、偶然、行きつけのガーデンセンター「ヨネヤマプランテーション本店」で在庫処分品を見つけ、速攻でGETしました。
16,000円くらいでしたが、モデルチェンジ後の同等品は25,000円位するのでラッキーでした。

電動芝刈り機(アーレスティ・マイグリーン254)
先代は40mmまで高刈りもできて悪くなかったのですが、少しうるさいのと、芝刈り後のメンテがやや面倒だったのでオークションで売っぱらってしまいました。
背景の西洋芝の写真が良かったからか思ったよりいい値段で売れて、今回の買い替えの実質の持ち出しは数千円で済みました。

芝刈りハサミ
芝刈り用のハサミ
芝刈り機で刈り切れない庭の隅や、発芽直後で芝刈り機が入れられない時に使います。特別高いものでも何でもありませんが、グリップと刃の角度が90度回転するのと、刈りカスを集めるギザギザが付いています。まあ、これは無いよりいいという程度ですが。

ローンスパイク・ローンパンチ
ローンスパイク(左)、ローンパンチ(右)
芝の根の通気、張りをよくさせるエアレーション、コアリングのための道具です。
床土はどうしても踏み固められてしまうので、3月ころにやっておくと、4月以降の成長が格段に良くなります。
うちの庭は粘土質なので刺すのも抜くのも重労働です。

レーキ、エッジカッター、篩
左からホームレーキ、スチールレーキ、エッジカッター、篩(ふるい)
ホームレーキはサッチ(刈りカス)集め、スチールレーキは種まき用の整地、エッジカッターは芝と花壇の境界などのエッジ揃え、ふるいは種まきや目土用に使います。

芝刈り機清掃メンテ
芝刈り機使用後のメンテ用
特別なものでも何でもありません。芝刈り機の清掃用です。百円ショップで買った防錆スプレー、ブラシ(スチール、プラスチック)、ぞうきんです。毎週、芝刈り機の刃が錆びないように使用後、芝のカスや水分をふき取り、回転刃、固定刃に軽くスプレーしておきます。

芝刈り機研磨セット
芝刈り機の研磨セット
回転刃、固定刃に研磨剤入りグリースを少量塗り、回転刃を逆回転させて研磨します。
購入後すぐに刃の「当たり」を調整するために使いましたが、それ以降はまだ使っていません。

芝の肥料
芝の肥料
真冬と真夏をのぞき、毎月適量を撒きます。
日本芝と違って成長が早く毎週刈るので、結構肥料を食います。
ブランド、製品は特に決めていませんが、なるべく細粒や小粒で強すぎないものを選びます。
液肥も併用し、種まき後の成長期や殺菌剤散布の際混ぜて使用します。尿素(窒素肥料)は葉面からも吸収し、芝の青さを保つ効果が高いようです。

殺菌剤、殺虫剤
殺菌剤、殺虫剤
横浜のような温暖地での西洋芝の庭づくりは病気との闘いといって過言ではありません。
詳しくは後日にしますが、ゴルフ場の農薬問題ということの実感が、自分で芝を管理してみて初めて分かりました。
ルールどおり使えば安全ですが、とにかく大量(あくまで個人的主観ですが)の農薬、特に殺菌剤を使わないと西洋芝は維持できません。
バラも似たところがあり病気や害虫が多いのですが、無農薬でがんばっている方もたくさんいます。私は、マンションなので隣近所には気をつけながら、芝にもバラにもガンガン使っています。
でも、無農薬派のみなさん、私を軽蔑しないでくださいね。

殺菌剤用の小物
殺菌剤用小物
殺菌剤を撒くのは、ハンドスプレーのような生易しいものではありません。
約20平米の芝庭に、1回当たり5Lの計量バケツ4杯程度、殺菌剤を水で溶かしてジョウロで撒きます。

芝のタネ
いよいよ最後は西洋芝の種です。
毎年、秋に種まきをしますが、年平均1kgのタネを蒔きます。
昨年、今年とタキイ種苗の
ブルーベルベット(ケンタッキーブルーグラス)
ターヒールII(トールフェスク)
を蒔きました。
なお、最初の2年間は雪印種苗の
アワード(ケンタッキーブルー?グラス)
アリッドIII(トールフェスク)
アクセント(ペレニアルライグラス)
の混合種を使いました。
西洋芝の品種選びも、また後日詳しくupします。


最後まで暇つぶしにお付き合いいただきありがとうございました。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/14(日) 14:50:22|
  2. 芝用の道具、資材、小物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜日の雨

今日は朝から雨。

朝から雨(レッドカスケード)

日曜日が雨だとSuday Gardenerは失業します。

この時期はバラの作業が山ほどあって、週末しか使えない私にとっては困ったものです。
仕方がないので、軒下からレッドカスケードの枝の雨の雫を撮りました。
薄暗くて写りがイマイチです。


芝のほうはほとんど成長が止まり、何もすることがないのがせめてもの救いです。

朝から雨(芝)

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/14(日) 10:07:23|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こぼれ種のビオラ

こぼれ種のビオラ

バラ鉢に、こぼれ種のビオラの花が咲きました。
ジュリアの株元です。

親は、たぶんサントリーのこんもりビオラ、イエロー&ベルベットだと思います。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/13(土) 23:58:09|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギボウシの芽

ギボウシは完全に枯れてしまいました。
ギボウシって存在感抜群なのに、枯れるときはあっという間に溶けるように消えてしまうんですよね。

我が家の大型3兄弟、サガエ、リバティ、フランシス・ウィリアムズはなかなか芽が増えにくい品種のようで、どれも2年目の今シーズンはそれぞれ1つ増えて2芽でした。

葉が枯れて溶けたのを待ちきれず株元をホジホジしてしまいました。

サガエの新芽
ジャジャーン!?
何だ?
サガエの芽です。5つもありました!
分かるかな?

フランシス・ウィリアムスの新芽
次はどうだ!?
あれ?
フランシス・ウィリアムズは2つしかない...
そう言えば、ちょっと今年の置き場所は日当たりが悪かったし、鉢の土替えもしなかったので成長がイマイチだったからかな?

リバティの写真はボケボケなのでアップしませんが何と6つありました。

他の中型品種も軒並み好成績でした。

フランシスだけは残念でしたが、来年のギボウシはどれも大株になりそうで今から楽しみです。

夢はこんな感じかな?
バラと芝とギボウシがとてもマッチしています。
08国際バラとガーデニングショー

08国際バラとガーデニングショー2
(08国際バラとガーデニングショー@西武ドームより)


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/13(土) 21:58:09|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Photo Gallery 1

写真は本当に下手で、ほとんどが図鑑の写真か記録写真のようなものばかりしか撮れないのですが、たまにおもしろい写真かなと思うのがあるので、順次アップしていきます。

まず最初は「バラの枝(シュート)」シリーズです。

新雪(08/10/28)
新雪(08/10/28)

ニュードーン(08/9/14)
ニュードーン(08/9/14)

ノイバラ(08/4/29)
ノイバラ(08/4/29)

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/12(金) 01:40:36|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Unknown 2

Unknown 2
不明品種その2です。
いただき物の赤いバラの花束から遊び心でノイバラの枝に芽接ぎ、活着を確認してから挿し木しました。現在3年目で大きく育ってます。
いかにも切花品種らしくシュート、花首がスラリと一本立ちします。開花時に若干黒味を帯びた花色などから代表的な切花品種「ローテローゼ」ではないかと思うのですが、確信はありません。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/11(木) 23:17:57|
  2. Unknown 2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Unknown 1

Unknown1_1
Unknown1_2
我が家のいくつかの不明品種のご紹介その1です。
村田バラ園さんからノイバラを購入したところ、ポットからこぼれ種が数本発芽したので育ててみたうちの1本です。
いずれも花はピンクのノイバラ風、葉のサイズは小ぶり、立ち性、棘ありでしたが、この株だけがランブラー系(這い性)で棘なしでした。つるの伸張は約1.5m、シュートは芽出しから横張りです。
花はバレリーナによく似ていますが、株や葉のサイズが小さく完全な横這い性な点などが異なります。もしかするとバレリーナの花粉がノイバラについたのかもしれません。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/10(水) 23:12:20|
  2. Unknown 1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コブシの葉が散りました...

コブシの葉が散りました...

金曜の強風と週末の寒さで庭のコブシの木があっという間に散ってしまいました。
おかげで空がとても明るくなりました。
この木は少し大きくなりすぎたので、日当たりを良くするため、今年の春ハシゴによじ登って頂上部の幹を3mほどを切り落としたばかりなのですが、もうその部分から2m近く新たな幹が立ち上がっています。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/08(月) 01:50:08|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。