芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フリーズドライ?

今朝はこの冬一番の冷え込み。

横浜の最低気温は-1.3℃でしたが、海からほんの少し離れた我が家の付近ではもう少し低かったようです。
ここから20kmあまりしか離れていない海老名(厚木の少し手前)ではなんと-6.6℃でしたから。


滅多に凍りつくことのない我が家の庭でも、色々なものが凍っていました。

凍ったホース
水やりのホースもこのとおり。


銅葉キンギョソウ
銅葉キンギョソウ
何やらアメ細工のように凍りついています。
触るとパリッと折れてしまいそうで。。。
斑入りグレコマも、斑入り部分が紫色に。



凍ったクリスマスローズ
脹らんできたクリスマスローズの蕾もカチンカチン?



ヒペリカム・トリカラー
ヒペリカム・トリカラーも赤く染まった上に、見るからに凍りついています。



ビオラ
ビオラも凍てついた姿に。。。



普通、良く晴れてこの寒さならビッシリと霜が降りていても不思議ではないのですが、
さすがに乾燥続きのカラカラ状態。霜らしいものがどこにも見当たりません。

凍った植物は、まさにフリーズドライ状態。
触っただけで粉々に砕けてしまいそうで。。。



いよいよ明日から2月に。
寒さが一気に緩んで、週間予報には13℃、14℃といった数字がズラリ。

いよいよ春の足音が近づいてきました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/31(月) 23:59:00|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

とても寒い一日

とても寒い一日でした。

例の如く冬晴れでしたが、いつもの真っ青な青空とは違って、時折雪雲とおぼしき雲が空の一部を覆う
この辺りでは珍しいお天気でした。

我が家の辺りでは降りませんでしたが、東京をはじめ関東南部の各地でも雪が舞ったようです。
最高気温も6.6℃までしか上がりませんでした。


昨晩のサッカー観戦で、目が覚めたときには既に10時過ぎ。

軽い朝食のあと、ミニチュアダックスのココアを少し遅い朝の散歩に連れ出しましたが、
風の冷たさに早々に引き揚げました。

ココア
ココアは庭に面した暖かい窓際で日向ぼっこ。
ちょっと眠たそうな顔で、写真撮影がご不満な様子。
冬毛が伸びてモコモコです。



そんな訳で、今日の庭仕事は最小限にとどめました。


ノイバラ
土曜日にノイバラを少し整理しました。
今日は写真だけ。
庭側に向かって大きくアーチ状に覆い被さっていたシュートを直立させて
少しスッキリしました。


寒いので、日当たりが良いテラス前で、鉢バラの仮剪定作業。
殆どのバラは仮剪定まで済んでいますが、遅くまで咲いていたオールドブラッシュ・チャイナも
ついに切り戻しました。


 レッドカスケード
すでに剪定は済ませていたレッドカスケードも誘引し終わりました。
(右側に物干しラックが写ってしまいましたが、夕暮れでかなり薄暗くて撮り直しできず、
 トリミングもサボってしまいました。)


これで、つるバラの誘引と鉢バラの仮剪定はほぼ完了。

長く続いた寒さも、2月の声を聞くとともに収束に向かい、
今度は一転、暖かな天候パターンに切り替わるようです。


さあ、来週からはバラ鉢の土替え作業です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/30(日) 23:59:51|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

つるバラの剪定・誘引がほぼ完了

12月から年を跨いで2ヶ月近く時間が掛かっていた
つるバラの剪定・誘引がほぼ完了しました。


今日は、階段の上の生垣側に誘引したスーパーエクセルサとニュードーン、
そして、アーチと生垣の間で残っていた同じくニュードーン。


まず、階段の上から。

 階段の上 剪定・誘引前
スーパーエクセルサ(左側)は、生垣の脇に張り付く藪のような状態で、まだ葉が付いたまま。
ニュードーンは生垣の上に覆い被さっています。



階段の上 剪定・誘引後
どちらも、一部を階段の上に渡した針金に誘引する以外は、誘引らしい誘引はせず、
自然に生垣に絡まったような状態のままにして、古い枝、細い枝だけ切り落としました。



続いて、アーチの生垣側で茂り放題になっていたニュードーン。

アーチのニュードーン1
手前側からピエール・ド・ロンサールがアーチの2/3をカバーし、
ニュードーンは、一部を除き奥の生垣側に誘引しました。


アーチのニュードーン2
シェードガーデンの中に脚立を入れて、不安定な足場での作業です。
暴れる枝をお互い絡ませ合って、平面的に高さを揃えました。

鋭いトゲが絡まりあうので、全ての枝をきっちり結ばなくても、一旦ポジションに収まりさえすれば
お互いの枝が支えあってガッチリと固定されます。



これで、一部のミニのつるバラを除いて誘引完了。
昨シーズンに比べると1ヶ月遅れです。



 今日の芝庭
西洋芝には、久々に肥料を施しました。
芝用の有機肥料(細粒)を満遍なく撒いてから、500倍の液肥を1L/?散布しました。

1ヶ月前に比べると、生垣の影が目に見えて短くなり始めています。
成長の本格再開にはまだ早いですが、2月に入ると寒さが少し緩むようなので、
少しくすんだ緑が徐々に復活に向かうことを期待しましょう。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/29(土) 23:59:41|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月最後の週末へ

また、この週末にかけて厳しい寒さが戻ってきそうです。

日本海側ではこの冬、すでに記録的な大雪になっているようですが、またしても日本海側では大雪のおそれ、
一部の太平洋側でも雪になるようです。


カラカラ天気が続く関東地方では、降ったとしても多少雪が舞う程度らしいですが、
気分的には、雨でも雪でもいいから少しは降ってよ!
という感じです。


芝庭と階段の様子
寒い朝が続きますが、すぐにカラカラに乾いてしまうので、
おおよそ2日に1回のペースで階段やテラスに並ぶ鉢に水やりが欠かせません。



剪定、誘引後も残ったノイバラの枝
先週末、剪定・誘引を済ませたノイバラ。
どうしても手が届きにくい場所に、まだ枝が何本かそのまま残っていて、
高枝鋏を駆使して何とかもう少しスッキリさせたいところです。



ところで、去年の暮れからゆっくりと膨らんでいたバラの蕾が
2ヶ月近くかけてようやくほころび始めました。

ラ・カンパネラ
ラ・カンパネラ
ジャパンフラワーセレクション切り花部門で
第1回(2006年)フラワー・オブ・ザ・イヤー受賞。
大輪のカーネーションのようにフリル咲きになる美しいバラ。

本当はとっくの昔に剪定してやらないといけなかったのですが、
せっかく膨らんだ蕾が勿体なくてここまで来てしまいました。

ここまで来れば切り花にしても奇麗に開花してくれるでしょう。
遅ればせながら、5年前の受賞の実力を発揮してもらいましょう。



ところで、「切り花」といえば、今日、こんな光景を見かけました。

銀座4丁目の花屋
実は、暮れに購入したばかりの家族用のコンパクト・デジカメIXY 30Sのピントがどうも合いにくいので
CANONのサービスセンターに診てもらったところ、初期不良で部品交換ということになり
修理に出していたのですが、今日、修理が終わり、
帰りに銀座のサービスセンターまで取りに行きました。

直ったカメラを受け取り、さっそく試し撮りした1枚。


4丁目交差点に面した三愛ビルの1階、カフェの一角がお花屋さんになっているのですが、
黒板には、こんなフレーズが。。。

2. 14 St. Valentine ?日頃の感謝の気持ちを込めて?」
「世界でもっとも贈られるギフトN0.1は、flower


しっかり直って、街角の美しい夜景写真が明るくクリアに撮れました。
【絞り優先(Av)オート、f2.0、1/60s、ISOオート(200)、ストロボ発光禁止】


やっぱり、なかなか良いデジカメです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/28(金) 23:59:10|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

今日のこの一枚

相変わらずの天気が今日も続いています。


毎朝、出勤前にカメラを手に庭に出て、「今日のこの一枚」は何かな、
と考えながらグルリと庭中に視線を巡らせます。



そして選んだのがこれ。

ラベンダー・スーパーサファイアブルー
ラベンダー・スーパーサファイアブルー
四季咲き性が強く、こんな寒いこの季節にも花を咲かせています。

軒下のテラスに置いた鉢を、庭をバックに撮った訳ですが、実際には、今回の場合3枚撮っています。

まず、RAWモード(画質を劣化させずに後から加工、調整が自由にできる画像モード)で撮った写真に、
明るさやコントラストなどの微調整を施します。

今回の場合、背景部分が日陰になっている生垣で、
被写体のラベンダーはまだ直射日光は当っていないものの明るい軒下で逆光、
という条件なので、3枚とも撮ったままの画像は背景の日陰の生垣に自動露出が調整されてしまい、
全体的にやたら明るい写真になっているので、まず、全体をやや暗めに調整しています。

 ラベンダー1枚目
 1枚目


 ラベンダー2枚目
 2枚目


 ラベンダー3枚目
 3枚目

どれも似たような写真ですが、それぞれ花からの距離、背景のバラの位置、
ズーム倍率(焦点距離)、絞り(f)値、ISO感度などを少しずつ変えて撮っています。

それによって、構図以外にも、背景の視野範囲やボケ具合などが微妙に異なっています。

違いが分かりますか?



結果的には、背景のバラとの位置関係や、右側手前から伸びた隣の鉢のコルジリネの銅葉とのバランス、
背景右端の朝日に輝く黄葉の玉ボケとアーチのフレーム、などを評価して、3枚目を選びました。

その上で左隅の上下に写っている枝や葉が邪魔なので、その部分を外してトリミング(切り抜き)したのが
冒頭の今日のこの一枚。


トリミングまですることは実際にはそれほど多くないのですが、
明るさのチェックと微調整はほぼ必ずやっています。



こうして生まれたのが冒頭の「今日のこの一枚」という訳です。



下手な写真ですが、こうして、今日も何とかネタ不足を切り抜けました。



さあ、明日は何を撮ろうかな?



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/27(木) 23:59:53|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

この冬の芝の状態

今日は昨日に続いて10℃超えの、この時期としてはやや暖かめの一日。

しかし、この1ヶ月以上冬型の寒い天気が続いて、雨も雪も降らないほとんど同じような日の繰り返し。

つるバラの剪定・誘引作業をする週末は何とかなるものの、
それ以外の変化が乏しい庭のことをテーマに毎日ネタを捻り出すためには、
毎朝、カメラを手に庭に出てから、しばし庭を眺めて何か変わったことは無いかと視線を巡らせます。


今朝は、どう眺めても変化が見当たらなかったので、今日は敢えて変化の乏しいものをテーマに。

今日の芝庭
全くといって良いほど変化の無い西洋芝の庭。

さすがに連日の寒さで緑がやや薄くなっているものの、なんとか緑の状態を維持しています。



少しクローズアップで見てみると、

芝の状態クローズアップ1
黄色く変色した葉が混じって、一部地肌が透けて見える部分があるものの、
全体としては大きく禿げたり枯れたりしているようなことはありません。

休眠中でほぼ完全に成長が止まっているので、踏み付けで葉が倒れたままになっています。



芝の状態クローズアップ2
一方、日当たりが良いテラス前の部分は、飛び石が並んでいることもあって、
踏みつけは少なく、冬の間もゆっくりと僅かながら成長を続けています。

バラの鉢底から流れ出る肥料分の影響もあってか、鉢近くの芝は明らかに元気です。



芝の状態クローズアップ3

フェンス近くの芝も、踏み付けが少ない部分は緑が濃くて元気です。
ハンギングに時々与える肥料分がこの一帯に多少なりとも流れ落ちているかもしれません。



これらの芝の写真で読み取れることは、

・休眠期に入って踏みつけられると、黄色く枯れた葉が増えるが、各々の株全体が枯れてしまうことはない
・日当たりは成長には重要だが、休眠期に入って成長が止まった株にとっては多少の日陰には耐えられる
・肥料分が供給されて、最小限の日照があれば、緩慢ではあるが冬の間でも成長し続ける


去年の今頃と比べてみると、ほぼ同じような状態。


踏み固められたエリアのスパイキング(穴あけ)で根への通気を良くし、
月一程度で液肥を与えてやると良さそうです。


2月に入り、立春の頃から文字通りやや寒さが緩むとの予報が出ているので、
その頃を目処に春に向けての刺激を少々与えてやることにしようと思っています。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/26(水) 23:59:14|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬晴れ復活

冬晴れが戻ってきました。

冬晴れの朝

空に向かってまっすぐ伸びるコブシの枝。

手前には週末の剪定、誘引で届かずに残したノイバラ。


コブシの蕾
産毛をまとったコブシの蕾が朝日に輝いていました。



相変わらず降水量0の寒い日が続きます。
このまま1月は降水量0のまま終わってしまうかもしれませんが、
予報によれば、2月になると天気のパターンが暖かい傾向に変わってくるようです。


 オールドブラッシュ・チャイナ
こんな時期まで残してしまったオールドブラッシュ・チャイナ。
つるバラの剪定・誘引もようやくひと山越えたので、そろそろ次は鉢バラの土替えの番です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

  1. 2011/01/25(火) 23:59:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

曇り空 ?またしても新兵器登場?

今日は朝から曇り空。
連日のカラカラに乾燥したキーンと切れるような空気とは違って、
昨晩の通り雨の余韻なのか、何となくしっとり感を感じるのは気のせいでしょうか。


お昼頃からようやく日が差し始めましたが、結局8℃程度までしか気温は上がらず
これまでとはちょっと違った感じの寒さの一日でした。


朝、庭に出るため窓のカーテンを開けて、最初に目に飛び込んだのが...

つるアイスバーグ
つるアイスバーグ。
12月上旬、一番最初に剪定・誘引を済ませた時に残した蕾が、その後12月22日に開花。
それから1ヶ月以上咲き続けました。

さすがにもうくたびれて散る寸前ですが、本当に長い間咲いてくれました。


アンジェラ
同じく12月誘引組のアンジェラも、だんだんと芽が膨らんできました。

この土日のノイバラの誘引でも、膨らみ始めた芽を随分と潰してしまいました。
比較的暖かい南関東では、やはりつるバラの誘引作業は1月中、
それも出来るだけ早めに済ませないといけません。


大寒を過ぎたばかりでまだまだ寒さは厳しいものの、
少しずつ日が高くなり始めたことを敏感に察しているのかもしれません。



今朝の芝庭
西洋芝は何とか緑の状態を保っていますが、冬の間は生垣の影が伸びて日陰になってしまうため
日に日に緑が薄くなっています。
2月に入った頃からは急速に影が短くなり始めるので、2月中下旬頃を底にゆっくりと緑が増し始めます。



ところで昨夕、かなり暗くなってから撮ったノイバラの誘引の写真ですが、
暗くてもしっかり写った秘密は。。。









Canon Powershot S90

コレ!


CANONのコンパクトなハイエンドタイプのコンデジ、Powershot S90。

一昨年秋に発売され、有力デジカメ・ネット情報誌の年間人気投票で、2009年のコンデジ人気投票No.1。
昨夏にマイナーチェンジを加えたS95が2010年のNo.1と、多くのデジカメ愛好者が認める実力機。

とてもコンパクトながらf2.0の明るくクリアなレンズ、高感度の画像センサー、強力な手ブレ補正、
そして、絞り、シャッタースピードはもちろん、一眼並みの様々な手動設定が選択可能な
上級者の使用にも十分耐えるコンデジとして高い評価を受けています。


昨年暮れに購入した白いコンデジIXY 30Sを以前ご紹介しましたが、
あちらは普及価格帯の一般向け売れ筋タイプながら同じく明るいf2のレンズをもち、
セカンド機としても使える若干のイジる要素を残したコンデジでした。

あちらは家族向け、ということで買い換えたものでしたが、
そのレンズの明るさと手ブレ補正の強力さに感心させられ、
自分用のセカンド機(Nikon)がやや物足りなくなったため、
急遽、オプションとして装着できる望遠、広角レンズとともに売り払って
このS90に買い換えました。

先ほども触れたように、昨夏にマイナーチェンジをした最新機は、
先日の30Sが2台買えてしまうような値段なので手が出ませんでしたが、
すでに型落ちとなったS90は、基本性能面ではほとんど変わっておらず、
パッと見は新品のような美品中古が、先日の家族向け機種に若干上乗せする程度で買えてしまいました。

購入したのは、全国チェーンのカメラ専門店で、ネットで全国の店舗の商品を確認することができ、
近所の店舗に無料で取り寄せて、現物を確認してから購入できます。
6ヶ月間の保障も付くのでかなり安心です。

幸い、ネットオークションに売りに出した旧機種+オプションにいい値段がつき、
結果的に若干のおつりが来ました。



一般的な薄型軽量のコンデジをほんの一回り大きくした程度のコンパクトさで、
いつでもポケットに入れて気軽に持ち運べます。

まだ少し試し撮りをした程度ですが、一眼に肉薄するといっても大袈裟でないような
奇麗な写真が撮れるので、これから、いろんな所へ気軽に持ち歩いて撮る機会が増えそうです。


今度は近いうちに、日中、明るい条件で撮った写真をご紹介します。



このところ、ちょっとカメラ「欲しい欲しい病」が発病した感がありますが、
一応、この辺でしばらくは打ち止めかな?



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/24(月) 23:59:27|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

とりあえずノイバラの誘引完了

今日は午後から雲が広がり、夜になって僅かに小雨がぱらついたようです。

雨といってもごく僅かで記録上は降水量0mm。
12月21から22日にかけての夜にまとまった雨が降って以来、降水量0が続いています。


今日は色々と用事があって、庭に出たのはもう夕暮れが近い4時頃。
昨日やり残したノイバラの誘引を暗くなるまでやって、何とかとりあえず完了です。

ノイバラの誘引完了1
多少、まだハネている枝が残っていますが、どうしても届かないので
少々野性味を残しておこうと思います。


ところで、写真ではまだ明るそうに写っていますが、実際には相当暗くて、
数メートルも離れたら人の顔も分からないほど、といった感じでしょうか。


ノイバラの誘引完了2

どちらの写真も、窓から洩れる明かりと比較していただけると分かりますが、
室内より相当暗く、実際、シャッター速度はそれぞれ1/3秒、1/2秒。

それが手持ちで写るのは今までの常識で考えればあり得ないのですが、
今の技術では、それが出来てしまうのです。
感度(ISO)は800までしか上げていないので写真のザラツキ感もそれほどではありません。

しかし、これにはちょっと秘密があるのですが、それはまた改めて。



話が脱線しましたが、ノイバラについて。

ノイバラ1 2010/5/19

学名はロサ・ムルチフローラ。
日本産の原種バラで、欧州のバラ育種に房咲き性を初めてもたらしたバラで、
フロリバンダ系のバラにはこのノイバラの遺伝子が多かれ少なかれ組み込まれています。

国内では、河原などに野生しているほか、観賞用としてよりむしろ接ぎ木用の台木として多く使われています。

少し大きくなりますが、可憐な白い花を咲かせ、秋には多くのローズヒップを実らせるので、
十分観賞用としても使えるし、村田晴男先生はその著書「バラの咲く庭づくり」の中で、
村田晴男が選ぶつるバラ・ベスト10として、第3位にランクインさせているいるほどです。


  ノイバラ2 2010/5/19

ちなみにこのノイバラは、村田ばら園よりれっきとしたバラ苗としてお迎えしたものですが、
秋には多くのローズヒップを実らせ、毎年少量ですが種をとって種まきして育てています。

この冬も20粒あまり種を蒔いていますが、約50日寒さに当てると休眠が破れて発芽が始まります。
発芽したノイバラは、一年たつと1mほどに育ち、接ぎ木用の台木としてちょうど良い太さまで育ちます。

ちなみに、先日ご紹介した接ぎ木2本は失敗でした。
どちらも一度は活着しかけたのですが、最終的に接ぎ穂が黒ずんで枯れてしまいました。

時期的にはちょうど良い季節になってきたので、根が死んでいなければ、
再度挑戦してみようとようと思っています。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/23(日) 23:59:04|
  2. ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

生垣のノイバラ

大寒を過ぎて、穏やかな週末を迎えました。
今日は、最高気温も10.7℃と大台を超えて、遅れていたつるバラの剪定・誘引作業がずいぶんと捗りました。


今日の大物はこいつ。

ノイバラ
庭の南側、公園に面した生垣の上に覆い被さるように茂っているノイバラ。


まず庭の内側で、脚立に昇って細かい枝を落としたり、他の小さめの品種の剪定をしているうちに、あっという間にお昼に。


昼からは、生垣の外の公園側に出ての作業です。

ノイバラ2
公園側から見たノイバラ


フェンスをよじ登って高所での作業になります。

ノイバラ3
フェンス、生垣の上から見るとこんな感じ。
太いつると細い枝がビッシリ。


左奥の緑色は生垣の上部のライン。


悪戦苦闘しながら、日が暮れかかるまでじっくりと。

ノイバラ4
だいぶ作業が進んだ状態。
今日はここまでにしました。

1枚目の写真で、左に向かって大きく湾曲している枝は、高枝鋏を駆使してたぐり寄せます。
それでも、まだ何本か太い枝が手繰り寄せられていないので、残った作業は明日にお預け。


それにしても、なんとも無粋な生垣です。
マンションの専用庭なので切ってしまうわけにもいかないのですが。。。



続きは明日。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/22(土) 23:59:22|
  2. ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開花間近

冬らしい寒さが続いています。

朝、出掛ける前の庭の見廻りと、乾きやすいポット、鉢への水やりには
冬の庭作業用の分厚いフィールドコートを羽織って庭に出ますが、
15分も外に出ていると、手はかじかんで、手にしたデジタル一眼も
凍りついたかのように冷え切ってしまいます。

かなり室内も乾燥しているので、今のところカメラをそのまま室内に持ち帰っても
レンズが曇ることはありませんが、前の晩に鍋物をした日などはちょっと気になったりもします。

家の中の湿度が高いときには、予めビニール袋を用意して冷たい外気に晒しておき、
家に入る前に、カメラを丸ごとビニール袋に入れて口を閉じそのまま持ち込んで、
ゆっくり自然に室温まで戻してやると、レンズやカメラ本体が結露せずに済むそうです。

カメラやレンズは湿気に弱く、下手をするとレンズ内部にカビが生えたりして
写りが悪くなる恐れもあるので、気になる方は試してみてください。

上級者の方はカメラをバッグなどに入れっ放しにせず、専用の防湿庫に入れて保管するそうですが、
大き目のタッパーなど完全に密閉できるプラ容器に乾燥剤を入れて、
交換レンズとともに保管するといいようです。



さて、今朝も寒い中デジイチを首に下げて庭に出ましたが、
撮影対象がやや枯渇気味です。


クロッカス ジプシーガール
そんな中、早咲きのクロッカス、ジプシーガールが成長してきました。

去年の開花が2月20日なので、まだ少し気が早いですが、
明るいトラ模様の花が春の訪れを告げてくれるのは、そう遠くなさそうな気がします。



さて、まだ寒いこの時期、春の訪れを少しずつ感じさせてくれる花といえば


そう、クリスマスローズ。



ヨーロッパでクリスマスローズと言えば、その名のとおりクリスマス頃に咲く
ニゲル(ヘレボルス・ニゲル)のことを指します。

一方、日本では、本当のクリスマスローズ(ニゲル)を含めたヘレボルス全体、
中でも2?3月ごろに開花するヘレボルス・オリエンタリスの交配種(ガーデンハイブリッド;
日本では普通のクリスマスローズ)を中心に、これらを総称してクリスマスローズ、と呼んでいます。
(あ?、ややこしい!)


前置きはさておき、クリスマスローズ(正しくは、ヘレボルス・オリエンタリス・ハイブリッド)が
開花間近です。

クリスマスローズの開花間近
去年の2月に開花鉢の見切り品で購入したイエローSS。(SSはシングルのこと)

少し緑がかっているように見えますが、この辺の微妙な花色にはかなり幅があるので。。。



そして、2年前にこぼれダネとして発芽した数株をポット上げして育てた株が、
開花を目前に控えています。

2年前のこぼれ種が開花目前
ちょっと分かりにくいですが、写真中央、葉の隙間の奥に膨らんだ蕾が見えています。

花色、花形は咲いてのお楽しみですが、発芽した場所はホワイトdd(ダブル)の株元近くだったように思います。


近くに濃いピンクsd(セミダブル)なども咲いているので、
いずれにしてもどんな交配がベースになっているのか、
咲いてみないことには本当のことは分かりません。


文字どおり「世界にひとつだけの花」。

他に何株か初めて花を咲かせそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/21(金) 23:59:24|
  2. クリスマスローズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレマチス ?春に向けて? その2

今日は「大寒」。
暦の上で一年で最も寒い時期とされています。

数日前に比べると冷え込みはそれほど厳しくありませんが、
日中の最高気温は9.5℃とひと桁どまり。

向こう一週間も、寒くてカラカラの冬晴れが続きそう。
乾燥続きで、今晩の帰りの電車は、線路の雑草が燃える火災が発生。
一次電車がストップする騒ぎも起きました。



さて、昨日に引き続き、春に向けたクレマチスの様子をご紹介。


H.F.ヤング
H.F.ヤング

        H.F.ヤング 2010/5/4
        2010/5/4

大輪早咲きのラヌギノーサ系。
弱剪定から中剪定までの任意剪定。
カクテルや新雪など、比較的早咲き傾向のバラと開花時期が重なります。

つるバラと混植する場合は、誘引の高さを低めに抑えたり、独立の支柱を立てるなどして、
つるバラ誘引時の枝の取り回しと干渉し合わないように工夫が必要です。



今度は、強剪定の系統をいくつか。

プリンセス・ダイアナ
プリンセス・ダイアナ

        プリンセス・ダイアナ
        2010/6/6

小輪、強剪定のテキセンシス系。
開花は5月中旬?6月上旬。
地植えした土の中から濃いピンク色の新芽が上がり始めています。
アーチのピエール・ド・ロンサールに絡めましたが、少し開花時期がずれてダイアナの方が遅めの開花です。



デュランディ
デュランディ


       デュランディ 2010/5/16
       2010/5/16

立ち性のインテグリフォリア系。
バラが多い庭には、青い花は存在感があります。

どこから新芽が出ているのか、まだあまり目立たない状態です。



そして最後に強剪定のジャックマニー系。2品種併せてご紹介します。

ブルーエンジェル
ブルーエンジェル


フルディーン
フルディーン

どちらも強剪定、中輪。


        ブルーエンジェル 2010/6/5
        ブルーエンジェル 2010/6/5


     フルディーン 2010/6/5
     フルディーン 2010/6/5

どちらもやや遅咲きですが多花生。
我が家では、アンジェラの散り際とちょうどオーバーラップして開花します。



鉢植えの場合、2年に一度程度は植え替えます。
根がが太く、縦に深い直根性で、根鉢を崩すのを嫌うので、1?2回り大きい深鉢に鉢増しします。

今年は、どの鉢もそろそろ植え替えた方がよさそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/20(木) 23:59:54|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クレマチス ?春に向けて?

やっぱり今日も晴れマーク

毎朝水やりをする訳ではないにしても、水切れさせないようにチェックするだけでも結構大変。
特に寒さで土が凍ったり融けたりを繰り返すと、表面の土の乾燥が速いようです。


だんだんと花が減り、日々のバリエーションが乏しくなっていく中、
目立たないながら春に向けて着々と成長前の「仕込み」が進んでいるのは、


 白万重
クレマチス・白万重。
ちょっとボケた写真になってしまいましたが、早くも春の花に向けてつるが伸び始めています。

       白万重2010/5/22

白万重はフロリダ系。
自由剪定で、前年伸びた旧枝の節々から新枝が伸び、それぞれ1m余り伸びた辺りから
花芽が順々についていき、開花もその順番。
5月上旬頃から最初の開花が始まり、それぞれの花が少しずつ時間差をつけながら
1ヶ月ほど掛けて一重から万重へと移行していきます。

剪定は、冬の間にこのような芽の数を適度にコントロールしてやる程度に。
もちろん、こんな新芽がついている限り、弱剪定でも多少強めの剪定でもOK。


ミセス N トンプソン
こちらは、ミセス N トンプソン。

      ミセス・N・トンプソン

弱剪定のパテンス系。
我が家では、H.F.ヤングに次ぐ弱剪定の大輪早咲き品種。

冬の間に膨らんだ花芽から、2節程度の短い花首が伸びて開花。
こちらは5月上旬頃に一斉に開花します。

うちに来て2年目の今年、まだ鉢植えで成長途上です。
つるバラと混植すると、冬の剪定・誘引でお互いこんがらがってしまうのが難点。
できれば支柱を使って、バラと絡ませあうのは避けたほうが賢明。


ジャックマニー
ジャックマニー
言わずと知れたあの強剪定系統のジャックマニー。

冬に株元まで切り戻すので、つるバラの剪定・誘引の邪魔にならず混植が楽。
開花がやや遅め(5月中旬?6月上旬)なので、比較的遅咲きの品種との相性がよさそう。

こちらも我が家に来て2年目。
濃い紫系の花色は、補色の関係にあるイエローやアプリコット、オレンジ系のバラとの相性が抜群。

昨年はチビ苗からスタート、もっぱら株を大きくすることだけにほぼ専念しましたが、
今年は鉢増ししてやって、どこに置こうか思案中です。



今日はここまで。

続きは明日(たぶん)。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています









テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/19(水) 23:59:46|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

毎日同じカラカラ天気

今日は、ほんの少し厳しい寒さが収まりました。
朝の気温は3日ぶりに氷点下まで下がらず1.9℃。

一方、横浜ではクリスマスのちょっと前頃から雨が全く降らないカラカラの状態が続いています。

こんな寒い時期にもかかわらず、2日に1回は水をやらないと、
小さめの鉢はすぐに乾ききってしまいます。


リナリア、ビオラ
水やり直後のリナリアとビオラの苗。


つるバラの剪定・誘引がだいぶ進んで、いよいよ変化も乏しく。

つるアイスバーグ
つるアイスバーグに残した最後の花も、ひと月近く咲き続けたけどいよいよもう終わりです。



ラベンダー・スーパーサファイアブルー
ラベンダー・スーパーサファイアブルーが寒い中咲いています。
四季咲き性が強いノコギリ状の葉をもつデンタータ系のラベンダー。


ただでさえ花が少なく変化がほとんどないこの時期に、
毎日冬晴れの青空ばかりだとさすがにネタがなくて困ってしまいます。


今日は何の脈絡もなく3枚の写真で乗り切りましたが、果たして明日はどうでしょう。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/18(火) 23:59:31|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クリスマスローズ発芽 ?タネの生命力?

今朝も冷え込みました。

横浜の最低気温は2日続きの氷点下、-0.1℃でした。
我が家の辺りは、海に近い横浜の気象台(山手)よりちょっとだけ内陸よりなので、
実際にはもう少し寒いような気がします。


凍ったポット苗

12月に買って以来、ずっと手を付けられずに芝庭の飛び石の上に置きっぱなしの
宿根草、多年草のポット苗の土がカチンカチンに凍ってました。


一方、軒下のテラスに置いている鉢は、おそらく室内から漏れてくる遠赤外線?の輻射熱の影響や、
晴れた空に向かって熱が奪われていく放射冷却が少ないためでしょう、
どうやら凍っていませんでした。


クリスマスローズの発芽
そんなテラスには2?3年目のクリスマスローズの苗が置かれていています。
2年生になったばかりの苗の合間に置かれたポットで、クリスマスローズの発芽が始まりました。


昨年の冬に交配、春に種を収穫してそのまま土の中に埋めて湿り気を維持したまま
一旦夏の高温に晒し、10月に種まき、そしてようやく発芽まで漕ぎ着けました。


これから開花まで早くて2年強。
一方、種まき(こぼれダネ)から育てたクリスマスローズ何株かが初めて開花します。


果たしてどんな花が咲くかはまさに交配の妙。
ひとつとして同じ花は咲きません。
「世界にひとつだけの花」です。

「?ナンバーワンになれなくてい?い♪」っていうのはどこかの某女性政治家の弁を連想させて
ちょっと興醒めですが。。。



ところで、コブシの木の足元のクリスマスローズの葉にこんなものが。。。

小鳥たちの贈り物
おっと、失礼!

コブシの木の梢にとまった小鳥からの贈り物のようです。
良く見ると、ノイバラか何かのローズヒップを食べたのでしょうか?

他に真っ黒い色のものも多いのですが、トウネズミモチでしょうか。


ローズヒップの実は、タネの発芽を抑制する物質を含んでいます。こうして消化されたローズヒップは
タネが剥き出しにになっていて、このまま地面に落ちて発芽します。
その場合も、すぐには発芽せず、寒さに50日程度晒されてから初めて休眠から覚め、
発芽がスタートします。


これは、鳥に食べさせて遠くへ運ぶことで、万一何らかの理由で自らが滅びても、
子孫が別の条件下で生き残るチャンスを増やすことができ、

また、すぐに発芽しないのは、秋や初冬に発芽すると寒さで枯れてしまうので、
タネのまま冬を越し春の暖かい日がやってくるのを待ってから発芽するのです。



それにしても、なんと逞しく素晴らしい生命力と自然のメカニズムなのでしょう!



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/17(月) 23:59:23|
  2. クリスマスローズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

とりあえず

今朝は冷え込んで、横浜はこの冬初の氷点下。
?0.5度まで下がりました。

今日は息子のセンター試験2日目。
朝、送り出してしまうと、あとはもうどうすることも出来ないので気分的には楽になりました。

ただ、庭に出ようと思ったけど、ワンコの散歩に出たら北風が切るように冷たくて
お昼過ぎまでは家の中でノンビリ。


午後に少しだけ庭に出て、やり残したカクテルとウィリアムモリスの誘引に着手。

 ウィリアムモリス誘引前
既に剪定は済ませているウィリアムモリス。
今年は一段と大きく育って、太くて長いシュートがたくさん、空に向かって伸びています。



誘引完了1
ササッと2時間足らずで済ませました、
と言いたいところですが、終わった頃にはもう日が翳ってかなり寒くなりました。

左から、ウィリアムモリス、カクテル、新雪。
カクテルと新雪の間は古枝中心で少しスカスカ気味なので、このエリアを中心ににクレマチスを咲かせます。

旧枝咲きのH.F.ヤングは冬のうちに旧枝を誘引して、
昨年の枝の節々から長い開花枝が伸びる白万重は、春以降伸びる枝をうまく誘導してやります。



 誘引完了2
かなりスッキリしました。



これで庭のマンションの建物側のつるバラの誘引はほぼ終了。

残るは生垣側。ノイバラなど大物がまだ控えていますが、
今日の作業完了で、何とか今月中にはつるバラの剪定・誘引が終わらせられる
見通しが立ってきたような気がします。



夕方遅く、無事に試験を終えて帰ってきました。
さすがに2日間の長丁場はかなり疲れたようです。

結果はさておき、とりあえず一番最初の山は越えました。
まだこれから先は長いです。

しかし、何をやっても今更なので、少なくとも家族は気を楽にして平常心を心掛けていきます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/16(日) 23:59:36|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

いつもと何か違う

1月もはや半分過ぎました。

センター試験初日は、関東地方では薄雲がひろがったものの思ったより穏やかな一日に。


本来なら遅れ気味のつるバラの剪定・誘引で一日中出ずっぱり、のはずなんですが、
この週末ばかりは、どうもそんな気分にもなれず、ワンコの散歩に出かけた以外
ほとんど家の中でのんびりと。


息子本人のためにも、なるべく特別なことをしたり言ったりしないで日常どおりに、と心掛けているのですが、
今日は1日ボケ?、っと過してしまい、あっという間に日が暮れてしまいました。



暮れかかる間際に、一度だけ庭に出てみました。

今日の芝庭

だいぶ薄暗かったので、先月、家族用に買ったばかりの夜景に強いコンデジを持ち出して
芝の様子を撮ってみました。

ちょっと緑が薄くなりかけていますが、このところ寒い日が続いているし、
今の時期は生垣の日陰が伸びて日当たりが悪いので、この程度は仕方がありません。



それから、今日済ませた庭仕事は、このひとつだけ。



殺鼠剤1

毒々しい真っ赤な紙袋。

そう、野ネズミ対策の殺鼠剤をネズミ穴とおぼしき穴ぼこの近くに置きました。



殺鼠剤2
昨日、クロッカスの新芽をちぎられた穴の近くと、
もうひとつ、ピエール・ド・ロンサールの株元に近い穴の脇に
この真っ赤な袋をそ?っとおいてみました。

さらにもう一袋は、階段の上の安曇野の株元近くの穴の脇に。


効果の程はやって見ないとわかりませんが、去年ははっきりとかじられて袋に穴が開きましたが
さて、今年はどうでしょう。


なんとなくこんな日にそぐわないような記事になってしまいましたが、
いつもの日常どおりに、ということで、今日はこの辺で。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/15(土) 23:59:05|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

週末の天気

明日からの週末、いよいよセンター試験。


もう今更何を焦っても仕方がないですが、うちの息子ときたら、実に暢気なもの。
今晩帰宅すると、今頃になって受験票に写真を貼り付けてました。

そんなこと何でもっと早くやっておかないの!と家内に叱られていましたが、
夏休み最後の日にならないと宿題をやる気が全くしなかった父親の血を引いているのか。。。

まあ、緊張してガチガチに神経質になるよりはましでしょう。


さて、気になる週末のお天気ですが、
土曜日の夕方?夜にかけて低気圧が通過後、全国的に大荒れ模様。
日曜日は、北海道から九州まで、関東地方だけを除き雪マークの予報がズラリと並んでいます。


毎年、センター試験の時期は大雪になることが多いのですが、
今の若者たちにとっては、空前の就職難や今後手ごわい競争相手になっていくであろう
アジア諸国の発展など、これからもますます厳しくなるかもしれない
経済社会や世相を暗示するかのような、厳しい寒さの週末を迎えることになりそうです。


さて、そんな週末を控えて、今日のBLOGはごく簡単な内容に止めたいと思います。



今日は、寒さに負けず芽を伸ばし始めている姿から。


スイセン、スノーフレーク
シェードガーデンのコブシの木の足元付近から、例年と同じようにスイセンとスノーフレークが発芽。

大きなコブシの枯れ葉の隙間から、クリスマスローズや西洋オダマキのこぼれダネも。



ユーフォルビア・カメレオン
そして、こちらは夏?秋に一旦は全滅しそうになってしまったユーフォルビア・カメレオン。

株元に大きく団子のように膨らんだ球根状の根が、夏から秋にかけての暑さと秋雨の影響で
腐ってしまい、ダンゴムシの巣窟と化してしまいました。
全滅も時間の問題か、と思われましたが、辛うじて小さな2本の茎と根だけが生き残り、
地を這うような赤紫色の新芽が。。。


寒さが厳しくてもきっと春が来ると信じ、人知れず地中に秘めた生命力。

一見ひ弱そうでも、どこか芯の部分では我々の世代とは違う何かを「持っている」
今の若者たちを彷彿とさせる姿です。


さあ、明日からのセンター試験、頑張れ!



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/14(金) 23:59:09|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

寒い日が続きます

今日も寒い一日でした。
連日冬晴れが続いていますが、お昼休みにコートなしで外に出て歩いてみると
眩しいほどの太陽光線が降り注いでいるというのに、
風の冷たさに完全に負けてほとんど太陽の暖かさは感じられません。


これが朝になると、庭の空気はさらに身を切るような冷たさ。
さらに、クリスマス前からここ3週間ほどほとんど雨が降っておらず空気がとても乾燥しています。

小さめの鉢植えは2?3日で乾いてしまうので、水やりが欠かせませんが、
この寒さだけに、手が濡れたりすると結構辛いものがあります。



安曇野
朝日を浴び始める前の「安曇野」。

一重のミニのつるバラですが、階段脇の擁壁の上からドーム状にウィーピング(枝垂れ)させています。
無数の枝に、その何倍もの数の芽が少しずつ膨らみ始めています。



コブシの花芽
こちらは、コブシ(辛夷)。
毛皮をまとったかのような花芽が徐々に脹らんでいます。



最も寒い時期を迎えて、我が家の庭では花が少なくなってしまい、
水を遣りながら見るべきものが殆どなくなった庭の様子を観察していると...

穴?
またしても、花壇に穴が開いて、クロッカスの芽が無残にも折れてしまっています。


昨秋?冬にも花壇や大鉢に穴を開けられて球根が掘り出されたりする被害に遭いましたが、
今シーズンも、花壇の至る所でモグラの穴のように土が持ち上げられて、地下が空洞だらけになっていますが、
所どころに地表から掘り返したような跡が見られます。

確かモグラは肉食で植物を食べることはない筈なので、やはり野ネズミのようです。

また、今年も対策を考えないと。。。
本当に困ったものです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/13(木) 23:59:56|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

冬の遅い日の出

連日寒い日が続きます。

冬至から20日あまり過ぎて少しずつ日が長くなり始めているのが実感できるこの頃ですが、
実は、日の出は冬至より僅かに遅くなっています。


国立天文台の「各地のこよみ」
http://www.nao.ac.jp/koyomi/dni/
によると、1月2日から13日の横浜の日の出は6:51で、
秒単位までは別にして、一年で最も遅いことが分かります。
これは冬至より4分遅くなっています。

逆に、1月12日の日の入りは16:48で、
最も日の入りが早い12月5?6日の16:28より20分も遅くなっています。


この冬至からの微妙なずれは、地球の公転と自転軸の傾きや、地球の公転軌道が少し楕円だから、
ということから起こるそうですが、詳しい説明を知りたい方はこちら


とにかく、今は夜明けが遅い、ということが言いたかった訳ですが、
今朝の庭の様子から。

弱々しい朝の日差し
7時をだいぶ過ぎた頃から、ようやく頭上のつるバラ「新雪」に弱々しい冬の日差しが当たり始めます。



コブシにからむニュードーン
コブシの枝にも朝日が当たり始めますが、東向きに見上げると、
冬晴れの空に向かって、寒々しいコブシの枝のシルエットが高く伸びています。

ところがよく見ると、生垣に這わせているニュードーンのトゲだらけの枝が1本、
コブシの枝に絡みついています。
四方八方に伸び放題のニュードーンが、コブシの木に紛れ込んでしまったようなのですが、
葉が茂っている間はまったく気がつきませんでした。


うちのコブシの木は葉が良く茂るので、バラを絡ませるにはあまり相性がよくないものの、
どんな風になるか面白そうなので、試しにこのままにしてみようと思います。



ところで、枝振りといえば、

 雲竜ハシバミ

雲竜ハシバミ(雲竜ヘーゼルナッツ;英語名Corkscrew Hazel)

何ともユニークな枝ぶり。
別品種の受粉樹がもう1本あれば、ヘーゼルナッツが結実するらしいのですが、
「食い気」の方はしばらくお預けにして、もっぱら冬の枝ぶりを楽しみながら、
いずれは大きくして冬の庭のシンボル、風物詩のようなものに育ってくれれば...
と遠大な構想を描いています。

果たしてそれはいつになる事やら。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/12(水) 23:59:35|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

寒さの中

今日も寒い1日。
昨日よりは北風は収まったものの、寒の入り以来、文字通りの寒さが続きます。

今朝の横浜の最低気温は0.5℃。
例年、氷点下まで下がることは2,3回あるかどうかなので、かなり寒い朝です。
うちのあたりは気象台のある山手あたりに比べるとほんの少し内陸で寒いので
もしかしたら0℃を割り込んだ可能性も。



そんな寒さの中、

つるアイスバーグ
オベリスクに誘引したつるアイスバーグ

すでに誘引が完了しているつるバラでは、
気がつかないうちに、早くも少しずつ芽が膨らみ始めています。



ピエール・ド・ロンサール
アーチのピエール・ド・ロンサールも同様です。


こういうのを見ると、ますます剪定・誘引作業を早く済ませなければ、
との思いが募るばかり。

まだ、今の時点ではそれほど焦る必要はないけれど、
さすがに2月に入ってしまうと、誘引時に膨らんだ芽を傷めるリスクが一気に増すので
何とか今月中には終わらせたいものです。



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ
気温が下がったまま、雨が全く降らないので、このバラだけは最後まで健在。
この調子だと、今月一杯咲き続けるかも。

でも、春の開花が一番早いバラでもあるので、そろそろ剪定してやらないと。



 ビオラ種まき苗
今日の最後は、種まきのビオラ。

我が家の定番のこんもりビオラ・フィオリーナ・イエロー&ベルベット
(今年から花ざかりビオラ・ベルベットゴールドに改名)の自家採種、種まき苗が次々と開花。

日差しを求めて、芝庭に面したバラ鉢の足元の空いたスペースに並べています。
もう、いつでも植え付け準備完了です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/11(火) 23:59:11|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウ?、寒い!

成人の日の今日、暖かだった昨日から一転、
寒くなりました。

横浜の最高気温は7.0℃。
北風も強くて、体感温度は実際以上に寒く感じました。


このところの庭仕事の遅れもあって、お昼頃から庭に出てみました。
手持ちの中では最強、かなり厚手のダウンジャケットを着込んで万全の体制で。
このまま冬山にでも行けそうな恰好です。


南向きの庭は、マンションの建物が風を遮ってほぼ無風。
寒くても日差しはしっかりとあるので、何とか大丈夫そう。


 花壇、フェンスの作業
昨日やり残した花壇とフェンスの整理のつづき。
花壇に茂ったチェリーセージやミントを刈り込んで、フェンスのつるバラを剪定。

脚立が立てられないので手が届かない壁寄りの一部分を除いて剪定がほぼ終わりました。


 剪定後のフェンスのつるバラ
剪定が終わったフェンスのつるバラ。
大きく成長したウィリアムモリスのシュートが3m以上の高さまで伸びています。

一方、フェンスに誘引していた古枝は、ウィリアムモリス、カクテルともかなり切り落としたので
ずいぶんとスカスカの状態。

高く伸びたシュートを倒して誘引してやりますが、今日のところは剪定まで。
ダウンジャケットでつるバラの棘と格闘するのはちょっとキケン。
表地は比較的厚手の丈夫そうな生地ですが、カギ裂きでも作ってしまうと
ダウンが噴き出して酷い事になりかねません。

日も傾き始めたので、今日のところは早めに引き揚げました。

結局、大した進展なく3連休も終了。


ノイバラ
写真のように茂り放題のノイバラのほか、
階段上のスーパーエクセルサやニュードーンなど、まだ手付かずのつるバラが残っています。


来週末は息子のセンター試験。
ただ家の中でヤキモキしても仕方がないので、気を紛らわすにはつるバラの剪定、誘引はちょうどいいかも。

家内には何か言われるかもしれないけど、親が受験する訳ではないし、
ウジウジ心配したところで息子の点数が良くなる訳ではないので。。。


私は、今で言うところのセンター試験、昔の共通一次より前の世代ですが、
30年以上前の大学受験の頃を思い出します。
当時は当然一人で行きましたが、最近は親がついて行ったりするとも聞きますが、
ちょっと如何なものかと。

でも最近は入社式にまで親がついていく時代ですからね?。


とにかくあと1週間。
本人はあまり緊張感があるように見えませんが、精一杯頑張れと言うしかありません。



最後にGOOD NEWS。

クリスマスローズの蕾
一昨年の今頃、こぼれダネから発芽したクリスマスローズに蕾発見。
3年前に開花して自然受粉でタネがついたもので、親は白のダブルではないかと思われます。

「サクラサク」、ならぬ「クリローサク」と行きたいところです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/10(月) 23:59:54|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポカポカ

日中は13.7℃まで上がって、風もなく陽だまりはポカポカと暖か。

センター試験目前の受験生を抱えて、寒さの中での庭仕事は抑え気味ですが、
今日は午後から庭に出て、花壇とフェンス周りの整理、つるバラとクレマチスの剪定をボチボチと。


 花壇、フェンス周りの整理
まず、花壇の木立バラを剪定、こんもりと茂ったチェリーセージやミントなどを
株元まで短く刈り込んでいきます。

そして、フェンスのつるバラとクレマチスも剪定。


クレマチスの剪定1
弱?任意剪定のH.F.ヤング、任意剪定の白万重はつるバラと絡まりあっているので、
つるバラの枝を大きく動かす必要がある周囲に絡んだクレマチスは、
つるを折らないように慎重に絡まりを解いていきます。



クレマチスの剪定2
早咲きのH.F.ヤングは、花芽が既に膨らみ始めています。
背後に見える緑の葉は、晩秋につるを伸ばした白万重。

H.F.ヤングは枝先の芽が着いていない部分を少々落とすだけで、ほぼ無剪定。
白万重は、新枝をそれぞれ3節ほど残す程度まで多少切り詰めます。早春になると各節から新枝が伸び始めて、
伸びた枝先の各節に多くの花芽をつけます。



 カクテルの剪定
まだ花を咲かせていたカクテルを剪定。
原則として鉛筆より太い新枝だけ残します。

右上のまだ未剪定の枝も、先端部の枝分かれした部分は切り戻します。

1枚目の写真左側のウィリアムモリスも、古枝をどんどんと切り落とします。



作業はポカポカとした陽を浴びて快適でしたが、
途中で日が翳り始めたので、今日は早めに家の中へ撤退しました。



マジックカルーセル
マジックカルーセル
いよいよ庭に残ったバラの花も残り少なくなってきました。
マジックカルーセルもこの花が最後。


バラの剪定、誘引、鉢替え作業が遅れているため、例年より花が遅くまで残っていますが、
何とか風邪をひかないように気をつけながら、1月中には終わらせないと。。。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/09(日) 23:59:06|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新しいレンズ ?その2

今日も澄み切った冬晴れの1日。

今朝の横浜の最低気温1.7℃は、この冬一番の冷え込み。
横浜の気象台は、港の見える丘公園や外人墓地に隣接して海に近いため、
横浜港から3?4km内陸に入った我が家の辺りは、公式記録より
おそらく1?2℃低いのではと推測しています。


さて今日は、昨日手に入れた望遠ズームを改めて試し撮りしてみました。

つるアイスバーグ
オベリスクのつるアイスバーグ(84mm)



カクテル
カクテル(154mm)


昨日の朝の試し撮りと同様、シャープな写りですが、
望遠ズームレンズの本領を発揮するには、さすがに庭が狭過ぎます。



マンションの最上階に上って、

富士山
富士山がくっきり(250mm)



横浜ベイブリッジ
横浜ベイブリッジ(250mm)



そして、午後からは、横浜の港に出掛けてみました。

赤レンガ倉庫とランドマークタワー
赤レンガ倉庫とランドマークタワー(64mm)



ベイブリッジと遊覧船マリーンルージュ
ベイブリッジと遊覧船マリーンルージュ(55mm)
大桟橋より



遊覧ボート @大桟橋
港内遊覧ボート(250mm)
大桟橋より



実際撮ってみると、やはり大部分の写真は先日手に入れた17-85mmの範囲に収まってしまいました。
私の撮影スタイルからすれば、これは元々の目論見どおりでしたが、
望遠ならではのショットも多数撮れました。
入手した値段も考えると、一眼を持って出歩く際に常時バッグに入れていくレンズとしては大満足です。



さて、今日から3連休ですが、息子が来週末に大学入試センター試験のため、
あまり長時間の庭仕事で風邪をひいてしまうような事になっては、ということで、
長時間出ずっぱりになるつるバラの剪定・誘引は控えることにしました。


そんな訳で、今日は軽い庭仕事だけにとどめました。
連日乾燥続きのため、2-3日ごとに鉢への水やりが欠かせません。
クリスマスローズやビオラなど冬の間も成長中の鉢には液肥を。


一部緑が薄くなり始めた西洋芝にも、

今日の芝庭
液肥500倍+尿素0.5g/Lを平米当たり0.5L/?程度ジョウロで散布。



このほか、今日はちょっとした剪定作業などを済ませるにとどめました。

明日以降も、お天気の具合も見ながら、あまり無理せずボチボチとやっていきます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/08(土) 23:59:21|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新しいレンズ

昨日寒の入りしましたが、さっそく寒くなりました。
横浜の最低気温は2.1℃と予報ほど冷え込みませんでしたが、この冬の最低気温を更新。
日中も8.5℃どまりで、東京は7.3℃だったため、お昼休みにコートなしで外に出たときには
寒さに震えてしまいました。


さて、つい先日、クリスマス前にデジタル一眼のレンズを買い替えたことはお伝えしましたが、
「やはりいいレンズは写りが違う」と、いたく気に入ってしまったこともあって、

今度は「お年玉」とばかり、勢いでもう一本買ってしまいました。

EF-S 55-250mm f4-5.6 IS
CANON EF-S 55-250mm f4-5.6 IS

Canon EOS Kissシリーズをお持ちの方ならご存知、
Wズームキット(カメラ本体、標準、望遠ズームレンズ付セット)に使われている望遠ズーム。
Wズームで2本目として買うと1万5千円?2万円増し程度で買えますが、
単体での販売相場は約2万5千円?3万円。
一眼の望遠ズームレンズの値段としては、単体でも超格安(安物)の部類ですが、
なかなかどうして、小型軽量の割りに画質が良いとなかなか評判で、
プロや上級者でも、持ち運ぶ荷物(交換レンズ)をどうしても減らしたい時などに
重宝するレンズだという方も結構いるようです。

Kissシリーズが近くX4からX5にモデルチェンジするらしく、X4ダブルズームキットを買うと
5000円キャッシュバックが受けられるキャンペーン中のため、望遠が要らない人もセットで買って
ネットオークションでレンズだけ新品のまま売り払うケースがこのところ急増しています。


私の場合、20年近く前のフィルム時代のEOS用望遠ズームレンズ(EF 80-200mm f4-5.6 USM)を持っているので、
これまでそれで我慢して使っていました。
お正月の富士山の写真はそれで撮ったものですが、ご覧いただいても分かるように結構ちゃんと写ります。

しかし、一眼のレンズというのはそこそこ写って当たり前で、素人目には僅かな写りの差で
値段が何倍?何十倍も違ってきます。手持ちの望遠ズームレンズは、もともと安物の上、
いかんせん古くて、昨今の高性能化したデジタル一眼用としてはかなり性能が劣る代物でした。

暮れに標準レンズを買い替えて、従来より少し望遠側までカバーできるようになったため
しばらくはこれ1本で大丈夫との皮算用でしたが、いざ買い替えてみると
やはり画質が格段に良くて目から鱗が落ちたような感覚でいたところへ、
前述の望遠ズームの大量放出による大幅な相場ダウン。

ついムラムラとなり、ネットオークションで新品1万5000円の品をポチリ、と落札。
昨日、届きました。


そして今朝、さっそく庭で試し撮り。

ニュードーン
ニュードーン(250mm)



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ(250mm)



ノイバラ
ノイバラ(154mm)



カクテル
カクテル(250mm)



スーパーエクセルサ
スーパーエクセルサ(250mm)



コブシ
コブシの花芽(179mm)


評判どおり、なかなかシャープな写りです。
手ブレ補正も良く効いて、1/40秒で撮ったオールドブラッシュも全くブレていません。

狭い庭なので、望遠レンズの本領発揮という訳にはいきませんが、
比較的近く(約1.1m)まで寄れるので、高い枝の花などの撮影には重宝しそうです。


明日からの3連休、今度は遠景も含め、望遠ズーム本来の威力を試してみようと思います。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/07(金) 23:59:16|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寒の入り ?こぼれ種あれこれ?

今日、1月6日は小寒。
これから節分(2月4日の立春の前日)までが1年でもっとも寒いと言われる「寒」の期間なので
「寒の入り」とも呼ばれています。

今日の横浜はそれほど寒さが厳しい、という程ではなかったものの、
最高気温は9.9℃と2桁に届かずじまい。

そして明朝の最低気温の予報は0℃と出ています。
横浜でのこの冬の最低気温は2.4℃なので、もし予報どおりならかなり寒い朝になりそうです。



寒さが本格的になるにつれ、庭の変化も乏しくなってきました。
写真撮影のターゲットも少なくなり、今朝は何を撮るかしばし考え込んでしまったほど。


思案の末、ターゲットに選んだのは...

こぼれ種のノースポールとリナリア
植え替えを待つバラ鉢の株元に生えてきているのは、
こぼれ種のノースポールとリナリア。



こぼれ種のユーフォルビア・カメレオン?
こちらは、同じくこぼれ種のユーフォルビア・カメレオン?
セプタードアイルの鉢に生えてきたのは去年の春。
カメレオンっぽい銅葉だったので、確信は持てないものの抜かずに残しておいたところ、
一旦枯れた地上部の株元から芽吹いてきました。
葉の色、形とともに、この葉の下で待機中の新芽の色、形がカメレオンとそっくり。

カメレオンの元株とは3mほど離れているし、他には庭中どこにもこぼれ種の発芽は見つからないので、
どうしてここに生えてきたのかは全くの謎。

ともかく、今月中に予定しているバラ鉢の土替えの時に、掘り上げてポットに植え替えてやらないと。。。

因みに、手前の大きな株はこぼれノースポール。


こぼれ種のガーデンシクラメン
こちらは、こぼれ種のガーデンシクラメン。
花が咲くまでは最低でもあと1年は掛かりそう。



他にも、写真を撮りそびれましたが、バラ鉢で2年目を迎え結構大株に育ったジギタリス、
庭のあちこちで発芽しているセリンセやニゲラ、宿根リナリア、西洋オダマキ、黒ミツバ、などなど。


つるバラの剪定、誘引が遅れているので、早く済ませて鉢バラの植え替えに取り掛からないと、
と気は焦るばかりです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/06(木) 23:59:46|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クリスマスローズの花芽

仕事が始まって、お正月気分もあっという間に抜けてしまいました。
まだまだこれからが冬本番ですが、これからはほんの僅かずつながら春の気配が漂い始めます。


西洋芝の様子
西洋芝は、真冬の間も青々としていますが、成長はほぼ完全にストップして、しばし休眠中です。

一部に色がやや薄いエリアが出始めているので、こんどの連休辺りに液肥を与えてみようと思っています。



そんな中、今の季節に早くも春を感じさせてくれるのは・・・・


クリスマスローズ1
クリスマスローズ

一番早い株ではもう蕾が脹らみ始めています。
イエローのシングルだったかな?
ちゃんとプレートを付けておかないといけませんね。


一昨年の冬にこぼれダネから発芽した一部の株にも、花芽の期待が持てそうな大きな芽が上がり始めました。

クリスマスローズ2


クリスマスローズ3
ホワイトのダブルの株の周辺で発芽したものですが、果たしてどんな花が咲くのか興味津々です。



そんな一方で、まだ去年の「秋」が続いているのは・・・

オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ
まだ、ゆっくりと開花が進んでいます。

3週間ほど咲き続けた花がやっとひとつ散り、
代わりに次の花が開花しました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/05(水) 23:25:22|
  2. クリスマスローズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

自由奔放

今日から仕事始め。
実質的な新年のスタートです。


庭の方は、2011年シーズンに向けた準備途上の状態。
まだまだつるバラが自由奔放に伸びたままのものが少なくありません。


カクテルとウィリアムモリス
お隣の庭との境界フェンスのカクテルとウィリアムモリス。
昨日、ほぼ誘引が終わった新雪の一部とともに、フェンスを越えて自由奔放につるを伸ばしています。
左のアーチ側から、ウィリアムモリス、カクテル、新雪。


 カクテルとウィリアムモリス2
アーチ側から見たカクテル、ウィリアムモリス。
花がまだ咲き続けていますが、季節外れの開花の盛りは完全に過ぎました。

成人の日の連休には剪定・誘引の予定です。



新雪とアンジェラ、つるアイスバーグ
昨日、誘引をほぼ終えたばかりの新雪。

手前のアンジェラ(右)、オベリスクのツルアイスバーグ(左)とともに、
主役の座を占めるつる一等地のバラの誘引は、ようやくひと通り終わりました。



ノイバラ
ノイバラ

もうひとつ残った大物は、階段下の生垣側に旺盛に茂るノイバラ。
生垣の内側から、生垣の上に覆い被さるように誘引しています。

毎年10本以上のシュートが2?3m自由奔放に伸びて、四方八方に広がります。
トゲなしなので処理は比較的し易いですが、誘引は生垣の外側、公園側からフェンスに登っての作業になります。



これ以外にまだ、階段上のスーパーエクセルサなど、いくつかつるバラの作業は残っています。
今度の成人の日の連休である程度目処を付けたいところですが、果たしてどうでしょう。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/04(火) 23:25:31|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新雪の剪定・誘引

お正月三が日も今日まで。

今日は自宅でゆっくり。
時間ができたので、庭に出てつるバラ「新雪」の剪定・誘引に取り掛かりました。

箱根駅伝のテレビ観戦も捨て難かったので、ポケットラジオで実況中継を聴きながらの作業となりました。


まず、まだ緑のまま多く残った葉を全て落としながら、古枝もどんどん切り落としていきます。

新雪の剪定
古枝は、最低でも1m近い新枝が出ていなければほぼ全て落としました。



作業途中のお昼過ぎ、横浜を駅伝選手たちが通過している頃には、
上空に中継ヘリコプターの音が聞こえてきました。

これまで何度か、横浜駅近くに応援に行ったことがありますが、
選手たちはとても速く、あっという間に通り過ぎます。

実際、横浜の戸塚中継点からだと東京まで2時間余りで走り抜ける訳なので、
一般道を車で走るのとほとんど同じくらいの時間感覚です。



さて午後からは、太陽に向かってまっすぐ伸びた新枝を倒して誘引していきます。

新雪の誘引1
吊り下げているのは、バルコニーの軒下に渡した1本の針金のみ。
新雪は枝が固めなので、大きなトゲのある枝同士をお互い絡ませあうと程よくしっかりまとまります。



新雪の誘引2
途中、何度か用事で中断しながら、ようやく誘引が完了しました。

終わった頃にはかなり暗くなっていました。
撮影は最大感度でシャッター速度0.5秒。
新しいレンズの手ブレ補正効果は絶大で、手持ちでなんとか写りました。



 新雪の生け花
 いくつか残っていた花や蕾は切り花に。



あっという間に年末年始のお休みは終わりました。

まだ、カクテル、ウィリアムモリス、スーパーエクセルサ、ノイバラなどの剪定・誘引が残っています。
この調子だと、成人の日の連休では終わらず、その翌週まで掛かりそう。

ペースを上げて頑張らないと。。。



さて、明日から文字どおり心も新たに仕事に復帰です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/03(月) 23:59:25|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初詣に出掛けました

お正月2日目も穏やかな一日でした。

箱根駅伝を途中までテレビ観戦してから、初詣に出掛けました。


一昨年、昨年と折角行くなら有名どころ、ということで浅草・浅草寺、鎌倉・鶴岡八幡宮と
とんでもない人出の中に出掛けましたが、今年は少しし嗜好を変え、人ごみを避けて中堅どころへ。


今年お参りしたのは、東京・調布の深大寺(じんだいじ)。

朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」の舞台にもなり、深大寺そばで有名ですが、
われわれガーデニング愛好者、とりわけバラ好きにはむしろ神代植物公園の方が有名かもしれません。

深大寺1
深大寺参道



深大寺2
深大寺本堂



深大寺3



深大寺4



深大寺5
元三大師堂
天平5年、奈良時代に創建された深大寺。
比叡山天台宗中興の祖、慈恵(元三)大師(913 - 985)を祀るお堂。
元三大師はおみくじの創始者だとか。



深大寺6
冒頭にも触れたように、深大寺は「深大寺そば」で有名。
こじんまりとした参道沿いにはお蕎麦屋さんや、そばに因んだ茶屋、菓子処などのお店が軒を並べています。



深大寺7
「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげる氏が住む街として、「ゲゲゲの女房」でも一躍脚光を浴びた深大寺。
鬼太郎茶屋が賑わっていました。


深大寺8
目玉おやじの串焼き団子。
てっきり今回の「ゲゲゲの女房」に便乗した店だとばかり思っていたら、2003年オープンだとか。



ちょうど着いたのがお昼ごろだったので、参拝前にお蕎麦屋さんへ。

深大寺9
正面参道からはほんの少し外れていますが、有名店らしく行列ができていました。



深大寺10
美味しいお蕎麦をいただきました。



神代植物公園は、今回は季節外れだったため駐車場を利用しただけで入場しませんでしたが、
今度はバラのシーズンに是非訪れてみたいと思います。

神代植物公園マップ




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/02(日) 23:22:34|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。