芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月も終わり

今日で6月も終わり。

5月末に梅雨入りして以来、中旬頃までは雨続きで涼しい日が続きましたが、
この1週間ほどは一足飛びに夏がやって来たかのような暑さ。

予報によればこのまま梅雨明け、ということではなさそうですが、
電力不足のこの夏、先行きが気になります。


紫陽花
かなり遅れて開花した紫陽花。
品種名は忘れてしまいましたが、今年は花がこれ一つだけ。

去年の剪定が遅すぎたのか、はたまた肥料が少なすぎたのか、原因は分かりませんが
とにかく一つだけでも咲いてくれたことに感謝。



アジサイ・アナベル
こちらは、先日手に入れたアナベル。
まだ背丈が50cmほどで花も2房だけしかありませんが、
いずれは何処かへ地植えしたいと思っています。

現在は階段に仮置き中。
雑然としていますが、ギボウシ・サガエやインパチェンスの花にも囲まれ、
朝の水やりで葉水をしたばかりなので、如何にも梅雨時らしい雰囲気を醸し出しています。
実際はカラカラなんですけどね。。。



カラカラ、と言えば...

芝庭の状態
このところの厳しい暑さで、西洋芝が一気に枯れ始めてしまいました。

長い日照不足と雨続きで病気が蔓延していたところへ、急激な気温上昇と強い日差しに耐えかねて
無残な状況になってしまいました。


雨と熱帯夜が続く中での西洋芝の夏越しはとても厳しいものがあります。

冬に日本芝が枯れるのと同様、夏には西洋芝は枯れるもの、と割り切るしかないかもしれません。
庭土を全面的に砂地に出来れば夏越しも夢ではないのですが、何しろマンションの専用庭。
まさか小型トラックでトン単位の砂を入れる(代わりに粘土質の土を削る)という訳にもいかないので、
西洋芝は「一年草」と割り切って、今年も秋の種まきでまた復活を期すことにします。

我ながらホント大変ですが、冬の緑の絨毯の快感を一度味わってしまうと、
魔力に取り憑かれてもう止められないんですよね。

よい子のみなさんは、くれぐれも安易な気持ちで真似をなさらないように。



明日からは7月。
15%節電の電力制限令も発令され、
いよいよ暑さが厳しい夏本番の月に突入します。

片手間の週末ガーデナーにとっては、向こう2ヶ月余りの間、
庭に出ること自体が辛くなる試練の季節がやって来ます。



ウィリアム・モーリス
最後に、昨日ご紹介したウィリアム・モーリスのその後の開花の様子をご紹介して
今日はここまでとします。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/30(木) 23:59:12|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

93.2%

東京電力管内の電力使用率が猛暑とともに93.2%まで急上昇。

今日は横浜では34.5℃まで上がって、昨日記録したばかりのこの夏の最高気温をあっさりと更新しました。

東電の最大供給量まで残されたマージンは6.8%、電力量にして330万kW。
原発約3基分に当たります。

因みに、浜岡原発がストップした中部電力では余力が8%、
次々に原発が定期点検でストップして地元自治体が再稼動に慎重な関西電力では
余力が僅か5%しかなかったそうです。


まだ6月だというのにこの暑さ。
今年の夏は本当に無事乗り切れるのでしょうか?



夏の青空

今日は朝から真っ青な夏空が広がり、強い日差しが照りつけました。
ノイバラはとても生育旺盛です。



エキナセア・パープレア・アルバ

開花途上のエキナセア・プルプレア・アルバ。
夏の日差しにはとても強い宿根草です。

背後のバラの葉っぱに強い日差しが反射して「玉ボケ」になり、
子供のシャボン玉遊びのような写真が撮れました。



ルリタマアザミ
こちらは瑠璃玉薊(ルリタマアザミ)。

一枚目の写真とよく似たようなアングルで。



クレマチス・プリンセスダイアナとウィリアムモーリス
お隣との境界フェンスに絡まるクレマチス・プリンセスダイアナとウィリアム・モーリス。
暑さに負けず旺盛な成長力です。



ウィリアム・モーリス
2番花が開花目前のウィリアム・モーリス。
つるバラとして使えるイングリッシュローズの中でも、
1年を通してこれほどコンスタントに咲き続けるものはそう多くありません。

おそらく明日の朝には開花しているでしょう。



明日もまた、厳しい暑さが続きます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/29(水) 23:59:45|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

南九州は梅雨明け

早くも南九州で梅雨が明けました。
史上2番目の早さだとか。

横浜も33.8℃と今年一番の真夏並みの暑さ。

この分だと関東も早々に梅雨が明けて長く暑い夏になるんでしょうか。
よりによって、こんな電気がない時に。。。

神様はふがいない我々日本人に「これでもか!」といった試練をお与えになっているのかもしれません。
(某知事のように「天罰」とは言いませんが...)



さて、昨日までの幾分の涼しさが幸いしてか、少ないながらバラの2番花が徐々に開花を迎えています。


今朝開花したのはこの2つ。

黒蝶
黒蝶(FL)



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ(Sp)


黒蝶といえばダリアの方が有名ですが、こちらは京成バラ園作出のフロリバンダ。
花色は、ダリアに負けず劣らずの深みのあるダークレッド。

このバラは実物の色の再現が難しく、いつも苦労させられます。

因みにこの写真では、
 露出補正:-1.17、
 ピクチャースタイル:ニュートラル
に設定して、通常の設定では赤が鮮やかに明るく写りすぎるのを抑えています。



一方、オールドブラッシュの方ですが、このバラは早春と晩秋以外の花は
残念ながらまったく見るべきものがありません。

もともとご近所で野生化していた株から小枝を1本持ち帰ったのが我が家に居つくことになった発端ですが、
元はと言えば、繰り返し咲きの遺伝子を初めてヨーロッパにもたらした原種バラ。
このバラの遺伝子を引き継いでいるバラはおそらく無数にあるのでしょうから、
近視眼的な見栄えだけで見ることはやめて、このバラの偉大さに想いを馳せようではありませんか。
(それにしてもブチャイクですが...)



新雪
昨日もご紹介した新雪。
階段の途中から同じ高さの目線で。



暑くなると殆どのバラは、花の寿命は極端に短くなり、
姿かたちも春に比べれば格段に落ちてしまいます。

2番花以降は早めに切るか、そもそも蕾の段階でピンチして株を充実させましょう、というのが常道ですが、
我が家の場合、バラゾウムシやコガネムシにかじられて明らかに傷んでいるもの以外は
できるだけ庭でそのまま咲いてもらっています。

何しろ夏には花が少ないもので...


暑い夏にエアコン点けずに働け、と言っているようで少々気が引けますが、
姿かたちがたとえスーパークールビズの「軽装」であったとしても、
ただただ健気に咲くバラの花たちには頭が下がる想いです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/28(火) 23:59:40|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏に向って

今日から暑くなるという予報でしたが、実際にはひんやりとして一時的には雨も。

ただ、湿度がとても高く、夕方からは蒸し暑さが増してきました。
どうやら今度こそ暑さが戻るのは本当のようです。


バラの2番花がポツリ、ポツリと咲く庭。

新雪
頭上では新雪が断続的に開花中。



クレマチス・プリンセスダイアナ
クレマチス・プリンセスダイアナ
ピエールのアーチに絡みながらまだ咲き続けています。
他のクレマチスはすべて終わってしまいましたが、まだ旺盛につるを伸ばしながら蕾を着けています。



ルリタマアザミ1
ルリタマアザミの蕾は引き続き成長中。



ルリタマアザミ2
開花が始まると、ボール状の蕾の上部分から瑠璃色の小さな花が咲き始めます。
開花までもう一息。



エキナセア・パープレア・アルバ
エキナセア・パープレア・アルバの開花が少しずつ始まりました。
宿根して2年目ですが、とても丈夫な夏の花です。

今年からピンクのエキナセア・パープレアも仲間入りしましたが、
こちらの蕾はまだ固く、まだ花びらは見えません。



ギボウシのシェードガーデン
いつものギボウシのシェードガーデンを別角度から。
様々な色、形の緑に交じって、地味ながらギボウシやヒューケラの花が立ち上がっています。



今日のところはここまでにしておきます。
続きはまた明日。お楽しみに。



冒頭にも書いたように、明日の朝からは暑くなり、また水やりが忙しくなりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/27(月) 23:59:56|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

束の間の涼しい一日

これまでの暑さがウソのような涼しい一日。
曇り空で湿度がかなり高く、気分爽快と言う訳にはいかなかったものの、
一日中ずっと22~23℃程度で一息つきました。



ジュリア1
そんな涼しさを待っていたかのように、ジュリアの2番花が開花しました。



ジュリア2
昨日の段階ではまだ蕾が閉じていたので、まさかこんなに早く開花するとは思いませんでした。
さすが「俊足」のバラ。
このバラ、本当は開きかけの姿が一番なんですが...。
明日の朝にはおそらく全開して、ややだらしない感じの平咲きになってしまいます。



カクテル
こちらは先日から2番花が開花し始めたカクテル。
明け方に小雨が降ったらしく、小さな雫を抱えています。



アルバメイディランドの枝変わり
少し遅れて咲き始めたアルバメイディランドの花が変です。
どうやら枝変わり(突然変異)のようで、花びらがバラらしからぬ細いひらひらになっています。
もう少し咲き揃ったらどんな感じになるのか、ちょっと興味津々です。



過しやすい気温に誘われたのか、虫たちが出現。
(虫が苦手な方は写真をクリックしないようご注意ください)

クモの巣と雫
【写真をクリックで拡大】
もみじ赤枝垂の葉の上の小さなクモの巣に雫がビッシリ。
よく見ると、葉陰に隠れてお屋敷の主が食事中。



キリギリス
【写真をクリックで拡大】
スモークツリー・ロイヤルパープルの葉の上でお休み中のキリギリス。
本人?は「葉隠れの術」で隠れているつもりかもしれないけど、思いっきり目立ってますけど。。。



クロアゲハ
大きなクロアゲハがタチアオイの蜜を吸いに現れました。
カラフルなキアゲハの幼虫にセリ科のミツバを食害されたことが何度もありますが、
クロアゲハの幼虫は柑橘類の葉が好物なので、我が家の庭は大丈夫です。



久々に休日にのんびりと写真撮影ができました。

バラ以外にも、少ないながら色々と咲いている花を写真に収めたので、日を改めてご紹介します。



この涼しさは今日限り。
明日からはまた暑くなりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/26(日) 23:59:05|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアコン始動

週末は庭仕事...

なんですが、とにかく暑い!
朝の水やりと、少々傷んだ花がら摘みなどをしているうちにあっという間に汗、汗、汗...

いつものように遅めに起き出して庭に出てみると、容赦のない暑さ。
あとで調べてみたら今日は8時には30℃を超えていたようです。


昨日も書いたように、小さめの鉢に植えられている乾燥に弱い植物などは、
一日でヘニャっと萎れかかっています。


暑さの中、花が終わった遅咲きのクレマチス、ジャックマニーやブルーエンジェルを一気に強剪定。
地際から2-3節あたりまで切り戻しました。



倒れたタチアオイの復旧
昨日まで吹き荒れた熱風で倒れたタチアオイも、元に戻してビニタイで支えてやりました。

フェンスのつるバラ、カクテルやウィリアムモリスには2番花の枝が次々と上がっているのに混じって
元気なシュートが何本か。

乱雑に天に向って伸びるシュートは見栄え的には決して良いとは言えませんが、
バラ好きにとっては思わずムフフ、となってしまいます。


フェンス手前のバラ花壇では、パットオースチンやロイヤルボニカなどのシュラブローズを
飲み込まんばかりの勢いで宿根草類がボリュームを増しています。



アジサイ・アナベル
階段では、先日HCで衝動買いしたアジサイ・アナベルが、
小ぶりながら開花が進んできました。

できればどこか場所を探して地植えしてやるつもりです。



ギボウシ・サガエ
同じく階段やシェードガーデンでは、次々とギボウシの花が開花中。
この花はサガエ。1m近い花茎の先端で咲いています。
前にも書いたように、それぞれの花は1日で萎れてしまいますが、
下から順番に、毎日2,3輪ずつ咲いていきます。



それにしても午前中は暑かった。

お昼に部屋に戻って、思わずエアコンをON。
シャワーを浴びて生き返りました。

Yahoo!電気予報や東電発表の電力使用状況のグラフによれば、まだ2割ほどの余裕があったので、
まあ、これくらいは許してもらいましょう。
28℃設定なので涼しさは今ひとつですが、まあ無いよりは遥かにまし。

因みに、東京電力の6月分の請求書(6月22日まで)を確認したところ、電力使用量は対前年比92.0%。
8%の節電ですが、今年はまだほとんどエアコンを使っていないので、
違いが出てくるのはこれからかもしれません。


お昼頃から曇り始めると、気温が25℃前後まで下がって過しやすくなりました。
こんなことなら、朝は水やりだけにして庭仕事は午後にやれば良かった、と後悔したものの、
エアコンを止めて、部屋の明かりを消して窓を開けた室内でのんびり。


これから夏に向けて、毎朝水やりの「苦行」が続きますが、
どうもこれから先が思いやられます。

今年は実際の気温以上に暑い夏になりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/25(土) 23:16:22|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

関東の猛暑

関東地方の内陸部では記録的な猛暑になりました。

埼玉県熊谷市では6月としては史上最高の39.8℃。


東北地方に北上している梅雨前線に向って南西からの風が強く吹き込んだ影響で、
奥多摩や秩父の山から吹き降ろした風がフェーン現象となって埼玉、群馬に熱風を吹かせたようです。

一方、南西の風が海から吹く横浜や千葉では大して気温は上がらず、横浜では30.6℃、千葉では29.9℃でした。


この猛暑の影響で東京電力の電力消費は91%のレッドゾーンに突入。
記録的猛暑にもかかわらず9%のマージンがあったのだから、
やっぱり原発がなくても案外大丈夫じゃないの?って意見もあったようですが、
オフィス、工場が密集する関東南部の暑さが大したことがなく、湿度も低めで幸いこの程度で済んだ、
というのが実態では。

いずれにしてもこれからの本格的な夏が思いやられます。


この暑さで、湿り気味だった庭は一気にカラカラに。

今朝の芝庭

ピシウム病に侵されていた部分の芝が白っぽく枯れて傷みが目立ちます。
全体的に芝の密度が一気に下がってしまいました。



倒れたタチアオイ
南西から吹き込む強い風の影響で、タチアオイが折れて倒れてしまいました。

他にもいくつか鉢が倒れて、割れてしまったテラコッタも。

乾燥した暑い風が吹き荒れた影響で、小振りの鉢植えで葉が大きく茂ったものの中には
萎れる寸前のものが多数発生。
梅雨明けまでに鉢増しをしてやらないといけません。



そんな中、つるバラ「新雪」の2番花第1号が開花しました。

新雪の2番花
暑さの影響であっという間に開花したため、春の1番花に比べてひと回り小振りのようです。



夜10時現在、横浜の気温は26.6℃
あまり下がる気配がなさそうなので、おそらく今晩は熱帯夜になりそうです。

エアコンはつけていませんが汗がジワっと噴き出してきます。
夜間は電気に余裕があるので、エアコンを点けたい誘惑に駆られますがどうしたものか。

なるべく暑さに強い体質になるよう今から鍛えていかないといけませんが。。。



最後に、春のバラシーズンの写真から。


ウィリアムモリス1
最盛期のウィリアムモリス 2011/5/17
導入4年目にして、遂に本格化。
見事な花つきになりました。



ウィリアムモリス2



ウィリアムモリス3

この2枚は、同じ花を違ったレンズ、アングルで。 2011/5/21
(撮影した時間帯は午後と夕方で少し離れています。)

(1枚目)
  EF-S 17-85mm f4-5.6 IS USM 焦点距離85mm f7.1  1/250s  ISO400

(2枚目)
  EF 100mm f2.8 Macro USM 焦点距離100mm f4  1/100s  ISO400


1枚目は、背後の蕾にもある程度ピントが合うように、f7.1まで若干絞り込みました。

一方、2枚目は、マクロレンズのボケを生かして、敢えて手前の蕾にピントを。
玉ボケも入って面白い写真に仕上がりました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/24(金) 23:51:11|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏至 ~ 真夏日到来

今日は夏至。
一年で昼間が一番長い日です。

因みに調べてみると、横浜の日の出は4:26、日の入りは19:00ちょうど。
昼の時間は14時間34分、夜が9時間26分ということなります。


そして、暦どおりに夏を思わせる暑さに。

横浜では最高気温32.2℃。
今年初の真夏日、30℃超えとなりました。


カクテルと青空、月
朝からスッキリと晴れ渡って、早くからジリジリと夏の日差しが降り注ぎます。

フェンスの上に伸びたカクテルのシュート。その向こうに広がる夏の青空には下弦の月が...



カクテル
そんな日に、カクテルの2番花が開花しました。
いつ見てもこの花は華やかです。



階段ではギボウシ・サガエの開花が始まりました。

ギボウシ・サガエの花

ギボウシはもともと日本原産だけあって、暑さ、寒さや多湿に滅法強く、
斑入り品種の一部が午後の強い直射日光でやや葉焼けし易いのを除けばまさに無敵。
欧米でperfect plantとも呼ばれるのも頷けます。



ギボウシ・サガエの花2

そんなギボウシの花は、さすがユリ科だけあって開花した姿はユリの花そっくりですが、
ひとつひとつの花の寿命は僅か1日。
別名Day Lilyとも呼ばれているようです。



夏至 ~ 1年で一番昼間が長い1日、
ということは、これから早くも日が短くなり始めるということでもあります。


今年はあの3.11以来、月日が過ぎて行くのがとても早く感じます。

一方、国会では8月31日まで70日間の会期延長が決まりました。
その会期末の頃と言えば、秋風が吹き始めてそろそろ秋のバラの剪定が話題になり始めている頃でしょうか。

厳しく暑い夏を節電でやっとこさ乗り切ったけれども
やっぱり遅々として何も進んでいなかった、
なんてことだけは勘弁していただきたいものです。


東北地方の夏は短く、また冬がやってくるのはあっという間なのですから。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/22(水) 23:42:38|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

初夏の青空復活

朝早くに少々雨が降りましたが、出掛ける間際には久々に薄雲越しながら青空が広がってきました。

ピエール・ド・ロンサール
青空に映えるつるバラ・ピエール・ド・ロンサール。

我が家の庭に新苗で迎えて4年目の今年、初めて返り咲きの蕾が多く上がってきました。




少々調べてみるとこのバラ、欧米では「夏、秋と絶え間なく咲き続ける」というような解説がついています。
北海道辺りでは夏や秋にも返り咲くそうなので、やはり今年は梅雨入りが早く
低めの気温が長く続いたことが、このバラ本来の性質を呼び起こさせたのではないかと...



クレマチス・プリンセスダイアナ
おなじアーチに絡んだクレマチス・プリンセスダイアナ。
地植えして2シーズン目の今年、抜群の花つきで次々と長く咲き続けています。


早朝の雨の雫が少し残っていましたが、今日、明日と初夏の日差しに恵まれれば
ずっと湿りっぱなしで日照不足気味だった芝や草木は、久し振りに一息入れられそうです。



バーベナ・リギダ・ベノーサ
バラ花壇では、今年の冬に植えたバーベナ・リギダ・ベノーサが次々と咲き始めています。

赤い葉っぱはパットオースチン。右奥ではクレマチス・ブルーエンジェルの花が終わりかけています。



日中は28.0℃まで上がって、まさに初夏の陽気でしたが、夜になってもあまり気温が下がりません。
まだ23℃以上をキープしていますが、どうやらこのまま殆ど下がらないまま
再び初夏の朝を迎えることになりそうです。


明日は夏至。
最高気温は30℃の予報が出ています。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/21(火) 23:59:23|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久々の日差し

今朝、ごく短い時間でしたが、薄雲越しに太陽が久々に顔を覗かせました。


久々の日差し

これだけ雨や曇りばかりが続くと、本当に太陽の光が恋しくなります。


あとで気象庁のHPで調べてみたら今日の日照時間は僅か0.6時間。
とにかくこのところずっと雨や曇り続きで、過去10日間の日照時間のトータルは僅か5時間余りで、
雨が降らなかったのは1日だけ。

これでは西洋芝に元気がなくなるのも致し方ないと言ったところです。



少ない日差しの中ではあるものの、植物は着実に成長を続けています。

新雪
つるバラ「新雪」は2番花の蕾がたくさん上がっています。



アルバメイディランド
遅咲きのアルバメイディランドですが、このバラは1番花が開花中に2番花の花枝や蕾が成長するので、
2番花はトップバッターで開花中です。

下に見える元気なシュートは安曇野のベーサルシュート。



階段のサガエの花とギボウシ
階段ではギボウシ・サガエの花が開花目前です。

下に見える青系はハルシオン、覆輪が広いのはリバティ。
リバティはサガエの芽変わり(突然変異)品種と言われています。



ギボウシのシェードガーデン
階段下のシェードガーデンでもギボウシに花枝が上がっています。
大型のフランシス・ウィリアムズは株の直径が楽に1mを越えています。

5年ほど前に植えつけた頃はスカスカでしたが、いまや手狭になって、
ギボウシ同士の日光争奪戦が始まっています。

ライムグリーンの中型品種、フレグラントブーケの左手前に
小型の覆輪品種、ゴールデンティアラがあるのですが、
最前列の緑のレモンライムに飲み込まれてしまいそう。
来期は少し移植してやらないといけないかもしれません。



夜遅くになって、また雨が降り始めました。
朝のうちには止んで、明後日にかけてはどうやら一時的に梅雨の中休みになりそうです。

ただ、節電の中、ちょっと暑くなりそうなのが心配です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/20(月) 23:59:08|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

つるアイスバーグの剪定

朝から曇り空の一日。

雨が続く中での貴重な週末。今日はもっぱら庭のメンテナンスに時間を割きました。


本日最大の懸案は、オベリスクのつるアイスバーグの剪定。

我が家のオベリスクは高さ約2.5mですが、ここに絡ませているつるアイスバーグはフロリバンダの枝変わり。
枝の成長が旺盛な代わりに、春だけの一季咲きです。
このバラは株元からのシュートが出にくく、放任して成長に任せると新しい枝は高い位置に集中してしまい
腰高になり易い傾向があります。

つるアイスバーグ 剪定前
写真は剪定前。
オベリスクの頂上付近に新しい枝が集中して、オベリスクの構造物が完全に隠れてしまっています。

このまま放置すると、オベリスクの頂上より上ばかりに新しい枝が成長し、
来年春の花は高い位置に集中してしまうことになります。



そこで、来年あまり期待できない細い枝はすべて切り落とし、
太く長く伸びることが期待できそうな枝だけを残します。



つるアイスバーグ 剪定後
思いっきりスッキリしました。
ちょっとスカスカ過ぎるようにも見えますが、秋までに伸ばす枝を絞り込んで、
メインとなるべき枝になるべく栄養を集中させます。

この時期のこういう剪定は、一季咲きのつるバラだからこそ出来るもので、
来年の春、如何にして元気な花を多く咲かせるか、という観点から逆算して、
残すべき枝を絞りこんでいきます。

判断基準はそんなに難しいものではなくて、秋までに太くて長い枝に成長してくれそうな枝、
それもなるべく低い位置から伸びているものを優先して残します。


因みに、四季咲きのつるバラや、株元からベーサルシュートが伸び易いつるバラの花後の剪定は、
こういう思い切った剪定ではなく、原則的に花が咲いた枝を半分弱まで切り戻して残すだけ。



続いて、芝刈りです。

今日の芝刈り
まだ昨日の湿気がたっぷりと残っていましたが、一気に刈りました。

22mm高で刈ってから、殺菌剤を散布。

  ロブラール(イプロジオン)
  タチガレン(ヒドロキシイソキサゾール)

昨日、傷みが目立つ部分に緊急に散布した薬剤と同じものを500倍液肥とともに散布しました。


夜間の気温が20度、湿度90%を超えて湿った状態が10時間以上継続するとピシウム菌が繁殖し始めます。
ピシウム病は、芝がベッタリと倒れたと思うと一気に茶色く腐り始める病気。
水はけがあまり良くない我が家の庭では、ピシウム病が最も厄介で、
毎年梅雨から夏にかけて芝がかなり傷んでしまいます。

今年は梅雨が長くなりそうですが、果たして秋まで芝が持ち堪えてくれるかどうか。



あと、遅咲きのバラも終わりを迎え、スーパーエクセルサやザ・フェアリーも
大部分の花がらを切り戻しました。

これでいよいよ今年の春のバラシーズンはお仕舞い。
完全に夏の庭に向けてバトンタッチです。


花が少ない我が家の夏の庭ですが、これは期待が持てそうです。

ルリタマアザミ
ルリタマアザミ

蕾がかなり膨らんで、百円玉ほどの大きさになってきました。
最終的にはピンポン玉ほどの大きさで開花しますが、今年は植え付けから2シーズン目。
去年は3輪ほど咲いただけでしたが、今年はかなり大株に育って、どうやら10輪程度は期待できそうです。




さて、今日も春の庭から。

ジュビリーセレブレーション1
ジュビリーセレブレーション 2011/5/21
今日の写真はジュビリーをメインに。

EOS Kiss Digital X
EF-S 17-85mm f4-5.6 IS USM
焦点距離: 22mm
f10 1/30s ISO400 EV:0



ジュビリーセレブレーション2

EOS Kiss Digital X
EF 100mm f2.8 Macro USM
焦点距離: 100mm
f2.8 1/500s ISO400 EV:0



ジュビリーセレブレーション3

EOS Kiss Digital X
EF 100mm f2.8 Macro USM
焦点距離: 100mm
f2.8 1/400s ISO400 EV:+0.33



週明けからは曇りや一時雨の予報がずらり。
明日は曇りで、どうやら午後にひと雨あるようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/19(日) 23:55:32|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雨、雨、雨、雨、雨、・・・

週間天気予報には雨マークがずらり。
次の週末までずっとこんな天気が続きそう。

今日も、午前中こそ曇っていたものの、午後からは雨が降り出しました。


連日の出張疲れもあってかなり朝寝坊したので、結局庭のことはほとんど何も出来ずじまい。


雨が降り出してから、しっとりと濡れた庭を恨めしく眺めるばかり。

雨の庭1
ピエール・ド・ロンサールのアーチも、たっぷりと雨水を溜め込んで重たそう。
左側から伸びたニュードーンのシュートが、自らの重みに耐えかねてアーチ状に倒れ掛かっています。



雨の庭2
残った数少ない花は、どれも太陽の光を求めて背を向けていますが、
果たしてお日様を望める日はいつやって来るのやら。



西洋芝もかなり厳しい状況になってきました。
明日、雨が止めば芝刈りと薬剤散布の予定でした、明らかに病気が広がり始めているので
雨を承知で緊急に殺菌剤を傷み始めた部分限定で散布しました。
(散布薬剤)
  ロブラール(イプロジオン)
  タチガレン(ヒドロキシイソキサゾール)

明日、芝刈り後に改めて同じものを全面散布します。



さて、今日も引き続いて、今年の春のお気に入り写真から。

今日は少し趣向を変えて、同じ被写体を、光線、レンズ、絞り、構図違いで。


セプタードアイル1
セプタードアイル(ER)2011/5/21

まず、直射日光下で撮影した写真から。
EOS Kiss Digital X
EF-S 17-85mm f4-5.6 IS USM
焦点距離: 80mm
f5.6 1/1600s ISO200 EV:0
WB: Auto ピクチャースタイル(PS):スタンダード
コントラスト:0
Digital Photo Professional

直射日光の順光下では、どうしても写真のコントラスト(明暗差)が強すぎて
硬い感じの絵になってしまいます。


次は、時間が進んで同日の晴天下、マンションの建物の陰に入った状態で。レンズは同じ。

セプタードアイル2
EOS Kiss Digital X
EF-S 17-85mm f4-5.6 IS USM
焦点距離: 85mm
f5.6 1/800s ISO400 EV:0
WB: Auto PS:スタンダード
コントラスト:0
Digital Photo Professional

コントラストが下がって、全体に柔らかな雰囲気になりました。
背景のクレマチスやオステオスペルマムはよくボケていますが、まだ輪郭が若干感じられます。



そして、ほぼ同じ構図を100mmマクロで。

セプタードアイル3
EOS Kiss Digital X
EF 100mm f2.8 Macro USM
焦点距離: 100mm
f2.8 1/2000s ISO400 EV:0
WB: Auto PS:スタンダード
コントラスト:0
Digital Photo Professional


2枚目と3枚目はそれほど変わらないようにも見えますが、
焦点距離や開放絞り値の違いで、後ろのクレマチスなどの輪郭がかなりボンヤリになりました。
一番手前の花のボケ具合もだいぶ違っています。

ただ、引き気味の写真では、マクロレンズの本当の良さが今ひとつ引き出せていません。


という訳で、マクロ100mmでもう一枚。

セプタードアイル4
EOS Kiss Digital X
EF 100mm f2.8 Macro USM
焦点距離: 100mm
f4.0 1/640s ISO400 EV:0
WB: Auto PS:スタンダード
コントラスト:0
Digital Photo Professional

これぐらい寄ると、だいぶマクロらしくなります。
ただし、ピントが合う領域(奥行き)はかなり狭くなります。
この写真では、絞りをf4まで絞って、あまりボケすぎないようにしました。


そして、最後にもう一枚。

セプタードアイル5
EOS Kiss Digital X
EF 100mm f2.8 Macro USM
焦点距離: 100mm
f2.8 1/320s ISO400 EV:0
WB: Auto PS:スタンダード
コントラスト:0
Digital Photo Professional

横からやや引き気味でのショットですが、背景のバラやラムズイヤーまで距離があるので
ボケが一層柔らかくなり、手前の花の前ボケも相俟って、庭の広がり、奥行きが感じられます。


この日は、我が家のバラが最盛期を迎えた日で、1日で200枚弱を撮影しました。

他にも当日ご紹介し切れなかった奇麗な花、写真が多く、構図違い、レンズ違いなども沢山あるので、
写真のお勉強の意味も込めながら、日を改めてご紹介していきます。



明日は若干の日差しが出ることもあるかもしれない、という予報ですが、
全体的には曇りで、いつ雨が降ってもおかしくないような感じです。

なんとか芝刈りと、芝、バラへの薬剤散布が出来ればいいのですが...



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

  1. 2011/06/18(土) 23:59:39|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

今日も雨

今日も朝からずっと霧雨が降り続きました。

一時は空梅雨気味でしたが、だんだんと梅雨らしくなってきたようです。


雨の朝は仕方がないので軒下のテラスから。

テラスより1

ジュリアの2番花の蕾が伸びてきました。

背後はギボウシのシェードガーデン。



つるアイスバーグ
つるアイスバーグ
こちらは一季咲きなので蕾はありません。



今日の西洋芝1
西洋芝は一見、青々としていますが...



今日の西洋芝2
気温が20℃前後以上の状態で雨が長く続くと、だんだんと厳しくなってきます。
踏み付けが多い場所を中心に、芝が融けたように腐ってきます。
この時期以降に多いピシウム病じゃないかと思われます。

土日のいづれかで殺菌剤を散布しないと。



さて、だんだんとリアルタイムな写真はネタ切れ気味になってきました。

そんな訳で、これからは順次、今年の春シーズンに撮影した大量の写真の中から
お気に入りのものをアンコールで選りすぐってご紹介していこうと思います。


第一弾は、定番の「雫もの」から。

黒蝶
黒蝶(FL) 2011/5/11
EOS Kiss Digital X
EF100mm f2.8 Macro USM
f4.0 1/50 ISO400 EV:-1.67
WB: Auto ピクチャースタイル(PS):ニュートラル
コントラスト:+1
Digital Photo Professional


ローテローゼ
ローテローゼ(HT) 2011/5/11
EOS Kiss Digital X
EF100mm f2.8 Macro USM
f4.0 1/25 ISO400 EV:-1.33
WB: Auto PS:ニュートラル
コントラスト:±0
Digital Photo Professional


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/17(金) 23:59:37|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2番花に向けて

午後から雨が降り始めました。

ここ暫く梅雨らしい天気が続きそうな雲行きです。

一部の遅咲き品種を除いてバラの花がほとんど終わってしまったことは先日来ご紹介しているとおりですが、
ここに来て二番花に向けての新しい枝の成長が著しくなってきました。


カクテルのシュート
カクテル
旺盛に枝を伸ばしています。
一部のシュートがフェンスの金網をくぐってしまったので、暫くはそのまま育てて、
枝が固まる夏~秋以降に抜き取ってやろうと思っています。



新雪
新雪には早くも2番花の蕾が膨らみ始めています。



つるアイスバーグ
つるアイスバーグ
オベリスクの先端付近に新しい枝がびっしり。
一季咲きなので花は咲きません。

このままだと腰高になってしまうので、できれば今度の週末にでも
低い位置から伸びているシュートのみ残して、オベリスクの高さ2/3程度まで
切り戻そうと目論んでいます。



アーチのピエール・ド・ロンサール1
アーチのピエール・ド・ロンサール。
本来一季咲きのバラですが、今年は返り咲きが目立ちます。
新しい枝の幾つかにも小さな蕾が見えています。
今年の梅雨は涼しい日が多いことが影響しているのかもしれません。

空に向かって伸びているクレマチスは、プリンセスダイアナ。



ピエール・ド・ロンサール2
返り咲いたピエール。
雨で花に少し傷みが見られます。

おっと!チュウレンジバチの幼虫が葉を食い荒らしています。
葉を毟り取ろうとも思いましたが、花枝に葉が少なくなってしまいそうなので
急遽、オルトランをスプレーしました。



鉢バラにも数はそれほど多くありませんが次々と2番花の蕾が上がり始めています。
そちらの様子はまた日を改めて。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/16(木) 23:43:02|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

出張帰り

出張から戻りました。
今度の出張は大阪、広島へ。

大阪では、朝起きてからホテルのチェックアウト前に近くの中ノ島周辺を小一時間ほど歩いてきました。
中ノ島はご存知のように大阪のビジネス街のど真ん中、堂島川と土佐堀川に挟まれた細長い中州で、
その東端の部分が公園(中ノ島公園)になっています。


中ノ島公園のバラ園1
公園内にはバラ園が。



中ノ島公園のバラ園2
残念ながら花はほとんど終わっていましたが、一部にまだ遅咲きの花が残っていました。



中之島公園のつるバラ1



中之島公園のつるバラ2
川沿いの遊歩道にもつるバラがたくさん植えられていました。



「きまぐれバラ園へようこそ」のバジルさんがバラの剪定、誘引やガイドなどのボランティアをされていて
ブログで紹介されていたので朝の散歩がてら立ち寄ってみたのですが、
思っていた以上に小奇麗で広々とした公園でした。


殆どの花が終わってしまっていたのは残念ですが、朝の仕事前、いいリフレッシュになりました。




今回の出張では広島にも行きましたが、中学校の修学旅行以来ウン十年ぶり。


広島・平和公園
仕事の合間に少しだけ時間を見つけて平和公園に立ち寄ってきました。



原爆ドームとバラ
原爆ドームの川向い、平和公園の一角にバラ花壇が。
こちらは、思った以上にバラがまだたくさん咲いていました。

因みに、この写真の左下隅付近に咲いているクリームイエローにピンクの覆輪のバラは「ピース」。
第二次大戦下、フランシス・メイアンの手により作出されたこのバラ。
ドイツ軍の侵攻を受け陥落寸前のフランス・リヨンで、
一本の苗木が本国に脱出するアメリカ領事の手に託されました。

この苗木は無事アメリカに渡り、友人のバラ栽培家の手許に届き、
その後、1945年のベルリン陥落、終戦に因んで"PEACE"という名が与えられました。
以後、このバラは世界平和を象徴するバラとして一世を風靡し、世界の人々に愛されたそうです。



ところで原爆ドームですが、福島原発のイメージに重なってとても複雑な気持ちになりました。
核兵器である原爆と平和利用の原子力発電を同列で扱うべきではありませんが、
やはり日本人としては大いに考えさせられます。


また、今回の出張で印象的だったのは、大阪の街が明るいこと。
東京はどこへ行っても薄暗くて気分が沈みがちになりますが、
梅田の地下鉄の駅や地下街は明々としていていました。

関西地方も15%の節電要請が出たようですが、無ければ無いで多少薄暗かろうが、冷房が弱かろうが
日常生活は何とかなるにしても、果たしてこれで日本の産業が成り立つのか心配です。

工場がまともに操業できず結果的にアジアなど海外に出て行ってしまうと、
日本人の食い扶持がなくなってしまう訳で、とても日本という国がまともに成り立っていくとは思えません。

脱原発の方向を決めたドイツ、イタリアは陸続きで、フランスから原子力の電気も輸入できますが
島国の日本はそうも行きません。


原発は長い目で見て減らしていくべきだとは思うものの、太陽光や風力に直ちに頼るのはとても無理。
火力発電はエネルギー価格の高騰とCO2による温暖化の問題を抱えています。
原子力を直ちに止めて済む問題とは到底思えないので、ここはそれぞれ様々なプラス・マイナスを
十分納得ずくで考えていくべきなんだろうと思います。



今日は最後に、偉大なバラ"PEACE"を世に送り出したフランシス・メイアンに敬意を表して、
夫人のマリー・ルイーズ・メイアン作出のピエール・ド・ロンサールでお別れです。


ピエール・ド・ロンサール
2010/5/22



ピエール・ド・ロンサール2011/5/21
2011/5/21



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/15(水) 23:59:11|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

梅雨の雨上がり

昨夜遅くから降り出した雨は朝方には上がりました。

このところの状況と大きく変わりはありませんが、雨上がりの写真を何枚かご覧ください。


アーチの様子
ピエール・ド・ロンサールのアーチ。
花が終わるのは時間の問題ですが、新しい枝の赤い新芽が目立ち始めました。



クレマチス・プリンセスダイアナの蕾
アーチに絡んだクレマチス・プリンセスダイアナが、まだまだ元気に成長中。
蕾が次々と上がり、花もどんどん開花が続いています。



スーパーエクセルサ
階段脇の生垣に寄り掛かるようにスタンダードにしたスーパーエクセルサ。
日当たりが今ひとつなので花数は控えめですが、
階段のギボウシや山アジサイなどとの相性はかなかなかいい感じ。



ヒペリカム・トリカラー
階段下での寄せ植えのヒペリカム・トリカラーの蕾が膨らんできました。



ギボウシ・アビクア・ドリンキングガード
すぐ脇のギボウシ・アビクア・ドリンキングガードには、雨水が溜まっています。

ドリンキングガードとはアメリカインディアンがヒョウタンの実で作る「ひしゃく」のこと。
このギボウシならではのユニークな葉の形状です。



バラがまもなくすべて終わります。

そうなると毎朝の写真の被写体がかなり減ってしまいますが、
梅雨~夏に向けて少しずつ成長、変化していく緑の様子をを中心に
毎朝の様子を順次お届けしていきます。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/13(月) 23:59:02|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨が止んでいるうちに

曇ってムシっとする一日。
昨日の雨は何とか乾いて、芝刈りも何とかOK。


今の時期、うちの西洋芝は1週間で5センチほど伸びるので、
毎週刈らないと、蒸れてしまい病気の温床にもなってしまいます。

いつものように22mm高でカット。
芝刈り機のバケットがすぐに満杯になってしまいました。

今日の芝庭
夕暮れ時の芝庭の様子。
この写真、実際はかなり薄暗い中、三脚を立てて撮影しています。
窓からこぼれた部屋の明かりにほんのり照らされている様子から、その暗さが分かっていただけると思います。

芝は一応全面緑で覆われていますが、地面近くには病気がくすぶっていて、若干枯れが混じっています。
梅雨時なので仕方がないですが、夜の気温が20度を超え始めるこれからが正念場です。

今夜から明日にかけて強い雨が予想されることも考慮して、今回は殺菌剤の散布は見送りました。



バラの花がらをどんどん切り戻しました。

アンジェラ
アンジェラは、一部残っていた花もすべて切り戻しました。
左手前のつるアイスバーグは一足先に切り戻したので、すでに新たな芽が成長を始めています。


写真には収めませんでしたが、写真右のピンクの安曇野のさらに右側、アルバメイディランドも
房咲きになった小輪の花がらをすべて切り落としました。

我が家のバラのひと回り目で今もしっかり残っているのは、安曇野、スーパーエクセルサ、
ザ・フェアリーのみとなりました。


新雪
新雪にはすでに次々と新しい枝が伸び始めています。



コブシの剪定
コブシの木が茂りすぎていたので、剪定しました。
6月は花芽形成期なので本当は5月までに切らないといけないのですが、
芝の肥料を横取りしているのか、とても成長旺盛で、このままでは庭の日当たりが妨げられるので
春の花が減ることを承知の上で思い切ってボリュームを減らしました。



コブシの剪定2
これだけ切り落としました。
少しスッキリして、芝庭への日当たりは多少改善されたんじゃないでしょうか。



ギボウシ・フランシスウィリアムズ
シェードガーデンのギボウシ・フランシスウィリアムズ。
シェードガーデンといっても1~2時間程度は日が当たった方が生育は良くなります。
コブシの剪定で、上空が少し明るくなりました。
夏至近くの高い日差しが短い時間ですが届き易くなりました。
花芽が伸び始めています。




リシマキア・リッシー
同じくシェードガーデンのリシマキア・リッシー(リシマキア・コンゲスティフローラ)。
リシマキアには共通の黄色い花が咲き始めました。



斑入りドクダミ
斑入りドクダミ
かわいい白い花が咲き始めました。



バラの花が一段落して、これからはますます葉の緑をご紹介する機会が増えてきます。

あちこちに色んなのが植わっていているので、今後も気の向くままに順次ご紹介していきます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/12(日) 23:47:38|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅雨空

夜中から降りだした雨は、かなりしっかりとした雨になり、
お昼過ぎになってようやく上がりました。

雨が上がったと言っても時折小雨がぱらついて、結局一日中ジメジメ感は解消されませんでした。


今日は大震災からちょうど3ヶ月。
午前中は庭に出られないので、テレビで震災関連の特番などを観て過しました。

被災現場で頑張っている方々の姿に感動する一方で、政治の世界は一体何をやっているのか。
書きたいことは山ほどありますが、そういう性格のBLOGではないので止めておきます。

ただ、自戒も込めて一言だけ言わせてもらうと、

「もう何でも人のせいにするのはやめませんか?」

人のせいにして世の中良くなるなんてことがある訳がない。

「自分ならどうするか、何が出来るか。」

簡単そうでなかなか出来ないことですが、ひとりひとりが常に心掛けていきたいものです。



ということで、その話はこの辺にして、梅雨空の下の庭の様子です。


クレマチス・ジャックマニー
クレマチス・ジャックマニー
雨に打たれてもそれほど傷むことなく次々に開花しています。



ザ・フェアリー
ザ・フェアリー
最後に満開になった小輪のバラ。



タチアオイ(ホーリーホック)
タチアオイ(ホーリーホック)
シンプルな一重。
本当は八重のが欲しいのですが。。。



黒蝶
黒蝶
さすがに雨が続くと傷んでしまいますが、少々の雨なら全然平気でとても長持ちします。



ピエール・ド・ロンサール
ピエール・ド・ロンサール
雨にも傷みにくいですが、おそらくこの週末で終わりでしょう。



雨が止んでから、傷んだバラの花がらを落とし始めました。

アンジェラは完全に終わり、ニュードーンもこの雨で9割以上が終了。
アルバメイディランドも傷み始めたので、房咲きの花を傷んだ順に切り落とす作業に着手。

アルバメイディランドだけでも大量に花がらが出ます。
あっという間にゴミ袋が満杯に。

日が暮れて作業は一旦中断しました。


明日は曇りで、雨は何とか大丈夫そうです。
やり残した作業を明日も続けます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/11(土) 23:59:44|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

渋好み?

先日、空梅雨気味なんて書いたら、さっそく夜になってポツポツと雨が降り始めました。

と言っても、週に一二度雨が降る程度ならそれほど梅雨って程でもありません。
ただまあ、何でよりによって週末なの?って気はしないでもないですが...



今日は朝から曇りがちで、バラも終わりかけていることから、
自然とレンズは梅雨に向かって変化している庭の様子に向きました。


階段の日陰側
階段の南側、生垣によって半日陰になっている部分。
青葉のギボウシ・ハルシオンが大きく展開しています。

上段奥の方にはサガエも見えています。



ヤマアジサイ・藍姫
ヤマアジサイ・藍姫
以前にも書きましたが、わがふるさと徳島の原産です。

右側の寄せ植えは、斑入りノブドウ、ヒューケラ・シナバーシルバー、
斑入りセキショウ、斑入りヘデラ(アイビー)。

とても渋めの雰囲気が漂う一角です。



渋いと言えば、フェンス前の花壇ではこんな花が...

ニゲラ・アフリカンブライイド
ニゲラ・アフリカンブライド Nigella papillosa 'African Bride'

「アフリカの花嫁」とはうまく名付けたものです。
開花直後なので蘂の部分がまだ小さく色も薄めですが、咲き進むに連れて黒く大きく展開します。



ユーフォルビア・ブラックバードと西洋ハシバミ・パ-プルマジェスティ
こちらも渋い銅葉の組み合わせ。
ユーフォルビア・ブラックバードと雲竜枝の西洋ハシバミ・パ-プルマジェスティ。



リシマキア・ミッドナイトサン
そして銅葉のグラウンドカバー、リシマキア・ミッドナイトサンが一斉に開花しました。



黒蝶
やや遅れて開花した黒蝶。
こちらも昨日のピエール同様、ブラインドを4月中に切り戻したため開花が遅れたようです。

ほとんど終わってしまったテラス前のバラ鉢の一角で、ポツンと渋い花を咲かせています。



やっぱり緑が濃い梅雨の季節には、渋い花や葉が似合うようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/10(金) 23:59:54|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

最後のひと頑張り

アーチの肩の部分に1ヶ月近く遅れて咲き始めたピエール・ド・ロンサールが3輪。

ピエール・ド・ロンサール

梅雨の中休みの晴れ間に満開になりました。



ピエール・ド・ロンサールとプリンセス・ダイアナ
確か、春先にブラインドが出て切り戻したんじゃなかったかな?
という気がしますが、あまり記憶が定かではありません。

もともとほぼ一季咲きのバラだけに、ちょっとしたご褒美なのかもしれません。

クレマチス・プリンセスダイアナとの競演も良い具合になりました。


背後のフェンス前では、背の高いタチアオイ(ホーリーホック)が下から上へと順に開花しています。



階段の上で満開の小輪のバラ
朝の眩しい日差しの中、階段の上の小輪のバラは満開。



スーパーエクセルサ
スーパーエクセルサは、房咲きになってビッシリ。



ザ・フェアリー
一番最後に咲いたザ・フェアリーも満開に。



これで我が家のほぼすべてのバラがひと通り出揃いました。

週末は雨模様になりそうなので、これで今年の春のバラもいよいよ見納めとなりそうです。



あとは、最後のひと頑張りを見守ってやるばかりです。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/09(木) 23:59:54|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

出張続き

このところ毎週のように出張が多くなり、庭を留守にする機会が増えました。


今週も昨日、今日と出張で、今晩帰ってきました。
たった1泊庭を留守にしただけですが、明日の朝、庭の様子がどう変わっているかが楽しみです。

実は梅雨時の出張は、あまり水やりの心配をしなくても良いので気が楽なのですが、
今年の梅雨は、最初に大量に降ったものの、それ以降は雲は多めながら、雨は案外それほど多くありません。

まだしばらく出張が多い状況が続くので、そろそろ久し振りに自動水やり機の作動テストをしておかないと
不味いかな、と思い始めています。

因みに去年は一度も水やり機を使いませんでした。



そんな出張続きの中、火曜日の朝、出張前の庭の様子です。

フェンス前の様子
バラの花はめっきり減って、その分緑が濃くなりましたが、
あっという間にタチアオイ(ホーリーホック)の花が咲き始めています。



ピエール・ド・ロンサール
アーチのピエール・ド・ロンサールですが、4月にブラインドが出てピンチをした枝に
少し遅れて花が咲き始めました。

本来一季咲きでほとんど返り咲きすることがないつるバラですが、
結果的には返り咲きに似たような効果が出て、少し得した気分です。



階段のバラ
階段のバラ。

終盤を迎えつつはあるものの、相変わらず安曇野が頑張っています。



そして僅かに残ったアンジェラに絡むように、
遅咲きのクレマチス・ブルーエンジェルの開花が本格化しつつあります。

アンジェラとクレマチス・ブルーエンジェル



アンジェラとクレマチス・ブルーエンジェル2
アンジェラとクレマチス・ブルーエンジェル



クレマチス・ブルーエンジェル
ブルーエンジェルは、ジャックマニー系、花径8cmほどの中輪品種。
ひらひらとフリルが入った花が次々と開花しています。



今朝、横浜でも雨が降ったようで、今度の土日も雨になるという予報が出ていますが、
それ以外は案外良い天気が期待できそう。


今年は当初の心配とは違って、どうやら東日本から北日本にかけて
やや空梅雨気味に推移しそうな気配が出てきたようです。

それはそれで、出張で留守中の水やりが心配になったり、
ダムが干上がって水力発電が出来なくなったりするのは不味いのですが...



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/08(水) 23:59:22|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初夏の庭 3

今日も暑くなりました。

最高気温は28.4℃。
真夏日も視野に入るほどの暑さで、お昼に食事に出掛けたときは、
思わず日陰を選びながら歩くほどでした。


庭では、バラやクレマチスが見頃の終盤を迎え、全体としては花数が減り
その代わりに緑のボリュームがみるみる上がって、
春から夏の庭へと切り替わりつつあります。


バラは最後のひと頑張り。

スーパーエクセルサ
スーパーエクセルサ



ニュードーン(2011/6/5)
ニュードーン(2011/6/5)
どんどん散り始めていますが、まだまだ満開を維持しています。



ウィリアム・モーリス(2011/6/5)
ウィリアム・モーリス(2011/6/5)
整った花が次々と見事に咲き競いましたが、もう数輪を残すのみとなりました。
前ボケはクレマチス・プリンセスダイアナ。



ジャックマニー
昨晩の雨に雫を蓄えたクレマチス・ジャックマニー。
少し傷んでしまった花に朝日のスポットライトが透過して美しく輝いていました。



日陰では、緑がますます濃さを増しています。

ヤブソテツとヒューケレラ・サンスポット
シェードガーデンのヤブソテツとヒューケレラ・サンスポット。



サガエの花芽
ギボウシ・サガエに花芽が上がってきました。



例年よりかなり早い梅雨入り早々、台風の影響で雨が降り続きましたが、
その後は比較的短時間の雨が降る程度で、まずまず天気は安定しています。

今週も週末までは雨は少なそう。
バラやクレマチスの「最後のご奉公」が存分に楽しめるなら
毎朝の水やりはそれほど苦にはなりません。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/06(月) 23:59:11|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

初夏の庭 2

今日も27.0℃の夏日。

日が差していた午前中は結構暑かったですが、午後から曇ってきたので少し楽になりました。


今日は午前中、テレビを見たりしているうちにお昼近くになり、やや翳り始めてから始動。

まずは予定通り西洋芝の殺菌剤散布から。

 ダコニール(TPN)
 オーソサイド(キャプタン)
 アリエッティ(ホセチル)

を混合して液肥500倍+尿素0.5g/Lとともにジョウロ散布。


踏み付けの多い部分や、日当たりの悪い部分で少々傷みが目立ち始めていますが、
全体としては何とか緑を維持しています。


午後からは、やり残したバラの花がら切りなどを済ませてから写真撮影。


昨日に続いて、初夏の庭の様子をご紹介します。


今日は、まず、クレマチスの様子から。

クレマチス・ジャックマニー
ジャックマニーが満開。
去年の春、チビ苗で入手して今年で2年目。
かなり充実してきました。
多花性で、まだ次々と蕾が上がっています。

シックな紫の花色は、バラのピンクやアプリコットなどとは好相性。
開花時期がやや遅めなので、我が家の場合、やはり階段付近に配置するのが良さそうです。



ブルーエンジェル2
ブルーエンジェルが開花しました。



ブルーエンジェル1
こちらも遅咲きですが、今年は特に遅くなりました。
残念ながら、周りのアンジェラはほとんど切り落とし済み。

若干残ったアンジェラと、終盤ながらまだ満開が続く安曇野と何とか競演です。



こちらはアーチのプリンセス・ダイアナ。

プリンセス・ダイアナ
先日の雨で開花中の花は一旦全滅しましたが、蕾から再び復活。

背景のピンク色はテラス前の夢乙女。



プリンセス・ダイアナ2
アーチのピエールとのコラボには何とか間に合いましたが、ピエールが先に終わってしまいました。



ジュビリー・セレブレーション
こちらは、少しだけ残ったジュビリー・セレブレーション。



背景の輝く穂が気になりますが、

ホルデューム・ジュバタム
ホルデューム・ジュバタム
別名、タータンムギと呼ばれる観賞用の麦。
昨年の冬に苗で購入して宿根化していますが、昨年の鑑賞後に採種したタネを秋に蒔いて殖やしました。

今年は庭のあちらこちらで穂を揺らしています。



アリウム・ギガンチウム
アリウム・ギガンチウムが開花しました。

紫色の巨大な葱坊主ですが、今年は植えた場所の日当たりが少し悪く、
葉の大部分が傷んでしまい、花も小ぶりのものが1個だけ。

来年は少し植え場所を見直すか、鉢で管理する必要がありそうです。



そして、本日分最後はタチアオイ(ホーリーホック)。

タチアオイ(ホーリーホック)
昨日、大きく成長した株の先端部分をご紹介しましたが、腰の部分で開花が始まりました。

最近出回っているのは、豪華な八重の花のものが多いですが、
これはシンプルなピンクの一重咲き。

ここに引越してきた最初の秋に種まきした株が宿根化しました。
夏の暑さに強く丈夫ですが、とにかく大型化します。


今日のところはここまで。


夜になって少し雨が降りましたが、通り雨ですぐに止んだようです。
週半ば頃にも再度崩れそうな予報ですが、ずっと降り続くことはなさそうです。



週末に撮り溜めた初夏の庭の写真は、明日以降も順次ご紹介していきます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/05(日) 23:59:16|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

初夏の庭

今日は1日青空が広がり、初夏の暑さとなりました。

横浜の最高気温は26.8℃。
約2週間ぶりに夏日に。


階段のバラ
階段の上の遅咲きのバラがほぼ満開に。
初夏の青空の下、ニュードーンやスーパーエクセルサ、アルバメイディランド、安曇野などが競演しています。



既に終盤を過ぎつつあるバラの方は、傷みが目立った花がらや、花びらがこびりついて腐った葉が乾いたので
どんどん切り戻してサッパリさせました。

夕方には、庭中のバラに殺虫殺菌剤ベニカX(ペルメトリン、ミクロブタニル)をスプレー散布。
花が終わったバラの一部に黒点病の発病が目立ち始めました。油断は禁物です。



芝の方も、2週間ぶりに芝刈り。

芝刈り後の庭
10cmほどまで伸びてしまった芝を22mm高で刈りましたが、刈り取った芝はバスケットから溢れるほど満杯に。

あとからエッジ部分を手刈りしてスッキリしました。

芝が湿りっぱなしで、日照もあまり良くなかったので、所どころにブラウンパッチや
ダラースポットなどの症状が見られ、黄変しかかった芝も少なくないので、
芝の状態としてはだんだんと予断を許さない状況になりつつあります。

今日は午前中に芝刈りを済ませ、風通しをよくして乾燥させることを優先しましたが、
明日には梅雨に向けた病気対策として殺菌剤を散布する予定です。



芝刈りと花がら切りが取り敢えず一段落した初夏の庭を写真に収めました。


タチアオイ
フェンスの高さを超えて成長したタチアオイ。
宿根化している何の変哲もないタチアオイですが、その立ち姿は日本の夏を感じさせます。



シェードガーデンと安曇野
シェードガーデンとウィーピングスタンダードの安曇野。

ギボウシが見事に展開しています。
大型のフランシスウィリアムズは株張りが1mほどにもなっています。

安曇野のウィーピングは、2mほどのノイバラ台木に芽接ぎをして自作したものですが、
日陰気味にも関わらず、何とかそこそこの花つきを確保できました。

左奥では、ノイバラのベーサルシュートが次々と立ち上がって
すでに2m程にまで達しています。



ニシキシダ
シェードガーデンのニシキシダ。
水玉のプルモナリア・オパールやリョウメンシダ、
ヒューケラ・パレスパープル、風知草などが折り重なっています。



ギボウシ・フレグラントブーケと斑入り風知草
ギボウシ・フレグラントブーケと斑入り風知草。
左奥に小型のギボウシ・ゴールデンティアラとレモンライムがひしめき、
黒葉ミツバやヒューケラ・アンバーウェーブ、ラミウム・スターリングシルバーなども
木漏れ日を求めて競い合っています。



冒頭にご紹介した階段の上に戻ります。

ザ・フェアリー
今年、一番最後に開花したバラ、ザ・フェアリー。
花径2-3cmの遅咲きのシュラブで極めて強健。こんもりと樹高1mほどに茂ります。

一緒に写っている白い小輪のバラはアルバ・メイディランド。


アルバ・メイディランド
そのアルバ・メイディランドは満開。

背景のピンクは安曇野。遠景には、フェンスに僅かに残ったウィリアムモーリスなどが見えています。



スーパーエクセルサ
スーパーエクセルサ
ひとつひとつの花はそれほど見るものはありませんが、濃いローズピンクの花がびっしりと房咲きに。



日がだいぶ傾き始めました。

階段の上のバラ2

今日は、一日たっぷりと庭仕事でかなり日焼けしてしまいました。
明日も晴れて夏日になりそうですが、夕方から夜にかけてひと雨あるかもしれません。

できれば午前中に、やり残した庭仕事を済ませる予定です。

初夏の庭のご紹介は明日も続きます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/04(土) 23:59:22|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

やっと6月らしく

関西方面への出張から戻ってきました。

最近出張がとても多く、各地の気候の違いを実感することも少なくないですが、
今回は西の方でも異例に寒かったようです。

しかし今日は6月初旬らしい、本来なら梅雨入り直前であっただろう季節感が戻ってきたような、
ちょっと蒸し暑さを感じるそんな1日でした。



木曜日の朝、まだ肌寒い雨が降っていた時に撮った写真を何枚か、今日はご紹介します。

アンジェラ
アンジェラ



アンジェラとジャックマニー
アンジェラとクレマチス・ジャックマニー

このところの寒さもあってアンジェラも部分的にはまだ花が散らずに残っています。



ニュードーン
前回、遅咲きのバラとしてご紹介した階段の上のニュードーン(右)とアルバメイディランド、安曇野



スーパーエクセルサとギボウシ
スタンダードにして階段脇の生垣の高い位置から枝垂れさせたスーパーエクセルサと
ギボウシ・サガエ(奥)と青系のハルシオン。



レッドカスケード
小輪のつるバラ、レッドカスケード。
カスケード(cascade)のもともとの意味は段々になって連続する滝のこと。
園芸の世界では菊など「懸崖づくり」のことを指すようですが、
我が家では縦長のアイアン・トレリスに誘引している姿が、
まさに名前のとおり「赤い滝」を連想とさせます。

遠景は、先日来何度もご紹介しているフェンス前のバラ花壇と宿根草。



ウィリアム・モーリスとアルバメイディランド
ウィリアム・モーリスとアルバメイディランド(手前)

ウィリアム・モーリスの花数はすっかり少なくなってしまいましたが、
これから、夏から秋にかけての長きに亘って、少しずつ開花が続いていくことになるでしょう。



ホルデューム・ジュバタム
こちらも何度も紹介している宿根草の花壇で、名脇役を演じている
ホルデューム・ジュバタム(タータン麦)。

右手前はラムズイヤー、奥の黄金葉はアガスターシェ・ゴールデンジュビリー。



1日遅れでのご紹介になり、少々間が抜けているかもしれませんが、
しっとり雨に濡れた庭は、こうして見る分には悪くないものです。



明日からの週末は、季節相応の暑さが戻って夏日が続くようです。
本格的な梅雨本番を前にやり残したバラの切り戻し、剪定、消毒、
芝刈りと病気予防の殺菌剤散布など、汗をかきながらの忙しい週末になりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/03(金) 23:59:52|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅雨寒

今日から6月。
衣替えですが、今年は5月にクールビズが繰り上がってスタートしているところに、
今日のこの寒さ。

環境省は「スーパークールビズ」とやらを推奨しているようですが、
とてもそんな雰囲気ではありません。
通勤電車でも多くの男性はノーネクタイでしたが、8-9割方はまだ上着を着ていました。


ところでこの「梅雨寒(つゆざむ)」、西日本出身の私にとっては、
社会人になり東京に出てきて、初めてこの寒さを経験したときは驚きでした。


この梅雨寒、東北沖の太平洋からの冷たい北東風が吹いて起こる現象で、
東日本出身の方には当たり前なのでしょうが、西の人間にとっては梅雨というのは蒸し暑いのが相場。

その昔、夏に茨城に海水浴に行ったとき、あまりの海の冷たさに閉口しましたが、
あれだけ海が冷たいとそりゃぁ風も冷たくなるわ、と感じたものです。


そんな6月のスタートでしたが、着実に季節の入れ替わりは進みつつあります。


ヤマアジサイ・藍姫 2
ヤマアジサイ・藍姫が開花しました。



ヤマアジサイ・藍姫
故郷の徳島から高知の県境にかけてが原産地だそうですが、本来は名前のとおりもっと青い筈。
アジサイは用土の酸度によって花色が変わりますが、
もっと無調整ピートモスを混ぜて酸性にしてやると良いようです。

酸性が青、アルカリ性がピンク、というのはあの「リトマス試験紙」とは正反対。

今から間に合うかどうか分かりませんが、今度の週末に早速試してみます。


ところで背後の和風テーストの寄せ植えは、
 ヒューケラ・シナバーシルバー
 斑入りノブドウ
 斑入りセキショウ
 斑入りアイビー
と、斑入り、カラーリーフのオンパレード。 

梅雨から夏にかけては花も少なくなり、単調な緑一色になりがちなので、
こんなカラーリーフものは結構重宝します。



葉物は、バラが終わった花壇でも活躍します。

バラ花壇の葉物
もう何度も登場していますが、花は控えめでも、花が少ない初夏から秋まで長い間十分に楽しめます。



斑入り風知草とバーベナ・リギダ・ポラリス
斑入り風知草とバーベナ・リギダ・ポラリス。
バーベナの花もさることながら、鮮やかな斑入り風知草の方が、存在感抜群です。



ユーフォルビア・カメレオンほか
何種類もの植物が入り乱れています。

中央の銅葉はユーフォルビア・カメレオン。

ラムズイヤーの綿毛、ニゲラなど、バラエティいっぱい。



リシマキア・アトロパープレア・ボジョレー
先日ご紹介したばかりで、個別の植物名のご紹介はくどいので繰り返しませんが、
リシマキア・アトロパープレア・ボジョレーのワインカラーの花穂がだいぶ伸びてきました。



また夜半から雨が降り出して、明日一日雨になりそうですが、
梅雨寒は解消の方向に向かうようです。


明日の内閣不信任案の採決はどうなるのでしょうか?
政治は一足先に蒸し暑い夏を迎えそうな雲行きになってきました。


結果はどうあれ、誰が総理大臣になるにせよ、しっかりした震災復興、原発対策を
スピード感をもってお願いします。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/01(水) 23:59:52|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。