芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏から秋へ

8月も今日まで。

昨晩から降り始めた雨から一転、
真っ青な青空が広がりました。

秋空

高い薄雲が広がって、完全に秋の空です。
台風接近ということもあってか、やや湿度はあるものの涼しくて気持ちの良い朝でした。


この後、直ぐに雲が広がって一日中晴れたり曇ったりの一日でしたが、
夜になってまた時折通り雨がぱらつき始めました。


明日から週末に掛けて降り続く台風の雨を境にして、
どうやら季節は秋へと移っていくことになりそうな気配です。




秋らしく澄んだ空気の中、昨晩の雨の雫が朝日に照らされて輝いていました。

品種不明のバラ
昨日ご紹介した品種不明の切花品種のバラ。



パットオースチン
雨の重みで下を向いてしまったパットオースチン。



アンティークレース
雫をたっぷりと蓄えたアンティークレースと
成長著しいセプタードアイルの新枝(手前)。



ジュリア
開花目前のジュリアの蕾。



今日の写真は、いつものようにRAWで撮影後、雫を際立たせるために敢えて露出(明るさ)を抑え目にし、
若干コントラスト(明暗差)を高めに調整しました。
(CANON 一眼付属の現像ソフト、Digital Photo Professional(DPP)で調整)



明日から9月ですが、台風が接近中です。
進路予想が昨日よりかなり西寄りに変わりましたが、どの進路を取るにせよ
各地への影響が避けられないコースとなりそうです。

気持ちよく9月のガーデニングシーズンを迎えられるよう、どうか皆様、くれぐれもお気を付け下さい。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/31(水) 23:27:44|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

台風北上中

日本のはるか南の海上を台風がゆっくりと北上しています。

このままいくと、9月2日(金)頃に関東地方を直撃しそうな進路予想が出ています。


毎年この季節、台風がやってくるのは避けられないのですが、
もし予報どおり関東直撃、東北縦断コースだと、かなりの被害が避けられないかもしれません。

この週末、アメリカ東海岸をハリケーン・アイリーンが直撃しましたが、
以前NYに3年暮らした経験上も、ハリケーンなんて全く気にしたこともありませんでした。


NY全市に避難命令とか、日本ではとても考えられないですが、
数年前のカトリーナの経験もあって、彼の国は危機管理のスケールが違います。


もちろん、今回のハリケーンにしろ、ワシントンDC近くのM5.8の地震にしろ
100年に一度あるかないか、ということらしいので
日頃から災害に慣れた日本の防災レベルとは雲泥の差、ということも背景にあるんでしょうけど...



いずれにしても、我が家の庭にも「避難命令」発動が避けられないかもしれません。

階段に並べた多くの鉢は大部分避難させないととんでもないことになってしまいそうです。
明日の朝から少しずつ移動を始めます。



フィカス・ウンベラータ 1
避難すべき鉢は数多くありますが、これがまず筆頭。



フィカス・ウンベラータ 2
観葉植物のフィカス・ウンベラータ。

ゴムの木の一種なので、夏の間は外に出して樹勢回復をさせていますが、
背丈が1.5m以上あるため、強風にはとても耐えられそうもありません。

暴風で倒れでもするとせっかく奇麗に展開したハート型の葉が傷んで台無しになってしまいます。


このほか、バラやクレマチス、サガエなどの大型ギボウシ、日陰で待機中のクリスマスローズ・・・
全部で数十鉢になりそうです。



避難先は...

芝庭の様子
できるだけ軒下のテラス内に取り込みますが、入りきらない分は
禿げ上がって砂を入れたばかりの芝庭に、なるべくひとかたまりにして並べることになりそうです。




最後に、剪定を間近に控えたバラたちを。

品種不明のバラ
花束から再生した名称不明の切花品種。
蕾をバラゾウムシやルリマルノミハムシにかじられて、折角の花びらがボロボロです。



アンティークレース
アンティークレース
こちらは、昨日ご紹介した花の直ぐ上で房咲きになりそうな様子。

とても花持ちが良いバラですが、このままでは満開時期が運悪く台風直撃と重なってしまうかもしれません。




台風一過となる今度の週末は、バラの剪定や春の花の種まき、
冬越し用の挿し木などかなり忙しくなりそうですが、
何とか無事に週末を迎えたいものです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/30(火) 23:59:01|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日本丸

帆船・日本丸といえば...

横浜・みなとみらいに展示されている帆船を連想しますが、


もうひとつの日本丸が横浜・大桟橋に停泊中です。

日本丸II 1



日本丸II 2

日本丸は昭和5年に建造された大型訓練帆船を引き継ぎ昭和59年に就航した二代目で、
同型の姉妹船・海王丸とともに航海訓練所に所属しています。


横浜港大桟橋には8月26日(金)から寄航、停泊中ですが、日曜日の午後に大桟橋まで出かけてきました。



冒頭に触れた初代日本丸は退役後、みなとみらいのランドマークタワー脇の
石造りドックに係留・展示されて、山下公園の氷川丸とともに港町・横浜のシンボル的存在となっています。

初代・日本丸
初代日本丸(2010/7/4撮影)



写真だと小さく見えますが、全長110m、メインマストの高さは甲板から43.5m。

日本丸のマスト



日本丸のマスト 2

明日、8月30日8:00には出港するようです。
http://www.kohkun.go.jp/position/index.html



さて、今朝の庭の様子から。


ジュリア
昨日ご紹介したジュリアは、1日でここまで開きました。



黒蝶
黒蝶は、この季節としては異例なほど次々と開花中。



アンティークレース
アンティークレースの3番花が開花し始めました。
この写真の上、右側の太い枝の先でも房咲きの蕾が綻びつつあります。



今日もよく晴れましたが29℃台止まり。
関東直撃コースで接近中の台風の進路が気になりますが、
何とか無事にやり過ごして気持ちよく9月ののガーデニングシーズンを迎えたいものです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/29(月) 23:34:17|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

8月も終盤へ

8月最後の週末。
長らくぐづついたお天気が回復して、太陽が戻ってきましたが
日差しの割には気温は29.9℃と僅かに30℃を下回りました。

いよいよ秋が近づいてきたという感じです。
日の高さも少し傾いて、これまでほとんど日が差さなかった南向きのテラスの中にも
少しずつ日が届くようになり始めました。



そんな初秋の気配を感じさせる日差しの下、
これまでは暑くてとても無理だった三脚を立ててのマクロレンズでの撮影。

心地よい汗を流しながら、たっぷり時間をかけて写真撮影を楽しみました。


ジュリア
ジュリア
少し貧弱で恰好も良くないですが、夏の花としては良いほうの部類でしょう。



黒蝶
黒蝶
このバラは、1年を通じて本当に良く咲いてくれます。
夏でも数日~1週間咲き続けてくれるバラはそう多くありません。

欲を言えば、難点は香りがないことぐらい。

もちろんこのバラ単独でもたっぷりと楽しめますが、
ピンクをはじめ淡い色が主体のバラ中で、景色を引き締めてくれる役回りでもあります。



クレマチス・テンテル1
クレマチス・テンテルが返り咲きました。



クレマチス・テンテル2
ビチセラ系の小振りの花ですが、花色は個性的。

ジャックマニー系などの強剪定品種は8月中に剪定を済ませれば、秋にもう一度咲いてくれる可能性大。
今日は切り損ないましたが、できるだけ2,3日中の朝の出勤前に切っておこうと思います。


バラの方は、早咲き、遅咲きの品種にもよりますが夏(秋)剪定から開花までおおよそ50日程度が目安。

もっとも美しく秋バラが咲く10月下旬~11月初旬から逆算して、
9月第1、第2週の週末辺りが適期といったところでしょうか。

いよいよ秋の忙しいシーズンが目前に迫ってきました。



最後に、記録のために。

土曜日に、先日砂を入れた芝庭に追加で砂を入れました。
雨続きで殺菌剤の散布を見送っていたこともあって、また藻が発生し始めていたので
全体に砂を掛け直して光を遮断。
その後から殺菌剤を散布して、生き残った芝のこれ以上の病気防止と、藻の菌糸の繁殖を抑制します。

晴れ上がった今日は、目論見どおり砂の表面が乾燥して藻対策としては上々でしょう。

(散布した殺菌剤など)
  ダコニール(TPN)
  オーソサイド(キャプタン)
  液肥500倍


芝庭の方は、9月第3週、第4週の週末の連休を使って全面リセット、種まきの予定です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/28(日) 23:59:13|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朝は秋空も...

今朝は久々に青空。


秋の空1
秋を感じさせる高い薄雲が掛かっていました。
赤いバラの花はカクテル。



秋の空2
オベリスクの頂上に立てた2本の支柱の先端近くまで伸びたつるアイスバーグ。



このまま1日中カラリと晴れてくれれば良いのですが、
お昼頃には蒸し暑くなり、怪しい雲が広がり始めました。


そして夕方には激しい豪雨。
東京は、羽田空港が一時閉鎖、新幹線も一時運転見合わせになるほどの物凄い豪雨でしたが、
横浜の我が家周辺は、一時的に強く降ったものの、豪雨という程ではなかったようです。



それにしてもここ1週間ほど、毎日のように雨が降ります。

不気味なキノコ
連日の雨で、水やりがほとんど不要で助かっていますが、
地面が湿りっぱなしで、こんな不気味なキノコが生えてきました。

以前にも枯れてしまった芝庭に同じオレンジのキノコが生えたことがありますが、
ネットで調べても正体不明で、芝に生えた事例を2,3発見できたのみ。
柄がない球状のキノコで、潰すと中はドロリとしたペースト状。
以前の経験では、時間が経つと茶色く変色して、中に粉状の胞子を形成するようです。

殺菌剤を散布しておけば特に被害が広がるような代物ではなさそうですが、
とにかく見た目が気持ち悪いことこの上なし。


明日も雨が降ったり止んだりの天気になりそうですが、
雨が上がったのを見計らって殺菌剤を撒いておこうと思っています。



最後に、昨日開花したジュビリーセレブレーションのその後の様子をご紹介して、今日はここまで。

ジュビリーセレブレーション




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/26(金) 23:22:31|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雨の中、今日も咲きました

今日も朝から小雨がぱらつきましたが、
朝のうちだけで、それ以降はほとんど降らずに済みました。

日中も思ったほど暑くならずに、30℃を少々割り込んで、
もしかすると秋は案外近いのかもしれません。



そんな小雨がぱらつく中、昨日咲いたばかりのジュビリーセレブレーションが
次の花をつけました。

ジュビリー・セレブレーション

いつ咲いても美しい姿を損ないません。



ジュビリーセレブレーション2
さすがにこの時期は、長く咲いても2-3日の寿命ですが、
ひと頃に比べると、コガネムシは目に見えて少なくなってきたし、
ルリマルノミハムシやバラゾウムシもあまり見かけなくなってきたような気がします。



黒蝶1
そして長持ちといえばこちらの黒蝶。



黒蝶2
雨の雫をたっぷりと蓄えながらも、もう何日咲き続けているでしょう。

確か、最初の花からすでに1週間あまり。
引き続いてまだまだ蕾が上がっています。

どうやらこのまま、9月の秋剪定の頃までしっかりと咲き続けてくれそうです。



向こう1週間、9月に入るまでこんな感じのすっきりしない天気が続きそうな雲行き。

南の海上では2つの台風が日本列島へ向けて北上の兆しを見せています。

台風の進路次第で残暑や秋雨のパターンが大きく変わって来そうですが
出来ればこのまますんなりと秋の空に切り替わってほしいものです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/25(木) 23:59:13|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋はまだ?

昨日、24日は暦の上で処暑。

「暑さが峠を越えて後退し始めるころ」(Wikipedia)とありますが、
逆に残暑がぶり返してきました。
この二十四節気は、もともと中国でつくられたものなので、特に温暖化が進んだ最近の日本の気候とは
ズレが大きくなっているようです。

今日の横浜は31.8℃まで上がり、朝も熱帯夜寸前の蒸し暑さでした。



さて我が家の夏の庭は、暑さで手を抜いていることもあり、相変わらず季節感のないボサボサ状態なのですが...

ルリタマアミ
ルリタマアザミはもうすっかり終わってしまい、黒っぽく変色しつつあります。

種を採りたいところですが、ざっと指先で探ってみたところ、種が出来にくい品種なのか
種は一つも見つかりませんでした。

近いうちに切り取ってもう一度探してみるつもりですが、
去年は僅か一粒しか見つけられず、今年もあまり期待できないようです。




ジュビリー・セレブレーション
あと1週間ほどで月が替わり、バラは秋の剪定時期をまもなく迎えますが、
ジュビリーセレブレーションが今日も一輪開花しました。

背景はカラミンサ・ネペタ。
暑さに負けることなく、白い小花がいっぱい。
シソ科calamintha属。ミントの香りがします。



さて、残暑がまだ続きそうですが、いつまで暑さが続くのでしょうか。


今朝、テラスを片付けてそのまま置いてあったゴミ袋に、こんなものを見つけました。

アブラゼミの羽化
アブラゼミが羽化していました。
昨晩のうちに庭の地面から這い出して、偶然、目の前にあったゴミ袋に取りついてしまったようです。
何年も土の中で居て、ようやく這い上がったのがゴミ袋だったとは何とも気の毒ですが、
この後、無事飛び立ったようです。
果たしてちゃんと樹液にはありつけたのでしょうか?



樹上ではまだ、アブラゼミやミンミンゼミがうるさく鳴いていますが、
今日のお昼休み、この夏東京では初めてのツクツクボウシの鳴き声を聞きました。

ツクツクボウシが鳴き始めると、もう秋はすぐそこ。

去年のように9月になっても猛暑が異常なほど長く続いた例もあるので油断は禁物ですが、
セミも本能で感じ取ったところがあるのでしょう。

セミの季節感の正しさに是非とも期待したいところです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/24(水) 23:59:58|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

露出補正とピクチャースタイル

今日も朝からひんやりと雨が降る一日。

お昼過ぎには止みましたが、最高気温は23℃どまり。
10月上旬並みの涼しさでした。



さて、先日少し触れたピクチャースタイルに関連して、色々とコメントをいただいたので、
特に色の再現が難しい黒バラの撮影と調整について、実例をご覧いただきましょう。

(一眼をお持ちでない方でも、露出補正の効果は十分参考になると思います。)



サンプルは、先日の花火の日にご紹介した黒蝶。

黒蝶
これが、先日(8/17)UPした黒蝶の写真。



この写真は、先日も書いたようにいつものようにRAWモードで撮影して、
後から画像の明るさの調整、ピクチャースタイルの選択を行っています。


まず、撮ったままの写真から。

黒蝶(撮ったまま)
(撮影データ)
 Body: Canon EOS Kiss Digital X, レンズ: EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM
 撮影モード: 絞り優先オート, Tv: 1/50, Av: 5.6 ISO: 100
 露出補正: -0.67, 焦点距離: 68mm,
 ホワイトバランス: オート, ピクチャースタイル: スタンダード

黒バラは実際より赤色が明るく写ってしまう傾向があるため、予め露出補正-0.67(-2/3)をかけてあります。
露出補正の効果で、このままでもOKなくらいまずまずの出来。
ほんの少し、まだ赤が派手すぎるかな、という感じです。



では、もしも予め露出補正をかけずに完全オートで撮影したとすると...

黒蝶(露出補正なし)
こうなります。(カメラ付属のPCソフト、Digital Photo Professional (DPP)で補正。以下同様。)

露出補正なしの完全オートだと、実物よりかなり明るい赤になってしまいます。



そこで、DPPで露出補正を撮影時の-2/3から更に-1/6追加して、-0.83(-5/6)に。

黒蝶(露出補正-0.83)
これでかなり実物の雰囲気に近づきました。
ただ、まだ黒バラの深い赤が十分に表現しきれていない気もします。



ここで、ピクチャースタイルを変えてみましょう。


2-4枚目の写真のピクチャースタイルは、すべて「スタンダード」ですが、4枚目を「風景」にしてみると...

黒蝶(露出補正-0.83 風景)
赤や緑の華やかさが増して、パッと見は鮮やかでメリハリも効いた絵になりますが、
黒蝶本来の落ち着いた赤とは正反対の方向になってしまいました。

因みに、明るい色の花や葉を「風景」で撮ると、メリハリの効いた色鮮やかな明るい印象の写真になります。
また、紅葉や青空の入った風景写真では、オレンジや青がより強調されます。

赤バラと並んで色の再現が難しい紫色のクレマチスなどの場合には、風景モードではやや青が強調され過ぎて、
実際より青っぽく写ってしまう場合があるので要注意です。



では、ピクチャースタイルを「ニュートラル」に変えてみましょう。

黒蝶
はい、これで赤が落ち着いた色になり最初の写真になりました。(併せてシャープネスを0から4へ変更)


黒バラの場合、経験的には露出補正を-1EV前後、
ピクチャースタイルはスタンダードないしニュートラルが最適ですが、
今回もほぼそのような結果になりました。



なお今回、ホワイトバランスはオートのままで大丈夫でしたが、晴れや曇り、日陰など、
撮影時の条件によってはオートホワイトバランスがずれてしまう場合がたまにあります。
日中の屋外で撮影する限り、夕日とか電球下など極端な条件でなければ、
ホワイトバランスが狂うことはそう多くありませんが、
朝の青空の下の日陰で、まれに青っぽく写ってしまう場合があるので、
そんな時は「太陽光」や「くもり」などに変えて試して見てください。



今回の例は、RAWモードで撮影して、後からPCソフトのDPPで調整、設定を行って現像(画像処理)しています。

RAWではなくLモードで撮影する場合は、この調整、設定を撮影前にあらかじめ行っておき、
あとはカメラ内臓のマイコンが撮影と同時に現像(画像処理)を終えてしまうことになります。


実は、画像処理の内容自体はどちらも同じなのですが、これを予め設定しておきカメラに自動でやらせるか、
後から実際の画像を見ながら調整、設定するかの違いでしかありません。

一眼のオート撮影はかなり精度が高いので、ほとんどの場合は何も考えず押すだけでも
それなりの写真が撮れてしまいます。
RAWモードは後から手間が掛かるし、メモリー容量も3-5倍程度多く消費するので、
ある程度一眼に慣れて、オートだけでは物足りない、もっと絵づくりを楽しみたい、という方むけですが
面倒くさいことは嫌だという方にも、撮影時の設定による写りの違いが手に取るように分かるようになるので、
好奇心や向上心旺盛な方は、一度試してみることをお勧めします。

http://cweb.canon.jp/camera/dpp/


以上は、Canonの一眼での例ですが、Nikonほか各社それぞれモードやスタイルの呼称、
数値の目盛り単位などが微妙に違う場合がありますが、詳しくは取扱説明書や
市販のガイドブックを参照してみてください。




最後に、今朝の庭から。


黒蝶
雨の中、テラス側から見た黒蝶。

背景は、シェードガーデンのギボウシ。



レッドカスケードとセプタードアイルの新枝
レッドカスケードと、新枝の成長著しいセプタードアイル。




涼しさも今日まで。
明日からは残暑が始まるようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/22(月) 23:59:06|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

芝庭への砂入れ

朝からヒンヤリとした小雨模様。

一日中20℃前後を行ったり来たりで、午後からは一時的に止んで時折霧雨が降る程度に。


そんな訳で、昨日の芝庭の作業の続きです。


芝庭への砂入れ1
午前中にHCに出かけて買ってきた川砂を薄く撒きました。

昨日のレーキ掛けでも残ってしまった枯れ芝や藻のかさぶたを手作業で取り除きながら
土の地面が見えなくなる程度まで薄く砂を撒きました。



芝庭への砂入れ2

これで取り残した藻に光が当たらなくなり、地面が常時湿った状態になりにくくなるので
再度の藻の繁殖が防げます。本当はこの後でダコニールなどの殺菌剤を散布するつもりでしたが、
再度雨が降る予報だったので今回は見送りました。

代わりに、庭全体にひと通り砂撒きが終わった後で、コガネムシの幼虫対策で
庭全体にオルトラン粒剤をパラパラとばら撒きました。

もちろんバラ鉢にも。

この時期、コガネムシは土の中の卵が孵化した直後で、オルトランで十分退治できます。
まだ一部孵化していない可能性もあるので、念のために9月初旬頃に再度撒いておけばほぼ万全でしょう。



品種不明のバラ
今日も新たにバラが開花しました。

7月26日にもご紹介した、花束のバラから再生した品種不明の切花品種。


切花品種らしく花首が随分と長く伸びて、背丈と同じくらいの高い位置で花を咲かせました。
本来はアプリコットピンクの覆輪が入るのですが、暑さのせいか色が薄いようです。




さて、週明けからはまた少し暑さが戻ってくるようです。
ただ、さすがにこれまでのような猛暑にはならないようなので一安心。

そうは言っても、一旦涼しさに慣れた身体には、実際の数字以上に暑く感じるかもしれませんが...



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/21(日) 23:43:37|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

芝のレーキ掛け作業

今日の横浜は最高気温25.3℃。
涼しくなって久し振りにじっくりと庭で作業が出来ました。

今日は、先日少しご紹介した芝庭に発生した藻や枯れ芝を、レーキ掛けして取り除きました。


西洋芝のレーキ掛け
すっかり禿げ上がった箇所も含めて芝は伸び放題。
長いところでは15cm近くまで伸びていたので、まずは3-5cm程度まで手刈りしてから
金属製レーキでガリガリと。

昨日の雨で柔らかくなった「かさぶた」状の藻や、枯れて腐ったり、根が弱って枯れてしまった芝が
気持ち良いほどに根こそぎ取れていきます。

かさぶたの取り残し部分は右側のハンドレーキでさらに剥がして丹念に取ってやります。

薮蚊に悩まされながらも2時間余りで粗々の作業が終わりました。

明日は雨が心配ですが、もし大丈夫なら、残った芝の根の保護を兼ねて
取り残した藻が再度繁殖しないように砂を入れてやろうと思っています。

9月中下旬の芝の種まきに向けて、それまでの間に殺菌や、踏み付けで堅くなった土壌へのスパイキングなど
少しずつ準備を整えていきます。



さて、涼しくなったのを見計らったかのように、立て続けにバラが開花しました。


ジュビリーセレブレーション
ジュビリーセレブレーション



パットオースチン
パットオースチン



黒蝶
黒蝶
最初の花はロゼット咲きに変化して、副蕾も開花が始まりました。


3番花以降のこの時期は、2番花までのように同時に一気にとはいきませんが
待機中の蕾がちらほら見受けられます。

とは言ってもあと2-3週間で秋剪定の時期なので、
花には余り期待せず、剪定までの間にしっかりと光合成に励んでもらい
秋バラへの栄養をたっぷりと溜め込んで欲しいものです。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/20(土) 23:59:03|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨のち涼

あれだけ暑かったのがウソのように涼しくなりました。

今朝も27℃以上の蒸し暑い熱帯夜で明けて、すぐに30℃超えの暑さになり始めましたが、
お昼頃から激しい雷雨になって一気に22℃前後まで急降下。


どうやら猛烈な暑さはこれで峠を越えて、だんだんと涼しくなり始めるようです。



ペニセツム・ウィローサム
ペニセツム・ウィローサム(ギンギツネ)
涼しくなるのを見越したかのように、秋の雰囲気を漂わせる白い穂を立ち上げ始めました。

「ギンギツネ」にしてはちょっと穂が貧弱な感じです。
格安で手に入れたちょっと怪しげな苗だったので本当のギンギツネかどうか確信は持てませんが...



ギボウシ・ハルシオン
ギボウシ・ハルシオン

他のギボウシからはかなり遅れて花が咲き始めました。
普通のギボウシは殆どが6月頃に開花するのに、このハルシオンだけは盛夏の頃。
因みに去年の開花は7月下旬だったので、今年は格段に遅いと言えそうです。
7月下旬から8月初旬にかけて一度気温が下がったのが影響しているのかもしれません。



さて、バラの方ですが、少しずつ順番に咲き続けています。

ジュリア
ジュリア

3番花が開花しました。
もともと足が速いバラなので、この暑さの影響で貧弱なのは仕方がありません。
やや成長力が乏しくシュートも出にくいバラなので、本当は無理に咲かせることもなかったのですが...




黒蝶
黒蝶 (2011/8/18)

花火大会の日(8/17)にご紹介したばかりですが、こちらは暑さの中でもゆっくりと開花します。



今回から、写真のピクチャースタイルを変えてみました。

ピクチャースタイルとは、カメラにプリセットされている色の味付けのようなもので、
キヤノン機はピクチャースタイル、ニコン機はピクチャーコントロールと呼ばれて、
スタンダード、ポートレート、風景などの選択肢の中から選んで使います。

これまで、ほとんどの場合標準設定の「スタンダード」を使っていますが、
その名のとおりごく一般的な色調で、特にクセのない絵づくりですが、やや華やかさに欠ける面があります。
これまで、紅葉や海など特に色鮮やかさを強調したい被写体には「風景」を多く使ってきましたが、
花では派手過ぎるのでほとんど使うことはありませんでした。

以前から、もう少しメリハリを利かせて、色の深さをもっと積極的に表現したいなと思っていたので、
今回、初めて「ベルビア100F」、「ベルビア100」というピクチャースタイルを
ネットからダウンロードして使ってみました。



「ベルビア」というのは、色彩の鮮やかさに定評のあった富士フイルムの銀塩フィルムのブランド名で、
ベルビアの色彩をデジタルで再現したのがこのピクチャースタイルです。
100の方がより鮮やかでメリハリが強く、100F の方は鮮やかながらもより忠実性を重視したセッティングです。

今回は100Fを使ったので違いはごく僅かですが、心もちメリハリの利いた深い色合いになっていると思います。
如何でしょうか?


因みにキヤノン機の場合ですが、AvやPなどの任意設定モードではなく、
お任せモードの(花マーク)を選択すると、かなり色鮮やかなセッティングになるようです。
私はこれまで一度も使ったことがありませんが...


RAWモードで撮影すると後からピクチャースタイルを自由に変えられるので、
そのうち、同じ写真でピクチャースタイルの比較テストなどもご紹介してみようと思います。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/19(金) 23:59:18|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

花火

今日も横浜は34.6℃と猛暑日一歩手前のとても暑い一日でしたが、
仕事帰りに横浜みなとみらいの花火大会に寄ってきました。


当初は横浜駅近くから眺めるつもりでしたが、目論んでいた場所は歩行スペース確保のため見物禁止。
仕方なく歩くこと15分ほど、横浜マリノスの練習グラウンド、マリノスタウンの先の広い原っぱで見物です。


横浜MM花火見物
海上の打ち上げ場所からは1kmもない比較的近くの良い場所に陣取りました。

花火は左隅の明るい照明の先の海上から上がります。

先日、炎天下で人のいない臨港パークの様子をご紹介しましたが、
あの原っぱは写真奥の木立の丘の向こう側、花火からは至近距離ですが、
例年、早くから場所取りが加熱していたようで、今年から有料入場のみになりました。


広い原っぱの一番手前、後ろに人が居ない場所に陣取って、控えめに三脚を立てて撮影しました。

横浜MM花火3




横浜MM花火2




横浜MM花火1




横浜MM花火9




横浜MM花火4




横浜MM花火5




横浜MM花火6




横浜MM花火7




横浜MM花火8


午後7時から約1時間、6000発の花火が一気に打ち上げられました。


花火を近くから一眼で撮影するのは今回が初めて。
4-5kmほど離れた自宅マンションから望遠で撮影するのとはやはり全然違います。
迫力はもちろんのこと、空気のクリアさも大違い。

花火の大きさによってズームの画角が全然違うので、大きすぎる花火が一部画面からはみ出すことも度々。
RAWで撮影して後から若干の色、明るさ調整と画面の縦横変更などのトリミングをしていますが、
全体としてはまずまず満足のいく出来で撮れました。


因みに撮影データは概ね以下のとおりです。(以下、フォーカスも含めすべてマニュアル設定)

SS: 3.0-5.0s, Av 8-11, ISO100, WB: 白色蛍光灯(一部、白熱電球)、三脚、シャッターレリーズ使用



各地の花火大会が大震災の影響で中止になりましたが、この花火大会も本来は8月初旬に開催される筈が
お盆明けにやや遅れて開催されました。

先日、東北地方の被災地10箇所で一斉に花火が打ち上げられましたが、
テレビで観て、胸を打たれるものがありました。

やはり日本の夏の夜には花火が似合います。

大震災の犠牲者の鎮魂と、一刻も早い被災地の復興、この国の再起と、
そして皆様のご健康を心から祈りたいと思います。



最後に、今朝の庭から。


黒蝶
また、黒蝶が咲きました。
暑い中、とても深い赤が印象的です。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/17(水) 23:59:59|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お盆休みが終わりました

お盆休みも今日まで。

あまりの暑さにほとんど家でのんびりと過ごしましたが、
今日は午後遅めから近場の海まで出掛けてきました。


横浜ベイサイドマリーナ1
我が家からは高速で30分あまり。



横浜ベイサイドマリーナ2
首都高速湾岸線を南下した杉田出口からすぐ近くの「横浜ベイサイドマリーナ」。

レジャー用ヨットやクルーザーのマリーナに、アウトレットモールが併設されています。



横浜ベイサイドマリーナ3
こじんまりとしたアウトレットモールですが、海に面した好ロケーションで、
買い物だけでなく、海辺のレストランでの食事やぶらり散策も楽しめます。



横浜ベイサイドマリーナ4
家族が買い物を楽しんでいる間、海辺でのんびりと。

今日も横浜は34.4℃まで上がって暑い一日でしたが、やや薄曇で日が傾きかけていたのと、
海沿いで心地よい風も吹いていたのでそれほど暑くは感じませんでした。



買い物が終わってから、三浦半島を一路南下。


油壺の夕日
三浦半島の先端近く、油壺で夕日を眺めてから三崎港近くのお鮨屋さんへ。

三崎のまぐろを堪能して、帰りは予想以上にガラすきの高速をスイスイと我が家へ。
例年、夏の三浦半島は大混雑する筈なのですが、これも津波と放射能の影響でしょうか?


都合、僅か数時間のショート・トリップでしたが、
徹底的にのんびりと過ごしたお盆休みの締めとしては上等のひとときでした。




昨日、今日と暑さの中、庭ではほとんど変化はありません。

ニゲラ
すっかり終わってしまったニゲラの種袋。



さあ、明日から仕事に復帰します。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/16(火) 23:59:38|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

西洋芝の藻対策

連日暑い日が続きます。

今日も34℃超えで、日中はほとんど室内で大人しくしていました。


とは言うものの、8月もまもなく折り返し点。
また色々と忙しくなる9月を控えて、そろそろ色々と準備を始めないといけません。


ここ数日、朝の短い時間ながらちょっと気に掛けているのは西洋芝のこと。

先日ご紹介したように、西洋芝の状態はかなり酷くなっていますが、
9月下旬頃には毎年恒例になっている西洋芝の種まきをして、全面リセットしてしまいます。

そこで気になっているのは、芝が枯れた部分に蔓延している「藻」のこと。


芝庭に生えた藻対策1

芝が枯れて土が剥き出しになった部分を青黒くかさぶた状の層が覆ってしまっています。
写真は、そのかさぶたを一部レーキを使って剥がした様子です。



芝庭に生えた藻対策2

もう少し拡大した写真。
雨が続いて湿った状態が長く継続すると、病気で枯れた芝が腐って、土の表面を青黒い藻が覆ってしまいます。

ネットで調べてみると、蔓延っているのは藍藻類で、粘液を産生して土壌表面を覆い、
透水性、通気性が悪くなり、水や肥料、農薬の浸透を阻害して芝の活性が落ちるとのこと。

実際、カサブタ状になると、少々水やりしても藻が湿るだけで水が浸透しにくく、
剥がしてみると直下の土はカラカラのままで、これでは芝が枯れるのは無理もありません。


去年の9月10日にも、このことを採り上げていますが、最終的には全面的にレーキがけして
すべての「かさぶた」を剥がすにしても、今のうちから何か対策ができないか、と思案中です。


去年は、種まき前に一応レーキがけして取り除いたものの、種まき後に湿った状態が継続すると
一部で藻の繁殖が見られ、発芽直後の芝の生育に悪影響が見られました。


そのため、先ほどのネット情報にもあるように、暑い乾燥した日が続く夏の間に
早めにひと通り「かさぶた」を剥がした上で、目砂を入れて日照を遮断、
さらに胞子で殖える藻の繁殖に効果がある殺菌剤(ダコニールなど)を散布して
種まき前になるべく藻を根絶やしにできないか、と考えています。


ただ、この暑さの中でどの程度のことが出来るのか、あまり自信はありませんが、
あまり無理しない範囲内で少しずつやってみようと思っています。



さて、今日は久し振りに50mmの単焦点レンズEF 50mm f1.8 IIを装着して
庭の写真を撮ってみました。

クレマチス・ジャックマニー
クレマチス・ジャックマニー



レッドカスケード
レッドカスケード



セプタードアイルとレッドカスケード
セプタードアイルとレッドカスケード



1万円もしない通称「撒き餌」と呼ばれる単焦点レンズですが、
なかなか良いボケ味で、このレンズを足掛かりに深い深いレンズ沼に嵌っていく人の数知れず、
というキヤノンの戦略商品として有名なレンズです。

少しレンズに凝り始めると、10万円以上もするレンズがズラリという世界にあっという間に嵌ってしまいます。

私の場合は、カメラ、レンズともに入門レベルに毛の生えた程度で何とか踏み止まっていますが...



フィカス・ウンベラータ
夏の間は部屋から外に出している観葉植物フィカス・ウンベラータ。

階段のギボウシ・サガエなど何でもない背景が良い感じでボケて、
ただ撮っただけの写真がとても上手に見えてしまう。

まさに撒き餌レンズの本領発揮です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/14(日) 23:59:19|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暑い!

この暑さ、何とかならないものでしょうか。


セミの抜け殻
7月下旬にはまだ少なかったセミもたくさん鳴いて、
外に出るのが耐えられないような暑さが続いています。

今日の横浜は34.9℃。
記録上の「猛暑日」には辛うじて届かなかったものの、十分すぎるほどの猛暑です。



今朝方は少々雲が掛かっていたこともあって、2週間ぶりにバラの黒点病対策として
薬剤を散布しましたが、途中からは雲が切れて日が差し始め、
すべてのバラに散布し終えた頃には汗びっしょり。


一時期の涼しくて雨が多かった頃に広がり始めた黒点病が、
暑さが戻ったこの1週間ほど、かなりの勢いで蔓延し始めていました。

毎朝、黒点の出た葉を残さず毟り取っていましたが、このまま放置すると
シュートの先端近くの新しい葉にまで広がりそうな勢いだったため、
急いで散布しました。


経験上、黒点病にはダコニールが予防効果が一番高いように思うのですが、
今のような暑い時期には薬害が出易いということなので使えません。

今日は、西洋芝の殺菌に使っているラリー乳剤(ミクロブタニル)とオルトランを混合してスプレーしました。

因みに、4Lの噴霧器を持っていますが、最近ほとんど使うことはなくて、
専ら使用済みの家庭用殺虫殺菌剤の1Lハンドスプレーを再利用しています。
我が家の場合、手の届く範囲への散布であれば、1Lでほぼすべてのバラに散布できます。

葉裏にもたっぷり散布したほうが良いという説明もよく見かけますが、
そこまではやらず表面だけ、なるべく全面がしっとり濡れる程度まで散布しますが、
感覚的には大体その程度で十分足りているような気がしています。


殺虫剤は、テントウムシなどに影響が比較的少ないオルトランをよく使用しますが、
必要に応じてときどきスミチオン、マラソンも。

殺菌剤は、西洋芝用に大量に持っているので、ダコニール(TPN)、ラリー(ミクロブタニル)、
トップジンM(チオファネートメチル)、サプロール(トリホリン)、ベンレート(ベノミル)など、
ローテーションをしながら使っています。



さて、ひととおり散布し終えましたが、これで簡単に黒点病が治る、という訳ではなくて、
たいていの場合は、蔓延が多少鈍くなるという程度。

2週間程度ごとの薬剤散布と、黒点の出た葉を直ぐに毟り取る「テデトール」を併用すれば、
黒点病完治は難しくとも、健康な葉がそこそこ茂る程度は維持できるので、
むしろ「テデトール」こそが最良の黒点病対策と勝手に納得しています。




さて、最後に今日のバラから。


黒蝶
久々に奇麗に咲いた黒蝶。
小ぶりの花ながら、落ち着いた深みのある赤はいつも期待を裏切りません。




セプタードアイル
日替わりで咲き続けるセプタードアイル。
最初の2番花からこれで約3週間。
1日花状態ながら、ほぼ毎日欠かさず咲いてくれています。
ただ、さすがにまもなく咲き終わりそうですが...



連日の熱帯夜。
今週はずっと27℃の予報が続いています。

夜間は電気は十分足りているので、節電はほどほどに。
我が家ではエアコンにフル回転で頑張ってもらいます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/12(金) 23:59:15|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猛暑日

今日からお盆の夏休み。

全国的な猛暑となって、横浜でも35.2℃まで上がって今年初めての猛暑日に。
外は熱風に包まれるような感じで、とても庭に出る気にはなれません。

朝、水やりしてからはずっと家の中で居ましたが、じっと家の中でいても仕方がないので、
午後遅くになって少し出掛けてみました。


横浜みなとみらいの臨港パーク。

臨港パーク1
海辺なら少しは涼しいだろうと思って行ってみたものの、全然人出がないほどの暑さ。



臨港パーク2
いつもは多くの子供連れ、ペット連れで賑わう広々とした原っぱにも、ほとんど人影がありません。

昨日、近くの大桟橋で開かれたタレントの上地祐輔のイベントで多数の熱中症患者が出ましたが、
こんな炎天下で何時間も待たせるとはどう考えても狂気の沙汰。

日陰を選びながらでも1時間が限界でした。



臨港パーク4
4時近くになって、少しはましになってきましたが...
滞在時間40分ほどで早々に退散しました。



臨港パーク6
駐車場への帰り道、丘の上にバーベナらしき花が群生していました。
この暑さの中でも元気です。
花が終わったアガパンサスも一輪。



臨港パーク5
ところで、海辺の遊歩道を波が洗っていました。

大震災の影響で、一部のボードウォークが壊れたり、岸壁が崩れたりしていたので、
てっきり地盤沈下したのかと思っていましたが、
あとで調べたら大潮の満潮時には以前からここまで海面が上がっていたようです。




さて、今日の庭ですが...

スモークツリー・ロイヤルパープル
あまりの暑さにとても庭に出る気が起きなかったので、リビングから窓越しで。
スモークツリー・ロイヤルパープルの枝が「一本立ち」状に長く伸びています。

強い日差しが透過して、蛍光色のように輝いていました。

右上から伸びているのは、コーネリアのベーサルシュート。



レッドカスケード
レッドカスケード

本来なら太陽に向って花を咲かせるのですが、長く伸びたシュートに蕾がついてから無理やり誘引したので
こちらを向いて花を咲かせてくれました。



みなとみらいから自宅に戻って、夕暮れ間際に少しだけ庭に出てみました。

ラ・カンパネラ
ラ・カンパネラ

今日、開花したバラはこれ一つだけ。
去年、今年と、黒点病が出てあまり元気が良くありません。
一番花はブラインドで出遅れて、開花時はもう梅雨入りしていたため、
ほとんどまともな花が咲いてくれませんでした。

春の花は大輪のカーネーションのような多重のフリル咲きが特徴のバラですが、
この時期は、このバラ本来の実力には程遠い姿です。



バーベナ・リギダ
みなとみらいで見掛けたバーベナとよく似たバーベナ・リギダ。
花数は少ないですが、コンスタントに長い期間次々と咲き続けています。




今日は、一日中エアコンが回りっぱなし。
夜遅くになってもなかなか気温が下がりません。
夜11時になってもまだ28℃。

今晩はエアコンをつけたまま寝ることになりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/11(木) 23:59:18|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

連日の猛暑

連日、猛暑が続きます。

今日も横浜は34℃超え。
朝の水やりだけで汗びっしょりになってしまいます。

先日も書いたように、まさに2度目の梅雨明け、夏到来といった感じ。
「梅雨明け十日」と言って、梅雨明けから暫くはお天気が安定して暑い日が続くことが多いのですが、
まさに今のお天気がぴったりと当てはまりそうです。


そんな暑さではとても庭仕事どころではないのですが、我が家の庭も例に洩れずそんな状況です。

今日の芝庭
西洋芝は、日差しの厳しい部分がほとんど枯れてしまいましたが、
残った箇所は、暑さで芝刈りもせずに伸び放題。
暑い時期は休眠期であまり刈らない方が枯れにくいということもあり、そのままにしていましたが、
先日来の涼しさでかなり伸びてしまいました。
9月になると種まきのシーズンなので、ここまで来たらもうあまりジタバタせずに、
再度涼しくなるまで暫くは何とかやり過すつもりです。



暑い中でも、クレマチスがしっかりと返り咲いています。

クレマチス・ジャックマニー2
先日もご紹介したように、クレマチス・ジャックマニーが花ざかり。



クレマチス・ジャックマニー1
この時期に、これだけ「派手」に咲き乱れてくれるとは有り難い限り。



クレマチス・ブルーエンジェル
クレマチス・ブルーエンジェルも負けじと咲き始めましたが、
暑さのせいか色が淡くて、ブルーの色乗りがあまり芳しくありません。



ブルーバユー
ブルーと言えば、数少ない青系のバラ、ブルーバユーも青さが今ひとつ。
この時期、色が薄くなるのは仕方がないのでしょうが...

ちょっとピントも外れてるし...

朝の短い時間とは言え、もう少し頑張らないと。



明日からお盆の夏休み。
特に遠出の予定はないので、自宅や近場でのんびり過すことになります。

かなり暑そうなので、何をしようかとまだ決めかねています。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

  1. 2011/08/10(水) 23:55:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猛暑の立秋にジュビリー開花

暦の上では立秋ですが、皮肉にも本格的に猛暑が戻ってきました。

横浜では34.0℃。
6月下旬からの猛暑でも、横浜で34℃を記録したのは3度きり。

ここ数日は猛暑が続きそうでもううんざり。
東北地方では電力がギリギリの状態だったようですが、
東京電力には多少余裕があった、というのは何とも皮肉な事態でした。



「立秋」は、夏至と秋分の中間点にあたり、この頃から日の長さが短くなっていくのが
はっきりと実感できるようになってきます。
そういう意味では確かに立秋なのですが、本当に秋の気配が感じられるようになるのは
やはりお盆が明けた頃から。



そんな暑い立秋に、ジュビリー・セレブレーションが開花しました。


ジュビリー・セレブレーション1

7月上旬の2番花から約1ヶ月。今月下旬頃と予想していたので随分早い3番花になりました。
おそらくその理由は、2番花が咲く前にバラゾウムシの被害に遭い、
蕾の段階で早めに切り戻されたからではないかと思われます。

事実、7月に花を咲かせた枝ではまだ小さな蕾が見え始めたばかり。
こちらはほぼ予想通り月末頃、秋剪定の目前頃の開花になりそうです。


ジュビリー・セレブレーション
昨日、日曜の夕方の時点ではまだ蕾が綻び始めたばかりでしたから、
一晩で一気にこれだけ開花したことになります。

さすがに2番花よりはほんの少し小振りですが、この時期のバラとしては立派な部類で、
これ以上を望むのは酷というものでしょう。



ジュビリー・セレブレーション3
すっかり花が少なくなった夏の庭で、ジュビリーと競演しながら長い期間咲いているのはエキナセア。
2番花の開花時期にはもう咲き始めていたので、とても長持ち。

この冬、できれば植え替えも兼ねて株分けでもう少し殖やしてみたいと考えています。



この猛暑は、少なくともこの週末までは続きそうです。
今週後半から夏休みに入る予定ですが、暑い中何をするかそろそろ考えておかないと...



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/08(月) 23:59:43|
  2. ジュビリー・セレブレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2度目の夏 -暑さ復活-

8月に入っても天候不順気味でしたが、ついに暑さ復活。
久々に夏らしい暑さの週末になりました。

昨晩は、今年マンションの自治会役員が輪番で当たっている関係で、
町内会の盆踊り大会の出店の手伝いに。
暑い中、磯辺焼きのお餅を焼く係。数人掛かりで約2時間あまり、
おもちを600個、ひたすら焼き続けました。

今日は、暑さでとても庭に出ようという気分になれず、
朝の水やりと、夕方日が落ちかけてから写真撮影に出ただけ。


このところ、黒点病が出始めたバラの葉をひたすら毟り取る以外は、あまり庭仕事らしい庭仕事も出来ずにいて
酷い状態の西洋芝とともにだんだんと庭の状態は雑然さを増す一方。


つるバラのシュート
階段の中段付近から見た伸び放題のつるバラ。

中央やや左に2本立った支柱にはつるアイスバーグ、
右側に数本、そして中央に力強く伸びているのはアンジェラ、
右上からチラチラと先端部を覗かせているのは安曇野。
そしてやや左より、先が赤っぽいのはクラウンプリンセス・マルガリータ、
左上から手前にかけて垂れ下がり気味に伸びているのはノイバラ。



つるアイスバーグ
つるアイスバーグを下から。
下のほうは弱い小枝を落としたのと、黒点が出た葉を見つけ次第毟り取っているので
かなりスカスカ状態。
ほぼ一季咲きでもう花は咲かないので、太くて強い新枝を伸ばすことに専念させています。



フェンスのつるバラ
こちらはフェンスのつるバラの状態。
中央~右側で赤い枝先を伸ばしているのはアンジェラ。
あまり良くないお手本とも言えるホウキ状に枝が伸びてしまっているので、
少々枝の整理が必要です。
例年どおり黒点病も多少発生していますが、見つけ次第の「テデトール」が効を奏して
現状は何とか小康状態で食い止めています。

中央から左奥にかけてはウィリアムモーリスとピエール・ド・ロンサール。
写真では不鮮明ですが、すでに下のほうからの強めのシュートも混じっていて
まずまず順調といったところ。



伸び放題なのはつるバラだけではありません。

スモークツリー・ロイヤルパープル
スモークツリー・ロイヤルパープル

暑さとともにすっかり緑色に変わってしまったロイヤルパープルが
どんどんと力強い枝を伸ばしています。
2-3週ほど前にもう1本は短く切り戻して様子見状態でしたが、
剪定した箇所から順調に新芽が何本か伸び始めています。
コンパクトな樹形づくりのためにも、近くこの枝も短く切り戻す予定です。



全体的に見苦しい庭の中で、まだ見るに耐えられるのはごく一部。



セプタードアイルとレッドカスケード
その中で最も頑張っているのは、先日来何度もご紹介している
セプタードアイルとレッドカスケードの一角。

ただ、セプタードアイルはそろそろ終盤を迎えつつあります。



コリウス
それから、暑くなって以来元気なのがコリウス。
室内で冬越しをさせた3品種が放置気味ながらよく育っています。

近く、剪定して株をコンパクトにし、剪定枝を挿し木で殖やす予定です。



夏の暑さが復活してきましたが、今年は何とも変則的な夏。
6月下旬頃から1ヶ月ほど続いた猛烈な暑さは今や記憶の彼方へと去りつつありますが、
この2週間ほどの涼しさを挟んで久々に夏が復活。

もううんざりですが、まるで2度目の夏がやって来たような気分です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/07(日) 23:52:32|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャックマニー

前の台風でキャンセルになっていた九州への出張に行ってきました。


今度も台風が沖縄に接近中でどうなるか心配でしたが、思ったほどの影響はなく無事完了。
台風の一番外側の雲が掛かって、時折激しい雨がいきなり降り始める亜熱帯のようなお天気でしたが、
関東でもこのところ似たような天気が続いているので、それほど台風の影響という感じでもなく
飛行機便にも全く影響なく無事帰ってきました。


不順なお天気のお陰で、留守中の水やりは自動潅水機をセットせずに出掛けましたが、
事前の天気予報どおり途中雨が降ったようで、帰宅後懐中電灯でざっとチェックした限りでは、
特に問題はなさそうでした。


そんな訳で、今日の写真は昨日、8月4日の朝の様子です。


クレマチス・ジャックマニー1
クレマチス・ジャックマニーの2番花が一斉に咲き始めました。



クレマチス・ジャックマニー2
深い紫色のこのクレマチス、多花性で成長力旺盛。
1番花が終わって地際から2節あたりまで強剪定したのはつい先日だったような気がするのに、
あっという間につるが伸びて開花しました。

同じ頃に剪定した遅咲き強剪定系の他のクレマチスと比べても、格段の成長ぶりでした。



ブルーバユー
こちらは、ブルーバユーの2番花。
剪定後の芽出しが遅れて今頃の開花となりました。



セプタードアイル
こちらは毎度の登場、セプタードアイル。
ほとんど「1日花」状態ですが、日替わりで次々と咲いています。




徐々に暑さが戻り始めました。
ただ、週明け辺りまでは不安定な天気は続くとのこと。
まだ暫くは折り畳み傘が必需品のようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/05(金) 23:59:32|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

レッドカスケード ~競演の名脇役~

昨日はネタ切れのあまり、少々写真の技術論に走りすぎたかもしれません。

今日はいつものパターンに戻ります。



8月に入ってからもすっきりとしない涼しいお天気が続いています。
確か、前の台風が接近して以来なので、もうそろそろ2週間。

奇しくも新たな台風が沖縄に接近中ですが、またしても台風がお天気のパターンの切り替わりに
重要な役割を果たすことになりそうな雲行きです。


ちょうど涼しくなってから咲き始めたのがこのバラ。

レッドカスケード
レッドカスケード(Min. CL)

ちょうど同じ頃に咲き始めたセプタードアイルが、1~2日の寿命で代わる代わる咲いているのに対して、
このバラは、この2週間、全然傷むこともなくずっと咲き続けています。

ミニのつるバラなので、2番花以降は伸びたシュートの成長が止まった先端部に花を咲かせます。


花径は2cm程度で、花色は深みのある赤。
残念ながら香りはほとんどありません。
香りがないためなのか、虫もほとんどつきません。

たいていの場合、長らく咲き続けて知らない間にドライフラワーになってしまったり、
雨が続くとそのまま茶色く腐ってしまいます。


大輪のバラと混植すると、花束の中のカスミソウのような役目を上手く果たしてくれて、
何よりその長い花持ちにで色々なバラや花との競演で名脇役ぶりを長く楽しませてくれます。


今咲いているのは、シュートの先端に咲いている2番花。
特に摘蕾はせずに、自由に咲かせています。



レッドカスケードとの競演1
春の競演 その1 (2011/5/22)

右奥がレッドカスケード。
やや遅咲きなので、まだこの時点では5分咲き程度。




レッドカスケードとの競演2
春の競演 その2 (2011/5/26)

この時点で7分咲き程度。
色々な花と喧嘩せずに、うまく風景に溶け込んでくれます。
特に淡いピンクのバラとは相性抜群。



一家に一本、レッドカスケード。
トレリス、ウィーピングなど色んな仕立て方ができ、
単独でも十分楽しめます。

お勧めです。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/03(水) 23:59:37|
  2. レッドカスケード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネタ切れ

8月に入っても涼しくて助かります。
日曜日のように「ひんやり」とまでは行かないものの、
体力的にも、気分的にもかなり楽です。

節電の方も、だいぶ電力消費に余裕があるのと、涼しいのに身体が慣れてしまったこともあって
気温はそれ程でもなくても湿度が高いので、昨晩、今晩はエアコンを入れています。
だいぶ気温も下がってきたのでそろそろ切っても大丈夫そうですが...



テッポウムシの話題で8月冒頭はなんとか繋ぎましたが、最近はもうネタ切れ状態です。

ちょっと何か「連載企画」でも考えないと持ちそうもありませんが、
今日のところはあまり良い写真もないので、ちょっと思いつきですが、
日頃の写真の処理についてご紹介します。

特にCanonのデジタル一眼で、初級レベルから次のステップに進みたいと
考えている方には多少参考になるかもしれません。


まず、この写真をご覧ください。

スモークツリー・ロイヤルパープル1
スモークツリー・ロイヤルパープル
先々週末に徒長した枝を切り戻したところから新しい枝が出始めたので撮影してみました。

レンズは、先週金曜日に無事戻ってきたいつも使っている17-85mmのズームレンズ、
撮影モードは、いつものように絞り優先オートで。

測光モードは最も一般的な「評価測光」(ニコンでは「マルチパターン測光」)を常用していますが、
このような小さくて暗色の被写体、しかも背景の緑が軒下に掛かってやや暗めなため、
全体的に暗い被写体とカメラが判断して、このような露出オーバー気味の
やや白っぽく色が抜けたような絵になってしまいがちです。


このような銅葉や濃い色の花の場合は、緑をバックに暗色(紫)をくっきりと濃い目に浮かび上がらせたいので、
マイナスの露出補正を掛けて撮ることが必要になります。


露出補正のことをご存じない方と、一般的なコンデジ(コンパクトデジカメ)をお使いの方には
以降の内容は少々難しくなるので、ご容赦ください。


さて、デジタル一眼をお使いの方なら、最高画質のLモードをお使いの方が多いと思いますが、
RAWというモードがあるのをご存知でしょうか。

RAW(ロウ)とは「生」という意味で、撮影した生のデジタル画像データのことです。
従来のカメラで言えばフィルムに相当するのが画像センサーですが、
画像センサーで捕らえた光は、一旦デジタルの数値データ(RAWデータ)として記録されます。
これをカメラの内臓マイクロコンピュータ(画像処理エンジン)で画像として処理することで初めて写真になる訳です。

RAWモードは元データだけに、容量が大きく、Lモードの3-5倍程度にもなりますが、
Lモードだとカメラの中で行われる画像処理を後からPC上で行うことになるので、
元画像のデータを損なうことなく、つまりほとんど画像を劣化させることなしに後から調整が行えるのです。


例えば、先ほどの露出補正を例にとれば、カメラ内で撮影と同時に画像処理する場合(Lモードの場合)は、
撮影前に予め露出補正の値をセットしておかないといけませんが、
RAWモードだと、画像処理を後から行うので、とりあえずオートで撮っておいて、
後からPC上でゆっくりと写真の仕上がりを見ながら最適な露出値にセットすることが出来ると言う訳です。


前置きの説明が長くなりました。


以下に、PC上でCANONのデジタル一眼に付属の画像処理ソフト(現像ソフトとも言います)
Digital Photo Professional (DPP) (NIKONはCapture NX)を使って画像を仕上げていく実例をお示しします。


露出補正-1.0
まず、露出を-1.0補正しました。
白けた感じはなくなりましたが、曇っていたこともあって全体に重たく沈んだような印象です。



ピクチャースタイル:風景
ピクチャースタイルを撮影時に設定していた「スタンダード」から「風景」に変更しました。
「風景」は緑や空の青、紅葉などを色鮮やかにくっきりと見せるモードなので、
全体的に鮮やかな印象に変わりました。
同時に、レンズ毎の特性で周辺部(4隅)が暗くなる光量落ちも補正しました。
左上隅の部分を見れば補正の効果がよく分かると思います。



コントラスト、色の濃さ+2
最後に、さらにクッキリ感、色鮮やかさを強調するため、
コントラスト、色の濃さをそれぞれ+2目盛り分補正しました。


あと、今回はオートのままで弄りませんでしたが、光線の具合によっては、ホワイトバランス(WB)も
太陽光、曇り、日陰、白熱電球など、実際の光線の具合などによって切り替えることができます。



如何でしたか?

今回は葉っぱなので今ひとつ効果が分かりにくいかもしれませんが、
花の場合などもっと劇的に違ってくる場合もあります。

また、今回はクッキリ鮮やかな方向に調整しましたが、
直射日光の下で撮影してギラついた写真になりがちな場合などは、
逆にソフトな方向へと調整することもあります。


どうも思ったように色や明るさ、鮮やかさなどがうまく再現できない場合や、
後から思いどおりに画像を調整してみたい、という方は
一度RAWモードと画像処理ソフト(現像ソフト)を試してみては如何でしょうか。


Digital Photo Professional
http://cweb.canon.jp/camera/dpp/


初級者のためのRAW現像入門
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1008/20/news036.html





blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/02(火) 23:59:48|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テッポウムシ続報

今日から8月ですが、少々曇りがちで涼しい1日。
日差しも少しずつ復活してきましたが、体感的には夏復活というよりは
まるで秋がやって来たかのような雰囲気。

週後半からはほぼ全国的に夏が復活するらしいですが、果たしてどうでしょう。



さて、昨日のテッポウムシの続報。


ノイバラの株元
階段下のシェードガーデンの一角に、ノイバラは地植えされています。
右手前側の一番太い幹が今回被害に遭いました。
樹皮が他の幹に比べて荒れた感じに見えるのは、冬にカイガラムシが樹皮の裏側に大量発生したため
ほとんどの樹皮を剥がしてワイヤーブラシでゴシゴシと擦った影響です。



テッポウムシの穴
地表からすぐ上にはっきりと穴が確認できました。
穴の直径は数ミリ程度。
針金を差し込むと、斜め下に向って3-4cm程度まで刺さりました。
差し込んだ感触としては、中はぽっかりと空洞になっているようです。



さっそく、昨晩買って来たカミキリムシ用殺虫剤の針状のノズルをしっかり差し込んで
たっぷりと噴射しておきました。

これだけで完全に退治できたかどうかは分かりませんが、
しばらくこのまま放置して、再度おが屑が出てこないか様子を見ます。


改めて明るい朝日の中で上部の枯れの様子を確認しましたが、葉は茶色く変色してしまっているものの、
まだ完全に枝そのものまですべて枯れてしまった訳ではないようです。

1枚目の写真のように数本の幹が株立ち状になっていますが、
テッポウムシの被害を受けた幹の株元からは、世代交代を急ぐかのように2本の新しいシュートが伸びています。

幸い他の幹には今のところ被害が及んでいないようなので、今後の蔓延予防のことも考えれば、
被害を受けた幹は根元まで切り戻してしまうのがどうやら最良の選択と言えそうです。



庭の様子です。

庭の様子
テラスから芝庭に出る通路のすぐ脇で、このところ盛んに開花中のセプタードアイルとレッドカスケード。



セプタードアイルとレッドカスケード
このところ、この2つばかりご紹介していますが、
他にはあまりご紹介できるようなものがない事の裏返しなので、どうかご容赦を。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/01(月) 23:59:44|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。