芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久々にまとめてお買い物

はや10月も今日でおしまい。
暖かい穏やかな一日でした。


庭の改造計画に向けて、いきつけのGCを物色。

日比谷公園ガーデニングショーのイングリッシュガーデンに感化されたこともあって、
ついつい色々なものが欲しくなってたくさん買ってしまいました。


お買い物一覧

上段後列左から、
サルビア・アズレア、サルビア・コスミックブルー(シロナエンシス)、銀葉アカシア・プルプレア

サルビアは花がほぼ終わって50%OFF。
アカシア・プルプレアはご覧のとおりまだチビ苗です。
1年後にはどれ位まで大きくなるのでしょうか?


上段前列
ホワイトセージ、ラベンダー・グロッソ、ローズマリー・マリンブルー

ホワイトセージはプレートもなく名無しでしたが、見た目だけでget。
ラベンダー、ローズマリーは地植え用に新たに買い増しです。


下段後列
斑入りカラミンサ、ルリタマアザミ、ルリマツリモドキ

斑入りカラミンサは、一目見てget。
ルリタマアザミは以前から欲しいと思っていました。
今春買ったエリンジューム(マツカサアザミ)は花穂が立ち上がらず来年へ持ち越し。
どちらも花の感じは似ていますが、今度はどうでしょう?
ルリマツリモドキも透き通った青い花に惹かれてgetです。


下段前列
ビオラ・エンジェルローズ・ピコティ、こんもりビオラ・イエロー&ベルベット、
ベロニカ・パーショワーズゴールド、ペンステモン・ハスカーレッド

こんもりビオラはいつもの定番。春には一株で直径40cm以上の大株になります。
ベロニカはすでに持っているオックスフォード・ブルーの黄金葉バージョン。
ペンステモンは銅色の葉脈に一目ぼれしてget。


ついつい買い過ぎてしまったかもしれません。
ビオラとアカシアを除いて、すべて拡張するバラ/宿根草花壇に地植えする予定です。
春からずっと待機中の苗も含めてうまく収まるでしょうか。



お昼前に買い物に出掛けて、昼食も食べて帰ったときにはもう2時過ぎ。

それから芝刈りを済ませ、芝の手入れをしているうちにあっという間に夕暮れです。

  レースラベンダー
  レースラベンダー


芝刈り後の写真を撮りそこなったので、暗くなってから。

夜の芝庭

日中とはちょっと違った雰囲気です。
芝刈りは22mm。先週の台風で追い蒔きした種が流された部分に再度種まき。
また一部藻が発生し掛かっている部分に軽く目土。

そして細粒状の有機固形肥料(2.5,2.5,1.5)を約1L撒いてから、
藻対策のダコニールと液肥500倍+尿素1g/Lを10Lジョウロ散布。


追い蒔きした芝の生育はおおむね順調そうなので、このままいけば、
紆余曲折はあったものの何とか11月中にはほぼ満足できる状態に生え揃ってくれそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/31(土) 23:59:06|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

猫のしっぽ

穏やかな秋の日が続きます。

相変わらず秋バラの開花は今ひとつで、まだ紅葉にも早いため
庭の変化が乏しい今日この頃です。


パープルファウンテングラス
そんなバラ鉢群の脇では、9月はじめ頃からパープルファウンテングラスが茶色い穂を次々と伸ばしています。
さながら猫のしっぽが並んだような雰囲気。

このグラスは耐寒性があまりないので、寒さで穂が出なくなったら、地上部を短めに切り詰め、
鉢を軒下のなるべく暖かい所に置いて土を凍らせないように注意し、
やや乾燥気味の状態で冬を越させてみようと思っています。


      新雪の蕾
      火曜日にもお伝えしたつるバラ「新雪」。
      テラスの天井の高さから大きく張り出した長い枝の先端では、
      蕾が日に日に膨らんできました。


  黒蝶(FL)
  
  そして、次々と代わる代わる咲き続けてくれる黒蝶(FL)。
  いささかワンパターンですが、何しろ他にほとんどバラが咲いていないので、
  またまたの登場です。


明日で10月も終わって、月が替わるとともにいよいよ寒気が入り始めるようです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/30(金) 23:59:26|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日比谷ガーデニングショー2009 その2

やや曇りがちながら、まずまずの天気。

来週、いよいよ11月入りとともに一気に寒気が入ってくるようですが、
今のところ、本格的な秋の訪れは足踏み中です。

 ギボウシの様子1
 階段のギボウシは、枯れた部分が目立ち始めましたが、まだ辛うじて緑を保っています。

     ギボウシの様子2
     シェードガーデンのギボウシ
     台風で大きく傷んでしまったリーガルスプレンダーは枯れが目立ちます。
     まだ青々と黒光りしているハルシオンとは好対照です。
     このハルシオンは、寒さに当たると一気に溶けるように枯れてしまうギボウシの中で
     もっとも秋の色づきが美しく、枯葉が原形をとどめて長持ちします。


ギボウシは晩秋には地上部が見事に完全消滅してしまいますが、
地中にはもう来年の芽が出来上がっているに違いありません。



さて、今日も日比谷公園ガーデニングショー2009の続編です。

昨日もご紹介した英国王立園芸協会日本支部(RHSJ)のブースから。

RHSJイングリッシュガーデン1


    RHSJイングリッシュガーデン2

昨日の芝生とカラーリーフのガーデンと3つ合わせて、
"Autumn English Garden at Hibiya Park"
と名付けられています。

昨日のが中央に位置した Autumn Panarama Garden
左側が今日の1枚目 Autumn White Garden
そして右側が2枚目の Autumn Coloured Garden

1枚目はアイスバーグをはじめ白バラが美しく咲き乱れています。
個人的には、白いテーブル&チェアはちょっと趣味じゃないんですが...

2枚目はオレンジや赤の秋らしい暖色系の花と
紅葉や銅葉系のリーフやグラスがうまくマッチしています。



 日比谷公園には2箇所バラ花壇があって、
 通り掛かりやお昼休みの人たちの目を楽しませてくれます。

  日比谷公園のバラ花壇



       噴水の周りには、ベランダガーデニングの作品が展示されていました。

        ベランダガーデニング都知事賞
        ベランダガーデニング部門 東京都知事賞(最優秀賞)

 どこがベランダ?という感じがしないでもないけれど...

  秋の気配
  ベランダにも小さい秋の気配が...
  


人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/29(木) 23:59:00|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

日比谷公園ガーデニングショー2009

今日も秋晴れのいい天気。

我が家の庭では、相変わらずバラはポツリ、ポツリとしか咲きません。

パット・オースチン
パット・オースチン(ER)
この秋最初の開花です。
ちょっと貧弱な枝に咲いたので花は少々小振りです。


    つるマジック・カルーセル
    つるマジック・カルーセル(Min. CL)



さて、昨日「さわり」だけお伝えした「日比谷ガーデニングショー2009」。
ガーデニングショーといっても、西武ドームの国際バラとガーデニングショウのような
大掛かりなイベントではなく、誰でも気軽に立ち寄れる無料イベントです。
事実、多くのご婦人方に混じって、昼休みの通り掛かりのサラリーマンも多数。

メインのイベントはガーデニングコンテストで、
  ガーデン部門
  ベランダガーデン部門
  コンテナガーデン部門
  ハンギングバスケット部門
の4部門。

今日はそのうち、ハンギングバスケットの作品とシンボルガーデンをご紹介します。

ハンギングバスケット1
芝生広場の両側に、ずらりと並んだ作品はざっと100点くらいでしょうか。


   ハンギングバスケット2
   これが東京都知事賞。最優秀作品のようです。

            ハンギングバスケット3

                      ハンギングバスケット4

   ハンギングバスケット5
   その他の受賞作品の数々。
   受賞作品に限らず、どれも素晴らしいものばかりでした。



そして、英国王立園芸協会日本支部(RHSJ)が出展したシンボルガーデンから。

 RHSJシンボルガーデン1
 3連のシンボルガーデンガーデンのブースの中央、見事なイングリッシュガーデンです。
 左右のブースもよかったのですが、このガーデンは芝とカラーリーフを中心に構成されていて
 花は少なめでしたが、一番気になったガーデンです。

       RHSJシンボルガーデン2

                RHSJシンボルガーデン3

銅葉やシルバーリーフ、そしてバラエティに富んだ葉っぱの色、形や質感。
これは、我が家の庭改造計画にも大いに参考になりそうです。


今日のところはここまでにして、明日以降、残りの部分もご紹介します。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/28(水) 23:59:42|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

秋晴れ復活

3日続きの冷たい雨が止み、気持ちの良い秋晴れが戻ってきました。

 3日ぶりの秋晴れ

高く伸びたつるばら「新雪」のつるは、花ガラを落とした先端部分から、
また新しい枝を伸ばし続けています。


          新雪の蕾
          横に倒したシュートからも枝がどんどん伸びて、
          やや垂れ下がりながら先端に蕾をつけました。


雨に濡れた黒蝶
昨夜までの雨の重みで黒蝶(FL)の花がうなだれてしまいました。



  今日の芝庭 2009/10/27
  寒かったせいか、3日続きの雨にもかかわらず芝へのダメージはほとんどありません。
  むしろ日曜日の殺菌剤と施肥が効いたのか、全体に緑が増したように感じます。


  庭の改造計画ですが、今のところバラと宿根草の地植えエリアを拡充して、
  階段を空けた分を賄い、さらに充実させようと構想中です。

  今のところの案では、
   A. 奥のアーチの足元部分(黄色いコリウス、ピンクのインパチェンスの
    鉢が置いてある付近)のバラ/宿根草花壇を手前側に1?2m広げる
   B. 手前右のつるアイスバーグを絡めているオベリスクの足元付近に
    半径50cmほどの宿根草花壇を新設する
   C. テラス前のバラ鉢エリアを一部芝庭側に広げ、テラス内も合わせてバラ鉢を再配置する
   D. (この写真には写っていませんが)アンジェラのドーム下の猫の額ほどの
    日陰の砂利敷きエリアにシェードガーデンを新設する
   E. 鉢置き場と化している踏み石を再配置する
  といったところでしょうか。

  植えつけるバラ、宿根草、低木の配置の検討はこれからです。
  雑誌やネットでよく目を肥やしてじっくり考えようと思っています。



さて、目を肥やすといえば、今日のお昼休みに、オフィス近くの日比谷公園で開催中の
「日比谷公園ガーデニングショー2009」
をちょっと覗いてきました。

日比谷公園ガーデニングショー1

ハンギングバスケットや寄せ植えコンテナ、庭園、ベランダガーデンなどの
カテゴリーの作品が展示されていて、無料で自由に観ることができます。

日比谷公園ガーデニングショー・ハンギングバスケット
ハンギング・バスケット作品の展示

         日比谷公園ガーデニングショー・寄せ植えコンテナ
         寄せ植えコンテナ作品の展示


20分ほどの短い時間でしたが、色々な作品を写真に収めてきました。
明日以降、いくつかご紹介します。


人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/27(火) 23:59:16|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

冷たい雨

朝から冷たい雨が降り続いています。
日中も15℃を割り込む初冬のような寒さでしたが、
南の海上の台風に吹き込む北風でさらに寒く感じました。


今日の芝庭 2009/10/26
雨の芝庭です。
結構まとまった雨になり、昨日の殺菌剤と液肥の効果が半減かもしれません。
写真ではよく芝が生え揃っているように見えるかもしれませんが、
例年に比べるとかなり出来が悪く、枯れやハゲだらけです。
今回の追い蒔きの成否がはっきりするは11月中下旬頃でしょう。
寒くなるまでになるべく成長させるために、これから肥料もしっかり施していく計画です。

手前のトウガラシ・パープルフラッシュはそろそろ終わりが近づいてきたようです。
近いうちに恒例のこんもりビオラに植え替える予定です。



テラスから眺めた生垣の様子です。

剪定後の生垣1

   剪定後の生垣2

何とも貧相な生垣ですが、マンションの共有財産だけに
勝手に切り倒したり植え替えたりする訳にもいきません。

所々つるバラを這わせている関係で、生垣の上面のラインが少し波打っています。

いずれにしても、この美観もへったくれもない生垣には幻滅を感じずにはいられません。
正面は公園で夜間には誰も人がいなくなるんだから、生垣を取り払ってしまったほうが
よっぽど良いように思うんですが....

どんな奇麗な庭も生垣や塀で囲んでしまうやり方は、日本の狭い住宅事情からはやむを得ないんでしょうかね?



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/26(月) 23:51:02|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

植え替え作業

朝から昼過ぎまで冷たい雨でした。

最低気温12.2℃、最高気温15.3℃。
どちらもこの秋では一番の冷え込みです。

天気が良ければどこかバラ園でもと思っていましたが、
中止してテラスでの植え替え作業に切り替えました。

しだれ咲きビオラ・フィオリーナ・イエロー
しだれ咲きビオラ・フィオリーナ・イエロー
お隣との境界のフェンスへのハンギング鉢に植え付けました。
去シーズンはホワイトでしたが、イエローに代えてみました。


   アズーロ・コンパクト・マリンブルー1
   このハンギングにはもともとロベリア・アズーロ・コンパクト・マリンブルーを植えていましたが、
   花が終わってかなりの部分が枯れてしまい、草姿も大きく乱れてしまいました。


      アズーロ・コンパクト・マリンブルー2
      短く切り詰めて3株に株分けし、冬越し用の苗を作ってみました。
      寒さはあまり強くないようですが、温暖な横浜の気候ならとダメもとで挑戦してみます。


銅葉キンギョソウ1
自家採種で種まきした銅葉キンギョソウ(タスカン・ブロンズ?)
ポットにびっしりと生え揃いました。

        銅葉キンギョソウ 2009/2/14
        親株(2009/2/14)の見事な銅葉に比べてかなり緑色です。
        やはり種からではなく、挿し芽で増やした方がよいのかもしれません。


銅葉キンギョソウ2
取り敢えず2?3芽ずつに分けてポット上げしてみました。
茎や葉裏は紫色をしています。この先変わっていくんでしょうか。


他に、ニゲラ、キンセンカなどもビニールポット上げを済ませました。


球根は大部分を花壇に地植えする予定ですが、庭の模様替えを計画しているため、
取り敢えずビニールポットに仮植えする予定でしたが、
夕暮れが近づいてきたため、来週以降に見送りました。



そして、本日最後の作業は、西洋芝の追い蒔き。

西洋芝追い蒔き完了2009/10/25
枯れや病気が出ている部分に、トールフェスク・ターヒール2を約7割、
ケンタッキーブルーグラス・ムーンライトSLTを約3割混合した種を蒔きました。

目土後に殺菌剤と液肥を散布。
ダコニール(TPN)
トップジンM(チオファネートメチル)
タチガレン(ヒドロキシイソキサゾール)
液肥500倍
尿素 1g/L

2日続きの雨でまた、藻が発生する兆しが若干現れていますが、
軽い目土とダコニールで対処します。

ただ、西洋芝も20度を下回るようになって、病気の発生は格段に減ってきたようです。
10月10日に追い蒔きした分もおおむね順調に発芽しています。

明日はまた雨のようですが、火曜日からは日差しが戻ります。
今度こそ、何とか完成にもって行きたいものです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/25(日) 22:57:04|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ゆっくりと秋色

午後から久々に雨が降り始めました。

午前中に無事、生垣の剪定が終わりましたが、
結局、庭の内側はノータッチで済みました。

一日中肌寒い天気でしたが、これから徐々に秋が深まっていくことになりそうです。

ノイバラ
午後から降り始めた雨空に、剪定が終わった生垣の上のノイバラのローズヒップが目立つようになりました。
まだノイバラの実は緑色のままで赤く染まっていませんが、
背後の公園の花桃が少しずつ紅葉し始めました。


        巨峰
        今年はまだ実が着かなかった「巨峰」も枯葉が目立ってきました。


   パープルファウンテングラス
   バラ鉢の脇でパープルファウンテングラスが秋を演出中です。
   あまり元気のないバラとは対照的に、いまだにインパチェンスの
   ピンクや白の花が幅を利かせています。



恒例の今日のバラ。

ウィリアム・モリス
一昨日もご紹介したウィリアム・モリス(ER)
降り始めた雨でますます花首が重たくなりそうです。


    黒蝶
    こちらは、多少の雨は苦にしない黒蝶(FL)。
    花が開き切ってからも、あと1週間近くは咲き続けてくれます。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/24(土) 23:18:20|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

庭の改造計画あれこれ

今日は多少雲が広がって、お昼休みに外に出たときには、少々肌寒く感じました。

庭の生垣選定作業は、管理会社を通じて業者に話がつながり、
明日、相談の上作業に入ってもらうことになりました。
これで少しは一安心です。


そうなると、関心は庭の改造計画へと移っていきます。

大きな課題は、階段に収まりきらなくなった鉢を芝庭の周囲に下ろすこと。
しかし、テラス前はバラ鉢ですでに満杯、フェンス脇のバラ・宿根草花壇も一杯ということですから、
どこか芝をつぶして植栽スペースを広げるしかありません。

その際の留意事項として、
・階段を含む避難経路を塞がないこと、
・数年以内に大規模修繕工事があるので、テラス近くへのバラや低木の地植えはなるべく避けること
などあって、おのずと選択肢は限られてきそうです。


そして、増やした植栽スペースのイメージは、やはりバラをメインにした
西洋芝と宿根草のボーダーガーデン。


今年の「国際バラとガーデニングショウ」を例にとると、参考イメージはこんな感じでしょうか。

国際バラとガーデニングショウ1
吉谷桂子さんの「輝く光のカラーガーデン」
ちょっと華やか過ぎる感じだけど、ボーダーガーデンの宿根草の使い方はとても参考になります。
少し、きたはりまさんの「フォーラルにイングリッシュガーデン」風かな?


    国際バラとガーデニングショウ2
    同じく吉谷桂子さんのガーデンより。
    ギボウシ・サガエ、ヒューケラ、ニューサイラン、ニシキシダなど、半日陰のお手本ですね。


国際バラとガーデニングショウ3
ケイ山田さん「Rose Garden with Vegetables 」
ここにもサガエが!


      国際バラとガーデニングショウ4
      上野砂由紀さん「季節色の庭」
      言わずと知れた「風のガーデン」、「上野ファーム」で有名な上野さんのミラーボーダー。



こんな上品なのはとても真似ができませんが、バラシーズン以外はやや花が控えめな
カラーリーフを中心としたガーデンを目指したいですね。



さて、現実に戻ります。

我が家のボーダーガーデン?
我が家のカラーリーフ・ガーデン?
なんだかゴチャゴチャし過ぎですね。

この花壇のどこかと、つるアイスバーグのオベリスクの足元あたりを少し拡張することを今検討中です。


まあ、色々な雑誌なども参考にしながら、焦らずじっくりと構想を練ることにいたしましょう。


最後に今日のバラ。

セプタードアイル
セプタードアイル
ようやくやや小ぶりの花が1輪咲きました。


     つるマジック・カルーセル
     つるマジック・カルーセル
     冬を除き一年中咲き続けるミニバラの半つる性への枝変わり。



さて、明日の庭の生垣剪定が終わったら、この週末は、西洋芝の追い蒔きを済ませて、どこか秋のバラ園あたりに出かけたいなと、あれこれ思案中です。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/23(金) 23:59:51|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

明日から生垣剪定

今日も爽やかな秋の一日でした。

こんないい天気が続くにつけ、西洋芝の種蒔きが少し早すぎたかなと悔やまれます。

今日の芝庭 2009/10/22
右側2/3は追蒔きした種がうっすらと発芽し始め、徐々に改善の兆しが見られますが、
びっしりと生え揃うにはあと1ヶ月は必要でしょう。

左側1/3は明日、明後日と生垣の剪定業者が立ち入るので追い蒔きは剪定作業終了後に延期しました。
日没間際以外はずっと日陰ということもあって病気の発生も多く、枯れている部分がやや目立ちます。


生垣の剪定業者が明日朝から2日間、専用庭に立ち入って作業を始めますが、剪定業者は管理会社を通じて発注しているため、事前に直接業者と相談する機会がありません。

このため、剪定業者あての注意書きメモを管理会社経由で託しました。
・生垣の内側はもう剪定を済ませたので作業不要
・草花や低木(バラ)を踏み潰したり傷つけたりしないように
・西洋芝は種まき養生中なので無闇には踏み付けないで欲しい
・出来れば在宅している土曜日に相談の上作業して欲しい
などの内容です。
うまく趣旨が伝わるといいのですが....


さて、今日のバラ。

オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ


      黒蝶
      黒蝶(FL)
      一昨日ご紹介した花がロゼット咲きになり、クリーム色の蘂を覗かせました。


           ウィリアム・モリス(ER)
           ウィリアム・モリス(ER)
           土曜日にご紹介した花(下)に代わって、新しい花(上)が咲きました。


それにしても今年の秋バラの生育は全体的にかなり悪く、残念ながら今後の開花もポツリ、ポツリと寂しいものになってしまいそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/22(木) 23:30:15|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

秋の斑入り葉

今日もいい天気が続きます。
昨日は気温も高かったので、その分朝の水やりが大変です。


今日はたくさんある斑入りの葉をいくつかピックアップします。

 ギボウシ3兄弟
片付けが済んだ階段の「ギボウシ3兄弟」。
上からサガエ、リバティ、フランシス・ウィリアムズ。

秋が深まるに連れて、さすがにくたびれてきました。
一部の葉柄が「へたり」始め、フランシス・ウィリアムズはダンゴムシ?による虫食いが目立ちます。


斑入りランタナ

    斑入りランタナ 2

    斑入りランタナ 
    先ほどのギボウシ「フランシス・ウィリアムズ」とよく似た色目の斑が入っている
    ということに初めて気付きました。

    花のカラフルさが売り物の普通のランタナに比べると、いささか地味な花色ですが、
    その分、視線が自然に斑入り葉の方に向かいます。
    蕾から開花に至る花の造形はまったく同じです。

1枚目に一緒に写っているのはスモクツリー・ロイヤルパープル。
まだまだ小さな株ですが、春の紫色から夏にかけてかなり濃緑に近い色に変化して、
赤い縁取りが入るようになりました。
11月には葉全体が真っ赤に紅葉し始めるはずです。
    

オダマキの発芽
オダマキの発芽のその後の様子。
斑入りオダマキ・レプレコンゴールド(左/中上)とオダマキ・ルビーポート(右)
レプレコンゴールドは双葉の段階では全体的に斑入りというより全面黄色い葉が目立ちます。
本葉が出始めると、だんだん緑の部分の比率が増してきます。


     

そういえば、今日のニュースで見かけた話題。

「夢かなう」青いバラ、11月から発売 サントリー開発 (朝日新聞10月21日)

サントリーが「不可能の代名詞」といわれる青いバラを遺伝子組み換え技術で開発に成功、
11月から切花を1本2?3千円で売り出すとのこと。

「不可能」を可能にしたサントリーの技術陣には敬意を表したいですが、
やはり通常の交配、つまり約10万本分のうちの1本と言われる偶然の妙で生まれる花のロマン、ストーリーにこそ魅力を感じます。

私個人としては、しっかりと安全を確認しながら開発している限り、
遺伝子組み換え自体に必要以上の拒否感は持っていないのですが、
遺伝子組み換えではロマン、ストーリーといっても、
「プロジェクトX」のように開発者の物語にはなっても、花自身の物語にはなりにくいような...

同じ遺伝子組み換えで開発するなら、ぜひとも病気や害虫に強いバラ、西洋芝をお願いしたいな、
と思うけど無理かな...?

いずれにせよ、改めてサントリー技術陣の世界初の快挙に拍手です。

でも、ちょっと高くて手が出ないよな?


人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/21(水) 23:59:56|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋バラの不調

今日の横浜は最高気温25.7℃、東京も27.1℃と夏日だったようですが、
お昼休みに外出しても、カラッとしてそれほど暑くは感じませんでした。


このところの気持ちの良い秋晴れ続きにもかかわらず、
我が家の秋バラは花つきがあまり良くなさそうです。

セプタード・アイルのブラインド
セプタード・アイル(ER)にブラインドが多発しています。
この枝は、ハキリバチにもやられていますが、完全に新芽が止まっています。
他にも、背丈は伸び続けるものの先端になかなか花芽がつかない枝も多発中。

この季節、コブシの木と南側の公園の高木の影響で庭の日当たりが余り良くないということもありますが、先日の台風前後の2週続きの長雨がかなり影響しているのでは、と思われます。


    アプリコット覆輪HTのブラインド
    アプリコット覆輪HT(品種名不詳)にもブライインド発生中。
    こちらには黒点病も少し出ていますが、それがブラインドの原因ということではなさそうです。


他にもいくつか花つきの悪いバラが見受けられます。


そんな中、やや花つきが良くないものの、お気に入りの黒バラ「黒蝶」は何とか途切れることなく開花しています。

黒蝶(FL)

品種による差が大きいようで、全体としては大きな影響が出なければいいのですが...


どうやら今年の秋バラは少し寂しいことになりそうです。 



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/20(火) 23:59:40|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夕日のバラ

秋の清々しい天気がしばらく続くようです。

昨日の片付け作業が終わって、夕日に照らされた階段付近のバラの様子を写真に収めました。

緑光
緑光(FL)


    マジック・カルーセル
    マジック・カルーセル(Min. CL)
    背景は安曇野のローズヒップが...


そして、安曇野。

  安曇野のローズヒップ
  階段脇の擁壁の上からウィーピングに仕立てた安曇野。
  ローズヒップがびっしりと、少しセピア色掛かった夕日に照らされて輝いていました。



澄んだ秋空を見上げると、

ニュードーンとスーパーエクセルサのローズヒップ
ニュードーンとスーパーエクセルサのローズヒップ

直径1.5cmほどの丸々としたニュードーンと、1cmほどの少し小ぶりな楕円状のスーパーエクセルサが絡まり合って、沈む間際の夕日に浮かび上がっていました。


秋分の日が過ぎてまだ1ヶ月足らずですが、どんどん日は短くなっていきます。

これからいよいよ秋バラの本格シーズンですが、
台風前後の長い天候不順が響いたのか、今年の秋バラはブラインドの枝や貧弱な蕾が多く、
少々不作気味かもしれません。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/19(月) 23:28:27|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

片付け完了

今日は天気予報どおり素晴らしい秋晴れでした。
最高気温も24.6℃まで上がりましたが、カラッとしてそれほど汗をかかずに済みました。


懸案の階段の片付け、ようやく終わりました。

階段の片付け完了1

       階段の片付け完了2

今日も、午前中は色々と忙しくて取り掛かったのは午後から。
3時間ほどで、広々とした階段が全貌を現しました。

日当たりのいい建物側に原則1列で並べて、
生垣側は通路の邪魔にならない範囲で少しだけ残しました。


クリスマスローズの苗とか、小さなポットやコンテナをどこに配置するか苦労しました。

  クリスマスローズの苗
 少し分かりづらいですが、階段脇の擁壁の上、ウィーピングに仕立てた安曇野のつるの裏側、
この写真では左上にクリスマスローズのビニールポットを並べました。
落葉樹(注:バラのことです!)の下で既に葉もかなり落ちて日当たりはまずまず。
クリスマスローズにとっては理想の場所の筈です。

また別の機会にご紹介しますが、このクリスマスローズは、こぼれ種から育った7株
この機会に少し大きなポットに鉢増ししました。
時間がないのに、ついつい楽しいことには時間を使ってしまいます。


ともかく何とか片付きました。
取り敢えず仮置きした鉢も多いので、この冬に庭のレイアウト変更を考えないといけませんが、
これは楽しみながらの作業なので、まったく苦にならないでしょう。


  芝庭の様子 2009/10/18

相変わらず気掛かりなのは芝庭の状態。
2週間ぶりに22mmで刈り込みました。
陽が低くなって日当たりが悪くなり成長があまり思わしくありませんが、
追い蒔きの発芽はそこそこ順調なようです。

今年はどうやら種まきが少し早すぎたのかもしれません。
ここ数日の最高気温20度強、最低気温15度前後なら
それほど病気に悩まされることはなかったのでは、と今更ながら悔やまれます。

今後の推移も見た上で、いずれ今年の反省と来年に向けての反省、分析を試みることにします。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/18(日) 21:44:24|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ウィリアム・モリス

今日は朝から曇り空。
夕方には雨もパラパラ。


昨日、少し開いたばかりのウィリアム・モリスがすっかり開花しました。

ウィリアム・モリス1
正面から

   ウィリアム・モリス2
   斜め上から

浅いカップ状に開くクウォーターロゼット咲きを一気に通り越してロゼット咲きまで開きました。


フェンスの高い位置にも。

 ウィリアム・モリス3
こちらはカップ状を保っているようです。



さて、階段の片付けですが、午後から取り掛かったのであまり捗りませんでした。

   階段の片付け2009/10/17

階段の上のつるバラの枝の整理を済ませてから、漸く鉢の片付けに着手。


ギボウシは、サガエなど「大物三兄弟」以外はシェードガーデンや
アンジェラのドームの裏側などに避難。
風知草もシェードガーデンへ。


枯れてしまって雑草だらけで元々何を植えていたかも分からないもの、
遊び心で種を蒔いてそのまま伸び放題の身元不明のバラなど、
思った以上にたくさんのビニールポット、プランターなどがひしめき合って、
土や雑草、根を処分しながら片付けているうちに
あっという間に薄暗くなってしまいました。


子供の頃から夏休みの宿題は最終日になるまでやらない(やれない)タイプ。
嫌なことは追い込まれないとなかなかやる気が起きません。

明日はいい天気になりそうなので、朝から頑張ればなんとかなるでしょう。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/17(土) 21:41:46|
  2. ウィリアム・モリス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ぶら下がり

雲ひとつない清々しい晴天でした。
朝の気温が15度を割り始めていよいよ秋本番です。


ウィリアム・モリス
ウィリアム・モリス(ER)
花首が少し長いこのバラは、いつもぶら下がったような格好で花を咲かせます。
これから開花が進むにつれて整ったクウォーターロゼット咲きへと変化していきます。



    レッドカスケード
    レッドカスケード
    ミニのつるバラで、夏頃に株元から何本か伸び始めたシュートは2?3mに伸びて、
    先端に花を咲かせたところで、長さ方向への成長が止まります。
    大きくS字状に仮誘引したシュートの先端にぶら下がるように真っ赤な花が開花し始めました。



さて、週末がやってきました。

  階段 2009/10/16

明日、あさってのうちに階段を片付けて通路を確保しないといけません。

冬に庭の模様替えをすることを念頭に置きながら、頑張ってみます。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  1. 2009/10/16(金) 23:18:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋バラのもうひとつの楽しみ

気持ちの良い秋晴れが戻りました。

秋バラのピークはもう少し先になりそうですが、
秋の深まりとともに、ローズヒップが赤く染まってきました。

安曇野のローズヒップ
安曇野


    ニュードーンのローズヒップ
    ニュードーン


           実生のミニのつるバラ
           実生のミニのつるバラ


庭の至る所でバラの実が熟してきました。

多くのバラは花ガラを切り落としてしまったり、自然に花ガラが花首から落ちてしまいいます。
しかし、ノイバラや一重のミニのつるバラは、一季咲きですがローズヒップがたくさん残り、秋にもう一度赤い実で楽しませてくれます。

一部の四季咲き性のつるバラも、花ガラを残しておけばローズヒップがつきますが、ローズヒップを残してしまうと、以後の花つきや新たなシュートの成長が悪くなるようです。

バラに限りませんが、植物にとっては、花を咲かせ子孫(種)を残すことが最大の目的といってもよく、
いったん実を結ぶと、本能的に次の花を咲かせるより、結実した実(種)に栄養を供給し充実させる方にその生命力の多くが割かれてしまいます。

一般的に、ノイバラなど野生種に近いほどローズヒップが残る傾向が高いようです。
逆に、人工的に育種されたバラは、勝手に花ガラが落ちて株の美観を損ねない性質ものが育種・選抜の結果として残っていく確率が高く、結果的にローズヒップがつきにくいものが多くなるようです。



その他の庭の様子です。

トレリスが折れた斑入りノブドウの鉢
台風の影響で、斑入りノブドウの鉢のトレリスが折れてしまいました。
斑入りノブドウの葉も、そのほとんどが散ってしまいました。


    芝庭の様子 2009/10/15
    西洋芝は、涼しくなり始めてから、病気も出にくくなり状態が安定してきたようです。
    右側の生垣よりの部分は、来週末に剪定業者が立ち入るので
    敢えて種の追い蒔きを控えていますが、完全に枯れたり禿げてしまった部分が
    だいぶ目立たなくなってきたような気がします。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/15(木) 23:59:48|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

紫御殿

夜の帰宅時に、突然の雷雨に遭いました。
今朝の天気予報を見て、折り畳み傘を持っていたので事なきを得ましたが...

これからの季節は一雨ごとに涼しくなっていく筈ですが、
全体的に高めの気温で推移しているようです。


紫御殿
紫御殿がピンクの花を咲かせました。

「紫御殿」

何とも大仰な名前です。
別名パープルハート、学名はトラディスカンティア・パリダ・プルプレア。
個性的な紫色の葉が存在感たっぷりのメキシコ原産のツユクサの仲間ですが、花は見るからにツユクサそのもの。
少々多肉系的な性質もあり、乾燥には強いようで、挿し芽も簡単。
ポッキリと折れ易い枝をただ挿しておくだけで簡単につくようです。
事実、購入早々折れてしまった数cmの枝をビニールポットに挿しておいたら簡単に活着しました

バラ花壇前面の宿根草の中でひと際存在感を発揮しています。
半耐寒性ながら、関東南部では露地でも比較的楽に越冬が可能なようです。



オールドブラッシュ・チャイナ
今日も新たにチャイナ系の原種バラ オールドブラッシュ・チャイナ(Sp)の花が咲きました。
次々と蕾も上がっています。


カクテル
カクテルも、伸びて暴れるシュートの先端にポツリ、ポツリと一重の赤い花を咲かせ続けています。
春と同じく、開花直後は花芯周辺が鮮やかな黄色。
「カクテル」の名前に決して負けていません。



この秋は気温が高めで推移しているせいか、バラの花が全体的に少し小振りのようです。


人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

  1. 2009/10/14(水) 23:59:45|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

連休明けの朝

あっという間に3連休が明けました。


剪定後の生垣
昨日、自分で剪定した生垣を通して、朝日が差し込んできます。
生垣の頂上部分(上面)の剪定がまだ不十分ですが、階段付近は足場も悪く、刈り込み鋏や高枝鋏が届きにくいため、そこは業者に期待したいと思っています。


芝庭の様子 2009/10/13
芝庭にも、生垣越しに少し陽が差し込むようになりました。
僅かながらでも直射日光が差し込むのは西洋芝の成長にとってはとても貴重です。
それにしても、芝の伸びに相当ムラがあり、元気な部分は伸び放題です。
昨日のうちに芝刈りをやっておくべきでした。


秋バラの開花はまだ始まったばかり。

ラ・カンパネラ
ラ・カンパネラ(HT)
台風の影響で花首が折れてしまいました。


   赤バラ不明品種
   切花から再生した品種名不詳の赤バラ。
   この秋2つ目が開花しました。まだ気温が高いせいか、花はやや小ぶりです。

       赤バラ不明品種2
       最初の花は開き切りましたが、花もち良好です。


オールドブラッシュ・チャイナ
原種バラのオールドブラッシュチャイナも開花しました。
この花らしく、すぐに開き切って花姿が乱れてしまいますが、
良い香りの花が年末近くまで次々と開花し続けます。


      ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ
      ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ(HT)
      開花が進むと、濃い目のピーチ・ピンクが強く出てきます。
      やはりこの花は開花直後のやや淡い色をベースに
      微妙なグラデーションが乗っているくらいの方が美しいようです。



蕾が次々と上がっていますが、秋バラの本格シーズンはまだ少し先になりそうです。


人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/13(火) 23:56:55|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3連休があっという間に

3連休があっという間に終わってしまいました。

来週末(23、24日)、業者が専用庭の生垣剪定に入るのに向けて階段周辺の片付けが必要になり、
あたふたしているうち、もうお終いです。


日も短くなって、余計に短く感じます。

慌しく庭仕事をしているうちに日が暮れてしまい、庭の写真を撮るタイミングを逸してしまいました。

南側の樹木
庭はもう暗くてストロボなしには何も撮れません。
唯一まともに撮れたのがこの一枚。

庭から南側を見上げると、コブシの木(左手前)と公園にそびえる大木(右奥)のシルエットが夕暮れの空に浮かび上がります。

10月以降、陽が低くなるとこれらの木々に日当たりが遮られてしまい、11月末に落葉するまでこの状態が続きます。
西洋芝の成長期だけに、生垣の日陰とともに頭の痛い状況が続きます。


今日は、もともと階段の鉢の整理を、と考えていましたが、結局、生垣の庭側の刈り込みを自分でやってしまうことにしました。
2m30cm程度の高さまでは刈り込み鋏で、それ以上は高枝鋏を使って刈り込んでしまいました。

シェードガーデンに踏み入られるのを避けたいのと、一部生垣に覆い被さる形でバラが絡んでいる部分のバラの枝を切られたくないのが理由です。

庭の内側の刈り込みを済ませ、庭の外側(公園側)も様子を見に行きましたが、
最初はバラのつるの周辺だけでも自分で、と思って刈っているうちに、
結局1時間半ほどで全部刈り終わってしまいました。

敷地境界のフェンスによじ登らないと届かない生垣の頂上部分は業者に仕上げてもらわないといけませんが、側面は、楽々手が届くので、芝庭の日当たり確保もあってどんどん刈り込んでいるうちに、雑な作業ながら殆ど終わってしまいました。


結局、階段の鉢の整理は今週末に持ち越しです。
全面的に庭を模様替えをしないと、とても本格的には整理できそうもないので、
今回は緊急避難にとどめて、冬の植え替えシーズンに一気にやってしまおうと思います。


芝庭も今日は落ち葉拾い以外何もなし。
生き残った芝の復活と、追い蒔きの発芽を待つしかありません。



さて最後に、撮り溜めた写真からの1枚。

サラシナショウマ
サラシナショウマがほぼ満開になりました。(2009/10/10)

高さは1m余り。一番長い花穂が30cm程度。
かなり日陰がちで、生垣越しの薄日と、夏過ぎから今頃にかけて西日が僅かに差す程度の環境ですが、思った以上にしっかりと育ってくれました。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/12(月) 22:59:39|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

階段上のつるバラの剪定

3連休も中日を迎えましたが、再来週の週末前までに
階段付近を片付けることになったため、庭仕事が忙しくなりました。

どこから手をつけるか悩ましいところでしたが、今日はつるバラの整理から。

まず、オベリスクから垂れ下がったつるアイスバーグのつるを、
脚立に昇って上方向にビニタイで固定しました。


そして、今日の大物は階段上を跨ぐアルバメイディランドとニュードーンの剪定。

階段の上のつるバラ 2009/10/5
2009/10/5
この写真では少し分かりにくいですが、右上に写っているのがアルバメイディランド。
空中に渡した針金に絡ませています。

因みに、写真中央はミニのつるバラ安曇野のウィーピング仕立て。
左下から上にかけてがアンジェラです。




階段上のつるバラ 2009/5/24
2009/5/24
今年の満開時です。

階段上の踊り場に置いたバラ鉢や、右側(生垣側)のスーパーエクセルサに囲まれて、
狭い通路しか確保できません。

剪定業者が2日間問題なく通れるようにするだけでなく、
緊急避難時の通路も確保しなければならないため、
思い切ってアーチ状の誘引はやめることにしました。


階段上のつるバラ剪定後
剪定が終わりました。

春にはとても見事なアーチだっただけに残念ですが、
マンションの専用庭なので色々な制約は仕方がありません。

剪定枝は短く切り刻んで、大きなゴミ袋一杯になりました。


ところで、アルバメイディランドのつるについて一言。

アルバメイディランドの剪定枝

アルバメイディランドは白い小輪房咲きが美しいつるバラで、
とても強健なのですが、唯一の、しかも大きな欠点がこれ。

3年目以降のつるに、一見ガン腫のような塊が節々に出来てしまいます。
根塊(こんかい)またはカルスといって病気ではなく根の塊なのですが、見るからにグロテスク。
横這い性のつるが地面に着くととても発根しやすい性質があり、
我が家のも勝手に株の数が増えるほど生命力旺盛なのですが、これが逆に災いしています。

根塊のついた古い枝は、この機会に極力落としてしまいさっぱりさせました。


誘引、剪定後の階段
随分とすスッキリしました。
右側のノイバラには手を付けていませんが、たくさんローズヒップが着いているし、
長く伸びたシュートは来年の開花枝になるので、今回の剪定、誘引はやめて、
周辺のの生垣の剪定は極力事前に自分で済ませてしまおうと思います。


残った難問は、階段に置かれた鉢の整理です。
両側にたくさんの鉢が並んでいますが、生垣側の鉢は全てどけて、
建物側の鉢も原則1列までに収めようと思います。

どこか別の場所に移動させるにしても、殆ど場所が空いていません。
極力、不要な鉢やプランターは片付けて、いくつかの株は処分せざるを得ません。
その上で、残りはどこかに緊急避難させて、
この冬に庭の大幅なレイアウト変更を考える以外に方法はなさそうです。


今日は、これだけで1日が終わってしまいました。

夕日の庭
ほんとに日が短くなって、4時過ぎには日が傾き、暮れ始めます。

当初、残った西洋芝の追い蒔きをと考えていましたが、
2週間後の発芽直後に剪定業者が立ち入って踏まれてしまうので、
残った生垣寄りの部分は生垣剪定が終わってからに延期することにしました。


人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/11(日) 23:59:40|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

前途多難

台風が通過して2日。

ようやく週末がやってきました。


強風で傾いてしまったオベリスクから階段にかけて、
事前に倒れそうな鉢は避難したので、階段上のダメージは最小限でしたが、

台風通過後の階段 2009/10/10
つるバラが暴れて酷いことになっています。

右側からはノイバラ、左側からはつるアイスバーグとアンジェらが風と雨の重みで大きく垂れ下がり、絡まりあっています。


悪いことに、再来週後半に業者が入って生垣の剪定をするとの通知がありました。

これまで、生垣は住人の責任で剪定、管理することになっていましたが、各戸によってきっちりしているところと伸び放題のところがあり、統一的な美観を損ねるとの理由から、今年から管理組合の負担で業者が年に一度すべての生垣を剪定することになり、業者が庭に入り込んで剪定作業をします。

我が家の場合は、自分でやっているのでもともとは不要なのですが、統一的な方針なので仕方がありません。


作業中は、専用庭の境界の開閉式フェンスを開放して、各戸の庭を業者が通ることにもなるため、階段付近はきれいに片付ける必要があります。

また、生垣の上に覆い被さるように誘引したつるバラやノイバラもそれなりに整理しておかないと、どうもマズそうです。

さらに、作業の際にシェードガーデンや芝を踏み荒らされると困りますが、まあ、彼らは庭作業のプロでしょうから、そんなに心配は要らないでしょう。


いずれにしても、これまで雑然と鉢やプランターを並べてきた階段の片付けと、伸び放題のつるバラの整理はちょっと骨が折れることになりそうです。

来週の土日までに何とかしないといけません。

ウ?ン、前途多難だな?



ところで、シェードガーデンのギボウシにも大きな被害が...

リーガルスプレンダーの被害
メインのシェードガーデンに並んでいる3つの大型ギボウシのうち、何故かリーガルスプレンダーだけが風で大きく損傷していました。
半分以上の葉が根元付近からポッキリと折れています。

隣の2つや、階段のサガエなど大型3兄弟はほとんど無傷なのにどうしたのでしょうか?
あと1ヶ月ほどで枯れてしまう時期なので大きな実害はないでしょうが...


今日もバラが新たに開花しました。

ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ
ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ(HT)

強い風雨に晒されたため、外側の花びらに少し傷みがありますが、名前のとおり優美なバラです。
もう少し涼しくなってから咲いたほうが、もっと大きく、色も濃い目でゴージャスな感じになるだろうと思います。



さて、2回続けての長雨と台風の影響で、西洋芝はかなりダメージを受けました。

特にケンタッキーグルーグラス・ムーンライトSLTのダメージが大きく、7割方やられてしまったようです。
おそらくピシウム病やブラウンパッチ病だと思いますが、場所によってはトールフェスク・ターヒール2だけを残してかなりの面積がごっそりと全滅しています。

今日は2時間ほどかけて芝庭の約半分に種を追い蒔きしました。
全くダメージがない部分もありますが、ほぼ全ての面積にわたって
やや薄めに満遍なく蒔き直しという感じです。
ムーンライトSLTとターヒール2の比率はおおよそ5:5。

種蒔き後、芝庭全面に殺菌剤ミクロブタニル(ラリー水和剤)、ホセチルを、液肥500倍+尿素0.5g/Lを20Lジョウロ散布しました。


種の残りが少なくなってきましたが、明日、庭の残りの部分に種まきします。
涼しくなってきたので、何とかこれでうまくいって欲しいものです。


人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/10(土) 23:26:03|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

台風が去って秋本番へ

台風が去りました。

昨日の午前中には晴れ上がりましたが、風はしばらく吹き荒れたようです。


傾いたオベリスク
つるアイスバーグを絡めたオベリスクが傾いてしまいました。
昨日の朝、出勤するまでは何ともなかったので、その後の風で傾いたようです。
長さ30cmほどの鉄杭3本で地面に固定していますが、杭が緩んでしまったのが原因のようです。

修復は1分足らずで完了しましたが、明日、改めて杭を打ち直します。


    シェードガーデンで倒れた鉢
    シェードガーデンでは、風知草とギボウシ・トーチライトの鉢が倒れていましたが、植物自体への影響は殆どありませんでした。


台風通過明けの芝庭
芝庭は、散乱した落ち葉を拾い集めました。
台風というより、4日続きの雨でかなりダメージが出ていますが、一気に涼しくなったこの機に、
傷んだ部分を中心に再度追加の種蒔きをしてみようと思っています。



台風が去って秋晴れが広がりましたが、いよいよ秋バラが徐々に開花し始めました。

   赤いHT
   切花から再生した赤いHT。
   春に比べ少し花が小さめですが、とても整った顔立ちです。
   2番花以降はさらに大きく、豪華なものに変わっていくだろうと思います。



        黒蝶
        もうひとつの赤バラ、というか寧ろ黒バラと言った方が適切な黒蝶(FL)。



ラ・カンパネラとレッド・カスケード
先日ご紹介したラ・カンパネラ(HT)の蕾がほころんできました。
後ろでは、つるのミニバラ レッド・カスケードの小さな赤い花が一斉に咲き始めています。



     ウィリアム・モリス
     ウィリアム・モリス(ER)
     お隣のピエール・ド・ロンサールとニュードーンが絡んだアーチに倒れ掛かるように、
     夏以来久々の花を咲かせました。
     このバラは、いつも優美に整ったフォーマル・ロゼット咲きの花を咲かせます。



台風が一気に日本列島の空気を入れ替えて、本格的な秋を連れて来ました。
バラの花はこれから11月中頃までが見頃。
今朝の時点ではまだ花もまばらですが、これから少しずつ、秋らしい華麗な花を順次咲かせてくれるでしょう。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/09(金) 23:59:12|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

台風通過

台風が通過しました。
愛知県に上陸し、本州を縦断して東北地方へ。

当初言われていた伊勢湾台風のような大被害にならなかったことは幸いでしたが、
各地とも、ガーデニングをされている方は色々と大変だったのではないでしょうか。


横浜は昨晩遅くに強い雨が降り、一旦止んだものの、台風が接近した朝方に2時間足らずの短時間ながら強い風と雨が吹き荒れました。

台風の朝1


     台風の朝2

吹き荒れる風に木々や草が大きく揺れて、激しい風が呻りをあげているのですが、
なかなか臨場感のある写真は難しいものです。


まだ詳しくは未確認ですが、我が家でこれまでに分かっているダメージは、
 ・つるアイスバーグのオベリスクが傾いた
 ・ベッコウマサキのテラコッタが転倒。多少土がこぼれた
 ・斑入りノブドウのトレリスが根元でポッキリ折れた
といった程度で、どれもそれほど大事には至りませんでした。


むしろ、大変なのは通勤のほうでした。

朝の強風がちょうど通勤時間帯に重なり、とても外を歩けるような状態ではありませんでしたが、
すぐに止んで、陽も差し始めたので少し遅れて家を出ました。

しかし首都圏の鉄道各線は大混乱で、横浜駅のJRは全線ストップし、駅は人でいっぱい。
結局、間引き運転ながら動いていた別の私鉄の振り替え輸送で、1時間半近く遅れて何とか辿り着きました。


そしてお昼前には嘘のように晴れ上がって、久々の台風一過の青空。

あさってからの3連休は、片付けからスタートになりそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  1. 2009/10/08(木) 23:59:21|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

台風上陸へ

台風18号は紀伊半島へ接近中です。
未明には紀伊半島か東海地方への上陸が濃厚。

明日午前中に関東地方に再接近し、暴風雨が吹き荒れそうです。


今晩、帰宅後、風に倒されそうな鉢を緊急避難させました。

台風で緊急避難

おそらく明け方頃から午前中に掛けて南?南西、つまり窓から見て正面方向からの強風が見込まれるため、テラスの一番奥まで避難させました。

階段上のバラ鉢など不安定な鉢は、何鉢かを束ねて針金で縛りつけて倒れないようにしました。


さて、台風の今後の進路によっては、明朝は電車が動くかどうかも怪しいですが、いずれにしても明日の朝は大変なことになりそうです。



今朝の芝庭 2009/10/7

今朝の芝庭の様子です。
3日続きの雨で、一部に藻が広がりつつあります。
日曜日に光合成防止のために撒いた目土が十分でなかった部分のようです。
藻が出ている部分では芝が弱り始めているようなので、慌てて目土を追加しました。

台風の通過後、雨は午前中には止んで、金曜日から3連休にかけてはいい天気になりそうなので、何とか持ち堪えて欲しいものです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/07(水) 23:43:49|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

嵐の前の静けさ ?シクラメン復活?

今日も2日続きの雨。

南から台風が近づきつつあります。
あさって8日には、四国から関東にかけての何処かを直撃することになりそうです。


今晩の芝庭 2009/10/6

一日中降り続いた雨は夜遅くに一時止んで、まさに嵐の前の静けさ。

最低気温16.4℃、最高気温18.3℃と朝からずっと肌寒い気温が幸いしてか、
今晩のところは西洋芝の状態に目立った悪化は見られません。


今後の台風の進路にもよりますが、明日の夜は鉢の緊急避難が避けられないかもしれません。



雨で庭に出られないので、ご紹介できる写真が限られてしまいますが、今日はこの1枚。

  シクラメン

何でもないシクラメンですが、3シーズン目の花が咲き始めました。
特別なことは特になにもしていませんが、春に徒長しはじめてからは、
テラスのガーデンテーブルに置きっ放しで、水を切らさないようにしていただけ。

しっかりと液肥を与えて日に当てればまたたくさん咲いてくれそうです。
プロの生産者のようにまとまった姿にするのは全然無理ですが、ちょっと頑張ってみましょうかね。
鉢替えか土替えが必要だと思うので、近いうちにネットで調べて再生に挑戦してみます。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/06(火) 23:59:52|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オダマキの発芽

天気予報どおり雨の一日になりました。
猛烈な台風がどうやら木曜日頃に直撃しそうな進路予想が出ています。

例年、台風で階段の鉢が倒されたり、落ちて割れたりすることがあるので、
一部を緊急避難したり、紐で縛って固定しないと大変なことになりそうです。


今日の芝庭 2009/10/5
西洋芝は、日曜日に芝刈りをして、枯れが目立つ部分に種を追い蒔きしました。
藻の対策もあって全体的に目土を入れたので少し茶色い部分が目立ちます。

これから涼しくなって病気が治まれば1ヶ月ほどで土の部分はほぼ埋まって
緑一色になるるんじゃないかと楽観視していますが、さあ、果たしてどうでしょう。



さて、種まきの続報ですが、植物の種類によって随分と発芽に掛かる日数が異なります。

今日は発芽まで約1ヶ月掛かるオダマキをご紹介します。

斑入りオダマキ・レプレコンゴールド
斑入りオダマキ・レプレコンゴールド

8月30日に蒔いた種がようやく次々と発芽し始めました。
このレプレコンゴールドは、春(6月始め頃)にも種まきに挑戦しましたが、
やや気温が高すぎたのか結局発芽しなかったので、再挑戦でした。

オダマキは好光性種子なので、土を被せません。
1ヶ月程で、硬くて光沢のある殻に割れ目ができ、さらに1週間ほどで根がゆっくりと伸び始め、
地中に潜っていきます。
確認できた範囲では、12粒中8-9粒は発芽しているようなので、発芽率はまずまず。

一番最初に発芽したものは、すでに小さな本葉が出始め、特徴的な黄金斑が確認できました。

      レプレコンゴールド1
      レプレコンゴールド 2009/3/30

レプレコンゴールド2
レプレコンゴールド 2009/4/11

今年の春の株は、開花後何故か枯れてしまい、宿根しませんでした。
斑入りの分だけ生命力が少し弱いのかもしれません。



さて、同じく8月30日に種蒔きしたオダマキ・ルビーポートもほぼ同じ発芽状況ですが、こちらは、6月初旬に蒔いたものが既に発芽して成長中です。

オダマキ・ルビーポート

発芽から約3ヶ月でこの程度なので、成長は遅々としています。
秋蒔きだと花は1年半後、春蒔きでも1年後に咲くかどうかは微妙なようですが、
果たして来年の春に花が咲くでしょうか?


     ルビーポート 2009/4/29
     オダマキ・ルビーポート

ただし、こちらは親株が健在で、こぼれダネが至る所で発芽、成長しています。
シックな色合いの美しい花が咲くので、殖えるのは大歓迎です。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/05(月) 23:54:59|
  2. 挿し木、芽接ぎ、種まき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

束の間の晴れ間に

今日はようやく晴れました。

また明日から金曜日まで雨の予報で、木曜から金曜日にかけて台風も接近しそうです。

傷んだ西洋芝も、久々に葉が乾いて、殺菌剤も何とか効いているため、小康状態のようです。
所によって10cm以上に伸びているものもあり、雨で倒れると病気を誘発しやすくなりそうなので、
思い切って芝刈り機を入れ、22mmで全面を刈りました。

芝庭の様子1 2009/10/4


      芝庭の様子2 2009/10/4

思い切って刈ってみると、確かに各所にダメージは出ているものの、全体としてみればまだ何とかなりそう。
やや沈み気味だった気分を切り替えて、明日からの雨を逆手にとって傷んだ部分を中心に種を追い蒔きをすることにしました。
また、種を蒔かなかった部分も含め、藻が出はじめている部分を全体的に薄く目土で覆い、光合成をさせないようにしました。

作業が終わった頃にはすっかり暗くなってしまいましたが、取り敢えずやるだけのことはやったという気分です。

明日から、金曜日の台風通過まで、やや気温は下がり気味のようなので、
何とかこれ以上悪化しないように祈るばかりです。


さて、その他の庭の様子から。

コリウス
シェードガーデンに差し込む夕日を浴びて輝く黄金葉のコリウス


バラもポツリ、ポツリと咲き始めています。

  コーヒーオベーション
  コーヒーオベーション


           ラ・カンパネラの蕾とレッド・カスケード
           ラ・カンパネラの蕾とレッド・カスケード


カクテルと伸びるつるバラ
無秩序につるバラが伸び、カクテルがポツリ、ポツリと咲いています。
左のアーチ側から、ピエール・ド・ロンサール、ウィリアム・モリス、カクテル、新雪。


秋バラのシーズンは、台風通過後の体育の日のあたりから徐々に始まりそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/04(日) 23:05:27|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

中秋の名月

今日は旧暦8月15日、十五夜です。
朝からジットッとした蒸し暑さで、昼前には時折雷とともに激しい雨が降りました。

昼頃には雨も止んで涼しさが戻ってきましたが、結局晴れ間が出たのは一瞬で、雲がなかなか晴れない一日でした。

しかし夜になって、時折、雲の切れ間から薄雲越しに中秋の名月を眺めることができました。

中秋の名月 2009/10/3


昨晩からの蒸し暑さは、西洋芝には最悪でした。
明け方まで23?24℃前後の高温が長時間続き、最高気温も午前8時55分の26.0℃。
雷が鳴ってからは涼しくなりましたが、夜間の高温多湿が大敵の西洋芝には
かなりダメージが広がりました。

今日の芝庭1

今日の芝庭2

踏み付けた箇所を中心に葉色がやや黄色くなり、おそらくピシウム菌による枯れも多発して、葉がべったりと融けたように地面に貼り付いてしまいます。

藻が発生した箇所は、土が黒ずみ、芝が弱りかかっています。

昨日の殺菌剤ダコニール(TPN)散布に続いて、ピシウム病対策のタチガレン液剤(ヒドロキシイソキサゾール)をジョウロで庭全面に散布しました。

その際、試供品で手に入れたオリゴグルコサミンも混合して散布してみました。
オリゴグルコサミンはカニガラなどの主成分であるキトサン由来の物質ですが、芝をはじめとした植物の生体防御反応を活性化するという触れ込みです。
果たして効くかどうかは気休めかもしれませんが、ともかく、このままもう1週間雨が続くようだと、相当酷いことになりそうなので藁にもすがる思いです。


今年は、例年に比べ芝の病気が頻発しているように感じます。

はっきりとした原因はわかりませんが、
?例年より種まきが早かったので、気温、湿度が高い
?土壌改良目的で種まき時の目土に堆肥を2割程度混合したのが病原菌繁殖の温床となった
?種まき時に予防的にしっかりと土壌殺菌をしておくべきだった(発病してからでは遅い)
などが考えられます。

今のところ?と?の複合要因ではないかと疑っていますが、いずれにせよ来年に向けての反省材料です。


さて、このような状況のため、なかなか庭に出るに出られず、庭仕事らしい庭仕事ができません。

結局夕方近くになってから、階段の上に雨の重みで折り重なって倒れてしまったつるバラのシュートの立て直し作業だけ済ませました。


雨の重みで折り重なるつるバラ

雨の重みで折り重なるつるバラ2
左側からアンジェラとつるアイスバーグが、
右側からはノイバラ(ロサ・ムルチフローラ)が雨の重みで折り重なって絡み合っています。

特に見苦しいアンジェラを中心に、垂直方向に建て直し、ビニタイで仮固定しました。


なかなか思うようにならない芝の不調と更に続きそうな雨模様の天気が影響して、
どうも庭仕事へのモチベーションが上がらず、気分もやや萎え気味です。

明日は一時的に天気が回復するようなので、何とか可能な部分の芝刈りをして
少しはスッキリさせたいたいと思います。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/03(土) 23:30:52|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

雨続き

今日は一日雨になりました。

最後に種まきした西洋芝が一段と成長して、だんだん周りとの境目がなくなってきました。

今日の芝庭1 2009/10/2


今日の芝庭2 2009/10/2


20℃を超える気温で湿った状態が長く続くと、芝に病気が頻発し始めます。

庭の至る所で土が黒ずみ始めているのを発見しました。
どうやら、また藻が発生し始めたようです。

このまま放置するとダメージが発生する恐れが高いため、
小雨が降る中慌てて藻の発生予防に効果がある
ダコニールを庭じゅうにジョウロで散布しました。


明日朝まで雨のようです。
午後からは晴れてくるようなので、改めて状況を観察して
殺菌剤散布などの対処を考えることににます。




オリンピックは残念ながら東京は落選してしまいました。
景気が悪い昨今だけに明るいニュースを期待していたのですが...
残念です。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/02(金) 23:59:52|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。