芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安曇野の剪定、誘引 1日目

今年も、明日の大晦日を残すのみとなりました。

今日は気温は13.5度まで上がったものの、お昼過ぎから強い風が吹き始めました。


午前中に色々と必要な買い物などを済ませて、午後に2時間ほど庭に出る時間が取れました。

今日の誘引、選定は安曇野。

階段の上
2009/12/29
これは昨日UPした写真ですが、安曇野は階段脇の擁壁の上に地植えして、
つるをウィーピング仕立てで下向きにドーム状に誘引しています。


   安曇野 2009/5/19
   2009/5/19
   これは今年の春の様子。たくさん茂っているので分かりにくいですが、
   写真中央上あたりからつるを下向きに誘引しています。


まずは、誘引に先立って剪定から。

安曇野 剪定前
安曇野の剪定前
たくさんのローズヒップを切り詰めなければいけません。
昨年誘引した新しいつるからは春には無数に花茎が立ち上がり、
最終的その先端に花が咲き、ローズヒップが実ります。

剪定では、この無数の花茎を1本1本、元気な芽の上まで切り戻していきます。


      安曇野 剪定後
      これは、安曇野の剪定後の様子。
      ローズヒップの部分や、中途半端に芽が展開して葉が開いてしまった部分は、
      堅い芽の上まで切り戻します。
      ひとつひとつの剪定作業は普通のバラと同じようなものですが、
      何しろ無数の枝を一本一本切り戻していかなければなりません。


   えらく手間のかかる作業ですが、2時間ほど掛けて何とか全体の1/3ほど剪定しました。

   今日の剪定後 2009/12/30
   古い枝も落としたので、下の方はかなりスッキリしました。
   この部分に向かって、上の方で暴れている今年伸びたつるを誘引してくることになります。



12月30日
今年も残すところあと1日。
安曇野の剪定、誘引完了は新年に持ち越しです。

大晦日も、もし時間が見つかれば短時間でも庭に出ようと思いますが
色々と慌しく大したことはできないでしょう。



大晦日の更新はおそらく年を越してからになりそうです。

今年1年、当ブログにご訪問いただき、ありがとうございました。
新年も、これまでどおり楽しい庭仕事の様子を中心に綴っていこうと思います。

皆様、良いお年をお迎えください。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/30(水) 23:59:41|
  2. 安曇野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ウィリアム・モリスとカクテルの剪定、誘引

今日から年末年始の休みに入りました。

昨晩、年賀状の宛名印刷や手書きコメントなどを済ませたのは2時過ぎ。
お陰で今朝は11時頃まで朝寝坊でした。

家内や娘が昼からお正月準備の買い物に出掛け留守番でしたが、その間ほとんど庭で過ごしました。


最高気温は10℃余までしか上がりませんでしたが、風もなく意外と暖か。

今日は、西向きのフェンスに絡んだウィリアム・モリスとカクテルの剪定、誘引作業です。

ウィリアム・モリスもカクテルも、つるバラというよりは長めのシュラブに分類できますが、
あまり長く延びたシュートが多くなかったのと、どちらも比較的細い枝にも花が咲くので、
剪定は少なめで枝先を多少切り詰める作業が中心になりました。

誘引も50cm?1m程度の枝を左右に振り分けてゆるやかにアーチ状に留めてやる細かめの作業になります。
脚立に登る必要もありませんでした。


西日を正面から浴びながら、3時間余りで作業完了です。

ウィリアムモリスとカクテルの誘引1
左側がウィリアム・モリス、中央がカクテル、そして右側が新雪。

     ウィリアムモリスとカクテルの誘引2
     かなりスッキリしました。



さて、これで残る大物は階段周りだけ。

ノイバラ
階段の真下付近から生垣に覆い被さるノイバラ(ロサ・ムルチフローラ)。
放射状というより噴水状につるを伸ばしています。


     階段の上
     階段の上では、擁壁上にこんもりと茂ったミニのつるバラ「安曇野」のウィーピングと
     右側には生垣に絡ませたスーパーエクセルサとニュードーン。


剪定、誘引作業は、年内では明日が最後になりそうですが、
全部終わるのはどうやら年越しになりそうです。


 夕暮れのシルエット
今日も、作業が終わった頃にはすっかり日が暮れてしまいました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/29(火) 23:59:57|
  2. ウィリアム・モリス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シェードガーデンの新戦力

朝には俄か雨がぱらつきましたが、日中は14.6℃まで上がりました。

とはいうものの、庭はすっかり冬モードへ。

芝庭の様子
西洋芝は十分緑を保っているものの、多くの宿根草、多年草は地上部が枯れたり、
株元に残った小さな芽の状態で冬を越しています。


   2つのつるバラ、ピエール・ド・ロンサールとニュードーンが誘引された
   アーチの外側(お隣の庭への避難経路)付近のシェードガーデンの様子です。

   シェードガーデンの様子
   雑然としていますが、シルバーリーフのラミウム、黄金葉のリシマキア・オーレア、
   斑入りの西洋イワナンテン・トリカラー、アルケミラ・モーリス、都忘れ、アスチルベなどが
   コブシの落ち葉と絡まりあいながら、今からじっと春を待っています。


さて、色々と忙しかった土日でしたが、買い物に出かけたちょっとした時間の合間に
サ○タのタネガーデンセンターの年末全品3割引セールに立ち寄ってきました。


買い求めたのはシェードガーデン向きの宿根草・多年草を3種。

 リグラリア・プルゼワルスキー
 リグラリア・プルゼワルスキー(プルゾワルスキー)
 ツワブキと同じキク科で、大株になって黄色い花穂を一斉に立ち上げれば見事なようです。
 もともと関心はあったものの、大株になるので諦めていましたが、
 何かの間違いでは?と思うような価格設定にさらに3割引が加わって、
 思わず手が伸びてしまいました。


       リシマキア・アトロパープレア・ボジョレー
       リシマキア・アトロパープレア・ボジョレー
       新しい花壇の北側にすでに一株植えていますが、
       1年前に購入したシェードガーデンの株は
       夏を越えられず枯れてしまったため、新たに追加購入です。


  そして、クリスマスローズの交配実生株も手に入れました。

  クリスマスローズ(交配株)
  若干の色調が異なるパープルのダブル同士の交配。
  ダブルの苗はウン千円が当たり前のところ、リーズナブルな3桁のお値段のさらに3割引。

  ただし、子供も同じパープルのダブルになるとは限りません。
  とは言うもののある程度は期待出来そうな予感。

  いずれにせよ、結果が出るのは約1年後。
  どんな子供が出来たとしても、将来的にはうちにある唯一のダブル(ホワイト+淡いスポット)
  との交配親にも期待出来そうです。



セールだとついつい衝動的に買ってしまいますが、シェードガーデンが大いに盛り上がる期待をこめて、
今回はお買い得だったということでまあ納得です。


今日までで仕事納め。
明日から新年3日まで年末年始のお休みです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/28(月) 23:59:22|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

慌しく

いよいよ年の瀬も押し迫ってきました。

朝から慌しく、買い物やちょっとした雑用を済ませながら、ほんの少し合間を見つけて庭に出ました。

30分ほどの時間で、ミニのつるバラ「夢乙女」の葉を落とし、枝先をほんの軽く剪定しました。

 夢乙女の剪定

    この夢乙女は昨年春に直径20cmほどのリング仕立てだったものを伸ばしたもので、
    淡いピンクの小花がビッシリと咲く姿は秀逸です。

     2009/5/24
     2009/5/24
     他のバラとの相性も抜群。
     毎年新しいつるが3m前後伸びてきますが、途中から自然に枝分かれして
     たくさんの花芽をつけてくれます。
     来季に向けて誘引をどうするか現在思案中ですが、面白い演出ができそうです。 


そして、あっという間に夕暮れです。
また、30分ほど時間ができましたが、今回は写真撮影だけ。
かなり薄暗くなったので、三脚を使っての撮影です。

 斑入りノブドウの鉢
 斑入りノブドウが植わっていた鉢は、すっかり葉を落とし寂しい冬の雰囲気。


色づいてきたカルーナ
寄せ植えのカルーナが色付いてきました。
背景は、ゴシキヒイラギ、ニューサイラン、カレックス・フロステッドカール。
一緒に植えていたエリカ・ダーレンシスは環境が合わないのかほとんど枯れてしまいました。


   月とニュードーン1

        月とニュードーン2
       階段の上の生垣に誘引したつるバラ「ニュードーン」の梢越しに
       月が薄雲の合間から見え隠れしていました。
      


今年もあと残り僅か。
明日は仕事納めです。
懸案だった年賀状もひと通り印刷ができ、あとは手書きでひと言を添えて明日中には投函できそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
    

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/27(日) 23:59:19|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年賀状づくり

朝のうち曇っていましたが、午後から日が差し始め、夜になっても暖かです。

先日PCのモニターが突然壊れてしまい、年賀状作成が遅れてしまいましたが、
速攻でネット注文した中古モニターがお昼頃に届きました。

19インチ液晶で送料込み1万円足らず。中古とはいえ程度もとても良く、
鮮やかな広々とした画面は快適です。
相変わらずデジタル製品は中古、型落ちしか手を出しませんが、
こんなに手頃な値段で手に入るなら、もっと早く買い替えても良かったかもしれません。

庭仕事は最小限にして、早速年賀状づくりに取り掛かりました。

年賀状づくり
庭の花の写真をふんだんに取り入れたバージョンを作ってみました。
ちょうど外出から戻った家内に見せたところ、
「こんな花ばっかりはダメ」とあっさりと却下。
子供たちの写真を入れたものに作り直すことになり、
この際、遅れついでに明日子供の写真を撮ることにしました。


    切り花のバラ
    先日切り花にしたバラがきれいに開いてきました。
    ウィリアム・モリスが美しいクォーターロゼット咲きに。
    ブルーバユーもカップ咲きに開きました。
    新雪の蕾は、開花にはもう一息。
    マジック・カルーセルは小さいながら整った花型を保っています。



庭に出たのは僅かな時間だけでしたが、少ないながら着実に変化が見られます。

ベッコウマサキの実
クリーム色の斑入り葉が美しいベッコウマサキに赤い実が...
実が熟してくると外側の皮が割れて、鮮やかな朱色の実が顔を覗かせます。


    しだれ咲きビオラ・フィオリーナ
    しだれ咲きビオラ・フィオリーナは成長が続いています。
    花数が順調に増えてきました。


         黄金メギの紅葉
         黄金メギの紅葉がとても鮮やかです。
         もう暮れかかった庭に、鮮烈なオレンジ色が浮かび上がります。


年賀状づくりは明日に持ち越し。
結局、いつものように暮れも押し迫らないと出来上がらないようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/26(土) 23:59:59|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

冬の芽生え

クリスマスの今日も穏やかな一日でした。

平日の朝は、慌しく庭を見て廻り、落ち葉拾いや水やりなどを済ませてから
目に付いたものを写真撮影していきますが、
本格的に冬になると、だんだんと毎日の変化が乏しくなり、被写体探しにも苦労させられます。


秋に植えた球根が少しずつ芽吹き始めました。

アリウム・ギガンチューム
アリウム・ギガンチューム
握り拳大の球根から小さな白い芽が顔を覗かせ始めました。
初夏に紫色の巨大ネギボウズを咲かせる筈ですが、果たしてうまくいくでしょうか。

発芽までは鉢は邪魔にならない日陰に置いていましたが、これからは日向に移動してしっかりと葉を茂らせなくてはいけません。


    青いチューリップ、アルバ・コエルレア・オクラータ
    白地に花芯が青い原種系チューリップ、アルバ・コエルレア・オクラータも芽を出してきました。



 そして、新しい花壇に地植えした、クロッカスや
 原種スイセン・バルボコジウム(ペチコート・スイセン)からも次々と芽生えが。
 
 クロッカス
 クロッカス

       スイセン・バルボコジウム
       原種スイセン・バルボコジウム
      

これからも随時、成長の様子をお伝えしていきます。



さて、すっかり葉が落ちたコブシの木。

コブシの木のアイビー
クリスマスローズが数株植えられた足元から、アイビーが這い上がっています。
白い斑入りのアイビー(ヘデラ・ヘリックス)「グレイシャー」。
ちょうど5年ほど前、引っ越して間もない頃にシェードガーデンに植えたものが、
はや2m余りの高さまで這い上がっています。

葉が茂っていると全く目が行かないのですが、改めて葉が落ちてみると
アイビーの生命力には目を瞠ります。


明日からは年末に向けての最後の週末。
思わぬPCモニターの故障もあって年賀状作成が遅れています。
明日午前中に購入したモニターが届く見込みなので、遅れを取り戻すためにも、
庭仕事はお預けになるかもしれません。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/25(金) 23:59:02|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クリスマス・イブ

このところの寒さから、一転この時期としては暖かいクリスマス・イブを迎えました。

クリスマス・イブ

昨日、家族でひと足早いクリスマスパーティーを楽しんだので、今夜は比較的静かな夜です。

実は年賀状がまだなので、早く作らなければと思っていたところ、
年賀状ソフトが入ったデスクトップPCの液晶モニターが故障して突然映らなくなってしまいました。

住所録から何からすべて入っているので困ったことになってしまいました。


仕方なく急遽ネットで「クリスマス・プレゼント」を発注。
企業の業務用リース落ち中古19インチ液晶モニターです。

これまで、解像度が低く表示エリアが狭い年代ものの15インチモニターを
騙しだまし使っていましたが、程度良好品を送料込み1万円足らずでGetできたので、
ある意味いい買い替えの機会になりました。
うまく行けば、クリスマスには1日遅れですがあさってには商品が届きます。



さて、今日の庭の様子です。

拡張花壇の様子
紅葉はまもなく完全に終わってしまいますが、
常緑のカラーリーフや、緑で冬越しの草花がぎっしりと詰まって賑やかです。
元々のフェンス下花壇との一体感にやや欠ける感じなので、少し工夫が必要かもしれません。



   クレマチス白万重
   クレマチス・白万重は寒さにめげず少しずつゆっくりと開花が進んでいきます。


       セプタード・アイル
       ゆっくりと時間を掛けて開花したセプタードアイルは、
       いよいよ外側の花びらがヘタリ始め、これ以上開くのは難しいようです。
       脇で控えている2つの蕾は、ビニール掛けすればうまく咲いてくれそうです。


ギボウシ・ハルシオンの枯れ色
シェードガーデンで最後まで残ったギボウシ「ハルシオン」は、
黄葉を通り越していよいよ枯れ色に。


   ノイバラのローズヒップ
   視線をそのまま真上に移すと、生垣の上に絡みついたノイバラの無数のローズヒップが
   ようやく赤く色付いてきました。    

   このノイバラも、この土日か年末年始にはすべてローズヒップを落として
   伸び放題のシュートを誘引します。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/24(木) 23:59:44|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

つるバラ「新雪」の誘引

朝は少々冷え込みましたが、寒波は少し緩んできました。

今日は天皇誕生日でお休み。つるバラ新雪の剪定・誘引です。

新雪
剪定・誘引前の「新雪」


新雪は強健で病気にとても強いので日頃ほとんど手が掛かりませんが、
つるが太くて堅めで鋭いトゲが多いので、誘引は楽な部類ではありません。

     「新雪」誘引作業中
     脚立の上に立って、まだ茂っている葉をすべて毟り取り、株中に蔓延したカイガラムシを
     ワイヤーブラシで残らずガリガリと落としていきます。
     長いつるは、鋭いトゲと悪戦苦闘しながら取り廻して固定していきます。


  切り落とした新雪の古枝
  アンジェラほどではありませんが、かなりの古枝を切り詰めて、新しいつるに入れ替えました。
  上空に伸びていたつるも、誘引してやります。


「新雪」誘引完了1

      「新雪」誘引完了2
     今日も4-5時間の作業で無事誘引まで終えました。
     上空に伸びていたつるは直径3cm近くあって、長さ約4m。
     来期以降、現在の主幹と徐々に入れ替わっていくことになります。



長かった寒波が通り過ぎて、庭ではビニール掛けしたもの以外にも少しずつバラの開花が進んでいます。


つるマジック・カルーセル
つるマジック・カルーセルがいくつか開花しています。
四季咲き性が強い大型のミニチュア系のバラですが、
春や秋の盛りの時期に比べると、ピンクがとても淡くて清楚な雰囲気です。


   庭のバラの切花
   いくつかのビニール掛けのバラとともに切花にしました。


 今夜は一足早く家族でクリスマスパーティーです。
 料理好きの家内の手料理とスパークリング・ワインで
 Merry Christmas!

 クリスマスパーティー



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/23(水) 23:59:14|
  2. 新雪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

待機中の大物たち その2

今日は冬至。

長く続いた寒波も今日いっぱいでひと休み。
明日は14℃の予報も出ています。

冬はこれからが本番ですが、明日からはひと足早く春に向かって一日一日と陽は高くなっていきます。


さて、残ったつるバラのうち、最大の大物はテラス上のつるバラ「新雪」。

新雪
ご覧のとおり葉もまだたくさん残っています。
テラス上に誘引した部分からはほとんどシュートが出なかったため、
おそらく半分以上の枝が切り落としの対象になるのでは、と踏んでいます。
一方、左側の上空に伸びたシュートは将来の主幹になる有望株なので、
おそらくテラスの上に誘引してやることになります。


     フェンスのカクテルとウィリアム・モリス
     お隣との境界フェンスに誘引しているカクテルとウィリアム・モリス。
     カクテルは黒点病で多くの葉を落としましたが、シュートは旺盛に伸びてくれました。
     ウィリアム・モリスは、フェンスの上部にはたくさんシュート、花茎を伸ばしてくれましたが、
     下部にはほとんど花もシュートも出てくれませんでした。
     今年1年で判明した習性を今回の誘引に十分活かしたいと思っています。


庭の南側の生垣に覆い被さっているノイバラ。

ノイバラ
今年のシュートが自由奔放に四方八方に伸び、
春に房咲きの白花が咲いた昨年のシュートにはたくさんのローズヒップが色づきつつあります。


  色づいたノイバラのローズヒップを採取し、種まきしました。

  ノイバラのローズヒップ

        ノイバラの採種

    ノイバラの種まき

    4粒のローズヒップから16粒の種を採種。
    発芽抑制物質を含む果肉を取り除き、種が乾燥しないうちに「取り蒔き」しました。
    ノイバラの種は採取時には休眠しており、発芽前に一定期間寒さに当てることで休眠が破られます。
    休眠打破には、種が湿った状態でおおよそ2ヶ月程度低温に晒される必要があるようです。


ノイバラは先にご紹介したように大きく成長します。
この日本原産のバラは、学名「ロサ・ムルチフローラ」の名のとおり
多くの白い一重の花を房状に咲かせますが、フロリバンダ・ローズなどのバラの房咲き性は
このバラが欧州に紹介されて初めてもたらされたと言われています。

そして、このバラはとても強健で、根の張りが極めてよいため、
日本国内では接ぎ木苗の台木として最も一般的に用いられています。


今回種まきしたノイバラは、夏頃までうまく成長すれば、芽接ぎ苗や接ぎ木苗の台木として使えるようになります。
我が家ではこれ以上バラを増やすことは庭のキャパシティの関係上困難ですが、
株の若返りなどにお遊び半分で使ってみようと思っています。



(もし、ノイバラの種まきに挑戦してみたいという方があれば、希望者にノイバラのローズヒップを差し上げます。
ご希望の方はコメントにてご連絡ください。)


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/22(火) 23:59:49|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

待機中の大物たち その1

寒い日が今日も続きます。

週末はアンジェラの作業だけであっという間に終わって、
残るつるバラの剪定・誘引は天皇誕生日までお預け。

出勤前の慌しいひととき、待機中の大物たちの様子を観察しました。

安曇野
階段の上の安曇野。
擁壁上に植えたミニのつるバラをウィーピングに仕立てていますが、
新しく伸びた長いシュートが四方八方に暴れ、スパイダーマン2のタコ足博士を彷彿させます。

この奥側には、秋に避難通路確保のために長いつるを大幅に切り詰めた
アルバ・メイディランドも控えています。


     スーパーエクセルサとニュードーン
     同じく階段の上のスーパーエクセルサとニュードーン。
     どちらも、きちんとした誘引はせず、生垣に無造作に寄り掛からせて、
     ある程度、自由奔放に任せています。
     両者とも我が家のバラの季節の後半?終盤を盛り上げてくれます。

     今の季節、特にニュードーンが高い位置でかなり暴れています。



両者の今年春の姿です。

階段上のつるバラ 2009/5/24
階段を跨ぐアルバメイディランドとニュードーンの誘引は今年は止める予定ですが、
通路を妨げない範囲で、何らかの工夫を考えたいと思います。


今日のところはここまで。
明日に続きます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
     

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/21(月) 23:59:34|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アンジェラの剪定・誘引 2日目

アンジェラの剪定、誘引 2日目です。
少し寒さが緩んで日中は11.3℃。
暖かな日差しの下での作業はなかなか快適です。

誘引開始前
昨日までの作業で、古枝の剪定はほぼ終わりました。
今日は、上に向かって自由に伸びている新しいつるを誘引します。


    アンジェラの剪定枝
    古枝はほとんど落としました。古枝の8割方は落としたでしょうか。
    残した古枝は、先端寄りに新しいつるが長く伸びたものだけ。
    アンジェラは毎年新しいつるが旺盛に出るので、これぐらい落としてちょうど良い感じです。


誘引作業完了1
誘引が完了しました。今日の作業時間は4時間あまり。
スッキリと枝が収まりました。


     誘引作業完了2
     ドーム状の天井部分。
まだ上に向いて立っている枝が少し残っていたので、後で横に寝かせました。


         誘引作業完了3
         ドームの下側から。
         新しい枝が少ないのではとちょっと心配しましたが、
         結果的には十分足りました。
         アンジェラは葉が良く茂るので、これで春には全く隙間がなくなります。



日が暮れ始めるとさすがに冷え込みます。
落とした古枝を切り刻んでゴミ袋に入れ終えたときには、もうほぼ真っ暗になっていました。


これで約半分のつるバラの剪定・誘引が終わったというところです。
残る大物はテラス上の新雪とフェンスのウィリアム・モリス、カクテル。

さらに階段脇の擁壁上のミニつるバラ「安曇野」のウィーピング、
生垣上のノイバラと続きます。



日中の日当たりはポカポカと暖かいので、バラの蕾にビニール袋を被せました。

バラの蕾へのビニール掛け1

      バラの蕾へのビニール掛け2
      蕾がほころび始めたら切花にするつもりです。
      そうしないといつまでたっても剪定が出来ないので...



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/20(日) 22:11:51|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

アンジェラの剪定・誘引 1日目

寒波は今日がピークのようです。
今朝の最低気温は1.8℃まで下がりました。

しかし、日中はほとんど風もなく10℃近くまで上がって、
つるバラの剪定・誘引作業にはまずまずの日和です。


お昼頃までにちょっとした用事を済ませて、2時前からアンジェラの剪定・誘引に取り掛かりました。

アンジェラ剪定前1

     アンジェラ剪定前2

アンジェラは、階段の脇からテラスに覆い被さる様にドーム状に誘引しています。

まず、古い枝や細い枝の剪定からスタートです。

蔓延するカイガラムシ
軒下の枝にはカイガラムシがビッシリとついて、白い綿ボコリがたくさん付着していました。

ブラシでこすり落としながらどんどん剪定していきます。
目安として、新しいシュートが50cm程度以上伸びていない枝は、
原則として一番株元寄りまで切り戻します。
考え方としては、昨冬に誘引したシュートのうち、
今年の夏?秋に新たにシュートを出さなかった枝はすべて切り落とすということです。


    アンジェラ剪定中
    どんどん落としていくと、スカスカになりました。

    写真は3時半頃の途中経過ですが、あっという間に日が暮れ始めます。
    すっかり薄暗くなった4時半頃までには9割方の剪定を終えました。

    明日は残りの剪定を済ませて、いよいよシュートを誘引します。
    今シーズンはシュートの伸びがやや少ないので、比較的サッパリした仕上がりになりそうです。



さて、先週のピエール・ド・ロンサールとニュードーンのアーチへの誘引は、
日が暮れたため、最終仕上がりを改めてご紹介します。

ピエール・ド・ロンサールの誘引
アーチのマンション建物側(北側)半分にピエール・ド・ロンサールを誘引しました。


     ニュードーンのアーチへの誘引
     そしてアーチの生垣側(南側)半分にニュードーンを誘引し、
     余ったつるは隣接した生垣の上に被さるように誘引して、自由奔放に咲かせます。



明日は、明け方は冷え込みそうですが、日中は今日と同様つるバラ誘引日和になりそうです。
丸一日使えそうなので、アンジェラの誘引を済ませ、できれば他のつるバラも少々片付けたいと思っています。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/19(土) 23:59:47|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

冬の朝日

一段と寒くなってきました。
今日は北風も強くなって、この冬になって初めて
ホントに「寒い!」と感じた一日でした。


出勤前のひととき、慌しく写真を撮るのが日課ですが、
冬になると次第に変化が乏しくなってきます。

冬至が目前に近づいて、庭に朝日が差すのもかなり遅くなってきました。


つるバラ「新雪」
フェンスの上のつるバラ「新雪」が時間を掛けて大輪の花を咲かせました。15cm近くあるでしょうか。


朝日は庭の東側にある階段の上の方角から昇ってくるので、この時期、庭に朝日が届き始めるのは
どうしても出勤より後になってしまいます。

  つるバラ「新雪」 2
  昇ったばかりのまだ弱々しい朝日が、公園の木々の影をマンションの壁面に映し出しています。



まだ日が届かない庭では、手ブレに注意しながらの写真撮影になります。

しだれ咲きビオラ・フィオリーナ
しだれ咲きビオラ・フィオリーナ
ずいぶんと花数が増えてきました。


     こんもりビオラ・フィオリーナ
     こんもりビオラ・フィオリーナ
     こちらは、ピンチ(切り戻し)をしたこともあって、まだコンパクトです。
     本格的に「こんもり」し始めるのはやはり3月頃から。
     そして4月にはこの鉢(10号)から溢れ出すほどに成長します。



  さて、先日の週末、バラとの相性抜群の定番、ジギタリスとデルフィニウムを近所のHCで入手しました。

  ジギタリスとデルフィニウム
  1ポット100円余りですが、春には見事な花穂を立ち上げます。


        【春のジギタリスとデルフィニウム】
         ジギタリス2009/5/14
         2009/5/14

              デルフィニウム2009/5/5
              2009/5/5

                   デルフィニウム2009/5/16
                   2009/5/16



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/18(金) 23:59:25|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

寒さは苦手

今日も寒い日が続いています。
今朝の横浜は4.9℃。この冬初めて5℃を割り込みました。
週末にかけてさらに下がって、日曜日には1℃との予報が出ています。


ひと冬を通じて氷点下に下がるのは数えるほどしかない横浜ですが、
非耐寒性の多年草はやはり室内に取り込まなければなりません。

そこで、先々週から先週にかけて、いくつかの植物を避寒用の寄せ植えにして室内に持ち込みました。

室内避難1
フクシア「ポーラジェーン」と
コリウス「ブロンズカンプ」、「ミッドナイトグリーン」、「ムーンライト」

いずれも秋までに挿し芽でコンパクトな苗を作って、ひとつの鉢に寄せ植えにしました。


      室内避難2
      トウガラシ「パープルフラッシュ」と
      八重咲きインパチェンス「カリフォルニアローズ・フィエスタオーレ・ピーチ」

      こちらは、コンパクトに切り戻して、ひとつの鉢に植え替えました。



一般的に熱帯性のガーデン向け植物でそれほど高価でないものは
「非耐寒性多年草(一年草扱い)」
というような表示がされて、事実上一年草として売られています。

しかし、これらはいずれも寒さにさえ当てなければ本来は多年草ですから、
みすみす寒さで枯らしてしまうのは余りにもMOTTAINAI。

春にまた新たに苗を買うと、どれも300-500円ほどかかってしまいますから、
これでバラ苗1本分くらいの節約になると思うと馬鹿にはできません。

庭に面したリビングルームの窓際でこれから4ヶ月ほど過ごしてもらいます。



セプタードアイル
さて、庭では寒さの中、バラが咲き続けていまが、開花の進行はほとんど止まっています。
イングリッシュローズ「セプタードアイル」は、2日前と見比べても僅かしか変化がありません。


     ギボウシ「ハルシオン」
     シェードガーデンで一番最後まで残ったギボウシ「ハルシオン」は、
     いよいよ黄葉が始まりました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/17(木) 23:24:56|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

寒サニ負ケズ

だんだんと寒波が南下中。
横浜は日中の気温は9.1℃と真冬並みながら、
朝の最低気温は5.1℃あったので、まだ身にしみる寒さという感じではありません。
横浜や東京などの関東南岸部は、内陸部より3-5℃は高いようです。

それでも週間予報では、金曜日以降、2℃とか1℃という数字がズラリ。
いよいよ「冬将軍襲来」です。


そんな中、まだ植物たちは頑張っています。

クレマチス白万重
クレマチス白万重
一重咲きからゆっくりと花芯が脹らみ、万重咲きへと移行していきます。


    キンセンカ・ブロンズビューティー
    キンセンカ・ブロンズビューティー

    セリンセ・プライドオブジブラルタル、ニゲラ、宿根ビオラ・ラブラドリカ、
    そして紅葉した黄金メギなどに囲まれて、
    いよいよ蕾が膨らんできました。


 と斑入りランタナ
 今年入手したスモークツリー・ロイヤルパープルが紅葉しました。
 この1年では大して成長せずに小さいままで終わり、
 お隣の低木、斑入りランタナに絡みつかれてしまいましたが、
 来春はもう少し成長してあの見事な紫色の葉をたくさん広げて欲しいものです。


         コデマリ
         コデマリの葉も色づいてきました。
         背後に見える赤い実は、ミニつるバラ「安曇野」です。



週末から週明けにかけてはかなり冷え込みそうです。
残った紅葉は一気に進む一方、開花途上の花や蕾はこれから先ゆっくりと、
相当の長丁場で楽しめることになりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  1. 2009/12/16(水) 23:59:47|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バラの蕾

「冬将軍がやってきた」と盛んに天気予報で脅かされてきた割には少々拍子抜け。
最低気温6.1℃、最高気温9.8℃ですから、今日のところは思ったほどではありませんでした。

しかし、週末から週明けに掛けてほぼ真冬並みの気温が続くようなので、
これですっかり季節は冬に切り替わってしまうことになりそうです。


そうなると気になるのは、せっかくここまで膨らんできたバラの蕾の行く末。

ブルーバユー
ブルーバユー


        セプタードアイル
        開花中のセプタードアイルには2つの蕾が控えています。


    ウィリアム・モリス
    ウィリアム・モリスにも数個の蕾が...


新雪
新雪の花の脇にもひとつ。


        ラ・カンパネラ
        更には、ラ・カンパネラにも蕾が膨らんできましたが、
        こちらはもう一息という感じ。
    


せっかくの蕾なのでもう少し様子を見て、もうあまり動きそうもないようなら
ビニール袋作戦で暖めて蕾を綻ばせてから切花にすることも考えてみます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/15(火) 23:59:23|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雨上がりのユーフォルビア

今日は曇りがちの一日でしたが、まだ「寒波」というほどは寒くありません。

今朝は、夜のうちに少し雨が降ったようで、庭の植物も少々雨に濡れていました。


特に目を引いたのが最近購入したばかりで植え付け待ちのユーフォルビア2種。

ユーフォルビア・マルティニ
ユーフォルビア・マルティニ

   ユーフォルビア・シルバースワン
   ユーフォルビア・シルバースワン
   珍しい斑入り葉です。


ユーフォルビアの仲間はトウダイグサ科トウザイクサ属に属し、
クリスマスの飾りつけで有名なポインセチアや、サボテンのような多肉植物まで、
とてもユニークな植物の一群です。


我が家には他にもユーフォルビアが3種。

 ユーフォルビア・カメレオン
 ユーフォルビア・カメレオン

      ユーフォルビア・ウルフェニー
      ユーフォルビア・ウルフェニー

   ユーフォルビア・アミグダロイデス・プルプレア
   ユーフォルビア・アミグダロイデス・プルプレア


 どれも良く似た感じですが、春にはこれまた不思議な花を咲かせます。

 プルプレアの花
 ユーフォルビア・アミグダロイデス・プルプレア

       カメレオンの花
       ユーフォルビア・カメレオン


とてもユニークなユーフォルビア。
我が家の庭でも、いずれ大株になって見事な株立ちの花穂を立ち上げ存在感を示してくれることでしょう。



さて、その他の新しい花壇の様子です。

  アサギリソウ
  アサギリソウ
  クリーム色がかった美しいシルバーリーフが、朝露を乗せて輝いています。
  お隣には、寒さに当たって色がどんどん濃くなり始めた種まきの銅葉キンギョソウが。


        黄金メギ
        黄金メギもこのところ急に色付いてきました。


赤枝垂れ
もみじ「赤枝垂れ」も紅葉終盤で真っ赤に色づき、
周囲の黄金シモツケ・レインボーやギンヨウアカシア・プルプレアなどとともに
芝の緑に映えています。



さあ、明日あたりからいよいよ寒くなり始めます。
最低気温は当初の予報よりやや高めのようですが、しばらくは最高気温は一桁の日が続きそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/14(月) 23:59:15|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ピエール・ド・ロンサールとニュードーンのアーチの誘引

朝から曇り空で、昨日とは一転寒々とした一日でした。
気温は11-12℃前後で推移していたので、平年並みながら、
日差しがなく、まだ寒い冬には順応していない身体には、結構寒く感じられました。


今日の誘引作業は、ピエール・ド・ロンサールとニュードーンのアーチ。

ピエール・ド・ロンサールとニュードーンのアーチ誘引前
右側がピエール・ド・ロンサール、左側がニュードーンですが、
日当たりの良い南側のニュードーンの方がよく茂っています。



まず、開花時の様子。

2009/5/14
2009/5/14
まず、ピエール・ド・ロンサールが一足先に満開に。
前の年に新苗で購入したばかりなので、まだ花数は少なめです。

    2009/5/19
    5日ほど遅れてニュードーンが。
    花茎が長めなので、アーチからだいぶ離れて咲いています。
    はっきり言ってニュードーンはアーチにはあまり向いていません。
    壁面かフェンス、あるいは大きめのパーゴラ向きですね。
    ピエールがもう少し成長したら、アーチ上面はすべてピエールに譲って
    ニュードーンはすべて南側の生垣の上面へ誘引してやろうと思います。
    


さて、誘引作業開始です。

まず、残った葉をむしり取って、古枝や細い枝を落としていきます。
誘引の要領は基本的には昨日と同じですが、
垂直面から傾斜面、そしてや水平面が混じるのでやや複雑です。
お昼前から取り掛かって、終わった頃にはすっかり薄暗くなっていました。

ピエール・ド・ロンサール誘引後

          ピエール・ド・ロンサール誘引後2
        
   ピエール・ド・ロンサール誘引後3

  まだ完全には終わっていない写真ですが、薄暗くなり始めたので完成前に撮影しました。
  ニュードーンはまだ作業途上だったので、写真はピエール・ド・ロンサール側だけ。
  全体の完成後写真はまた改めて。

  垂直面はつるをS字に誘引しますが、アーチ自体と近くのフェンスの日陰に入ってしまうため
  あまり花つきはよくありません。
  そして足元がどうしても寂しくなってしまうので、多少の日陰にも強いアルバ・メイディランドを
  腰下の高さに誘引しました。
  ちなみに、このアルバ・メイディランドは、階段上の株の枝が接地して
  勝手に発根したのを掘り上げたものです。

  誘引後の写真2,3枚目では短い枝が上を向いていますが、
  これは春の花茎を2,3節まで切り詰めたもの。
  果たしてこの枝に花が咲くかどうかは微妙ですが、
  写真撮影後、枝を寝かせてアーチ面に固定してやりました。

  今年はアーチ上面まで誘引したつるが増えたので、もう少し花数も増え、
  日当たりも良くなって、花後のシュートの出方も良くなるものと期待しています。



さて、やや寒い曇り空の一日でしたが、バラはまだ頑張っています。
昨日の暖かさで開花がまた進みました。

オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナが開花しました。
いつも一番最初に咲いて、最後まで咲いているバラです。


     セプタードアイル
     セプタードアイルの2番花が1日でだいぶ咲き進みました。



さて、久々に西洋芝のメンテを行いました。

今日の西洋芝2009/12/13
寒い日が増えて、芝の生長はほとんど止まりましたが、花壇拡張作業で踏み荒らされて、
枯れや黄変が少し目立つようになりました。
このため、芝用の固形有機肥料(細粒)を撒いてから、殺菌剤ミクロブタニル(ラリー乳剤)と
液肥500倍+尿素0.5g/Lを10L(0.5L/?)をジョウロ散布しました。

この時期の施肥は、冬の間の緑を保つ上で重要なようです。
これから寒い日が続くので、本当は先週のほうが良かったかもしれません。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/13(日) 23:59:38|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

つるアイスバーグの誘引

昨日の雨も朝までには上がって暖かい一日になりました。
最高気温17.8℃。11月上旬並みの暖かさです。

今日の庭仕事は、コートどころか上着なしでOKでした。


予定どおり、この冬のつるバラの誘引第1号はつるアイスバーグ。

つるアイスバーグ誘引前
誘引前のつるアイスバーグ。
春の花後、初夏にオベリスクの頂上付近を一旦切り戻して
その後伸びたシュートはなるべく束ねて上向きに成長させてやりました。


     2009/5/16
     2009/5/16
     今年のつるアイスバーグ。
     オベリスクが見えないくらいに茂っています。
     今年は、つるの誘引位置を少し下げて、オベリスクの頂上が隠れないようにしてみます。



誘引作業に先立ち、すべての残った葉を落とし、枝先など細い枝をすべて切り捨て、切り戻します。
古い枝も、先端寄りに多くの新しい枝が出ていない限り、同様に切り戻します。
古い枝を切り戻すときは、株元寄りに辿っていって、太くて元気な枝が出ている分岐点で切り戻します
(通常は逆T字型の分岐になっていて、上向きに伸びている新しい枝を残します)。

新しい枝をどの太さまでを切り捨て、どの太さを残すのかは品種によって違いますが、
目安として、春の花茎(花首ではありません)の太さを思い出して、
その太さがあれば残し、細いものはすべて切り捨てます。
細い枝は残しても花が咲かず、弱い枝は往々にして黒点病などの温床になるだけです。


約4時間掛かって誘引が完了しました。

誘引完了1

      誘引完了2

            誘引完了3


つるの誘引は45度以下に倒して、先端部分は水平か若干下向きにします。
固定する際、麻ひもであれば問題ありませんが、ビニタイの場合は、
将来枝が太ると食い込むおそれがあるので、若干の余裕を持たせて固定します。


誘引作業を通じて、カイガラムシの蔓延を改めて実感させられました。
剪定バサミとともにワイヤーブラシをポケットに差しての作業となりましたが、
カイガラムシが張り付いているのを見つけてはゴシゴシの繰り返しで、まさに「イタチごっこ」。
やはりマシン油乳剤などで根本的な対策が不可欠なようです。



さて、今日は冒頭で触れたように暖かい小春日和。
冬至が目前に迫り、低くなった陽光が生垣に遮られながらも、芝庭に漏れて差し込んでいます。

小春日和の芝庭


この暖かさのお陰で、バラが一段と咲き進みました。

  セプタードアイル1

         セプタードアイル2

  セプタードアイル(ER)が完全に開花しました。
  かわいい黄色いしべを覗かせて、ミルラ香を漂わせます。

  別の枝の2番花も開花が始まりました。こちらでは2つの蕾も膨らんでいます。


新雪
新雪はすっかり満開になりました。


      ウィリアム・モリス
      ウィリアム・モリスは次々といくつかの蕾を膨らませています。


しかし、この小春日和は今日限り。
天気予報によれば、明日から次第に寒くなり、来週半ばには冬将軍がやってくるとか。

「この暖かさはおそらく今年最後になるでしょう」と解説していましたが、
膨らみかけたバラの蕾は果たしてどうなるのでしょうか?



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/12(土) 23:27:13|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

雨は夜更け過ぎに...

朝から一日雨です。


でも週末は回復していい天気に。

雨は夜更け過ぎに?♪
雪へと変わるだろう・・・じゃなくて晴れて、明日は気温がぐんぐん上がりそうです。

予報では明日の最高気温はなんと19℃。
半袖とまでは言わないものの、上着なし、薄手のシャツを腕まくり、という感じになりそうです。


さて、今朝の雨の庭の様子です。

雨の庭
外に出られないので、テラスから新花壇方向を眺めました。

手前から伸びる2本の枝はイングリッシュローズ「セプタードアイル。
長く弓なりに伸びて、少し垂れ下がった枝の先端部分にうつむき加減で花や蕾がついています。
なお、この2本以外の枝は軽めに剪定してしまいました。



    クレマチス「白万重」
    さて、12月10日(木)、つまり昨日の撮影ですが、
    クレマチス「白万重」の花がゆっくりと開花しています。
    つるが先に進むにつれ少しずつ開花のタイミングが遅れ、花も小ぶりになっています。


ところで、先日こんなのを見つけました。

斑入りヤブランの実
場所は、階段の麓のシェードガーデン。
ヤブソテツ(左)とクジャクシダ(右)に挟まれて、斑入りヤブランに黒い紫色の実が。(12月7日)
斑入りのヤブランは、普通の緑一色のヤブランのようにはなかなか実が生りません。

ヤブランは、株分けで簡単に殖やせますが、今回はせっかくなので、遊び心で種から育ててみることにしました。


ちょっとネットで調べてみましたが、ヤブランの場合、実生(種まき)で斑入り葉は遺伝しにくいようです。


斑入りヤブランの種1
ローズヒップと同様、実の表面の果肉(黒紫色の部分)には発芽抑制物質が含まれているので取り除きます。


     斑入りヤブランの種2
     取り出したまん丸のタネは、一旦乾燥させると発芽能力を失ってしまうそうです。
     そのまま、濡れティッシュにくるんで、タネ保存用に使っているチャック付き小袋に入れて
     発芽まで室温で保存します。発芽までは40-60日掛かるようです。



これは全くのお遊びですが、発芽まで手も掛からないので2ヵ月後のお楽しみとしておきましょう。
変わった斑入り葉が出ると面白いでしょうが、まず無理でしょうね。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/11(金) 23:59:46|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本格的な冬到来を控えて

引き続き高めの気温で推移していますが、明日はまた雨。
土曜日には回復するようですが、最高気温は18℃との予報。

予報のとおりだと、この週末の庭仕事は厚着だと少々汗ばむくらいかもしれません。

しかし、暖かいのも月曜日まで。
水曜日には真冬並みの1℃まで下がるとの予報です。


 今朝の芝庭2009/12/10
今朝の庭の様子です。
まだつるバラの葉は青々としているものが少なくありません。


落ち葉のシェードガーデン1
シェードガーデンは、ほぼ散り終わったコブシの枯葉で埋まっています。
ギボウシは、まだ青々としているハルシオン以外はほぼ枯れて地上部は「消滅」しつつあります。

      落ち葉のシェードガーデン2
      コブシの木の足元に植えられているクリスマスローズ6株は、新しい芽が動き始めていて、
      先の週末にほとんどの古葉を株元から切り落としました。      


新設花壇の様子
昨日小さな紅葉をご紹介した新たな花壇では、様々な色・形の宿根草・多年草やミニ庭木が
ところ狭しと並んでいます。

    新設花壇の様子2
    黄金メギ(中央上)やルリマツリモドキ(中央下)の紅葉が進みつつあります。
    一方で、ニゲラやキンセンカ・ブロンズビューティー、セリンセ・プライドオブジブラルタル、
    クリーピングリナリア「リップルストーン」などの秋の種まき組は、
    寒さに負けずどんどん成長を続けています。


  紅葉して散り落ちるもの、地上部が枯れてなくなるもの、休眠状態で成長がストップしたもの、
  寒さにめげず青々と成長を続けるものなど、植物の個性によって現状はそれぞれですが、
  何れも来るべき厳しい冬の寒さと、その向こうにある春の訪れに向けて、
  備えは着々と進んでいるようです。



これまでのところ、新花壇の「岬の先端の一等地」に植える予定の
イングリッシュローズ「ジュビリーセレブレーション」の入手の目処が立たず、
「画竜点睛を欠く」状態なのが唯一気掛かりではあります。
いつも行きつけのGCでは、どうしたことか今シーズンは最初から入荷予定がないとのことで、
年明け頃までには別のGCか、場合によっては通販で何とか白黒をつけようと思案中です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
        

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/10(木) 23:59:05|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

小さく色付いて

少しずつ寒くはなってきたものの、
まだまだ冬らしさを実感するほど寒くありません。

同じ関東地方でも海に近い横浜は、朝の気温が埼玉や茨城あたりの内陸より
3?5℃は暖かいようです。



そんな暖かい横浜や東京でも紅葉は終盤を迎えつつありますが、我が家の庭では、
今小さな紅葉が真っ盛り。

  ディアボロの紅葉
  アメリカテマリシモツケ(フィソカルパス)・ディアボロが赤や黄色に色付いてきました。
  春から夏は渋いこげ茶系の銅葉なので、落葉する冬を除いて
  1年中葉色を楽しませてくれます。
  1年前は20cmほどの子苗でしたが、これからは毎年1-1.5mほどの新しい枝が
  株立ちになって伸びてきます。

  そして、その足元には赤く染まった黄金シモツケ・レインボーが。
  春の鮮やかな山吹色の葉と紅色の新芽に始まり、夏にはライムグリーン、
  そして秋には紅葉と、これまた1年を通して色の変化が楽しく、
  小さなマウンド状にこんもりと茂る落葉低木です。


      そして先日購入したばかりの赤枝垂(アカシダレ、別名;紅枝垂)。

      赤枝垂(紅枝垂)
      こちらも、一年を通して赤?赤緑?赤紫と葉色の変化が美しいしだれもみじ。
      葉の形もとても特徴的。



 もみじ「桂」1
 階段では鉢植えのもみじ「桂」の紅葉がほぼ最盛期を迎えました。

      もみじ「桂」2
      このもみじは、春には黄色い葉に赤い新芽、夏には緑、
      秋にはオレンジ掛かった赤へと変化していきます。



さて、バラの方はと言えば、ゆっくりとゆっくりと咲いていきます。

新雪

    セプタードアイル
    どちらも昨日の写真との「間違い探し」かと見紛うばかりですが、
    少しずつ、しかし着実に花が開きつつあります。

    ↓同じくセプタードアイルを持つAozoraharukaさんからのコメントによると、
    伸びた枝を柱に絡ませようと誘引したところ枝が伸びるばかりで
    秋には花が全く咲かなかったとか。

    そのコメントで気付きましたが、我が家の秋のセプタードアイルはどれも長く伸びて
    うつむき加減の枝の先端にだけ花を咲かせています。
    このことからは、放物線状に長く伸びて枝垂れた枝先に花をつけるシュラブ樹形が多い
    イングリッシュローズをつるバラとして誘引する場合には、
    どうやら枝の先端を緩やかに下に向けてやる必要があるということが読み取れそうです。
    また、このことは、咲かせる花の数や位置がコントロール出来る可能性も
    示唆しているように思えます。

    果たしてこれが正解かどうか確信は持てないけれど、
    早速これからのシュラブ系つるバラの誘引に応用してみようと思います。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/09(水) 23:59:05|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今年も暖冬?

今朝は冷え込みました。
この冬初めてコートを着ての通勤でした。

といっても最低気温は6.4℃。平年より1℃ほど高めです。

今年一番の寒さだと思って気象庁HPで調べてみたら、
なんと1ヶ月以上前の11月2日から3日にかけての最低気温と全く同じ。
1ヶ月予報でも、特に前半は平年よりかなり高めで推移するようです。



そんな暖冬傾向の初冬の庭では、相変わらずバラが咲き続けています。

新雪
新雪(CL)
先日同様、長く伸びたつるの先端で花が開き始めました。


    セプタードアイル

         セプタードアイル2

       セプタードアイルの開花がゆっくり進んでいます。
       定番のしべが見えるカップ咲きまでもう一息。
       開花間近の蕾も脹らんできました。


    ウィリアムモリス
    先日開花したばかりのウィリアムモリス。
    開花途中の雨の影響か、花びらがこの状態から開かなくなりました。




このほか、冬の庭を彩る草花も、数は少ないながら頑張っています。

しだれ咲きビオラ・フィオリーナ
しだれ咲きビオラ・フィオリーナ イエロー
こんもりビオラと並んで、我が家のビオラの優等生。
植え付けから約1ヶ月半。
まだまだ序の口ですが、いよいよハンギング鉢の縁を乗り越えて、少しずつしだれ咲きが始まりました。



明日から金曜日までは少し天気も崩れそうです。
しかし週末にはまた小春日和が戻ってきそう。

そろそろつるバラの剪定・誘引の時期ですが、ほとんどのつるバラはまだ葉を落とす気配はありません。
一部の花が咲いている枝を除き、すべての葉を手で毟り取ってしまう作業からスタートです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
        

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/08(火) 23:59:26|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

週末のお買い物

今日もいい天気になりましたが、朝晩は冷たい北風も吹いて少々冷え込みました。
といっても横浜の最低気温は8.2度。平年よりまだ3度近く高いようです。


この週末は土曜日に雨が降って庭仕事があまり出来ませんでしたが、
こんな時はついついお買い物に足が向いてしまいます。

実は、行きつけのGCにイングリッシュローズが入荷したので、
目当てのジュビリー・セレブレーションを買いに出掛けましたが、
入荷してないのか、もう売り切れたのか在庫がありませんでした。

他の2,3店もハシゴして覗いてみましたが、やはりどこにもありません。


また年明け頃に追加入荷があるので、仕方なくまたの機会にとその日は諦めましたが、
結局、バラ以外のものを色々と見つけてついつい買ってしまいました。


まず、在庫処分が始まった球根をいくつかget.

球根のお買い物
ミニスイセン・テタテートとクロッカス・ジプシーガール、そして原種系チューリップ・ホンキートンク
2割引でお買い得でしたが、いずれも小型種で黄色かクリーム色の花が早春の庭を明るくしてくれそうです。


これらの球根は、早速日曜日に新しい花壇に植え付けました。

球根の植え付け
紅葉した黄金シモツケ・レインボーの右側の空いた一帯に、すでにポットに仮植えしていたスイセンやクロッカスとテタテートと、ギボウシ・ゴールドスタンダードを植え付けました。

そして、左端のいずれジュビリー・セレブレーションを植える周囲の足元、ちょうどシャベルを置いた辺りに
クロッカス・ジプシーローズとチューリップ・ホンキートンクを。



そして、更に別のお買い物の戦果です。

カラーリーフのグラウンドカバー
右から、斑入りのイチゴ・マーブルストロベリー、
真ん中は、黄金葉ワイルドストロベリー・ゴールデンアレキサンドリア
そして左は、ベロニカ・マダムマルシア。オックスフォードブルーとよく似た、花色が若干薄めのベロニカです。
いずれも低く横に広がるグラウンドカバーとして、新しい花壇に植え付けます。


そして、更に、ただ珍しさだけで買ったのは2つのユーフォルビア。

ユーフォルビア・シルバースワンとマルティニ
シルバースワン(左)とマルティニ(右)

既に我が家に植えているカメレオン、ウルフェニー、アミグダロイデス・プルプレアの3種に加えて、
またユーフォルビアのコレクションが増えました。
草姿や葉色、花色がいずれもとても個性的で存在感たっぷり。
植え場所は、たぶん新しい花壇のどこかに植え場所を確保します。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/07(月) 23:59:35|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

小春日和

くるくると猫の目のように天気が変わります。
昨日の冷たい雨から一転、今日は小春日和の一日。


我が家のミニチュアダックス ココアも芝の上に出て、庭仕事のご主人様を見守ります。
放し飼いにすると花壇の土の上を走り廻って泥んこになるので、リードに繋いでおきました。

ココア1

     ココア2
     どうやら、新しい花壇に植えた斑入りカラミンサが気になる様子。
     気になるのはピンクの花?それともミントの香り?


今日は、とりあえずポット植えしていたスイセンやクロッカスを花壇に下ろしたり
新たに買い足した球根を植えたりと、比較的のんびりペース。


思いつくままにクリスマスローズの古葉を落としたり、気の向くままに一部の鉢バラの剪定も。

 鉢バラの剪定スタート
 まだ花をつけている枝は残して、残りを切り詰めました。
 手前からセプタードアイル、パットオースチン、ジュリアと並んでいますが、
 今の時期の剪定は2月の最終剪定より2節ほど上まで。
 この剪定によって、最上部の芽は冬の間に動き始めますが、3節目の最終ターゲットの芽は、
 今はまだ小さくても、剪定の刺激によって2月下旬頃にはほどよく脹らんで充実した芽になります。
 また、品種ごとの性格や、株の大きさのコントロールの方針によって、
 太目の枝だけにするか、多少細めの枝でも残すかも違ってきます。

 先月ワイヤーブラシでカイガラムシを落としましたが、また少し再発し始めています。
 どうやら何年かぶりにマシン油乳剤や石灰硫黄合剤などの対策が必要となりそうです。



さて、小春日和の中、残った最後のバラの開花が進みます。

      セプタードアイル
      久々にセプタードアイルが開花しました。
      明日にはもう少し開いて、本来のコロンとしたカップ咲きに移行しそうです。
      背後にぼんやりと写るのは、いよいよヘタリ始めたジュリア。


 ウィリアム・モリス
 ウィリアム・モリスはいよいよフォーマルロゼット咲きに移行。


          ブルーバユー
          ブルーバユーは、昨日の強い雨に打たれて少し傷んでしまいました。
          やはりこのバラの花はちょっと神経質な感じで、なかなかうまく咲いてくれません。
   

    クレマチス・白万重
    ブルーバユーの背後に写っていたクレマチス・白万重。
    春に比べるとかなり小ぶりの花ですが、まだたくさんの蕾をつけて順々に開花が進みます。
    この花はいずれ花芯が脹らんでゆっくりと万重咲きに移行していきます。


この週末は土曜日に雨が降り、少し中途半端な庭仕事になってしまいました。

今週は、今日一日の庭仕事の詳しい様子、
新たなお買い物なども織り交ぜてご紹介していくことにします。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/06(日) 23:59:52|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コブシの落ち葉

朝のうちは晴れ間も覗きましたが、
お昼前からパラパラと降り出した雨が午後には本降りに。
結構まとまった雨になりました。


コブシの落ち葉1
朝のうちの庭仕事から。

このところ、コブシの木からの落ち葉が大量になってきました。


   コブシの木1
   しかし、木にはまだたくさんの葉っぱが残っています。


       毎朝の落ち葉拾いが大変なので、木や枝を揺すったり、高枝バサミを使ってはたいたりして
       葉をできるだけ落としてやりました。


    コブシの木2
    逆光になってしまいましたが、かなりスッキリしました。


コブシの落ち葉2
大量の落ち葉は、シェードガーデンに満遍なく撒いてやりましたが、
クリスマスローズやヒューケラなどの常緑の植物の上に落ちたものは、
株元まではたき落として日当たりを確保。


これで冬の間はシェードガーデンのマルチングに、そして春には分解が始まり、いずれ腐葉土に。
おかげでシェードガーデンの土は団粒化が進んで年々良くなっています。
ただし、豊富な有機物を餌に、ダンゴムシやワラジムシが大量発生するのには閉口してますが...



今日もバラの開花が進んでいます。

ウィリアム・モリス

       ウィリアム・モリス
       ウィリアム・モリス(ER)


昨日、濃い色で開花したばかりのウィリアム・モリスが見事に咲き進みましました。
今日の強い雨でどうなったか少し心配ですが、
うまくいけばフォーマルロゼット咲きに変化していきます。


明日は天気が回復するようなので、今日できなかった分もあわせ庭仕事が忙しくなりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/05(土) 22:55:41|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

初冬の雨上がり

昨夜の雨が上がって、朝から気持ちのいい青空。

黄葉したコブシと青空
庭のシンボルツリー、コブシがすっかり黄葉しました。
毎朝の落ち葉拾いがますます忙しくなります。


    モミジ笠置山
    モミジ「笠置山」
    夏の葉焼けで傷みが激しく僅かしか残らなかった紅葉が朝日に浮かび上がりました。


        モミジ桂
        モミジ「桂」
        春の黄葉が見事な「桂」ですが、秋の紅葉も赤からオレンジまで様々な色が入り混じっています。


   紅しだれ
   先週植え付けたばかりの赤枝垂(アカシダレ)も、濃い赤から鮮やかな赤へと変化してきました。



冷たい雨にもめげず、バラの開花は続いています。

新雪
新雪(CL)


     ウィリアム・モリス
     ウィリアム・モリス
     寒さに当たって、このバラらしかなぬ濃い花色になりました。


         ジュリア
         ジュリア(HT)
         開花から1週間経ち、花もいよいよ終盤。
         それにしても、信じられないほど長持ちです。



明日はまた午後に雨になって、日曜にはすぐに回復するとの予報が出ています。
めまぐるしい天気の変化後は、いよいよ寒気が流れ込んでだんだんと冬らしくなってくるようです。


早ければこの週末から、バラの冬剪定、つるバラの誘引を開始することにします。 



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/04(金) 23:10:58|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

またやられた?

  コブシの落ち葉

冷たい小雨がぱらつく朝でした。
しっとりと湿った緑の絨毯にコブシの黄色い落ち葉が散らばっています。

いつものように、朝の庭の雰囲気を楽しみながら落ち葉拾いを始めたところ、異変に気づきました。


ネズミの穴掘り1
新しい花壇の土が掘り返され、芝の上に泥が撒き散らかされています。


    ネズミの穴掘り2
    花壇の反対側も!!


これは紛れもなく、いつか見た光景


どうやら野ネズミの仕業に間違いありません。
先日、苗を植えつけたときに固形油かすを元肥として使いましたが、
彼らにとって格好の「御馳走」になってしまったようです。


そして今晩、高校生の息子が、リビングの窓越しにテラスに出没したネズミを目撃。
茶色い色をした体長15cmほどの「大物」だったとのこと。


前回は毒餌作戦が功を奏したのか、その後収まっていただけにちょっとショックです。
気分的にはあまり「後味」の良い作戦ではなかっただけに、果たしてもう一度同じことをやるのか、
と考えると頭が痛くなりそうです。

いずれにしても、引き続いて被害が出るようなら、次の作戦を研究して対策を打たなければなりません。

折角の新しい花壇もどうやら前途多難です。



最後に、口直しの気分転換に「今日のバラ」。

 ブルーバユー
 ブルーバユー(FL)
 開花が少し進みました。
 明日はまた小春日和が戻るようなので、一気に開花が進むかもしれません。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/03(木) 23:24:55|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新顔のクリスマスローズ

12月に入りましたが、穏やかな好天が続きます。

花壇拡張に伴って色々と新顔を迎えましたが、今回、新花壇には植えなかった期待のルーキーも。

ヘレボルス・フェチダス
ヘレボルス・フェチダス Helleborus foetidus
クリスマスローズの原種系で大型の有茎種。

左はウェスターフリスク。
青系のややシルバー掛かった葉にワイン色の茎が特徴。
ここからライトグリーンの花茎が立ち上がります。

右はイエローウィルゲンブロック。
見てのとおり黄金葉のフェチダス。

どちらも花そのものは小ぶりで地味ですが、株全体では独特の雰囲気を持つ大型種です。


フェチダスを一気に2種類も手に入れたのは、先日の横浜バラクラで見掛けたのがきっかけ。

横浜バラクラ 2009/11/23
背後に写っているのがフェチダスの大株。

    横浜バラクラ2
    ここにも群植されたフェチダスが。


大きく育つとかなりの存在感があることがお分かりいただけると思います。
ただ、一般的なクリスマスローズであるオリエンタルハイブリッドに比べて耐暑性がやや弱いようです。

場所がないのにどうするの?という問題はあるものの、
おそらく花が咲くであろう1年後まで当面は鉢で育てる予定です。



ところで、春に交配、採種して土の中で貯蔵・夏越しし、9月下旬に種まきしたクリスマスローズは....

クリスマスローズの種まき後の様子
まだ変化はありません。
種が湿った状態で一定期間暑さと寒さに晒さないと、種は休眠から目覚めません。
おそらく2月頃に一斉に発芽し始めるだろうと踏んでいます。



さて、今朝の庭の様子です。

コブシの落葉
コブシの葉がいよいよ色づき始め、落ち葉が増えてきました。


    ジュリア
    ジュリア(HT)
    開花から6日目。いよいよ全開状態が近づいてきました。


         ブルーバユー
         ブルーバユー(FL)
         サントリーの「青いバラ」に青さでは負けますが、
         青バラの中では比較的人気のフロリバンダ。
         開花までもう一息です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/02(水) 23:59:16|
  2. クリスマスローズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2年目へ(その2)

今日から12月。
ひんやりとした気持ちのいい初冬の青空が広がりました。



ブログ開設1周年を機に、昨日に引き続き、この1年を振り返ります。

サガエとの競演
2009/6/1
6月に入り、バラは終盤。
ギボウシ・サガエに花茎が立ち上がり、遅咲きのクレマチス・ブルーエンジェル、白いフルディーンと競演。


スモークツリー ロイヤル・パープル
2009/6/8
梅雨入り。
スモークツリー・ロイヤルパープルに雨のしずくが。


アスチルベ
2009/6/12
アスチルベをはじめ、シェードガーデンに初夏の花が。


サッチ掻き出し2009/6/20
2009/6/20
芝庭のサッチ(刈りカス)を除去。
高温多湿環境に西洋芝の弱りや病気が目立ちはじめました。


マメコガネ
2009/7/14
パットオースチンに飛来し、花を蝕むマメコガネ。
夏の間は、バラの花が咲くとすぐにコガネムシの餌食になってしまいますが、殆ど特効薬はありません。


今日の芝庭1 2009/8/16
2009/8/16
芝庭の状態は最悪に。
夏はどうしても病気に罹り易く、枯れが目立ちます。


ペニセツム・ウィローサム
2009/8/16
ペニセツム・ウィローサム(ギンギツネ)。
早くも秋の気配です。


芝庭全景
2009/9/11
西洋芝の種まき進行中。


花の種まき
2009/9/12
草花の種まき


クリスマスローズの種まき
2009/9/28
クリスマスローズの種まき。
春に交配、採種した種は、夏の間湿った土の中で保存したのち、いよいよ種まきです。


今朝の西洋芝 2009/10/1
2009/10/1
西洋芝の種まきがひと通り終わりました。
9月以降、順次蒔いた種の発芽、成長が続いてます。
例年より種まきが半月程度早かった分、病気の多発に悩まされました。


パープルファウンテングラス
2009/10/24
秋バラとパープルファウンテングラス。
今年の秋バラは、カイガラムシ発生の影響もあり、開花が少なめであまり芳しくありませんでした。


今日の芝庭2009/12/1
2009/12/1
そして、今朝の芝庭。
ほぼ芝は生え揃いました。
今後の寒さで成長が緩やかになりますが、
冬の間も緑をしっかりと保つために近く肥料を施します。



さあこれでひと通り、駆け足ながら1年間を振り返ってみました。

基本的には2年目も同じようなサイクルになりますが、
また新たな気持ちで庭仕事や植物の成長、開花の様子をご紹介していきます。

お楽しみに。




さて、今日の庭に戻ります。

残ったいくつかのバラの蕾が膨らんできました。
これらが今年最後のバラの花になりそうです。

ブルーバユー
ブルーバユー



新雪
新雪


セプタード・アイル
セプタード・アイル
背後ではジュリアの花がまだ開花進行中。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/01(火) 23:59:56|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。