芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年、今年一年お世話になりました

2010年も今日でおしまい。

全国的に大荒れの大晦日となったようですが、
横浜は少し寒いながらも穏やかな年の瀬を迎えました。


今日は色々と忙しく、庭仕事はお休み。

夕暮れ前に少しだけ時間ができて、庭に出てみました。


ノイバラ
ノイバラ



 ノイバラ2
 ノイバラ



ニュードーン1
ニュードーン



 ニュードーン2
 ニュードーン



スーパーエクセルサ2
スーパーエクセルサ



スーパーエクセルサ1
スーパーエクセルサ



   ザ・フェアリー
   ザ・フェアリー


たくさんのバラが剪定、誘引し残したまま年越しです。


新雪
今日の新雪
ほんの少しだけ咲き進みました。



 もみじの落ち葉
 季節外れとなったもみじの落ち葉が緑の芝の上に。

 2010年の大晦日が静かに暮れてゆきます。




今年一年、当ブログにご訪問いただき有難うございました。

皆様、良いお年をお迎え下さい。



      Sunday Gardener
 



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/31(金) 18:05:58|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安曇野の誘引完了

今年も明日の大晦日を残すのみ。

何かと慌しい年の瀬ですが、家内に色々と文句を言われながらも
今日は結構集中的に誘引作業ができました。


昨日、1時間足らずでしたが剪定作業に着手した安曇野。

安曇野1
4時間近く掛けて完成。


安曇野2
太めのシュートが約10本。
斜め上に噴水のように伸びるシュートの枝先を下向きに引っ張ってビニタイで固定します。

強く引っ張った際に折れたり割れたりしたシュートが2本。
右端の太いシュートは、強く曲げすぎて茎が割れるように折れ曲がってしまいました。
折れた部分はまだ断面の1/3ほどが完全にはちぎれることなく繋がっているので、そのまま誘引しました。

春の開花までに折れた箇所の残りの部分が膨らんで元気に咲いてくれれば良いのですが。。。



 安曇野3
 少し下方向から。



 安曇野4
 階段の下から、ツルアイスバーグ、アンジェラとともに。



さて、これで庭のマンション建物側、東半分の誘引が終わりました。
当初の目論見からはかなり遅れ気味です。



剪定・誘引を待つ新雪ほか
まだ手付かずの残り西半分。
手前側、バルコニー下から勢い良く庭の上空に向かって張り出しているのは新雪。

フェンスにはまだたくさんの赤い花を咲かせているカクテル、
写真左端、フェンスの手前で長くシュートが伸びているのがウィリアムモリス。


明日の大晦日、多少は手を付けられるかもしれませんが、本格的な作業は年明けに持越しです。



新雪
新雪の花。
本格作業まで、今しばらくは咲き続けていてもらいます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/30(木) 23:59:25|
  2. 安曇野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年末年始のお休み

今日から年末年始のお休みに入りました。

日頃の疲れか不摂生からか、年甲斐もなく思いっきり昼まで寝てしまいました。
いい年して良く寝られるものだ、世の中のお父さんは早くから起きて...云々
と嫌味を言われてしまいましたが、たまには思う存分寝るのも悪くないものです。

ただ、その分あっという間に日が暮れてしまいましたが。。。


そんな訳で、今日は目論んでいたつるバラの剪定・誘引作業はごく僅かだけ。


安曇野1
今日、取り掛かったのは安曇野。
ミニの一重のつるバラで、階段脇の擁壁の上からウィーピング(しだれ)させて誘引しています。



今年の満開時の様子です。

満開の安曇野2010/5/28
2010/5/28


 安曇野
 2010/5/27


数日前にもご紹介しましたが、無数の花枝を剪定しなければなりません。

 安曇野2

ローズヒップが着いた平均20?30cmの花枝をおおよそ半分程度切り戻すと、数芽がついた小枝が残ります。

この作業は、とにかく何も考えずにただ黙々と数をこなします。


この作業が終わると、新芽が着きにくくなった古枝を落とし、
株元や枝の途中から長く伸びたシュートを、擁壁に沿って下向きに誘引します。


安曇野はランブラー・タイプのつるバラなので、頂芽優勢の傾向は弱く、
下向きに誘引してもほぼ全ての芽から花芽が伸びてきます。


今日の作業は短時間だったので、ローズヒップのついた枝を、
枝数にして約半分程度切り戻したところで終了。

残りの作業は明日へ持ち越しです。


14.0℃まで上がり少し暖かだった今日の庭から。

新雪
新雪
この1週間以上、開きかけたまま止まっていた花がようやく開いてきました。
ほんのり薄くピンクに染まっています。



 オールドブラッシュ・チャイナ
 オールドブラッシュ・チャイナ
 こちらも長く咲いています。蕾が少し綻んできましたが、
 明日からまた寒くなるので、咲き切るかどうかは微妙。


最後に、秋に種まきした苗の様子。

種まき苗
左側から、自家採種のビオラ、自家採種のデルフィニウム、カレンデュラ・ブロンズビューティー、
自家採種のリシマキア・アトロパープレア・ボジョレー、自家採種のノースポール、ニゲラ


カレンデュラとノースポールは一度ピンチをしてやった上で、まもなく定植出来そうな感じです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/29(水) 23:59:45|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バラの接ぎ木、その後

今日も似たような冬晴れの1日。
日中はほんの少し寒さが緩んで、夜には低気圧通過に伴って僅かながらにわか雨がパラついたようです。


今朝はあまりいい写真が撮れなかったので、久々の室内ネタで。


先日のつるアイスバーグとピエール・ド・ロンサールの剪定の際に、
ちょっとした遊び心で接ぎ木をしてみた、というのは既報のとおり。

つるアイスバーグの接ぎ木
つるアイスバーグの接ぎ木(2010/12/9)



ピエール・ド・ロンサールの接ぎ木
ピエール・ド・ロンサールの接ぎ木(2010/12/13)


この時点では、ビニールポットのノイバラの台木にそのまま接ぎ木(切り接ぎ)をして、
ポットはそのまま庭に置いていました。


しかし、その後ネットでバラの接ぎ木の方法や実践例を改めて調べてみたところ、
接ぎ木後は屋内や無加温の温室で管理し、2?3週間で芽が伸び始める、とされていました。


そこで、急遽、ポットから掘り上げて水ゴケで根を包み、屋内管理に切り替えました。
暑からず、寒からずのリビングの窓際付近の半日陰で、レジ袋に入れた状態で管理していました。


室内に取り込んでから10日ほど経ったその後の様子をご紹介しましょう。


バラの接ぎ木
根は水ゴケを詰めて不織布で包みました。

左側のピエールは、もう芽が伸び始めています。



ピエール・ド・ロンサール
伸び始めたピエールの芽
どうやらうまく活着したようです。



つるアイスバーグ
つるアイスバーグ
こちらはまだ芽が伸びてきません。

接ぎ木から約3週間が経過しても接ぎ穂はまだ緑色の瑞々しい状態を保っているので、
失敗という訳ではなさそうですが、芽が伸び始めるにはまだ活着が不十分なのかもしれません。
芽の先端が少し黒ずんでいますが、芽の中まで変色している訳ではなく、
心なしか黒ずんだ芽の先端部で緑の部分が僅かに伸び始めているような感じにも見えます。



どちらも、もう暫く同じような状態で管理しますが、芽が伸び始めているピエールは、
数日中にポットに戻して窓辺の日当たりに徐々に慣らしていくことになります。


つるアイスバーグの方は何ともいえませんが。焦らずもう暫くこのまま見守りたいと思います。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/28(火) 23:59:37|
  2. 挿し木、芽接ぎ、種まき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬晴れの朝

クリスマス寒波の到来とともに、横浜など関東南部では冬晴れの日が続いています。

一日中、真っ青に晴れ上がった空が広がります。


冬の遅い朝日が昇ってくると、まずコブシの木に日が当たり始めます。


コブシ1
ダイニングの窓から見えるコブシの木

西洋芝の肥料を吸収して生育旺盛な枝が真上に向かってたくさん伸びています。
成長が良すぎて、逆に花芽は少なめ。
やや弱々しく横向きに伸びる枝にだけ花芽が見られます。

手前上部のくねった枝のシルエットは、昨日誘引が終わったばかりのアンジェラ。



コブシ2
庭に出て、階段上から。
冬晴れの青空には、コブシの梢越しに上弦の月が。。。

手前を横切る葉をつけた枝はノイバラ(ロサ・ムルチフローラ)。



安曇野とアンジェラ
テラスのひさしになっている上階のバルコニーに沿って誘引したつるバラにも
早い時間帯から日が差し始めます。

安曇野のローズヒップの影が、影絵のように投影されていました。

下に見えるのは昨日誘引完了したばかりのアンジェラ。



一方、芝庭の周りに日が当たり始めるのはかなり遅く、
出勤間際になってようやく生垣からの木漏れ日が届き始める程度。

オールドブラッシュ・チャイナ
このところ何度も登場するオールドブラッシュ・チャイナ。
一部の蕾と背後のフェンスに、生垣の木漏れ日が僅かに当たり始めているのが分かります。



冬至前後は、お昼になっても生垣の影が長く伸びて、ほぼ芝庭全体が日陰のまま。

冬至の芝庭
2010/12/23 正午頃

冬至を過ぎて少しずつ日当たりが戻り始めている筈ですが、
陽の高さを実感できるようになるのはまだ1ヶ月以上先の立春の頃から。


まだこれから冬本番だというのに、早くも春の日差しが待ち遠しく感じられます。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

  1. 2010/12/27(月) 23:58:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アンジェラの剪定・誘引?その3

今日も最高気温は10℃まで上がらず寒い1日でした。

大掃除の手伝いや残った年賀状づくりなどで忙しく、今日も庭に出られたのは2時間足らず。


アンジェラの誘引完了1
今日の作業で、ようやくアンジェラの誘引が終わりました。



アンジェラの誘引完了2
同じ部分を階段方向から。



アンジェラの誘引完了3
このアンジェラは、つるアイスバーグのオベリスク近くに立てた2本の約2mの支柱と
階段脇に立てた金属製ラティスで下部を支えていて、上部はバルコニーの軒下に渡した1本の針金と、
2mの支柱から針金に斜めに渡した細めの支柱1本。

これだけでアンジェラの全てを支えていますが、つる同士が絡み合った状態でお互いを支えあっているので
案外しっかりしていて、風にバタついたり、自重で変形してしまうようなこともありません。



めでたく大物のうちのひとつを誘引し終えましたが、今年は少々作業が遅れ気味。
続きは29日からの年末年始のお休みです。


今年は帰省も遠出も予定していないので、年末に出来るところまでは何とか済ませようと思っていますが、
果たしてどうなることやら。



さて、だんだんと寂しくなる一方の庭の様子から。


もみじ「桂」の紅葉
大鉢のコンテナガーデンでは、もみじ「桂」がかなり遅く紅葉のピークを迎えました。
もうクリスマスも終わったというのに。。。



 新雪
 新雪

バラもだんだんと残り少なくなってきましたが、花は冷蔵庫で保存しているようにずっと開きかけたまま。



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ
シーズン中だと2,3日で散ってしまう花が、1?2週間かけてゆっくりと咲き続けています。



種まきビオラ
自家採種のビオラ(こんもりビオラ・フィオリーナ・イエロー&ベルベット)が次々と開花し始めました。
どれもほぼ親の性質を引き継いでいるようです。
左側は同じく自家採種のリナリア。


さて、今年も残すところあと5日。


これから残りの年賀状へのコメント書き。
今晩中に終えて投函。これで全て完了です。


25日には間に合いませんでしたが、例年は年末年始の休みまで掛かることが多いので
今年は結構ましな方です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/26(日) 23:24:24|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アンジェラの剪定・誘引?その2

クリスマス寒波がやってきました。

横浜の最低気温2.5℃はこの冬一番の冷え込み。
きれいに晴れ上がった冬晴れでしたが、最高気温も8.9℃どまり。
初氷も観測されたとのことで、いよいよ冬本番です。


午前中は遅れていた年賀状づくりで終わってしまい、庭に出たのは午後から。

アンジェラの誘引作業のつづきです。
冷たい冬空のもと、長く伸びたシュートの振り分け、ビニタイでの固定を淡々とこなしていきましたが、
何しろ枝数が多いのと、階段脇の足場が悪い箇所なので、
高い位置の誘引作業は裏側に脚立を置き、上に立った不安定な状態で
天に向かって伸びたつるを下側(内側)から手を伸ばして誘引するという
非常に厄介な作業になります。

 アンジェラの誘引1
これはまだ途中経過ですが、だいたいこんな感じです。
写真下に僅かに見える脚立の上に立って、誘引した枝の隙間から腕を伸ばして、
伸び放題のつるを手繰り寄せ、誘引済みの枝に固定していきます。



アンジェラの誘引2
4時頃には薄暗くなり始めるので、正味の作業時間は2時間ほど。
まだ上の方で何本か長い枝が誘引できずに残ってしまいました。



アンジェラの誘引3
あと残ったつるは10本足らず。

これなら、あと2時間もあれば片付けられそうです。



薄暗くなってから、厳しい寒さの中、まだ庭に残していたトウガラシ・パープルフラッシュを
ついに室内に取り込みました。
これで室内の窓辺には、大きな観葉植物2鉢と、挿し芽をしたコリウス、ミディ胡蝶蘭などが
所狭しと並んでいます。

そして本日最後に、パープル・ファウンテングラスも刈り込み。
亜熱帯性で耐寒性がないので、ビニールポットの状態であり合わせの発泡スチロール製の箱に入れ、
日当たりの良い軒下でやや乾燥気味に管理します。


冬越し対策の様子は、いずれまとめてご紹介します。




今晩もまた厳しく冷え込んできました。

今晩の記事UPは、残りの年賀状を印刷しながら同時並行での作業になりました。
明日までに年賀状は何とか出してしまいたいところですが。。。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/25(土) 23:59:36|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Merry Christmas

クリスマス・イブの夜を迎えました。

みなとみらい クリスマス・イブ全館点灯
みなとみらいのビルではクリスマス・イブの夜だけ、特別に全館点灯イベントが開催されました。
(85mm、絞り優先(Av)モード、f8.0、8秒、±0EV、ISO 100、WB;オート)


我が家では、家族揃ってささやかなホームパーティ。
ワインを飲んで少々いい気分になり、心地よい眠気を感じながらの書き込みです。


さて、今晩も新たに手に入れたズームレンズの試し撮りの写真から(12月23日撮影)。


ウィリアムモリス
ウィリアムモリス



 ラミウム・ガリオブドロン
 ラミウム・ガリオブドロン



ギボウシ・ハルシオンの枯れ葉
ギボウシ・ハルシオンの枯れ葉



 モミジ葉ゼラニウム
 モミジ葉ゼラニウム



 芝刈り後
 芝刈り後
 昨日、一部芝が伸びたエリアに芝刈り機を入れました。
 約1ヶ月ぶりです。



芝刈り後2
芝を刈りながら、芝の上の落ち葉やバラの花びらも拾い集めました。



夕暮れの富士
そして、夕暮れには夕焼け空に富士山のシルエットが浮かび上がりました。(マンション最上階より)
(70mm、絞り優先(Av)モード、f8.0、1.6秒、-1.3EV、ISO 100、WB オート)



如何でしたか?

実際のところUPした縮小画像ではレンズの微妙な違いはあまり実感できないかもしれませんが、
私自身としては、大いに満足しています。

もちろん、欲を言えばキリがありません。
当面は、このレンズでは物足りないと自他共に思えるようになる程度まで
このレンズを使い倒して、腕を上げるべく頑張ります。



 メリークリスマス
 Merry Christmas




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/24(金) 23:59:54|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ひと足早くサンタがやってきた?

今日は天皇誕生日。

天皇陛下はもう77歳、喜寿を迎えられたのですね。
お言葉のなかで陛下ご自身の高齢化のことにも触れておられましたが、
日頃とてもお元気なご様子なので、ちょっと意外に感じてしまいました。

皇太子殿下が畏れながら不肖私とほぼ同年代でいらっしゃることから考えても、
確かにそのとおりなのですが、天皇、皇后両陛下のイメージはいつまでたっても
軽井沢でテニスを楽しまれる若々しい印象のまま。

自分が歳をとっていることを十分自覚できていないから、
いつまでたってもそんな感覚なのかもしれません。

私も、最近老眼をはじめ老化現象が始まっているのですが、
まあ気持ちだけはいつまでも若々しくありたいものです。





さて、引き続きポカポカ陽気でクリスマス・イブを翌日に控えた今日、
待ちに待った宅配便が届きました。





待望のズームレンズ

かなり前から手に入れようと画策していたズームレンズ。
ネットオークションで格安の品を手に入れました。

CANON EF-S 17-85mm f/4-5.6 IS USM

カメラボディは3世代前の入門機で、これまで付属の標準キットレンズ
EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 USM II
を使っていましたが、手ブレ補正がなく朝夕の薄暗い中での撮影には不向きなのと、
望遠側が全然足りないため、高い位置のつるバラなどを撮るには少し不十分で、
かといって、いちいち望遠レンズと交換する手間も面倒なので、
広角からもう少し望遠側までを1本でカバーするズームレンズを物色していました。

CANON純正では中級者向けに18-135や18-200という高倍率ズームが出ていますが、
予算オーバーなので諦め、この17-85か、シグマやタムロンといった
サードパーティーのレンズメーカーが手頃な価格で出している高倍率ズームをあれこれ物色していました。

この17-85は、中級機4ODなどのキットレンズとして5?6年前に発売されて大量に出回っていて、
新品レンズを単品で買うと6万円前後の値がついているものの、中古価格は2万円強と超お買い得。

広角側での歪みがやや大きいことや、望遠側が少々物足りないことなどが嫌われてか、
より上位のレンズに乗り換える人が多いらしく、中古カメラ店やネットオークションに結構出回っています。


そうは言っても、私の腕や手持ちのカメラ本体には、十分すぎるほどの性能です。



お昼前に届いたので、早速、午後から色々と試し撮りしてみました。
第一印象としては、さすが中級者向け40Dに付属して売られていたレンズだけのことはある、と言う感じです。



試し撮りの中から何枚かご紹介します。

85mm f8.0
まずは何でもない庭の様子を、焦点距離、絞りを変えながら数ショット。

標準から望遠域にかけての枝一本一本の解像感が前のレンズとはだいぶ違うような気がします。


 コブシの枝
 コブシの枝。
 この写真もかなりシャープな印象。



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ
今度はバラの花。
今までのレンズに比べると、少し寄れなくなってこれで目一杯。
強い日向での撮影の割にはいい感じで撮れました。



カクテル
カクテル
この写真も、明らかに今までとは切れ味が違います。
花弁の質感がややドライな印象。



ギンヨウアカシア・プルプレア
ギンヨウアカシア・プルプレア
背景のボケも変なクセがなく奇麗に出ていい感じです。
丸ボケもgood。



もっとたくさん撮りましたが、今日のところは最後の1枚。

ココア
ココア
窓から日が射し込む室内で。
85mm、ISO 800、絞り開放(f5.6)でシャッタースピード1/13。
手持ちでクリアに撮れました。
これまでのレンズならおそらくブレまくりです。

さすが、手ブレ補正の威力は絶大です。



今日のところはここまで。

おかげで、今日の庭仕事は、一部長く伸びた芝に芝刈り機を入れたのと、
アンジェラの剪定・誘引のつづきを1時間半ほど。
剪定は終わり、誘引を開始しました。
長く伸びて絡まり合うつるを、左右に大きく振り分けて誘引していきます。
階段部分で足場が悪いので結構大変な作業です



明日以降も順次、新しいズームレンズの試し撮りの写真をUPしていきます。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/23(木) 23:20:32|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬至なのに

今日は冬至。
1年で最も陽の高さが低く、昼間が短い日。

これからがいよいよ冬本番ですが、今日を境に陽は高く、昼の時間は長くなり始めます。


昨夜から降り出した強い雨は明け方には止みました。


「雨は夜更け過ぎに、雪へと変わるだろう?♪」 (クリスマス・イブ;山下達郎)



あさってはクリスマス・イブですが、冬至の今日は雪ならぬ季節外れの暖かさになりました。
雨が止んだ夜明け頃には既に10℃前後、日中の最高気温は17.9℃と11月上旬並みでした。



つるアイスバーグ
つるアイスバーグ


ツルアイスバーグ2
出勤間際には、早くも雲の隙間から時折日が射し始めました。



ローズヒップ
「水晶玉」を身にまとったローズヒップ。
まもなく剪定・誘引で切り落とされる運命です。



ギンヨウアカシア・プルプレア
ギンヨウアカシア・プルプレア

背景の紅葉は黄金シモツケ・レインボー。



この季節外れの暖かさも明日まで。

クリスマス・イブからは正真正銘、冬の気温に。
ただし、関東南部では冬晴れのクリスマスとなりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/22(水) 23:59:16|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

つるバラ剪定・誘引の合間に

夜になって雨が降り始めました。
結構しっかりとした雨脚です。

朝方まで降り続いて、その後晴れると気温が19℃まで上がるようです。

寒くなったと思ったらこんな調子で、今ひとつ年の瀬という気分が乗ってきません。
さすがにクリスマス辺りから年末に掛けては寒くなるらしいですが、
何だか、こんな気分のまま紅白、除夜の鐘へとなだれ込んでしまうような気が。。。



このところ庭仕事としては、つるバラの剪定・誘引作業ばかりお伝えしていますが、
実際には、鉢への水やりや落ち葉拾いなどのちょっとした合間に、
かなり気の向くまま鉢バラの剪定なども済ませています。


 セプタードアイル
 セプタードアイル

最初の大苗植え付けから丸2年の株。
ほとんどベーサルシュートは出ず、剪定部分からしか枝が伸びません。
剪定が浅いとすぐ腰高になってしまうので、今の時期は仮剪定のつもりで気持ち浅めにして、
なるべく新枝の根元に近い芽を活性化させ、2月頃にもう一度本剪定で1?2芽分切り詰めます。



ジュリア
ジュリア

このバラも株元からシュートが出にくく腰高になり易い品種。
悪い剪定のお手本のように「3?4年もの」の古枝が高くまで立ち上がっていたので、
思い切って右側の太い古枝をゲンコツ気味に切り詰めました。

去年のブルーバユーとダイアナ・プリンセスオブウェールズのゲンコツ剪定の成功に味をしめて
エイヤーと一気に。

左側の枝も、もしゲンコツ付近で芽が動き出せば、いずれ根元から切り落とすつもりです。



 ジュビリー・セレブレーション
こちらは、花壇に地植えして丸1年のジュビリー・セレブレーション。
最初購入した頃は、どの枝も細く見るからに貧弱な苗でしたが、
真ん中と左に2本のベーサルシュートが立ち上がり、ようやく本来の大苗程度にはなってきました。


 
 半島花壇
バラ剪定以外では、宿根草類の整理も少しずつ。
半島状の花壇の左側、黄金葉のワイルドストロベリーの脇(左側)に
大きく茂っていたカレックスをざっくりと刈り込みました。



カレックス・フロステッドカールの刈り込み
同じように、スモークツリー・ロイヤルパープルなどの寄せ植え鉢のカレックス・フロステッドカールも
株元近くまで刈り込みました。

左奥は別鉢のカレックス・テスタセア。


大鉢左側の白い枝は、寒さに葉が枯れてしまう弱耐寒性の斑入りランタナ。
昨冬は何とかギリギリ冬越し出来ましたが、今回は短めに切り戻して、
不織布を被せ簡単な防寒対策をしてやろうかと思っています。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/21(火) 23:59:48|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月も終盤というのに...

はや12月も残すところ10日余り。

とはいうものの、この12月はつい最近まで暖かだったため、今ひとつ実感が。。。
猛烈な残暑が遅くまで長引いたことも、そんな感覚に影響しているのかもしれません。

そんな気分を反映するかのように、この時期としては異例なほどまだバラが咲き続けています。

つるアイスバーグ
12月上旬、一番最初に剪定・誘引を終えたつるアイスバーグ。
ひとつだけ切らずに残した蕾が2週間掛けて開花しました。



新雪
新雪
いくつか膨らみかかった蕾のひとつがゆっくりと綻んできました。
もうほんの少し咲き進んだ花は切り花にして室内へ。



ウィリアム・モリス
ウィリアム・モリス
重たい花を細い花首が支え切れず、すぐ脇を天に向かって伸びる太いベーサルシュートに寄り掛かっています。



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ
春や秋の花盛りの頃なら、1?2日で散ってしまう花も、
さすがに今の時期は1週間近く掛けてゆっくりと開花が進んでいます。



今年も残り少なくなって、つるバラの剪定・誘引が年内に無事終えられるか
黄信号が点灯しつつあります。


安曇野1
まだ未着手のつるバラのひとつ、
安曇野

昨日、手を付け始めたアンジェラのすぐ上の擁壁上からウィーピング状に誘引しています。


安曇野2
少しクローズアップ。
ローズヒップがびっしり。
この株の剪定では、新枝の誘引前にこの無数の花茎を一本一本すべて1?2芽程度にまで切り戻します。
とても根気の要る作業です。



クリスマス寒波が控えているらしいですが、つるバラの迎春準備はまだまだ前途多難となりそうです。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/20(月) 23:59:54|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アンジェラの剪定・誘引?その1

今日は、午後から2時間ほど、アンジェラの剪定・誘引に着手しました。


 アンジェラ
 アンジェラ
 2010/5/23



アンジェラ 剪定・誘引前1
剪定・誘引前の状態 その1

夏以降、枝の途中から伸びたシュートがジャングル状態。
長いものは2-3mあります。


 アンジェラ 剪定・誘引前2
 剪定・誘引前の状態 その2

ほぼ同じような別アングルから。
階段の下に植えた株は、階段に沿って斜め上に誘引、
そこから上の階のバルコニー下に向けてドーム状に誘引しています。



 アンジェラ 剪定・誘引前3
 剪定・誘引前の状態 その3

階段側からオベリスクの裏側を見上げました。
春の花後に花がらを摘んだ花茎が無数に立ち上がっています。
(1枚目の写真は、この辺りの花を階段のもう少し上から見下ろしたものです。)

アンジェラの場合、新しいシュートの数が多いので、去年誘引した枝は原則として落としてしまい、
一部の太いものでさらに先の方に長いシュートが出ているものだけは例外的に残す場合があります。


新しいシュートにまだ青々と茂っている葉を毟り取りながら、古枝をバシバシと落としていきます。


今日は、とりあえず脚立が立て易いオベリスクの周辺のみで作業しました。

アンジェラ 剪定・誘引後
こんな感じになるまで枝を落しました。
上の写真とほぼ同じアングルです。
まだ、真ん中手前から奥へ、右奥から左へと古枝が残っていますが、
先の方に長めのシュートが出ているためとりあえず残しました。
新しい枝を誘引してみて枝数が過剰なようであれば、これも落してしまいます。



今日のところはここまで。
2時間ほどの作業でしたが、日が傾くと厚着をしていても足元から寒さが忍び寄ります。
続きは23日の天皇誕生日に。

今度は引き続き、残った足場の悪い階段上とドーム部分の古枝を落してから
先端部分を30-50cmほど切り戻した新枝を一気に誘引します。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/19(日) 23:59:28|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

いよいよ寒くなってきました

いよいよ横浜も寒くなってきました。

最低気温3.5℃はこの冬一番の寒さ。
まだ真冬並みとは行きませんが、これまでが暖かだっただけに病み上がりには少々堪えます。


出勤前に、身体が冷えないように短時間で庭の様子を撮影。

オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ
春、一番早くに咲いて、秋は一番最後まで咲いています。
まだ膨らみかかった蕾がたくさん待機中。
剪定はもう暫く控えてもう少し様子を見てみましょう。



庭の様子
まだ芝の緑が濃いので、それほど寒々とした感じはありませんが、
昨日ご紹介した左側の花壇の落葉樹の一角は秋色が目立ちます。

バラの花で目に付くのは、先ほどのオールドブラッシュ・チャイナと小ぶりなマジックカルーセル。

右手前のインパチェンスは寒さに弱いはずなのに、まだ萎れずに渋とく咲き続けています。
この寒さはまだそれほど本格的ではない、ということなのでしょう。



最後に紅葉の様子を。

もみじ「桂」
コンテナガーデンのもみじ「桂」がようやく色づきました。
日陰気味なのであまり奇麗な色づきではありませんが、ようやくといった感じです。
お隣の笠置山はもう先に散ってしまいました。

はまだ紅葉し始めないヒペリカム・トリカラーと
ユーフォルビア・マーティニーのブルーがかった葉との対比はなかなかいい雰囲気です。



明日から週末ですが、寒さが続きそうです。

色々と用事があって忙しそうなのと、病み上がりということもあって
つるバラの誘引は殆ど出来ないかもしれません。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/17(金) 23:34:45|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寒波到来

例年より暖かかった関東地方にもいよいよ寒波がやって来ました。
今日の横浜は8.1℃までしか上がらず、夜10時の時点で最低気温を更新しながら下がり続け5.0℃。

予報によると、このまま年末年始にかけて寒波が続くようです。


寒さが厳しくなる中、庭の紅葉もいよいよ終盤。

フィソカルパス・ディアボロ
フィソカルパス・ディアボロ(アメリカテマリシモツケ・ディアボロ)
渋い銅葉が、鮮やかなオレンジ、赤へと色づいていきます。



そして、その足元で色づいているのは...

黄金シモツケ・レインボー
黄金シモツケ・レインボー
まだ新芽部分に一部残っているライム色が、黄色、そして赤へと染まっていきます。



だんだんと冬に突入し、寂しくなっていく庭ですが、新しい花を発見!

自家採種ビオラが初開花
我が家の定番の「こんもりビオラ・イエロー&ベルベット」から自家採種した種まき苗が開花しました。
何となく自信なさげな表情に見えますが、配色は親のものをそのまま引き継いでいます。

ポット苗で「こんもりビオラ・イエロー&ベルベット」改め「花ざかりビオラ・ベルベットゴールド」を
今年も一鉢買いましたが、果たして顧客に迎合?して名前を「花ざかり」に変えてしまった親に負けずに
「こんもり」と育ってくれるでしょうか?
(因みに、サントリーフラワーズのHPによれば、お客様へのアンケートでこの名前に決まったそうです。
ややこしいので、元のままで良かったのに。。。)



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/16(木) 23:01:11|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風邪でお休み

また、風邪で寝込んでしまいました。
今度はおなかに来るタイプで、昨日、出勤はしたものの、調子悪くて早退しました。

医者にも診てもらい、今日までゆっくり休んでかなり良くなりました。
先ほど、2日ぶりに軽く食事も。


今日は午後からは寝てばかりではなく、時々起き上がって本を読んだりしているので、
多少のPC程度ならもう大丈夫です。


昨日の朝撮った雨上がりの庭から。

ユーフォルビア・ブラックバード
ユーフォルビア・ブラックバード

この夏、お気に入りだったユーフォルビア・アミグダロイデス・プルプレアを枯らしてしまったので、
代わりに手に入れました。



新雪1
新雪


新雪2
開きかけた新雪の蕾



こちらは、一昨日の晩、薄明りの中で手短にササッとポットに
赤玉土だけで仮植えしたクラウンプリンセス・マルガリータ。

クラウンプリンセス・マルガリータ
本植えは、今後のつるバラの剪定・誘引の合間をみて。



横浜は今日まで比較的暖かかったのですが、夜になってぐんぐん下がり始めているようです。
明日の予報は最低気温3℃。

いよいよ冬らしい寒さがやって来ます。


この調子なら、何とか明日は仕事に復帰出来そうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/15(水) 22:11:43|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新しいバラの苗

お昼前から降り出した冷たい雨は一日中止まず、真冬の寒さになりました。

最高気温は昨晩午前零時過ぎの11.0℃。
その後下がり続けて、最低気温はお昼前の6.9℃。
以降、7℃台でずっと推移しています。


ところで昨晩、宅配便でバラの苗が届きました。

クラウンプリンセス・マルガリータの苗1
クラウンプリンセス・マルガリータです。


実はこのバラ、この春我が家の庭にお迎えしたばかりでしたが。。。


実は、花後だんだんと元気がなくなり、秋にはついにお星様に。。。


原因がどうしても分からなかったのですが、全体が枯れ始めたので枝を大きく揺すってみたところ
なんと株元からポッキリ。

確信はありませんが、折れた株元を見ると茎の根元の中を虫に食い荒らされていました。
茎の中には小い虫が食ったような穴が残っていました。

どうやら、昨冬にマジックカルーセルがやられたキクイムシのようでした。

キクイムシ、恐るべしです。


クラウンプリンセス・マルガリータはとても気に入っていたので、懲りずにもう一度手に入れました。

クラウンプリンセス・マルガリータの苗2
昨冬は、ジュビリーセレブレーションの入手で散々苦労したので、
早めにタキイの通販で予約。

意外にも数あるネット通販のなかで送料込みでは一番お買い得な部類でした。

苗は根をミズゴケで丁寧にくるまれて、枝ぶりもまずまずの状態。
生産地は大阪府と表示されています。大阪にもバラ生産農家があるんですね。


今晩帰宅してから、冷たい雨が降る中、薄暗い軒下で
根が窒息しないようにロングポットに仮植えしてやりました。



最後に、まだ雨が降り始める前の今朝の庭の様子から。

新雪1
テラスの上に誘引したつるバラ新雪がまたひとつ開花しました。



新雪2
今のところ、剪定・誘引作業は早くても25日以降の予定ですが、
他にもいくつか蕾が膨らんでいます。

今頃になってこんなに咲くのは記憶する限りたぶん初めてです。
長かった残暑の後遺症なのかもしれません。



明日は一転18℃との予報が出てます。
おそらくこの暖かさはもうこれが最後、木曜日以降はいよいよ本格的に冬の寒さが訪れるようです。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/13(月) 23:59:46|
  2. クラウンプリンセスマルガリータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

とりあえずピエールだけ誘引完了

今日はかなり朝寝坊をして、庭仕事はお昼から。

思ったほど寒くならず、日中の最高気温は15.2度。
この時期としては快適な気温の中で、アーチのつるバラの誘引作業を再開です。


まず、ピエール・ド・ロンサールから。

ピエールの誘引
脚立に上って誘引していきます。

アーチの2/3近くまで誘引できました。

つるバラの誘引にはカイガラムシを落とすワイーヤーブラシは必需品。
先日ご紹介したのとは別の使い古しのスチールブラシです。

固定はビニタイで。
最初の頃は麻ヒモを多用していましたが、やはり圧倒的に楽なので。。。
欠点は、枝が太ると食い込んでしまうこと。

ビニタイは年に一度の誘引時には必ず一度全部外しましょう。
特に2年以上残すことになる場合が多い太めの枝は要注意です。



3時間ほどの作業でピエールの誘引は全て終わりましたが、
反対側のニュードーンは、アーチへの誘引は最小限にして、残りを生垣の上に逃がしてやります。

あまりに大量の、それも鋭い棘が密集しているニュードーンのつるが絡まり合って
扱いに悪戦苦闘しました。

とりあえず今日の作業終了1
左側のニュードーンは、何とか生垣側に寄せましたが、
薄暗くなったので今日の作業はここまで。


とりあえず今日の作業終了2
生垣の上への誘引はシェードガーデンの上での作業になるので、
芝の上に脚立を置いたままでは手が届きません。

思った以上に手間取りましたが、翌週へ持越しです。
やはり、もう少し早起きしないといけませんね。


今朝の「趣味の園芸」はつるバラの誘引がテーマでしたが、ぐっすり寝てました。
ビデオに録ってあるので日を改めてゆっくりと見る予定です。


ところで、ちょっと遊び心で今日もピエールの剪定枝で接ぎ木をしてみました。

ピエール・ド・ロンサールの接ぎ木
かなり雑に5分ほどで済ませたのでうまく着くかどうか?
プレートの字も雑(下手?)なのはご愛嬌ということで。

奥には台木にするため切り取られたばかりのノイバラの枝が写っています。
茎より上はこれで御役御免。ご苦労様でした。
ピエールの美しい花を咲かせるための縁の下の力持ちとして、これからの余生、頑張ってください。

いまく行けば2年後にニュードーンに替えて、アーチの反対側から這わせるのが目標ですが、
果たしてどうでしょう?それまでに気が変わって別のバラにしてしまいそうですが。。。



最後は、来週あたりに剪定・誘引作業予定のウィリアムモリス。

ウィリアムモリス
暖かい日が続き、少しずつ開花が進んでいます。
今日でほぼ満開になりました。


ちなみに今日の写真はすべて、誘引作業中もポケットに忍ばせた新しいコンデジ、IXY 30Sで撮りました。
なかなか良く撮れます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/12(日) 23:59:35|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アーチのつるバラの剪定・誘引

強い風が吹き荒れました。
南西から暖かい空気が吹き込み、気温は18.3℃まで上がりました。


今日は午後からアーチのつるバラの剪定と誘引をスタート。

アーチ剪定・誘引開始前
昨日もお伝えしたように、左側のニュードーンがアーチの上からワサワサと茂り、
右奥のフェンスからは、アーチ右半分のピエール・ド・ロンサールの上に覆いかぶさるように
ウィリアムモリスが覆い被さるように茂っています。



まずは、先端30cmほどの若い枝を切り詰め、残った葉をすべて落とします。

アーチ剪定作業中
ニュードーンは鋭い棘が多く、絡まりあった枝を解きながらの作業には結構手間どりました。
おまけに、作業中も時折、脚立の上の身体が煽られるほどの強風が吹き抜けます。

アーチ手前側からの作業だけで2時間ほど掛かってしまいました。



つるバラのアーチ 剪定終了
ようやく、剪定作業がすべて終わった頃には、すっかり日が暮れてしまいました。

ご覧のように、左側のニュードーンはかなり暴れています。


明日は、暴れているニュードーンの一部をできれば生垣に逃がしてやって、
残りをアーチに誘引・固定します。



アーチに隣接したバラの様子から。


ウィリアムモリス
ウィリアムモリス
2晩続いた夜中の雨で少し傷んでいましたが、無事に開花しました。



カクテル
カクテル
11月後半頃から、次々と華やかに咲き続けています。


明日は、日中の気温が下がり、初冬らしい気温の中での誘引作業になりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/11(土) 23:59:45|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初霜

朝から真っ青に晴れ上がりました。


晴れ上がった空
このところ夜中に雨が降る日が続きましたが、昨晩は一滴も降らなかったようです。

コブシの葉は、もうすっかり枯れ落ちました。


駅に向かう通勤路の脇、冬には日当たりが悪くなる畑は霜で白くなっていました。

初霜1

たぶんこれが初霜です。


初霜2
霜柱もびっしり。



確かに寒い朝でしたが、完全な無風状態。
実感としてはそこまで冷え込んでいるという感じは全くありませんでしたが、
冬の晴れた日には放射冷却現象で地表面近くの温度は気温よりも下がります。


実際、今朝の横浜の公式な最低気温は7.0℃でした。
横浜の気象台は港の見える丘公園や外人墓地に隣接し、海のすぐ近く。
僅か3kmほどですが海からは内陸寄りに入った我がマンションの辺りに比べて冬は少々暖かいようです。


一方、我が家の庭では、ひと冬を通しても霜が降りる日は僅か。

今朝の芝庭
今朝も芝が青々としていました。

おそらく、日当たりの良いマンションの壁や、室内の暖かい空気の輻射熱の影響でしょう。



いずれにしても、ようやく冬らしくなってきました。

明日はつるバラの誘引、第2週目。

つるバラのアーチ
ピエール・ド・ロンサール(右)とニュードーン(左)が絡むアーチを剪定・誘引の予定です。

なお、右側からアーチの上に大きくせり出して茂っているるのは、
ピエールではなく、奥のフェンスから伸びるウィリアムスモリス。



さあ、明日からの作業が楽しみです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/10(金) 23:59:30|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一眼に戻りました

今朝は4.9℃とこれまでで一番の冷え込み。
もうそろそろ通勤にもコートを用意しないと。。。


朝は、短時間庭に出るだけでもウィンドブレーカーを羽織らないと寒くなってきました。


今日の写真はいつもの一眼で。


ウィリアムモリス
ウィリアムモリス

このところ二晩連続で夜中に雨が降ったためか、開花の途中で花が傷んでしまったようです。
ちゃんと開花できるか微妙かもしれません。
蕾も、寒くなってきたので開花はもう無理かも。



ロイヤルボニカ
こちらのショッキングピンクのバラは、ロイヤルボニカ。
何とか開花まで間に合った感じです。



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ
このバラは、多少寒くても咲いてくれそう。



今の段階で咲きかけていないバラは、もう今年の開花は難しいでしょう。
切り花にすれば何とかなるかもしれませんが。。。



それにしても、やっぱり一眼は全然違います。
コンデジもなかなか侮れないものの、やはりボケ味やシャープな解像感にはかなり差があります。

まあ、画質は違って当然なので、単純に比べること自体にそんなに意味はなくて、
むしろコンデジはポータブルで手軽な使い道でこそ威力を発揮してくれそうです。



さて、バラの花以外ですが。。。

つるアイスバーグの接ぎ木
先日のつるアイスバーグの誘引で、結構しっかりした1m弱の枝を折ってしまったので、
試しに、充実した芽をノイバラに接ぎ木してみました。

ノイバラ台木は、昨年暮れに種まきして成長していたものです。



宿根草はもう完全に越冬モード。

キミキフガ・ブラネット
今年の春に購入したキミキフガ・ブラネット。
買ってはみたものの、結局庭に植え付けそびれて、ポット苗のまま夏に開花、
そのまま秋に枯れてしまいましたが、株元で丸々と太った芽が越冬態勢です。




あっという間に週末まであと1日。

ようやく12月らしい寒さになって来ました。
今週はやや風邪気味でしたが、早く完治させないと。。。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/09(木) 23:59:58|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何か違う?

予報どおり寒い朝になりました。

と言っても、最低気温6.1℃、最高気温13.8℃はともに平年よりやや暖かいくらい。
これまでが暖か過ぎたということでしょう。


斑入りユリオプスデージー
夜中に雨が降ったようで、植え付け待機中の斑入りのユリオプスデージー・フィリップスの花も濡れています。








さて、何かがいつもと違うと感じられましたか?









そう、実は。。。。






CANON IXY 30S
携帯を買い換えました。








CANON IXY 30S
というのはウソで、新しいコンデジを買いました。

CANON IXY 30S


主に家内や娘が使っているCASIOの500万画素機が、最近の携帯より写りが悪く
出来の悪い写真が多い、と評判が良くなかったのですが(本当はそんなことはないのですが。。。)、
電気屋さんで最新機種を色々と触ってみると、思った以上になかなか良いので、
速攻で買ってしまいました。


実は、自分用には日頃使っているCANONの一眼のほかに、
NIKONのコンデジ(いかにもカメラというゴツイ外見で色々と手動で設定が出来るタイプ)も持っているのですが、
あまり気軽にポケットやバッグにに入れて持ち歩く雰囲気ではないので、
CASIO機の買い替えにそろそろいい時期でもあり、思い切って買い換えました。



おしゃれな外見に似合わず、カメラとしての性能は一眼ユーザーの心もくすぐる部分を持っています。


まず、カメラ初心者向けには、フルオートで押せばかなりの確率できれいに写る潜在能力を備えています。
顔認識オートフォーカスや手振れ補正などの今やコンデジには当たり前と言える機能は当然として、
ジオラマ撮影、魚眼風撮影などの遊び心も満載。

そして何より評価が高いのは、絞り開放値F2.0を備え、高感度(ISO1600まで実用範囲)なこと。
画素数は敢えて1000万と抑え気味で、かつAv、Tv、Pモードも使えて、
モード選択もモードダイヤルでとても使い易い



帰りに電車に乗る前に電気店で特にあてもなくデジカメ売り場を眺めていたら、店員さんに声を掛けられて
勧められるままにちょっと触ってみると、これがなかなか賢くてとても良さげではないですか!

カタログを貰って、帰りの電車の中で20分ほど読んでみたら、さらに思った以上のスペック。
値段も手頃(ポイント値引き込みで16000円台)なので、すぐに心は決まりました。

帰ってネットで評判を確認すると、一部上級者が辛い評価をしているものの、
普及タイプのコンデジとしては総じて高い評価。

あとは家族の説得だけでしたが、あれこれ文句は言われたものの、
翌日(昨日のこと)には初志貫徹、決行あるのみ、でした。


家に帰って実際使ってみると、思ったとおりなかなかGood。

そんな訳で、今朝、早速試し撮りと相成りました。
(能書きがやたら長くなって済みませんでした)


芝庭
今朝の芝庭



マジックカルーセル
マジックカルーセル



新雪
新雪



もみじ「笠置山」
もみじ「笠置山」



すべてフルオートで構えてシャッターを押しただけ。

色彩はCANONのコンデジらしいVIVIDな色調で、
明るいレンズの威力で、コンデジとしてはボケ具合もまずまず。



お昼休みに、恒例の日比谷公園でも試し撮りしてみました。

日比谷公園



そして、帰りに横浜ベイクォーターの夜景も。

横浜ベイクォーターの夜景
手持ちで、しかも何も考えずに押すだけでで、こんなに奇麗に夜景が写るとは感動ものです。



一眼と比べるのは野暮というものですが、コンデジでこれだけ簡単に奇麗に写れば文句なしです。

それにしてもデジカメの進化には改めて驚かされました。


明日からは、(自分用の)いつもの一眼に戻る予定です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/08(水) 23:59:36|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ひと足遅く

今日も引き続き16.5℃と暖かで穏やかな1日でした。


東京や横浜では紅葉の盛りは過ぎつつありますが、
我が家の庭にはひと足遅く紅葉の盛りがやって来つつあるようです。


 庭の紅葉その1
スモークツリー・ロイヤルパープルがすっかり赤く染まり、
その足元にはコバノズイナ・サライブが赤や黄色に。
後ろのフェンス際には黄金葉キヅタが赤く染まってきました。



もう少しアップで見てみましょう。

スモークツリー・ロイヤルパープル
スモークツリー・ロイヤルパープル



 コバノズイナ・サライブ
コバノズイナ・サライブと斑入りランタナ



 黄金葉キヅタ
黄金葉キヅタ


 黄金葉キヅタ2
気をつけないと、ツタはどんどん壁伝いに伸びてしまいます。
先端がお隣の壁に侵入しようとしています。
早く切り戻しておかないと。。。

しかし、こうして見ると、日当たりの違いで紅葉にこんなにも違いが出ることが良く分かります。
つるバラ「新雪」で日陰になっている手前側のツタはまだ緑がいっぱいです。



そして、こちらは庭の中央に突き出た花壇の紅葉。

 庭の紅葉その2
もみじ「赤枝垂(手向山)」とその足元には黄金シモツケ・レインボー、
そして銅葉がオレンジ色に色づいているのがアメリカテマリシモツケ・ディアボロ。



赤枝垂と黄金シモツケ・レインボー
少しアップで。



 別角度から
別角度から。
芝の緑とのコントラストが、これからますます際立ってきそうです。



明日からいよいよ寒くなり始めるようです。
夜になってから、だんだんと冷たい風が吹き始めました。

これでひと足遅い我が家の紅葉も一気に進むことになりそうです。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/07(火) 23:59:37|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

つるアイスバーグの誘引完了

今日は15.1℃。
まずまずの暖かさでした。

今日も午後から、つるアイスバーグの誘引のつづき。


 つるアイスバーグの誘引作業
昨日と同じような写真になってしまいましたが、ずいぶんとスッキリしました。


2時間あまりかけて完成。

 誘引完了1
梅雨入り前に新しい太いシュートの発生が期待できない細い枝をすでに落としてあったので、
作業的には比較的楽に終わりました。

左上に膨らんだ蕾をひとつだけ残しました。
今から咲くかどうかは微妙です。


 誘引完了2
足場もいいので、シーズン最初の作業としても一番手ごろ。


来週は、アーチを誘引する予定です。



カクテル
12月に入ったというのに、カクテルは花盛り。

お隣のウィリアムモリスとともに、剪定・誘引は再来週以降です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/05(日) 21:19:43|
  2. アイスバーグ(つる)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

つるバラの誘引スタート

昨日の朝の暴風雨は凄かったですが、今日は穏やかな青空が広がりました。
最高気温は16.6℃とポカポカの小春日和。


12月最初の週末ということもあって、午後からつるバラの剪定、誘引を始めました。

まず手始めは、オベリスクに誘引したつるアイスバーグ。

 オベリスクのつるアイスバーグ
何がなんだか分からないほどゴチャゴチャしています。
左奥のアンジェラ、右側から階段の上へと大きく伸びたノイバラが絡まり合っています。


ビニタイ外し
まずは、誘引のビニタイを全て外します。


そして、シュートの先端や細い枝を切り詰めていきます。
残す枝の太さはバラの種類によって異なりますが、そのバラの花首の太さの5割増し程度が目安です。

その際、枝に残った葉っぱも全て毟り取ってしまいます。


 カイガラムシ落とし
また、カイガラムシがついていたら、ワイヤーブラシで落としてしまいます。

このワイヤーブラシは、去年ホームセンターで買った真鍮製のブラシですが、
百均でこんなのを売っていたので試しに買ってみました。

 百均のワイヤーブラシ
スチール(鋼鉄)、真鍮、ナイロンの3本セット。

ブラシの部分がやや小さいので、太い枝には少々効率が悪いですが、十分使えます。
真鍮ブラシをメインに使うと芽を傷めることなく良く落ちますが、
古枝や太い枝ならスチールブラシでゴシゴシやっても大丈夫です。
ナイロンブラシは、カイガラムシにはちょっと柔らかすぎてあまり使えません。


 剪定完了
1時間半ほど掛けて、剪定が終わりました。


ここから、つるをオベリスクに巻きつけていきますが、
途中までで日が暮れてしまいました。

最近は4時過ぎにはもう暗くなってしまうのであっという間です。
今日はスタートが遅かったので、この続きはまた明日。



さて、昨日は20℃を越えて暖かかったので、一気にいくつかバラが開花しました。

新雪
新雪



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ



マジックカルーセル1


マジックカルーセル2
マジックカルーセル



カクテル1


 カクテル2


   カクテル3
   カクテル



今日は1年ぶりのつるバラの剪定、誘引作業。
棘に負けないように厚着をするので、暖かな日差しに汗がにじんでくるほどの1日でした。

棘と格闘しながらの地道な作業ですが、来春の姿を想像しながらなので全然苦になりません。


明日も日中は暖かくなりそうなので、作業が捗りそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/04(土) 23:59:49|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暴風雨のち晴れ

今朝は物凄い暴風雨が吹き荒れました。
ピークは7時過ぎで、ちょっとした台風並みでした。
出勤直前の8時前には収まりましたが、一時は神奈川県内で新幹線がストップ、
通勤電車も少々遅れ気味でした。


 一気に散ったコブシ
黄葉し始めていたコブシは一気に散ってしまいました。



コブシの落ち葉
大きなコブシの落ち葉が緑の芝の上に散乱しています。



つるアイスバーグの水滴
つい数分前まで吹き荒れていた暴風がピタリと止み、雨も小降りになりました。
何もなかったように、つるアイスバーグの枝には水滴がいっぱい。



このあと、小降りになったとは言え、時折激しく降る不安定な天気だったので、
家内に車で駅まで送ってもらいました。


その後、天気は急速に回復して、横浜駅では早くも日が射し始め
お昼前には真っ青な空が。


お昼休みに、日比谷公園に出てみました。

青空
東京の最高気温は23.7℃。
10月上旬頃の暖かさでした。
池の周りの松の木には、この暖かさとは不釣合いな雪吊りの縄が張られていました。


先日ご紹介したばかりの雲形池の周りのもみじは、木によってだいぶ状況が違うものの、
一気に散り落ちてしまったものが少なくありませんでした。


落ち葉がとてもきれいだったので、iPhone3GSのカメラに収めました。
ちゃんとしたコンデジで撮った先日の紅葉の写真に比べると写りはあまり良くありませんが、
あとから少々画像の色調やコントラストなどを調整したら、そこそこ見られる写真になったのでご覧下さい。


日比谷公園の落ち葉1



 日比谷公園の落ち葉2



日比谷公園の落ち葉4



 日比谷公園の落ち葉3



日比谷公園の落ち葉5



日比谷公園の落ち葉6



明日の朝に向かって一気に気温が下がり始めています。
紅葉も終盤となって、いよいよ12月らしくなってきそうです。

さあ、明日からの週末は落ち葉の整理から始まります。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/03(金) 23:59:22|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

枯れ色に混じって

今日も穏やかな暖かい一日でしたが、夜遅くなって久しぶりに雨が降り始めました。

明日は、南風が吹いてさらに気温が上がるようですが、紅葉もだんだんと終盤戦へ。


 コブシ
庭のコブシの木がだいぶ黄葉してきました。



コブシの木の足元
コブシの木の足元では、枯れ色と瑞々しい緑が入り混じっています。

すっかり枯れこんでしまったギボウシや風知草、コブシの落ち葉の隙間からは
クリスマスローズやアイビー、オダマキ、オキザリス・トリアングラリス(紫の舞)などが
負けじと葉を茂らせています。

コブシの大きな落ち葉は、冬の間、シェードガーデンのマルチングの役目を果たし、
春以降、自然に分解されて天然の堆肥になっていきます。

虫が越冬する恰好の隠れ家になってしまう面もあるものの、
それ以上にシェードガーデンの土壌改良に貢献してくれています。



 ディアボロとジュビリーセレブレーション
先日来咲いているジュビリーセレブレーションの花壇では、
銅葉のアメリカテマリシモツケ・ディアボロがオレンジ色に色づき始めました。



もみじ「赤枝垂」
昨日ご紹介したもみじ「赤枝垂」の落ち葉が、芝の上に。



暖かいとは言え、着実に冬が近づいています。

もうそろそろバラの剪定シーズンを迎えますが、こんな中、
数は少ないながら、まだいくつかのバラは花を咲かせ続けています。


ダイアナ・プリンセスオブウェールズ
ダイアナ・プリンセスオブウェールズ


緑光
緑光



ウィリアムモリス
そして、今年一番の成長株はウィリアムモリス
フェンスに植え替え2年目の今年、強くて長いシュートが何本も出ました。

来春が一段と楽しみになってきましたが、今年もいよいよシーズンの最後、
寒くなる前に何とか開花が間に合いました。


          

ギボウシ・サガエのプレゼントの受付は12月3日(金)午後10時で締め切ります。
本日(2日)現在、まだ予定数に達していません。
株分けはしたものの、植える場所に困っているような状況ですので、
どうぞ遠慮なくご応募下さい。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/02(木) 23:59:15|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

もみじ

12月になりました。

といっても最高気温が17.8℃と暖かく、平年と比べると4℃近く高いようです。


もみじ 笠置山
笠置山

我が家のもみじはこの季節、庭の南側の生垣やまだたくさん葉が茂ったままのコブシの木に邪魔されて
日当たりが悪く、色づきがあまり良くありません。



赤枝垂(手向山)
赤枝垂(手向山)(右)とアメリカテマリシモツケ・ディアボロ(左)。

こちらははじめから葉が赤紫色ですが、本来ならもう少し鮮やかな赤に染まるはず。
夏の暑さの厳しさからか、斑点状に灰色の傷みが広がっています。


大きく茂ったコブシの葉がまもなく散ってしまい、日当たりが改善すれば、
もう少しは紅葉するようになると思われます。
(それまでもみじの葉が残っていればの話ですが。。。)



少々寂しい我が家の庭の紅葉ですが、
その代わりに今日は日比谷公園の紅葉をご紹介します。



お昼休みによく散歩がてら訪れる都心のオアシス、日比谷公園。

広大な西洋式のバラ花壇とともに、こんもりと茂った木立の中には2つの池があって日本風庭園となっています。


「鶴の噴水」で有名な雲形池の周りは、今紅葉が真っ盛り。

日比谷公園1



日比谷公園2



 日比谷公園3

やはり、もみじは秋の日差しを浴びると鮮やかです。



 日比谷公園4

鬱蒼と茂った木立の奥ではこんな光景も。
とても都心のど真ん中とは思えません。


日比谷公園をはじめ東京都心や横浜の紅葉は、まだ緑のもみじも混じっているので
おそらく向こう1週間ほどが見ごろとなりそうです。


我が家の庭のもみじも、せめてもう少し奇麗に色付かないものか。
いずれもコンテナ植えなので、来年はもう少し日当たりの良い場所に配置換えを考えないと。。。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/01(水) 23:59:58|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。