芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

朝から雨模様

6月最後の日。
梅雨前線が張り付いて、今日は朝から雨。


雨の新雪

テラス上のつるバラ新雪の二番花が雨に打たれています。



     テラス前のバラ
     テラス前のバラも二番花が次々と。
     花数も、花の大きさも物足りませんが、確実に雨の庭を彩ってくれます。



何気なくテラスのガーデンテーブルに目を遣ると、春に暖かくなって外に出したミディ胡蝶蘭の花が復活し始めていました。

ミディ胡蝶蘭

1月に室内で咲き始めて約5ヶ月。外に出してからは週に1?2度水遣りをする以外すっかり忘れ去られた存在でした。
外に出した4?5月ごろには一旦終わり掛けましたが、梅雨入りとともに咲き残った蕾が復活し始めました。
まもなく、すべての花が終り、新しい葉がゆっくりと成長をスタートします。
そして肌寒くなり始める10月下旬頃からは、来年の新しい花芽がゆっくりと伸び始めます。


雨模様のため庭には出られませんでしたが、これから梅雨明けまでの約半月間、降ったり止んだりが続きます。
午前中に一旦止んだ雨は、また今晩遅くから明朝に掛けて雨になりそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
        
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/30(火) 23:52:16|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

梅雨の晴れ間  ?挿し芽の楽しみ

関東地方はほぼ毎日のように雨が降っています。
一日中雨が降ることはそれほど多くないものの、雨が降らない日が珍しいほど。

今朝は、昨日の雨から一転カラリと晴れ上がりました。

梅雨の晴れ間
朝から強い日差しが照りつける中、ノイバラが奔放に長いシュートを伸ばしています。



     カクテル
     カクテルの2番花も、強い朝日を浴びています。
     長いシュートが雨の重みで弓状にしなって、その先端にたくさんの花を着けました。

     

夏至近くの朝日は、真南に向いたマンションの建物の北側から徐々に姿を現すので、すべての庭に日が差すのは9時?3時の間だけ。

まだ日陰の庭
出勤時間には、テラス前の鉢にはまだ日が差していません。

アズーロコンパクトとトウガラシ・ブラックパール、ゴールデン・レモンタイムの寄せ植えの向こうは、
カッパー・オレンジのパットオースチン、
シュートがスッと伸びたセプタードアイル。



朝、家を出た時には雲ひとつない青空でしたが、午後には雲がかかり始め、夜には雨が...
今日もやっぱり雨になってしまいました。

梅雨だから仕方がないですが、西日本では連日晴れて水不足というのに...



嘆いてばかりでは仕方がないので、梅雨には梅雨なりの庭仕事を、ということで土曜から日曜に掛けて、挿し木、挿し芽をしてみました。

挿し芽1
6月13日に挿し芽したフクシア「ポーラジェーン」と、コリウス「ブロンズカンプ」、「ムーンライト」は2週間ほどで無事着いたようです。ムーンライトは3本のうち1本だけ成功です。
14日に挿したクレマチス・フルディーンはもう少し様子見です。

挿し芽2
テマリシモツケ・ディアボロ、黄金シモツケ・レインボー、コンボルブルス・クネオルム(6月27日)

挿し芽3
ユーフォルビア・カメレオン、オステオスペルマム・ゴールデンセレナ、リシマキア・アトロパープレア・ボジョレー(6月27日)


挿し芽で増やせそうなものを手当たり次第に試してみました。
挿し穂に「発根促進剤ルートン」をまぶして、湿らせたロックウールの小片に挿してから挿し木用の用土に埋めています。
経験上、直接用土に挿すより活着率が高いようです。

あまり増えすぎても困りますが、半分遊びみたいなものです。
このままテラスの明るい日陰で管理します。
2週間から1ヶ月経って枯れなければまず根付く筈なので、梅雨明け頃までには結果が出るでしょう。

梅雨時の数少ないお楽しみです。

(注)挿し木、挿し芽は原則個人で楽しむ範囲で。他人への譲渡が禁じられている場合があるので気を付けましょう。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/29(月) 23:55:59|
  2. 挿し木、芽接ぎ、種まき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バラ花壇の下草

昨日の予報に反して、昼前から雨。

土曜日から始めたバラ花壇の下草の植え替え、整理を済ませる予定でしたが、途中で中断。

バラ花壇の下草全景
取り敢えず仮置きのものも含めて。
まだ雑然としています。

バラ花壇は、バラが咲いているうちは華やかですが、花が終わってしまうと急に殺風景になってしまいます。
コンセプトとしては、葉物を中心に余り出しゃばらず、程々の背丈以下で、花は控えめに少々という感じでしょうか。


バラ花壇の下草(右)
バラ花壇の右側。

中央のシルバーリーフはヘリクリサム・ペティオラレ。
これは元々ここに地植えされています。

左の銅葉はユーフォルビア・カメレオン。
これも鉢植えで春からこの位置に。

その奥の鉢が、細々と養生中のカレックス・テスタセア。
かつてこの場所に地植えしていたグラスですが、長雨で根腐れして弱ってしまったため、鉢に上げて養生中。

右側は、斑入りランタナ。
1ヶ月以上前に購入して、場所が決まりませんでしたが、取り敢えず鉢植えにしてこの位置へ。
クリーム色の控えめな花が春から秋まで咲き続けます。

その奥の緑の葉はチェリーセージ。
余りに茂りすぎるので切り戻したばかりです。

右上端の裸の木の枝のようなのは、思い切って強選定したユリオプスデージー。
大きくなりすぎたので切り詰めましたが、小さな芽が無数に出てきています。



バラ花壇の下草(左)
バラ花壇の左側。
こちらは、植え付けたばかりのものが多いので、スカスカ。

右側の大き目の葉が四方に伸びているのは、松笠アザミ(エリンジューム)。
これも1ヶ月ほど前にポット苗を購入したままでしたが、昨日植えつけました
まだ松笠のような花が出てきません。

濃いピンクの花が咲いているのはカーネーション・カルネリア・ファルダ。
小柄なカーネーションで、去年からここに植わっています。

その奥がラムズイヤー。
シェードガーデンから小さな株を株分けして、この春に植え付けました。

その左手前の黄金葉は、仮置きの金メギ。
ウ?ン...、ここは何か銅葉を置いたほうがいいかもしれませんね。

そして左端が、これも仮置きの緑葉フウチソウ。
これは、黄金斑入りのものに入れ替えるかもしれません。

そして、これらの左右の隙間を埋めているつる性のグランドカバーがグレコマ。
露出している地面をすべて埋めてもらおうと思っています。


現状ではどうもイマイチの印象なので、来週もう一度再修正が必要になりそうです。



さて、雨が降り始める前に撮ったバラをいくつかご紹介。

パット・オースチン
パット・オースチオン
二番花が咲き始めました。
いつものようにうつむき加減ですが、花のサイズは一番花と比べてそれほど小さくありません。


つるマジック・キャローセル
つるマジック・キャローセル(マジック・カルーセル)
つる性が先祖帰りしたのかあまり伸びません。むしろ大型のミニバラといった感じです。


ジュリア
ジュリア
相変わらず咲き進むのが早いバラで、どんどん表情が変わり、花色も色褪せて淡くなっていきます。
午後には雨に当たって散り始めました。


品種不明の赤バラ
品種不明の赤バラ
春の華麗で奥深い赤色の印象とは打って変わって、同じバラとは思えないほど軽い感じです。

        赤バラ 2009/5/6
        2009/5/6



今日は、予期せぬ雨で芝刈りも中止。
ただ、夏の休眠期が近づいて芝の成長は徐々に鈍り始めたようです。
秋の修復を念頭に傷んだ芝を少しいじりましたが、これも雨のため中途までだったため、日を改めて。


週間予報は雨マークがずらり。
沖縄の梅雨が明けて、いよいよ本格的な梅雨到来のようです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/28(日) 23:59:09|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ハンギングの入れ替え

暑い一日でした。
気象台のデータによると横浜の最高気温は29.8℃。
今年の横浜は、まだ真夏日が一度もありませんが、やはり海が近いからなんでしょう。


午前中は、9時半頃から強い日差しの下で、カクテルやつるアイスバーグに発生した黒点病の葉をすべてむしり取る作業。
続いて、ハダニが発生したミニのつるバラ「シルクレッド」の古い枝を全部取り払い、今年伸びたシュートだけ残してスッキリさせました。

他にも、ジギタリスやデルフィニウム、ギボウシなどの終わった花穂を片付けたり、無駄に茂ったノイバラの剪定などをやっているうちにあっという間にお昼に。


暑さで仕事にならないので、庭仕事は一時中断して、庭がマンションの日陰に入る4時頃から再開しました。


今週末のテーマは、買ったもののビニールポットのままの苗の植え付けと、挿し木。


まずは、ハダニが発生したミニのつるバラとその周辺にハダニ駆除剤を散布してから、植え替え作業に取り掛かりました。


最初に、花が終わりかかったパンジーゼラニウムのハンギングを植え替えました。
蒸れに弱いパンジーゼラニウムをプラ鉢に植え替えて軒下のテラスへ。

代わりに、2週間前に買ってきた苗を寄せ植えにしてみました。

       ハンギングの寄せ植え1
       横から

ハンギングの寄せ植え2
上から

2枚目の写真、奥から時計回りに、
コリウス「ミッドナイトグリーン」
サンビタリア「スタービーニ」
ラミウム「ガリオブドロン」
ヒペリカム「ゴールドフォーム」
アメリカンブルー「ブルーシエル」

アメリカンブルーは花がひと休み中のようです。


こちらは植え替えていませんが、先日ご紹介した同じバラのアーチの下に吊るしているフクシアのハンギングが2度目の満開です。

フクシアのハンギング
フクシア・ポーラジェーンのハンギング。
オレガノ・ケントビューティ、
ロータス・ブリムストーン、
黒龍(コクリュウ)


このほか、バラ花壇へのグランドカバーなどの植え付け、
斑入りランタナをビニールポットからテラコッタへ植え替え、
夏に弱い植物、株が古くなった多年草の挿し木、

などをやっているうちに、あっという間に陽が傾いてしまいました。

これらの様子は改めて。



最後に西洋芝の様子。

西洋芝の様子1 2009/6/27

西洋芝の様子2 2009/6/27

2日続きの好天と暑さで、芝が乾いてくれたものの、傷んだ芝はほとんど黄色く枯れてしまいました。
暑さで成長が止まりかけた状況でのレーキ掛けはやはり無理があったようです。
ただ、レーキ掛けしなかったら枯れなかったか?というと、先週1週間の雨で遅かれ早かれこれに近い状況になっていただろうと思われ、枯れるべきものは枯れてしまったので、一応病気の進行は一段落したようです。


来週、また梅雨の天気に逆戻りしそうですが、気を緩めずに状況を見守っていくことにしましょう。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/27(土) 23:42:08|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

黒点病!!

久々に一日晴れました。
時折雲が広がる天気で、横浜の最高気温は29.3℃。
今の西洋芝の状態からすれば、あまり暑くなりすぎないのはむしろ好都合です。


ジュリア
ジュリアがきれいに咲きました。
さすがに一回り小さめですが、2番花としては上出来。
ここ数日、最高気温が25度前後止まりであまり暑過ぎず推移したことが良かったようです。
花色は若干アプリコットが強めで、周辺部にいくほど程よく色褪せてジュリアらしい味を出しています。



    カクテル
    カクテルも2番花がフェンスの上の高い位置で次々と咲いています。
    残念ながら、花芯の花色の変化(黄色→白)は下からはよく見えません。
    隣のタチアオイもまだ高さを増しながら花を着け続けています。



この1週間ほど毎日続いた雨で、忌まわしき黒点病が発生し始めました。

カクテルの黒点病
フェンスの上辺周辺でカクテルの葉が込み合っている部分に一気に黒点病が広がり始めました。
時間がなかったので、周辺のバラ全体に殺菌剤(ベニカXスプレー)を吹き付けることしか出来ませんでしたが、明日には急いで病気の葉をすべて取り除かなければ....



    つるアイスバーグの黒点病
    まだ軽症ですが、オベリスクのつるアイスバーグにも!


このほか、ミニのつるバラを中心に、ハダニの発生が見られました。
こちらも明日、ハダニ駆除剤を散布します。



最後に、斑入りノブドウと葉物ずくしの寄せ植え。

斑入りノブドウの寄せ植え

斑入りノブドウはとても元気につるを伸ばし、少し切り戻したコリウスも芽数が増えてきました。
斑入り葉ばかりでちょっと目がチカチカしますが、まずまずいい感じです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/26(金) 23:15:51|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

バラの2番花がポツリ、ポツリ

ようやく雨が上がって、しばらくは梅雨の中休みになりそうです。

気象庁のHPで確認したら、横浜では6月に雨が降らなかったのは5日間のみ。
ただ、日照時間が0の日も4日しかないので、結構天気の移り変わりが目まぐるしいようです。


そんな中、バラはポツリ、ポツリと2番花を咲かせています。

新雪
新雪
一番花が早咲きだった割には2番花まで時間が掛かりました。
やはり連日の雨の影響で少し傷んでいるのは仕方がないでしょうね。
花の大きさはやはり小振りですが、元が大輪だけにそこそこ見栄えのする大きさです。



      ジュリア
      ジュリア
      花首を長く伸ばして、高い位置で2番花が咲きました。
      春のミルクティーのような色とは少し違って、アプリコットがかった花色です。
      やはり、花の大きさは1?2まわり小振りです。



バラは、今後も2番花がポツリ、ポツリと続きそうですが、クレマチスも....

クレマチス・デュランディ
デュランディ(インテグリフォリア系)
5月中旬に花が終わって株元まで強剪定したデュランディ。
インテグリフォリア系の特徴そのままの立ち性のつるが、元の花の高さまで伸びてきました。
デュランディの青い花が咲くまで、アジサイの花が果たして待っていてくれるでしょうか。



最後に西洋芝の様子。

西洋芝の様子1 2009/6/25

    西洋芝の様子2 2009/6/25


やはり連日の雨で悪化が続いています。
一部分が枯れてハゲてしまうのはある程度覚悟せざるを得ない状況ですが、これ以上の悪化を止めて、枯れが少ない部分は残った芝が伸びることで再生してもらわないといけません。

天気がしばらく回復するとの予報を頼りに、急遽殺菌剤を散布を敢行。
ロブラール(イプロジオン)水和剤とタチガレン(ヒドロキシイソキサゾール)液剤を、規定濃度で20L(1L/?)ジョウロ散布しました。

ちょっと薬漬けの気もしますが、何とか天気の好転による回復を期待したいものです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/25(木) 23:21:35|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

強い雨

今朝は強い雨。


西洋芝の様子

またしても水分をたっぷり含んだ芝は、病気蔓延のリスクでいっぱい。
ただ、週末の殺菌剤の効果もあって、一気の悪化もなく一進一退が続いています。



    巨峰2

巨峰1
激しい雨のため、テラスから外には出られません。
春にプランターに植え付けたブドウ「巨峰」が成長し、支柱の高さを越えて雨の空中に向けて巻きひげを伸ばしてします。



     つるアイスバーグ
     5月31日に切り戻したオベリスクのつるアイズバーグ。
     強い雨の中、旺盛に新芽を伸ばしています。



テラス前のバラ
テラス前のバラ。
数は多くないものの、2番花が次々咲き始めています。
淡い色のバラは、雨にぬれるとすぐに傷んでしまいます。

夢乙女からは何本か2m超の長いシュートが。
それぞれ陽の光を求めてテラス内からバラの2番花越しに無秩序にシュートを伸ばしています。



昼には雨が上がりましたが、ムシムシした状況は続きます。
向こう数日は梅雨の中休みで晴れか曇りの予報ですが、気温はそこそこ上がりそうです。

西洋芝の状況からはしばらく目が離せませんが、梅雨の中休みを有効活用して、芝の飛び石の上の苗も早く植え付けてスッキリさせないといけません。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/24(水) 23:59:04|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

緑いっぱいの階段

朝には雨が上がっていました。

真夏日になって暑くなるとの予報は、少し雲が広がったからか少々肩透かしで、29.0℃どまり。
昨日までと違って湿度が少し下がり、それほどは暑く感じませんでした。


雨上がりの朝は、水やりの必要がないので助かります。

階段のギボウシ1

大株に育ったギボウシやクレマチス。
様々な宿根草や小低木、育成中の苗などなど...
階段に置いた多くの鉢に毎朝水やりするのは、暑くなると結構面倒なもの。
庭の反対側の水栓から15mのガーデニング用ホースを目一杯伸ばして階段の上まで水やりすると、それだけで20分くらいは掛かってしまいます。


階段のギボウシ2


雨上がりの階段は、鬱蒼とした緑の茂みのような雰囲気。
長く伸びたギボウシ「サガエ」や「リバティ」の花茎を手でかき分け、風知草を足で払っていかないと階段を昇れません。


階段をほぼ昇り切ったアルバ・メイディランドのアーチの直下では、ベッコウマサキ(キフクリンマサキ)の花が満開です。

ベッコウマサキの花

といっても、近くから見ても気がつかないほどとても地味な花です。
秋には小さな赤い玉がはじけたような実が生ります。



ブルーエンジェル

階段の麓では、つるアイスバーグのオベリスクの低い位置にクレマチス・ブルーエンジェル(ジャックマニー系)が絡まって数輪の花を咲かせています。


そして、その直下の西洋芝の飛び石には、

バジル・ダークオパールなどのポット苗
先日、ジフィーセブンからビニールポットに鉢上げしたばかりの、バジル・ダークオパールなどのポット苗が並んでいます。



西洋芝の状況1 2009/6/23

西洋芝の状況2 2009/6/23

西洋芝の状況は相変わらず思わしくありません。
枯れが一層目立ってきたようです。

やはり、荒療治はやりすぎだったのでしょうか?
皮膚病患者に「あかすり」をゴシゴシやったみたいなものだったかもしれません。


明日朝にまた強い雨の予報なので、本格的な殺菌剤追加散布はやめて、気休め程度に殺菌剤ダコニールとオルトランの混合剤(0.5L程度)を西洋芝全面にハンドスプレーで散布しました。


果たして枯れは止まってくれるのでしょうか?



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/23(火) 23:40:25|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雨上がりのハンギング

梅雨空です。

朝には雨は止んでいましたが、午後には雨。
夕方には一旦止みましたが、また夜遅くから明朝にかけて雨の予報です。

今日のところは一日中23℃前後でしたが、とても湿度が高くてジメジメ。
昨日から、我慢できなくなり、クーラーの除湿運転を始めました。


高温多湿が苦手な草花にとっても辛い季節です。
こんな植物を集めて、バラアーチの下の半日陰にハンギングにしています。

       ハンギング


フクシア・ポーラジェーン

1枚目の奥から、
フクシア・ポーラジェーン
ロータス・ブリムストーン
オレガノ・ケントビューティー


炎天下の強い日差しを避けて、風通しもよく。
雨だけは避けられませんが、バラのアーチの下はこんな植物には絶好の場所かもしれません。


ポーラジェーンは、先日、夏越しの保険に挿し芽にチャレンジ中。

ケントビューティーは一旦花が終わり、枯れ込み始めた春の枝は根元まで切り戻し、株元から出てきた新芽と完全に入れ替わりました。
たぶん、またあの独特の淡い紫色の花が咲いてくれると思います。


ロータス・ブリムストーンは芽の先の葉がクリーム色で産毛に覆われていますが、見るからに高温多湿は苦手で、日当たりを好みそう。
バラのアーチの下は風通しがよく、かなり陽が漏れてくるので今のところ元気そうです。


もし、雨続きで蒸れてくるようなら、吊り鉢ごと軒下に取り込むことにします。



アズーロコンパクト・マリンブルー
バラアーチの近くのフェンスにハンギングにしたロベリア・アズーロコンパクト・マリンブルー。
6月13日に植えつけ時には花を全部切り戻しましたが、10日足らずで花がかなり復活しました。

あとは雨が止んで、ふんわり軽やかに盛り上がってくれるのを待つばかりです。



西洋芝にとっては厳しい天気が続きます。

      西洋芝の様子1


西洋芝の様子2
スチール・レーキでガリガリとやった負のダメージは少なくありませんが、サッチ(刈りカス)を取り除いた効果と、どちらが優勢か微妙なところです。
一日中湿った状態は望ましくありませんが、今のところ殺菌剤が効いて小康状態のようです。

それにしても、西洋芝の踏みつけ対策で敷いた飛び石が、全く本来の役目を果たしていないのは困ったものです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/22(月) 22:57:49|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

梅雨らしい天気

今日は夏至。

1年で一番昼が長い日ですが、朝から雨。
梅雨らしい天気になりました。


テラスからの写真を中心に、雨の庭の様子です。


スモークツリー・ロイヤルパープル
スモークツリー・ロイヤルパープル



    ロサ・グラウカ
    ロサ・グラウカ



        クレマチス・ブルーエンジェル
        クレマチス・ブルーエンジェル    



リシマキア・ ヌンムラリア・オーレア
リシマキア ヌンムラリア・オーレア
ロベリア・アズーロ・コンパクトとトウガラシ・ブラックパールとの寄せ植え。



    赤いバラ
    品種不明の赤いバラ(HT)



        赤いバラ2
        品種不明の赤いバラ(HT) クローズアップ
        春の花に比べるとずいぶんと小振りです。



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ
二番花が次々開花中ですが、花持ちはわずか2、3日です。



夕方にはほぼ雨は上がりましたが、終日蒸し蒸しとする一日でした。
今週は高めの気温で梅雨らしいジメジメとした1週間になりそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/21(日) 22:52:57|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

西洋芝の夏越し作業

今日の横浜は、最高気温27.1℃。
午後から晴れて、ここ数日では最も暑い日になりました。


比較的過ごし易い日が続きましたが、夜に雨が降る日が多く、湿度が高くて西洋芝にはあまり良い条件ではなかったようです。

毎週の殺菌剤散布にもかかわらず、病気による枯れがじわじわと蔓延する傾向が見られたので、ついに荒療治に打って出ました。

サッチ掻き出し前2009/6/20
一見、緑一色で元気に見えます。



サッチ掻き出し2009/6/20
これをレーキで軽くガリガリと掻いてみると、



サッチ掻き出し後2009/6/20
あっという間に芝の刈りカス(サッチ)と、弱って枯れかかった芝が根こそぎされて集まります。



ちょっと分かりにくいのでアップで解説。

サッチ掻き出し1 2009/6/20
(1)芝の表面をよく観察すると、枯れが混じっている箇所が随所に見られます。



サッチ掻き出し2 2009/6/20
(2)芝の表面を掻き分けてみると、地面近くが枯れた芝(サッチ)でいっぱいになって腐り始めていることが分かります。
雨が続いて地面が湿った状態が続くと、サッチに潜伏した病原菌が芝の根や茎、葉を枯らし始めます。



サッチ掻き出し3 2009/6/20
(3)サッチをスチール製レーキでガリガリと掻き出します。



サッチ掻き出し4 2009/6/20
(4)地面を覆っていた、病原菌の「巣」が取り除かれ、地面の通気が良くなりました。




庭中のサッチを掻き出しました。

サッチ掻き出し後1 2009/6/20

今日の刈り取り分を含めて、サッチで大きな袋がいっぱいになってしまいました。



サッチ掻き出し後2 2009/6/20
結果的にかなりの荒療治になってしまいました。
日は翳り始めていたものの、結構汗をかきながらの作業になりました。
本来なら、梅雨入り後のこの時期ではなく、まだ芝が元気な5月までにやっておくべき作業だったかもしれません。

弱った体に大手術を施すようなもので、余計に症状を悪化させる危険もはらんでいます。


作業後、いつものように殺菌剤を散布です。
ラリー(ミクロブタニル)水和剤とホセチル水和剤を混合して、500倍液肥とともに1L/?で20Lジョウロ散布しました。

明日は雨の予報ですが、芝の様子を見てもし弱っているようなら、雨の合間を見計らって別の種類の殺菌剤も追加投入します。



これまで徐々に効果は出ているものの、過去4年間、いずれも満足のいく状態での夏越しは叶いませんでした。
今年もまた試練を迎えましたが、いつもとパターンを変えて、例年、枯れてしまった後の9月、種まき作業に先立って行うレーキ掛けを3ヶ月近く前倒してやってみました。



全滅と紙一重の危ない作業ですが、今となってはいい結果が出ることを祈るしかありません。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/20(土) 22:23:41|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

カラーリーフあれこれ(ブロンズリーフ)

今日はいい天気でしたが、日中の気温も25度前後止まり。
梅雨入りして以降も、一時的な雷雨を除けば比較的過ごし易い日が続いています。


昨日に引き続きカラーリーフ、今日はブロンズリーフ(銅葉)のご紹介。


アメリカテマリシモツケ・ディアボロ
アメリカテマリシモツケ・ディアボロ
今冬の購入時、15cmほどだったチビ苗を鉢に植えて、50cmほどまで成長しました。
落ち着いたブロンズリーフですが、新芽には明るい緑色が混じっています。
コデマリに似た花が咲くようですが、まだ今年は株が小さくて花は着きませんでした。



スモークツリー「ロイヤルパープル」
スモークツリー・ロイヤルパープル
気温が上がり、5月末頃の紫色から、濃い緑色に変化し始めました。
ロイヤルパープルはあまり「煙」は出ずに、もっぱら葉色を楽しむ品種です。
今年のGWにネット通販で購入。
スモークツリーの中では流通が少なく、値段も高め。
まだ30cm余りの小さな苗ですが、いずれもう少し大きくなったら、庭の目立つところに植えたいと思っています。



ユーフォルビア・カメレオン
ユーフォルビア・カメレオンにシルバーリーフのヘリクリサムが絡んでいます。
花が終わって、やや緑色が強くなってきましたが、また銅色の新芽が動き始めました。



オキザリス・トリアングラリス(紫の舞)
オキザリス・トリアングラリス(紫の舞)
シェードガーデンの何箇所かに植えた小さな球根から、濃い紫色の三つ葉が展開中。
品種名(学名)にもなった三角形の葉がユニークです。
こぼれ種で生育中のオダマキの葉ともうまくマッチしています。



黒葉ミツバとブロンズフェンネル
黒葉ミツバとブロンズフェンネル。
どちらも食用可で、葉の色と形がユニークですが、まだ植え付け先が決まらずポット苗のまま待機中です。



バジル・ダーク・オパール
バジル・ダーク・オパールの発芽。
ジフィーセブンに蒔いた種が発芽して、本葉が展開し始めました。
近いうちにポット上げです。

同時に種まきしたコリウス・ハイウェイ・ミックスの種がこぼれて芽を出しています。



ブロンズリーフはまだ他にも色々ありますが、今日はこの辺にしておきます。
単独では地味なものばかりですが、昨日ご紹介した黄金葉や斑入り葉とは相性が抜群。
まだ植え場所が決まっていないものが大多数なので、うまくカラーコーディネートできるように頑張ります。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/19(金) 23:59:00|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カラーリーフあれこれ(黄金葉・斑入り葉)

昨夜、わずかに雨がぱらついたようですが、今日も日中は時折薄日が差す明るい曇り空。
夜になっても雷雨はなく、多少湿度が高いかなと思う以外は過ごし易い日が続いています。


緑がいっぱいの庭ですが、花が少なめでともすれば単調になりがち。
花がなくてもそれなりに緑の庭を彩ってくれるカラーリーフをご紹介します。


今日は、そのうち黄金葉、斑入り葉を中心に。


斑入りランタナ
斑入りランタナ
今春、何気なく見つけて何気なく購入。確か、かなりお手軽な値段だったような。
春から秋まで休みなくクリーム色の花を咲かせてくれるとか。
熱帯性の花木ながら、ぎりぎり戸外で冬越しできるようです。



    斑入りマートル(銀梅花)
    斑入りマートル(銀梅花;ギンバイカ)
    これも今春、ハーブ売り場で購入。
    斑入り葉は花が咲きにくいらしいですが、丸い蕾がいくつか着きました。
    蘂が美しい白い花が咲くようです。

    左側は黒い針金細工のようなコロキア・コトネアステル。



       ヒペリカム・ゴールドフォーム
       ヒペリカム・ゴールドフォーム
       先日購入した小低木。
       日向ではオレンジ色、半日陰でイエロー、日陰ではライムグリーンに。
       購入時はオレンジがかっていましたが、このところの曇り空でイエローに変化しました。



ベッコウマサキ(キフクリンマサキ)
ベッコウマサキ(キフクリンマサキ)
こちらも今春購入。
現在高さ50cmほどの常緑低木。
階段の半日陰環境で育成中。
いずれモミジなど渋めの葉色の植物とコラボさせる予定です。



    斑入りヤブランと斑入り風知草
    階段で育成、増殖中の斑入りヤブラン(上)と斑入り風知草(下)
    他にヒューケラやヘデラ・ヘリックス(アイビー)、シロタエギクなども育成中です。



        ゴールデン・レモンタイム
        ゴールデン・レモンタイム
        ロベリア・アズーロ・コンパクトやトウガラシ・ブラックパールと寄せ植えに。



      斑入りノブドウ他

斑入りノブドウ2
斑入りノブドウの寄せ植え。
 ヒューケラ・シナバーシルバー
 アイビー・イエローリップル
 コリウス・ムーンライト
 コリウス・ブロンズカンプ
 アコルスバリエガータ(斑入りセキショウ)
この寄せ植えは、ほんとにカラーリーフづくしです。

斑入りノブドウは、白い斑だけではなく、紫色のつるや葉脈の美しさが目を引きます。



まだまだたくさんありますが今日のところはこの辺で。

日を改めて、ブロンズリーフ(銅葉)やシルバーリーフ(銀葉)もご紹介します。




人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/18(木) 23:53:34|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

緑の庭

2日続きの夜の雷雨も今日はお休み。

日中は、薄雲越しの日差しが心地よく、最高気温も23-4度どまりで、庭の緑が元気育つには絶好の条件です。

病気が出始めた西洋芝にとっても、この天気はとても助かります。


2009/6/17
階段から見下ろす庭も、緑がいっぱいです。
南(左)側の生垣の上に誘引したノイバラは、奔放にシュートを伸ばして、長いものは3m近くにもなっています。



新雪 2009/6/17
テラス上のつるバラ「新雪」も、この1ヶ月ほど緑一色でしたが、2番花の蕾が膨らみ始めました。



クイーン・エリザベス
階段の上では、最後まで緑のままで大きく出遅れたクイーン・エリザベスでしたが、梅雨の雲間から顔を覗かせた太陽に向かって花を咲かせています。



ブルーエンジェル
遅咲きのクレマチス、ブルーエンジェルも、二晩続きの激しい雨でしたが、何とか傷んでしまうことなく気持ちの良い朝を迎えることができました。


向こう一週間も、多少の雨はあっても、今日のように微妙な曇り空に晴れ間が覗くような天気が
続きそうです。
水不足は困りますが、この調子でもうしばらくは穏やかな天気が続いてほしいものです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/17(水) 23:18:34|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

何処に植えようか...

今日も日中は曇り、
そして夜には激しい雷雨。


西洋芝 2009/6/16
毎日雨が降ると、西洋芝が蒸れてしまい、病気の拡大が心配です。


     西洋芝の病気 2009/6/16
     やはり踏み付けが多い部分の枯れが目立ちます。
     何の病気なのか、見ただけではなかなか判断がつきません。
     厳しい状況ですが、なんとか殺菌剤の効果で一気の拡大を抑えているという感じです。



ところで、どちらの写真↑にも写っているのがこれ。

ナツヅタ(夏蔦)黄金葉
ナツヅタ(夏蔦)黄金葉


先日の国際バラとガーデニングショウで見つけて衝動買いしましたが、まだ植え場所が決まっていません。



因みに、ちょっと葉色は違うようにも見えますが、国バラで見かけたナツヅタの植栽の一例です。

国バラのナツヅタ
ここでは地を這っていますが、レンガの壁に絡まる姿が典型的で、秋には紅葉、冬には落葉します。


ナツヅタの新芽
ポット苗のままなのがいけないのか、成長は鈍く、購入後約1ヶ月で、2-3cmほどのほんの小さな芽が1本伸びただけですが、本格成長を始めればあっという間に伸びるのではないかと踏んでいます。

我が家の壁面、フェンスはほとんどつるバラが占拠済みで空きがほとんどありません。
かといって、また先日の斑入りノブドウのように新たな鉢植えにしても、置き場所に困ってしまいます。


ネットで検索して調べてみた限り、黄金葉のナツヅタはほとんど出回っていない掘り出し物ようなので、なんとかうまい植え場所を見つけて、我が家の庭の名物のひとつにまで育って欲しいものです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/16(火) 23:59:16|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

紫陽花(アジサイ)の花

アジサイが最盛期です。

アジサイ2009/6/15

確か4年前の母の日に妻のお母さんにプレゼントしたものでしたが、花が終わったあと水を切らして瀕死の状態で里帰りしてきました。

プレゼントしたときはピンク色でしたが、里帰り後大き目の鉢に植え替えて以降は薄紫がかった水色に。


今年、ピートモス主体の培養土に土替えし、石灰を施してアルカリ性で管理したところ本来のピンク色に戻りました。


ところが、日当たりによって花の様子が少し違います。

アジサイ日向2009/6/4
2009/6/4
トレリスに誘引したレッドカスケードの裏側に置いた鉢から日向側に抜け出た花は、ピンク色が濃い目で白い縁取りがあります。


      アジサイ日陰2009/6/4
      2009/6/4
      一方、日陰側の花は、やや淡いピンク色で、白い縁取りもあまり目立ちません。


6/4にはほんのり水色が乗っていましたが、鉢に石灰をパラパラと追加したらほぼピンク一色に。



このほか、今年購入した山アジサイ2種。

山アジサイ 藍姫
藍姫(2009/6/2)
小さい花ですが、名前のとおり美しい藍色。
わが故郷、徳島県産だそうです。


山アジサイ 九重錦 2009/4/20
九重錦(2009/4/20)
珍しい斑入りの山アジサイ。九州大分産
残念ながら今年は花芽がついていなかったため、株は成長したものの花は咲きませんでした。



そして、シェードガーデンの片隅に植えている額アジサイ。

ガクアジサイ
近所の公園からいただいて帰った小さな小枝を数年前に挿したもの。
何の変哲もない額アジサイです。
生垣の裏への地植えで日当たりが悪く、毎年1?2つしか花が咲きません。
今年もこの小さな花1つだけ。
ブラインドの枝は、シェードガーデンの日当たり確保のため、早々に短めに切り戻しました。

山アジサイの植え場所確保のために、場合によってはこの株は抜いて処分することも検討しないといけません。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
   

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/15(月) 23:59:01|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

バラの2番花、出遅れ花

時折、薄雲の間から柔らかい日が差す曇り空の一日。
貴重な週末に雨が降らないのは有難いものです。

ところが、今日は色々と忙しく、夕方に芝刈りと芝の殺菌剤散布のみでおしまい。


土曜日と今日の夕方撮った写真から。


ロイヤルボニカ
ロイヤルボニカの二番花。
二番花といっても、最初の開花からほとんど切れ目なしに次々と開花し続けています。
足元からアキレアが顔を覗かせています。


    アキレア
    アキレア
    清楚な白い花と、別名ノコギリソウと呼ばれる繊細な感じの葉。
    その雰囲気に似合わずとても強健で、地下茎を伸ばして際限なく増えていきます。



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ
4月から楽しませてくれた早咲きのバラが2番花を咲かせました。
このバラは、いつも咲くたびに、また日によって表情が違います。
どうも2番花は貧弱な感じです。



      カクテルの二番花とタチアオイ
      フェンスの高い位置で、カクテルの二番花が次々と開花中。
      ピンクのタチアオイと高さを競っているかのようです。



クイーン・エリザベス
クイーン・エリザベスの一番花がようやく咲きました。
ブラインドの処理後もなかなか芽があがって来ず、例年より1ヶ月以上遅れての開花です。
本来、とても強健なバラの筈なのですが。


     アルバ・メイディランド
     クイーン・エリザベスの鉢は、階段上の雨水枡の格子蓋の上に置いています。
     アルバ・メイディランドが、花の重みに耐えかねて、その格子蓋の上で咲いています。



つるマジック・キャローセル(マジック・カルーセル)
階段の途中の鉢では、挿し木で増えたつるマジック・カルーセル(マジック・キャローセル)が二番花を咲かせています。
このバラはミニバラの枝変わりですが、1年を通して次々と咲き続けます。



     ブルーエンジェル
     クレマチス・ブルーエンジェル。
     階段の下、つるアイスバーグのオベリスクの足元で親株の花が今頃咲き始めました。
     もう咲き終わったのは、挿し木で増やした子株のほう。
     4年目の地植え株ですが、今年はあまり元気がありません。
     そろそろ更新の時期なのかもしれません。



芝の状態2009/6/13
2009/6/13
西洋芝は、少しずつ病気が拡大しています。
22mmで刈って、2種類の殺菌剤、オーソサイド(キャプタン)水和剤とチオファネートメチル水和剤を混合して、500倍の液肥とともに1L/?ジョウロ散布しました。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
     

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/14(日) 23:14:31|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夏に向けての庭仕事

バラの後始末に追われて、夏に向けての準備が滞り気味です。

梅雨入りはしたものの、薄曇?晴れの天気だったので、午前中にバラの花柄摘みなどを終えてから、久々に夏に向けての苗の植え付けに取り掛かりました。


とは言っても、真昼の日差しの下での作業は厳しいものがあります。
そんな訳で、昼食後、午後一番のお仕事はお買い物です。


今日のお買い物
今日の戦利品です。
手前から時計回りに、
アメリカンブルー「ブルーシエル」
サンビタリア「スタービーニ」
ラミウム「ガリオブドロン」
ヒペリカム「ゴールドフォーム」
コリウス「ミッドナイトグリーン」


そして帰宅後、庭の日が翳る3時過ぎから本格作業開始です。


まず、2週間ほど前に購入した「斑入りノブドウ」の寄せ植えづくり。

斑入りノブドウの寄せ植え
斑入りノブドウをメインに、左から、
アコルス・バリエガータ(斑入りセキショウ)
コリウス・ブロンズカンプ
コリウス・ムーンライト
アイビー・イエローリップル
ヒューケラ・シナバーシルバー


そして、長らく植え付け待ちだったロベリア・アズーロ・コンパクトを。

アズーロ・コンパクト・マリンブルー
フェンスに掛けたハンギング鉢にアズーロ・コンパクト・マリンブルーを植え付け。
少しくたびれかけていたので花はほとんど切り戻してしまいました。
2週間もすれば咲き始めるでしょう。

このハンギング鉢には、こんもりビオラ・スノーホワイトが半年間活躍してくれていました。
お疲れ様でした。



そして、もう一鉢。

アズーロ・コンパクトの寄せ植え
アズーロ・コンパクト・スカイブルーをメインに寄せ植えにしました。
手前正面から時計回りに、
アスーロ・コンパクト・スカイブルー
ゴールデン・レモンタイム
トウガラシ・ブラックパール
リシマキア・オーレア

ちょっと寂しい感じですが、切り戻したアズーロ・コンパクトの成長分を見込みました。


トウガラシ・ブラックパールの実
因みに、これがトウガラシ・ブラックパールの実です。
たぶん食べられません。


全部終わりませんでしたが、続きは明日。



ところで、植え付け作業の合間を縫って、コリウスとフクシアの挿し芽をしました。

コリウス、フクシアの挿し芽
手前右側から時計回りに、
コリウス・ムーンライト
コリウス・ブロンズカンプ
フクシア・ポーラジェーン

フクシアは夏越しに向けての予備。
コリウスは色々と使い出がありそうなので...



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/13(土) 22:25:51|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ギボウシ「サガエ」の開花

梅雨入り早々いいお天気でした。

今や我が家の庭のシンボル的存在になりつつある大型ギボウシ「サガエ」に花が咲きました。


ギボウシ「サガエ」の開花
サガエ


ご存知の方も多いと思いますが、この「サガエ」という名前は山形県寒河江市に由来していて、寒河江市のとある庭先で偶然発見されたと言われています。
ホスタが人気の欧米でも「Sagae」の名前で通っていて、とても人気のある有名品種です。
事実、アメリカホスタ協会(AHS)の2000年 Hosta of the Year を受賞。
AHSの人気投票でも毎年1位を争っています(2008年はジューン June に次いで第2位)。


      サガエの花1


               サガエの花2


サガエの薄紫の花は、見るからにユリ科の花。
ひとつひとつの花は小さく、それぞれの花の寿命も1日程度。

まだ蕾の部分は、これから花茎が伸びて縦に花が並ぶように咲いていきます。

夏の終わり頃には種が実りますが、種を播いてもひとつとして同じものは出来ず、斑入りになるのも少ないそうです。



階段のギボウシ2009/6/7
階段に並んだ大型ギボウシ揃い踏み。(2009/6/7)
上から、
サガエ、
リバティ、
フランシス・ウィリアムズ


サガエは、来年には単独でどこか目立つとことに植え替えて、名実ともに我が家のシンボル・プランツにしたいなと思っています。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/12(金) 23:59:21|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

緑のシェードガーデンの植物たち その2

今朝降っていた雨は、昼には止んで、午後には晴れ間も広がってきました。

明日は一日天気も良く、やや蒸し暑くなるようです。


さて、シェードガーデンの続き。

今朝は雨で写真が撮れなかったので、撮り溜めた写真から。


シェードガーデン(西側)
2009/6/1
シェードガーデンの西側。
昨日とは、コブシの木を挟んで反対側。庭に向かって右側、アーチの足元周辺です。


シェードガーデン(西側)2
2009/6/7
同じ場所を別アングルで。



前方の3株のグラスは、左から、
茶色い葉色のカレックス・フラゲリフェラ、
青灰色のフェスツカ・グラウカ、
黄金葉のミリウム・オーレウム。

そして、グラスの近くに最近並べたのは、黄金葉に細い緑の縁取りが際立つ、
ギボウシ ジューンフィーバー。

その左側、アーチの足元に茂るシルバーリーフは、
ラミウム。



    トラノオ・ロンギフォリア・アルバ
    スラリと伸びるのは、
    トラノオ・ロンギフォリア・アルバ


リシマキア・アトロパープレア・ボジョレー
そして、これまで何回も登場している、
リシマキア・アトロパープレア・ボジョレー。
すぐ脇のグラスは、
斑入り風知草。

   ラムズイヤー
   表面に綿毛をかぶった、
   ラムズイヤーと、
   これに絡んだ丸い葉は、   
   ユーフォルビア・アミグダロイデス・プルプレア の花の部分。
   春に咲いたころは黄色が混じった緑色。
   そして、右側の細長い葉は、同じく、
   ユーフォルビア・カラシアス・ウルフェニー。
   今年はまだ株が小さいせいか、黄色の花は咲きませんでした。
  

アスチルベ
そして、アスチルベ。


まだ、ほかにもいろいろありますが、昨日のシェードガーデンほどまとまりがなく、やや、奥側はスカスカした状態。

今年いくつか植えつけたり植え替えたのは、アスチルベやアワモリ・ショウマ、ヤマブキショウマ、サラシナショウマ、ユーパトリウムなどなど。
まだびっしり空間を埋めるほど成長しておらず、本来なら優雅な花穂を立ち上げているはずのものも少なくありません。

今朝、まとめて写真が撮れなかったので、なんとなくまとまりに欠けるご紹介ですが、今日のところはこの辺で打ち止め。


残りは第3弾でご紹介します。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/11(木) 23:59:24|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

緑のシェードガーデンの植物たち その1

関東地方も今日から梅雨入り。
明日は午前中雨のようです。

まだ遅咲きのバラが咲いているものの、庭の花は一気に減りました。
これからしばらくは、緑がメインの庭になります。


梅雨に入っても元気なのはシェードガーデン。

シェードガーデン 2009/6/7
ギボウシを中心に様々な緑がぎっしり。



今日はシェードガーデンの緑の植物たちを詳しくご紹介します。


シェードガーデン1
まず右側から。

明るい緑にクリーム色の斑が入ったギボウシは、フレグラント・ブーケ。
ここに地植えしてから4年目。まだ2芽ですが、大きく育ちました。

そして、同じく黄金葉の斑入りが美しいグラスは、斑入りの黄金風知草(フウチソウ)。
こちらは3年目。斜めに半分に欠けた鉢に植えていますが、だいぶ芽数も増えたので、来年あたりからは地植えにしたいと思っています。

そして、手前の美しいシルバーリーフは、ブルンネラ・ジャックフロスト。
地植えして3年目の去年、かなり株が衰えてきたので、鉢上げして養生中。
今年は勿忘草のような小さい青い花は咲きませんでしたが、何とか復活してきました。

右側から張り出している葉は、ご存知クリスマスローズ。
コブシの木の足元を取り囲むように6株植えています。
まだ、花が少し残っていますが、開花後、雌しべに着く種袋は取り除いてあります。

風知草とクリスマスローズとの隙間には、手前から、
白っぽいグラスは、アコルス・バリエガータ(斑入りセキショウ)
ヒューケラ・ストロベリー・スワール
同じく斑入りセキショウ
近所で採取したベニシダ(紅羊歯)
ベニシダの下の緑の葉は、斑入りドクダミ。ちょっと日当たりが悪いのが原因か、クリームや赤の斑がほとんど出てきていません。



シェードガーデン2
続いて中央部分。

黄緑色の斑が入ったギボウシは、ゴールデン・ティアラ。
小型ですが繁殖力旺盛で、地植えして4年で30芽近くまで増えました。

左手前のギボウシはレモンライム。
名前に似合わずしっかりした緑色の小型種。
去年までフレグラントブーケの奥で目立たなかったのを、手前側に植え替えました。

手前のカラーリーフが美しいのは、
ヒューケラ・プラムプディング(右)
ヒューケラ・キャラメル(中央)

プラムプディングに覆い被さる緑の葉は、
ミヤマオダマキ。

ギボウシ・レモンライムの間から紫色の葉を覗かせているのは、
オキザリス・トリアンギュラリス(紫の舞)。

そして、これらの葉の隙間から白い斑入り葉を覗かせているグラスが、
スノードラゴン。



シェードガーデン3
そして左側部分。

中央手前の白い水玉模様は、
プルモナリア・オパール。
花は終わってしまいましたが、控えめな水色の花が咲きます。

中央奥は、
リョウメンシダ(両面羊歯)。
細かい切れ込みの入った葉が絶妙のアクセントになっています。

右側は、
ヒューケラ・パレスパープル。
芽出しは紫色ですが、成長につれ葉色は深緑に変化していくようです。
ただし、葉の裏側は少し紫色です。

鉢の周りの斑入りアイビーは、
ヘデラヘリックス・グレイシャー
アイビーは、他に何種類かがシェードガーデンの至る所にグランドカバーとしてはびこっています。

頭上の安曇野のウィーピングスタンダードが植えられている鉢にビニールポットのまま置かれているのは、
ニシキシダ、
ヒューケラ・ジンジャーエール。

右上隅には、シルバーリーフの
ラミウム。
これも、シェードガーデンのあちこちにグランドカバーとして顔を覗かせています。


今日はここまで。
また、明日以降も、シェードガーデンの植物をご紹介していく予定です。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/10(水) 23:40:56|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

6月のバラと芝

西日本、東海まで梅雨入り。
関東も11日(木)には後に続くようです。


もうバラは終わった、終わったと何度も言っていますが、実はまだ終わっていません。

我が家の遅咲きのバラの中でも、やや出遅れた花たちはまだ満開です。


ザ・フェアリー
ザ・フェアリー
花径約2cmのシュラブ。
花持ちもよく、長く咲き続けています。



       スーパー・エクセルサ
       スーパー・エクセルサ
       四季咲きのつる性シュラブ。3cmほどの小輪の花をたくさん咲かせます。
       親株は階段の上ですが、挿し木した子株がシェードガーデンから生垣に。
       一部は絡んだ生垣をくぐり抜けて公園側に花を覗かせています。



  レッド・カスケード
  レッド・カスケード
  ミニのつるバラ。
  昨年秋に、2m強のノイバラの枝の先端にスタンダード芽接ぎしたところ、何とか春遅くに活着。
  少し遅れて伸びた枝にようやく花が咲きました。
  花後に伸びるシュートは名前のとおり滝(カスケード)状に枝垂れさせ、ウィーピング・スタンダードに
  しようと計画中です。



一方の我が家の主役、西洋芝は、6月のこの時期としてはまずまずの状態。

西洋芝 2009/6/7
2009/6/7



しかし、踏み付けの多い部分は少し枯れが混じっています。

2009/6/9
2009/6/9

     2009/6/9
     2009/6/9

例年に比べれば状態としては良いほうですが、少しでも油断すると、枯れが一気に広がります。


2008/8/23
昨年8月23日の様子


まだ比較的涼しい今の時期出易いダラースポット病や、これから夏にかけて出るピシウム病は、朝の見回りでの早期発見がとても重要になります。
どちらも、朝露に濡れた芝に小さな綿状やクモの巣状の菌糸が発生していたら早期対処が欠かせません。

殺菌剤の品揃えも増強したので、今年こそは何とか無事夏越しを成功させたいものです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/09(火) 23:03:19|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

小雨のち曇り

今日は一転して、ひんやりと涼しい一日。
明け方にパラリと小雨が降ったあとは、一日曇り空でした。

雨露に濡れた庭の様子です。


ウィリアム・モリス
ウィリアム・モリス



       コーヒー・オベーション
       ミニバラ  コーヒー・オベーション



   スモークツリー ロイヤル・パープル
   スモークツリー ロイヤル・パープル



タチアオイ
タチアオイ



       ユーフォルビア・カメレオンとヘリクリサム・ペティオラレ
       ユーフォルビア・カメレオンとヘリクリサム・ペティオラレ



    チェリーセージ
    チェリーセージ



紫トウガラシ
紫トウガラシ



      ロサ・グラウカ
      ロサ・グラウカ



アジサイ
アジサイ


週間予報によると、向こう1週間で雨の予報は木曜日のみ。
5月も少雨傾向でしたが、空梅雨気味なのでしょうか。

我が家の庭にとっては少雨は歓迎ですが、やはり降るべき時に降らないと、これから夏に向けて水不足が心配です。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/08(月) 23:59:13|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日陰が恋しい季節

今日は期待通り良いお天気になりましたが、日差しの下での庭仕事はだんだんキツくなってきます。
横浜の最高気温は27.5℃。7月上旬並みだそうです。

日頃溜まった疲れもあって、日中は昼寝で庭仕事をパス。
この季節は3時頃からマンションの建物の影に入り始めるので、そこから始動。


まず、芝刈りを済ませました。

芝刈り後の庭
いつものように22mmでカット。
今日は今シーズンで最も刈り取り量が多く、バケットが満杯になりました。

夕方近くだと風も涼しくなって快適です。
飛び石の植えに置いている鉢や苗は、移動させながらの作業になり、最後に芝刈り機が届かない周辺部分は1周ぐるっと手刈りします。

全体としては良い状態ですが、依然、踏み付けが多い部分を中心に枯れが混じっていて、今週も殺菌剤散布です。
タチガレンとロブラール+尿素0.5g/L+液肥500倍を1L/?ジョウロ散布。

梅雨入り以降が西洋芝にとってもっとも厳しい時期になります。何とか今の状態を維持して乗り切りたいところです。


シェードガーデン1
西側のシェードガーデン
お隣の庭で大きく茂り放題だった生垣やモッコウバラを大胆に剪定したため、かなり明るくなって昼の2時間程度は日も当たるようになりました。

気温の上昇とともに、これまで盛んに領土を広げていたシルバーリーフのラミウムの成長が頭打ちになったようです。代わって、初夏の花、アスチルベやトラノオ・ロンギフォリア・アルバなどが勢力を盛り返しています。



シェードガーデン 2
東側のシェードガーデン
とても元気に緑が溢れています。
左奥の空間はオシダがシャトルコック状に茂ってくれる計画でしたが、一枚しか葉が展開しませんでした。
今年植えつけたばかりなので、根が張った来年を期待しましょう。



階段の上のバラ
今日は、階段の上のバラの花がらを落とす予定でしたが、昨日と違って花が乾いてみるとまだもう少し大丈夫そうなので、1週間遅らせることにしました。
確かに遠目にはまだ立派に咲いているように見えますね。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/07(日) 23:59:05|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雨上がりの庭仕事

梅雨の走りの雨は、昼頃には上がりました。

傷みはじめた遅咲きのバラもいよいよ花柄摘みが忙しくなってきました。
水分をたっぷり吸った花柄が腐り始めないうちに、早め早めに切り戻していきました。


アジサイ
これまで何度も登場しているアジサイ。
いつも背後に写っていたミニのつるバラ、レッド・カスケードの花柄を全部落としました。


このほか、夢乙女、ニュードーン、アルバメイディランド、スーパーエクセルサなど、水分をたっぷり含んで傷みはじめた花をどんどん落としていきました。
天気予報によると、来週後半あたりが梅雨入りになりそうなので、明日までに、8?9割方の花を落としてしまうことになりそうです。



庭仕事の合間に、庭の観察です。

サガエの花茎
サガエの花茎が伸びてきました。

   雨上がりのギボウシ
   階段のギボウシたちは、雨に濡れてどれもイキイキとしています。



       ミニトマト
       ギボウシのすぐ脇のプランターでは、種から育てたミニトマトが稔りはじめました。



午前中、まだ小雨がぱらついているうちに、芝庭とバラ鉢、花壇にオルトラン粒剤をパラパラと散布しました。

バラなどの葉を食べるさまざまな害虫対策に加え、この時期から秋にかけて発生する芝の害虫、シバツトガの幼虫対策が必要になります。




さて、ご心配をかけたココアが、今夕、退院しました。

ココアの退院
おなかの縫合部分を舐めないように、エリマキトカゲのようなものを付けています。
食欲も旺盛で、とても元気そうです。

ただ、検査の数値によると、出血の影響でかなりの貧血状態らしく、来週後半の抜糸時の再検査まで、様子を見ながら回復を待つことになります。

かなりの出血が、内視鏡と開腹検査のいずれでも特定できなかったため、原因はおろかどこから出血したかも分かっていないという不思議な状況ですが、獣医の先生によると食欲があって元気なので、特段の異常がなければ散歩も含めほぼ日常どおりで構わないとのこと。



定額給付金

今日、定額給付金の振込通知が届きました。
ココアが無事退院できて何よりでしたが、今回の治療費、入院費で軽く吹っ飛んでしまいました



最後になりましたが、お陰様で10000アクセスを超えました。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

バラの季節が終わり当分は少し地味になるかもしれませんが、これからもどうぞ気軽に覗きにいらして下さい。




人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/06(土) 22:42:19|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ロサ・グラウカ ?葉色を楽しむバラ?

春のバラは、一部の遅咲きを除いてほとんど終わってしまい、これからは四季咲きバラの2番花の季節。

ただ、2番花は春バラに比べるとやや小ぶりで、咲き方もまばらなことが多く、残念ながら「2番煎じ」の感は否めません。


そんな中、この春に手に入れた原種バラ、「ロサ・グラウカ」(別名「ロサ・ルブリフォリア」)が、ここへ来てとてもいい味を出しています。


ロサ・グラウカ 09/6/5
ロサ・グラウカ 09/6/5
5月上旬に小さな「由野スズバラ」の株を山野草売り場で手に入れて約1ヶ月。
株元から新しいシュートが元気良く伸びています。

芽出しは赤紫、そして展開した葉は青灰色。
それぞれ「ロサ・ルブリフォリア」(赤い葉のバラ)、「ロサ・グラウカ」(灰色のバラ)の名前の由来となった葉色の特徴どおり。

植え付け待ちの他のカラーリーフの苗との相性も抜群です。



09/5/3
09/5/3 購入直後
見るからに弱々しい「由野スズバラ」。


     09/5/16
     09/5/16
     株元から出た小さな芽の成長を促進するため、弱々しい幹を横に倒しました。


09/5/25
09/5/25
株元の芽が成長開始。



ロサ・グラウカは一季咲きの原種バラ。
今年は花を咲かせませんでしたが、来年にはピンクの一重の花と大きなローズヒップを見せてくれる筈です。
言うまでもなく、その頃にはもっと立派に育って、たくさんの美しい葉を茂らせていることでしょう。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/05(金) 23:41:37|
  2. ロサ・グラウカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

梅雨入り間近の花たち

昨日は、我が家のミニチュアダックス ココアの緊急入院、手術でご心配をおかけしました。
数々の暖かいお見舞い、励ましのコメントに心から感謝申し上げます。

今朝面会に行った様子によると、お蔭様で元気そうで、今夕から食事も様子を見ながら食べさせてみるとのことでした。


さて、6月に入り、梅雨入り直前の植物をいくつかご紹介します。

ウィリアム・モリス
ウィリアム・モリス
今後、2番手以降の花は一斉には咲かずに、ポツリポツリと咲いていきます。



    ブルーバユーと白万重
    春の一時的な寒さで遅れていたブルーバユーもようやく本格開花です。



        ザ・フェアリー
        我が家で一番遅咲きのバラ ザ・フェアリー。
        ほとんど何も手を掛けなくても、階段上で元気に咲いています。


ギボウシの花
品種不明のギボウシの大株に、花が咲きました。
小さな花ですが、ユリ科の植物らしい花姿です。



     リシマキア・アトロパープレア・ボジョレー
     リシマキア・アトロパープレア・ボジョレー
     周囲ではラムズイヤー、風知草、ギボウシ トーチライトなどが緑を茂らせています。



オキザリス トリアンギュラリス
オキザリス トリアンギュラリス
シェードガーデンで特徴のある紫色の3枚葉を茂らせつつあります。



明日からまた雨。
正式な梅雨入りになるかどうか分かりませんが、いずれにせよ、そう遠くはなさそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  1. 2009/06/04(木) 23:59:14|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ココアの緊急入院、手術

ココア1

我が家のミニチュアダックス、ココアは、ここ数日、なぜか食事後すぐに戻してしまう症状が出ていたため、かかりつけの獣医さんに診てもらっていましたが、はっきりした原因が分からず経過観察中でした。

この2日ほどは回復傾向で戻さなくなっていましたが、今夕になって、また夕食を戻してしまい、今度は出血を伴っていたため緊急に入院しました。


内視鏡で食道、胃、十二指腸まで検査したものの、出血原因につながる病変や異物は見つかりませんでした。
しかし、検査の結果、貧血症状などいくつか悪い数値が出ていたため、原因を特定し、何らかの原因が発見された場合は即刻手術するため開腹して調べたほうが良い、との獣医の判断で開腹検査を行うことになりました。

しかし、結果的には何も悪いところは見当たらず、そのまま縫合。

原因が分からないので引き続き経過を観察するしかないとの結論で、2,3日後には退院できる見通しとのこと。


設備の整った「夜間動物病院」に移っての処置だったため、獣医にお預けして、自宅で電話での経過報告を受けながら待機していましたが、内視鏡検査の結果報告と開腹検査の相談を受けたのが10時半頃、そして開腹検査の結果連絡を受けた頃には日付が変わりかけていました。


明日、家内が面会に行きますが、果たして何も悪いところが見つからなかったことを喜んでいいのやら悪いのやら???



今回初めて知りましたが、横浜で初めての動物専用夜間救急病院で、CT装置まで完備しているとのこと。

ペットにも高度医療の時代、というのは話では聞いていましたが、まさか我が家のワンコがお世話になるとは思ってもいませんでした。



不況の折、痛い出費が嵩みそうですが、取りあえず今のところは大事に至らず良かったということにしておきましょう。


ココア2


今日はこんな事情ですので、気分的にも庭の話題はお休み、ということにさせていただきます。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています



テーマ:ダックスフント大好き♪ - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/03(水) 23:59:48|
  2. ミニチュアダックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

梅雨入り前の晴れ間

今年の5月は、特に西日本で記録的に雨が少なかったようです。

東日本も、例年に比べると雨の日は格段に少なかったように感じます。


そんな5月は終わり、明日からはずっと曇りマークで、時折雨も降るとの予報。
梅雨入りはもう少し先になりそうですが、だんだん日差しが貴重になる季節を迎えます。


階段の上のバラ
朝方、日当たりが最も良いのは階段の上のバラ。


     階段の下部分
     逆に、階段の下部分は朝遅くからしか十分陽が当たりません。



山あじさい「藍姫」
山あじさい「藍姫」
今年小さなポット苗で購入。
まだビニールポットのままですが、品種名のとおり藍色の花色が美しい小さな株です。



    ギボウシの花
   品種名が分からないギボウシの花



イヌワラビ
      イヌワラビ
      これからまますます緑が濃い庭になっていきます。



ブルー・バユー
ブルー・バユー(FL)
朝の日当たりがいいバラ花壇では、ブラインドになって開花が大幅に遅れたブルーバユーが、ようやく本格開花の時期を迎えました。


       タチアオイとカクテル2番花
       タチアオイの開花が進みはじめ、カクテルの2番花も開花しました。
       

今日は、梅雨入り前に日光をたっぷり浴びることができる貴重な一日になったようです。
       


人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  1. 2009/06/02(火) 23:59:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

遅咲きクレマチス

今日から6月。

クールビズ、昔流に言えば衣替えがスタートしました。
やや肌寒い一日だったため、帰りの電車ではまだ上着なしが3割、ノーネクタイが6割といったところでしょうか。

数年前クールビズが始まった当初は違和感がありましたが、慣れてしまうとやはりノー上着、ノーネクタイは楽でいいですね。

ちなみに私はといえば、若い頃からアメリカン・トラッド/カジュアル志向で日頃からいつもボタンダウンなので、ただ、上着を脱いでネクタイを外すだけも一応は様になっています。

こう言うと何やら尤もらしいですが、30年近くずっとワンパターンなだけなんですが...。



さて、今朝の庭ですが、一気に寂しくなりました。

ご紹介するのは新枝咲きの遅咲きクレマチス。


フルディーン
フルディーン(ジャックマニービチセラ系)

花色はパールのような輝きがある美しい白。花びらの裏側は少し紫色が掛かります。

例年、アンジェラの満開に合わせて咲くはずが、今年はかなり開花が遅れました。
花が少なく小さいものばかりで、例年直径8cmほどのはずが今年は5cmほど。
春の寒の戻りが影響したのか、それとも別の原因なのか判然としません。
4年目の株なので、剪定の際に挿し木苗を作って更新した方がいいのかもしれません。



ブルーエンジェル
ブルーエンジェル(ジャックマニー系)

こちらは開花がやや遅れましたが、花着きは順調です。
少し紫がかった淡いブルーで、ややうつむき加減に咲く直径8cmほどの花は、とても多花性です。
やや雨で傷みやすく、花持ちもあまり良くないのが難点です。


サガエとの競演
この2つのクレマチスは、アンジェラとギボウシ「サガエ」に絡むように咲いていますが、今年はアンジェラと時期がうまく合わず残念でした。



さて、今日はここでちょっと変わった話題。


昼休みに日比谷公園を散歩していたら、バラ花壇の一角でこんなものに出くわしました。

      カメの産卵

      なんとカメが産卵のために後ろ足を交互に穴に突っ込んで土を掻き出しています。


カメの産卵2
すぐ近くにももう1匹。



海亀が砂浜に産卵するのは知っていましたが、同じようなことをバラ花壇の片隅で、それも都心のど真ん中、日比谷公園で目撃するとは!!

カメはミシシッピ・アカミミガメ、いわゆるミドリガメで、大きさは20cmほど。
誰かが公園の池に逃がして繁殖したようで、池のほとりの岩の上でたくさんのカメが甲羅干しをしているのをよく見掛けますが、まさかこんな所まで遠征してくるとは。
池からこの現場まで40mほども離れています。


砂浜で生まれた海亀の赤ちゃんは、潮騒の聞こえる方に向かって歩き出すそうですが、こんな所で孵化した小亀たちはちゃんと池に戻れるのでしょうか?



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/01(月) 23:59:43|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。