芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2年目へ

今日で、このブログを開設してからちょうど1年経ちました。


1年前、折角の庭仕事を日記代わりに記録に残そうと、何も分からず始めましたが、
こんな風に1年間、それもほぼ毎日続くとは夢にも思ってもいませんでした。

これも偏に、このブログを訪問してくださる皆さん、そして
暖かいコメントをいただける皆さんのお陰と心から感謝しています。


ブログタイトルのとおり、西洋芝とバラの庭仕事をメインに据え、
宿根草、ギボウシやクレマチス、そして季節の移り変わりをテーマに、
庭仕事を楽しむ目線から日々の庭の様子、出来事を思うままに綴ってきました。

少々欲張りすぎてついつい写真や記事が重たくなってしまい、
編集が深夜に及ぶことも少なくありませんが、自分が好きでやっていることなので、
これからも日中の仕事に支障を来たさない範囲で無理せず続けていきたいと思っています。

これからも引き続き、気軽にご訪問、コメントをよろしくお願いします。


さて、それでは、いくつかの写真でこの1年を振り返ってみることにします。


122822531049353b1e942ab.jpg
これが、記念すべき第1号の写真。1年半前の2008年5月の様子です。


122822528649353b060b55e.jpg
そして実質第1号の記事は12月2日。シーズン最初のつるアイスバーグの誘引が終わった、との内容。


これで今年の誘引は終了
年末(12/30)にはつるバラの誘引が完了。


バラ?ギボウシ鉢の入れ替え
2009/1/3
年が明けて、バラやギボウシの鉢替え作業が毎週続きます。


2009/1/10 今日の買い物
2009/1/10
このときから買い物のお披露目が始まります。


2009/1/24
2009/1/24
真冬ながら西洋芝は緑をキープ。


クリスマスローズ開花
2009/2/8
クリスマスローズが続々と開花。


シダのシェードガーデン(仮置き)
2009/2/16
ご近所から野生のシダを持ち帰り、シェードガーデンへ。


2009/2/28のお買い物1
2009/3/1
楽しいカラーリーフ集め。


ギボウシ「サガエ」
2009/4/2
ギボウシ・サガエの春の芽吹き。


桜山2
2009/4/5
近所の公園の桜。


シェードガーデン
2009/5/6
シェードガーデンが真っ盛り。


白万重
2009/5/17
クレマチス白万重とつるバラ新雪。


バラ満開の庭3
2009/5/17
バラが満開の庭。


階段の上のつるバラ2
2009/5/24
階段のつるバラが満開。



余りに多くの写真はとても一度で紹介し切れません。
明日もこの1年(後半)を振り返ります。




最後に記念すべきブログ1周年の日の今日の庭。

今日の芝庭2009/11/30
雨上がりの朝となりました。
これからは、毎朝の落ち葉が加速度的に増えてきます。


     ジュリア
    ジュリアは開花4日目。ハイシーズンからは想像もできない抜群の花もちの良さです。
       


これで11月もおしまい。
そして、いよいよ師走。
ブログ2年目のシーズンはバラの冬作業とともに始まります。

改めて、これからも引き続き宜しくお願いします。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/30(月) 23:59:32|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

植え付け完了

朝から曇って、やや寒い一日でした。

今日は午前中から夕方まで、お昼に一時外出した以外はずっと庭作業。
花壇の拡張作業は、植え付けが一応何とか終わりました。

花壇拡張完了1
テラス側から。
手前側は北向きなので、バラや庭木類が茂ると半日陰気味になります。
半島型の拡張部分の根元付近の大鉢には
 ギボウシ・リバティ。
そして
 メラレウカ・レボリューションゴールド、
 もみじ紅枝垂、
 ギンヨウアカシア・プルプレア
と金銀銅のカラーリーフの庭木3本を鉢植えで並べました。
さらにその先には、銅葉の庭木
 テマリシモツケ・ディアボロ
を地植えしました。

手前側には右から
 斑入り風知草
 黄金風知草
 スイセンW.P.ミルナー
 原種スイセン・バルボコジューム
 黄金シモツケ・レインボー
 ペンステモン・ハスカーレッド
 ガーデンシクラメン赤、白
 リシマキア・アトロパープレア・ボジョレー
 スティパ・エンジェルヘアー
 斑入りカラミンサ
 オレガノ・ノートンズゴールド

そして、ビニールポットが3つ仮置きしてある花壇先端部分には、
入荷待ちのバラ苗(ジュビリー・セレブレーション)を植える予定です。



花壇拡張完了2
さらに続けると、
 クローバー・ティントワイン
 カモミール
 斑入り宿根フロックス
 (品種不明の)黄金葉カレックス
 ホワイトセージ
 ニゲラ
 黄金メギ
 クリーピングリナリア・リップルストーン
 ルリマツリモドキ
 セリンセ・プライドオブジブラルタル
 キンセンカ・ブロンズビューティー
 ビオラ・ラブラドリカ
 ホルデューム
 ヒペリカム・ゴールドフォーム


花壇拡張完了3
そして、
 銅葉キンギョソウ(親株、実生株)
 エキナセア・アルバ
 ルリタマアザミ
 アネモネ・デカン
 (クリーピングリナリア・リップルストーン×2)
 朝霧草
 アガパンサス(青)
 ダイアンサス・ブラックベアー
 ローズマリー・マリンブルー
 ラベンダー・グロッソ
 キャットミント
 サルビア・コスミックブルー
 サルビア・アズレア
 ペニセタム・ウィローサム
 (スティパ・エンジェルヘアー)
このほか、アーチの裏側にクレマチス・プリンセスダイアナを移植しました。


   花壇拡張完了4
   以上、ひと通り植え終わった頃にはもう薄暗くなり始めていました。
   手前のバラ(ジュビリー・セレブレーション)を植える予定の場所には、
   植え切れなかったクロッカス3種(白、紫、紫絞り)のポットを仮置きしました。
   来週にでも、どこか空いている場所を探して植えつけます。

   植えつけた種類は全部でなんと50弱もありました。
   すこしずつ買い集めたり種で育てたものですが、こんなにあったとは。
   まだ、階段に待機中の苗もあるので、ちょっと多すぎました。


周辺部にグランドカバーをもう少し入れたいのと
元々の花壇との接続部分辺りはもう少し手を入れたいと思っていますが、
一旦、少し頭を冷やしてからにした方がよさそうです。

鉢植えにしたカラーリーフの低木がまだ幼苗なので、本来の姿になるのは再来年以降でしょうが、
とりあえず来春、ここがどんな雰囲気になるのかがとても楽しみです。



さて、今日の庭のスナップより。

  もみじ紅しだれ
  もみじ紅しだれ


         ジュリア
         ジュリア
         昨日より少し開きました。


ニュードーンのローズヒップ
ニュードーンのローズヒップ。
夕暮れの公園のハナモモが紅葉真っ盛りです。


      階段のギボウシ
      階段に残った2つのギボウシ、サガエとフランシス・ウィリアムズは
      すっかり枯れて黄葉もはや終盤です。


今週はいよいよ12月。
バラの花は終わりを迎え、いよいよ剪定、誘引の季節がやってきます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
 
  1. 2009/11/29(日) 23:59:00|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

植え付けスタート

今日も小春日和。
一段と暖かく、最高気温は17.7℃まで上がり、
日中はコートどころか上着も要らないくらいでした。


花壇拡張作業の日ですが、新たに欲しくなったものがあって、
午前から昼にかけてGC、HCへ出掛けました。


ついでに衝動買いしたものも含めて、またまた幾つかの新顔がやってきました。


まずはやや大物。

紅枝垂1

    紅枝垂2
    モミジ・紅枝垂(べにしだれ 別名:赤枝垂、手向山)

バラクラ横浜のナチュラルガーデンでもそうであったように、
一年を通して葉色が赤いしだれモミジは、案外洋風のガーデンでも銅葉のアクセントとしてよく映えます。
ケイ山田さんのチェルシー・フラワーショー2009入賞作品でも品種は違いますが赤葉の枝垂れモミジが使われています。
(来年4月下旬から横浜バラクラで再現予定)

先週HCで、樹高50cmほどで1000円余りの紅枝垂を見掛けて買おうか迷った末
結局買わなかったのですが、日比谷公園の紅葉や、バラクラでの
しだれモミジの多用ぶりを見て、やはり欲しくなってしまいました。


因みに、我が家には昨冬手に入れたミニ・モミジが2本。

  桂
  桂 

       笠置山
       笠置山

どちらのモミジとも紅葉もさることながら春の色づきが見事な品種です。
まだ30cmほどと小さいので、もう少し鉢植えのままで大きく育てる予定です。



そして、ついでに購入したのが、

ヘレボルス・フェチダス
クリスマスローズの原種ヘレボルス・フェチダス2品種と、
エキナセア・アルバ、銅葉のクローバー ティント・ワイン。

フェチダスはやはり横浜バラクラで見掛けて欲しくなりました。
開花や庭への地植えは早くとも1年後になるでしょう。
詳しくはまた後日改めて。


    さらに、見切り品として

    朝霧草とビオラ・ミルフル・ワインレッドフリル
    朝霧草を50円、
    ビオラ・ミルフル・ワインレッドフリルは100円でゲット。
    少々草姿が乱れていますが、大して問題なさそうです。



こんな買い物三昧で、庭仕事に取り掛かったときはもう2時近く。

植え付け作業(仮置き)
まず、ポットや鉢を仮置きして、おおよそのレイアウトを確認します。

手前側のぽっかり空いた空間には、イングリッシュローズの
ジュビリー・セレブレーションを植える予定ですが、まだ入荷待です。



   11/27の植え付け終了
   6割ほど植え終わったところで日が暮れてしまい、今日のところはここまで。
   左端の風知草を含め幾つかしっくり来ないものがあるので、明日改めて植え替えて手直しします。
   植え付けた植物名や詳しい配置は、植え付け完了後また別の機会に。
    


そして、恒例の今日のバラ。

 ジュリア
 ジュリアがきれいに咲きました。
 蕾の状態では外側の花弁はかなり赤みがかっていましたが、
 開いた花びらはいつものミルクティーのような色でした。


        クイーン・エリザベス
        クイーン・エリザベスも、このところの小春日和で2つ揃って満開になりました。


     ウィリアム・モリス
     フェンスに絡めたウィリアム・モリスもようやく1つ開花が始まりました。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/28(土) 23:59:30|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

我が家の秋色

このところ「お出かけ」レポートが続きましたが、今日は我が家の庭から。

ここ2,3日の小春日和で、我が家の庭の色づきは少し足踏み状態。

今朝の芝庭
それでも毎朝、コブシの木の大きな葉っぱが少しずつ枯れ落ちてきます。


   コブシの木
   コブシの木は全体的にはまだ緑が多く、やはり5℃を割り込むような寒さに当たらないと、
   落葉はさほど進まないようです。
   背後の公園の高木とともに早く散ってくれれば、庭への日当たりがかなり改善するのですが...


       黄金シモツケ・レインボーの紅葉
       昨冬に手に入れたばかりの黄金シモツケ・レインボーも、
       我が家の庭では数少ない紅葉を見せてくれる1本です。


   黄金葉キヅタの紅葉
   さらに、今春手に入れたばかりの黄金葉キヅタもようやく色づき始めました。
   この冬の植え付けで、輝くような黄金葉のつるを気持ちよく伸ばせるような
   植え場所、誘引の工夫を考えたいと思っています。




クイーン・エリザベス
昨日ご紹介したクイーンエリザベスは、2つ目の開花がゆっくりと進んでいます。


        ジュリア
        ジュリアも、残った2つの蕾のうちのひとつが少しずつ綻び始めました。
        春や初秋には見られない濃い花色です。



植え付け直前
さて、この週末はいよいよ拡張花壇への植え付け。
日曜日の天気は微妙なようですが、明日土曜日までは間違いなく小春日和が続きそう。

うまくいくかどうか分かりませんが、春の姿を想像しながら作業を楽しもうと思います。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/27(金) 23:59:55|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

紅葉前線

小春日和の一日でした。

日本気象協会の日直予報士によると、今日、東京は紅葉日、すなわちイロハカエデがすべて紅葉した日なんだそうです。
つまり、紅葉前線が東京まで南下して紅葉版の「満開宣言」みたいなものですね。


そんな訳で、昼休みに近くの日比谷公園に行ってみました。

日比谷公園の紅葉1
鶴の噴水がある雲形池の周りのもみじやイチョウが紅葉真っ盛りでした。


     日比谷公園の紅葉2

              日比谷公園の紅葉3

 日比谷公園の紅葉5

          日比谷公園の紅葉4



中国・辛亥革命の志士、孫文が日本亡命中にしばしば訪れたという老舗レストランで、
10円カレーのチャリティーでも有名な松本楼の脇のイチョウの大木も黄葉真っ盛り。

日比谷公園の紅葉7

                      日比谷公園の紅葉6

  

先日、日比谷公園ガーデニングショーが開催された芝生広場の周りのケヤキも様々な色に。

日比谷公園の紅葉8

        日比谷公園の紅葉9

昼休みに駆け足でのスナップでしたが、降り積もった枯葉に秋の深まりを感じます。




さて、日比谷公園はこの辺にして、今朝の庭。

階段のギボウシの黄葉
階段のギボウシ、「サガエ」、「リバティ」、「フランシス・ウィリアムズ」が
すっかり黄葉しました。



    クイーン・エリザベス
    階段の上では、クイーン・エリザベスが2つ目(左上)も開花しました。


         ウィリアム・モリス
         ウィリアム・モリス(ER)もいよいよ開花目前です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/26(木) 23:59:50|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ナチュラルガーデン

今朝は雨で始まりました。

雨の朝

しかし、この雨も早々に上がって、お昼前にはあっという間に雲ひとつない青空が広がりました。

このところ、猫の目でめまぐるしく晴雨、寒暖が入れ替わる天気が続きましたが、土曜日までは小春日和が続くことになるようです。



さて、横浜バラクライングリッシュガーデンのレポート第3弾。

昨日ご紹介した4つのガーデンとともに、横浜バラクラの敷地の半分程度を占める
「ナチュラルガーデン」をご紹介します。

ナチュラルガーデン1

パンフレットによれば、
「一年草・宿根草・球根等で構成されたボーダーガーデンなど木々に囲まれた800坪の芝生エリア。英国園芸の様々なアスペクトが楽しめるガーデンです。フラワーショーやコンサート会場などイベント会場にもなります。」
とのこと。


    ナチュラルガーデン2
    楕円形の芝生広場の真ん中にはシンボルツリーが。
    葉がすべて落ちてしまった木に掛けられたプレートには

    Symbol tree
    Robinia pseudoacacia 'Frisia' 
    黄金アカシア

    とあります。
    明るいライム色の黄金葉が美しい、ニセアカシア・フリーシアですね。


        ナチュラルガーデン3
        芝生広場の周りには、このような土が剥き出しのエリアがあちこちに。
        地面をよく見ると、芝の種が蒔かれていたり、あちこちに球根を植えたと
        思しき形跡が見られます。
        また、数多くの落葉樹が植えられていて、
        この枝が赤い木はモミジ「珊瑚閣」でしょうか。


ナチュラルガーデン4
この南西側の一角は木立が迫るシェードガーデンの雰囲気。
クリスマスローズの原種フェチダスやプルモナリアなどとともに、
ここにも枝垂れもみじと思われる落葉樹が。


    ナチュラルガーデン5
     アジサイ・アナベルの枯れた花と白いガーデンシクラメン、そして奥にはフェチダス。
     シクラメンが囲む木も枝垂れもみじでしょうか?
     モミジはガーデニングの本場英国でもカラーリーフとしてとても人気のようです。


ナチュラルガーデン6
この一角は、オールドローズとともに、ジギタリス、ヒューケラなどが。


    ナチュラルガーデン7
    この一角は「ウィンターガーデン」と名付けられて、赤い枝のサンゴミズキや、
    奥にはたくさんのクリスマスローズが植えられています。 


       ナチュラルガーデン9
       Scree(山の斜面の岩場)ガーデン。
       コニファーやカルーナがたくさん植えられています。



  そして、まだ幕に覆われた一角が。

  チェルシーフラワーショーの庭
  ケイ山田さんが2009英国チェルシーフラワーショーに出展した
  "Echoes of Japan in an English Garden"
  を再現中で、4月24日オープンだそうです。



これで全部のガーデンを一周。

ツリーブティック

     ツリーブティック2
最後にガーデンを出ると、苗を販売するツリーブティックとローズブティックがお出迎え。
「日本初のツリーブティック」と銘打っているだけあって、珍しい庭木苗も多く、物欲がそそられます。


宿根草も色々と豊富で、ひとつ手ごろな値段の掘り出し物を見つけました。

斑入り銅葉キンギョソウ
斑入り銅葉キンギョソウ

すでに持っている銅葉キンギョソウに、さらに斑入りのおまけつき。
値が張るセレブな苗が多い中で、意外に庶民的な315円ナリ。


早くも陽が傾きかける中、ささやかな掘り出し物を手に、
また近いうちに覗きに来ようと家路に就きました。



我が家から車で10分のロケーション、
バラクラ会員として1年間入場し放題、

という特権を活かして
今後もこのガーデンの成長を見守りながら、我が家の庭へのヒントを見つけていきたいものです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/25(水) 23:59:45|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

4つのガーデン(+1)

暖かかったり寒かったり。
今日は日曜日ほどではないものの、少し肌寒い一日。
夜になって雨が降りだしました。


さて、昨日に続いて横浜バラクライングリッシュガーデン。

ローズトンネルを挟んで4つのガーデンと、広々とした芝生エリアを取り囲んだナチュラルガーデンで構成されています。


今日は4つのガーデンをご紹介。

ローズガーデン1
まず、ローズガーデン。
ご覧のとおり殆どバラは咲いていません。

素っ裸のいわゆる大苗状態ではなくて一応葉っぱはそこそこ付いてはいるものの、
やっぱり開花シーズンはもうほぼ終わっています。

     ローズガーデン2
     ごく僅かながら開花していました。
     ご覧になって分かるように、どれも大苗にちょっと小さな枝がついている程度の株ばかり。
     株元には、イギリス直輸入とおぼしきテープ状の品種名タグが付いたままです。
     いくつか見たところ、ほとんどがオールドローズのようでした。

今の写真からは直ちに想像しにくいかもしれませんが、
春にはバラが咲き乱れ、くねくねと曲がった道が人で一杯になるのは間違いないでしょう。


ローズトンネルのつるバラ、クレマチス
ローズトンネルはまだ鉄骨剥き出しですが、足元には多数のつるバラやクレマチスが植えられています。
来春の花は、今あるつるに沿ってしか咲かないので、せいぜい高さ1?2mどまりまで。
成長が早いものは来夏?秋にトンネル頂上までつるが伸びて、再来年春(1年半後)にようやくバラのトンネルらしい姿になり、そして2年半後にはぎっしりとバラの花で埋め尽くされることになるでしょう。



続いて、ホワイトガーデン。

  ホワイトガーデン
  シルバーリーフや斑入り葉、白い花で統一されています。
  今の時期は、白いパンジー、ビオラや、アリッサムなどの1年草も多用されていましたが、
  時間の経過とともにおそらく宿根草中心に切り替えて行くんだろうと思います。



そして、ハーブ&ベジタブルガーデン。

ハーブ&ベジタブルガーデン1

          ハーブ&ベジタブルガーデン2

今、世界的に流行りの「ポタジェ」(フランス語で家庭菜園)ですね。
ハーブや野菜だけでなく、オベリスクやトレリスにはクレマチスやつるバラも植えられていました。
オバマ大統領のミシェル夫人も、ホワイトハウスの庭にポタジェを作って、
子供たちと収穫しているとか。
これぞ最高にセレブなガーデンライフなんでしょうね。



最後に4つ目、テラコッタガーデン。

テラコッタガーデン1

       テラコッタガーデン2
とても立派そうなテラコッタが並んでいます。


  ガーデンセンター・ショップのテラコッタ
  因みに、ガーデンセンター内のショップにはWhichford Potteryの
  高級なテラコッタがたくさん並んでいました。
  値札を見たら、「一桁」違うんじゃないの?、というようなウン万円のものばかり。
  家では残念ながらとても怖くて使えません(という前に手が出ませんが...)。



今日のご紹介はここまで。
残りは明日以降に譲ります。


そして、(+1)ガーデンのご紹介。

今日の我が家の庭
かなり見劣りするかもしれませんが、成熟度と芝の緑だけは負けていません。
西洋芝とは対照的に、だんだん枯れ色が目立ってきました。


      ジュリア
      ジュリアは、春からは想像できないほどゆっくりと開花中。


  ジュリアとセプタードアイルの蕾
  続いて、もう一つのジュリア(左)とセプタードアイル(右)の蕾が膨らんできました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/24(火) 23:59:08|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

横浜バラクラ・イングリッシュガーデン

一転暖かい一日になりました。

花壇の拡張作業は昨日で一段落。
土が落ち着くのを待って、植え付けは来週に持越しです。


時間ができたので、金曜日にプレオープンした
横浜バラクラ・イングリッシュガーデン
へ行ってきました。

実は、蓼科のバラクラにはまだ行ったことがなくて、ずっと行きたいと思っていましたが、
バラクラの方から横浜にやって来てくれました。

バラクラといえば、ご存知ケイ山田さんプロデュースのガーデン。
国際バラとガーデニングショーではいつも美しいガーデンを出展しています。

我が家から車で約10分。
電車では横浜駅からひと駅+徒歩5分のけっこう便利なロケーションです。

横浜バラクラ1
見事なケヤキの大木やコニファーが風格たっぷりのエントランス。
カーナビの地図では企業のグラウンドになっていましたが、こんな大きな木を一体どうやって?


     横浜バラクラ2
     メインエントランスの正面は大きな住宅展示場です。
     展示場からバラクラへ、バラクラから展示場へ流れる人もいるのでしょうか?


さて、入場料は500円。
1500円でバラクラ会員になると1年間蓼科、横浜いずれも入り放題。
迷わず会員登録しました。


横浜バラクラのホームページにもあるように、まだ出来たばかりで、植え付けも直前に完了したばかり。

本当の見ごろは来年の春、本格オープン後で、今は正直言ってガーデニング愛好家以外の方が見ると、花はおろか葉っぱもほとんどなく、何これ?っていう感じかもしれません。

春の姿を想像しながら写真もたくさん撮ってきましたが、写真だけではなかなか伝わらないし、
何より春の球根などは「土だけ」ですから...

そうは言うものの、この庭が春に果たしてどう変わっていくのか、とても興味深く見てきました。

   横浜バラクラ3


        横浜バラクラ4


日を改めて、バラクラの様子をもう少し詳しくお伝えすることにします。

次回は、つるバラがまだ成長していないローズトンネルの両脇の4つのガーデンを巡ります。

横浜バラクラ5
まずは、ローズガーデンから。

お楽しみに。



さて、今日の庭。

今日の芝庭 2009/11/23
陽が低くなって、生垣の陰がほぼ芝庭の前面を覆います。
ほぼこの状態が1月頃まで続き、生垣を通り抜けてくる陽光は、芝にとってとても貴重です。


       新雪1
       新雪はきれいに満開状態を維持しています。


   新雪2
   花が少なくなった庭に、空から舞い降りたように咲く新雪。
   バックの花壇ではチェリーセージが咲き続けています。


ウィリアム・モリス
そのチェリーセージのすぐ上のフェンスでは、ウィリアム・モリス(ER)が開花目前。


      白万重
      同じフェンスの一角では、クレマチス白万重が開花しました。
      春以来、完全にお休み状態でしたが、10月頃からつるが伸び始め、
      11月に入って蕾が出来ていました。
      春と同じように、つるに沿って蕾が10個近く出来ていますが、
      果たしてどこまで開花できるでしょう。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/23(月) 23:59:37|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

拡張花壇の土作り

このところ短いサイクルでとても寒い日がやってきます。
最低気温は朝10時過ぎの7.6℃。日中も一桁気温のままでした。

朝夕に小雨がパラついたものの、日中は真冬のように寒い曇り空。

午前中に土作りのための腐葉土などを買いに出かけました。


目的は決まっていたはずでしたが、ついついHC、GCを2軒「はしご」して
ちょっとついでのお買い物。

今日のお買い物 2009/11/22
手前左から、
  リシマキア・アトロパープレア・ボジョレー
     今年春の株は花後に夏越しできず枯れてしまいました。
     ボジョレー・ヌーボー解禁にあやかり?再度入手です。
  ホルデューム・ジュバタム(タータンムギ)
     黄金色に輝く穂が美しいグラスです。
  ビオラ・ラブラドリカ
     黒葉(紫葉)の宿根ビオラです。
奥側左から
  ダイアンサス・ブラックベアー
     黒花(チョコレート色)のナデシコ。
  ガーデン・シクラメン(白、スカーレット)
     何でもない普通のものです。
     原種シクラメンにも関心がありましたが、あまりに高いのでやめました。


花壇が広がると思うとついつい色々な苗に手が伸びてしまいます。
でも、こんなに植えるスペースあるのかな??


と、こんな訳で道草しながら腐葉土などを仕入れてきました。

    腐葉土と牛ふん堆肥
    40L入り腐葉土を3袋、20L入り牛ふん堆肥を2袋。


腐葉土投入
腐葉土を2度に分けて、合計60L(1.5袋)を投入してかき混ぜました。


        牛ふんと石灰投入
        さらに牛ふん堆肥20L(1袋)と石灰(苦土入り)を投入。


                掻き混ぜ完了
                スコップで掻き混ぜてから表面を均しました。
                周囲の芝面より10cmほど高くなりました。


     たっぷりと水掛け
     たっぷりと水を掛けて、土を落ち着かせます。



土作り完了
とりあえず、これで土作り完了です。
しばらく寝かせて、土が落ち着くのを待ってから植え付けです。
まだ数cm程度土が高くなっていますが、水はけも考えればまったく構いません。
残った腐葉土は植え付け時にたっぷりマルチングとして使う予定です。



ところで、昨日撮影し忘れた階段上の芝の移植の状況です。

階段の上に移植した西洋芝
「つぎはぎ」なので少しデコボコしていますが、暫くすれば落ち着いてくるでしょう。
芝刈り機が入れられないので、全部手刈りしなければなりません。
少し日当たりが悪い場所ですが、うまく育ってくれるでしょうか?



さて、寒い一日でしたが、今日もバラが1つ開花しました。

 ジュリア
 ジュリア
 春だと朝咲いたら夕方には全開となる「忙しい」バラですが、
 今の時期はゆっくりと開花の様子を楽しめます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/22(日) 23:59:44|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

花壇拡張作業スタート

16.3℃まで上がって、ほぼ平年並みの暖かい一日。

3連休を使って花壇拡張作業のスタートです。


花壇拡張作業(西洋芝剥がし1)
まず、ターフカッターで西洋芝を剥がす部分の外周をカット。


花壇拡張作業(西洋芝剥がし2)
続いて、芝を土の厚さ2-3cmほどで剥がしていきます。


花壇拡張作業(西洋芝剥がし3)
剥がした芝を、階段上の高麗芝が張ってあったエリアやプランターに植え替えていきます。
階段上の高麗芝を張り替えた部分の写真は撮り忘れてしまいました。
プランターの芝は、病気などで枯れたり、踏み付けで擦り減った時の補修用として使います。


花壇拡張作業(西洋芝剥がし4)
大小のプランターを7個使ってもまだ余ってしまったので、階段の最下段に植えてみました。


花壇の掘り返し(土壌改良)
スコップで花壇を20-30cm掘り返して耕します。
今日のところは、取り敢えずあり合わせの牛ふん堆肥や腐葉土を投入しましたが、
全く足りないので、明日数袋購入してきます。

土は結構固いものの、4年前にミニ耕運機で庭を全面耕したこともあって、
4年前よりは随分楽です。
何しろ、その時は土がカチカチだけでなく、大きな石ころや瓦礫が山ほど出てきて、
この倍ほどの面積をスコップで掘り返すのに丸一日近く。
それに比べれば今回は拍子抜けするほどチョロいものでした。


今日の掘り返しはここまで
今日の掘り返し作業はここまで。
明日、できれば雨が降り出す前に腐葉土や堆肥をたっぷりと購入してすき込みます。



さて、昨日今日と柔らかい日差しで、ゆっくりとバラの開花が進みました。

  新雪 2009/11/21
  つるバラ「新雪」
  ようやく開花です。
  蕾がほころび始めてからちょうど1週間掛かりました。


      パット・オースチン
      パット・オースチン(ER)
      こちらは開花スタートから5日。
      いつもに比べると信じられないほどゆっくりです。


クイーン・エリザベス1

     クイーン・エリザベス2
    クイーン・エリザベス
    階段の上のクイーン・エリザベスも開花しました。
    このところ降った雨にもかかわらず、全くの無傷できれいな花が咲きました。



明日は午後から天気が悪くなりそうなので、午前中に腐葉土や堆肥などを買って
出来るところまで作業を続行します。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/21(土) 23:59:35|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ローズヒップあれこれ

寒かった雨の日から、一転晴れて暖かく感じましたが、
これで12月上旬並みだとか。

身体が一足先に冬モードに慣れてきたようです。


 ノイバラのローズヒップ
 ノイバラ
 生垣の上でたわわに実をつけたノイバラ。
 まだ殆どが緑のままです。
 例年なぜか我が家のノイバラはローズヒップの色づきが良くありません。
 むしろ、背後の公園のハナモモがいい具合に色づいてきました。


        マジックカルーセルのローズヒップ
        マジック・カルーセル
        直径3cmほどの小さな花の割には大きな実をつけます。
        長径1.5cm程度。ちょうど「どんぐり」ほどの大きさです。
        いつもは花がらを取ってしまうので、滅多にお目に掛かれません。
        今年は放ったらかしだった証拠ですね。


   アンジェラと安曇野のローズヒップ
   アンジェラと安曇野
   少し大きく真ん丸なのがアンジェラ、小さい楕円形のほうが安曇野。
   アンジェラも春の花がらを若干取り残したものです。


他にもいくつかローズヒップが実っていますが、暮れの剪定時期までじっくり楽しめそうです。



さて、今日はバラの花に変化が乏しいのでこちら。

 ガーデンミリオンマム・ロポス
 ガーデンミリオンマム・ロポス
 初夏のころに見切り品で苗を手に入れたドーム菊。
 摘心が1度だけだったことや、日当たり、肥料などが十分ではなかったので、
 ドーム菊にはほど遠い状態。

 来年こそ一からドーム菊に再チャレンジです。



そして、花壇拡張作業前日の芝庭。

今日の芝庭 2009/11/20
中央奥付近の西洋芝を剥がして花壇を拡張します。

明日以降、作業の様子をお伝えします。



それから、最後に嬉しいお知らせ。

横浜バラクライングリッシュガーデンが本日プレ・オープンしました。

今回は来春のグランド・オープンに向けてのプレオープンという位置付けで、
ガーデンはまだ出来立てのホヤホヤのようです。

できれば連休中に花壇拡張作業の合間を縫って、様子を見てこようと思います。
レポートをお楽しみに。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/20(金) 23:59:08|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

花壇拡張の準備は着々

冷たい雨が降るとても寒い一日でした。

横浜の最高気温は9.2℃。一昨日に続いての一桁。
最高を記録したのは深夜1時過ぎで、日中は7℃を割り込み最低気温は6.5℃。
同じく10℃を割り込んだ東京は、11月としては17年ぶりの寒さだとか。


明日は青空が復活して平年並みに戻るようです。
気になる3連休は、日曜日から月曜日にかけてまた雨の可能性が...


その3連休ですが、いよいよ花壇の拡張作業に取り掛かります。

 植え付け待ちの苗1
この1ヶ月ほどで買い揃えたり、種から育てた苗が階段の最上部付近でずらりと待機中です。


        植え付け待ちの苗2
        そして、ポットに仮植えしたスイセンやクロッカスなどの球根たち。
        テラコッタに植えたアリウム・ギガンチュームやフリチラリアなどの球根も、
        花壇付近に配置しようと考えています。        

        因みに、一番下の5つの小さなポットは、初めて交配、種まきしたクリスマスローズ。
        発芽は来年2月頃になるでしょう。



    植え付け待ちの苗3
    この苗たちは、花壇ではなく鉢や寄せ植えに。
    ビオラ、ノースポールなどの1年草やミニ・コニファーのサマースノーは寄せ植えに、
    そしてアンティークレース(FL)も鉢植えにして、それぞれテラス前に配置予定です。
 

3連休は、西洋芝を剥がして階段上などに移植する作業からスタート。
硬い庭土を耕して、腐葉土や堆肥をすき込んでいきます。

実際に苗を植え付けるのは、土が落ち着くのを待って、その1週間先になるかもしれません。



最後に、今日のバラ。

パット・オースチン
パット・オースチン(ER)
少々開花が進みました。
春にはパッと咲いてパッと散るパット・オースチンですが、
さすがにこの寒さではゆっくりと時が流れます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/19(木) 23:59:51|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

雨上がりの朝

寒かった雨の一日が明けて、一転、季節相応の穏やかな日になりました。
朝方は微かな小雨が残ったものの、日中は日差しが戻りました。

この時期は周期的に雨が降るたび、徐々に秋が深まっていきます。


新雪 2009/11/18
このところ度々登場するつるバラ「新雪」。
一昨日から僅かに開花が進んだ程度ですが、
雨による赤いシミがいくつか目立つようになりました。



      落ちたローズヒップ
      雨に濡れた階段には、真っ赤に熟したローズヒップがこぼれ落ちています。



種まきのその後、の続き。

  斑入りオダマキ・レプレコンゴールド
  西洋オダマキ・レプレコンゴールド
  自家採種した種が多数発芽し、クリーム地に緑の絞りが入った小さな芽が
  徐々に成長してきました。
  まもなくポット上げですが、この分では来年の春に花を咲かせる大きさまで成長するのは
  少し難しいかもしれません。

  小さな雨粒が、斑入り葉の上で丸くなっています。

  因みに、右手前のグラスは、初秋に種まきしたスティパ・エンジェルヘアーの小苗です。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/18(水) 23:16:45|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

名無しのグラス

寒くなりました。
一日中冷たい雨が降って、日中も10℃を切ったまま気温はダラダラと横這い。
結局気温はむしろ下がってしまい、最高は明け方の9.8℃、最低は夜になっての8.1℃でした。


小雨が降る朝の庭では、バラの花には昨日からほとんど変化が見られません。


ところで、先の土曜日にショッピングセンターに食料品を買いに出かけた際、
家内の買い物が終わるまで、SC内の小さな園芸店で暇をつぶしていたところ、
こんなグラスを見つけました。

名無しのグラス
プレートには「カレックス」とだけあって、品種名が書かれていません。
値段は300円足らず。


カレックスは、カヤツリグサ科のオーナメンタルグラスで、俗に「枯れックス」といわれるように、
茶色く細い枯れ草のようなものや、別名ベアグラスと呼ばれる斑入りのものが
よく寄せ植えなどにも使われます。

実は、「カレックス・エラータ・オーレア」という黄金葉のカレックスを以前から探していましたが、
なかなか見つかりませんでした。

これがエラータ・オーレアなのかは、色々と画像検索などで調べてみたものの、
やや寸詰まりなのと、黄金葉にしては多少緑が強いこともあって、全く確信が持てません。
ただ、調べた範囲では、エラータ・オーレアが外見上一番近いのは事実で、
他にこのような黄金葉・無地のカレックスはどこにも見当たりませんでした。


もともと、陳列棚の足元にひっそりと、くたびれた処分品寸前の状態で4株ほどが置かれていました。
どれも栄養不足からか生育不良気味で、葉先も枯れ始めており、
試しにポットから抜いてみると完全に根詰まり状態でした。

写真は、家に持ち帰って、ビッシリ詰まった根鉢を取り除き、一部用土を入れ替えて、
枯れかかった葉先もカットしたものです。

いずれにせよ、カレックス・エラータ・オーレアかどうかはともかく、
探していた黄金葉のグラスであることは間違いありません。
拡張花壇のどこかに植えてみようと思っています。



さて、変化の少ない庭ですが、一歩一歩秋は深まっています。

 ギボウシの黄葉
シェードガーデンのギボウシの一部が黄葉し始めました。
品種間違いでサガエとして売られていた裸苗から育ったもので、品種名は不明です。
まだ青々としている青系のギボウシ・ハルシオンとは対照的です。

この寒さがしばらく続けば、今月末頃までには、ギボウシの地上部はすべて枯れてしまうことになるでしょう。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/17(火) 23:59:56|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初冬のバラ

暖かかだったのも束の間。
明日の冷たい雨を境に、しばらく寒い日が続きそうです。

庭のバラも終盤に突入。
かなり膨らんだ蕾でないともう開花は難しいかもしれません。


新雪2009/11/16
新雪
昨日より少し開花が進みました。
完全な開花までにはあと数日掛かるかもしれません。


     パットオースチン 2009/11/16
     パットオースチンは、どうやらこの花が今年最後になりそうです。
     暖かい季節なら、明日には満開、あさってには散ってしまうところですが、
     この分だと、開花は雨が止んだ今週半ば以降になりそうです。



        スーパーエクセルサとノイバラのローズヒップ
        スーパーエクセルサとノイバラのローズヒップ
        真っ赤に熟したスーパーエクセルサのローズヒップに対して
        我が家のノイバラ(ロサ・ムルティフローラ)はなぜか色づくのが遅く、
        例年12月以降ゆっくりと色づき始めます。
        いつも真っ赤になる前にほとんど小鳥たちに食べられてしまいます。



   芽接ぎしたブルーバユー
   ノイバラといえば、種から育てたノイバラに芽接ぎしたブルーバユー。
   芽接ぎから1週間余り経ちましたが、今のところ経過順調のようです。
   このまま、2,3週間経っても挿した芽の部分が黒く変色しなければ、ほぼ活着OKです。
   2月頃、芽が動き始める前に接ぎ芽より上のノイバラの枝を切り落としてやると、
   順調なら挿した芽がゆっくり膨らみ始めます。



これ以外で今年中に何とか咲きそうなバラの蕾は、残すところ、ジュリア、セプタード・アイル、
クイーンエリザベス、ブルーバユーなどがあと2-3輪ずつ。

12月になれば、大きく膨らんで開花寸前の蕾があるバラ以外は、
順次葉をすべて落として冬剪定作業に入ります。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/16(月) 23:59:53|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

小さな葉っぱ

少し風がありましたが、青空いっぱい。
日中は20℃を超えて暖かでした。

今日は久々のゴルフ。
800円に値下げした東京湾アクアラインを通って千葉のゴルフ場へ。
50分ほどで到着。
とても便利になりました。

  ゴルフ場


帰りは、かつてガラガラだったアクアラインがなんと20kmの渋滞。
といっても幸いゆっくりとは流れて1時間40分ほどで家に到着。
空気が澄んでいて、横浜ベイブリッジから見える横浜みなとみらいの夜景が
キラキラと宝石をちりばめたように輝いて、いつもより格段ときれいでした。


今朝は遅めのスタートだったので、朝の出発前に十分写真を撮る余裕がありました。

コニファー・サマースノー
昨日買ったばかりの、ミニ・コニファー「サマースノー」
アップで見ると葉色のユニークさが良く分かります。

調べてみると、ローソンヒノキの一種で、残念ながら夏の暑さには弱いとのこと。
寒冷地以外では大きくなるまで育てるのはかなり難しいそうです。



    ギンヨウアカシア・プルプレア
    ギンヨウアカシアの枝先が銅色になるプルプレア。
    何ともたまらないですね。
    地植えすると大木になりますが、鉢植えなら剪定によって
    樹高2メートル余りに抑えられそうです。



        サンカクバアカシア
        サンカクバ(三角葉)アカシア
        6月頃に手に入れた種から育ちました。
        まだ樹高15cmほどですが、途中から葉っぱが三角形に変わってきました。
        おそらく2年もあれば身長程度まで育つのではと期待しています。



   銅葉キンギョソウの小苗
   銅葉キンギョソウの種を撒きましたが、
   なかなか期待したような黒々とした葉っぱに変わってきません。
   やはり実生ではあの遺伝子は伝わらないのでしょうか。

   念のため、親株の挿し芽をしましたが、どうやら簡単に活着したようです。
   比較のために後日、改めて両者をUPしてみます。


また別の機会に、変わった小さな葉っぱを順次ご紹介してゆきます。



最後に、恒例の今日のバラ。

新雪
高い位置から大きなS字を描いて芝庭の上に張り出したつるバラ「新雪」。
今週からだんだんと冷え込み始めるようですが、もう数日のうちに開花しそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
   
  1. 2009/11/15(日) 23:47:35|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまたお買い物

今朝は少しひんやりしたいつもの雨上がりの朝という感じでしたが
9時頃から急に生暖かい強い南風が吹き始め、
横浜の瞬間最大風速は21.5mを記録しました。

一気に6-7℃気温が上がったため、このところの寒さで冷え切ってた
マンションの外側の床や外壁がまるで汗をかいたように結露してびっしょり。

お昼前には一時的に強い雨が降ったと思ったら、あっという間に青空が。

なんと極端なお天気なんでしょう。


そんな中、庭仕事をあきらめて行きつけのGCへ出かけました。



今日のお買い物
買ってしまいました。

ビオラ5ポットよりどり498円。
どれも元気によく茂った株ばかり。

ノースポール98円。

コニファー・サマースノー298円。
エメラルドとクリーム色が混じったような爽やかな葉色です。


まあ、お買い得でいい物が手に入ったと、ここで止めておけば良かったのですが、
冷やかすだけのつもりでバラ苗売り場へ。



       アンティークレース(FL)大苗
       買ってしまいました。


そう、先日、京成バラ園で見掛けて気になっていたバラ。

   アンティークレース
   アンティークレース(FL)
     オランダ・デルイター社 2001年
     花径4?5cm
     樹高0.8?1m
     微香


バラ苗売り場はまだ京成バラ園芸の苗だけで、
イングリッシュローズやフレンチローズは入荷していなかったため
今日買うつもりは全くなかったのですが...

うちには少しアプリコットのバラが多すぎる気がするものの、
ビビッときていたバラなので、まあ良しとしましょう。



明日は一日お出掛けなので、大掛かりな庭仕事は手につけず
階段の上の禿げかかった日本芝(野芝?)のエリアに
花壇増設で剥がす西洋芝を移植するのに備えて軽く土をほぐすだけに留めました。


花壇増設や買った苗の植え付けは、来週の3連休までお預けです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/14(土) 23:34:28|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

少し秋色

昨夜は遅く飲んで帰って、
ブログのサーバーも不調だったようなので、諦めて昨日(13日の金曜日!)の分を翌朝に更新です。

一日中曇って肌寒く、夜には冷たい風とともに小雨も。



 落ち葉
 毎朝の落ち葉が日に日に増えてきました。


       ギボウシ
       階段のギボウシ「サガエ」と「リバティ」も黄葉が目立ってきました。


   シェードガーデン1

シェードガーデン2
シェードガーデンの風知草も枯れ色が目立ち始めました。



      黄金シモツケ
      黄金シモツケ・レインボーもだんだんと赤みを帯びてきました。


どれも地味な色ばかりですが、秋色が徐々にこの庭にも訪れつつあります。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/14(土) 10:56:27|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日比谷公園のバラ花壇と紅葉

朝方には雨は止みましたが、一日中すっきりしないお天気でした。

日中は多少肌寒い程度でしたが、夜になって気温も下がってきました。
そして明日はまた午後から雨となるようです。


先日来、ガーデニングショーや菊花展が開かれている日比谷公園。
紅葉の本番はまだ一歩手前ながら、少しずつ秋色が目立ち始めました。

日比谷公園2009/11/10 1
2009/11/10


      日比谷公園2009/11/10 2
      2009/11/10

日比谷公園の大きな芝生広場を囲んで、ぐるりとバラ花壇があり、その4隅には、
 デビッド・オースチン(英)・・・(写真2枚目)
 デルバール(仏)×2
 ゴジャール(仏)・・・(写真1枚目)
の3社のバラ花壇があって、それぞれ約10品種、30-40本が植えられています。

そして、ほぼ満開になったバラの周囲の木々では、徐々に紅葉が始まっています。



   日比谷公園2009/11/10 3
   2009/11/10
   池の周囲にこんもりと茂った森は、まだ緑が多いものの、様々に色付き始めています。
   ここには多くのカエデが植えられているので、
   これからは日を追って鮮やかさを増していくことでしょう。



さて、今朝の我が家の庭ですが、朝まで雨が降ってやや薄暗い中、またバラが一輪。

 パット・オースチン
 パット・オースチン
 言わずと知れた英・デビッド・オースチン社のイングリッシュローズ。
 いつも花の重みでうつむき加減ですが、
 雨上がりの今日は、たっぷり水を含んでほぼ真下を向いていました。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  1. 2009/11/12(木) 23:59:45|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

落ち葉の季節

今日は1日中強い雨でした。
横浜では1日の雨量が100mmを越えて、
11月一か月分にほぼ相当する雨が一日で降ったそうです。


こんもりビオラと落ち葉


      芝庭への落ち葉


強い雨に打たれて、コブシやバラの落ち葉が生え揃った芝の上に散らばっています。

生えたばかりの芝はまだか細いため、葉っぱの下で暗く蒸れる状態のまま長時間放置すると
すぐに枯れたり病気発生の温床になってしまいます。


そこで、この時期は落ち葉拾いが毎朝の日課になっていますが、
今日のような雨の日は、傘を差して落ち葉をひとつひとつ拾っていかなければなりません。

晴れて乾いていればブロワーで一気に吹き飛ばすという手もあるのですが、
濡れて重く湿った落ち葉はそうもいかないのです。

傘を差しながらしゃがんでの作業なので、朝から結構濡れてしまいました。



雨の庭と公園

立冬を過ぎた頃、秋から冬への移り変わりの時期に雨が降り続くのを
山茶花梅雨(さざんかづゆ)というそうです。

紅葉の本番までにはまだしばらく掛かりそうですが、雨の中、
生垣越しに見える公園のハナモモなどがそろそろ色づき始めました。



冬の冷たい空気が勢力を増して山茶花梅雨が明けると、
紅葉は本格シーズンを迎え、
観葉植物など耐寒性のない植物はすべて室内に取り込まなければなりません。

  トウガラシとインパチェンス

1枚目の写真のこんもりビオラの鉢で大きく茂っていたトウガラシ・パープルフラッシュは、
短く切り詰めて、インパチェンス「カリフォルニアローズ・フィエスタオーレ・ピーチ」とともに
寄せ植えにしました。
寒くなればいつでも室内への取り込みOKです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/11(水) 23:59:00|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

西洋芝の現状

気持ちの良い秋の日和も今日まで。
夜には雨が降り出しました。

このところの好天続きで西洋芝の状態がずいぶん良くなってきました。

今日の芝庭2009/11/10
病気でハゲてしまったスポットは、その後の追い蒔きであまり目立たなくなり、
この時期としてはほぼ合格点に近づいてきました。


   日当たり良好部分の芝
   テラス寄りの比較的日当たり良好なエリアの芝は、ほぼ隙間なく生え揃い、
   わずかに残った空白部分にも追い蒔きした種が発芽して、
   今月中にはほぼ埋まってしまうでしょう。
   ただ、今年は種蒔きが早すぎたため病気が多発し、
   発芽直後はひ弱なケンタッキーブルーグラスに発生した病気のダメージがより大きく、
   やや太めでキメの荒いトールフェスクのほうが目立つ印象です。


       日当たりが悪い部分の芝の状況
       これに対して、生垣寄りの日当たりが良くない領域では、
       まだ禿げたエリアが少し目立ちます。
       1枚目の写真では左手前に当たる部分ですが、やはり芝の密度が低く、
       横に寝た芝が辛うじて密度の薄い部分を覆っている状況です。
       ただ、少しずつ追い蒔きした新芽が成長しつつあるのは事実で、
       冬までに完全に覆い尽くすのは難しいにしても、
       春になって日差しが高くなり日当たりが改善されれば
       一気に緑一色になってくれるでしょう。


12月前半頃まではまだ西洋芝の成長は続くので、ほぼ成長が止まるまでの間に
肥料も十分与えて、濃い緑のままでの冬越しの基礎づくりをしておこうと思っています。



さて、今日もバラが開花しました。

マジック・カルーセル
マジック・カルーセル
鮮やかなピンク色の覆輪が美しいミニバラです。
花の直径は約3cm。一年を通じて次々と花を咲かせます。

ミニのつるバラとして購入したものの、せいぜい1m余りしか伸びず、
もともとの大型のミニバラに先祖帰りしてしまったのかもしれません。

ここに引っ越して最初の冬に導入したバラのひとつで、最初の剪定枝を数本挿し木したところ
すべて活着してしまったため、我が家の庭では数鉢のマジック・カルーセルが
どこかしらで年中花を咲かせています。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
        

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/10(火) 23:59:44|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

秋バラの開花は続く

今日も穏やかな秋の一日でした。
といっても日中は仕事なので余り実感がありませんが...

庭仕事には、天気予報と気温のチェックが欠かせません。

毎日の最高、最低気温のチェックに便利なのは
気象庁の「毎日の全国データ一覧表」

そして、向こう1日半の天気、気温の推移と週間予報が一覧できる
「ウェザーニュース」の各地のピンポイント天気。

この2つはほぼ毎日チェックをして、向こう一日、一週間の庭仕事の計画に役立てます。


さて、この暖かい良い天気も明日まで。
あさってから週末にかけて雨がちになり、気温もあまり上がらないようです。


ウィリアム・モリス
ウィリアム・モリス(ER)
相変わらずポツリ、ポツリと開花し続けます。
フェンスの最上部から伸びた細い枝は、花の重さに耐えられず、ほぼ真下を向いて開花しました。


昨日お伝えしたように、カイガラムシの蔓延の影響なのか、
テラス前の鉢バラの開花はあまり芳しくありません。

   ジュリア
   今咲いているのは、先日来お伝えしているジュリアと黒蝶だけ。
   パットオースチンが間もなく開花、セプタードアイルの蕾はまだ暫く掛かりそう。
   右端に見えるラ・カンパネラの赤い新芽は、今から開花まで行くのは厳しいかもしれません。


       クイーン・エリザベスと緑光
       階段の上では、先日開花したクイーン・エリザベスと緑光が開花継続中。
       クイーン・エリザベスは、もう2つほど開花が間近です。



秋が深まりつつある中、夏の間元気だった紫色の観賞用トウガラシ「パープル・フラッシュ」を、
こんもりビオラ・イエロー&ベルベットに入れ替えました。

  こんもりビオラ・イエロー&ベルベット
  このこんもりビオラは我が家の冬?春の定番。
  春には一株でこの10号鉢からあふれ出るほどこんもりと大株になります。
  花ガラ摘みと月2,3回の液肥だけで後は勝手に大きくなりますが、
  まだ花が着いていない枝数本の先端をピンチして、分枝を促しておきました。


なお、トウガラシ「パープル・フラッシュ」は、室内へ取り込んで冬越しすべく小さめに刈り込んで、
八重咲きのインパチェンス「カリフォルニアローズ・フィエスタオーレ・ ピーチ」との寄せ植えにしました。
近日中に室内に取り込みます。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/09(月) 23:37:04|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

拡張花壇の計画

立冬明けの今日も20℃を超えて上着が要らない暖かい一日でした。


拡張花壇の植栽配置を検討するため、鉢を仮置きで並べてみました。

拡張花壇への仮置き1


    拡張花壇への仮置き2


          拡張花壇への仮置き3

アーチの足元付近から芝庭側に向かって、幅1m、長さ1.5mほど花壇を拡張します。
花壇の奥側は、芝庭からアーチに向かっての小径という雰囲気にして、
手前側は、バラや宿根草に囲まれたコーナー、という感じです。


仮置きでは、花壇の先端部分にバラを配置してみました。
これはパットオースチンですが、実際にはジュビリー・セレブレーション(ER)を考えています。

そして、バラからアーチ側に向かって、
 テマリシモツケ・ディアボロ
 ギンヨウアカシア・プルプレア
 メラレウカ・レボリューションゴールド
とカラーリーフの低木を並べます。

低木の日陰になる側には
 風知草
 黄金シモツケ・レインボー
 コルジリネ・レッドスター
 ホスタ(リバティ、アビクア・ドリンキングガードなど)
を配置し、

日向側には、今回仮置きしていませんが
 各種サルビア、セージ
 銅葉キンギョソウ
 ペンステモン・ハスカーレッド
 斑入りカラミンサ
 ローズマリー
 ルリタマアザミ
などなどの宿根草、多年草を植えようと思っています。


花壇にするエリアの芝は剥がして、深さ20-30cmほど耕し、腐葉土や堆肥を入れて土壌改良します。

また、3枚目の写真右下のつるアイスバーグのオベリスクの足元にも小さな花壇を新設します。

そして飛び石も配置も見直します。

剥がした西洋芝は、現在高麗芝が植わっている階段上に移植して、
残りは極力プランターなどで補修用に取って置こうと考えています。


芝の上に仮置きしたのと、カラーリーフの低木がまだ小さいのでちょっと実感が出ませんが
果たしてどんなものでしょう。
ホスタは、低木が育つまではリバティだと少し大きく目立ち過ぎの感もあるので、
中型のものに入れ替えたほうが良いかもしてませんね。



仮置き後はまた鉢を片付けてから、午後にかけてじっくり時間をかけて
バラに付いたカイガラムシを落としました。

  カイガラムシ

カイガラムシ落し


実は庭中のバラにカイガラムシが蔓延しています。
葉が落ち始めて枝が露出するにつれ、カイガラムシの被害が結構深刻だということが分かってきました。
写真よりずっと酷いところがたくさんあります。
秋の花つきが悪かったのは、カイガラムシ蔓延もその一因ではないかと思えます。
黒点病やチュウレンジバチの被害と違って一気に症状が出る訳ではないので
ついつい見過ごしてしまいました。
カイガラムシに樹液を吸われて徐々に健康状態が悪化していたようです。

この冬、すべて葉が落ちたら、徹底的にカイガラムシ対策が必要かもしれません。



ところで、9月27日にやむなく剪定したつるバラ新雪のベーサルシュートがようやく伸び始めました。

   新雪のシュート
   まだ15cmほど、根元からは60cmほどですが、
   寒くなるまでに果たしてどれぐらい伸びるでしょうか?



夕方に、芝刈りをササッと済ませました。
22mmで、今回は殺菌剤、液肥散布は無しです。

今日の芝庭2009/11/8
西洋芝の状態はだいぶ良くなってきました。
この調子でいけば、何とか寒くなるまでにはほぼ生え揃いそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/08(日) 23:20:28|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バラの芽接ぎ

今日は立冬。
最高気温は20.8℃まで上がり、暖かい一日になりました。


ふと思い立って、バラの芽接ぎをやってみました。

去年暮れに芽接ぎしたクレアローズは、一旦活着したように見えましたが、
残念ながら最終的に失敗してしまいました。


今回は、ブルーバユーで再挑戦。

バラの芽接ぎ

花壇のブルーバユーはいまひとつ花着きが悪く、
高い位置からしか新しいシュートが出にくくなってしまいました。
そこで、株の更新にチャレンジです。

ブルーバユーの直径1cm弱の元気な枝から、芽のついた部分の樹皮を
幅5mm、長さ2cmほどカッターで削ぎ取ります。

ノイバラの根元の表皮を同じように削ぎ取り、その部分に貼り付け、接木テープで巻いておしまい。
因みに、今回使ったノイバラは、今年の冬に種まきして2本だけ発芽したものの一つです。

(詳しい芽接ぎの方法にご関心の方は、「バラ 芽接ぎ」で検索してみて下さい。)


一旦覚えてしまえば意外と簡単で、結構いい加減でも5?7割くらいの成功率です。

このまま2週間近く経っても黒くならなければ活着している可能性が高く、
早春に芽が膨らみ始める頃に、芽接ぎ部分だけを残してノイバラの枝を全部落としてしまいます。

そして無事芽吹いて新しい枝が20?30cmほど伸びたものが春に出回る「新苗」に相当する訳です。


**ところで、新しいバラ品種の多くは、「品種登録」といって
無断で挿し木や接ぎ木で増殖し譲渡、売買することが法律で禁止されています
(苗購入時のタグなどにその旨が明記されています)。
あくまで個人で楽しむ範囲にとどめましょう。




さて、今日開花したバラ。

虫食い黒蝶
いつものように、また黒蝶が開花しましたが、1/3ほど欠けてしまっています。
蕾の時に虫に食われてしまったようですが、へこたれずに何とか開花に漕ぎつけました。



そして、今日のお買い物。
培養土と赤玉土を買いにHCに出掛けたところ、
ついつい手が出てしまいました。

メラレウカ・レボリューションゴールド
メラレウカ・レボリューションゴールド
細い黄金葉が美しいオーストラリア原産の低木で、関東なら耐寒性も問題なさそう。

拡張する花壇に植える予定のテマリシモツケ・ディアボロの銅葉、
ギンヨウアカシア・プルプレアのシルバー/ブロンズリーフなどとの相性がよさそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/07(土) 23:59:03|
  2. 挿し木、芽接ぎ、種まき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

菊花展

今日も秋晴れの気持ちの良い天気でした。

昼休みに、近くの日比谷公園で開催されている菊花展を覗いてきました。

菊花展1

正式には「東京都観光菊花大会」。
日比谷公園の一角で23日まで開催中で、無料で自由に鑑賞できます。

菊花展2

           菊花展3

   菊花展4


菊花展6


       菊花展7

定番の大輪の菊に加えて、

菊花展5
見事な懸崖仕立てや


      菊花展8
      小菊の盆栽も。


どの作品も、愛好家が丹精込めた素晴らしいものばかりで、
常日頃いい加減なガーデニングをやっている人間からは想像もつかないほどの
「芸術作品」揃いでした。

    
ところで、「菊花展」というと子供の頃に見た菊人形を思い出します。
わが故郷の徳島や、親戚がいた大阪・枚方の
遊園地の秋の大イベントとして開かれていた菊人形展。
子供心には正直とてもつまらなかったのですが、なぜか印象には残っています。

今から思い返すと、忠臣蔵や弁慶と義経の定番ものやNHK大河ドラマのシーンなど
確かに小学生の子供が見て面白いものではなかったけれど、
どれも見事な大作だったように思います。


ネットで確認したところでは、徳島の吉野川遊園地や大阪・枚方パークの大菊人形展は
もうなくなってしまったとか。
確かに、菊の愛好家も高齢者がほとんどで、今の流行(はやり)ではないということは
残念ながら誰の目にも明らかです。

ある意味では日本の園芸文化の原点とも言え、
大衆の趣味の世界でありながら、ある種芸術の域にまで達している「菊」栽培が
このまま日本人の高齢化とともに廃れてしまうとしたら、
とても大きな損失であることは間違いありません。


ただ、菊花展の風景は私の知る限りこの40年何も変わっていない訳で、
たとえば盆栽が、欧米でも人気が出たり、あるいは現代的センスの作風が生まれているように
伝統をベースにしつつも常に進化を続けているのとは好対照な気がします。


菊花展や菊人形、あるいはお供えの花という菊の固定観念を変える
ポットマムなど現代感覚の菊栽培も増えつつはあるのでしょうが、
これほどの日本の「菊文化」を未来に継承していくには
もっともっと大胆な「何か」がないと難しいのかな、という気がしてなりません。


都会のど真ん中で、ここだけ時計が止まってしまっているような気分がして、
こんなことをツラツラと書いてみましたが、簡単に答えが出るような話ではなさそうです。

まあ、言える事は、とにかく日本の園芸文化、花文化は素晴らしいということでしょう。
花いじりを趣味とする人間の端くれとして、趣味の方向は違うにしても、
こういう日本人の心はこれからもずっと大切にしていきたいものです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/06(金) 23:59:42|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

種まきのその後

今日は曇りがちで少し肌寒く感じました。
でも、最高気温18.0℃はほぼ平年並のようで、先日の寒さは別にしても、
このところは少し暖かすぎるようです。


先日の週末に、種まきで発芽した小苗をいくつかポット上げしました。

種まきその後
右半分は、オダマキ・ルビーポート。
発芽率がよく、10株以上の小苗が出来上がりました。
ただ、今からだと来春に花が咲くほど大きくなるのは難しいかもしれません。

左手前は宿根リナリア。
(品種名は忘れたけど、たぶん這性のリナリア・アンティークシルバーだったような・・・)
全部で30本以上発芽しましたが、1本1本があまりに細く小分けが難しいので、4つのポットに分けるにとどめました。

そして左奥は以前にもご紹介した銅葉キンギョソウ。
徐々に銅葉っぽくなってきたようですが、まだ緑が強めです。

こんなにたくさん苗を作ってしまっても植えるところが足りなくなりそうです。


他にも種まき苗がどんどん出来ているので、残りは後日ご紹介します。



種まき以外にもこぼれダネから色々と。

  ポリゴナム(ヒメツルソバ)
  ポリゴナム(ヒメツルソバ)
  植えた覚えはもちろん、庭に持ち込んだ覚えさえないのに、何故か生えてきました。
  折角なので、ポットに上げてどこかでグランドカバーに使ってみようと思います。



 ベゴニア赤

         ベゴニア白
         紅白のベゴニア。
         なんとか枯れる寸前で冬越しした株が大きく育っただけでなく、
         庭のあちこちにこぼれダネの子株が出来ました。
         親株近くのプランターの土を使い廻したためでしょうか。



今日開花したバラ。

ジュリア
ジュリア
ようやく開花しました。
本来はあっという間に開花して平咲きに変化するのですが、
先日の寒さで開花に時間が掛かったようです。

花びらの中に小さな青虫が潜んでいたらめ、少し虫食いになってしまいました。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  1. 2009/11/05(木) 23:59:18|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お買い物クローズアップ

朝は寒かったですが、昼からは寒さが緩んできました。

10月31日にご紹介したお買い物。
花が咲いているものを中心に、改めてクローズアップ写真とともにご紹介です。


サルビア・アズレア
サルビア・アズレア
爽やかな青い花と、ブラック掛かった葉や蕾が渋い雰囲気です。
地植えすると背も高くなりそうですが、一緒に買った比較的コンパクトな
サルビア・コスミックブルーなどとうまく組み合わせたいところです。


        斑入りカラミンサ
        斑入りカラミンサ
        何の予備知識もなしに、一目惚れで購入。
        繊細な斑入り葉とともに、見るからにシソ科らしいピンク?赤紫の花を咲かせています。


   ギンヨウアカシア・プルプレア
   ギンヨウアカシア・プルプレア
   言うまでもなく、春に黄色い花を咲かせる銀葉系のミモザ・アカシアの銅葉品種。
   まだ幼苗ですが、生育旺盛で3年ほどでかなり大きくなるようです。
   地植えすると根の張りの勢いが強く、植え替え困難に陥るようなので、
   鉢で育て、出来れば2メートル程度までで収めたいなと思っています。



そして、冬の庭を華やかに演出するビオラ2種。

こんもりビオラ・イエローアンドベルベット
こんもりビオラ・イエローアンドベルベット


       ビオラ・エンジェルローズ・ピコティ
       ビオラ・エンジェルローズ・ピコティ

こんもりビオラは毎冬の我が家のシンボル的存在。
一株で直径50cmほどまで広がり、5月いっぱい頃までの約半年間楽しめます。

エンジェルローズ・ピコティは、珍しい花色が気に入って手に入れました。
寄せ植えなどで活躍してくれることでしょう。



さあ、あとは植え付けですが、花壇の拡張はいつ完成できるでしょうか?
何とか年内を目標に頑張ります。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/04(水) 23:59:20|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

球根の植え付け

昨夜からの急な冷え込みで、最低気温は6.4℃まで下がりました。
慌ててウィンドブレーカーを引っ張り出しての庭仕事でしたが、
日中は思ったほど北風が吹かなかったので、最高気温14.3℃まで上がり
それほどは寒く感じませんでした。


今日の庭仕事は買い溜めしていた球根の植え付け。

アリウム・ギガンチューム
アリウム・ギガンチューム
まずは大物から。
紫色の巨大ネギ坊主です。
球根の直径は10cm弱、おおよそ握り拳の大きさ。
ちょっと安物だったので3つに割れていますが、うまく3つ咲いてほしいものです。
なお、鉢は25cm径の八号鉢。
芽が出て葉が茂り始めるまでは、日陰の邪魔にならない所で待機してもらいます。


続いて、地植え予定の球根ですが、バラ/宿根草花壇が拡張待ちのため、
いきなり植えつけることができません。

   スイセン・W.P.ミルナー
   スイセン・W.P.ミルナー
   背丈20cmほどの小柄な白いスイセンです。

   取り敢えずビニールポットに仮植えして、花壇拡張が終わってから地植えします。


        クロッカス3色
        クロッカス
        紫、白、紫絞りの3色もビニールポットに仮植えです。

        このほか、黄色い原種スイセン・ベルボコジューム(ペチコート・スイセン)も仮植えです。


さらに、いきなり地植えせずに鉢植えで様子を見るものも。

原種チューリップ
チューリップ・アルバ・コエルレア・オクラータ
青い原種チューリップです。

このほか、黒百合の仲間で市松模様が可愛いいフリチラリア・メレアグリスも鉢植えにしました。



さて、寒さの中でも、バラはゆっくりと開花が続きます。

    クイーン・エリザベス
    クイーン・エリザベス


          緑光
          緑光


ジュリア
ジュリア


       黒蝶
       黒蝶とパープルファウンテングラス



今日の芝庭 2009/11/3
季節が進んで、芝庭に伸びる夕日の影の向きがずいぶん斜め方向に変わってきました。
右側のテラス前面のラインがちょうど東西方向なので、
夕日がかなり南側に沈むようになったことが判ります。


明日の朝は、また一桁の最低気温まで下がりそうですが、
その後はまた、週末に向けてかなり暖かい日が続くとのこと。

紅葉の本番は、まだ当分お預けです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/03(火) 23:59:41|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

冷たい雨上がりのバラ

昨日の夏日から一転、10℃ほど気温が下がりました。
日中は雲が晴れず、余計に肌寒く感じましたが、
夜になって急に木枯らしが吹き始め、気温も一ケタまで一気に急降下です。


昨日の京成バラ園の満開ぶりを見てしまうと、我が家のバラの寂しさが情けなくなってしまいます。
庭のコブシの木や南側の公園の大木、階段部分の生垣などに
太陽光線が長時間遮られてしまう影響がどうも無視できないようです。


そんな中、数少ないながらバラが開花を続けています。

クイーン・エリザベス
クイーン・エリザベス
階段の上で水やり以外は最小限のお世話しかしていませんが、とても強健で、
この秋最初の花がようやく咲きました。
昨夜の雨に濡れて冷たい雨上がりの朝でしたが、
寒さの中でこれからじっくりと開花が進んでいきます。



     ジュリア
     ジュリアもこの秋最初の蕾が、これから少しずつ開き始めます。

     ジュリアは、春バラの場合だと、翌朝には奇麗に満開となり、
     その日の夕方には開き切ってだらしのない平咲きになってしまうほど
     「足が速い」バラですが、この一気の気温低下で少し長持ちしてくれそうです。



明日は文化の日。
日差しは戻りそうですが、冷たい木枯らしが吹き荒れる一日になりそうです。

      

人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
    

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/02(月) 23:49:07|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

京成バラ園

11月の初日。
なんと25℃を超えて、夏日。
横浜の最高気温25.3℃は11月の気温としては史上3番目だそうです。


今日は、京成バラ園に行ってきました。

京成バラ園1
先週からこの週末に掛けてがちょうど満開という感じでしょうか。


    京成バラ園2
    広々としたバラ園には時折強い南風が吹き込み、汗ばむような日差しでした。


       京成バラ園3


             京成バラ園4


     京成バラ園5


特に目に付いたバラをいくつかご紹介。

  ポンポネッラ
  ポンポネッラ(CL)
  独・コルデス社  2005年
  花径4cm
  樹高 2m
  微香
  
  同じコルデス社のつるバラ、アンジェラを少し豪華にしたような感じです。
  やはり秋は花数があまり多くないようですが、アンジェラ同様、春は見事だろうと思われます。


        アンティークレース
        アンティークレース(FL)
        オランダ・デルイター社 2001年
        花径4?5cm
        樹高0.8?1m
        微香

        独特の雰囲気のバラですね。
        フリルのついた花弁の外側は薄緑色。
        花弁が厚く長持ちしそうです。
        ただ、あまり香りがないのが残念です。



 ジュビリーセレブレーション
 ジュビリーセレブレーション(ER)
 イギリス デビッド・オースチン社 2002年
 花径 8?12cm
 樹高 1.2?1.5m
 強香

 この冬購入の第1候補。
 新たに広げる花壇のメインに据えようかと考えています。



汗ばむ一日でしたが、夕方からは曇って、夜になって雨が降り始めました。

今日の芝庭 2009/11/1
夕方、日が暮れた芝庭。

花壇増設には、せっかく生え揃い始めた芝を一部剥がさないといけません。
できるだけプランターに植え替えて補修用に取って置くことにするつもりです。


寒冷前線が通過後は大陸からの寒気が流れ込み、明日から一転寒くなりそうです。



人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
        

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/01(日) 23:22:16|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。