芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クレマチス・ミセス・N・トンプソン開花

GW2日目。今日はお休み。
今日も21.0℃まで上がってすっかり初夏モード。
気持ちの良い風も吹いて快適な一日でした。


ミセス・N・トンプソン1
クレマチスの一番花、ミセス・N・トンプソンが開花しました。


     ミセス・N・トンプソン2
     去年チビ苗を買って、今年が初開花。
     パテンス系の旧枝早咲き、弱剪定品種です。
     鉢植えで去年のつるは1m弱。蕾は数個だけですが、
     すでに新しいつるが旺盛に伸びているので
     なるべく伸ばしてやって来年あたりはそろそろ地植えのチャンス。
     早咲きの弱剪定品種なのでつるバラとの相性はもうひとつ。
     どこか良い場所を探してやらないといけません。



オールドブラッシュ・チャイナ
開花2日目のオールドブラッシュ・チャイナ。
昨日より開きましたが、今日もまだ整った姿を維持しています。


       ココア1
       気持ちの良い日差しの中でのんびりと。


   ココア2
   この時期は一年で一番心地よい季節かもしれません。


シェードガーデン
初夏の日差しが降り注ぎます。
シェードガーデンもいい具合に茂ってきました。


細々とした庭仕事をしながら、のんびりと過ごした一日でした。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
     
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/30(金) 23:11:56|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オールドブラッシュ・チャイナが開花

今日からゴールデンウィーク入り。
幸先よく晴れのスタートとなり、気温は22.0℃まで上がりましたが、
風がとても強く、お昼前には通り雨も降りました。


そんな中、正真正銘、今年のバラ第1号が開花しました。

オールドブラッシュ・チャイナ1

     オールドブラッシュ・チャイナ2
     オールドブラッシュ・チャイナ


         オールドブラッシュ・チャイナ3

              オールドブラッシュ・チャイナ4

 オールドブラッシュ・チャイナ5
 中国原産の原種バラ。
 春早くから初冬まで長い間繰り返して咲き続けます。
 爽やかでとてもよい香りがします。

 開花早々は整った顔立ちですが、2,3日で花姿がだらしなく乱れてしまうのが難点。


 ひとつひとつの花もちは良くないけれど、次々と咲いてくれます。



今日は風が強く、モリモリ成長した新設花壇の草花がかなり乱れてしまいました。
そこで、徒長して大きくなったセリンセ・プライドオブジブラルタルと
カレンデュラ・ブロンズビューティーをかなり整理して、
大きくなりすぎたギボウシ・リバティも移動させることにしました。

ギボウシ・リバティ


      アリウム・ギガンチウム
      代わりに、階段に置いていたアリウム・ギガンチウムの鉢を持ってきました。
      バラの花との競演を期待したいところです。


リバティ 引越し後
リバティは階段に移しました。



明日からは風も止んで穏やかで暖かいGWになりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/29(木) 21:30:15|
  2. オールドブラッシュ・チャイナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

土砂降り

朝から土砂降りの雨。
神奈川県内では、4月としては史上最大の雨量を記録した地域もあったようです。

横浜はそれほどではなかったものの、駅までの道で所どころ雨水が溢れていました。


朝、家を出る前の庭の様子です。

土砂降り1
写真でもはっきりと分かる土砂降りです。


       土砂降り2
       オベリスク先端付近のつるアイスバーグ。


   土砂降り3
   フェンスのウィリアム・モリス(右)と、アーチのピエール・ド・ロンサール(左)


         土砂降り4
         巨峰


 土砂降り5
 スモークツリー・ロイヤルパープルの紫色の葉の上で水玉が踊ります。
 右側の穂はコバノズイナ・サライブ。



この雨も午後には止んで、明日から始まるGWは、終盤まで晴れマークがズラリと並びます。
気温も20℃から23℃と、いよいよ待たされ続けたバラシーズンが本格的にやってきます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/28(水) 23:49:56|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

GW間近

お昼前から降り出した雨が、ずっと降り続いています。
明日にはこの雨も上がり、いよいよゴールデンウィーク(GW)がやってきます。

予報によればお天気はまずまずで、連日20℃まで上がる例年並みの陽気となるようです。


オールドブラッシュ・チャイナ
バラ1番花(お隣の庭に領空侵犯して去年の蕾が咲いたつるバラ「新雪」は除く)になりそうなのが
このオールドブラッシュ・チャイナ。
結構焦らされますが、ガクが開き始めたので開花はもう間もなくです。


    新雪
    次に有望なのが、オールドブラッシュ・チャイナの頭上に誘引されたつるバラ「新雪」。
    もう、ワクワクするほど蕾がたくさん立ち上がっています。


ホンキートンク
先日ご紹介した原種系チューリップ、ホンキートンク。(2010/4/25)
天気がいい日は、ご覧のように花を開きますが、雨や曇り、朝夕には閉じてしまいます。


      コデマリ
      一足先に満開のコデマリでは、ミツバチ?が蜜集め。(2010/4/25)


都忘れ1

     都忘れ2
     明るいシェードガーデンに植えっぱなしの都忘れ3品種が開花しました。(2010/4/25)

   

  斑入りアマドコロ
  今年初めてギボウシのシェードガーデンにやって来た斑入りアマドコロ。(2010/4/25)
  薬品カプセルのような白い花をぶら下げています。
  展開したばかりのリョウメンシダが絡み、
  後方では今春階段から移ってきたギボウシ・フランシスウィリアムズの
  新芽がどんどん大きくなってきました。



GWが目前に迫って、いまや遅しとバラの開花を待つばかり。
バラの登場を彩る舞台装置はほぼ整いました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/27(火) 23:59:47|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

遅れるバラ、クレマチスの開花

今日も暖かくなりました。
最高気温も20度目前まで迫り、ようやく平年並みに近づいてきました。

バラやクレマチスの蕾は日を追うごとに膨らんでいますが、去年は4月16日にバラの一番花が開花、
クレマチスは4月22日に開花しているので、それぞれ10日以上から1週間近く遅れていることになります。


クレマチス・H.F.ヤング
H.F.ヤング
だいぶ蕾が大きくなってきました。
因みに去年の開花は4月22日。


     クレマチス・白万重
     白万重も徐々に蕾が膨らんでいます。
     こちらも、去年は4月23日に最初の開花。


ピエール・ド・ロンサール
ピエール・ド・ロンサール
誘引したアーチ上部で蕾が少しずつ膨らんでいますが、こちらも遅れ気味のようです。


     アンジェラ
     アンジェラ
     無数の蕾が上がりつつありますが、こちらは開花までにはまだ暫く掛かりそう。
     去年は数あるバラの中でトップバッターで、4月16日に開花。
     今年は大幅に遅れることになりそうです。


         ジュビリー・セレブレーション
         ジュビリー・セレブレーション
         今年がファーストシーズン。
         新しい花壇に地植えしました。
         四季咲き多花性で、1年を通して咲き続けるようですが、
         記念すべき最初の花は、この調子だとGW半ば頃でしょうか?



 この冬にゲンコツ剪定ないし古枝まで短く切り戻したバラが、元気に復活してきました。

 ダイアナ・プリンセスオブウェールズ
 ダイアナ・プリンセスオブウェールズ
 すっかり新しい緑に覆われました。
 この時期はまだ葉っぱには病気も害虫もなく、完全無欠状態。
 これまで2度の予防消毒の効果が現れているようです。


       ブルーバユー
       ブルーバユー
       同じくゲンコツから見事な復帰を遂げました。
       こちらも、開花はしばらく先になりそうですが、
       新緑が気持ちよく葉を広げています。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/26(月) 23:59:04|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

新緑の季節

ようやく新緑の季節らしい天気になりました。
気持ちの良い真っ青な空が広がり、まだ心持ち冷たい空気を初夏の日差しが徐々に暖めていきます。


芝刈り後の庭2
すっかり緑がいっぱいになりました。

    芝刈り後の庭1
    毎週の芝刈りは大変ですが、芝草の香りが庭中に充満し、
    刈り揃った西洋芝の上に座り込む気持ちよさは、一度経験するとやめられません。
   
    が、このところダラースポット病とおぼしき枯れが一部に発生しているため、
    楽しみもそこそこに、殺菌剤散布です。

 ダラースポット1

     ダラースポット2
     この写真は先週日曜日に撮影したものです。
     刈り終わった芝の表面だけを見ても良く分かりませんが、
     枯れが混じる部分を指先で掻き分けてやると
     直径2,3cmの円形脱毛症のような禿げたスポットが現れます。
     おそらくダラースポット病の初期症状に間違いありません。

     先週の殺菌剤ロブラール(イブロジオン)の散布でスポットの数はかなり減りましたが、
     まだ禿げた部分が散在しているので、今週はトップジンM(チオファネートメチル)を
     液肥500倍+尿素1g/?とともにジョウロ散布しました。
     なお、尿素は窒素単肥ですが、ダラースポット病に効果があるとされています。


        階段付近のつるバラ
        階段付近のつるバラの様子です。
        もう、ビッシリと葉が茂って、蕾が次々と上がっています。
        手前のオベリスクがつるアイスバーグ、
        ギボウシ・サガエの左側がアンジェラ、
        さらに一段高い擁壁上に盛り上がっているのが安曇野、
        そして更にその奥がアルバメイディランド。


ノイバラ(ロサ・ムルチフローラ)
ノイバラ(ロサ・ムルチフローラ)も無数の蕾が立ち上がり、 たくさんのシュートも勢い良く伸び始めました。


    
blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/25(日) 23:50:29|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

肌寒さが続く中、バラ開花

日が差して少しは暖かくなったものの、まだ上着がないと肌寒い一日でした。

最高14.7℃、最低7.6℃は、平年より5℃前後も低い気温です。
明日は少し和らぐものの、この低温傾向は今月いっぱい続くようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/wth_map/59354011.html


 チューリップ・ホンキートンク
原種系チューリップ・ホンキートンクが咲きました。

新設花壇の先端部分、斑入りカラミンサ、クリーピングリナリア、ベロニカ・アズテックゴールド、
クローバー・ティントワイン、ワイルドストロベリー・ゴールデンアレキサンドリアなどに周りを囲まれて
少々狭苦しいですが、小ぶりで優しいアプリコットイエローの花とうまい具合に競演してくれました。


肌寒い中、ゆっくりとバラの蕾が膨らんでいますが、フェンスのツルバラの向こう側に。。。

新雪1

    おや?? これは!!
    新雪2




新雪3
フェンスの裏側、お隣の庭でつるバラ「新雪」が咲いているではありませんか!

庭の境界の非常避難用の開閉式フェンスを少し開けて写真だけ撮らせてもらいました。
どうやら、フェンスを乗り越えて去年暮れまで残った蕾が4ヶ月ぶりに咲いたようです。

ちょっと反則ですが、一応これが我が家(お隣?)のバラの一番花です。

去年の一番花は4月16日なので、約1週間遅れ。
春になって出来た蕾は、ここにも写っていますが、開花まであと数日は掛かりそうです。


     オールドブラッシュ・チャイナ
     春に出来た蕾で一番早く開花しそうなのが、オールドブラッシュ・チャイナ。
     暖かくなれば2,3日で開花しそうですが、寒い傾向が続くともう少し掛かるかもしれません。

     絡んでいるラグラス・バニーテールには花粉が着きはじめました。



バラは、順調に蕾を膨らませていますが、一部にうどん粉病が発生し、
ごく局部的ですが黒点病が発生し始め、アブラムシもつき始めたので、
庭のバラ全体に薬剤を散布しました。
撒いたのは
 (殺菌剤)
   ダコニール
 (殺虫剤)
   スミチオン
   オルトラン水和剤
これらを混合して1Lのハンドスプレーで。

これとは別に、うどん粉病対策として、ハーモメイト(主要成分;炭酸水素ナトリウム・重曹)も
散布しておきました。



さて、バラ以外の庭の様子を少しご紹介。

 ラグラス・バニーテールの寄せ植え1

     ラグラス・バニーテールの寄せ植え2
    先ほどのラグラス・バニーテールの寄せ植えを別角度から。



  アリウム・ギガンチウム
  アリウム・ギガンチウム
  かなり花茎が立ち上がってきました。


しだれ咲きフィオリーナ・イエロー
しだれ咲きフィオリーナ・イエロー
お隣との境界の開閉式非常通路。
ここを少し空けて新雪の写真を撮らせてもらいました。


    最後に、先週末に買ったチョコレートコスモス・ホットチョコレートが開花しました。
    ホットチョコレート
    不思議なことに本物のチョコレートのような香りがします。
    まだ植え場所が決まっていませんが、今年は取り敢えず鉢植えで
    うまく夏越し、冬越しさせることを目標にします。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/24(土) 23:59:12|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

小雨のシェードガーデン

今日も一日、冷たい雨が降り続きました。


ただ、先日の夏日寸前の暖かさもあって、シェードガーデンは日に日にそのボリュームを増しています。

シェードガーデン1


    もう少し寄ってみましょう。

    シェードガーデン2
    右奥の鉢で3本並んで新芽を伸ばしているのは、ギボウシ・フランシスウィリアムズ。
    その手前で密集して茂っている小型のギボウシはゴールデン・ティアラ。
    そしてほの左手前のギボウシがレモンライム。

    ヒューケラは3種。
    左側で白い花穂を立ち上げているのはティアレラ・ブラックスノーフレーク。
    風知草も黄金斑入り葉と緑葉の2種。

    左側はシダが4種。
    手前(中央)側から、リョウメンシダ、ニシキシダ、クジャクシダ、
    そして少し見にくいものの、左端一番奥のヤブソテツ。

    中央右寄り、ギボウシとヒューケラの間で少し背が高いのが斑入りアマドコロ。

    左手前の水玉模様はプルモナリア・オパール、
    その左で全面白く見えるのはラミウム・スターリングシルバー。


    さらにこれらの隙間には何種類かのアイビーが葉を伸ばしています。



 シェードガーデン3
 同じシェードガーデンの右側部分。
 リーガルスプレンダーが立ち性のギボウシらしくスラリと。
 ピンクのハート型の花穂を伸ばしているタイツリソウに、
 やや色が薄くなり始めたベニシダが絡んでいます。



       階段のサガエ
       ギボウシつながりで、階段のサガエの様子です。
       ますます見事になってきました。
       すでに直径が1m近い株張りです。

       右手前は青系のハルシオン、そしてその右隣は全面黄金葉の風知草。


       ずっと奥、上の方には昨日ご紹介したコデマリとラグラスが見えています。


テラスの寄せ植え
最後に、テラスの寄せ植えを。
コルジリネ・レッドスターの周りに、我が家にあり合わせの植物を並べてみました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/23(金) 23:52:04|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

冬に逆戻り

一体、どうなっているんでしょう?
またしてもあっという間に冬に逆戻りです。

昨晩、遅くまで飲みすぎて昨日の分に続けての更新なので
余計に極端さに呆れてしまいます。


今日の横浜は朝方はまだ昨日の余韻が残って10℃を超えていましたが
その後どんどん気温は下がり続けて、日中の気温が7度あまり。
冷たい雨が降り続いて、ほとんど真冬並みでした。


小雨がぱらつく今朝の庭の風景は、昨日の初夏の余韻が残った
日中の真冬のような雰囲気とは少々かけ離れたものですが、お楽しみください。


大鉢の寄せ植え
特大テラコッタの寄せ植えに待望のギボウシ、アビクア・ドリンキングガードが展開し始めました。
前にもご紹介しましたが、ドリンキングガードとはひしゃく型の瓢箪、というか瓢箪で作ったひしゃくのこと。
また米国では同じ語源から「北斗七星」をこう呼ぶそうです。
このユニークな葉形を維持したまま葉数を増やしていきます。


    もみじ「笠置山」と「桂」
    もみじ「笠置山」と「桂」
    こちらは春の葉色、赤と黄色の対比が鮮やかです。
    どちらも季節が進むにつれて徐々に緑系に変わっていきます。
    

        ハルシオンとサガエ
        階段のすぐ上では、青系ギボウシの代表品種、ハルシオンがすっかり展開しました。
        こちらもサガエの外斑のクリーム色との対比が鮮やかです。


コデマリとラグラス
コデマリが開花しました。
たまたまお隣にこぼれダネで生えてきたラグラスとの相性もいい感じ。


     雲竜ハシバミ
     雲竜ハシバミ(ヘーゼルナッツ)
     冬の間、そのクネクネした雲竜枝を楽しみますが、緑の葉が芽吹いてきました。
     葉が茂ると枝が見えにくくなってしまい、楽しみは来冬までお預けになりますが、
     しっかり新しい枝を伸ばして絡まりあってもらうためには仕方がありません。



バラの蕾は、全体に遅れ気味ですが、順調に脹らんでいます。

新雪
つるバラ「新雪」の蕾に白い花びらが覗き始めました。
開花まであと1週間ほど掛かるでしょうから、去年に比べるとやはり遅めです。


    ピエール・ド・ロンサール
    アーチのピエール・ド・ロンサールは、新雪から1週間あまり後の開花なのでまだ蕾は小さいですが、
    ゆっくりと着実に蕾は脹らんでいます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/22(木) 23:33:12|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夏日!

(昨晩、帰宅が遅かったので更新できませんでしたが、
 のちのちの記録のために昨日分として更新します 2010年4月22日21:43)



東京は25℃を超えて今年初めての夏日、横浜も23.8℃まで上がりました。


ギボウシ・リバティ
新しい花壇に配置したギボウシ・リバティが、鮮やかなクリーム色の外斑を輝かせ、
威風堂々の存在感を発揮しています。


      もみじ「赤枝垂」
      その脇の枝垂れもみじ「赤枝垂」がようやく葉を展開し始めました。
      このもみじは春?秋を通して赤い葉色なので、
      お隣のギボウシ・リバティと葉色、葉型の対比をずっと楽しませてくれる筈です。



テラス前
テラス前のバラ鉢や、そこに混じった寄せ植えも旺盛に茂り始めています。

先日ご紹介したようにオステオスペルマムは満開、
クレマチス・デュランディも立ち性のつるの先端に蕾を脹らませ、
バラは次々と蕾を立ち上げています。


    黄金葉ナツヅタ
    テラスの片隅に杭を立てて鉢植えにした黄金葉ナツヅタに、まさに黄金色の若葉が芽吹き始めました。
    いずれは壁面にも這わせてみたいと思っていますが、まずは高さ1mほどの木杭に絡ませてみます。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/21(水) 23:59:53|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

着々と

お昼ごろから降り出した雨は、夜遅くになって漸く止みました。

ただ、このところの雨とは違って今日は暖かい雨でした。


庭の植物は着々とクライマックスに向けて成長を続けています。

H.F.ヤングとカクテルの蕾
フェンスのクレマチス・H.F.ヤングの蕾がかなり大きくなってきました。
絡んでいるつるバラ、カクテルの蕾はまだ固めですが、全体としては蕾は順調に膨らんでいます。
どちらもあと1週間ほどのうちに開花が始まりそうです。


    オールドブラッシュ・チャイナ
    一番、開花が近そうなオールドブラッシュ・チャイナ。
    脹らんだ蕾に、寄せ植えの銅葉のクローバーや「ねこじゃらし」のようなラグラスが絡んでいます。



色々な庭の植物も着々と成長中です。

黄金シモツケ・レインボー、ディアボロとペンステモン・ハスカーレッド
鮮やかな黄金シモツケ・レインボーに、銅葉のテマリシモツケ・ディアボロが絡みます。
ペンステモン・ハスカーレッドもまもなく花穂が立ち上がり始めそうな勢いです。


     都忘れ
     やや日当たりのよい西側のシェードガーデンでは、都忘れが咲き始めました。
     清楚な和のイメージですが、洋風の庭で斑入り風知草、
     ラムズイヤーと絡んでもあまり違和感はありません。


アジュガ
アジュガの花穂が立ち上がりました。(2010/4/18)

    シェードガーデン(西)
    少しカメラを引いてみました。
    カレックス・ブキャナニーとギボウシ・ジューンフィーバーに
    こんもり茂ったラミウム・スターリングシルバー(右)とラミウム・ピンクパール(左)が絡みます。

    アメリカイワナンテン・トリカラーは、植え替えてシェードガーデン奥から前面に移動させました。

    この一角は葉物ばかりですが、陽が高くなり比較的日もよく当たって随分と明るい雰囲気になってきました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/20(火) 23:59:08|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

20℃超え

今日は久々に20℃を超えました。
これが本来の今の季節の暖かさでしょう。

庭の植物も、何もなかったかのように成長のピッチを上げています。


新雪、つるアイスバーグ
テラス上の新雪とオベリスクのつるアイスバーグ


    新雪
    新雪を別角度から(2010/4/18)


         ウィリアムモリス
         フェンスのウィリアムモリス(2010/4/18)


バラの蕾はずいぶん膨らんできましたが、やはり去年と比べると遅れ気味です。

去年は、
 オールドブラッシュ・チャイナが4月16日、
 アンジェラが17日に開花。
 そして22日にはカクテルとクレマチスH.F.ヤングが開花

しているので、全体的に数日?1週間程度の遅れのようです。


テラス前のバラ鉢の一角では一足先にオステオスペルマムが満開になりました(2010/4/18)。

オステオスペルマム白

    オステオスペルマム オレンジ

    まだ蕾がたくさん控えているので、おそらく1ヶ月以上はこの状態を持続してくれるでしょう。



フェンス前のバラ花壇では、色々な宿根草がモリモリと成長中。

バラ花壇の宿根草

目立つのはウールのような産毛を纏ったラムズイヤーと、銅葉のユーフォルビア・カメレオン。
そして仮置き中の斑入り風知草。
下葉に植えた斑入りグレコマ、右手前のシルバーリーフのヘリクリサム・ペティオラレ、
そして、デルフィニウム、ニゲラ、カレンデュラ・ブロンズビューティー、
などなど。。。

紹介しきれないので、またバラが開花し始めた頃に改めてご紹介します。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/19(月) 23:59:42|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

暖かさが戻りました

今日は久々に穏やかで暖かな一日。
最高気温も16.8℃。
平年値よりまだ2℃ほど低いものの、このところの寒さもあってとても暖かく感じます。


  こんもりビオラ・フィオリーナ
  こんもりビオラ・フィオリーナが、その名のとおり「こんもり」。
  毎年1株でここまで大きくなってくれる我が家の定番です。


フィオリーナの後方でこんもりしている花壇の様子から。

     クローバー・ティントワイン
     クローバー・ティントワイン
     肥料が効きすぎたのか、思った以上に大きく成長して芝の上に溢れ出しました。


ベロニカ・アズテックゴールド
ベロニカ・アズテックゴールド
鮮やかな黄金葉と銅葉のクローバーのコントラストが見事です。
秋に種蒔きしてまだ成長途上のスティパ・エンジェルヘアーが絡みます。


    クリーピングリナリア
    クリーピングリナリア(リップルストーン?)が隙間から顔を覗かせています。


         ベロニカ・マダムメルシェ
         ベロニカ・マダムメルシェ(マダムマルシア)
         花はオックスフォードブルーにそっくりで少し淡い水色。
         かわいい花穂が立ち上がります。
         斑入りカラミンサの陰に隠れてひっそりと咲いています。



明日以降も順次、咲き始めた春の花をご紹介していきます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/18(日) 23:59:38|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

今度こそ春到来?

昨夜はちょっとワインを飲みすぎたので、1日遅れでの更新です。(4月18日11:48)

みぞれが降った夜が明けて、真冬のように空気が冷たい一日でしたが、
午後には日差しが戻りました。
日差しそのものはもう真夏並みに高くなってきました。

今日の芝庭
今週も16mm高で芝を刈りました。
一部に病気が出掛かっているようなので、ロブラール(イブロジオン)とホセチルをジョウロ散布しましたが、
全体としては生育は順調です。
薬剤散布の際、去年試供品を手に入れた植物活性剤「オリゴグルコサミン」も少量添加してみました。


        ギボウシ・サガエ

   サガエ2
   昨夜のみぞれ混じりの雨露が大きなサガエの葉の上で転がっています。


シェードガーデン
南側が生垣のシェードガーデンは次々と芽吹いています。


     タイツリソウ
     タイツリソウが開花しました。
     脇ではベニシダが芽吹いています。


        クジャクシダとニシキシダ
        クジャクシダが展開しました。
        ニシキシダとのコンビネーションが絶妙です。


斑入りアマドコロ(鳴子ユリ)とリョウメンシダ
斑入りアマドコロの葉が展開しました。
リョウメンシダ(両面シダ)も葉を伸ばし始めています。


     ヒューケラ・キャラメル
     ヒューケラ・キャラメルに花芽が上がってきました。


寒さが去って、春到来、というよりもうすぐ初夏がやって来ます。

オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナの蕾に赤い色が見え始めました。
この寒さの影響は、バラに関しては今のところ最小限で済んだようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/17(土) 23:59:51|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪!? (+ユーフォルビア)

4月も後半だというのに異常な寒さです。
横浜では日中ミゾレが降ったようですが、先ほどからまた雨にミゾレが混じり始めました。

天気予報でも明朝にかけて雪マークが出ています。
もし17日(土)に雪が降ると、昭和42年、44年に並ぶ史上最も遅いタイ記録だそうです。


雨降り1
今朝の庭の様子です。
右手前はセプタードアイル、
左下はゲンコツ剪定したダイアナ・プリンセスオブウェールズ。

    雨降り2
    そして、オベリスクに誘引したつるアイスバーグ(右)とアンジェラ(左)。


いずれも順調に蕾が形成されていますが、この寒さが今後の開花に影響しないか少し心配です。
実際、クイーンエリザベスは殆どの新芽がブラインドになってしまい、
ラ・カンパネラとマジックカルーセルにもブラインドが多発しています。


まさか明日の朝、起きてみたら真っ白、っていうことはないでしょうが、
さすがにこの時期に雪となると、温暖化というのも疑わしい気もしないではありません。



さて、寒さ+雪の話はここまでにして、先週末に撮り溜めたユーフォルビアのクローズアップをご紹介します。


ユーフォルビア・マルティニ
ユーフォルビア・マルティニ
ユーフォルビアは、雌雄違花同株もしくは雌雄違株で、
マルティニの場合は、中央の赤い部分が雌花、
その下から左右に2本出ているのが雄花のようです。


    ユーフォルビア・アミグダロイデス・プルプレア
    ユーフォルビア・アミグダロイデス・プルプレア
    こちらは、マルティニとほぼ同じ構造。
    「花」の部分(円形の花びらのように見えるのは花弁ではなく包葉)は蛍光色の黄緑色。
    春にはくすんだ濃緑色になる銅葉とのコントラストが抜群です。


      ユーフォルビア・シルバースワン
      ユーフォルビア・シルバースワン
      こちらは斑入りのユーフォルビア。


ユーフォルビア・カメレオン
そして、ユーフォルビア・カメレオン
葉、茎から花まで全身赤銅色のユニークなユーフォルビア。
その名の如く、季節が進むにつれ少しずつ粉を吹いたような暗緑色に変化していきます。


何とも不思議な花ですが、葉色や形状は多少変わっても、基本構造はどれもほぼ同じのようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/16(金) 23:59:12|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

巨峰

冬のような寒い雨の一日。
最低気温は10.8℃、
といっても昨夜の夜中の12時過ぎ。
その後ぐっと冷え込んで日中はずっと6℃台でした。


そんな訳で今日はあまりご紹介できる写真がありません。


雨模様のテラスで、2年目のブドウ「巨峰」の芽吹きが始まっています。

巨峰1
先週末、芽かきをして、3芽にひとつ程度だけ残しました。


     巨峰2
     去年は1年目の1本立ちの接木苗で、3芽残してつるを伸ばしましたが、
     残念ながら延びたつるには花芽がつきませんでした。

     今年残したのは全部で6芽。
     うち2芽に小さな花芽らしきものが見えています。
     2枚目写真の伸び始めたつるヒゲの根元付近にツブツブっぽい、明らかに葉っぱとは違う何かが。。。


とにかく今年は1房でも2房でも実がついてくれれば、2年目としては文句なしでしょう。
寒さが明けるこの週末頃には花芽か否かがはっきりすることでしょう。


巨峰はブドウの中でも最も育てるのが難しい部類のようです。

今後花が咲けば、順次
 「房切り」・・・・房の長さを2/5ほど切り詰める
 「房落とし」・・・1本のつるに複数の房がついたら1房だけ残す
 「摘粒」・・・・・1房の実の数を間引いて30-35粒に減らす
 「袋掛け」・・・・害虫除け
の作業が続きます。


何とか、秋口に1房だけでも収穫できるように頑張ります。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

    

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/15(木) 23:58:10|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ギボウシ

今日はまだ天気がよく、日中15℃まで上がりましたが、
これからまたしても寒くなるようです。

3月下旬からの天候不順で野菜も高騰し始めているようですが、
今度の寒さが不作に輪をかけなければいいのですが。。。


暖かくなったり寒くなったりですが、我が家のギボウシは順調に芽吹きが進んでいます。

リバティ
リバティ
鉢を階段から新しい花壇に移してみましたが、少し大き過ぎるかもしれません。
早くも隣のバラと接触し始めてしまいました。


    トーチライト
    トーチライト
    やや小型のギボウシですが、どんどん芽数が増えています。


        ジューンフィーバー
        ジューンフィーバー
        HCで人気品種「ジューン」として売られていましたが、
        葉色や光沢の質感などから、どうやら品種間違いのようです。


リーガルスプレンダー
リーガルスプレンダー
立ち性が特徴的な覆輪系斑入りギボウシ。ややブルー系です。


    フレグラントブーケ
    フレグラントブーケ
    鮮やかなライムグリーンの比較的大型品種。
    シェードガーデンの中央に地植えしていますが、存在感たっぷりです。


        フランシス・ウィリアムズ
        フランシス・ウィリアムズ
        ブルー系斑入りの代表的品種。かなり大型です。
        今年は階段からメインのシェードガーデンへ鉢を移しました。


    ハルシオン
    ハルシオン
    粉を吹いたようなブルー系の代表品種。
    最も青みが強いギボウシのひとつでしょう。


サガエ1

   サガエ2
   サガエ
   そして、成長途上ながら早くも威風堂々のサガエ。
   やはりこのギボウシには別格の存在感があります。
   今年は相当見事な大株になってくれそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/14(水) 23:59:04|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

一転、春の雨上がり

寒かった雨の一日が明けて、今日は暖かい春の一日。

気温は昨日の6℃から一気に20℃へ。
日替わりで気温がジェットコースターのようにアップダウン。
いつまでこんな極端な天気が続くのでしょうか?


穏やかな暖かい雨上がりの様子です。


 ニゲラ・アフリカンブライドとマジックカルーセル
 ともに初めて花壇に地植えしたニゲラ・アフリカンブライドとマジックカルーセル。
 アフリカンブライドは開花が近そうです。


     セリンセ・プライドオブジブラルタル
     元気一杯のセリンセ・プライドオブジブラルタルは、水弾きもいいようです。 


ラグラス1

      ラグラス2
      こぼれダネのラグラス


アリウム・ギガンチウム
「巨大葱坊主」;アリウム・ギガンチウムの蕾が立ち上がり始めました。


    クレマチス・デュランディ
    クレマチス・デュランディ
    立ち性のインテグリフォリア系らしく真っ直ぐに伸びたつる(茎)の先端に蕾が顔を見せました。
  
    テラス前のバラ鉢に囲まれて、背丈1mほど。
    バラと相性抜群の青い花を咲かせます。



明日から17日にかけてまた寒くなるとのこと。
気象庁が全国的に「低温に関する情報」を出しました。
外に出した寒さに弱い植物は気をつけましょう。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/13(火) 23:59:09|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初夏の庭(続き)

昨日の初夏の陽気から一転。
朝から雨で一日中6℃あまり。真冬並みの寒さです。


そんな訳で気持ちだけでも昨日の初夏を思い出して、日曜日に撮り溜めた写真から。

花壇の様子
花壇の様子。
モリモリと物凄い勢いで盛り上がっています。


    セリンセ・プライドオブジブラルタル
    中でも最高のモリモリ度で急成長するセリンセ・プライドオブジブラルタル。
    「ジブラルタルの誇り」?の名に負けず、ほかの植物を圧倒して覆い隠す勢いで成長しています。


        デルフィニウム
        デルフィニウムも急速に花茎が立ち上がって、早くも蕾がつき始めました。


コバノズイナ・サライブ
去年の国際バラとガーデニングショウで購入したコバノズイナ・サライブに小さな蕾がつきました。
この花穂が、バラの開花時期には10cm近くまで伸びてきます。


      斑入りランタナ
      サライブと同じ大型テラコッタに寄せ植えした斑入りランタナ。
      耐寒性が弱く、枯れてしまったかと半ば諦めかけていましたが、無事芽吹き始めました。
        


次は、シェードガーデンから。

クサソテツ
先週、展開中の様子をご紹介したクサソテツ。
すっかり展開が完了しました。
クサソテツの名のとおり、ソテツのように見事に葉が開きました。


    ティアレラ・ブラックスノーフレークとニシキシダ
    ニシキシダが美しく葉を広げる傍らで、ティアレラ・ブラックスノーフレークが
    清楚な花穂を立ち上げています。

    先日ご紹介したばかりのクジャクシダも、まもなく葉の展開が終わり、
    さらに後方に見えるムカデ状のシダ、ヤブソテツからも
    ゼンマイ状の新芽が伸びつつあります。


        ティアレラ・ブラックスノーフレーク
        ティアレラ・ブラックスノーフレーク
        林立する花穂をアップで。


明日の予報は22℃。また一転して初夏が戻りますが、
その2日後にはまた最高気温10度。

それにしても極端な気温変化が続きますが、こうしてバラの咲く季節が着々と近づいてきます。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/12(月) 23:00:42|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

初夏!

23.3度!
一気に初夏の陽気になりました。
汗をかきながらの庭仕事です。

今日の芝庭2010/4/11
これからは芝刈りは毎週。
今日は16mm高で刈ってから、夜からの雨降りを見越して細粒固形肥料8-6-8を30g/?散布しました。


    テラス前
    テラス前の鉢植え
    バラが順調に成長していますが、一足先にオステオスペルマムやアネモネが開花中。


 新設花壇
 芝を剥がして新設した花壇はモリモリ状態。


       リバティ
       新設花壇のアーチの足元近くに配置したギボウシ・リバティの鉢。
       葉の展開が始まりました。 
       分かっていたこととはいえ、大きすぎて広範囲に日陰をつくるので、
       色々な草花との共存は少し厳しいかもしれません。
       もう少し葉の展開の様子を観察してみます。


原種チューリップ・クルシアナ・クリサンタ
原種チューリップ・クルシアナ・クリサンタ
今年はネズミ?に球根を食べられてしまったのか、花数が激減しました。
バックに写っている背丈の小さい原種系リトルビューティも2本だけに。

花後にしっかりと肥料をあげて、球根の数を何とか増やしたいものです。


    階段の様子
    クルシアナ・クリサンタから目を下に移すと、
    サガエが盛大に葉の展開を始めているのが目につきますが、
    昨秋初めて球根を植えたアリウム・ギガンチウムの葉が大きく茂り、
    クレマチス・フルディーンやブルーエンジェルも勢いよく空に向かってつるを伸ばし始めています。



        アンジェラ
        そして、階段脇からテラス上にかけてのつるバラ・アンジェラは、あっという間に葉を茂らせて、
        蕾をたくさんつけた強い枝が次々と立ち上がりつつあります。



 アーチ
 アーチのピエール・ド・ロンサール
 新苗で迎えて今年でちょうど2年。
 3シーズン目を向かえて、いよいよアーチの主役としての活躍が期待されます。


      ピエール・ド・ロンサール
      ピエール・ド・ロンサールの蕾がたくさん確認できました。
      このところの寒さと天候不順の影響か、若干新芽の成長が芳しくなく、
      いくつかブラインドが発生していますが、
      小さな蕾をこの目で確認できてひと安心です。


      

blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/11(日) 23:59:59|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コブシの剪定

今日は19.9℃まで上がり庭日和でしたが、色々と用事があって
先週やり残したコブシの木の剪定だけ、何とか時間を見つけて済ませました。


 コブシ剪定前(2010/3/21)
 2010/3/21
 春分の日のコブシ。
 大きく枝が張り出して、芝庭の日照を妨げるおそれがありました。


     まずは先週のやり残した様子から。

     コブシの剪定2010/4/4
     2010/4/4
     剪定作業の途中で雨がパラパラと降り出したため、ここで中断。
     この日は、脚立に昇って手の届く高さまで、のこぎり、剪定バサミを使って切り詰めました。
     公園側の手が届きにくい部分は、高枝バサミにノコギリをつけて切り落としました。


 コブシ剪定2週目(開始前)
 そして今日の作業開始前。
 4月4日の写真と枝の状態は同じですが、葉が徐々に展開し始めました。


       高枝バサミでの剪定
       今日の作業は原則的に、高枝バサミの先端につけたノコギリでひたすら切り落とす作業。


 コブシの剪定2010/4/10(剪定後)
 何とか無事終わりました。


切り落とした大枝の一部は、公園側の生垣の外へ倒れて落ちました。
長いものは3m近く、枝の直径も7-8cmはあります。

明日は切り落とした枝の片付け作業からスタートです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/10(土) 23:59:40|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

春は着々と?

徐々に暖かくなってきましたが、まだ少し肌寒さを感じます。
春は着々とやって来てはいるものの、なかなか足踏み状態から抜けられません。


オステオスペルマム
そんな中、オステオスペルマムが次々と咲き始めました。


  アビクア・ドリンキングガード
  大型テラコッタの寄せ植えにぽっかりと空いた空間。
  ようやくギボウシ(ホスタ)が芽吹いてきました。

  「アビクア・ドリンキングガード」というちょっと変わった名前のこのホスタは、アメリカ西部の出身。
  因みに「アビクア」はワシントン州の地名に由来していて、
  「ドリンキングガード」はインディアンが水飲み用に使うヒョウタンからつくったヒシャクのこと。
  また、アメリカでは北斗七星のことをこう呼ぶそうです。

  大きなスプーンのようなちょっと変わった形状の青みがかった葉がまもなく展開を始めます。



そして、シェードガーデンでは...

       プルモナリア・オパール
       プルモナリア・オパール
       花は地味ですが、葉の水玉模様が美しい宿根草です。
       

ニシキシダ
ニシキシダ
昨年、小苗を手に入れて以来、1年あまりの生育を経てひと廻り大きくなりました。
今はシルバーが基調ですが、やがて紫色ももう少し乗ってきます。


     クジャクシダ
     そして葉が展開中のクジャクシダ。
     今はまだだらしなく見えますが、その名前のとおり、展開し終わると
     孔雀が尾を広げたようになる美しいシダです。



明日からの週末は、ようやく本格的な暖かさがやって来るようです。
もういい加減寒いのはウンザリ。

このまま暖かくなってくれるといいのですが、果たしてどうでしょう。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/09(金) 23:59:34|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日差し復活

横浜の最高気温は12.5℃。
この時期としては空気が冷たいものの、日差しが復活して気持ちのよい青空が広がりました。


バラ、クレマチスと戻った青空
お隣との境界フェンス上部では、青空を背景にクレマチス・H.F.ヤングの蕾が少しづつふくらみ、
つるバラのカクテル、新雪の新芽が順調に成長を続けています。


    芝の上の桜の花びら
    散り始めた目の前の公園の桜の花びらが、芝の上にも散らばっていました。


        ギボウシ・サガエ(寒河江)
        サガエ(寒河江)は、葉の展開が始まりました。
        階段を転げ落ちた鉢の直撃をうけて痛んでいた芽も、最初の葉2枚分は傷んでしまいましたが、
        今後伸びてくる葉にまでは影響せずに済みました。


バラの蕾も徐々にお目見えです。

 オールドブラッシュ・チャイナ
 オールドブラッシュ・チャイナ


    ジュビリー・セレブレーション
    ジュビリー・セレブレーション


          新雪
          新雪


明日から数日間は暖かくなり、いよいよ桜吹雪の舞う週末に。
バラの蕾の形成、成長が一気に進むことになりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/08(木) 23:59:24|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

桜を散らせる雨

暖かかった春の日から一転、またしても雨の一日。

今年の春はどうもスッキリしません。

散り始めた桜
我が家のすぐ近所、駅への途中の小さな公園。
桜はまだ満開ですが、いよいよ散り始めました。
夜中に降った雨は朝の段階ではほぼ止んでいましたが、結局その後一日中弱い雨でした。


    原種チューリップとムスカリ
    原種系チューリップ・クルシアナ・クリサンタ(シンシア)とムスカリ
    昨年、ネズミ?に掘り返されて球根を食い荒らされたのか、花数が寂しくなってしまいました。
    同じく植えっぱなしのムスカリは無傷だったのか、たくさん咲いています。


原種系チューリップ・アルバコエルレアオキュラータ
原種系チューリップ・アルバコエルレアオクラータ
花芯周りの花びらが青いチューリップ。
少し以前までは、「幻の青いチューリップ」と呼ばれていたそうです。


     もみじ「桂」と「笠置山」
     大型テラコッタのコンテナガーデンに植えたもみじ「桂」(左)と「笠置山」(右)。
     どちらのもみじも、秋よりむしろ春のほうがきれいです。


ユーフォルビア・マーティニ
同じ大型テラコッタのユーフォルビア・マーティニ。
ユニークな花が一足早くほぼ咲き揃いました。



明日は天気が回復しますが、少し肌寒い一日になるようです。
金曜日から週末に掛けては暖かさが戻り、とても長かった今年の桜の花もいよいよ終盤を迎えます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/07(水) 23:52:48|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

葉っぱの芽出し

一転暖かくなりました。
横浜は20.0℃。久々の大台乗せです。

このところの寒さにもかかわらず、春の芽出しは着実に進んでいます。


今日は、数ある芽出しの中から、リーフ系を中心に。


 斑入り風知草
斑入り風知草(フイリフウチソウ)
シェードガーデンの丸いギボウシの葉との相性が抜群のグラス。
もうずいぶんと茂り始めました。
このまま山野草の盆栽として通用しそうなほど、風格も出てきました。


    斑入りアマドコロ
    斑入りアマドコロ
    苗には斑入り鳴子ユリ(ナルコユリ)と表記されていましたが、
    実際には殆どのものは「アマドコロ」らしいです。
    花のつき方、茎の断面の形状など、ナルコユリとの見分け方があるようですが、
    忘れてしまいました。
    ギボウシとの相性が抜群によく、シェードガーデンの名脇役になりそうです。
    もう少し成長したら、ナルコユリとの見分け方も含め改めてUPします。

    それにしても、このレンズは絞りを開放するとピントがシャープすぎて、
    狙った局部的にしかピントが合いません。


        ギボウシ・リーガル・スプレンダー
        ギボウシ・リーガルスプレンダー
        葉が立ち気味のギボウシ。
        シェードガーデンのギボウシ群の中で、その点がアクセントになります。


 ギボウシ・ゴールデンティアラ
ギボウシ・ゴールデンティアラ
明るいイエローの縁取りが入る小型品種。
シェードガーデンの前面を演出します。
成長力旺盛で、今年は芽数が20あまりに増えました。


      ベニシダ
      ベニシダ
      去年道端から持ち帰りました。
      名前のとおり芽吹きが赤いシダ。
      英名は Autumn fern。秋の紅葉を連想させることから命名されたようです。
      日本では雑草でも、欧米ではガーデン用として立派に売られています。


 クサソテツ
クサソテツ
見事に展開し始めました。
まさにその名のとおりです。
去年の冬、「こごみ」の苗として購入しましたが、
このように綺麗に展開するのは今年が初めて。
しっかり根付いたようです。
ちなみにこちらは英名 Ostrich fern もしくは Shuttlecock fern。
ダチョウの羽根やバトミントンのシャトルコックに似ていることから名付けられているようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/06(火) 23:59:23|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冷たい雨

今日は朝から冷たい雨。

それほど強い雨ではなく、寒いので満開の桜を散らせるほどの雨ではありませんでした。
それにしても、3連休の開花宣言から2週間。
寒い日が続いて、今年の桜はとても長く咲いています。


今朝も、小雨のぱらつく庭に出てみました。

雨の庭1
芝刈りをした直後なので、芝の緑の絨毯がしっとりと瑞々しく感じられます。


     雨の庭2
     花壇がこんもりと茂っています。
     縮小しているのでちょっと見辛いですが、左の芝の上に倒れ掛かった
     アネモネの花にピントが合っているのが分かりますか?
     安いレンズでこんな風に切れ味よくフォーカスが合ってくれると気持ちがいいものです。


つるアイスバーグ
冷たい雨の中、オベリスクに誘引したつるアイスバーグの新芽もずいぶん伸びてきました。
伸びた枝の先端に蕾がついた株がどんどん増えてきました。
最近の寒さで今年のバラの開花は少し遅れそうですが、近日中に蕾の様子をご紹介します。


さて、ここで花壇の植物の様子をちょっとご紹介。
 黄金シモツケ・レインボー
 絶妙の色合い、グラデーションの黄金葉が美しい黄金シモツケ・レインボー。


       スイセン・バルボコジウム
       原種系のミニスイセン・バルボコジウムも開花しました。


  ギボウシ・リバティ
  ギボウシ・サガエの兄弟分、リバティの新芽もどんどん伸びて展開目前です。
  花壇のアーチの陰になりがちな場所に鉢を据えましたが、
  これから葉が大きく展開すると、少々大きくなり過ぎるかもしれません。
    
     
明日は久しぶりに春の暖かさが戻って19℃まで上がるとの予報です。
花冷えにはうんざり気味なので、ようやく暖かさの中で気分良く桜の花を楽しめそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/05(月) 23:55:31|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

試し撮り ?その2

花冷えの寒い一日。
桜が開花してまもなく2週間。
こう寒い日が続くと、せっかくの桜にも春の気分が乗ってきません。


今日も新しいレンズ、Canon EF 50mm F1.8 II を色々と試してみました。

近所の公園の桜
ワンコの散歩コースの近所の小さな公園では、町内会でお花見会をやっていましたが、
寒さでいまひとつ盛り上がっていない雰囲気でした。


     桜・クローズアップ
     桜の花は、空を見上げて撮るといつも逆光なのでなかなかうまく撮れません。
     目線の高さの小さな枝に咲いていた桜の花をアップで。


家に帰って、今度は我が家のワンコ、ココアをモデルに試し撮り。

ココア1


      ココア2

     曇り空の室内で蛍光灯だけ、と決して条件は良くないですが、
     ストロボなしで奇麗に撮れます。
     (50mm 1/160s, f2.2 ISO; 800)
     胴が長いのでお尻のほうがよくボケてますね。


庭に出てみましたが、寒い曇り空で今ひとつ気分が乗ってきません。

 ビオラと階段
 階段をバックにビオラ・フィオリーナを。
 背景がボケ過ぎるので、F5.6まで絞りました。

        オステオスペルマム
        オステオスペルマム
        背景のアネモネ、ノースポールの花、クレマチス・デュランディの葉っぱなどが
        ボケ過ぎるので、絞りをF3.5まで絞ってみました。


今度は、色々と条件を変えて同じものを撮ってみました。

花壇F1.8  花壇F3.5
50mm F1.8                              50mm F3.5

花壇F5.6  花壇F5.6 ズーム
50mm F5.6                              53mm F5.6 キットズーム

EOS Kiss DX の標準キットズームでも3枚目とほぼ同じ条件で撮ってみました。

違いが分かるでしょうか。
       

結局この後、
 強風で倒れた鉢からこぼれた土の補給
 やや芽出しが悪いつるバラへの追肥
 16mm高での芝刈り
などを済ませてから、

大きくなりすぎたコブシの木の剪定に取り掛かりましたが、
雨がポツポツと降り始め、夕暮れも近づいてきたので
途中で中断して残りは来週に持ち越しました。

コブシの剪定の様子は後日UPします。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/04(日) 23:59:44|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

満開の桜

風も止んで穏やかな日和でしたが、桜が満開の割にはやや肌寒い一日でした。


昨日買ったばかりの単焦点レンズEF 50mm F1.8 IIをさっそく試し撮りです。

まず、庭から。

ギボウシ・サガエ
ギボウシ・サガエ


    クリスマスローズ
    クリスマス・ローズ


        アネモネ
        アネモネ


  もみじ桂
  もみじ桂

さすが、明るい単焦点はボケ味が違います。


そして、お昼前に近所の桜の名所の公園へ。

歩道橋より


      桜1


   桜2


           桜3


桜4


   桜5


      桜6


  桜7


           桜8


ズラッと並べましたが、個々の説明は省略します。

引き続いて公園の様子。

 スイセン1


        スイセン2


    桜9


          桜10


   桜11


だいたいこんなところです。

駄作ばかりでお恥ずかしい限りですが、
確かに明るい単焦点レンズらしい写真がいくつか撮れました。

特に桜の写真の3枚目、お花見する夫婦の後姿は結構気に入っています。


このレンズは標準フルサイズで50mm。
EOS Kissシリーズなどの普及機で使われている
APS-Cサイズの撮像素子では80mm相当。

標準レンズとしてはやや画角が狭く望遠寄り。
一般にポートレートに向いていると言われている焦点距離です。


やや望遠寄りの特性を生かし、人物や植物などのターゲットに狙いを定めて
背景や周囲をぼかすことでターゲットをより一層引き立たせる、
そんな撮り方がこのレンズにはぴったりです。


まだまだ腕が付いていってないので、もうしばらくの間、
極力このレンズで色々と試してみながら、少しずつ腕を磨いていくことにします。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/03(土) 23:52:11|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新しいレンズ

今朝は電車も大幅に乱れるほど強風が吹き荒れました。


倒れたバラ鉢
昨晩、階段の下に避難したミニのつるバラ(無名実生)はまた倒れていました。
手前に避難したベッコウマサキ(黄覆輪(キフクリン)マサキ)も、この直後倒れました。

しかし、これ以上は大事には至らず、午後以降はようやく風も収まってきました。


強風で散ってしまうのではと心配された桜は、満開直前だったことが幸いして
殆ど散りませんでした。

 南側の公園の桜
我が家の庭から見える南側の公園の桜。
ほぼ満開になった枝が、強風に大きく揺すられていましたが、無時何ともありませんでした。
この週末は最高のお花見日和になりそうです。



さて、昨日話題にしたデジタル一眼のレンズですが、
満開の桜のこともあるし、「思い立ったが吉日」ということで、
帰りにさっそく購入してきました。

  新しいレンズ EF 50mm F1.8 II
  Canon EF 50mm F1.8 II

50mmの単焦点レンズ。
Canonの純正で、F1.8と明るいレンズですが、僅か1万円足らず。
チープな割りに驚くほど写りが良いと評判のレンズ。
貯まっていたポイントで楽々GETできました。

APS?CサイズのEOS KISS Xでは、35mmフルサイズ換算で80mm相当。
少し標準より長めのポートレートに適した画角になります。


さっそく室内で試し撮り。

 床に落ちたフクシアの花
 床に落ちたフクシアの花
  50mm 1/60s f2.0 ISO:800

      
      折り畳みナイフ
      折り畳みナイフ
       50mm 1/80s f2.2 -0.7EV ISO:400


フィカス・ベンガレンシス(ベンガルゴムの木)
フィカス・ベンガレンシス(ベンガルゴムの木)
 50mm 1/80s f2.0 ISO:400


    発芽の様子
    発芽の様子
     50mm 1/25s f2.2 ISO:200    


さすがに明るいレンズだけあって、1、3枚目は夜の室内でストロボなしの手持ち。
2,4枚目のクローズアップは、ほぼ開放で撮影するといいボケ味が出る代わり、
かなり被写界深度が浅くなるので、さすがに三脚で固定しないとうまくピントが合いません。


取り敢えずの室内の試し撮りとしてはまずまずの出来。

何より、夜の室内でストロボなし、手ブレ補正なしで手持ち撮影できるレンズの明るさ、
そしてボケ味もなかなかいい感じ。

さすが、安いながらよく出来た単焦点レンズです。


さあ、明日は庭や公園の桜で改めて試してみます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/02(金) 23:59:07|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日から4月

今日から4月がスタート。
カレンダーに合わせたように、南からの風が吹き込んでとても暖かくなりました。

ただ、ちょっと風が強すぎました。

階段の様子(バラ落下)
階段においたミニのつるバラの円錐トピアリー仕立ての鉢(赤囲み)が、
風に煽られて、他の鉢をなぎ倒しながら転がり落ちてしまいました。(赤矢印)


 ギボウシ・サガエ2010/4/1
今晩帰宅したら、クレマチスのチビ株の鉢を完全にひっくり返し、クレマチス・ブルーエンジェルの鉢に乗り掛かり、
ギボウシ・サガエの新芽に危うく直撃を免れた格好で転がっていました。
実は、2週間ほど前にも同じように転がり落ちて、そのときはサガエを直撃。
おかげで写真一番奥の大きな芽はダメージを受けて、芽の先端部分の葉が次々と割れて、
葉の展開に少々不調を来たしています。
今回は再度の直撃を何とか免れて事なきを得ましたが、
やはり風の強い日には階段に置いた不安定な鉢は、芝庭まで下ろしておくべきでした。


さて、このサガエの写真を見て思い出しましたが、実は現在使っている
一眼デジタルを購入したのがちょうど1年前。
記念すべきファーストショットが2009年3月31日、まさにサガエの写真でした。

   ギボウシ・サガエ 2009/3/31
   ギボウシ・サガエ 2009/3/31 by Canon EOS KissX + EF-S 18-55mm F3.5-5.6 II USM

   当時にも書いたように、年度末の在庫処分セールで2世代前の型落ち品(現在は3世代前)を
   超格安で手に入れましたが、その後1年間、大活躍してくれました。
   撮影枚数は今朝までの時点でなんと4600ショットあまり。

   写真の腕は相変わらず全然上達しませんが、写真を撮影する楽しみは、
   入門機とは言ってもやはり一眼です。

   うっかり三脚を倒した時の衝撃でオートフォーカスの動作が時々引っ掛かるような症状があるので
   レンズをアップグレードしたいとの衝動に駆られながらも、
   今のところは我慢して騙しだまし使っています。
   

巨峰
ブドウ・巨峰

前述の多少調子の悪い標準ズームと、昔使っていた銀塩EOSのダブルズームKitの80-200mmと併せて
一応それなりに使えてはいるので。。。。

もう少し寄れるレンズ、手ブレ補正つき、標準?望遠の高倍率・・・
など、欲を言えばきりがありませんが、
中古で安いのでもいいから何か良いものはないかと、最近ネットを色々と物色中です。

出来ればバラのシーズンまでには・・・・
と思ったりもするものの、さて、どうなることやら。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/01(木) 23:59:31|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。