芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テッポウムシ?

7月最後の日でしたが、予報どおり涼しい1日。
最高気温も25度を割り込みました。

時折、かすかな霧雨が降る程度でしたが、庭中しっとりと濡れたままなので
あまり庭仕事をする気にもなれず、冷房なしの家の中で、世界水泳などテレビを見ながらのんびり。


夕方近くになってから庭に出て、傷んだ花ガラや黒点の出た葉の処理、
散ったバラの花びら拾いなどをしていましたが、
庭の生垣の上に大きく育ったノイバラに枯れ枝が何本か出ているのに気が付きました。


ノイバラの枯れ枝
先日から、枯れ枝が少々混じっているのに気付いていましたが、
毎年の事ながらこのところコガネムシの大量発生で葉の食害が酷かったので、
それほど気にも留めていませんでしたが、どうやら枯れ枝が大量発生しています。

枯れた枝をそれぞれ株元側へ目で辿って見たところ、どうやら何本か株立ち状になっている幹のうち
一番古くて太い幹から枝分かれした枝が軒並み枯れているようです。

もしや、と嫌な予感がして、雨に濡れたシェードガーデンの下草に覆われた株元を確認してみました。


ノイバラの株元
もう夕方の6時前で薄暗くなり始めていて、鮮明には見えませんが、
どうやら直径数センチの一番太い幹の株元におが屑のようなものが出ています。

写真はストロボを焚いて撮影しましたが、実際は薄暗くて鮮明には良く見えません。


針金で湿ったおが屑や樹皮を剥がして、穴がないか手当たり次第突いてみたところ、
どうやら太い針金が数センチほど入る穴を1箇所探り当てました。
目視では薄暗くてよく見えませんが、針金が通る感触からして直径3-5mmほどの穴が開いているようです。

さっそく、スミチオンを1000倍ほどに薄めて穴の周辺に重点的にスプレー、
しかし表面にいくらスプレーしても効果が薄そうなので、最後にはスポイトで穴の中に数mlほど流し込みました。


暗くなってしまったので、緊急の対処はこれでお仕舞いにして、
もう夕食前でしたが急いで近くのホームセンターまでテッポウムシ用の殺虫剤を買いに行ってきました。


カミキリムシ退治の殺虫剤
明日の朝、改めて被害の様子を確認して、この殺虫剤を使ってみます。
因みに殺虫成分はペルメトリン。ベニカXなど一般的な園芸用ハンドスプレーにもよく使われています。
スプレーの噴出口には数センチの針状ノズルが付いていて、先端から3方向に噴射されます。
殺虫剤の絵にあるとおり、これをテッポウムシの穴に差し込んでシュッとひと吹き、という仕掛けです。


あとでネットで調べてみたら、スポイトでスミチオンを注入、というのも正解のようでした。
もし効果があると、苦しがって幼虫が穴から逃げてくることもあるようです。

いずれにせよ明日の朝に試してみます。


ところで、被害に遭ったノイバラですが、直径数センチの太い幹が2本、
他に2-3cmほどのシュートが数本立ち上がっているので、
仮に今回の幹が全滅したとしても、株全体としてはまだ大丈夫です。
ただ、根元の部分を通じて他の枝にまで被害が波及するおそれもあるので、
何とか全滅させないといけません。


テッポウムシ(たぶん)の被害に遭ったのはこれが初めて。
似た症状のキクイムシにやられたことは一度ありましたが、やはり原因不明の枯れは要注意。
今回は、枯れに気が付いていながら、周囲のコガネムシの食害が余りにも酷かったので
テッポウムシ被害にまで意識が及びませんでした。
夏の暑さで庭をじっくり観察する時間が減っていたにせよ、小さな異変も見逃さないように
今回の一件は大いに反省材料です。

テッポウムシ、少々時間を掛けてでも、必ずやっつけます。



最後に少しだけ口直し。

セプタードアイル
涼しい日が続いて、セプタードアイルが次々に開花しています。

もともと花持ちはあまり良くない部類なので、今の時期は1-2日しか持ちませんが、
毎日のように日替わりで、代わる代わる咲いています。



さて、明日から8月。
明日以降、週の後半に向けて徐々に夏の天気が戻ってきそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/31(日) 23:59:22|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨコハマトリエンナーレ2011(準備中)

みなとみらいを少し歩いてきました。


みなとみらい
ジャックモール近くの歩道橋上から、グランモール、ランドマークプラザ方面。


奥に見える金属のオブジェはなんて呼ぶのかと思って調べたら

「モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー」

だとか。
ちょっと変わった名前です。

ランドマークプラザとクイーンズスクエアを繋ぐ高層ビル群の隙間に位置していて、
風の通り道・流れを意識し、「たなびく雲」をイメージして作られたのだそうです。

ビル風の緩和の機能も備えているのだとか。

因みに、このオブジェの奥にはドックヤードガーデン、日本丸など、みなとみらいの見所が点在しています。




上の写真の途中、グランモール右側にある横浜美術館。

ヨコハマトリエンナーレ2011 その1
美術館前に並んだ不思議なアートの数々。



ヨコハマトリエンナーレ2011 その2
1週間後の8月6日から始まる現代アートの国際展

「ヨコハマトリエンナーレ2011」

の展示物が準備中ということなのでしょうか。
美術館前の広場(グランモール)にズラリと並んでいました。



ヨコハマトリエンナーレ2011 その3
ヨコハマトリエンナーレ2011のWEBサイトによると、
スイスのウーゴ・ロンディノーネの作品。

どうやらこのまま屋外展示されるようです。


他の多くの作品は、横浜美術館と日本郵船海岸通倉庫で見られるようですが、11月6日までの開催期間中、
みなとみらい周辺各所で様々な連携イベント、展示も行われるようです。


横浜のぶらり歩きに、新しい楽しみが加わりました。



さて、今日も不安定な天気の一日。

朝晩、雨になりましたが、日中は時折晴れ間も出て、30度近くまで上がりましたが、
湿度が異常に高くて、実際の気温以上に蒸し暑く感じました。


赤いバラ1



赤いバラ2
真っ赤なバラが開花しました。
このバラも先日のバラ同様、花束から再生したもので、
おそらく赤いバラの切花では代表的な品種ローテローゼだと思われます。



レッドカスケード2



レッドカスケード
こちらは同じ赤いバラでも、ミニのつるバラ、レッドカスケード。



オレガノ・ケントビューティー
オレガノ・ケントビューティー

バラのアーチに吊るしたハンギングから垂れ下がっています。



明日で7月も終わりますが、新潟、福島の豪雨がだんだんと南下して、
今夜は横浜でも雷がピカゴロしていました。

明日も不安定な天気ですが、少々ヒンヤリするほど気温が下がるようです。


何やら梅雨末期に戻ってしまったようなお天気が続いていますが、
もう一度「梅雨明け」するのか、あるいはこのまま「冷夏」になるのか。

日本のはるか南海上の台風9号がどういう進路を取るのかによって大きく違ってくるそうです。

先日の6号のように本州に接近すると冷夏継続、東シナ海から中国方面だと暑さ復活になるとか。
今のところ後者の可能性が高いものの、かなり微妙らしいです。


さあ、果たしてどちらに。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/30(土) 23:51:46|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ゲリラ豪雨

各地でゲリラ豪雨。

いつ頃からなのか、最近は集中豪雨とあまり言わなくなって、
大雨と言えば「ゲリラ豪雨」の呼び名がすっかりメジャーになりました。

確かに、語感が実際のイメージに近いっていうのはありますが...

でも、どちらかというと熱帯地方のスコールの振り方に近いような感じがします。
やっぱり温暖化のせいでしょうかね。


雨の降り方には地域性があって、四国出身の私から見れば関東地方の雨は「やわ」な感じ。
大雨というと台風の暴風雨のイメージがあって、年に一、二度はそこいら中が水に浸かることが当たり前でした。

まあ、そんな雨の降り方は「ゲリラ」とは言わないんでしょうけど。


今回は、北陸から東北地方にかけて局地的な豪雨になっているようです。
東北地方は震災の影響で堤防が崩れていたり、地すべりがあったりして2次災害が心配されます。

どうかくれぐれもお気をつけ下さい。



昨日、今日と二日続きの日帰り出張でしたが、出発前の短い時間にいつものように写真撮影。

ここ数日の涼しさの中、ちょっとした開花ラッシュです。


セプタードアイル
セプタードアイルが次々に開花中。



セプタードアイル 2
この時期としては異例に奇麗に咲きました。



名無しのバラ 2
こちらは前回ご紹介した名無しのバラ。



名無しのバラ
このバラも今回はさして期待していなかったのに、出来過ぎなほど美しく咲きました。

背景に見えるのは、こぼれダネのインパチェンス。




クレマチス・デュランディ 1
クレマチス・デュランディも次々に開花中。



クレマチス・デュランディ 2
この深いブルーはバラとの相性抜群。
なかなかありそうでない花色なので、結構お気に入りです。



どうやら向こう暫くは不安定なお天気が続きそうな雲行き。
その分、この開花ラッシュも思った以上に奇麗に花が咲き続けてくれそうで、
あとは、ゲリラ豪雨で花が傷んでしまわないことを祈るばかりです。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/28(木) 23:59:49|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私は誰?

今日の横浜は28.5℃どまり。
朝の気温は25.3℃と熱帯夜でしたが、日中は曇りがちで、
やや蒸し暑いながらも、比較的過し易い一日でした。


朝の水やりも、鉢によっては湿ったままのものもあって、劇的に時間が短縮できる訳ではないけれど
比較的早く済ませられます。


そんな中、新たにバラが咲きました。

品種名不詳の切花品種1
品種名が分からない切花品種。



品種名不詳の切花品種2
数年前の娘のピアノ発表会でいただいた花束から、遊び心で芽接ぎ再生に成功したバラ。

HT系で覆輪の感じがダイアナ・プリンセスオブウェールズに少し似てはいるけど、
地のクリームが淡くて、花の大きさもダイアナに比べると気持ち小ぶりで、明らかに違います。



品種名不詳の切花品種3
株はスラリと直立性で、切花品種らしくステムが真っ直ぐに長く伸びます。
春の花を除いては、花の高さがどんどん高くなってしまい、
支柱なしではこの写真のように徐々にしなり始めるので、
ガーデンローズとして楽しむには必ずしも適していないようにも思えます。



品種名不詳の切花品種4
春の花の様子です。(2009/5/19)
直径10cm程度ですが、覆輪の入り方には変化の幅が大きく、必ずしも一定しません。


名前の分からない、私にとっては名無しのバラですが、
このバラが咲くたびに、娘がまだ小さかった頃のことを思い出します。



【注意】
 切花品種は多くの場合、品種登録されていて譲渡・販売目的の無断増殖が禁じられています。
 挿し木、接ぎ木などは、もっぱら個人が家庭で楽しむ以外は、増殖した苗を他人に譲ったり、
 ましてオークションで販売するなどの行為は法律違反に問われるおそれがあります。

 ガーデンローズも、いわゆるブランドローズの多くが登録されていて違反対象なのでくれぐれもご注意を。





blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/26(火) 23:59:56|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暑さ復活

ここ数日続いた涼しさもついに終わってしまいました。

今日の横浜の最高気温は31.1℃。
久し振りにじりじりと夏の太陽が照りつける一日でした。

一時ほどの猛烈な暑さではありませんでしたが、すっかり涼しさに慣れてしまったので、
お昼休みに外を歩いたときには、もう少し暑く感じられました。



週末から今朝にかけて、このところの涼しさで思いのほか奇麗に咲きました。

セプタードアイル
セプタードアイル
春のコロンとしたカップ咲きに比べると見劣りするのは仕方がないですが、
今の時期としてはまずまず。

昨日ご紹介したルリマルノミハムシの餌食になるまで僅か1日ほどの短い命ですが、
今朝は、小さなハチが花粉を独り占めしていました。



レッドカスケード
レッドカスケード



レッドカスケード2
次々と弓なりに長いシュートを伸ばしながら、先端に小輪の花を咲かせています。



クレマチス・デュランディ
クレマチス・デュランディ



クレマチス・デュランディ2
立ち性のクレマチスですが、特に支柱を立てなかったので、周りの色々な植物に寄り掛かって咲いています。





横浜港
日曜日の午後に、馬車道の横浜県立歴史博物館で開催中の

チャールズ・ワーグマン来日150周年記念特別展
 「ワーグマンが見た海」 -洋の東西を結んだ画家-

を見に出掛けてきました。
(写真は、同博物館を出てみなとみらいまで散策したときに撮影)

幕末の開国直後から明治初期にかけてイラストレーテッド・ロンドン・ニューズの特派員として日本に滞在した
ワーグマンが、横浜を本拠に残した絵の数々。
激動の時代の日本の事件、出来事のみならず、当時の人々の風俗や風景をも本国へと伝えました。

たまたま朝のローカルニュースで見かけて興味を持ち出かけましたが、
当時の日本の様子を西洋人の目で生き生きと写実していて、とても興味深いものでした。

今月一杯、今度の日曜日までの開催ですが、横浜にお出掛けの機会があれば、
涼みがてらお立ち寄りになっては如何でしょうか。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/25(月) 23:48:55|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

楽園

台風が来て以来、連日涼しい日が続いています。

今日も、暑さ復活との予報に反して、お昼現在曇ってそれほど暑くありません。

金曜、土曜と快適な気温の中、連日気持ちよくビールを飲みすぎて早く寝てしまい
更新をサボってしまいました。

その間、写真撮影はサボっていた訳ではなくて、色々撮っていたのですが...


昨日、今日と庭に長時間居ても苦にならないので、修理中のレンズの代わりに
久し振りにマクロレンズで色々と撮ってみました。


今日は、その中なら虫に焦点を絞って。

虫といっても、見るからに目を背けたくなるようなものは写っていないので、
よほど虫が嫌いな方以外はご安心を。



エキナセアとルリマルノミハムシ
エキナセアとルリマルノミハムシ

このルリマルノミハムシは、コガネムシと同じようにバラの花を食べる害虫で、
庭中のバラが次々と被害に遭っています。
今年は例年よりマメコガネが少ない代わりに、こいつが大量発生しています。




アガスターシェ・ゴールデンジュビリーとショウリョウバッタ1



アガスターシェ・ゴールデンジュビリーとショウリョウバッタ2
アガスターシェ・ゴールデンジュビリーとショウリョウバッタ

最近、アガスターシェ・ゴールデンジュビリーのゴールドリーフが虫食い状態になっているので、
何に食べられているのかと思っていたら、いました。

ショウリョウバッタ、別名コメツキバッタの子どもです。

大きなのもときどき見かけるのですが、このほか、風知草を食害しています。
見た目は愛嬌もあってついつい見逃してしまいますが、あまりに酷いようなら対処を考えなくてはいけません。



ムシヒキアブ
バラの葉に止まったムシヒキアブ。

コワモテのスナイパーといった雰囲気ですが、肉食性でコガネムシなども捕食するらしい。
体液を吸うので、スナイパーというよりは吸血鬼と言った方が正解かも。
最近よく見かけるカマキリとともにどんどん頑張って欲しいものです。
因みに昆虫以外の血を吸うことはないらしいのでご安心を。



セプタードアイルとアリ
セプタードアイルとアリ。

アリの大きさと比較して分かるように、セプタードアイルの花は極小です。
これでは咲いてもあまり期待できそうもありません。



ルリタマアザミとアリ
ここにもアリがいますが、分かりますか?
ルリタマアザミの蜜を目当てにしてか、一つの花に10匹以上がひしめいています。

アリは花を食い荒らす訳でもないですが、最近庭でたくさんのアリを見かけるようになりました。
どこかに巣を作って住み着いているのかもしれません。

今日も踏み潰したコガネムシにたくさん群がっていました。


今のところ実害はないですが、あまり増えすぎるようなら、こちらも何か考えないといけません。



この他にも、以前からたくさん居るダンゴムシ、そしてそれを餌にしているらしい丸々と太ったトカゲも多数。
先日は、安曇野の枝にヘビの抜け殻も。



我が家の庭は、殺菌剤は大量に使用していますが、殺虫剤はオルトラン以外あまり使わないので
生き物にとってはどうやら楽園のようです。


家内や娘は虫が大嫌いなのであまり庭に出たがりませんが...



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/24(日) 13:16:59|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カメラ不調(続報)

台風は南の太平洋沖に引き下がって、北からのひんやりした空気が関東地方に流れ込みました。

朝のうちは少し雨が残りましたがすぐに止んで、曇り空ながら久し振りに過し易い一日に。
横浜の最高気温23.5℃、最高気温18.2℃は、5月中下旬のちょうどバラの最盛期の気温と同じくらい。

ここ1ヶ月近く続いた猛暑が一旦収まり、夏が一旦終わったものの、
リセットが掛かってまたこの週末から今度は2度目の暑い夏がゼロからスタート・・・

何だかそんな感じですが、まだまだそんなに先が長いのか・・・
と思わず頭がクラクラしてしまいそうです。



さて、先日書いたカメラ(デジタル一眼)の不調の件ですが、
今日の夕方、キヤノンのサービスセンターに修理に持ち込みました。

カメラ修理持込

事前に推定していたとおり、やはりレンズの絞り機構の動作不具合でした。
サービスの担当者に症状を話して、エラー発生を実演して見せたところ、
どうやら良くある症状のようで、いとも簡単に「あ、これは絞りの不具合ですね」、とご宣託。

カメラ本体のレンズマウント左下にある「絞り込みボタン」を押して、
絞り羽根が動作していないことをレンズ越しに見せてくれました。

修理費はネットでの情報どおり1万円程度。
痛い出費ですが、中古で手頃な値段で手に入れたものだけに、ある程度の故障リスクは止むを得ません。

1週間あまりで修理完了ということなので、取り敢えずはホッとしました。



ところで、恥ずかしながら、カメラ本体に「絞り込みボタン」なるものが付いていることを
これまで全く知らずにいました。

改めて家に帰って取扱説明書を読んでみると、こう書いてあります。

【ピントの合っている範囲を確認する】
 絞り込みボタンを押すと、そのとき設定されている絞り数値で絞込みが行われ、
 ピントの合う奥行き(被写界深度)をファインダーで確認できます。



絞り込みボタン
赤いKissのロゴの左にあるのが「絞り込みボタン」。


さっそく試してみましたが、絞り込んだ(f値を大きくした)状態でファインダーを覗き込み
絞り込みボタンを押すと、ファインダー越しの被写体が暗くなるものの、
ピントの合う奥行きが深くなるのがはっきりと分かります。

いや~、知らなかった
ちょっとお恥ずかしいですが、こんな便利なものがあるのを知ってたら、
マクロ撮影のときのボケ具合の事前確認に使えてたのに!
と今更ながら反省です。

因みに、Nikon機にもプレビューボタンという同種のボタンが付いているそうです。

レンズが壊れなかったらこれから先もずっと知らずにいたかもしれないので、
高い授業料でしたが、ほんの少し得した気分です。



最後に今朝の庭から1枚。

シェードガーデン
ひんやりとした朝、シェードガーデンは雨に濡れてしっとり。
あまりの暑さに萎れかかっていたシルバーリーフのラミウム(右手前)は
どうやら元気を取り戻したようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/21(木) 23:59:15|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

程よいお湿りに

台風は一部地方で大雨の被害があったようですが、
少なくとも東京、横浜界隈では大きな影響なく済みそうです。

油断は禁物ですが、四国、紀伊半島に上陸、接近して以降は、
徐々に東海沖に離れていく一方で、雨も少々ぱらつく程度。
明日のお昼過ぎには雨も上がるようです。


連日の30℃超えのカンカン照りが収まり、程よいお湿りとなって庭の草木は一息ついた恰好ですが、
台風が運んできた熱帯の空気はネットリと重く、少し歩いただけで汗が噴き出してきます。



今朝は、弱い雨が降ったり止んだり。
テラスから、一息ついた庭の様子を何枚か撮影しました。


テラス前のバラとクレマチス
テラス前に並べたバラ鉢の一角で、クレマチス・デュランディの青い花が咲き始めました。



クレマチス・デュランディ
デュランディの花は、春に比べてひと回り小さく、花色もかなり薄めです。



コーネリアのシュート
昨年、新苗でお迎えしたコーネリア。
今年は待望の元気なシュートが2m近くまで伸びてきました。



久々に2日連続で朝の水やりはお休み。

台風もこの程度なら悪くない、なんて大自然を舐めてはいけませんが、
改めて気が付けばまだ7月20日。

例年なら今頃がちょうど梅雨明け。

この台風の雨を折り返し点に、まだ例年と同じ程度の長さの夏が控えているのかと思うと
うんざりしてしまいます。


関西地方も節電要請がスタートするようですが、関西地方は原子力依存度が高く
「脱原発」を巡るの混乱の影響が最も大きくなるようです。


6月に訪れた時の大阪・梅田の地下街や地下鉄の駅は、薄暗さに慣れた関東の住人にとっては
眩しいほどの明るさでしたが、果たして今はどんな様子なのでしょうか?

東京電力は節電で浮いた電力を関西地方に融通する見通しとか。
つい先日まで、日本経済の復興は西日本が頼りと言っていたのがウソのような事態に。


関東、関西それぞれの住人にとっても、一体何がどうなっているのか、訳が分かりません。

某知事が「エアコン止めたら原発止まる」と息巻いてましたが、もう少し真面目に冷静に考えないとね~


「埋蔵電力」とやらがあるので大丈夫、という説が一部でまことしやかに言われていますが、
何処かで聞いたことがあるようなフレーズ、本当に大丈夫なんでしょうか?


無責任な「あるある詐欺」にまた日本人が引っ掛かった、では笑い話にもならないので、
政治的立場や信念、思想信条は結構だけれど、現実をしっかり見つめて
「今そこにある危機」を、立場を超え皆で力を合わせて乗り切りたいものです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/20(水) 23:59:22|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風接近中

今日は朝から晩まで凱旋帰国したなでしこ一色。

連戦と長旅から帰ったばかりなのに、笑顔を絶やさず首相官邸からテレビ各局まで。
本当にお疲れ様です。


さて、庭の方はと言えば、台風接近の影響で久し振りに雨が降ったり止んだりの朝となりました。


クラウンプリンセス・マルガリータ
昨日ご紹介したばかりのクラウンプリンセス・マルガリータ。
雨の雫をたっぷりと蓄えてうつむき加減です。



レッドカスケード
小輪のつるバラ、レッドカスケードにも2番花が。



セプタードアイル
2番花が遅れ気味だったセプタードアイルもようやく開花しました。
春のコロンとしたカップ咲きとは随分と雰囲気が違います。
花の大きさもかなり小振りです。



セプタードアイル2
セプタードアイルには何本も花枝が立ち上がっています。
春の花が終わって剪定を済ませてから1ヶ月近く、まったく芽に動きがなく心配しましたが、
追肥が効いたのか、一気に暑くなった6月下旬頃から芽が成長を始めました。

たくさん蕾が見えていますが、このバラはさっきの写真のように夏の花が貧弱になりがち。
今後の様子を見て、あまり2番花の見栄えが良くなさそうなら、蕾をピンチして秋の花に望みを託す方が
賢明かもしれません。



台風は四国南岸から紀伊半島へのコースをとり、ゆっくりと東へ進んでいます。

明日から予定していた西日本方面への出張は、台風の影響で交通機関の混乱が予想されるため
急遽日程変更になりキャンセル。

自動潅水機とスプリンクラーの出番は一旦お預けになりました。
もっとも、台風の大雨ではいずれにしても出る幕はありませんが,,,



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/19(火) 23:59:25|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なでしこ

なでしこJAPAN

ついに世界一に。


ダイアンサス・ブラックベアー
ダイアンサス・ブラックベアー(2010/5/14)


3時半に起き出して観戦した甲斐がありました。

延長戦で2度目のリードを奪われた時にはもうダメかと思いましたが、
少ないチャンスをよくモノにしてくれました。
男子JAPANなら、おそらくあのまま終わっていたでしょう。


PK戦にもつれ込んだ時点で、十分よくやった、これで勝っても敗けても時の運と思われましたが、
土壇場でしぶとく追いついたことで、なでしこJAPANが気持ちの面で優位に立っていたことは明らかでした。
結果論かもしれませんが、PK戦を蹴る前にもう勝負はついていたのかもしれません。


それにしても、日本が大変なこの時期に本当に良く頑張ってくれました。
日本の底力を世界に示してくれた訳ですが、やはり女性は強し。

最近の日本男児の頼りなさを見るにつけ、この国の再生にはもっと女性の力が必要では、
と思わずにはいられません。



台風が接近してくる中、昨日(日曜日)まで続いたカンカン照りはついに収まりましたが、
南からの湿り気を含んだ風が吹き込んでとても蒸し暑い「海の日」です。


スプリンクラー
土曜日に試してみたスプリンクラーを階段の上にも取り付けました。
自動潅水機で40ノズルと共用だと2台では水圧が少し足らず、うまく回ってくれません。

色々と試してみた結果、自動潅水機と階段上のスプリンクラー1台ならOKなので、
出張などで留守にするとき限定であれば、多少鉢を移動することを前提に、何とかなりそうです。

ただ、芝への水やりは、従来どおり朝の手撒きで対応することになります。



ジュビリー・セレブレーション
台風を前に、ジュビリーセレブレーションの最後の2番花が咲きました。




クラウンプリンセス・マルガリータ
クラウンプリンセス・マルガリータ
こちらも最後の2番花。

このバラは3番花以降、秋には咲かない可能性が高いので、今年はたぶんこれで見納めでしょう。



次の3番花は秋風が吹き始める8月末から9月初旬頃。
様子を見ながら、元気そうなら次も咲かせるつもりです。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/18(月) 17:20:43|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

スプリンクラー

相変わらず暑い日が続いています。

今日から3連休ですが、週明けには台風が日本列島を覗っているようで、
この連日の暑さも台風接近を境に一段落、ということらしいです。

そんな訳で、ちょっとタイミングが遅かったという感もありますが、
スプリンクラーを入手しました。

出張で水やりが出来ない日があることと、芝の状態があまりに悪すぎる、
ということでネットショップで2個を格安でポチしました。

送料サービスで野口英世さん1枚でお釣が少々。


スプリンクラー1
昨日届いたので、さっそく試してみました。
シュッ、シュッ、シュッと水の勢いで自動的に回転します。
うちの庭の水道は水圧が低くて勢いがイマイチですが、一応半径3~4mくらいは飛ぶようです。

それにしても芝の状態が悪過ぎ。ちょっとTOO LATE でした。


ちなみに、シャワー式のスプリンクラーを持っているのですが、
どうも我が家の水圧が低い水道ではイマイチだったので
ここ何年かは完全にお蔵入り状態でした。




何とか大丈夫そう、ということで今度はポールを立てて、その先端に括りつけてみました。

スプリンクラー2
庭の中央付近に立てたポールの先端、ちょうど背丈ほどの高さで回してみました。
これで階段部分を除いてほぼ庭の全面に水が届きました。



明日、HCでホースの分岐継手を手に入れて階段上にも設置し、2台同時運転を試みます。
もともと、自動潅水機が設置してあるので、主だった鉢には潅水ノズルを刺すだけでOKなのですが、
すべての鉢には行き渡らないため、その他大勢には上から一気に水攻めという算段。
1日2回、30分ずつの運転でおそらく大丈夫だろうと思うのですが、果たしてうまくいくかどうか。


来週の出張までに万全のセッティングを、と思っていましたが、
台風の接近が気になります。

水やりどころか暴風雨にるかもしれないし、出張自体がなくなってしまうかも。


まあそうは言っても、この先夏は長いので無駄にはならないでしょう。



ところで、先日、カメラの故障のことをお伝えしましたが、
相前後して2台あるデスクトップPCのうち1台の液晶モニターも壊れてしまいました。

壊れたというか、映ることは映るのですが、電源を入れてもバックライトがすぐに消えてしまい
暖まるまで何十回も電源のON、OFFを繰り返さないといけないという症状。

修理には1~2万円掛かるというし、同じ程度の値段で23インチクラスが楽に手に入るということなので
これまた、ネットと電気店の店頭でアレコレと物色の末、韓国LG製の21.5インチモニターに決定。


23インチでも良かったのですが、従来19インチを置いていた設置場所との関係で一回り小ぶりのものに。

新型液晶モニター
価格はネット最安値で1万円台後半。国産モニターでは定評のある三菱製との選択に迷いましたが、
決め手は廉価ながら新タイプの液晶を採用していること。

IPS液晶といって、従来の液晶(TN液晶)の欠点だった斜めから見た時の光量落ちがほとんどなく、
発色も鮮やか。

色の微調整機能など三菱の方が性能がしっかりしていて安心なのですが、
同じIPS液晶だと3万円してしまうので、店頭で実物の映りも確認の上、最終的に韓国LG製に決めました。


こちらも昨晩届いてさっそく試してみました。
以前の機種(19インチ、1440×900)より格段に画面が広く(21.5インチ、1920×1080)快適です。
発色も申し分なし。
そしてIPS液晶の定評どおり、どの角度から見ても明るさ、色落ちが目立ちません。
量産デジタル製品は細かなところに拘らなければ
はっきり言って韓国製、台湾製でも十分すぎる性能です。

写真家やデザイナーなど、色の再現性にこだわるセミプロ級以上でない限り、
なかなか国産品の出る幕はなさそうです。


大震災に電力不足、円高・・・
日本のものづくり、応援したいのですが...


この国は、まだまだ前途多難です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/16(土) 23:59:20|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

伸び伸びと

昨日のカメラの故障?のことは、少々ダラダラと書き過ぎたかも。

他人のカメラの故障の話なんて、真面目に詳しく症状や原因を説明されても、
Canonの一眼ユーザーならともかく、たぶん大多数の人にはつまらないよな~
と改めて思ったりもしましたが、まあBLOGなんて所詮は自己満足の「写真日記」なので、
どうかご容赦を。


そんな訳で、今日はいつものレンズ、
 EF-S 17-85mm f4-5.6 IS USM を外して、
以前使っていたKiss Digital Xの標準キットレンズ、
 EF-S 18-55mm f3.5-5.6 USM で撮影です。


レッド・カスケード
レッド・カスケードのシュート
その名のとおり小輪の赤い花を滝のように咲かせるミニのつるバラ。

毎年、こんなシュートが3-4本ほど、斜め前に向って伸びてきます。
背後のピンクは、アイアン・トレリスの隙間から顔を出したアジサイ。



つるアイスバーグ
オベリスクのつるアイスバーグ。
オベリスクの先端部に2本の支柱を立てて、伸びるシュートをなるべく上に真っ直ぐ伸ばしてやっています。

因みに、昨日までエラーメッセージが出てうまく撮れなかったのはこの写真。
6月上旬頃に古枝や細い枝を大胆に切り戻しましたが、
その後どんどんと新しい枝が長く伸びています。



クラウンプリンセス・マルガリータ
こちらは、昨年秋に大苗を手に入れたクラウンプリンセス・マルガリータ。
今のところたった1本ですが、強いベーサルシュートが伸びています。



コーネリアとスモークツリー
こちらは、去年の国バラで新苗で手に入れたコーネリア(奥)。

手前で元気に伸びているのはスモークツリー・ロイヤルパープル。
こちらは春の頃の紫色がすっかり色褪せましたが、その分空に向かっての成長が旺盛です。



つるバラは、四季咲きのものも含め、成長が旺盛なうちは花をあまり着けません。
花が咲くとそこで成長が一旦ストップするし、つるバラの2番花は、
たいていの場合間延びした枝先にポツンと小さな房咲きになる場合がほとんど。

我が家の場合、1年中何度も繰り返して咲く一部の大型シュラブ系のつるバラ以外は、
春の花が終われば後はもっぱら翌年に向けての準備期間と見做して伸ばし放題。


この一見見苦しい伸び放題のジャングルですが、あなたの心の眼には美しく映っていませんか?

もしそうなら、あなたは相当重度の「つるバラ病」。

この「つるバラ病」患者の夏~秋の庭は、知らない人から見ると余程の無精者か変人か、
としか見えないので、勘違いされないようにくれぐれも気をつけましょう。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/14(木) 23:59:09|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カメラ不調

毎日同じような暑さが続いて、さすがにネタ切れ状態。


とは言っても、そんなに都合よく毎日新しいネタがある訳でもないので、
取り敢えずは朝食後、水やりと写真撮影のために庭に出ます。


実はここ数日、愛用のデジタル一眼に時折エラーが出てシャッターが下りない現象が出始めました。
シャッターを切ると、「カシャーン」とシャッター音とは少し違う甲高い音が響いて
"Err99"というエラーメッセージが液晶画面に表示されます。

Err99


昨日もそんな症状が頻発していたので気になっていましたが、
朝イチのシャッターは何もなかったようにスンナリと気持ちよく下りました。

ルリタマアザミ1



ルリタマアザミ2
ルリタマアザミの様子を無事に撮影できました。


そして、別の被写体に向けて次の写真を撮ろうとしたところで、「カシャ~ン!!」
またしてもエラー発生です。

昨日から、オベリスクの頂点を越えて上に向って伸びるつるアイスバーグのシュートを撮ろうとすると、
その時に限って何故かエラーが発生します。

一旦電源を切って入れ直すよう促すエラーメッセージにしたがって電源のon, offや
バッテリーの入れ直しをしてみても症状が治まりません。


仕方なく今日の撮影はこれでお仕舞いにしました。



私が使っているデジタル一眼 EOS Kiss Digital X は、CANONのいわゆる「入門機」で、
2年余り前に在庫処分の新品アウトレット品として買い求めました。
現在では最初の発売開始から5年近く経過したそこそこの旧機種です。

性能的にはもちろん、まだまだ現役として十分使えるのですが、
何しろデジタルの世界は日進月歩。
そろそろ買い替えか、との想いが脳裏をかすめました。



しかし、ちょっと頭を冷やして考えてみると、これまでのシャッター回数は1万4千足らず。

一般的にデジタル一眼で一番最初にヘタると言われているシャッター機構の寿命は、
私の機種の場合おおよそ5万回と言われているようなので、
まだまだヘタるには少々早過ぎます。


そこで、やはりまずは修理かな、と思い直しましたが、
いきなり修理に出す前に、考えられる故障の原因、箇所を特定するために、
ネット上のクチコミ情報を調べてみました。

kakaku.com

などの価格情報掲示板は、様々な電気、デジタル製品の
売れ筋情報や最安値の相場を調べるのにとても重宝しますが、
それ以外にも、実際のユーザーによる製品レビューやトラブル情報が満載。

さっそく製品名、症状、故障のエラーメッセージなどをキーワードで検索すると色々と出てきました。


そこで判明したのは、"Err99"は多くのキヤノンユーザーにとって悪魔のメッセージ。
一言で言うと「原因が特定できない不具合」という意味なのですが、とても厭な予感。


しかしそうは言っても、特定の機種に多発する故障の場合、ある程度の傾向などは分かります。

この"Err99"は、多くの場合カメラ本体と特定のレンズの組み合わせで出るケースが多いらしいのですが、
レンズを換えると直る場合はほぼレンズ側の問題で間違いなく、
その場合、レンズ側で一番多いトラブルが絞り機構の故障で、
絞り優先モードで絞りを開放から絞り込むとシャッターが下りなくなる、とのこと。


そこで、早速絞り値を変えたり、レンズを交換して色々と試してみましたが、
まさにそのとおり症状でした。


いつも使っているズームレンズを装着した時だけ、
しかも、絞りが最大開放だとうまくシャッターが下りるのに、
少しでも絞り込む(f値を上げる)とエラーが発生します。


掲示板のクチコミ情報によると、レンズの絞りユニットの交換だけなら、
修理代はおおよそ1万円程度。


近日中にカメラ本体と問題のレンズをセットでキヤノンのサービスセンターに持ち込んで
見てもらうことにします。


もし上記の推測どおりなら、故障が直るまでの間は、手持ちの別のレンズを使うことになります。



それにしても新しい一眼、欲しいです。


やっぱり


「子ども大好キッス!」 

よりは


「趣味なら、本気で」 


といきたいところです。




でも、しばらくは無理かな~。。。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

  1. 2011/07/13(水) 23:59:46|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朝から暑いです

梅雨明け前の6月下旬辺りからずっと暑いです。

よりによって電気が足りない時にこの暑さ。

「○○の時に限って~」、「弱り目に祟り目」っていう話は往々にしてありがちですが、
大震災、原発事故、政治の機能不全・・・
もう何から何まで、ここまで酷いことが続くとは。。。

神様はわれわれ日本人を試しておられるのか?
もう、一旦とことん落ちるところまで落ちてしまった方が良いのかもしれません。



まあ、ぼやいても仕方がないのですが、とにかく朝から暑いです。

アナベル
階段に置いたアナベルに朝日が差し込んでいます。

うちの庭は、ほぼ東西に伸びるマンションの建物の南側に位置しています。
この季節、7時頃にはだいぶ日も高くなり、ちょうど真東の方角、
つまり階段の上の方から日が差し込んできます。


クレマチス・ミセスNトンプソン
クレマチス・ミセスNトンプソン

ひとたび日が当たり始めると、庭の気温は一気に上昇。
前日のうちにカラカラ寸前まで乾いた鉢植えにたっぷりと水やりしていくと
途中で花ガラ摘みなどもやっているうちにあっという間に30分ほどが過ぎてしまいます。



スーパーエクセルサ
階段の上のスーパーエクセルサ。
この春伸びたシュートの先端に2番花が咲き始めました。


エキナセア・プルプレア
エキナセア・プルプレア
見るからに暑さに強そうな雰囲気が漂っています。



オレガノ・ケントビューティ
オレガノ・ケントビューティ
アーチに吊るされたハンギング鉢では、いよいよケントビューティーの開花が進行中。

背後では、もみじの寄せ植え鉢やピンクのジュビリーの花などが朝日を浴びて
玉ボケの素材として活躍しています。



こんな調子で取りとめもなしに慌しく朝の水やりと観察、撮影をし終えた頃には、全身汗びっしょり。

急いでシャワーを浴びてサッパリしてから出勤します。



涼しい秋風が吹き始め、秋雨前線がやってくる頃まで、
おそらくあと2ヶ月近く、毎朝こんなことの繰り返しです。

ちょっと気が遠くなりそうですが、暑さに負けず何とか頑張ります。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/12(火) 23:59:33|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安定した夏空に

東北地方まで梅雨明けして日本列島は本格的な夏に突入。
昨日、今日と雲がほとんどなくカラリと晴れ上がった夏空が広がっています。

いつも気象庁のWEBページで横浜のその日の気温などを確認していますが、
驚いたことに最高気温33.0℃、最低気温24.7℃、平均気温28.3℃の数値が、昨日とピッタリ同じ。
一瞬、気象庁がデータ入力を間違ったのかと疑いましたが、よく見てみると、
気圧、湿度、風速、日照時間のデータまでもが、ごく僅かな誤差程度しか違っていません。

梅雨明け10日と言って、梅雨明けから10日間ほどは天気が安定すると言われていますが、
ここまで違わないのも珍しいのではないでしょうか。


我が家の庭は、ある意味代わり映えしない状態ですが、
こちらも珍しく虫に食われていないバラが奇麗に咲き揃いました。

ジュビリー・セレブレーション1
先日奇麗に咲いたジュビリー・セレブレーションの2番花の脇についていた
2つの副蕾が見事に開花しました。



ジュビリー・セレブレーション2
夏のバラはあまり奇麗に咲かないことが多いので、株の充実のために副蕾はおろか、
2番花以降は蕾を全部摘んでしまう、というやり方もあるのですが・・・



ジュビリー・セレブレーション3
さすがにこのジュビリーに関しては、真夏だろうがとても奇麗に開花するので
ちょっと摘んでしまうにはあまりにも勿体ないかな、という感じです。



パットオースチン
パットオースチンも先日来、断続的に開花が続いています。
でもこのバラは、今日一日しか持たないでしょう。
(その前に虫に食べられてしまうかもしれませんが)



アンティークレース
アンティークレース
このバラも虫に食われるのが多い中、奇跡的にほぼ無傷のまま開花しました。




ここまでの写真だけ見ると、どのバラもなんと奇麗に咲いているのか、と思われるかもしれませんが・・・



ウィリアム・モーリス
ウィリアム・モーリス
この状態の方がむしろ大多数。

これまでのルリマルノミハムシ(右端ほか多数)に加えて、ついに大食漢の
マメコガネ(中央)が登場し始めました。

マメコガネが発生し始めると、バラの花はあっという間に無残な姿に。
今日のような奇麗なバラの姿も、もしかすると秋口までしばらく見納めかも知れません。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/11(月) 23:59:25|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏のヨコハマ

連日、暑い夏の日が続きます。

強烈な日差しに、水やりをするだけで一仕事。
ひと通り鉢に水やりをしてから、芝や花壇にもたっぷりと水撒き。

あまりの暑さに、何度も空に向かって霧状のシャワーを吹かしながらの作業でした。


バラの様子
暑さの中、2番花がほぼひと通り咲き終わったバラは、次々と新しい枝を空に向かって伸ばしています。
これからはコガネムシも増えるし、花も小さくなるので、成り行き任せとは言うものの
なるべく秋に向けて枝の成長に主眼を置いた管理に切り替えていくつもりです。



さてこの週末、暑い中でしたが、横浜の街に。
近くを通ったので、ちょっとクルマを置いて山下公園を歩いてみました。

山下公園1
暑いとはいえそこそこ観光客で賑わってはいましたが...



山下公園2
いつもなら多くの人が岸辺やベンチにいる筈なのに、
さすがに日差しを避けて木陰で涼んでいる人が目立ちました。



山下公園のバラ園1
山下公園内にあるバラ園は、思った以上に2番花が咲いていました。



山下公園のバラ園2
結構立派な花が咲いています。

うちのはちょっと肥料不足かな?



山下公園のバラ園3
海辺とは言え、ホントに暑いです。
とてもバラの花を楽しむような雰囲気ではありません。


山下公園に立ち寄ったのは昨日(土曜日)でしたが、
今日は日中は家でのんびり過ごし、日が落ちてから家族揃って横浜ベイクォーターへ。

横浜ベイクォーター
ベイフロントを見下ろすレストランのオープンテラスで夕食。
(携帯のカメラなので写りはイマイチ)

思ったよりさわやかな風が吹いて、美味しい食事とワインを楽しみました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/10(日) 23:59:30|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暑い日には涼しげな写真を

予定どおりというか、お約束どおり関東地方でも梅雨が明けました。
平年より12日も早い梅雨明けだそうです。


午前中は暑い中、水やりとバラの花ガラの切り戻しを済ませてから、いざ写真撮影をスタート。


暑い日差しが照りつける被写体はどうも暑苦しく絵にならないので、
もっぱら涼しげなものを狙ってみました。


ルリタマアザミ1
ルリタマアザミの開花がついに始まりました。



ルリタマアザミ2
まだ僅かですが、いずれ全体が涼しげな瑠璃色の花で包まれます。



オレガノ・ケントビューティー
バラのアーチに吊るしたハンギングでオレガノ・ケントビューティーが咲き始めました。



黒葉ミツバ
黒葉ミツバ
シェードガーデンの木漏れ日の中、とても小さな花が開花し始めました。

背景のライムカラーは、ギボウシ・フレグラントブーケ。



ヒューケラ・パレスパープル1
同じシェードガーデンのヒューケラ・パレスパープルの花。



ヒューケラ・パレスパープル2
背景の大きなギボウシは、フランシスウィリアムズ。

写真は涼しげですが、実はこの写真、炎天下に三脚を立てて、
色々とピントの位置や絞り(f)値を変えながら撮影しました。

他の写真も、多かれ少なかれ大汗をかきながらの、結構大変な撮影でした。



午後からはさすがに庭に出るのは無理。

家のエアコンは止めて、ちょっと横浜の街に出掛けてきました。
その辺の様子はまた改めて。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/09(土) 23:59:37|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

梅雨明けへ ~暑さの中、電気のことを頭を冷やして考えてみる

いよいよ夏本番に向けて梅雨が明け始めました。
東海地方以西で梅雨明け。
平年より10日から13日早い梅雨明けだとか。

曇っていた関東地方ではお預けでしたが、もう時間の問題でしょう。
週間予報でも、明日以降、やや雲が多いながらも晴れマークが並び
連日33℃の数字がずらりと並んでいます。


原発の運転再開を巡っては、政治のゴタゴタや電力の不祥事が続き、
どうやらこの夏は全国的に「電気予報」を気にしながらの長くて暑い夏になるのがほぼ確定的でしょう。

個人レベルの節電は、無理をしない範囲であれば大いに結構なことですが、
工場をはじめとした産業の海外逃避、空洞化はもはや避けられそうもありません。

日本人は電気が足りないからと言ってそう簡単に逃げ出す訳にはいかないし、
節電や多少の不便は厭わずにやっていけるでしょうが、
放射能の問題もあってただでさえ外国人が来たがらないのに、
このままでは日本は世界から取り残され、益々ジリ貧になってしまわないか心配です。


エアコンのないエコな生活を、なんて言ってられるのは、
マリー・アントワネットの「パンがなければケーキを食べれば良い」の類で、
経済的に余裕があって初めて成り立つ、一種の金持ちの道楽的発想ですよ。



ジュビリー・セレブレーション
ジュビリー・セレブレーション

こうしてガーデニングで花を愛でていられるのも、経済的な余裕なしにはとても無理。
女王陛下在位50周年を祝って、なんて言ってられるのも、国の繁栄があってこそ。



長い目で見れば脱原発の方向を目指すべきだ、ということに反対する日本人はそう多くないでしょう。
安全でクリーンなエネルギーが理想なのは言うまでもなく当たり前。

問題はどうしたら心豊かな生活と両立ができるのか、ということじゃないでしょうか。
決して、「節電すれば本当は電気は足りている」とか、
「原子力が嫌な奴は電気を使うな」とかいう一方的で不毛な主張を繰り返しても
何も問題は解決しないのですよ。

今の日本人に求められているのは、不毛な政争やイデオロギー論争ではなく、
ましてや安易な思いつきや思い込み、決め付けなんかではなく、
もっと冷静に分かり易く説得力ある選択肢を用意して、
われわれ一人ひとりが将来のこの国をどうしたいのかを
頭を冷やして真剣に考えていくことではないでしょうか。

そうであって初めて、節電でなんとかこの苦境を乗り切ろう、みんなで協力しよう
ということなんだろうと思います。




明日からの週末、暑くなりそうです。


あまりの暑さに頭から湯気が出て、花を愛でる心の余裕が折れてしまいそうです。

大汗かきながらの毎朝の水やりの合間に、何とか写真撮影は続けています。

ウィリアム・モーリス
ウィリアム・モーリス



パットオースチン
パットオースチン



エキナセア・プルプレア
エキナセア・プルプレア


やっぱり心の余裕は大事ですね。


どこか涼しい所にでも出掛けて気分転換と行きたいところですが、
当分無理そうです。


せめて近場の冷房の効いたところにでも行きますかね?



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/08(金) 23:59:59|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジュビリー・セレブレーションの2番花

ジュビリー・セレブレーションの2番花が開花しました。

ジュビリー・セレブレーション
昨日の朝、蕾が綻び始めたばかりでしたが、暑さの中、24時間でここまで一気に開花しました。



ジュビリー・セレブレーション2
春の花に比べるとひと回り小振りですが、多くのバラが暑さでかなり貧相になっている中、
格段の美しさを維持しています。

最近バラゾウムシに加えて、ルリマルノミハムシという米粒大の丸くて黒い光沢がある虫が
バラの花に潜り込んで花を食い荒らすことが増えているのですが、
この花は幸い、目立った被害をほとんど受けていません。



ジュビリー・セレブレーション3
まだ無傷の蕾が2つ控えています。

今日は暑さが一段落したので、上手くいけば続いて咲く花も奇麗に咲いてくれそうです。



ジュビリー・セレブレーション4
暑さが一段落、と言えば、昨夜から今朝にかけて思ったほどの雨は降らず、
僅かに葉や地面を湿らせた程度でしたが、庭で写真を撮っているうちに、
霧雨のような通り雨が。

霧状の雫は、縮小したこの写真ではあまりよく見えないですね。



同じ花壇の傍らで、今年新たに導入した2品種目のエキナセアの開花が始まりました。

エキナセア・プルプレア
本来はもう少しピンク色の筈なのですが...



今日は七夕でしたが、曇りがちの一日で、久々に30℃を割り込みました。
このところ10日ほど続いた真夏日が一時ストップ。
ただ、気温の割には蒸し暑く、夜になってもあまり気温が下がりません。

明日からはまた暑さが戻るようですが、当面天気は今ひとつ不安定で、
梅雨明けとなるかどうかは微妙な状況のようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/07(木) 23:59:27|
  2. ジュビリー・セレブレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美人薄命

パットオースチンの2番花が咲きました。

パットオースチン1
イングリッシュローズの中でも、一二を争うほどの足の速さで、
あっという間に咲いて、あっという間に散ってしまいます。


パットオースチン2
ただ、同じ足が速いバラでも、例えばジュリアのように開きかけた姿が美しいバラの場合、
その美人でいる期間は春の花でも下手をすると半日程度、今の時期だと朝に庭に出た時には
すっかり開き切ってしまい too lateということが珍しくありません。

その点このパットオースチンは、ここまで開いた姿がベストで、
このままの状態で1~2日咲いてから突然バサっと落ちる、そんなバラです。

「美人薄命」という言葉は、たぶんこういうバラに当てはまるのでしょう。

ジュリアのように若い娘の頃はお嬢様然とした美人でも、
あっという間に恥も外聞もなく「全開」となってしまうのは今ひとついただけません。

その点このバラは、美人姿のままあっという間に儚く散ってしまいます。

イングリッシュローズには短命、長命を問わずそんな傾向のバラが多いですが、
美しいまま散るバラ、というのはおそらくデービッド・オースチンの育種哲学なんでしょうね。



ジュビリー・セレブレーション
一方、こちらは花持ちがとても良いイングリッシュローズの代表格、
ジュビリー・セレブレーション。
最初の2番花の開花が始まりました。

おそらく明日の朝には奇麗に開花していると思いますが、
こちらは、この暑い時期でも美しい状態のまま何日間か咲き続けます。



アジサイが満開
こちらは、テラスのバラ鉢の中に紛れ込んだようにポツンと一房だけ咲いている満開のアジサイの花。

バラの花と単純に比較するのはどうかとは思いますが、
こちらは花持ちにかけては抜群。
そのままずっと放置しても最後はドライフラワーになるまで咲き続けます。

来年も花を見たいのなら、ドライフラワーになるまで放置するのはご法度で
必ず7月中には剪定して切り戻さないといけませんが。。。

因みに、手前に見えているバラのシュートですが、
明るい緑色はレッド・カスケード、赤いのはセプタードアイル。



明日の朝にかけて久々に雨になりそうです。

そしてもしかすると、この雨がこの梅雨最後の雨になるかもしれません。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/06(水) 23:59:10|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨は空振り~梅雨明け近し?

昨晩(7/4)の時点では夜半に大雨のおそれあり、という予報でしたが
結果は見事に空振り。
うちの辺りでは結局一滴も降らなかったようです。


ただ、昨日から今朝にかけては強い南寄りの風が吹き荒れて・・・

割れたテラコッタ
階段に置いていた背丈の高い鉢植えがいくつか倒れ、
そのうちのひとつのテラコッタが派手に割れてしまいました。


階段に置く場合、やはりテラコッタや陶器鉢は危険です。
(というより懐直撃が痛すぎます。)

今回割れてしまったのは高々3桁前半の超割安のものでしたが、
中にはそこそこの鉢も少なくないのでやはり要注意です。


鉢が割れてしまった株は、今朝、出勤前の応急処置として
根鉢をコンビニ袋でくるんで急場を凌ぎましたが、
今度の週末にはひと回り大きなプラ鉢に植え替える予定です。




雨が空振りに終わって、結局、いよいよ梅雨明け近しと感じずにはいられないお天気でしたが、
今朝の庭の様子から2,3枚を。


アンジェラの2番花
アンジェラに2番花が開花しました。
まだ1輪だけですが、これからは長く伸びた枝先にポツリ、ポツリといった感じで咲いていきます。



ピエール・ド・ロンサール
ピエール・ド・ロンサールにも代わる代わる2番花が咲き続けていますが、
なかなか見やすい位置にうまく咲いてくれません。
今度の花は、アーチの陰にもならず、花の向きも悪くありません。
1~2回りほど小ぶりでボリューム感に乏しく本来の姿からはだいぶ見劣りしそうですが、
今のところバラゾウムシの被害も目立っていません。



梅雨明け近しといった雰囲気の中、何故か今年は大きく遅れて
斑入り葉のヤマアジサイが開花しました。

ヤマアジサイ・九重山
ヤマアジサイ「九重山」

来年の花芽形成のためには7月中には剪定を済ませないといけないので
余り長くは花を楽しめそうもありません。

因みにもう一つのヤマアジサイ「藍姫」はとっくに花が終わっていて、すでに剪定を済ませました。


週間予報によると、やや雲は多めながらも向こう1週間、雨マークはなく、
30℃以上の真夏日が続く見込みです。

どうやら、いつ梅雨が明けてもおかしくない、そんな雲行きとなりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/05(火) 23:59:35|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

4th of July と花火

7月4日。

日本じゃただの7月4日ですが、アメリカでは独立記念日。
1776年の独立宣言を記念する祝日で、正式にはIndependence Dayですが、
単に"4th of July"という呼び方の方が一般的。

もう十数年になりますが、かつてのアメリカ暮らしを思い出します。

日本のように梅雨がないので、季節的にはまさに夏本番。
各地で花火が上がって、家族揃ってバーベキューを楽しみます。

ちょうど日本のお盆の頃のように、前後の週末と繋げて夏休みを取るのが多いのもこの時期。
と言っても、ヨーロッパのように長期のバカンスっていう雰囲気はないですが。。。



ところで今年の日本はと言えば、大震災の影響で各地で花火大会の中止が相次いでいるようです。

横浜では、夏に2回ある花火大会のうち一つが中止。
花火業者は東北地方に多いらしいので、一体何のための中止なのか?

東北地方では震災被害にもかかわらず多くの花火大会や夏祭りが予定どおり開催されると言うのに、
本来、これを励ますべき無傷の地域で中止になり、結果的に東北地方の花火業者の仕事が失われる。

何という不条理なのでしょう。

いっときの過度の自粛ムードは今や完全に収まってきましたが、
今になって初めて過度の「自粛」の愚かさに気づく。
どうして、日本人はその時々のムードに安易に流されてしまうのか。
あとになって「何であんなバカな判断をしたのか」、ということが余りにも多すぎます。

もう今や「後の祭り」ですが、来年こそは是非とも復活して欲しいものです。



さて、我が家の庭では、夏の花火のように賑やかではないものの、
バラの2番花に加えて、夏の草花が地味ながら開花し始めています。


ルリタマアザミ
ルリタマアザミ
先日から何度もご紹介していますが、小さな打ち上げ花火のような蕾は、一向に瑠璃色の開花が始まりません。
開花しなくてもこれはこれで結構目立つので、十分楽しめますが。。。



↑のルリタマアザミの背後に写っているテラス前の様子です。

テラス前のバラ
貧弱な花が殆どですが、代わる代わる鉢バラの2番花が開花しています。



エキナセア・プルプレア・アルバ
エキナセア・プルプレア・アルバが開花しました。
これからさらに花芯が丸く盛り上がり、花弁はもっと下垂するように開いていきます。



バーベナ・リギダ・ベノーサとニゲラ
バーベナ・リギダ・ベノーサとニゲラの種袋。

バーベナ・リギダは立ち性の宿根草。
背丈30-40cmで小花を次々と咲かせます。

ニゲラは春の花が終わり、風船のように種袋が膨らんでいます。
この週末に茶色く熟し始めた「風船」から、真っ黒なゴマ粒のような種を採取しました。



今日は最後にこの1枚でお別れです。

クレマチス・プリンセスダイアナ
クレマチス・プリンセスダイアナ



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/04(月) 23:59:01|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真夏モードの中、2番花開花中

このところ、完全に空梅雨気味で暑い日が続いています。

現在6日連続の真夏日を記録中。このまま梅雨が明けてしまうのでしょうか?


あまりの暑さに、折角の週末も庭仕事は朝と夕方の最小限に限られます。

今日の芝庭
西洋芝の庭は早くも夏バテ状態。

長い雨続きによる日照不足と多湿で病気が多発し弱り始めていたところへ
いきなりの猛暑の連続であっという間に枯れてしまいました。


暑さでどうやら休眠に入ったようで、成長はほとんどストップ。
もう手遅れながら、これ以上ハゲが拡大しないように、本日夕方、殺菌剤を散布しました。
 (散布した殺菌剤)
   ラリー水和剤(ミクロブタニル)
   オーソサイド(キャプタン)


新雪
新雪は2番花が咲いたハナからどんどん散っていきます。
まだ蕾はたくさん残っていますが、今日の夕方、高枝鋏で終わった花ガラを切り落としました。



ウィリアム・モーリス
ウィリアム・モーリスの2番花が次々と開花し始めていますが、
バラゾウムシの被害が目立ち始めました。

蕾の段階でかじられて萎れてしまうものも多く、
なんとか咲いても花びらの縁の部分が傷んでいるものがほとんど。

見つけ次第"テデトール"していますが、薬剤も殆ど効かないのでお手上げです。
因みに、バラゾウムシの捕まえ方ですが、指で捕ろうとしてもすばしっこく逃げてしまいます。
虫のいる蕾や葉の下に手のひらを添えてもう一方の指先で突っついてやると
手のひらの中に落ちてきます。あとはどうぞご自由に。。。


ウィリアム・モーリスとクレマチス・プリンセスダイアナ
こちらはまだ被害を免れていますが。。。



クイーンエリザベス
階段の上のクイーンエリザベス。
毎朝の水やり以外、ほとんどど目が行き届かず放任状態ですが
丈夫に育って勝手に花を咲かせています。



クラウンプリンセス・マルガリータ
クラウンプリンセス・マルガリータ
一昨年、虫に食われて枯らしてしまい、去年の秋に大苗で再入手しましたが、
今度は今のところ順調です。
ベーサルシュートが順調に伸びて、花の高さを追い越しました。
できればこのままシュートを3m近くまで伸ばしたいと目論んでいます。
上手くいけば来年はアーチへの移植を構想中。



ピエール・ド・ロンサール2
今日の最後はピエール・ド・ロンサール。



ピエール・ド・ロンサール
小さめな花はなかなか下を向いてくれません。
この花あたりは明日にはもう少しで下を向いてくれそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/03(日) 23:59:42|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暑さの中で

今日から7月。

雲が多いながらも蒸し暑く、32.5℃まで上がりました。


暑い中、次々とバラの2番花が開花しています。

ウィリアム・モーリス1
ウィリアム・モーリス



ウィリアム・モーリス2
昨日はまだ開きかけだった花が、一気にロゼット咲きにまで咲き進みました。
バラゾウムシがあちこちで花や新芽を食い荒らしていて、
この花も開きかけた頃に少々かじられたようです。



黒蝶1
黒蝶



黒蝶2
こちらは抜群に花持ちが良いバラなので、この暑さの中でも開花はゆっくり少しずつ。
花弁が厚いので、少々虫につつかれた程度なら傷みはほとんど目立ちません。



マジックカルーセル
マジックカルーセル
大柄のミニバラ。
「つるマジックカルーセル」として村田ばら園から購入しましたが、
先祖返りしてしまったらしく、つる性が減退して株高7-80cm程度までしか伸びなくなってしまいました。
今は、フロリバンダ的な剪定で楽しんでいます。

花はミニバラサイズですが、プリンセス・ド・モナコやニコルのミニ版といった雰囲気で、
1年を通して咲き続けてくれます。



ジュリア
ジュリア
先日ご紹介したとき、花の脇に見えていた蕾が開花しました。
連日の暑さに咲き急いだ結果でしょうか。先日の花よりかなり貧弱です。



ピエール・ド・ロンサール
ピエール・ド・ロンサール
アーチの上に、上向きで小さな花が開花しました。
春のサイズであれば、花の重みで横を向いてくれるのですが...

花が少々貧弱なのは仕方がないにしても、ピエールの売りである「顔」が見えないのは困ったものです。



ところで、ピエールのアーチの下に吊るしたハンギング鉢に、小さな見慣れない花を発見。

ネジバナ
ネジバナです。
オレガノ・ケントビューティーやコクリュウが植えられているハンギングですが
小鳥が種をどこかから運んできたのでしょうか?



明日からの週末は、曇りがちで一旦暑さが収まるようです。

と言っても、おそらくそれなりに蒸し暑いことは間違いないでしょうが、
猛暑でないだけでも大助かり。
多少は庭仕事ができそうでホッとしています。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

  1. 2011/07/01(金) 23:59:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。