芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月も終わり

今日は7月最後の日。
最高気温25.6℃までしか上がりませんでした。
今朝のテレビでは、エルニーニョ現象による冷夏で梅雨が明けなかった1993年が話題に。
タイ米の輸入騒ぎになったあの年です。


既に2週間前に梅雨明けした関東地方ですが....

トウガラシ
トウガラシ パープルフラッシュ?
朝方の雨に濡れています。


     クレマチス フルディーン
     クレマチス フルディーンの2番花。



ダイアナ プリンセス・オブ・ウェールズ
ダイアナ プリンセス・オブ・ウェールズも、随分遅くなって2番花が開花しました。



四国がやっと梅雨明けして、週間予報では週明け頃にはようやく好転の兆しが....

やっぱり夏は暑くなくてはいけません。
なんとか夏らしい夏到来で景気回復を祈りたいものです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/31(金) 23:59:58|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

つるバラのシュートの処理

最高気温32.5℃。
ほぼ一日スッキリと晴れて夏らしい天気になりました。
同じ暑いなら、やっぱり夏の日差しに限ります。


新雪のシュート
強い日差しのもと、つるバラ「新雪」のシュートがぐんぐんと伸びています。
力強く伸びている右上のシュートはもう2mほどに達しています。

アンジェラ、つるアイスバーグ、ニュードーン、ピエール・ド・ロンサールなどなど....
程度の差はあっても、これからどんどん三つ首怪獣キングギドラ(古い!)みたいにシュートが暴れ始めます。


つるバラのシュートは来春の花を約束してくれる大事な存在。
我が家では極力切らずにそのまま伸びるに任せています。

しかし、あまりに放任だと夏?秋の庭の美観を損ねるので、支柱や樹木、壁面などに沿わせて極力まっすぐ上方に伸ばすと良いでしょう。
何本かある場合は束ねてしまってもOKです。
なお、切らずに横に倒すと、途中から枝分かれしてやや細い枝が伸び易くなります。
枝の太さがあるほど来春に強い花枝がつくので、冬までシュートを倒すのはなるべく避けた方が良いでしょう。


冬の誘引作業を楽しくするためにも、事情が許す範囲でなるべくつるバラのシュートは残しておくことをお勧めします。



さて、今日のバラの様子。

ロイヤルボニカ
ロイヤルボニカの3番花。
フロリバンダ樹形ですが、修景バラに分類されるだけあって耐病性が強くて多花性。
ソリッドな強めのピンクの花は、奥深さやニュアンスには欠けるものの、100Wの電球のようにいつも花壇を明るく賑わしてくれる存在です。



最後に、斑入りノブドウ。

斑入りノブドウ
つるを旺盛に伸ばしていますが、暑さとともに斑の入らない緑一色のつるが増えてきました。

こんなつるは、見つけ次第十分に斑が入っているところまでバサリと切り戻してやります。

斑入りノブドウに限らず、斑入りの植物は先祖がえりしやすいので、気をつけましょう。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/30(木) 23:59:06|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

やっぱり夏ですね?

スッキリしない夏らしくない天気が続きます。

でも、蒸し暑いし、やっぱり紛れもなく夏は夏なんですね?


セミの抜け殻

バラ花壇のダイアナ・プリンセスオブウェールズの葉っぱに、セミの抜け殻が!
(虫が苦手な方はお許しを!)
見たところ、アブラゼミのようです。

でも、どうしてこんなところに??

我が家の庭のシンボルツリー、コブシからは少し離れているし、かといって花壇に植え付けてから4年足らずのバラでセミの幼虫が育つとも思えないし...??

今朝は、マンションのタイルの壁面にとまったミンミンゼミが例の如くミーンミーンと暑苦しい鳴き声を発していました。

連日のおかしな天気でも、着実に夏は深まりつつあるようです。



ウィリアム・モリス
暑くなっても、ダラダラとメリハリなくポツリポツリと咲くウィリアム・モリス(ER)。



    アメリカンブルー
    ハンギングのアメリカンブルー。
    ウィリアムモリスの花や、ピエール・ド・ロンサールのシュートをバックに
    涼しげな青い花が揺れます。



       アンジェラ
       花ガラを落として2ヶ月近く、緑一色であまり変化がなかったアンジェラに、
       梅雨明け頃からあちこちでシュートが伸び始めました。


コリウスとクジャクシダ
夏のカラーリーフの代表選手コリウス。
種まきから2ヶ月余りでようやくカラフルな苗に育ってきました。

傍らの涼しげなクジャクシダとは、いかにも夏らしい取り合わせで、
なかなかいい味を出しています。  



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/29(水) 23:43:21|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バラの3番花

今日は終日曇り空。
最高気温は28.2℃でしたが、とても蒸し暑い一日でした。


黒蝶
黒蝶
いよいよ3番花の季節が....
抜群の花持ちで、ようやく2番花が終わったと思った矢先でした。



    ブルーバユー1

            ブルーバユー 2
            ブルーバユー



コーヒーオベーション
コーヒーオベーション



      ギボウシ トーチライト
      ギボウシ トーチライト


形式上、関東地方では梅雨が明けているとはいえ、スッキリとしない日が続きます。
西日本では豪雨被害も続出していますが、長引く梅雨はこの国の景気にとっても決して良くない筈。
いったいいつまで続くのでしょうか。


飲んで遅く帰ったので、今日はこれで限界です。
そんな庭の主人に関係なく、植物たちは今日も花を咲かせ続けます。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/28(火) 23:59:31|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セプタードアイル (2009春?夏)

昼までは良い天気でしたが、夕方になって短時間ながら激しい雨に見舞われました。
(といっても仕事をしていた東京ではそれほど大した雨ではありませんでした)


夏になって、庭の変化も乏しくなってきたので、これから秋のガーデニングシーズンまでの間、週2度ほどのペースで、2009 春?夏のバラを品種ごとに振り返っていきます。

我が家のバラの記録として整理して残すのと、訪問してくださる方にはバラの品種選びの参考にしていただければ幸いです。


そんな訳で、第1回目はセプタードアイル(ER)から。

セプタードアイル 2009/7/27
2009/7/27
本日のセプタードアイル。
2番花の花つきはさすがに春ほどではありませんが、ひとつひとつの花はやや小振りながら春とそれほど遜色のないものです。



セプタードアイル 2009/5/8
2009/5/8
我が家のセプタードアイル一番花。
昨年暮れに購入し、9号のスリット鉢へ植え付け。
どんどんと元気な枝が立ち上がり、蕾もいっぱい。


    セプタードアイル 2009/5/9
    2009/5/9
    同じ花の2日目。
    かわいいカップ咲きに黄色いしべがこのバラの最大の特徴です。
    香りはミルラ香ですが、庭中に香りが立ち込めるほどの強香ではなく、
    あくまでほんのりと香る程度です。


       セプタードアイル 2009/5/14
       2009/5/14
       とても多花性で、最初の年の春に60以上の花が咲きました。


セプタードアイル 2009/5/27
2009/5/27
次々と代わる代わる咲いていきます。
これが最後の一番花
レッドカスケードとアジサイとの競演。

大苗で購入1年目の春は樹高おおよそ80cm。株張りも約80cm。
枝は立ち性で、可愛いカップ咲きの花は斜め上向きに数輪が房咲き。
花径は7-8cm程度。
清楚で透明感のある淡いピンク色で、株全体としてはとても若々しく快活な印象です。
花持ちは3日程度とあまり長くありません。



    セプタード・アイル
    2009/7/18
    待望の2番花第1号。
    1番花の剪定枝8本ほどのうち、2番花の新芽が伸びたのは半分程度。
    それも、伸び始めるまで2-3週間何故か全く芽が動きませんでした。
    2番花の高さは1.2mほど。花枝は直立に長く伸び、支柱が必要になるものも。
    春に比べると花は少し貧弱になりややピンクが濃くなりますが、十分鑑賞に堪えます。
    花持ちは一段と短くなり、1?2日程度。


        セプタードアイル
        2009/7/22
        2番花としてはとても美しく咲きました。



セプタードアイルは、イングリッシュローズとしては爽やかで軽やかな、そしてとても可愛い印象の花を次々と咲かせます。
今のところ病気にも強く、管理にはあまり手が掛かりません。
株もほぼ直立性で適度に広がる程度なので、それほど場所も取らず
鉢管理もし易いバラと言えます。

お勧め度 ★★★★★ (5/5)



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/27(月) 23:59:36|
  2. セプタードアイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏の日差し

快晴の一日になりました。

横浜のスカイライン

来週土曜日の花火大会の下見を兼ねて、マンションの最上階へ。
日差しが強く暑いですが、空気が澄んで気持ちのいい快晴です。

横浜のみなとみらい方面のランドマークタワー、ベイブリッジなどが遠望できます。

横浜ベイブリッジ
花火は、左側の黒っぽい大きなビルの向こう側、ベイブリッジの手前辺りで上がるはずです。



三日月
我が家の庭から空を見上げると、皆既日食を起こした月が
今は三日月になって青空に浮かんでいました。


     コブシ
     強い日差しがコブシの木に降り注ぎます。


          ハンギング
          ピエール・ド・ロンサールのアーチに吊るしたハンギング。
          コリウス・ミッドナイトグリーンの葉裏が、陽光を透かしてワイン色に輝いています。


ピエール・ド・ロンサール
ピエール・ド・ロンサールが元気よくシュートを伸ばし、


       新雪とウィリアム・モリスのシュート
       夏の日差しに向かって、新雪(右奥)とウィリアム・モリス(左手前)も
       シュートをぐんぐん伸ばしています。


緑いっぱいの階段
階段の周りもノイバラなどつるバラがシュートを旺盛に伸ばして緑でいっぱいです。



日差しが照りつける日中を避けて、日が翳った夕方から2週間ぶりに芝刈りです。

本日の芝庭 2009/7/26
22mmでカット。黒カビのダメージもあって、徐々に傷みが進んでいます。
芝刈り後、ベノミル(ベンレート)水和剤を液肥500倍+尿素0.5g/Lとともに20Lジョウロ散布しました。


                     階段から見下ろした芝庭1

           階段から見下ろした芝庭2

階段から見下ろした芝庭4

夏の日差しをたっぷりと浴びた緑の庭がゆっくりと暮れていきました。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/26(日) 23:59:37|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

退院しました ? 銅葉のグラス

ココア退院

ココアが今夕、無事退院し、1週間振りに家に戻りました。

結局、直接の原因かどうかはわかりませんでしたが、生のトウモロコシにかじりついたのが2週間前。

食べたものを全て戻したり、治療のため絶食したため、ずいぶん痩せてしまいましたが、とても元気です。
ご飯は当面、消化がよく、栄養価が高い缶詰を薬とともに与えますが、帰宅後の1食めはガツガツとあっというまに平らげてしまいました。

いったい何だったんだろう、と呆れるほどの食欲です。
結局、トウモロコシが原因かどうかは分からなかったものの、何か食べたものが原因で胃腸炎を起こしたのだろう、という結論でした。

とにかく無事元気に帰ってきてくれたのは何よりですが、立て続けの2度の入院で、臨時の出費が嵩んだのには参りました。
検討していたエアコンの買い替えや、近場の旅行も全て取りやめです



さて、今日は、最高気温29.5℃。いい天気でしたが、蒸し暑い一日でした。

午前中に黒カビの出た芝庭と、黒点病が所々で出ているバラにベニカX(殺菌剤成分はミクロブタニル)をハンドスプレーで散布。

暑くなった日中は庭仕事はお休み。
GCへ出かけて、1点だけお持ち帰りしました。

パープルファウンテングラス
パープルファウンテングラス
以前から欲しいと思っていた銅葉のグラスで、ペニセツム(チカラシバ)の一種。
茶色い穂が風に揺れる姿がこれからの暑い季節に合いそうです。

問題は例によって植える場所ですが、焦らずじっくり考えることにします。


因みに、この冬に格安の処分品(100円)で手に入れたペニセツムの仲間(たぶんペニセツム・ウィローサム「ギンギツネ」)はまだ穂を出していません。
また、穂が出たらご報告します。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ダックスフント大好き♪ - ジャンル:ペット

  1. 2009/07/25(土) 23:59:55|
  2. ミニチュアダックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

土砂降り

今日も梅雨空。

山口県の集中豪雨ほどではないものの、今朝は短時間でしたが激しい雨でした。

土砂降り1


    土砂降り2


近所の国交省雨量データによると、1時間で15ミリの雨。
一日中時折雨が降る天気でしたが、ザーと降ってパッと止む、まるで熱帯地方のよう。


土砂降り3
昨日、黒カビが出た芝庭も、あっという間に水浸し。

幸い、短時間で止んだので、水もすぐ引いて特別な対策は必要ないでしょう。


今朝は激しい雨で何もできませんでしたが、明日からの週末は、雨や蒸れによるダメージの修復や、強い雨のあと出易くなるバラの黒点病対策などが欠かせません。



さて、入院中のココアですが、食事は引き続き戻さずに取れているものの、まだ待ちの状態。
もし、出るものが出て大きな異常が見つからなければ、今回も原因ははっきりしないまま、明日にも退院となる予定です。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/24(金) 23:59:41|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

西洋芝に黒カビ?発生

梅雨に逆戻りしたかのような天気が続きます。

このところ乾燥気味で経過していた西洋芝も、また蒸れやすい天候に逆戻り。

西洋芝の黒カビ?
わずか2-3日で庭中の西洋芝に黒カビのようなものが一気に蔓延してしまいました。
地表面の過去に枯れた芝などがカビの温床になっているようです。


今のところこの「黒カビ」が原因で西洋芝が枯れるような事態は発生していませんが、決して望ましい状況ではありません。早めに何らかの殺菌剤を散布しないといけないかもしれません。


そんな中、元気な葉っぱを2つご紹介。


トウガラシ
トウガラシ・パープルフラッシュ?
これまで、「ブラックパール」かと思っていましたが、「パープルフラッシュ」のほうがよく似ているような気がします。
旺盛に葉っぱを茂らせ、黒い実を次々と着けています。
昨日見事な美しさだったイングリッシュローズ セプタードアイルはたった1日で平凡な花に。



黄金葉ナツヅタ
5月の国際バラとガーデニングショウの売店(改●園)で手に入れた黄金葉ナツヅタ。
新しいツルを伸ばし始めています。
ナツヅタは、まず小さな葉のツルを伸ばして木や壁に定着後、
翌年の春に本来の大きさの葉を茂らせるようです。

まだ、定植場所が決まりませんが、明るい葉色を生かして、庭のアクセントとして使えればと思っています。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています






テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/23(木) 23:59:56|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

グランドカバー

朝からの雨が止んで、東京でも昼休みにほんの一瞬だけ雲越しに1/3ほど欠けた日食が観察できました。

南の島や上海までわざわざ足を運んだ方たちの大部分が皆既日食のクライマックスを直接目にすることはできなかったようです。
ネットニュースで見る限り、日本の陸地で皆既日食の瞬間を目撃できた幸運な日食ウォッチャーは、奄美大島のすぐ隣の喜界島にいた300人ほどだけだったようです。


次に日本で見られるのは
2012年5月21日 金環日食 関東?九州の太平洋側
2030年6月1日 金環日食 北海道
2035年9月2日 皆既日食 北陸?北関東


3年後の金環日食は東京、横浜を含む大都市圏を横断するだけに
大フィーバーになりそうですが、やはり皆既日食に比べると見劣りするようです。
となると2035年ですが、果たしてまだ生きているかどうか?



さて今朝は、梅雨に逆戻りして朝の水遣りから解放されたので、
小雨がぱらつく中、多少はゆっくりと庭を観察できました。

ところが雨が降ると、バラの花の多くは傷んでしまい、草花も萎れてしまうものが多く、
いい被写体がなかなか見つかりません。


そんな中、グランドカバープランツの元気さが目に留まり、カメラに収めました。

バラ花壇のグランドカバー
フェンス沿いのバラ花壇のグランドカバー。
色々な植物が無造作に植えられていて、正直言って雑然としています。
ひと月ほど前に植えたばかりのグレコマが見る見る広がり、これでも少しはましになったほうなんですが....

今年花が咲かなかったマツカサアザミやラムズイヤーが育ってくれると、少しはましになるかもしれませんが、鮮やかな銅葉など目を引くアクセントが不足しているようです。


ラミウム・ガレオブドロンとヒペリカム・ゴールドフォーム
現在ビニールポットで待機中のラミウム・ガレオブドロンとヒペリカム・ゴールドフォーム。
どちらもグランドカバーや寄せ植えで活躍してくれそう。
どちらも半日陰OKなので 、植え場所の選択が悩ましいところです。



小雨の中のバラ。

セプタードアイル
セプタードアイル(ER)
今日の花は一段ときれいに咲きました。
銅色のバラの若葉と、背景のトウガラシにも美しく映えています。



最後に、入院中のココアの続報。

流動食を食べて、今のところ戻していないようです。
トウモロコシ原因説を含めて原因がまだはっきりと特定できていません。
当面は、ウンチが出るかどうか、そしてそれがどんなウンチかが重要なポイントになりそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/22(水) 23:15:08|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

こぼれダネ大活躍

今日は、最高気温が30℃を大きく割り込んで23.6℃。
梅雨に逆戻りし、日中、時折ぱらついた雨は、夜には本降りに。

明日の日食は、関東では曇り空で、運がよければ晴れ間が出るかも、との予報。
一方、南西諸島の皆既日食は雨模様で観測は難しそうとのこと。
梅雨前線も意地悪極まりないですが、せっかく時間と大金を叩いて観測に行った皆さんには、
一瞬でもいいから晴れ間が出てくれるといいですね。


さて、昨日お伝えしたココアの続報。
バリウム検査の結果、腸の詰まりが明確には確認できず、
今日明日、流動食で経過観察をすることになりました。
流動食であれ何であれ、食べ物が胃腸を無事通り抜けて、
少しでも栄養補給ができるといいのですが...

依然はっきりとした原因がつかめていないので、
取り敢えず今日のところは開腹手術を免れましたが、
直ぐには喜べない微妙な感じです。


さて、我が家の庭は、バラが代わる代わるに咲いて何とか最低限の彩りを保っていますが、
実は、バラのほかに欠かすことのできない存在が....

コーヒーオベーションとインパチェンス
低いスタンダードに仕立てたミニバラ「コーヒーオベーション」の足元で、
こぼれダネのインパチェンスが満開になりました。

インパチェンスはホウセンカの仲間で、種があちらこちらにはじけて飛んで、
庭中のいたるところから生えてきて花を咲かせます。

    インパチェンスとバラ
バラやクレマチスの足元からも次々とインパチェンスが発芽して、花を咲かせました。


インパチェンスは日陰にも強く、花が少ない夏の庭に労せずして彩を加えてくれるので
とても重宝しています。

ところで日陰の植物といえば、シダ。

モミジ「桂」とシダ
こぼれ「ダネ」ではないけれど、こんなシダがモミジ「桂」の足元でぐんぐんと成長を始めました。

実はこのシダ、モミジの根締め用に購入したハツユキカヅラの苗に苔と一緒に紛れ込んで、
ミニ盆栽になっていたものです。

階段上のアルバメイディランドのアーチの下の半日陰で、あんなに小さかったシダが
ちょっとした和の風情を醸し出すまでに大きくなりました。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/21(火) 23:59:37|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミディ・コチョウラン ? セプタード・アイル

今日は、日差しはそこそこあったものも、29.8℃止まり。
梅雨明け以来、久々に30℃を割り込みました。

先日来、我が家のMダックス ココアの調子がまた悪くなり、今日から入院。
検査結果は明日出ますが、どうやら生のトウモロコシにかぶり付いて、皮か芯が腸に詰まってしまったらしく、検査結果によっては、また先月に続いて開腹手術の可能性があります。

ココアが1週間何を食べても戻してしまい痩せ細って可哀想なのと、立て続けのフトコロ直撃で少し気が滅入っています。


そんな状況なので、折角の3連休もあっという間に終わってしまいました。


午前中にココアを入院させて、気を取り直して、花ガラ摘みや病気の葉をむしったり簡単な庭仕事を済ませました。


テラスで物置き場と化しているガーデンテーブルを少し整理して、きれいに開花したミディ・コチョウランを写真撮影。

ミディ・コチョウラン
ミディ・コチョウラン・リンリン
先日(6/30)今年2度目の開花をお伝えしましたが、いよいよ満開になりました。
1月の開花の時には未熟で咲かずに残った蕾が、一旦春先に外に出して冷気に触れてまた膨らんだのでしょう。
時々水をやっていた以外ほとんど何もしていませんでしたが、今年の梅雨の天気がよほど故郷の気候に似ていたのでしょう。



さて、先日マメコガネに食べられてしまったセプタードアイルが次々と開花しています。

セプタードアイル
セプタード・アイル(ER)


別アングルから。

    セプタードアイル2

           セプタードアイル3

いつも透明感のある美しいピンク色には惚れ惚れします。


デュランディ
ちょうど2番花が次々開花中のデュランディの青ともいいコンビネーションです。



ちょうど同じような色の取り合わせが別の一角にも。

アズーロコンパクトとさくらさくら
ロベリア・アズーロコンパクト・マリンブルーとペチュニア・さくらさくら。



花は決して多くないものの、断続的に咲くバラと、若干の夏の花が、緑一色の庭に彩を与えてくれています。
暑さにめげず咲く花たちに感謝です。



夕方になって日が翳ってから、西洋芝のメンテナンス。

今日の芝庭 2009/7/20

やはり枯れは少しずつ広がっていますが、乾燥気味に管理できるため、ほぼ小康状態。
暑さで芝も休眠状態に入りつつあり、成長が鈍っているため、芝刈りは一部の長く伸びている部分を軽く手刈りするだけに止めました。

梅雨明け後、初めて殺菌剤を散布。
ロブラール(イブロジオン)を規定量、500倍の液肥+尿素0.5g/Lを混ぜて1L/?ジョウロ散布しました。


すっきりしない状況のまま3連休はあっという間に終わってしまいました。

今週、世の中は解散総選挙と皆既日食で賑やかになりそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/20(月) 23:54:06|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

庭の生き物たち

今日は時折日が差す程度でほぼ一日曇り空。
やや風が涼しく感じられましたが、横浜の最高気温は30.3℃。

暑さに慣れて感覚が狂ってきたようです。


庭ではいろんな虫が出没中。


マメコガネ
マメコガネ

バラの花を食い荒らす困ったヤツ。
今日はブドウ「巨峰」の葉っぱをかじっています。

例のごとくテデトールで退治。
このところ毎日3匹程度のペースで捕まえてますがイタチごっこのようです。


シオヤアブ
シオヤアブ

黒いサングラスを掛けたような精悍な顔立ち。
バラの花の上で、レンズが近づこうと動じる気配もありません。
あとで調べてみたら、虫を食べるハンターで、
コガネムシなどの甲虫が好物らしい。
大きなカミキリムシやトンボでも、背中に取り付き鋭い口を刺して体液を吸ってしまうとか。

なかなかコワモテとは思ったものの、ここまで強力とは!
頑張ってコガネムシをバンバンやっつけてもらいたいものです。



チュウレンジバチの幼虫
チュウレンジバチ

バラを育てている方にはご存知の虫。
バラの枝に産み付けられた卵が一斉に孵化して、
あっというまに枝ごと丸坊主にされてしまいます。

家庭園芸用のスプレー剤がよく効きますが、やはり孵化前に何とかしたいもの。
孵化前の開き始めた枝の裂け目にハサミの刃先を差し込んで軽くしごいてやると
簡単に全滅させられます。



さて、庭の生き物といえば、例の「ネズミ?」。

毒餌
仕掛けた殺鼠剤(毒餌)のうち、最初に食いついた1袋目(奥)はどうやら穴から頭を突っ込んですべて食べ尽くしたらしく、今度は2袋目(手前)にも穴が開きました。
じっくりと効く毒なので、果たして効果の程は?
ちなみに、毒餌を仕掛けてからは、穴掘りが止まっています。


虫たちとも共生できる庭は素晴らしいものですが、
仕事の片手間で維持していくにはある程度の薬剤は使っていかざるを得ません。
まして、ネズミとなると....


我が家は西洋芝とバラ、どちらも結構薬剤のお世話になっていますが、
これからもルールを守って安全に使いこなしていきたいと思っています。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  1. 2009/07/19(日) 23:59:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ピンクのバラ

日差しがないのに暑い一日。
最高気温30.1℃でしたが、それ以上に暑く感じられます。

水やりを済ませ、所々で出ている黒点病の葉をむしり取り、
初期症状が出ている株を重点にハンドスプレーで殺菌剤を散布。

散った花ガラを剪定して庭仕事は1時間ほどでおしまい。

これだけでドッと汗が噴き出てきます。


ちょうど、芝庭の周りにピンクのバラが3つ咲き揃いました。


セプタード・アイル
セプタード・アイル(ER)
思いのほか1番花剪定後の芽の立ち上がりが遅れ、ようやく2番花第1号が咲きました。
このバラは浅めのカップ咲きで、黄色いしべを見せるのが特徴。
一日でカップが開き切り、ややロゼット咲き傾向になりました。
花色は春より少し濃いようです。
この時期、花持ちはあまり期待できそうもありません。


   ピンクの切花不明品種
   このところ何度か登場のピンクの切花不明品種。
   花びらの内外でピンクの濃さが違い、咲き出しは外側の濃いピンクが目立ちますが、
   開ききると内側の薄いピンクがメインに変わります。

   傍らに咲くクレマチス・デュランディの青い花とのコラボもまずまず。


       ロイヤルボニカ
       花壇のロイヤルボニカ。
       この花は3番花。
       樹形は一般的なフロリバンダ(FL)ですが、
       修景バラに分類されているだけあって、丈夫で次々と開花してきます。



残念ながら、暑さで花をゆっくり楽しもうという気にはなれません。
夕方、日が翳ってからスキンガードで蚊対策のうえ、再び庭に出てみました。

ロイヤルボニカにマメコガネが!
ロイヤルボニカにマメコガネが潜り込んでいました。
すばやくテデトール、そしてフミツケールで「パリッ」と・・・・

そして、なんとセプタードアイルも夕方にはさっそくマメコガネの餌食に。


せっかくピンクで3役揃い踏みしたばかりなのに、
暑さで誰も見ていないのをいいことに、食べ放題。
困ったものです。



芝庭の様子 2009/7/18
芝庭は、夏本番を迎え、生育がほぼ停止。
夏季休眠に入ったようです。

相変わらず枯れが目立ちますが、過去5シーズンの中では
今のところ決して悪い方ではありません。
このまま、何とかこの状態程度で乗り切れれば、
9月には全面リセットではなく、追い蒔きと軽い目土入れだけで済ませられるかもしれません。


今日は西洋芝のメンテナンスは何もなし。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています



 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/18(土) 22:42:47|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

種まきの状況

今日は、梅雨明け以来はじめて天気が崩れ、朝から時折雨がぱらつきました。

ちょっと寝坊してしまい、今朝は水やりで精一杯。
久々に朝の写真はパス。

仕方がないので、遅くに帰宅してから、まだご紹介していない種まきの発芽状況をパチリ。

種まきの状況 2009/7/17

小型のジフィーセブンに植えています。
右側3つは昨日ご紹介したサンカクバアカシアの残りの3本。
2週間弱で順調に双葉が展開中。

そして左側2つはオダマキ。
手前の発芽しているのがルビーポート。
奥でまだ発芽していないのが斑入りのレプレコンゴールド。
どちらも6月上旬に蒔いてすでに約40日。
発芽適温は15?20度なので少し蒔いたのが遅かったかもしれません。

オダマキ・ルビーポート
オダマキ・ルビーポート


斑入りオダマキ レプレコンゴールド 

レプレコンゴールド
斑入りオダマキ レプレコンゴールド

もし、このまま発芽しなければ、秋に涼しくなってから再度トライです。



今日は帰りも遅くなって、石川遼クンの全英オープンゴルフを見ながらの入力。
寒い強風の中、後半大きく崩れてまさかの予選落ち。
タフな条件の中よく頑張ったけど残念でした。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/17(金) 23:59:51|
  2. 挿し木、芽接ぎ、種まき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

眩しい夏の日差し

梅雨が明けて、次第に暑くなってきました。
今日の横浜は33.3℃、東京都心は34.2℃まで上がりました。


この1週間雨が降っていないので、鉢だけでなく花壇や芝庭もカラカラになってきたため、久々に庭全体へも散水を済ませ、出掛けに慌しく庭を撮影。


今日の芝庭 2009/7/16
眩しい日差しが降り注ぎ、緑いっぱいのつるアイスバーグや大きく茂ったノイバラ、階段上のアルバメイディランドなどが芝の上に黒い影を落としています。


強い夏の日差しの下で、バラの開花は続きます。

コーヒーオベーション
高さ50cmほどのスタンダードに仕立てたミニバラ「コーヒーオベーション」。
実物はもう少し茶色掛かっていますが、なかなかデジカメではうまく色が再現できません。

スタンダードの足元では、こぼれダネのピンクのインパチェンスが満開になって、
どんどん株張りを広げています。



     切花再生の不明品種
     切花から再生したピンクのHT。
     あまりの眩しさで、微妙な花色のグラデーションや質感が再現できません。
     このバラは花びらの外(裏)側が濃いピンク、内(表)側がやや薄いピンクなんですが...



かなり遅れて梅雨入り頃に種まきしたカラーリーフ、

種まきした葉物の発芽
コリウスやバジル・ダークオパールが一気に発芽し、本葉を次々展開し始めました。
早めに子苗をポットに取り分けて、植え付けに備えなければいけません。

手前側では、先日手に入れたサンカクバアカシアの熟した「豆のさや」から採種したタネが2本発芽しました。
幼苗時は、ギンヨウアカシアやネムノキ状の複葉で、そのうち親のような三角形の葉に変わっていくらしいです。
発芽にはタネを熱湯につける必要があるとか諸説あるようですが、全部で5個のタネを何もせず取りまきしたところ、若干の時間差は出たものの、すべて1週間?10日ほどで発芽しました。



アカシア(ミモザ)は、大きくなるので入手を我慢していましたが、ひょんなことでタネを入手し、あっさりと発芽してしまいました。
このまま5本も育てていいものか悩ましいですが、いずれ間引くつもりでしばらく育ててみることにします。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/16(木) 23:59:30|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

穴掘りはネズミの仕業?

梅雨明け2日目。
今日も南風が強い、良く晴れた一日でした。

各地では35℃超えのところも多かったようですが、横浜は31.5℃。
33.6℃まで上がった東京都心も、乾いた強い風のおかげで、数字ほどは暑く感じませんでした。



さて、例の「穴掘り」ですが、いろいろな状況から判断すると、ネズミがどうも怪しいのでは、
とネズミ駆除の毒餌(殺鼠剤)を買って帰り、さっそく鉢の近くに仕掛けてみました。

仕掛けた毒餌

小麦粉に混ぜた毒餌が入っている真っ赤な袋を昨晩3袋セットしたのですが、2袋しか見当たりません。


かじられた毒餌

よく見てみると、鉢の裏側に袋が落ちて、明らかにかじられたと思われる痕跡が....

ピンク色に着色された中身の毒餌も食べられているように見えます。


通常、ネズミは警戒心が強く、直ぐには食べない場合も多いらしいです。
この毒餌はネズミに5日間ほど毎晩食べさせてじっくりと効くタイプで、巣穴に引きずって持ち帰らせて一族郎党まとめてやっつけることを狙っているとのこと。

かじられた様子から、やはりネズミの仕業の可能性が高そうですが、毎晩食べ続けてくれるか、もう数日様子を見たいと思います。



さて、少し気味の悪い話だったので、お口直しを。

黒蝶
こちらは「毒」とは違って美しい赤いバラ「黒蝶」。
樹高80cmほどのコンパクトな株に、花持ちの良い花が次々と開花中。
手許の写真を振り返ってみると、最初の開花は7月8日。
最初に開花した花がそろそろ終わり始めているので、ちょうど1週間の花持ちです。

この時期にこれだけバラの花が長持ちしてくれるとは、とても有難いものです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/15(水) 23:59:32|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

関東地方は梅雨明け

関東地方は、沖縄、奄美、九州南部から途中を飛ばして一気に梅雨明け。

こんなことってあるんですね。
西の方では35℃、猛暑日が続いているというのに、
こちらは昨日に続いてなんとかぎりぎり30℃超え。


昨日あたりから、東京都心では昼休みに公園でセミが鳴いているのを耳にしました。

そう、虫たちの季節です。

マメコガネ
アチャ?!何ていうことを!
マメコガネがパットオースチンをムシャムシャと....

香りのいいバラほど狙われやすいようです。
早期発見、テデトールで対処するしかありません。


今日の2番花開花情報!

ピンク不明品種
切花から再生したピンクの不明品種。
ここにもデュランディの蕾が割り込んできています。


    ラ・カンパネラ
    カーネーション咲きのラ・カンパネラ。
    このバラも花持ちがかなり良い方ですが、この時期どれくらい持つでしょうか?



バラ以外の庭の様子。

ミニトマト
ミニトマト
三●矢サイダーのおまけの種まきセットから3株をプランターで育てています。
一見大豊作ですが、株全体としては実のつき方はまばら。
明朝収穫の予定です。



     ペチュニア「さくらさくら」
     ペチュニア「さくらさくら」
     お隣との境界フェンスにハンギングで。

     ピエール・ド・ロンサールのアーチに吊るした2つのハンギング越しに眺めました。
     お隣の庭は芝の全面張替えに向けて整地作業中。
     そして2軒隣の庭は、日本芝が奇麗に刈り揃えられています。



梅雨が明けて、毎朝の水遣りは結構大変になります。
ひとつひとつの鉢にたっぷり水遣りすると、写真撮影と併せて30?40分。
結構ひと汗かくので、シャワーを浴びてからの出勤です。

ああ、忙しい!



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/14(火) 23:30:32|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今年最初の真夏日

ついに30℃突破、今年初の真夏日です。
ようやく夏本番が目の前までやって来ました。


パットオースチンとデュランディ
パットオースチン(ER)とクレマチス・デュランディが、この時期としては最高の状態で咲き揃いました。


寄せ植え
この週末に、以前からあった寄せ植え鉢に、種から育てたバジル・ブラックオパールの苗を移植しました。
先日、斑入りマートル(銀梅花)が咲いたのはこの鉢ですが、
ペチュニア・リトルホリデーを切り戻してまだ花が復活していないので、
ちょっと寂しい状態です。



ところで、この寄せ植えには、遠くからは目立たない植物が。

コロキア・コトネアステル
コロキア・コトネアステル
別名、ワイヤースターの名のとおり、針金細工のような不思議な植物。

特に花も咲かず、地味ですが、このまま大きくなってくれることを内心期待してます。
いずれは、単独植えの格好いい木になってくれないかな?



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています






テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/13(月) 23:59:12|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

梅雨明け間近 ?花は好調

今日も、この時期としては比較的過ごし易い一日。

横浜の最高気温は28.1℃と、お昼過ぎに晴れて気温が上がりましたが、
全体としては曇りがちで、庭仕事はそれほど苦になりませんでした。

久々に3日続けて雨が降らなかったので、バラの2番花も状態良好です。


テラス前のバラ
テラス前のバラ



     黒蝶1

             黒蝶2

         黒蝶(FL)
         花持ちがとてもよいバラです。
         この時期でもおそらく1週間は咲き続けてくれるでしょう。



パットオースチン
パットオースチン(ER)
こちらはとても足の速いバラ。
開花から2日目にはもう散り始めます。



      つるマジック・カルーセル
      つるマジック・カルーセル(マジック・キャローセル)
      直立性のミニのつるバラ。
      つるバラといっても、樹高1m程にしかなりません。
      このバラも花持ちがよく、この時期でも1週間程度は持ちます。
      ちなみに、このバラは以前、剪定枝を数本挿し木したら全部ついたので、
      庭中のあちこちで1年中花を咲かせています。


芝庭の様子2009/7/12
西洋芝は、少々情けない状態のまま安定しつつあります。
今週は、芝刈り、殺菌剤散布は見送りました。



       斑入りノブドウの寄せ植え
       例の斑入りノブドウの寄せ植えは旺盛に成長中。
       コリウスもモリモリ成長するので、随時摘心して高さを抑えています。

       背景のカレックス、ギボウシ、ラムズイヤーなども元気一杯。


ペチュニア・さくらさくら
ペチュニア・さくらさくらのハンギング。
背景はロベリア・アズーロコンパクト・マリンブルー。
ペチュニアはやはり雨が降らなければ好調です。



明日から気温も上がり、近く梅雨明けがあるかもしれないとの予報も。
雨が降らないと毎朝の水遣りは大変になりますが、
花を長く楽しめるのはやはり嬉しいものです。



ところで、昨日ご報告した謎の穴ですが、今朝も2つ、
それも深さ15cm程と、より深くなっていました。

謎の穴

15cmという深さと、奥へ行くほど次第に穴が細くなって一番奥の直径が3cmほどという穴の形状からして、どうも小鳥の仕業とは考えにくく、野ネズミか何かの仕業かもしれません。
原種チューリップの球根をよけて穴を掘っているので、ターゲットはミミズか何かでしょうか?
どの程度実害があるか分かりませんが、余り気持ちの良いものではなく、困ったものです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/12(日) 23:59:11|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

穴掘り?

今日は最高気温も26.8℃どまり。
日差しは朝のうちだけで、湿度も低めでカラッとして、絶好の庭仕事日和でした。


朝、鉢に水遣りをしていて、不思議なことに気づきました。

穴掘り?1
階段のテラコッタのひとつ。
こぼれダネのインパチェンスが咲いていますが、春には原種チューリップが咲き乱れた鉢で、以降は水遣りと草取りだけで放置してきたものです。


穴掘り?2
よく見ると、10cm以上の深い穴が開いています。
そして、掘り返された土は写真左上側に掻き出されて積み上がっています。


穴掘り?3
鉢の中心部も、原種チューリップの球根の周りが少し掘り返されているようです。



犯人はいったい誰?

これまでも、似たような穴を時々見かけましたが、これほど大規模に掘り返されていたのは初めてです。


コンクリートの階段の途中に置かれた鉢なので、モグラの仕業とは思えないし、虫にしては大きすぎます。


カラスが突っついたのでしょうか?
ネットで少し調べてみたところ、ムクドリやヒヨドリなどの小鳥が虫やミミズを求めて穴掘りすることがあるようですが、それにしても結構な大穴です。

この場所は室内からは死角になっているので、「犯行現場」を目撃することは難しそうです。

幸い、深刻な被害はなさそうですが、もしかすると一部のチューリップの球根は食べられてしまったかもしれません。
いったい誰の仕業なのか、どなたか心当たりはありませんか?



ところで、冒頭のとおり、今日は庭仕事をしていてもそれほど汗をかかずに済みました。
バラの花ガラ切りとともに、花がほぼ終わってしまったタチアオイをバッサリと処分しました。

タチアオイをバッサリ処分

2mほどの花茎が5本余り。
すべて株元近くから切り倒しました。
宿根化して株元からも芽が出ているので、また来年になれば勝手に育ってくれることでしょう。

ところで、ほぼ同じ場所にはカクテルのシュートが多数伸びていますが、こちらの方も黒点病で大部分の葉を落としてしまい枝だけになっているので、フェンスにぽっかりと空白が出来てしまいました。

ただ、ここにはいずれまたカクテルの枝が茂ってくれることでしょう。



もうひとつ、問題を発見。

    ノイバラの挿し木
 一昨日、昨日と吹き荒れた南風の影響か、先日のノイバラの挿し木の先端部に残した葉の部分が、コブシの木の葉から完全に露出してしまい、日光の直撃を受けて葉がすべて萎れてしまっています。

再度コブシの葉の奥に押し込みましたが、果たしてうまく根付いてくれるでしょうか?長く太い枝なので、枝そのものが簡単に枯れ込んでしまうことはなく、おそらく根が出るのを待たずに新しい芽を吹き出してくるものと思いますが、果たしてどうなることやら。



最後に、午後にちょっと近所にお出かけしたした際に、GCに立ち寄って、また買ってしまいました。

   今日のお買い物2009/7/11
 銅葉が美しいコルジリネ・レッドスターと、ガーデンミリオンマム・ロポス。

コルジリネはまだ30cmほどの小さい苗ですが、大きくなると1m近くになり、株元が次第に木の幹のようになってきます。

ロポスの方は、「2度摘心するだけで丸くこんもりと仕上がる」との触れ込みの菊苗で、半額の見切り品。

両方合わせて1000円でお釣りが来ました。


すでにあるものだけでも植える場所がなくて困っているのに、どうしたものか、また悩ましい状況が続きます。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/11(土) 23:59:59|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

クレマチス・デュランディの二番花

今日は傘マークの予報でしたが、結局外れました。
その代わり、朝から強い南風が吹き荒れ、階段のバラ鉢が一部倒れるなど、思わぬ影響もありました。


先日来、パットオースチン(ER)とともに蕾が膨らんでいたクレマチス・デュランディの2番花が開花しました。

クレマチス・デュランディ

濃い青色の花はバラにはない花色で、パットオースチンのオレンジ色とはほぼ「補色」の関係にもあって梅雨空によく映えます。


このところ、多くのバラは花持ちが2,3日しかありませんが、デュランディは別格に長持ちしてくれます。



黒蝶

バラの花も、これまた半端じゃないほど長持ちする黒蝶の2番花が咲き始めました。


梅雨明けも近づきつつある中、週末を迎えます。
もしかすると、梅雨明け前の最後の週末になるかもしれません。

比較的落ち着いた天気になりそうな予報なので、植え付けが遅れている苗もなるだけ片付けて、夏本番、梅雨明けに備えたいと思います。


今日はちょっと飲んで帰ったので、この辺でご勘弁を。
おやすみなさい。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています





テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/10(金) 23:59:44|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

美しい葉っぱたち

明け方少し雨が降ったものの、日中は雲間から日が差す天気。
今日一日やや強い南風が吹き込んで、夜になっても気温が下がりません。

このままだと、今年初めての熱帯夜になりそうです。


昨日に続いて緑の話題。
今年我が家に導入した羊歯(シダ)を中心に、特徴的で美しい葉っぱを幾つかご紹介します。

ニシキシダ
手前側のシルバー掛かった葉に軸が紫色なのはニシキシダ。
今春、小さな苗を購入し、現在少し大きめのポットで肥培管理中。

背景の細かな切れ込みのシダはリョウメン(両面)シダ。
プルモナリア・オパールの水玉葉や、花を咲かせたヒューケラ・パレスパープル、斑入りのアイビーなどともいいコンビネーションです。



    クジャクシダ
    クジャクシダ
    この春、楽天のみちのくふるさと便で手に入れました。
    他の植物と干渉して葉の並びが少し乱れてしまいました。



         イヌワラビ
         イヌワラビ
         バラ花壇に自生してきたものをポットに上げて肥培中。
         先ほどのニシキシダは、このイヌワラビの中から選抜したもの。
         この写真では分かりにくいですが、葉脈が少し紫がかっています。


ベニシダ
ベニシダ(2009/5/26)
この辺ではどこにでも生えているシダで、ご近所の道端に雑草のように群生していたものを持ち帰りました。
秋の紅葉のように若葉が紅く色づくことから英語名は Autumn fern。アメリカのネット販売では1株10ドル前後の値が付いています。


   ヤブソテツ
   ヤブソテツ(2009/5/26)
   これも近所の道端から持ち帰ったシダ。
   類似でもうすこし大型のオニヤブソテツは、公園の木陰の植栽としてよく使われています。
   因みに英語名は Holly Fern。直訳するとヒイラギ・シダ。
   確かに葉の形や光沢がヒイラギに似ています。



黄金風知草(フウチソウ)
こちらは、黄金葉の風知草。
季節の深まりとともに、黄金葉もやや緑色が強くなり、花穂も出始めました。



     サガエとフルディーン
     花が終わったギボウシ「サガエ」と、クレマチス「フルディーン」。
     フルディーンは、花が終わって強剪定したつるがまた伸びてきました。



今日も緑ばかりなので、最後に気分転換の一枚。

パットオースチンとデュランディ
昨日ご紹介したパットオースチン(ER)とクレマチス・デュランディ。
パットオースチンが開花して、デュランディの蕾も順調に膨らんでいます。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  1. 2009/07/09(木) 23:59:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

緑が主役の庭

朝から時折雨がパラつく梅雨らしい天気。
一日中25-26℃で蒸し暑く、夜になっても気温が下がりません。


階段のギボウシ

階段のギボウシ
サガエとリバティに咲いていた花は終わって、いよいよ緑づくしになってきました。

ギボウシのほか、風知草、銅葉のテマリシモツケ・ディアボロ、黄金シモツケ・レインボーなどなど、斑入り葉やカラーリーフが所狭しと並んでいます。


    緑がいっぱい
    少し引いて見ると、ほんとに緑でいっぱいです。



テラス前では、バラの2番花が休む間もなく咲き続けていますが、やはり圧倒的に緑が主体です。

トウガラシ・ブラックパール
トウガラシ・ブラックパール
ポツポツと咲く花以外、緑で単調になりがちな鉢バラの一角に渋いアクセントを添えています。



      パットオースチンとデュランディ
      パットオースチンとデュランディの蕾。
      花がまだ蕾だと、緑の葉っぱにも目が行くから不思議なものです。



あと1?2週間で梅雨明け。
生き生きした葉っぱたちにも厳しい日差しの季節がまもなくやってきます。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/08(水) 23:59:34|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

斑入りマートル(銀梅花)

今日は七夕。
多少雲がちではあったものの梅雨の晴れ間に恵まれました。

朝のうちは晴れているのに突然雨が降り出す、南の島にでも来たような天気でしたが、昼頃からはカラッとしたいい天気になりました。

東京都心は31.5℃まで上がり真夏日でしたが、横浜はやはり29.0℃どまりでした。


そんな朝、寄せ植えにしている斑入りマートルが開花しました。

斑入りマートル1

     斑入りマートル2

別名は銀梅花(ギンバイカ)。常緑低木で、肉料理の香り付けに使うハーブとしても扱われています。
斑入りのものは香りも少なめで花もあまり咲かないらしいですが、まだ樹高30cmほどながら、数輪だけ花を咲かせました。

和名のとおり、銀色の梅のような2cmほどの小花で、長いしべが特徴的。
撮影中にちょうど小さな蜂がやってきました。



さて、今日のバラの様子。

パットオースチン
パットオースチン(ER)
やや小振りながら、次々と2番花を咲かせています。
ただしこの時期、花持ちは2日程しかありません。



       品種不明(アプリコット覆輪)
       アプリコットにピンクの覆輪が入る切花から再生した不明品種。
       こちらも直径6cmほどしかなく、春に比べるとずいぶん小振りです。



   新雪
   テラスの上では、つるバラ「新雪」の2番花が常時少しずつ咲いています。
   こちらも、雨で少々傷みがあり、春のようなふっくらとしたボリュームは望むべきもありません。


明日以降、また梅雨空に戻りそうですが、沖縄、奄美諸島も梅雨明けして、徐々に梅雨前線も北上し始めました。
夏本番のカウントダウンは着実に近づいているようです。


人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/07(火) 23:59:59|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今週も雨でスタート

朝から昼過ぎまで雨。
今週も雨でスタートです。


今日の芝庭

今朝の庭の写真はこれだけ。

芝の傷みがそれなりに目立ちますが、この程度は仕方がないかな?、と最近は開き直りの境地です。
痛い目に遭って初めて人間は向上できるのだ...
日本の強み、ものづくりの原点は、日々のカイゼンにある...

昨日のテレビドラマの見過ぎかな?


与太話はこの辺にして、週末に撮り溜めた写真から。


シェードガーデン1
いつものシェードガーデン。
あまり変わり栄えしませんが、違いはギボウシ・ゴールドスタンダードとヒューケラ・パレスパープルに花が咲いて、プルモナリア・オパールの水玉模様の葉っぱが大きく育ったことくらいでしょうか。


    シェードガーデン2
    西側のシェードガーデンでは、金、銀、銅とグラスが元気です。

一番奥の黄金葉ミリウム・オーレウムは、夏になって緑色が濃くなってきました。

真ん中のシルバーリーフのフェスツカ・グラウカは、穂を出して種を着けたので先日収穫しました。今度種まきしてみます。

手前の銅葉、カレックス・フラゲリフェラはいい感じに茂ってきました。
いずれ、気の利いたテラコッタに植え替えてやらなければ。



バラに目を転じてみると...

  オールドブラッシュ・チャイナ
  オールドブラッシュ・チャイナがいい感じに房咲きになっています。


         カクテルとウィリアム・モリス
         フェンスの上では、カクテル、ウィリアムモリスとタチアオイが競演中。
         花茎やシュートが高く、長く伸びて、もつれるように絡み合っています。


バラ鉢の足元をはじめ、至るところにこぼれ種のインパチェンスが咲いています。

こぼれ種のインパチェンス1


    こぼれ種のインパチェンス2


        こぼれ種のインパチェンス3

日陰にも強く、花数が極端に減る我が家の夏の庭にとっては今や欠くことができない存在です。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  1. 2009/07/06(月) 23:34:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ノイバラの挿し木

今日は、時折日が差す程度の曇り空。
それほど暑くもなく、庭仕事には絶好の一日でした。

午前中に、花がらや枯れた葉の整理、雑草とりなど細々とした作業を済ませ、午後からは西洋芝の芝刈りとサッチ(刈りカス)取り、そして殺菌剤散布などを済ませました。

夕方近くになって、以前から考えていたことを行動に移しました。

茂るノイバラ
我が家のノイバラは、階段の足元のシェードガーデンから立ち上がり、南側に向かって約2.5mの高さの生垣にアーチ状に覆い被さるような形で誘引していますが、その頂上付近からは何本もの長いシュートが伸びています。
脚立に登って、そのうちの一番長い手前側の1本を切り落としました。


       切り落としたノイバラのシュート
       目測で長さ4m弱。根元の太さは直径2cmほど。


             ノイバラのシュートの長さ
             先端部分の1m弱を残して葉を落としました。
             上の階のバルコニーに立て掛けてみるとその長さが分かります。


これを挿し木にします。先端の細い部分は50cmほど切り戻しました。

長尺ノイバラの挿し木完了
切り口をカッターナイフできれいに切り直してから、水に漬け、さらに発根促進剤「ルートン」を少量まぶし、ロックウールで包みます。ロックウールは3cm角の小さなものを濡らして適宜ほぐしてから切り口部分にビニタイを軽く巻いて固定しました(これは麻ひもにしておけば後から取り除く手間が省けたのでちょっと反省です)。
これをそのまま赤玉土のポットに挿してたっぷり水をやっておしまいです。
長い挿し穂はコブシの木の枝の間に絡ませ、葉に覆われて日陰になるようにしました。


経験上、毎日水遣りを欠かさなければ、余程のことがない限り3週間ほどで発根します。ちょうど梅雨明けの頃です。
長尺の挿し木はこれまで失敗したことがなく、意外と簡単。ロックウールを使わなくてもかなり成功率は高いと思われます。


この長尺のノイバラには、秋に何かの品種をスタンダードで接ぐわけですが、まだ何を接ぐか、そしてどこで使うかは決まっていません。
品種も使える場所も限られていますが、秋までじっくり考えてみることにします。


       安曇野のウィーピングスタンダード
       因みにこれは、我が家の安曇野のウィーピングスタンダードの実例です(2009/5/19)。
       シェードガーデンの上で北向きなので花着きはあまり良くありません。



さて、今日は2週間ぶりに芝刈りしました。

今日の芝庭 2009/7/5

刈り高は22mm。先週、天気が悪く刈れなかったので2週間分です。
傷みが激しい部分はあまり刈れませんが、元気な部分は7-8cm伸びていました。


芝刈り後、軽くレーキで全面のサッチ(刈りカス)取りをしてから、殺菌剤散布です。

まず、試供品を手に入れた植物活性剤オリゴグルコサミン500倍を5L(0.25L/?)ジョウロ散布。
芝をはじめ植物へのストレス(病原菌など)に対する抵抗力を高める作用があるとの触れ込みです。

続いて、殺菌剤チオファネートメチルとホセチルを500倍液肥+尿素0.5g/Lとともに20L(1L/?)ジョウロ散布しました。

先週、毎晩降った雨の影響か全体的に枯れが広がっていますが、大きく枯れ込んだ箇所はほとんど広がっていません。
梅雨明けまであと2週間余り。
これを乗り切れば、次は暑さとの戦いになりますが、なんとかこれ以上悪化させずに梅雨を乗り切りたいものです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/05(日) 23:59:07|
  2. 挿し木、芽接ぎ、種まき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

久々の梅雨の晴れ間

数日振りに晴れ間も出て、久々の良い天気でした。
最高気温も26.8℃と、庭仕事には許容範囲。


庭の様子 2009/7/4
随分と緑が濃い庭になりました。



  ゴールドスタンダード、パトリオット
  ギボウシ・ゴールドスタンダード(右)と、パトリオット(左)。
  それぞれ花を咲かせ始めました。



      斑入りノブドウの寄せ植え
      斑入りノブドウの寄せ植えはたびたび登場しますが、雨にも強く生き生き。
      ノブドウとセキショウの斑入り葉が涼しげです。



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナの花はいつものように乱れがちですが、背景の緑の寄せ植えに鮮やかなピンク色が映えています。
寄せ植えは、五色ヒイラギ、カルーナ、エリカ、ニューサイラン・チョコレートクッキー。さらにその背景の銀葉はシロタエギク。



     クレマチス フルディーン
     花が終わって株元まで強剪定したクレマチス・フルディ?ン。
     元気なツルがたくさん伸びてきました。



          新雪のシュート
          新雪には2番花の蕾とともに、来春に向けての長いつるが伸びはじめました。




久々に乾いてくれた西洋芝は。先日のコアリングで空けた穴を、水はけが良い川砂で埋め戻しました。

コアリングの穴の埋め戻し2009/7/4
ジョウゴを使って、一つひとつの穴に砂を入れていきます。
砂は、
川砂2、芝の目土1、たい肥1、芝用粒状肥料少々
を混合したもの。

これで少しでも水はけがよくなって、根の張りが違ってくれればいいのですが...

そのうち日が暮れてきたので、芝刈りと殺菌剤散布は明日に持越しです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/04(土) 23:06:29|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

毎晩の雨

今日も日中は雨がやんで、夜には雨。

統計的にはどうか分かりませんが、感覚的には毎晩降っているような気がします。

お陰で毎朝の水遣りが要らないのは助かりますが、どうしても日々の健康状態の観察がおろそかになってしまいます。


黒点病発生
階段の上のバラ鉢は、このところの毎晩の雨で1週間近く水遣りの必要がありませんでしたが、今朝の見廻りで黒点病の発生が見られました。


朝の慌しい時間の中、症状の出ている葉を手当たり次第にむしり取って、近隣の株をすべて消毒しました。(ベニカXを散布。)



マメコガネ
そして、カクテルには今年初めてマメコガネを発見。
こいつは、バラの花を食い荒らし、バラの鉢に産卵して幼虫がバラの根を食べて株を瀕死状態にさせてしまうとんでもない害虫。
成虫に効く殺虫剤はほとんどなく、特効薬は「テデトール」しかありません。


テントウムシのさなぎ
我が家のバラのシンボルツリーともいえるつるアイスバーグには、虫たちの天敵、テントウムシのさなぎや、


    ハキリバチの被害
    ハキリバチの被害が少々目に付き始めました。


アシナガバチの巣発見
階段の上のバラには、アシナガバチの巣を発見しました。
アシナガバチは虫を食べてくれるのである意味益虫ですが、常に刺される危険性を伴うので気を付けないといけません。



ウィリアム・モリス
かすかな霧雨が降る中、昨日も撮影したER ウィリアム・モリスが見事に開花していました。



明日からの週末も、日中は雨は降らないようです。
改めてバラと西洋芝に殺菌剤を散布して、病気を予防することにします。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています





テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/03(金) 23:59:58|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

7月のバラ

7月に入っても、少しひんやりとした日が続きます。
湿度が高いので決して快適とは言えませんが、動き回らなければ汗をかくこともありません。

ぱらつく雨の中、バラの花も小ぶりながらしっとりと落ち着いた感じに見えます。


テラス前のバラ

傷んだ西洋芝も小康状態を保つ中、テラス前では、バラの2番花が代わる代わる咲いていきます。


ジュリア
ジュリア
昨日は庭に出られませんでしたが、案の定一日で開ききってしまいました。



   パットオースチン
   パットオースチン(ER)
   次々と2番花を咲かせますが、どの花もうつむき加減です。



         オールドブラッシュ・チャイナ
         オールドブラッシュ・チャイナ



カクテル
カクテル
バラ花壇のフェンスに絡めた株元から2m以上伸びたシュートは、先端に花がいっぱい。
雨と花の重みでシュートが弓状に大きくたわんでいます。



    ウィリアム・モリス
    ウィリアム・モリス
    決してまとまっては咲きませんが、少しずつ着実に2番花が咲き続けています。
    左奥の青い花は、フェンスに掛けたアズーロ・コンパクト・マリンブルーのハンギング。



       アメリカンブルー「ブルー・シエル」

  サンビタリア・スタービーニ
  ピエール・ド・ロンサールのアーチの下に吊るしたハンギングの寄せ植えでは、
  アメリカンブルー「ブルー・シエル」、 サンビタリア「スタービーニ」などの小さい花と、
  コリウス・ミッドナイトグリーンやヒペリカム・ゴールドフォームなどのカラーリーフが
  コラボを開始しました。 



向こう1週間も、ほぼ同じような梅雨空が続きそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
 
    

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/02(木) 23:54:18|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。