芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ようやく五月晴れが復活

5月最後の日になって、ようやく天気が回復し、日差しが復活しました。

  日差し復活

 今日はまだ気温はやや低めだったものの、これから徐々に本来の初夏の陽気が戻ってきます。
 週間予報も日曜日まで晴れマーク。


アンジェラ
テラスの頭上に誘引したアンジェラも爽やかな日差しを浴びてもうひと頑張りできそうです。


     朝日を浴びるアンジェラ、クレマチス、サガエ
     眩しい朝日の中で、アンジェラ、ギボウシ・サガエと
     クレマチス・フルディーン、ブルーエンジェルが競演。


新雪はそろそろ店仕舞い
バラは、だんだん終盤戦。
新雪はそろそろ店仕舞いです。GWから長い間ご苦労様でした。


ただ、小輪遅咲きのバラはまだまだこれからです。

  レッドカスケード
  レッドカスケードはようやく満開に。
  このバラは、長雨にさえ当たらなければ、ドライフラワーのようになるまで長期間咲き続けます。


        夢乙女
        テラスの新雪にぶら下がるように誘引した夢乙女。
        可憐な花とは裏腹に、旺盛な成長力でどんどんつるを伸ばします。
        来年はもっとつるを伸ばして、新雪に絡ませることを検討中です。


 安曇野のウィーピングスタンダード
シェードガーデンを見下ろす格好の安曇野のウィーピングスタンダード。
やや日当たりが悪いものの、そこそこの花着きになりました。


       満開の安曇野
       日当たりが良い安曇野は花着きが全然違います。
       安曇野の奥では、遅咲きのアルバ・メイディランドの開花が進み始めました。
       

  アルバ・メイディランド
  アルバ・メイディランドを逆方向から。
  階段の上全体を白い花で覆い尽くすような勢いですが、その全体像はまた改めて。
  

      ザ・フェアリー
      ザ・フェアリー
      アルバ・メイディランドの足元で、
      淡いピンクの八重咲き小輪のシュラブが咲き始めました。
      例年、この花が一番遅咲きです。


  スーパーエクセルサ
  アルバ・メイディランドと階段を挟んだ向かい側では、スーパーエクセルサが次々と開花中。
  この小輪八重咲きの両者のバラは、性質的にはランブラー(横張り)系のつるバラですが、
  修景バラにも分類されて、多少黒点病が出ようが平気なほど超強健。
  誘引せず自然樹形で放置すればこんもりと茂ります。


さて、昨日ピエール・ド・ロンサールのシュートをご紹介しましたが、

ウィリアム・モリスのシュート
ウィリアム・モリスにもとても元気なベーサルシュートが上がっています。
こんな元気なシュートを見ると、思わず嬉しくなってしまいます。



  今日はバラが中心でしたが、本日最後の一枚。

   クレマチス・プリンセスダイアナ
   クレマチス・プリンセスダイアナが開花しました。
   この冬、ピエール・ド・ロンサールの足元に地植えして始めての開花です。
   ピエールはもう終盤戦ですが、なんとか間に合いました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/31(月) 23:59:03|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

今日もひんやりとした曇り空

雨こそ降らないものの、朝からひんやりとした曇り空。
もうすぐ6月だというのに、最高気温は16.3℃までしか上がらず、
上着が欲しくなるほど。


 娘とココア
 今日は、車を車検に出しに出掛けたり、買い換えたエアコンの取り付けで業者が来たりで、出たり入ったり。
 ミニチュアダックスのココアがエアコン取り付け業者さんに向かって興奮して吠えるので、
 庭に出して娘がなだめて落ち着かせました。


今日も順不同で庭の様子です。


アリウム・ギガンチウム
アリウム・ギガンチウムをアップで。
どうやら満開になったようです。


    ニゲラ(ブルー)

         ニゲラ
         ニゲラ

リシマキア・アトロパープレア・ボジョレーとペンステモン・ハスカーレッド

       ペンステモン・ハスカーレッド
       リシマキア・アトロパープレア・ボジョレーとペンステモン・ハスカーレッド。
       曇っていると写真の写りが格段に良くなります。

    
          ラミウム
          階段の上のスーパーエクセルサの足元の半日陰にラミウムの花が咲きました。
          植えた覚えがないので、こぼれダネでしょうか。


 ギボウシの花芽
寄せ植えにしたギボウシ、アビクア・ドリンキングガードに花芽が立ち上がり始めました。


         バラとクレマチスとギボウシ
         バラとクレマチスとギボウシのコラボの図。
         それぞれ、アンジェラ、フルディーン、サガエ。


     ピエール・ド・ロンサールのシュート
     ピエール・ド・ロンサールに待望のベーサルシュートが!
     2年前の新苗の時に2本出て以来なのでこれは期待大。
     肥料をしっかり与えて大事に伸ばしてやります。


 芝刈り後の庭
今日も夕方近くに恒例の芝刈り。
連日の雨で踏み付けがあるエリアの状態はあまり芳しくありません。
22mmで刈って、今週も殺菌剤を散布しました。


(西洋芝のメンテナンス記録)
 刈り高:22mm
 殺菌剤:オーソサイド(キャプタン)、ダコニール(TPN)
 肥料:液肥500倍、尿素0.5g/Lを殺菌剤とともに平米1L散布。




今日は偶然、縦アングルの写真が多くなりました。
すべて50mmの単焦点レンズで撮影しましたが、ボケが出て遠近感が出し易いので
奥行きを出すために自然と縦アングルが増えてしまったようです。


週が明けると、火曜日からは6月。
月変わりとともに、ようやく本来の陽気に戻り、天気もしばらくは良くなりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/30(日) 23:59:37|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

肌寒い日が続きます

今日も季節外れの肌寒い日が続きます。
朝から曇って、時折霧雨のような弱い雨が降る一日。

気温は朝からずっと16℃前後で行ったり来たり。
上着は要らないものの、長袖シャツだけではやや肌寒く感じます。


この1週間、雨が降らなかったのは2日だけ。
バラはだいぶ傷んで、木立性のバラのいくつかはもう終わってしまいました。
つるバラは新雪とカクテルがまもなく終わり、アンジェラやつるアイスバーグもあと数日といったところでしょうか。

涼しさの中、遅咲きのバラがゆっくりと咲き始め、これからピークを迎えるので、
庭全体としてはまだまだ賑やかです。


今日も順不同で、庭の様子をご紹介します。
ややマンネリかもしれませんが、宜しければお付き合いください。

バラ花壇1
バラ花壇の全景。


    バラ花壇2

        バラ花壇3
       アリウム・ギガンチウムが存在感たっぷり。
       房咲きのロイヤルボニカやピエール・ド・ロンサールと華やかに競演です。


    クレマチス白万重
    クレマチス白万重が満開です。
    つるが伸びてきたのは、バラ花壇にも分家させたブルーエンジェルでしょうか。


クレマチス・ブルーエンジェル

   ブルーエンジェル
   階段のクレマチスの鉢では、「本家」のブルーエンジェルが開花し始めました。


      クレマチス・フルディーン
      一足先に咲いたフルディーンは、もう満開です。


階段方面のバラを見てみましょう。

 つるアイスバーグ
つるアイスバーグとアンジェラはまだ何とかピークを維持していますが、
明らかに盛りは過ぎて、散り始めた花が目立つようになりました。

奥の小輪一重のミニつるバラ、安曇野は真っ盛りです。


   ニュードーン
   ニュードーンの花数が一気に増えてきました。
   小輪のスーパーエクセルサも目に見えて開花が進み始めています。


          ニュードーンとスーパーエクセルサ

     ニュードーンとスーパーエクセルサ2
     この2つのバラは、つるが複雑に絡まりあって、渾然一体と咲いています。


 アルバ・メイディランド
安曇野の上(奥)ではアルバ・メイディランドの開花が一気に進み始めました。


        テキーラサンライズとザ・フェアリー
        つるバラに埋もれそうになりながら、テキーラ・サンライズの脇で
        ザ・フェアリーが控えめに開花し始めました。



 階段上から
もう一度、芝庭に戻ります。


   ブルーバユー1

       ブルーバユー2
      ブルーバユーが開花しました。
      ゲンコツ剪定から見事な復活です。
      少々ウドン粉病が出て葉が縮れてしまいましたが、株全体としてはとても元気です。


ジュビリー・セレブレーション
最後に、ジュビリー・セレブレーションで締め括ります。
このバラの春の花はこれで終わりですが、早くも返り咲きの蕾が膨らみ始め、
地際からは元気なシュートが立ち上がっています。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/29(土) 23:59:15|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

宿根草、多年草など、あれこれ

連日、涼しく爽やかな一日。
今日は夕方になっても雨は降りませんでした。


今朝も出勤前に、手が届く範囲で傷んだバラの花がらを始末し、散り落ちた花びらを拾いました。
時間にして30分あまりですが、このところ水遣りが要らない代わりに毎朝の日課になっています。


今日は、バラの様子は週末に譲って、宿根草、多年草を中心にお伝えします。


ペンステモン・ハスカーレッドとリシマキア・アトロパープレア・ボジョレー
ペンステモン・ハスカーレッドとリシマキア・アトロパープレア・ボジョレー

背後のアメリカテマリシモツケ(フィソカルパス)・ディアボロとともに、
銅葉、ワインカラー系が揃いました。


     ラムズイヤー
     ラムズイヤー
     ピンク色の花が咲き始めました。
     

        ミツバシモツケ
        ミツバシモツケ
        茶花にも使われる和風の雰囲気ですが、実は北米原産です。
        鉢植えなので、暑くなる前までに半日陰に移す予定です。

  キミキフガ・ブラネット
 キミキフガ(サラシナショウマ)・ブラネット
 先週末に行きつけのGCで見つけて購入しました。
 銅葉に白い花穂が立ち上がる大型の宿根草です。

 昨年、別の店の山野草売り場で野生種のサラシナショウマを手に入れて
 シェードガーデンに植えつけています。
 この苗も近くに植え付けてやる予定です。



これも先週末ですが、ノイバラのスタンダード台木を切って植え付けました。

ノイバラのスタンダード台木
普通は、梅雨頃に長く伸びたシュートを切って、挿し木をしますが、
昨年の挿し木が失敗したので、遅ればせながら冬になってから、
長いつるのうちの1本を誘引せずに、取り木(環状剥皮法)を試みたものです。

写真の手元に写っているように、環状にぐるりと皮(形成層)を剥がした部分を
湿らせたミズゴケでくるみ、ビニールで覆ったまま放置していましたが、
春先には発根が確認されていたので、あとは切り取って植え付ける
タイミングを見計らっていました。


   ノイバラのスタンダード台木2
  白い花が咲いていた先端部分の葉や花がらを短く切り詰めて、
   
      ノイバラのスタンダード台木3
      ビニールポットに植え付けて、支柱で固定しました。
      長さは約2.4m。
      根付いたら、しばらくこのままノイバラの葉を茂らせて育て、
      秋頃までに先端部分にスタンダードの芽接ぎをを試みます。
      今のところ何を接いで何処に植え付けるかはまだ決めていません。


(追記)
 guranbia3000さんからの質問にお答えしたノイバラの取り木の方法を追記します。
バラは、梅雨時や秋雨の挿し木の適期なら比較的簡単に着くので、取り木は普通やりません。

去年、ドジをして挿し木が風に煽られて炎天下に露出して枯らしてしまったので、
暮れのノイバラの誘引時に試しに1本取り木に挑戦してみました。

(取り木の手順)
 (1)長く伸びたシュートの先端部を残してすべて葉を取り、芽を削ぎ取る
 (2)シュートの根元部分の表皮を1周、幅約1cmほど剥がす(環状剥皮法)
 (3)剥がした部分を湿らせた水ゴケでくるみ、乾かないようにビニールで巻く
 (4)そのまま乾かさないように1?2ヶ月
 (5)環状剥皮した部分から発根するので、そのすぐ下でシュートを切り取る
 (6)先端部分の葉は根付くまで蒸散を抑えるため切り詰めて葉の量を減らす
 (7)発根した根の部分を植え付ける

挿し木の場合は(1)の要領で挿し穂を作って挿し、
1ヶ月ほど明るい日陰で管理すれば比較的簡単に発根します。




これも先週末。
クリスマスローズの種を採取しました。

クリスマスローズの種
2月に交配後、膨らんだ子房を茶漉し袋でくるんで弾けるのを待っていました。
交配したのは4組、種の数はそれぞれ4粒?30粒でした。

発芽前に夏の暑さに一定期間当てる必要があるので、
この週末に、袋のまま土の中に埋めてやります。
湿度を保った状態で秋の種まきシーズンまで保存し、休眠が明けるのを待ちます。

今回、種の回収がやや遅れたため、種が乾いて表皮に少々皺が入ってしまいました。
土に埋めるまでの間、定期的に霧吹きをして、これ以上乾燥しないようにしていますが、
発芽に影響が出ないことを祈りたいものです。


ところでクリスマスローズの去年の種まき組は、本葉が3,4枚出揃って順調ですが、
そちらの様子は近日中に改めてご紹介します。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/28(金) 23:59:34|
  2. 宿根草、多年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

晴れのち夜は雨

気持ちの良い涼しい一日になりました。
日中はとても快適でしたが、夕方以降、またしても雨が降り出しました。

バラがピークを迎えて以来、毎日のように雨が降るとは、なんとも皮肉なものです。
ただ、気温が低めなのが救いで、バラは傷みながらもゆっくりと咲き続けています。


今日は、順不同で庭の様子をお届けします。


 小輪一重の実生ミニつるバラ
円錐形のトピアリー仕立てにした実生のミニつるバラ。(2010/5/26)
村田ばら園からやってきたノイバラの株元からこぼれダネで発芽した数本のうちのひとつ。
横張り性でつるの長さ約1.5m。
親は謎ですが色々な誘引も可能。
一昨年まではリング仕立てでしたが、昨シーズンからは場所を取らない円錐形に。
来年はまた違った誘引にしようかなと思っています。


アルバ・メイディランド1
階段の上で咲き始めたアルバ・メイディランド。
花径2-3cmの小輪の白花がブドウのように房咲きになります。


     アルバ・メイディランド2
     アルバメイディランドは横這い性(ランブラー)で、細く伸びたつるが地面につくと
     すぐに発根して株を増やしていきます。
     そんな株をアーチの脇に地植えしたら、2年でアーチのピエール・ド・ロンサールの
     足元を飾るようになるまで成長しました。


ニュードーン1
階段の上のニュードーンも庭を見下ろして次々と開花しています。

       ニュードーン2
       パールの光沢を持った優しい花色です。


 安曇野
 安曇野はほぼ満開状態に。
 階段脇の擁壁上に地植えして、斜め上方に放射状に伸びるつるを
 擁壁面に向かってウィーピング仕立てにしています。


     安曇野のウィーピング・スタンダード
     シェードガーデンの上、長いノイバラ台木に接いだ安曇野のウィーピング・スタンダードも
     花はやや少ないながら、シェードガーデンに「華」を添えます。

     シェードガーデンは、ギボウシや風知草、シダ、ヒューケラなどがボリュームたっぷりに茂っています。



シェードガーデン(西)1
シェードガーデンの西の端では、今年移植したニューサイラン・チョコレートクッキーや
大株のギボウシが存在感たっぷり。


      シェードガーデン(西)2
      前面の銅葉のカレックス・ブキャナニー、青葉のフェスツカ・グラウカ、
      黄金葉風知草などのグラス類も目を引きます。



ロイヤル・ボニカ
今日の最後は、華やかな一枚。
ロイヤルボニカが見事な房咲きに。



日本列島にはひんやりとした空気が流れ込んで、向こう1週間はこの時期としてはかなり涼しい日が続きそうです。
連日続いた雨は、明日以降回復に向かいますが、引き続きやや空気は不安定で、
夕方には通り雨が降る可能性が残るとのこと。

なかなか思い通りには行ってくれないようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/27(木) 23:59:41|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はバラはお休み

予報どおり、夕方から雨になってしまいました。
今も降り続いていますが、雷雨にはならずそれほど強い雨にならなかったので、
おそらくバラへのダメージは大したことはなさそうです。


このところずっとバラ続きだったので、今日は敢えてバラはお休みします。

クレマチス・フルディーン
階段のアンジェラに絡めたクレマチス・フルディーンが次々と咲き始めています。


     クレマチス・ブルーエンジェル
     同じ強剪定遅咲きのジャックマニー系のブルーエンジェルはまだ蕾ですが開花は目前。
     下向きの蕾はフルディーンとは対照的です。



白万重1

     白万重2
     フェンスのクレマチス・白万重は一日一日開花のフェーズが進むとともに、
     花数もどんどん増え続けています。


スモークツリー・ロイヤルパープルとコバノズイナ・サライブ
白万重の手前の大鉢に寄せ植えしたスモークツリー・ロイヤルパープルとコバノズイナ・サライブ。
このコバノズイナは、1年前の国際バラとガーデニングショウで手に入れたものです。


       大型テラコッタの寄せ植え1
       そして今年、階段下の大型テラコッタの寄せ植えには、行きつけのGCで新たに手に入れた
       コバノズイナ・ヘンリーズガーネットを植えつけました。

  大型テラコッタの寄せ植え2
 ギボウシ・アビクア・ドリンキングガードの間から花穂を覗かせているのがヘンリーズガーネット。



アリウム・ギガンチウム1
アリウム・ギガンチウムの花が大きくなってきました。
高さは約1m。直径は12cmほど。


       アリウム・ギガンチウム2
       近くのバラ、ロイヤルボニカが雨の重さで寄り掛かってきました。


  アリウム・ギガンチウム3
  花はまだ開花が進行中。
  もう少し大きくなりそうです。



明日からは天気が回復し、しばらくは涼しい日が続くようです。
ただ、明日はまだ不安定で、夕方には再度にわか雨の可能性があるとか。。。


明日以降、もうしばらくの間バラ終盤戦の様子をご紹介します。
どうか懲りずにお付き合いください。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/26(水) 23:59:37|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雨を乗り切って ?小輪のつるバラが開花

雨が止んで、3日ぶりに晴れ上がり夏日になりました。
出勤前に1時間ほど掛けて花がら摘みと花びら拾いを慌しく済ませましたが、
幸いダメージはそれほどでもなく、ほぼ満開状態を維持したまま、
もう1週間程度は何とか待ちそうな状況です。


 つるアイスバーグ
つるアイスバーグは傷んだ花をだいぶ始末しましたが、ほぼ満開状態をそのまま維持しています。


アンジェラ
アンジェラは、房咲きの花の重みで一部の枝が倒れてしまった以外は、
目立ったダメージはないまま雨を乗り切りました。


      終盤の新雪
      新雪は、もう終盤となり、花数も目に見えて減ってきましたが、
      まだ、そこそこの存在感は維持しています。


明日は、寒気が入って午後に雷雨になりそうですが、以降は週末まで雨がない状態で低めの気温で推移しそうです。

この調子だと、なんとか今月一杯は主力のバラが生き残り、
月が変わって梅雨入りまで、遅咲きのバラたちが今年の春のバラシーズンを締め括ってくれそうです。



ところで、ここ数日は小輪のつるバラを中心に開花が進んでいます。

レッドカスケード
レッド・カスケードの開花が始まりました。(2010/5/23)
直径2-3cmの八重咲きの花を咲かせます。


     夢乙女
     夢乙女も開花し始めました。
     この写真の花は濃い目の花色ですが、どちらかといえば優しく淡いピンク色の
     直径2-3cmの八重咲きの花がビッシリと咲き揃います。
     このバラは1年間に3m超のつるを伸ばすので、現在はテラスの鉢から、
     軒下の新雪に向かって垂直に誘引したのち、庭に向かって自由に枝垂れさせています。


   実生のミニつるバラ2
   そして、円錐形のミニ・オベリスクに誘引した品種不詳の実生(こぼれ種)のつるバラ。

実生のミニつるバラ1 
今年は少し花つきが悪いですが、かわいいピンクの一重のバラです。
つるは横張り性で、おおよそ1.5mのつるが花後伸びてきます。


階段の上では、遅咲きの小輪のつるバラが開花し始めました。

  アルバ・メイディランド
 アルバ・メイディランド
 10?20の小輪八重咲きの純白の花が房咲きになります。
 成長力旺盛のランブラー品種で、毎年、3m以上のつるを伸ばします。
 去年は階段の上を跨ぐように針金で誘引していましたが、
 通路を塞ぐと不味いので、今年は階段脇までで留めています。

 
ニュードーンとスーパーエクセルサ
階段を挟んでアルバ・メイディランドの反対側(南側の公園に面した生垣側)では、
ニュードーンとともに、濃いローズピンクの小輪房咲きのスーパーエクセルサも開花が始まりました。



     安曇野
     そして、小輪一重のミニのつるバラといえば、安曇野は一足先に順調に開花が進んで、
     おおよそ7分咲きといったところでしょうか。



小輪のつるバラは、大輪、中輪のバラに混じると、一味違った存在感を示しながら
うまく庭の景色に溶け込んでくれます。
どれもつるが細くしなやかで花首も短かく、誘引によって花をコントロールし易いものが多いため、
つるバラの庭に何本かあるととても重宝します。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

    

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/25(火) 23:52:10|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

2日続きの雨

今日も雨が降り続きました。
思ったほどの大雨にはなりませんでしたが、
満開のバラに2日間雨が続くと
さすがにかなり傷んでしまいます。


  つるアイスバーグ

水分をたっぷり含んだつるアイスバーグは、大きくうな垂れています。
土曜日時点で満開だった花は、もう傷み始め、明日の時点ではもう完全にアウトでしょう。

イングリッシュローズのように潔くバサっと散ってくれるといいのですが、
茶色く変色し始めたままべったり貼りついてしまうものも少なくないので
まだこれから開く花を傷めないためにも早く取り除いてやらないといけません。


背後に見える新雪はもう終盤です。
こちらは比較的バッサリ落ちやすい方ですが、
やっぱりたっぷり湿気ると、変色してそのまま残りがちです。
おそらく、1?2割を残してもう終わりでしょう。
高枝バサミでどんどん切り落とします。


アンジェラ
アンジェラは、同じ満開でも、まだ比較的傷んでしまった花は少なめのようです。
ただ、ビッシリと咲いた花の重みで、多くの花茎が倒れ込んでしまっていますが。。。

このバラは、さすがに花が多すぎて、ひとつひとつ花がらを摘んでいくのは不可能です。
今週、これ以上たいした雨が降らずにいてくれれば、花はどんどん散っていくので、
葉に引っかかった花びらさえ落としてやればよく、花がらの処理は、最後にまとめて行います。

しかし、散り始めてから雨に降られると、もう手がつけられなくなります。
濡れた花びらが葉にこびりつき、腐り始めて葉にダメージを与えてしまうためとても厄介です。

例年、花がら落しは一気にバッサバッサと刈り込むように済ませますが、
それまでなるべく雨が降らないことを祈るばかりです。




今日、土曜日にテラス前で新たに開花したバラをご紹介しようと目論んでいましたが、
帰宅が遅くなってしまったので、明朝の花がら摘み、花びら拾いのことも考えると、
あまり夜更かしもできないので、今日はここでお仕舞いにさせていただきます。


国際バラとガーデニングショウの残りも改めて。


最後に、雨の中ゆっくりと咲き進んだピエール・ド・ロンサール(土曜日にご紹介したのと同じ花です)で今日はお別れです。


   ピエール・ド・ロンサール



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/24(月) 23:59:55|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

朝から雨

予報どおり朝から雨になりました。


  雨の中のウィリアムモリスとピエール・ド・ロンサール
  雨に打たれながら、フェンスのウィリアム・モリスとアーチのピエール・ド・ロンサールがお見合い。


ウィリアム・モリス
せっかくウィリアム・モリスが満開ですが、遠くからしか楽しめません。
写真はテラスの軒下から。



雨の中、ビニール傘で少し庭に出てみました。

  セプタード・アイル
  セプタード・アイル


       ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ
       ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ


    クレマチス・フルディーン
    クレマチス・フルディーンが開花しました。
    ジャックマニー系の強剪定、遅咲き品種です。
    写真ではうまく出ませんが、少しパールの光沢がかった直径7cmほどの花を咲かせます。
    一緒にアンジェラに絡ませたブルーエンジェルももうすぐ開花しそうです。


ここからは昨日の様子の続きを。

  階段全景
階段の全景です。


アンジェラ
アンジェラが満開になりました。
葉が見えなくなるほど、花で埋め尽くされました。


     つるアイスバーグ
     オベリスクのつるアイスバーグも満開に。
     アンジェラの鮮やかなピンクに映えて、純白の花と葉の緑が一層際立ちます。


アンジェラ2
アンジェラはつるを伸ばして、反対側から伸びた新雪と頭上でコンタクト。
ウィーピングスタンダードにしたレッド・カスケードを
結び目のリボンのように枝垂れさせようと期待しましたが、今年はまだ成長が不十分。
来年に期待です。


      安曇野
      アンジェラの上の安曇野は5分咲きに。
      小輪一重咲きのミニのつるバラ。
      階段脇の擁壁上からウィーピングにしています。


ニュードーン1

    ニュードーン2
    階段の反対側、南側の公園に面した生垣に絡ませたニュードーンもようやく開花しました。
    階段上の一角は、このニュードーン、アルバメイディランド、スーパーエクセルサの
    遅咲きのつるバラトリオが、これから開花し始め、向こう2週間ほど主役を引き継ぎます。


 階段上から
 改めて階段上から、庭を見下ろしました。


明日も雨が降り続きます。
これでもまだ全部紹介しきれていないので、続きは明日。

お楽しみに。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/23(日) 23:52:25|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

至高のひととき

今年もいよいよこの日がやってきました。

11月下旬に花壇の拡張に着手。
そして12月からは順次バラの剪定、誘引を始め、
年末年始を挟んで1月中旬にはつるバラの誘引を終えました。
真冬の寒い中、いくつかのバラの植え替えなども経て、
思いがけず暖かかった2月から3月上旬、
そして例年になく冷え込んだ3月下旬?4月を経て
例年より約1週間遅れてついにこの日を迎えました。


 至高のひととき1

主要なバラがほぼ咲き揃い、さまざまな草花も春の最盛期を迎えています。

実際には、GW頃から徐々にバラが咲き始め、遅咲きのバラは6月上旬にピークを迎えます。
また、さまざまな宿根草も4月から6月の間になだらかな山のように次々と咲き続けますが、
明日からの雨もあって、花の傷みが一気に加速し始めるため、
今日のこの一瞬に勝る日はおそらく来年のこの日までもう来ないでしょう。


今日も夏日となり、横浜は27.6℃と気温が上がりました。
午後からうす雲がかかり始め、咲き急ぐ花を撮影するにも絶好の一日となりました。

説明は最小限にとどめ、この至高のひとときをお楽しみください。


 至高のひととき2


         至高のひととき4


    至高のひととき3


 至高のひととき5
アリウム・ギガンチウムの花が膨らみ始めました。


      至高のひととき6
      ピエール・ド・ロンサールにクレマチス・プリンセス・ダイアナのつるが絡みます。


        至高のひととき7


    至高のひととき8
    ウィリアム・モリス


        至高のひととき9
        ロイヤルボニカ
     

至高のひととき10
ニゲラ


       至高のひととき13
       白万重


    至高のひととき11
    黄金シモツケ・レインボー


 至高のひととき12
 シェードガーデン上の安曇野のウィーピング・スタンダードが咲き始めました。



今日一日で139枚にもなりました。
とても紹介しきれないので、この続きは明日。

連載中の国際バラとガーデニングショウのご紹介は今日はお休みさせていただきます。


明日から火曜日にかけて大雨との予報が出ています。

多くのバラは一気に散ってしまうかもしれませんが、
これから開花する遅咲きも少なくないので、
まだしばらくは、我が家のバラをお楽しみください。


では、今日はこの辺で。



(西洋芝のメンテナンス記録)
 22mm高で芝刈り
 ロブラール(イブロジオン)、ホセチル、オーソサイド(キャプタン)
 +尿素0.5g/Lを10Lジョウロ散布。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/22(土) 23:59:41|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

雨が上がって

1日半降り続いた雨が上がって、気温がグングン上がりました。
東京をはじめ各地で30℃を超す真夏日になりましたが、横浜は29.1℃。

夜中まで雨が残ったため、出勤前の庭はまだ水分をたっぷり含んでいました。

バラの花びらが散る庭
まず、散ったバラの花びらを拾い集めます。
芝の上だけではなく、葉っぱの上や草花の奥にまで入り込んでいて、
水分をたっぷり吸った花びらは、放置するとすぐに腐って、病気やナメクジの巣になってしまいます。


   散り始めた新雪1
   新雪は大量に散り始めましたが・・・


       散り始めた新雪2
       まだ、満開状態を維持しています。
       明日は1週間ぶりの花がら摘みです。


 つるアイスバーグ
 つるアイスバーグはほぼ満開。


   アンジェラ

        アンジェラ2
        アンジェラも7?8分咲きまで進みましたが、水分を含んだ花の重みで
        一部の花茎は根元近くから大きくうな垂れてしまいました。


ジュビリー・セレブレーション
ジュビリー・セレブレーションの2番花が新設花壇で開花しました。
大きくうな垂れて、足元の斑入りカラミンサと競演。


      ジュビリー・セレブレーションとリシマキア・ボジョレー
      ちょっと引いてみると、背後にはリシマキア・アトロパープレア・ボジョレーが...


   リシマキア・アトロパープレア・ボジョレー
   その名のとおり、ワインカラーの花穂を立ち上げています。




国バラのリシマキア・ボジョレー
さて、引き続いて国際バラとガーデニングショウから。
今日はその第7弾。
コンテストガーデンを中心にご紹介します。


  コンテストガーデン1
  先週末のNHK「趣味の園芸」で司会の山田香織さんがお気に入りと紹介していたガーデン。


    コンテストガーデン1(2)

        コンテストガーデン1(3)
       つるバラ(ピエール・ド・ロンサール)や、色々な宿根草が
       とても見事にアレンジされています。
       ある意味、隙がないほど洗練されたガーデンという感じ。



     コンテストガーデン2(1)

  コンテストガーデン2(2)
  こちらは対照的にナチュラルな雰囲気。
  板壁の白バラ(つるアイスバーグ?)と、小道具の白いショールや壷がとても印象的。

  手前のギボウシ・サガエやブルーのクレマチス、様々な宿根草もナチュラル感を醸し出しています。
  ここに限らず、至る所でリシマキア・ボジョレーが使われているのに注目。



あとは、順不同で幾つか目に留まった光景を。。。

 目に留まった光景1


     目に留まった光景2


   目に留まった光景3


       目に留まった光景4


ハンギングコンテスト
正味の滞在時間は僅か3時間ほど。
駆け足で見て廻るうちに、あっという間に閉場時間です。
出口脇のハンギング・コンテストも、すでに閑散としていました。



さあ、明日にはおそらく今年のバラシーズンのピークを迎えます。
日曜日から天気が崩れて3日ほど降り続く予報なので、
明日は我がガーデンの1年で一番華やかな日となるでしょう。

今夜も遅くなってしまいましたが、
できるだけ早起きして、たっぷりと楽しみます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/21(金) 23:59:44|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

花を濡らす雨

今日は結局、一日雨になってしまいました。

満開が近づいたバラの花は、水分をたっぷり含んでうな垂れています。

雨にうな垂れるバラ1


     雨にうな垂れるバラ2


ビニール傘片手に、庭に出てみました。

ピエール・ド・ロンサールの枝変わり
昨日見つけたピエール・ド・ロンサールの枝変わりも、雨の重みで横を向いてくれました。
花色だけでなく、花形も乱れてしまっているようで、平咲きに変化していました。
そう簡単にブラン・ピエール・ド・ロンサールの再来とは行かないようです。

念のため、芽接ぎなどで再生を試みてみようとは思いますが、
今朝の様子を見る限り、あまり期待しない方がよさそうです。


      うな垂れるピエール・ド・ロンサール
      一日降り続いた雨で、ジギタリスなどが倒れそうになっていたので、
      小雨に濡れながら支柱を立てて応急処置を済ませました。
      明日は天気が回復して暑くなるようですが、大量に散った花びら拾いや
      倒れた枝や草花の復旧で朝一番から忙しくなりそうです。


今朝のバラの様子はこの辺にして、先日ほんの少しだけ触れた西洋芝の補修の話。

GW最終日に、レーキ掛けをしてダラースポット病で傷んだ部分の地肌が露出していた幾つかの箇所のうち、
症状が酷い部分を剥がして、予備で養生中の芝を移植してみました。

傷んだ部分を剥がして。。。
傷んだ部分を剥がして...


養生中の予備の芝
花壇拡張で余った芝をプランターや階段上で養生していましたが...


貼り付け
これを剥がした部分に貼り付けました。

現在、経過観察中ですが、今のところまずまずの状態。
今後、梅雨入り以降、芝庭の状態が全体的に悪化することが予想されるので、
それまで今しばらくの間は、これ以上補修はせず様子見とします。



さて、国際バラとガーデニングショウのレポート第6弾。

今日は「新しいバラの風?育種家たちの新しい感性」と題した展示を中心に、目に付いたバラを順不同で。

 プリP.J.ルドゥーテ
 ギヨー社のプリP.J.ルドゥーテ


       ラデュレ
       ラデュレ(ギヨー)


    ローズ・ポンパドゥール
    同じくフレンチローズのデルバール社のローズ・ポンパドゥール


 ブリーズ
 ブリーズ(デルバール)


     プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント
     イングリッシュローズのプリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント(デービッド・オースチン)


バラとドレスの競演
バラとドレスの競演


ここまで、目に留まったバラは、どうやらはっきりした色のものが大部分でした。

次に買いたい、とかいうことは何も考えずに手当たり次第に撮ったつもりでしたが、
潜在意識の中で次に手に入れるならこんなバラ、という風に思っているのかもしれません。



最後に、石井強名人のウィーピングスタンダード。

  ウィーピング・スタンダード
  ノイバラ台木の高い位置につるのミニバラを接いで枝垂れさせる名人芸。
  手前はのぞみ。そして奥は我が家にもある安曇野。
  我が家では、安曇野を階段脇の擁壁上に地植えしてウィーピングさせているほか、
  安曇野とレッド・カスケードのウィーピング・スタンダードに挑戦しています。
  開花したら改めてご紹介します。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/20(木) 23:59:44|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ピーク近し

午後から雨がパラつき始めました。

朝は時折薄日も差す曇り空。
写真撮影には絶好の条件です。

ピーク近し1

一気にピークが近づいてきました。
まだ咲いていないバラも少なくないですが、経験上、だいたい目安として、
アンジェラが6?8分咲きから満開になり、やや遅咲きのニュードーンや夢乙女が
少しずつ咲き始めた頃が庭全体としては一番賑やかになります。

左上のプロフィールが2年前のまさにその頃の写真。
この調子だと、この土日辺りがピークとなりそうです。


  安曇野
  昨日開花したばかりの安曇野は、一日でこれだけ開花しました。
  土日には5分咲きくらいまでは行きそうです。


        つるアイスバーグ、ジギタリスと寄せ植え
        階段の下。
        つるアイスバーグの脇にはジギタリスと、大型テラコッタの寄せ植え。
        数段上にはギボウシ・サガエが威風堂々と展開しています。


ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ
ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズが1日でこれだけ開花が進みました。
開くに連れて花弁にアプリコットピンクが乗ってきます。


     ローテローゼ
     ローテローゼもここまで咲き進みました。
     あとは徐々に姿が乱れ始めてしまいます。


         黒蝶
         黒蝶はロゼット咲きに変化しました。


ノイバラ
1枚目の写真左手前のノイバラ(ロサ・ムルティフローラ)はほぼ満開に。


    ピエール・ド・ロンサール
    ピエール・ド・ロンサールがほぼ満開に。
    ところで右上の花だけピンク色がほとんど出ていません。
    もしかすると「枝変わり」(突然変異)かもしれないので、改めてよく調べてみます。
    一見すると、国バラのレポートで何度も登場する
    ブラン・ピエール・ロンサールともよく似ているようです。



明日はお昼頃まで雨が降るようですが、そう強い雨にはならなさそうなので、
まだ一気に散り始める心配はなさそうです。



さて、15日の国際バラとガーデニングショウのご紹介第5弾。

今日は、いくつかのテーマガーデンから。

ケイ山田さんのガーデン1
バラクラ・イングリッシュガーデンのケイ山田さんのテーマガーデン、
「フラワーガーデンのティーパーティー」
西洋芝がウリの我が家としては、とても参考になります。


     ケイ山田さんのガーデン2
     反対側から。


  ケイ山田さんのガーデン3
  そして、テーマになったティーパーティー。
  こんなティーパーティーなら、優雅でしょうね。



続いて、吉谷桂子さんの「精霊の花園?ニンフの泉?」。

吉谷桂子さんのガーデン1
今年はいつもに比べると花や色使いが地味めです。


    吉谷桂子さんのガーデン2
    よく見ると小さな白い精霊が。。。



そして、後藤みどりさんがイングリッシュローズでデザインしたローズテラス。

 後藤みどりさんのローズテラス
 昨日ご紹介した黒柳徹子さんが対談したステージもこのローズテラスの一角。
 この写真のテラスは、日曜日の「趣味の園芸」でも後藤みどりさんご本人が紹介されてました。



今日はこの辺りまで。
もう2,3日お付き合い下さい。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/19(水) 23:59:18|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

開花ラッシュ

今日も晴れて強い南風が吹きました。
明日からは下り坂のようですが、気温は高めで、
週末に向けていよいよピークが近づきつつあるようです。


今日、新たに数品種のバラが開花。
開花ラッシュの様相を呈してきました。

ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ
ゲンコツ剪定したダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズが元気に開花しました。


     安曇野
     安曇野
     階段脇の擁壁上からウィーピングさせた一重のつるのミニバラの一番花が開花しました。
     すぐ下のアンジェラとともに、びっしりと鮮やかなピンク色が階段脇を埋め尽くします。


テキーラ・サンライズ
テキーラ・サンライズ
バラを始めた初期の頃に手に入れた派手な覆輪のポリアンサ。
今となっては、何でこんなマイナーなのを手に入れたのかはよく分かりません。


       シルクレッド
       つるのミニバラ、シルクレッド。
       義母に贈った母の日のプレゼントが枯れそうになって帰ってきたのは、もう3-4年前。
       円錐形のオベリスク仕立てですが、去年黒点病にやられたこともあって
       あまり花つきがよくありません。


 ロイヤルボニカ
 ロイヤルボニカ
 ボニカ82の枝変わりの修景バラ。
 樹形、花つきはフロリバンダ。
 花色ははっきりとしたピンク色で無香。
 照り葉で超強健です。


テラス前
毎朝、拾っても拾っても新雪の花びらがまさに「新雪」のように降り積もります。

朝日が眩しい日は花が輝きすぎて写真撮影にはあまり向きませんが、
背後の窓ガラスに、朝日を浴びたアーチのピエール・ド・ロンサールと
フェンスのウィリアム・モリスが映り込んでいます。


    ローテローゼ1

          ローテローゼ2
         花束から芽接ぎしたローテローゼが見ごろを迎えました。
         やはり日本の切りバラ代表品種だけあって、素晴らしい見栄えのよさ。
         赤いバラの花束といえばこのバラです。


何枚UPしてもキリがないくらい咲き乱れ始めましたが、
本日の厳選の一枚。

ウィリアム・モリス
フェンスの上で朝日に向かって咲くウィリアム・モリス。
さりげなくクレマチスのつるが絡んでいます。



最後に、15日の国際バラとガーデニングショウ、第4弾。
今晩はUPが遅くなったので、かなり手を抜いてほんの少しだけ。

 黒柳徹子1
 黒柳徹子女史が敬愛する19世紀の米国の詩人、エミリー・ディキンソンの詩の世界を再現した庭。


黒柳徹子2
ローズテラスのステージでは、「エミリー・ディキンソンの庭」をテーマに
黒柳徹子氏、田川啓二氏(ビーズ刺しゅうデザイナー)、
バラの貴公子、大野耕生氏(ローズグロアー)の対談が開かれてました。
(私は全然聴いてませんでしたが。。。)

この他にも、小山内健氏、後藤みどりさん、ケイ山田さん、吉谷桂子さん、
そしてもちろん村田晴夫氏など、いつも雑誌やテレビに登場するこの世界のビッグネームが
そこら中にいて、さすがにバラ/ガーデニング界の大イベントだけのことはありました。


明日以降もテーマガーデンやガーデンコンテストなどの様子を少しずつご紹介していきます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
     


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/18(火) 23:59:35|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アーチ、フェンス周り

GWが明けて以降、涼しくて爽やかなカラッとした天気が続きましたが、
どうやら今日辺りからやや蒸し暑いパターンに変わるようです。

今日の最高気温は26.2℃。
先週日曜日以来の夏日です。

昨日に続いて、庭の様子をご紹介します。
今日は、アーチとフェンス周りを中心に。


ピエール・ド・ロンサール1
アーチのピエール・ド・ロンサール
今年は新苗から3年目。


     ピエール・ド・ロンサール2
     期待よりは花つきが悪く、せいぜい15-20個どまりです。
     寒さでブラインドが多発し、バラゾウムシにもだいぶやられてしまいました。


 フェンス全景
 フェンスの全景。


    ウィリアム・モリス1
    アーチのすぐ脇のフェンスのウィリアム・モリス。
    いつも例外なく整った花姿を見せてくれます。


         ウィリアム・モリス2
         アーチからフェンスに移して今年で2年目。
         こちらはだいぶ花数が増えて賑やかになってきました。
         

パット・オースチン2
パットオースチン
鮮やかなカッパーオレンジの大輪がうつむき加減に。


      パット・オースチン3
      背後のブルーのクレマチス・H.F.ヤング、デルフィニウムや
      前面のラムズイヤーに良く映えます。


   アリウム・ギガンチウム
   アリウム・ギガンチウムの蕾が弾け、紫色の花が少しずつ膨らみ始めました。


 スモークツリー、コバノズイナ
 スモークツリー・ロイヤルパープル、コバノズイナ・サライブ、銅葉キンギョソウ、
 カレックス・フロステッドカールなどの寄せ植え。
 周囲のユリオプスデージー、チェリーセージ、黄金ナツヅタなどと渾然一体としています。
 背後のクラウンプリンセス・マルガリータはまだ小さいので埋もれがちです。


       白万重
       そして寄せ植えの上のフェンスから壁面にかけて、新雪の足元の空間を
       クレマチス白万重が所狭しと埋めつつあります。



さて、残りは明日以降に譲って、15日(土)の国際バラとガーデニングショウから。

つるバラの風景1
今日は、京成バラ園の鈴木満男氏のローズアベニューをメインに、
つるバラの風景を順不同でお届けします。

特に目立ったバラで分かるものだけ品種名を付しますが、説明は最小限に。

   つるバラの風景2
   グレース(手前中)


      つるバラの風景3


つるバラの風景4
ブラン・ピエール・ド・ロンサール(上)


     つるバラの風景5
     アクロポリス・ロマンティカ


         つるバラの風景6
         ジ・インジニアス・ミスター・フェアチャイルド(手前)


     つるバラの風景7
     ブラン・ピエール・ド・ロンサール(手前)、ピエール・ド・ロンサール(奥)


つるバラの風景8
ピエール・ド・ロンサール


     村田晴夫バラ相談所1
     そして、つるバラの庭といえば、何といっても村田ばら園の村田晴夫さん。
     「村田晴夫のバラ相談所」で、バラの品種選びや誘引方法などの相談を受けながら、
     お一人お一人にカタログにサインをされてました。


 村田晴夫バラ相談所2
このブースで目に留まったのが、ロサ・キネンシス・アルバ。
咲き始めはうっすらとピンクが入る白いつる性のチャイナローズ。
とげがなく、3mほどに成長するようです。
チャイナローズらしく早咲きで、一季咲き。
リーズナブルな新苗があれば、持ち帰ろうかと思いましたが、
高価な長尺ものしかなくやむなく諦めました。


    コーネリア
    結局、代わりといってはなんですが、コーネリアの新苗を1000円で手に入れました。
    (村田ばら園ではつるバラはどれも長尺だったので、別の店です。)

    現在、ピエールを誘引しているアーチの反対側のニュードーンが、
    アーチとの一体性が今ひとつなので、その代わりにと構想中です。

    因みに、ユーフォルビア・ボンファイヤーも手に入れました。



さて、今日はここまで。
バラとガーデニングショウのご紹介は明日も続く予定です。

お楽しみに。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/17(月) 23:59:45|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

充実の週末 ?今日も次々と

昨日、国際バラとガーデニングショウに行って留守にした分、
今日はたっぷりと庭のバラを楽しみました。


次々と新たに開花が続いています。

セプタードアイル1
セプタードアイル
お気に入りのバラのひとつ。
もう少し咲き進むと黄色い蘂が見えて、コロンとしたカップ咲きに。
イングリッシュローズの中では比較的花首はしっかりしていて、斜め上向きで開花します。
花径は約8cm。
香りは強いミルラ香。
2年目ですが、今年もざっと50は下らない旺盛な花つきです。


    黒蝶
    黒蝶(FL)
    花もちがとてもよい黒バラです。
    咲き進むとロゼット咲きに変化し、そのままドライフラワーになってしまうのでは、
    と思うほどずっと咲き続けます。
    今年は寒の戻りの影響でブラインドが多発して花数は少なめ。
    本来はもっと花つきの良いバラです。
    花径は約6cm。
    無香。


        ローテローゼ?
        いただきき物の花束から芽接ぎした赤バラ。
        おそらく切花の代表品種、ローテローゼだと思います。
        切花向き品種らしく、とても整った花姿。
        これから開花が進んでいく様子はとても素晴らしいバラですが、
        開き切ってしまうと今ひとつ。
        同じく切花で人気のジュリアとある意味似たキャラクターかもしれません。


新雪の花がら摘み1
新雪がどんどん散り始めたので、花がら摘みをしました。


     新雪の花がら摘み2
     数えてみると全部で60ほどでしたから、全体のざっと2割弱程度。
     案外、まだまだ花も蕾も残っています。


さて、あとは説明は最小限にとどめて、庭の様子をじっくりとお楽しみください。

デュランディ
クレマチス・デュランディ


    ジュリア1
    ジュリア
    昨日からあっという間に咲き進みました。


         ジュリア2
         ジュリアの2番花


セプタードアイル2

      セプタードアイル3
      セプタードアイル


 テラス前のバラ
 テラス前のバラとジギタリス


      テラス前全景
      テラス前全景


とても一度には紹介し切れないので、続きは平日に。


なお、今日は芝刈りとともに、予備の芝を使って張替え補修を行いました。
これも、日を改めて。


(本日の西洋芝のメンテナンス記録)
 16mm高で芝刈り。
 細粒化成肥料8-6-8を30g/�散布。
 殺菌剤、ラリー水和剤(ミクロブタニル)、タチガレン(ヒドロキシイソキサゾール)をジョウロ散布。
 病害部分(30cm角程度)を予備の芝で張替え補修。残りは次週へ持ち越し。



最後に、土曜日の国際バラとガーデニングショウから。

今日ご紹介するのは、目玉の特別企画、
「ピーターラビットの庭仕事?英国湖水地方の街から」


   ピーターラビット1


ピーターラビット2


    ピーターラビット3


        ピーターラビット4

以上のガーデンは、
「湖水地方のコテージと森のガーデン」と題して
ユ・メ・ミ ファクトリー/加藤造園/上野砂由紀さんの作品。

随所に上野砂由紀さんの北海道のガーデン(じゃなかった、英国湖水地方でした。。。)の
雰囲気が感じられます。


ピーターラビット5


    ピーターラビット8


         ピーターラビット6


   ピーターラビット7

この4枚は、「丘の上のフラワーガーデン?ポターの夢見た花園?」と題した
清水工業ガーデンの作品。

ガーデン全体の雰囲気もさることながら、一つ一つの植栽まで、
その選択、配置、配色などとても勉強になります。

1千万画素のフルサイズ写真でじっくりと復習です。


続きはまた明日をお楽しみに。


最後に、あまりに盛り沢山だったのでUPし忘れるところでした。

 月と金星
 日が暮れた西の空に三日月と明るい星が。
 月と金星の大接近だそうです。
 明日も何か良いことがありそうな気分です。
 おやすみなさい。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/16(日) 23:59:36|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

バラが次々と ?国際バラとガーデニングショウ

今日も引き続き爽やかないい天気。
カラッとした空気と心地よい日差しに、次々とバラの開花が続いています。


ウィリアムモリス1

     ウィリアムモリス2
     ウィリアムモリス
     整ったロゼット咲きが美しいイングリッシュローズ。


アーチ
フェンスのウィリアムモリスのすぐ脇のアーチでは....


       ピエール・ド・ロンサール
       ピエール・ド・ロンサールの開花がゆっくりと進んでいます。


ジュリア1

     ジュリア2
     ジュリアが開花しました。
     これぐらいのタイミングが一番美しいのですが、あっという間に開き切ってしまいます。


つるアイスバーグ1

       
     つるアイスバーグ2
     つるアイスバーグ
     開花3日目。昨日から今日に掛けて、蘂が見え始める前後が最高です。


つるアイスバーグとアンジェラ
つるアイスバーグとアンジェラ


       アンジェラ
       アンジェラが2分咲きに。
       1週間後には左上のプロフィール写真のように
       葉が見えなくなるほどピンク一色に染まります。
       

  新雪
  新雪が満開です。
  どんどん散り始めましたが、散るのと同じペースでまだまだ新しい花が咲き続けています。


去年と比べてみると、だいたい5月4日?7日に掛けての状態とほぼ同じ。
概ね10日ほど遅れています。
去年のピークは16日頃だったので、今年は来週半ばから再来週前半がピークになりそうです。



さて、ちょっと出遅れましたが、お昼から西武ドームで開催中の
第12回国際バラとガーデニングショウに出掛けました。

国際バラとガーデニングショウ1


     国際バラとガーデニングショウ2
     会場に着いたのは2時半頃で、人出も最高潮。


国際バラとガーデニングショウ3
閉場の5時半までの3時間あまり、じっくり見て廻るには少し慌しかったものの
しっかりと楽しんできました。
100枚以上の写真を撮ってきたので、明日以降、少しずつご紹介していきます。
お楽しみに。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています  



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/15(土) 23:28:57|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

優しい光

今朝も涼しい朝を迎えました。
夜のうちにごく弱い通り雨があったようで、空も多少晴れ間はあるものの曇り空。

昨日の朝とは打って変わって、写真撮影には絶好の優しい光に包まれました。


 今朝の庭1


      今朝の庭2
      新雪はほぼ満開、オールドブラッシュ・チャイナや
      クレマチスH.F.ヤング、ミセスN.トンプソンは盛りを過ぎ始めたものの、
      庭全体としてはまだバラは1?2分咲き程度。


          パットオースチン
          昨日開きかけていたパットオースチンが見事に開花しました。
          デルフィニウムやH.F.ヤングのブルーを背景に、鮮やかなカッパーオレンジが際立ちます。


つるマジックカルーセル
ミニのつるマジックカルーセルは、完全に開き切ってから、
少しずつ色褪せながらも1週間ほど咲き続けます。


     コーヒーオベーション
     コーヒーオベーション
     こちらもミニバラですが、高さ60cmほどの自作スタンダード仕立て。
     足元の鉢にはこぼれダネのラグラス・バニーテールがフサフサと茂っています。
     花もちがとてもよく、楽に1週間以上咲き続けます。
     実際の色目は、その名前のとおりもう少しブラウン掛かっています。


ジュリア
ジュリアが咲き始めました。
このところ涼しいのでゆっくりと開花しています。
開き始めの頃がとても美しいバラですが、暑くなると、あっという間に全開して平咲きになるので、
もうしばらく涼しいままの方がこのバラには向いています。


         つるアイスバーグ1
         

つるアイスバーグ2
つるアイスバーグも綺麗に開きました。
端正で品のあるカップ咲きで常に人気ランキング上位を占めるこのバラは、交配親として
ヘリテージやグラハム・トーマスなど、イングリッシュローズの代表品種を世に生み出しています。


        ダイアンサス・ブラックベアー
        花壇ではダイアンサス・ブラックベアーが開花しました。
        銅葉に渋いチョコレート色の花は存在感たっぷり。


  白万重
  クレマチス・白万重はゆっくりと着実に咲き進んでいます。
  少しずつ「時間差攻撃」なので、咲き進んでいく様子がよく分かります。



去年は16日の時点でバラがピークを迎えましたが、今年は1週間?10日ほど遅れています。
この週末は、国際バラとガーデニングショウ、そしてバラが咲き始めた庭をたっぷりと楽しみます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/14(金) 23:57:09|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

眩しい朝

ヒンヤリとした澄んだ空気に包まれて、とても眩しい朝になりました。


庭全景


    芝庭
    日光のコントラストが強すぎて、日向と日陰が同時にはうまく写りません。


アンジェラと新雪
アンジェラの開花が着々と進んでいます。


        アンジェラとつるアイスバーグ

     つるアイスバーグ
     アンジェラのすぐ脇のオベリスクで、つるアイスバーグも少しずつ開花が進んでいます。


ウィリアムモリス1

       ウィリアムモリス2
       フェンスではウィリアムモリスが咲き始めています。


パットオースチン
眩しい光を浴びて、パットオースチンも開花が始まりました。


        ニゲラ・アフリカンブライドとつるマジックカルーセル
        つるマジックカルーセルに絡んだニゲラ・アフリカンブライドの蘂が広がり始めました。



 ジュビリー・セレブレーション
 バラゾウムシの被害から辛うじて復活したジュビリー・セレブレーション。
 ボリュームたっぷりに咲き進んだ花が重たそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/13(木) 23:59:15|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

招待券が届きました

朝のうちまで残った雨が止んで、午後には晴れてきました。
先日までの初夏の空気が入れ替わって、夕方には少しひんやりするほどの涼しさ。


家に帰ると、バラクライングリッシュガーデンから、国際バラとガーデニングショウの招待券が届いていました。

 国際バラとガーデニングショウの招待券
GWに横浜バラクラを訪れたときにもらったリーフレットにさりげなく、
「国際バラとガーデニングショウ入場券プレゼント」
とあったのを見つけてハガキで応募したものです。
当日券は2,000円するので、これはラッキーでした。



さて、今朝は雨上がりの庭で、雨に濡れて散り始めたつるバラ「新雪」の花びら拾い。

新雪
雨をたっぷりと含んで花首が重たそうです。
満開が近づいてきましたが、たくさん蕾が控えているので、
多少散っても、まだまだ2週間以上咲き続けます。


    ピエール・ド・ロンサール
    アーチの上でピエール・ド・ロンサールの開花が始まりました。
    まだ開き始めたばかりで花がよく見えませんが、いずれ花の重みで横を向き始めるでしょう。


         つるアイスバーグ
         オベリスクのつるアイスバーグも開き始めました。
         GWの暑さで急成長したせいか、心持ち例年より花が小さいように感じます。


 クラウンプリンセス・マルガリータ
先日開花したばかりのクラウンプリンセス・マルガリータが次々と開花しました。


     クレマチス・デュランディ
     クレマチス・デュランディが開花し始めました。
     見るからにインテグリフォリア系らしい姿ですが、
     この後、花びらが完全に開き切って十字形になります。


アリウム・ギガンチウム
アリウム・ギガンチウムの蕾が割れて、中の小花の蕾が露出し始めました。
最終的に、大きな紫色の葱坊主のような姿になります。


       ジギタリスと特大テラコッタの寄せ植え
       つるアイスバーグの足下、特大テラコッタの寄せ植えの脇で、
       ジギタリスが咲き始めました。
       奥のギボウシ・サガエの脇ではアンジェラも開花し始め、
       まもなくこの一角は、間違いなしに最も華やかなエリアのひとつになる筈です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  1. 2010/05/12(水) 23:29:09|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

雨の中の開花

朝から小雨。
今日は1日中、弱い雨が降り続きました。

水遣りが要らないので、代わりに、ビニール傘をさしてバラの様子をゆっくりと見て廻りました。


昨日、開花のスタートを手助けしたジュビリー・セレブレーションでしたが、
無事に自力で咲き進みました。

ジュビリー・セレブレーション1


      ジュビリー・セレブレーション2
      こんもりと茂った新設花壇の先端部で開花。
      まだ株が小ぶりなので、やや花壇に埋没気味です。
      今後、繰り返し花を咲かせながら株が成長していけば、
      庭の一番の特等席で最も目立つようになる筈です。


   ジュビリー・セレブレーション3
   少し芯が偏っていますが、自力で開花できずにいた昨日の状態からすればこれでも上出来でしょう。



散り始めた新雪
つるバラ・新雪が早くも散り始めました。


       新雪
       新雪はまだ7分咲きほど。今後、新雪を含め色々なバラの毎朝の花びら拾いが日課に加わります。

       バラの香りを楽しみながらとは言え、手間の掛かる作業ですが、
       放置するとバラの葉や西洋芝の病気発生源になりかねず、
       格好のナメクジの餌になってしまいます。


    緑光
    緑光の開花が始まりました。
    最初はほんのりと黄緑を帯びたクリーム色ですが、徐々に緑が増してきます。
    厚めの花弁で花もちが抜群によく、2?3週間咲き続けます。


       ウィリアムモリス
       ウィリアムモリスが開花目前です。
       蕾の色は濃いめですが、アプリコットピンクの整ったクォーターロゼット咲きになります。


 デルフィニウムとパットオースチン
 濃い青と水色のデルフィニウム。水色の開花はこれからです。
 手前の蕾は、今年鉢から花壇に下ろしたパットオースチン。
 日が差さなければ蕾はしっかり上を向いているんですが。。。


      セプタードアイル
      セプタードアイル。
      去年と同様、数十個の蕾が次々と膨らんでいます。



雨も今晩まで。
明日には回復して、今週一杯、やや涼しく爽やかな日差しが戻りそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/11(火) 22:34:57|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「手動」開花 ?ジュビリー・セレブレーション

午前中は晴れ間もあったものの、午後からはずっと雨が降りそうで降らない一日でした。
暑い夏日続きも今日で一段落。


先日から開花寸前だったもうひとつの新顔イングリッシュローズ、
ジュビリー・セレブレーションの蕾をよく観察してみると、
どうやら、バラゾウムシに突っつかれた後遺症で花びらが引っ掛かってしまっている様子。

  ジュビリー・セレブレーションの蕾
  (2010/5/8)

まだ蕾が小さい頃に突っつかれた痕が花びらとガクの両方に付いていますが、同じような傷が裏面にも。
傷の周辺の花びらが互いに癒着してしまい、開花が進まなくなっていました。

そこで、一番外側の癒着した花びらを強制的に開いてから、花びらを指先で注意深く引っ張り出してやりました。
 ジュビリー・セレブレーション、「手動」開花
ちょっと不恰好ですが、何とか花びらの引っ掛かりがなくなったようです。
あとは、自力での開花をしばらく見守ってみることにしました。



多くのバラが蕾を膨らませて開花寸前ですが、新たな開花はこのジュビリーの「手動」開花だけ。

そこで、バラ以外の庭の様子を今日もご紹介します。


    シェードガーデン
    ギボウシが大きく展開したシェードガーデン。

    後列でひと際大きく葉を展開したのはフランシスウィリアムズ(左)。
    そして明るいライムイエローの斑入り、フレグラント・ブーケ(中)、
    立ち性のリーガルスプレンダー(右)。

    前列には小型の斑入りゴールデン・ティアラと無地のレモンライム。
    各種のシダや風知草(斑入り、青葉)、斑入りアマドコロ、ヒューケラ、
    プルモナリア・オパール、などなど。


そして、視線を少し右(西)側に移すと、

 シェードガーデン2
 コブシの木の足元のクリスマスローズやスイセンの一群を挟んで、
 こちらにもギボウシが活躍中。

 奥のトーチライトと白い斑入りが美しいパトリオット。
 そしてここにも風知草が涼しげに風にそよぐ斑入り葉を広げています。

 辺りには、都忘れ、ラムズイヤー、ユーフォルビア(アミグダロイデス・プルプレア)などが競演中。



       ニゲラ・アフリカンブライド
       バラ花壇では、ニゲラ・アフリカンブライドが開花しました。
       開花が進むにつれて、黒いしべがもう少し大きく、ワイルドな感じに変化していきます。


こんもりビオラ・フィオリーナ・イエロー&ベルベット
こんもりビオラ・フィオリーナ・イエロー&ベルベット
ビオラも、このところの暑さでいよいよ終わりが近づいてきました。
暑さで縦方向の「こんもり」がややつぶれ気味になり、
開花ペースも上がって、毎日40-50ほどの花ガラが発生します。

何とかバラが一回り咲き終わる梅雨入り前頃まで、もうひと頑張りしてもらいましょう。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/10(月) 23:59:06|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クラウンプリンセス・マルガリータが開花

連日のいい天気で、25.7℃と夏日になりました。
ただ、今日も空気がカラッとして気温ほどは暑く感じませんでした。


新顔イングリッシュローズのひとつ、
クラウンプリンセス・マルガリータが開花しました。

クラウンプリンセス・マルガリータ
クラウンプリンセス・マルガリータ
1999年 David Austin
香り:強いフルーツ香
花径は10cmほど
大柄のシュラブで、つるバラとして扱えます。


    クラウンプリンセス・マルガリータ2


        クラウンプリンセス・マルガリータの一角

去年までつるマジックカルーセルがあった場所に大鉢で植えつけました。
新雪が大きく伸びた分、背丈程度までのスペースが空き気味で、今は白万重だけが占めているので
2年目以降、そこを埋めてやる予定です。
上に茂った新雪の影響で日が高くなる初夏?夏は半日陰気味ですが、
比較的半日陰にも強いようです。
あまり大きく茂りすぎても困るので、ちょうど良いかなと思っています。


クラウンプリンセス・マルガリータの一角2


       クラウンプリンセス・マルガリータの一角3

まだ花がなかった一角にクラウンプリンセス・マルガリータがポツンとひとつ咲いただけで
一気に雰囲気が明るく華やかになりました。



いくつか、今日の庭の様子です。

H.F.ヤング、白万重とカクテル
H.F.ヤングと白万重、カクテルが陽光を求めて競い合っています。
右手前には新雪の蕾も。


    マジックカルーセルとH.F.ヤング
    マジックカルーセルの一番花が開花しました。


        新雪
        新雪は5分咲き。
        最初の花は少しずつ散り始めました。


    新雪とアンジェラ
    新雪とアンジェラが庭の両側から伸びて、頭上でお見合い。


アンジェラ
アンジェラは、ちらほらと開花し始めて、花数はざっと10輪を超えました。
これから一気に花数を増やし始めます。


     芝庭全景
     庭全体としては、バラの花はまだごく僅か。
     本格化にはまだ1週間は掛かりそうです。

     GWにレーキ掛けした芝のダメージが大きい部分に少々目土を入れて、液肥500倍を与えました。
     思ったよりダメージが大きく、再生にはもう少し時間が掛かりそう。
     もう少し様子を見て、あまり芳しくない場合にはプランターの予備の芝に張替えることにします。



週が明けると前半は雨、週半ばには回復して週末まで晴れが続くものの
気温はやや低めで推移するとのこと。
またしても開花が遅れそうですが、
その分ゆっくりとバラを楽しめるので良しとしましょう。


週半ばからはいよいよ国際バラとガーデニングショウが開幕。
今年も週末に西武ドームまで出掛けようと思っています。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/09(日) 23:46:01|
  2. クラウンプリンセスマルガリータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

クローズアップ

久々に降った雨が上がって、朝から爽やかに晴れ上がりました。

GWの7連休から2日の平日を挟んでの週末。
日中は24.3℃まで上がりましたが、カラッとして気温の割には快適な一日でした。


 ノイバラ
ノイバラ(ロサ・ムルチフローラ)が新たに開花しました。
開花したのはまだごく僅かですが、無数の蕾が開花目前です。


    他にも一気に開花が近づきつつあります。
    今日は、クローズアップの写真を中心に。

    クラウンプリンセス・マルガリータ
    クラウンプリンセス・マルガリータ
    開花まであと一息です。


         ジュビリー・セレブレーション
         ジュビリー・セレブレーション
         こちらも開花目前ですが、開きそうでなかなか開きません。


 マジックカルーセル
マジック・カルーセル
今年、キクイムシにやられた茎を株元近くまで切り戻して庭に下ろしました。
例年より2週間近く遅れての開花ですが、旺盛にシュートが発生し、ようやく開花に漕ぎ着けました。


     テラス前
     テラス前のバラ鉢群の中で開花したのはまだオールドブラッシュ・チャイナだけですが、
こぼれダネから育ったジギタリスが花穂を立ち上げました。
 

 ジギタリス1

        ジギタリス2
        ジギタリス
        別名 Foxglove 狐の手袋


    クレマチス・デュランディの蕾が膨らんできました。

    クレマチス・デュランディ
    クレマチス・デュランディ
    インテグリフォリア系、四季咲き強選定
    立ち性、約1.0m    


アリウム・ギガンチウム
花壇ではアリウム・ギガンチウムの蕾がだいぶ膨らんできました。
花茎の長さは現在約80cm。
どれくらいまで大きくなるのか、楽しみです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
                                    

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/08(土) 23:59:29|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新雪、順調です

久々の雨になりました。
GW入り直前の28日以来の雨です。
かなり乾いていた花壇の草花には恵みの雨になったようです。


今日も新しいバラの開花はお預けでしたが、つるバラ「新雪」は順調に開花が進んでいます。

 新雪遠景2


    新雪3
    まだ2分咲きぐらいですが、かなり華やかになってきました。


新雪近景1

         新雪近景2

    新雪近景3

フワッとぼたん雪のようなボリュームたっぷりの花は、直径12cmほど。
少し懐かしい石鹸のような香りがします。



さて、明日からの週末は、雨も上がって絶好のバラ日和になりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/07(金) 23:59:57|
  2. 新雪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

GW明け

GWが明けて1週間ぶりの仕事。
一気に夏がやってきたことを、まずは服装で実感。
連休前までは肌寒い日が多く冬物のスーツだったので、慌てて夏物を引っ張り出しました。
通勤電車には冷房が入って、中にはノースリーブの女性も。

また、久々に朝の出勤前にたっぷり20分以上掛かけての水遣り。
真夏ほどではないにしろ、これからは毎朝の水遣りが大変になります。


H.F.ヤングとカクテル
今朝は新しいバラの開花はなし。
満開間近のH.F.ヤングの脇で、カクテルと新雪がそれぞれ1輪だけ。


     白万重
     クレマチス・白万重の開花がゆっくり進んでいます。
     日々変わっていく姿が楽しめます。



今年、新たに我が家にやってきた2つのイングリッシュローズがどちらも開花間近です。

ジュビリーセレブレーション
ジュビリーセレブレーション
期待の新顔です。
新設花壇の「岬」の先端、さまざまな宿根草、カラーリーフに囲まれた特等席に配置しました。
やや小さく貧弱な苗でしたが、しっかりと成長して蕾を数個つけました。
バラゾウムシにいくつか蕾をやられてしまいましたが、この蕾は辛うじて開花まで漕ぎ着けました。


     クラウンプリンセス・マルガリータ
     クラウンプリンセス・マルガリータ
     去年までつるマジックカルーセルの鉢があった新雪の足元を引き継いで、大鉢に植えつけました。
     アプリコット・イエローの整ったフォーマルロゼットが美しい半つる性のシュラブ。
     我が家では数少ないイエロー系のバラで、
     目の前のスモークツリー・ロイヤルパープルとの色彩のコンビネーションを期待しています。


銅葉キンギョソウとスモークツリー・ロイヤルパープル
そのスモークツリー・ロイヤルパープルを植えた寄せ植え大鉢で、
銅葉キンギョソウが開花しました。
去年、種取りをして種まきから育てたキンギョソウです。
コバノズイナ・サライブの花穂もだんだんと充実してきました。
足元から冬枯れから復活し始めたライムイエローの斑入りランタナが盛り上がってくれば
いい感じの寄せ植えになってくれそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/06(木) 23:59:30|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カクテル開花?大汗で芝管理

GWも最終日。
7連休、ずっといい天気でした。
そして今日は今年初めての夏日。
横浜は26.8℃まで上がりました。


カクテル1
カクテルが開花しました。
開花早々は花の中心が鮮やかな黄色で、見るからに派手な色使い。
咲き揃えばクレマチスH.F.ヤングのクールなブルーと競演します。


    カクテル2
    カクテルのしべで遊ぶ小さな虫を発見!
    よくよく見てみると、なんとあの憎きバラゾウムシ。
    今年も幾つ大事な蕾をやられたことか。
    もちろん、速攻で☆彡に。。。


新雪1
昨日咲いた新雪は、次々と開花し始めました。


     新雪2
     脚立に上ってクローズアップで。


   オールドブラッシュ・チャイナ
   オールドブラッシュチャイナは、下の方で10輪ほど開花していますが、
   上に伸びたシュートの先端にも咲き始めました。
   蕾が10数輪も。


          クレマチスH.F.ヤング
          クレマチスH.F.ヤングは、あっという間に満開寸前。



この時期は西洋芝の生育が1年で一番旺盛な時期。
表面的には順調ですが、結構広い部分に枯れが混じっているのが気に掛かっていました。
芝の表面を指でなぞると、コイン大のハゲが多数潜んでいます。
典型的なダラースポット病の症状です。
ハゲの周囲の芝は黄変し、中心部では枯れた草が腐ったように茶色くなっています。

去年、西洋芝の調子がおかしくなり始めた梅雨入り時期に
レーキ掛けをして芝に大きなダメージを与えてしまったことを思い出し、
芝の生育が旺盛な今のうちに思い切ってレーキ掛けを敢行することにしました。

 西洋芝へのレーキ掛け
 まず、芝を10mm高で短くカット。
 そしてレーキ掛けをすると、サッチ(刈りカス)が面白いように取れました。


     レーキ掛け後
     レーキ掛け後、再度10mm高でカット。
     一部の症状が酷い部分は、スポットがびっしりと密集していたことが分かります。
     葉が濃く残っている部分にも小さなスポットが思った以上に潜んでいましたが、
     サッチを掻き取ったお陰で地面近くの通気が格段に良くなりました。


作業完了
午前からお昼に掛けての作業でしたが、あまりの暑さに頭にタオルを巻いて汗を拭いながらの作業になりました。
午後の強い日差しに負けないよう、作業後一旦水撒きをして地温を下げ、
日が少し翳ってから殺菌剤を。
ダコニールと液肥500倍+尿素1g/Lを1L/?ジョウロ散布しました。

症状が酷い部分は試験的に手刈りで短く刈ったのでやや軸刈り気味で多少心配ですが、
この季節なら1週間もすれば何もなかったように元に戻ってくれるでしょう。


さて、長かったGWもこれでおしまい。
といっても2日の平日を挟んですぐに週末です。
今度の土日は、早咲きのバラをたっぷりと楽しめそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/05(水) 23:55:09|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新雪、アンジェラが開花

今日も心地よい初夏の一日。
今日も最高気温は夏日間近の23.9℃。

庭の片付けをしながら、あれこれやっているうちに一日が過ぎていきました。


ずいぶんと遅れていたつるバラ新雪とアンジェラがそれぞれ開花しました。

新雪1


    新雪2


        アンジェラ2


 アンジェラ1

テラスの頭上を左右から覆うように誘引されたつるバラが揃って開花しました。
まだ本格的な開花には新雪が数日、アンジェラは1週間以上掛かりそうですが、
とにかく、いよいよバラの季節がやってきました。
咋年に比べると1?2週間は遅れています。


   オールドブラッシュ・チャイナ
   オールドブラッシュ・チャイナは次々と開花しました。



クレマチスH.F.ヤングも一気に開花が進みました。

H.F.ヤング


    H.F.ヤング全景
    初夏の日差しを浴びて、2,3日中にも満開になりそうです。


クレマチス白万重
クレマチス白万重も開花が始まりました。
これから1ヶ月ほど掛けて開花が進んでいきます。



    初夏の庭
    初夏の庭は、あとはバラを待つばかり。


          ジギタリス
          バラ鉢にこぼれダネから育ったジギタリスが開花し始めました。


新設花壇の花
新設花壇も次々と開花が続いています。
アネモネ、カレンデュラ、銅葉キンギョソウ、リナリア・ネオンライト。


    アネモネ
    深い青のアネモネが開花しました。


        カレンデュラ・ブロンズビューティー
        カレンデュラ・ブロンズビューティーも、冬から休むことなくずっと咲き続けています。


明日はいよいよ7連休の最終日を迎えます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
  

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/04(火) 22:43:43|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

寄せ植え

GWも後半戦に突入。
今日もいい天気でした。
最高気温は23.6℃。夏日目前です。

例年、GWはどこへ行っても渋滞するので自宅や近場でのんびりと過ごしています。

今日のバラ、クレマチスの新たな品種の開花はなし。
それぞれ花数は増えました。


今日は、お気に入りの寄せ植えを2つご紹介します。

寄せ植えその1?1
ガーデンテーブルの上に置いたクローバー・ティントワイン、ノースポール、ラグラス・バニーテール、
しだれ咲きビオラ・フィオリーナ、コルジリネ・チョコレートチップなどの寄せ植え。

オールドブラッシュ・チャイナの花が絡みます。


    寄せ植えその1?2
    少し引いてみました。


        寄せ植えその1?3
        さらに引いてみます。
        テラス前のバラ鉢からこぼれダネで見事に育ったジギタリスが開花寸前です。

        バラが次々と咲き始めると、テラス前はもっともっと華やかになります。



次は、バラ花壇の一角に置いた小低木の寄せ植え。

寄せ植えその2?1
スモークツリー・ロイヤルパープルとコバノズイナ・サライブをメインに、
銅葉キンギョソウ、ヘリクリサム・コルマ、斑入りランタナ、
ラミウム・ガリオブドロン、カレックス・フロステッドカールなど。


    寄せ植えその2?2
    少し引いてみます。
    後方にはユリオプスデージー、黄金葉ナツヅタ、チェリーセージ、
    新雪、クラウンプリンセスマルガリータ(ER)など。


        寄せ植えその2?3
        さらに引いてみます。
        足元にはヘリクリサム・ペティオラレ、ユーフォルビア・カメレオンなど。
        手前にはニゲラ・アフリカンブライド、ラムズイヤー、斑入り風知草など。


バラの開花がかなり遅れていますが、代わりにいろいろな植物が楽しませてくれます。


ところで、Aozoraharukaさんのナニワイバラの蕾がうな垂れて困っていたので、
分かる範囲で色々とコメントを差し上げましたが、
我が家のパットオースチンの蕾も。。。

パットオースチン
日中、強い日差しを浴びると蕾がうな垂れてしまいます。
もともと花首が垂れ気味になるバラですが、
地植えで水分は十分足りている筈なのに、この程度の日差しと気温でうな垂れてしまうとは!

去年まで鉢植えにしていた時にも同じような症状がありましたが、
パットオースチンはどうも強い日差しがかなり苦手で、花もあっという間に終わってしまいます。

何か問題がある訳ではなくて品種の特性なのでしょうが、ちょっと心配になってしまいます。


     新雪
     新雪はもうあと一息。
     明日辺りにはいよいよ開花しそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/03(月) 23:31:19|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

緑の楽しみ

今日でGW7連休もはや中日を迎えました。
連日の好天で、最高気温は22.8℃。

初夏の陽気に恵まれて、庭の緑はますます充実。
かなり遅れ気味のバラの花を補って楽しませてくれます。


オールドブラッシュ・チャイナ
新しいバラの開花は今日はお預け。
オールドブラッシュ・チャイナだけは次々と開花が進んでいます。


     新雪
     つるバラ「新雪」は開花までもう一息。


         アンジェラ
         アンジェラは無数の蕾が上がっていますが、開花までには最低もう数日は掛かりそう。


    つるアイスバーグ
    つるアイスバーグも同じくあと1週間ほど?


 ノイバラ
 ノイバラ(ロサ・ムルチフローラ)も、右に同じ?
 

         こんもりビオラ・フィオリーナ
         バラが遅れている分、本来早春までの花たちが頑張っています。
         こんもりビオラ・フィオリーナ・イエロー&ベルベットが
         一株で株張り50cm程度まで成長しました。
         連日の初夏の陽気でさすがに花ガラ摘みがとても忙しくなりました。



花が少ない分、緑が際立ちます。
美しい緑をたっぷり楽しみました。

スモークツリー・ロイヤルパープル
スモークツリー・ロイヤルパープルに絡むユリオプスデージーの花。


      ユーフォルビア・カメレオン
      ユーフォルビア・カメレオン


ギボウシとベニシダ
ギボウシ・フランシスウィリアムズ(左)とフレグラント・ブーケ(右)に絡むベニシダ。


    シダ競演
     手前からリョウメンシダ、ニシキシダ、クジャクシダ。


        シェードガーデン
        木漏れ日が差し込むシェードガーデン。


カラーリーフの競演
新設花壇の低木カラーリーフ。
左からもみじ・紅枝垂れ、黄金シモツケ・レインボー、フィソカルパス(アメリカコデマリ)・ディアボロ
奥には斑入り風知草、ラムズイヤー、ユーフォルビア・カメレオンなど。


    芝刈り
    夕方近くになって16mm高で芝を刈りました。
    エッジ部分の手刈りは明日に持越しです。


(今日の写真はすべてCanon EOS Kiss Digital X / EF50mm F1.8IIで撮影)



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
       

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/02(日) 23:59:44|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。