芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花菜ガーデン

日曜日の午後、神奈川県平塚市にある花菜(かな)ガーデンに行って来ました。

花菜ガーデンは、去年春に開園した神奈川県立の施設で、
その名のとおりバラをはじめとした花のガーデンと、野菜の栽培体験などが楽しめる施設です。


訪問の目的は、もちろんバラのガーデン。
「薔薇の轍(わだち)」と名付けられたゾーンは、890品種、1100本のバラが植えられています。

花菜ローズ

花菜ガーデンのシンボルローズ、「花菜ローズ」。
バラの育種家、河合伸志氏の作出です。


「薔薇の轍」は大きく4つのコーナーで構成されていました。

・自然な雰囲気を生かしたオールドローズのコーナー、
・西洋式バラ花壇のガーデンローズのコーナー
・つるバラのコーナー
・イングリッシュローズを中心としたイングリッシュガーデン風のコーナー


秋バラがたくさん咲いていたバラ花壇とイングリッシュローズを中心に、いくつかご紹介します。

バラ花壇の入り口
オールドローズのコーナーからバラ花壇への入り口。
バラはラ・フランス。



バラ花壇
バラ花壇は、西洋式庭園の形式。
ハイブリッドティーを中心にたくさんの花が咲き乱れていました。



バラ花壇2



バラ花壇3
あいにく、到着後早々から小雨がぱらつき始めました。
天気予報より少し早い降り始めです。


目についた、ちょっと珍しい花色のバラを2つ。

チョコレート・プリンス(HT)
チョコレート・プリンス(HT)



アブラカダブラ(HT)
アブラカダブラ(HT)



そして、つるバラのコーナーを通り抜けると、また自然の雰囲気を活かした
イングリッシュガーデンのコーナーに変わります。

イングリッシュガーデンのコーナー
このバラの名前は失念しました。



花菜ローズ
花菜ローズ



レディ・エマ・ハミルトンとゲラニウム・ロザンネイ
レディ・エマ・ハミルトン(ER)とゲラニウム・ロザンネイ
バラの足元には宿根草も色々と植えられています。



グレイス(ER)
右側のバラは、グレイス(ER)?



グラハムトーマス
グラハム・トーマス(ER)



パットオースチン
パットオースチン(ER)
真っ赤なサルビアをバックに。



名前不詳?
このバラの名前は?
イングリッシュローズが植えられている一角でしたが、名前のプレートが見当たりませんでした。
帰ってからバラ図鑑やネットで調べてみましたが、クロッカスローズに似ているような違うような...
花色がちょっと違うようで、あまり自信ありません。



2時間あまりの短い滞在でしたが、ちょうど秋バラが満開を迎えたばかりで、
タイミングとしては最高でした。

お天気が今ひとつだったのが残念でしたが...



花菜ガーデンは、東名高速厚木から小田原厚木道路平塚ICで降りてすぐ。
車なら、東名の渋滞にさえ巻き込まれなければ、横浜から40分ほど。


田園地帯の広大な敷地には、果樹や野菜のコーナー、田んぼまであります。

野菜畑
野菜畑



野菜畑と田んぼ
野菜畑と田んぼ



エントランス付近
エントランス周辺には、ショップ、レストランや、様々な体験イベント、スクールなどの施設が並んでいます。

県の施設ですが、公設民営でなかなかいい感じです。


今度は、是非春に訪れてみたいものです。


さて、最後に今朝の庭の様子から。

芝庭とバラ
芝が生え揃った庭に、バラの花が映えます。



芝庭とジュビリーセレブレーション
ジュビリーセレブレーションは、花数は少ないですが...



ジュビリーセレブレーション
夜に少し雨が降りましたが、ジュビリーはほとんど傷むことなく、少し開花が進みました。
見頃はもう1~2日先のようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/31(月) 23:59:13|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ジュビリーセレブレーション

出張で土曜日が半分以上つぶれてしまったので、あっという間に週末が終わってしまいました。

午前中にササッと芝の管理と、庭の写真撮影を済ませて、
午後から今年初めてのバラ園巡り。

平塚の花菜ガーデンへ行って来ました。
天気予報より早く雨が降り始めてしまいましたが、何とかギリギリセーフでした。

その様子は、日を改めてご紹介します。



さて、次々と秋バラが咲いている我が家の庭ですが、
待望のジュビリーセレブレーションが開花しました。

ジュビリーセレブレーション 10/28
10/28
金曜日、出張前の朝の様子です。
蕾が大きく膨らんできました。



ジュビリーセレブレーション 10/29 1
10/29
土曜日の午後、出張から戻ってくると咲いていました。



ジュビリーセレブレーション 10/29 2
10/29
秋はコブシの木の陰になって日当たりがあまり良くないので花数は僅か。
下を向いて咲いているので、ちょっと写真を撮るには悪条件。



ジュビリーセレブレーション 10/29 3
傾いた秋の日差しを浴びて、まだ開き切っていない花芯部分は逆光で暗くしか写りません。



そして一夜明けて今日、日曜日の朝の様子です。

ジュビリーセレブレーション 10/30 1
まだ全開一歩手前ですが、美しく開き始めています。
タイミングとしては月曜日が一番見頃になりそうですが、あいにく今晩の雨でどうなるでしょう?



横顔を背景を変えて撮ってみました。

ジュビリーセレブレーション 10/30 2



ジュビリーセレブレーション 10/30 3



ジュビリーセレブレーション 10/30 4

どれがお好みでしょうか?



ジュビリーセレブレーション 2010/10/26
2010/10/26
去年の秋のジュビリー。
明日はたぶんこんな感じの咲き具合でしょう。



さて、最後に午前中の芝の管理の記録です。

今日の芝庭1
先週は火曜日からずっとお天気が良かったのですが、
秋の深まりとともに日差しが低くなり、庭の日当たりがあまり良くありません。
雨が降らなくても、朝露で湿った状態が長く続くために、若干病気の発生が見られます。
先週ほど目立ったスポットは出来ていませんが、症状としては似ているようです。
全体的に緑の中の地面近くに若干の枯れが混じっています。



(今日の芝管理記録)
 刈り高 22mm

 殺菌剤 ホセチル
     ミクロブタニル(ラリー)
 液肥  5-7-5 500倍
 尿素  46-0-0 1000倍
 活力剤 オリゴグルコサミン-L 1000倍
 (以上を混合して10Lジョウロで散布)


今日の芝庭 2
夕方近くから久し振りに雨になりましたが、雨量は大したことはなさそうです。

朝には止んで、向こう1週間はまた好天が戻ってきます。
この時期としてはやや気温が高くなるようですが、
バラにも芝にも、やや乾燥気味の秋晴れが続くのは大歓迎です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/30(日) 23:59:21|
  2. ジュビリー・セレブレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ふたたびウィリアム・モーリス

また金曜から出張で、今日の午後帰ってきました。

金曜の朝と土曜日の夕方、たった30時間程ですがお天気に恵まれて
花の開花がじわりと進んでいました。


この2日間で特に目立ったのがウィリアム・モーリス。

ウィリアム・モーリス10/28_1
10月28日(金)朝のウィリアム・モーリス。



ウィリアム・モーリス10/28_2
10/28



ウィリアム・モーリス10/28_3
10/28



そして、1泊の出張から戻りました。

ウィリアム・モーリス10/29_1
10月29日(土)夕方のウィリアム・モーリス。



ウィリアム・モーリス10/29_2
10/29



ウィリアム・モーリス10/29_3
10/29

1日でかなりふっくらと咲き進みました。

朝と夕方で光線の具合も順光と逆光、だいぶ違っています。



秋の日はあっという間に傾いていきます。

黒蝶
黒蝶



セプタードアイル
セプタードアイル



レッドカスケード
レッドカスケード



安曇野
安曇野のローズヒップ



芝の上の花びら
もう今日はこれでお仕舞いです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/29(土) 23:59:09|
  2. ウィリアム・モリス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋のバラあれこれ

10月も終盤になって、いよいよ秋が深まり始めました。

紅葉の本番にはまだ少し早いですが、バラはだんだんとピークを迎えつつあります。


今日の芝庭
芝はすっかり生え揃い、日に日に緑の濃さを増していますが、
周囲のバラは、一斉に咲く春とは違って散発的にポツリポツリと順番に咲いています。



ウィリアム・モーリス
フェンスの上で咲くウィリアムモーリスとカクテル。

だいぶ黒点病が出ています。
1-2週ごとに殺菌剤を撒いて、見つけ次第毟り取っていますが、
高くて少し手が届きにくい場所なので、どうしても残ってしまいがち。

幸いウィリアムモーリスは強健なので、この程度までならさほど樹勢や花つきに影響はありません。



クイーンエリザベス
クイーンエリザベス
階段の上で咲いています。

12cmほどの大輪で、花の高さは背丈ほど。
挿し木で育った株ですが、とても強健で元気です。

階段の上の鉢に植えているので、どうしても日々の見回りや世話が疎かになりがちですが、
水さえ切らさなければ結構平気で、勝手に育っています。

毎年短めに切り戻して剪定しないと、すぐに背丈以上まで高く伸びてしまいます。



アンティークレース
アンティークレース
小柄のフロリバンダ。

2-3年前に買った大苗があまり元気でなかったこともあってずっと小さいままでしたが、
今年の春あたりからゆっくりと樹勢が回復し始めました。

と言ってもまだ小さいです。



パット・オースチン
パット・オースチン
いつものように下向きですが、
今の季節らしい濃い目の色乗りです。

こちらもちょっと黒点病が蔓延気味です。



レッドカスケード
レッドカスケード
ミニのつるバラですが、どんどんと長く伸びているシュートの先端に
数輪ずつの花を咲かせています。



黒蝶
そして最後に、いつもご紹介している黒蝶。
このバラも花は6-7cmと小振りですが、繰り返し何度も咲いてくれます。
花もちは平均でも1週間以上。

ほとんど香りはないものの、淡色系が多いバラの中で結構な存在感を醸し出しています。



さて、今月もあと僅かとなってきました。
月の変わり目を挟んであと2週間ほど、ゆっくりと花の宴は続きます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/27(木) 23:59:56|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

セプタードアイル

九州への出張から戻ってきました。

博多の町は関東より1日早くひんやり。
夜は美味しい玄界灘の魚と博多ラーメンを味わってきました。

関東でも昨日とは一転、いよいよ秋が深まってきました。


ひんやりし始めると、バラの開花はますますゆっくりになり、
花は大きく、色のりも良くなってきます。


そんな中、セプタードアイルが開花しました。

セプタードアイル1
EF 100mm f2.8 MACRO USM
出張への出発前、久し振りにマクロレンズを引っ張り出して、気合を入れて撮りました。



セプタードアイル2




セプタードアイル3




セプタードアイル4




セプタードアイル5
さすが、秋のバラはマクロ撮影(接写)すると、一段とその美しさが際立ちます。



セプタードアイル6
一つの花をしつこいですが...



テラス前のバラ
だいぶ賑やかになってきました。

他にもマクロレンズで撮ったバラは、また日を改めて。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/26(水) 23:59:35|
  2. セプタードアイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オールドブラッシュ・チャイナ

オールドブラッシュ・チャイナが次々と開花しています。

オールドブラッシュ・チャイナ1
その名のとおり中国原産の原種バラ。
欧州のバラ育種に初めて四季咲き性をもたらしました。

原種だけあってとても強健で、放置しても早春から晩秋まで何度も繰り返して咲いてくれます。

元々は、ご近所の荒れ放題に放置された空き地の片隅で勝手に花を咲かせていた株から、
10cmほどの小枝を1本いただいて持ち帰ったのが始まりでした。



オールドブラッシュ・チャイナ2
取り立てて目立った特徴がある訳でもない、とても素朴なバラです。
爽やかな香りが素晴らしいのですが、ボキャブラリーが乏しくて何と形容してよいのか分かりません。
ネットで見ても、この香りは特定の分類がされていないようですが、とにかく良い香りです。

現在、1株に10輪以上咲いているのですが、咲いている花の位置と背景の関係で
この花しか写真をご紹介出来ないのが残念です。

このバラはすでにピークを越えつつありますが、おそらく他のバラが終わってしまった
12月頃にもう一度咲いてくれることでしょう。



オールドブラッシュはここまでにして、その他の庭の様子を少々。

安曇野
こちらは無数のローズヒップが真っ赤に「完熟」した安曇野。
つるバラが主体で花が少ない階段付近では一番目立っています。

手前は、長く伸びたシュートの先端に数少ない花を咲かせたアンジェラ。



野ネズミ対策その後
ところで、野ネズミに荒らされた芝は、取り敢えず踏み戻して元に戻っています。

しかし、芝だけではなく庭のあちこちにトンネルを掘っていて、
特に花壇では地表の土が全体に持ち上がって、地面のすぐ下がスカスカという状態になっています。

殺鼠剤を仕掛けることも考えましたが、あまり気分が良いやり方ではない上に、
いくら退治しても3年連続して毎年発生していていたちごっこのような気もします。


そこで、今回は、ネズミ自体を庭に寄せ付けない方法を試してみようと思います。

まずはその手始めに、芝を横切ったトンネルの両端に
木酢液の原液を浸したティッシュペーパーを埋めてみました。


ネズミなどの小動物は、木酢液の焦げた臭いを警戒して近寄らない性質があるらしく、
畑の作物を荒らす野ネズミにも効果があるようです。

薄めてスプレーするというのが一般的な木酢液の使い方のようですが、
隣近所への配慮もあって、できればあの臭いを大量に撒き散らすことは避けたいところです。
そこで今度、薄めた木酢液を、野ネズミが荒らしている花壇の土の中に
たっぷりと浸み込ませてみようかと思っています。
これなら臭いをあまり撒き散らさずに済むのでは、という訳です。

また、くん炭を撒くと同じような効果があるらしいので、土壌改良と一石二鳥を狙って
こちらも試してみようかと思っています。



ただ、野ネズミはなかなか手強いので、こんな「ヤワ」な作戦で果たして効果があるかどうか...

取り敢えず、手始めの芝庭のトンネル塞ぎの効果やネットでの情報を確認しながら、
今度の週末に向けて作戦を練っていきます。


どなたか、木酢液でのネズミ退治のご経験がある方、アドバイス大歓迎です。




せっかくのオールドブラッシュ・チャイナの爽やかな香りの話が、最後に台無しになってしまいました。
オールドブラッシュのファンの方、申し訳ありません。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/24(月) 23:59:48|
  2. オールドブラッシュ・チャイナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ダラースポット病発生か

朝までに雨が上がりましたが、季節外れの蒸し暑い1日でした。
最高気温は24.8℃。そして最低気温も20.0℃、

水曜日から4日続けて日差しが無く、昨日、今日と夜中に雨が降り、
さらに夜の雨と高い湿度となると、
西洋芝にとってははあまり良い環境ではありません。


案の定、ダラースポット病が発生したようです。

ダラースポット病1
ダラースポット病は、1ドル銀貨大(直径4cmほど)の病変が発生する病気で、
多湿の状態が継続すると発生し易くなります。

写真は、病気が発生した部分を指で掻き分けて露出させていますが、実際には次のように見えます。



ダラースポット病2
かなり短く刈っている場合は別ですが、通常はこの写真のように直ぐには目立ちません。
注意深く観察すると、写真中央の緑の芝の下に空洞と枯れた芝が透けて見えています。



ダラースポット病3
覆い被さった緑の芝を掻き分けてみました。
この写真ではすでに病変して枯れた芝を取り除いていますが、
3つの病変部がくっついていることが分かります。



ダラースポット病4
特に発病箇所が多い部分です。

昨日、芝の状態を確認するために手刈りをした部分で、やや状態が良くないとは感じていましたが、
昨日のうちに発病を確認できなかったのはちょっと残念です。

しかし、この程度で病気の拡大が収まれば、このままでも芝の成長に伴って
自然と禿げた部分は目立たなくなり、空白は埋まってくるでしょう。

蔓延が収まれば、来週にでも禿げた部分に少量の種とともに軽く目土を入れておこうと思います。



レンガの足場を撤去
芝に足を踏み入れられるようになったので、これまで仮の足場用に置いてあったレンガを撤去して
別途プランターで補修用に育てていた芝を移植しました。

移植作業で長時間踏みつけると芝が傷むため、足場用に木の板を置いての作業です。



芝刈り後
芝刈りとレンガ撤去が終わった芝庭の全景。
昨日予告したとおり、刈り高を22mmに下げました。

ダラースポット病が出たのは、芝刈り機の奥側の部分。
晴れていれば日当たりは良い部分です。

日当たりが良いからといって、病気が発生しないとは限らない、
ここが西洋芝の難しいところです。


この後、殺菌剤、液肥、尿素などを散布しました。

(本日の作業記録)
  芝刈り 22mm

  殺菌剤 ロブラール(イブロジオン)
      タチガレン(ヒドロキシイソキサゾール)
  液肥  5-7-5 500倍  
  尿素  46-0-0 1000倍
  活力剤 オリゴグルコサミン-L 1000倍
  (以上を混合してジョウロで1L/平米散布)




今日のバラ
バラの方は日に日に賑やかになってきました。



切花品種
名前の分からない切花品種が奇麗に咲きました。
これまで何度も書いているように、娘がまだ小学生の頃、
ピアノ発表会でいただいた花束のバラをノイバラの台木に芽接ぎしたものですが、
名無しのバラというのはやはりちょっと残念です。

同じように名無しのバラが全部で4本あり、芽接ぎの練習にはなりましたが、
それ以来、名前の分からないバラを殖やすことは止めました。



ウィリアム・モーリスとカクテル
フェンスの上の高い位置で夕日を浴びるウィリアム・モーリスとカクテル。

2日続きの雨でボーリングしそうになりましたが、何とか無事開花に漕ぎ着けました。
次の蕾がたくさん控えています。



明日以降、やや雲が多めながらも向こう1週間お天気が回復傾向。
週半ばからはスッキリと晴れて気温も平年並に戻りそうです。

何とか芝が元気を取り戻してくれると良いのですが。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/23(日) 23:54:22|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またしても

夜中から朝方まで激しく降った雨は、お昼前には完全に止んで
午後になると、雨の予報に反して時折日が差すほどでした。

雨が止んでいる合間を見て、芝の落ち葉を拾い終わってから家の中に戻り
1時間ほど経って庭を見てみると...

野ネズミの仕業?
なんと驚いた事に、またしても野ネズミの仕業です。

朝の時点では、昨日ご紹介した写真を踏み戻したままだったのですが、
僅か1時間ほどの間に、野ネズミくんが横切ったようです。

写真の中央部以外は、テラスに接した芝の縁がめくれ上がっているだけなので
そのまま踏み戻せばほとんどダメージはありませんが、真ん中部分は
芝の地表面が割れるように盛り上がっているので、注意深く割れ目を直すように少し押し戻しました。

モグラのように野ネズミがトンネルを掘っている訳ですが、
何とか退治するなり追い出すなりしないといけません。

昨冬に出没した野ネズミには、球根をかなりかじられてしまいました。

前回は殺鼠剤(毒エサ)で数週間がかりで大物を退治しましたが、
今回はまずは忌避剤で庭から追い出そうと思います。
そうしないと毎日芝がこれでは困ってしまうし、球根の植え付けもできません。

明日、HCで忌避剤を探してきます。



芝の状態
水曜日から日差しが無く、今日の雨で芝の状態が心配でしたが、
定期的な予防殺菌の効果が出ているらしく、今のところは大丈夫です。

トールフェスクとペレニアルライグラスの成長がとても早く、長いものは7-8cmまで伸びています。
一方、ケンタッキーブルーグラスは、3cmほどまで伸びてだいぶ密度が上がってきました。


芝の状態を確認するために、写真中央付近の芝を2cm強程度まで短めに手刈りしてみましたが
今のところ病気の発生は無なさそうです。

写真左側、生垣の日陰になる部分は芝が倒れ気味であまり元気が良くありませんが、
この程度であれば例年よりはまだ良い方なので大丈夫でしょう。


今晩また雨になりますが、また午後には回復するようなので、
芝刈りと殺菌剤散布が予定通り大丈夫そうです。

明日からは通常の刈り高22mmで刈っても大丈夫でしょう。



バラは朝までの雨を含んで、どれも重たそうにうな垂れ気味。

なるべく花が傷まないよう、花首を振って出来るだけ雫を落としてやりました。


雨でやや元気がないバラの中で、黒蝶だけは大した雨のダメージがほとんど目立ちません。

黒蝶1



黒蝶2
例の如く、-1.0EVほど露出補正。
RAWで撮影して、あとからピクチャースタイル「スタンダード」から「色の濃さ」を-1段落として
黒バラの深みのある赤を再現しています。


夜遅くなって、また雨が降り始めたようです。

明日も今日と同じように朝には上がって、午後には晴れ間が出るという予報です。
今日は良い方に外れましたが、明日は果たしてどうなるでしょう。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/22(土) 23:59:52|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウィリアム・モーリス

3日続きの曇り空でしたが、夕方からついに雨が降り始めました。

秋晴れの日が多く、バラもまずまず奇麗に咲き始めているだけに、
雨はほどほどで上がって欲しいものですが、
この土日はどちらも雨降りとの予報が出ています。



さて、フェンスに絡めているウィリアム・モーリスが奇麗に咲き始めました。

ウィリアム・モーリス
半つる性のシュラブで、地植えすると結構大柄に育ちます。
花枝は横張りというか自由奔放な向きに長めに伸びて、
その先に3-5輪程度の房咲きになります。
たぶん明日ぐらいには、このバラらしいクォーターロゼット咲きに変化していくでしょう。



ウィリアム・モーリス2
このバラ、「枝がアーチ状に伸びる」というような説明を見て、最初はアーチに絡ませました。
アーチに沿って誘引した主枝から、あちらこちらへと自由奔放に長い枝が伸び、
その枝は確かにアーチ状にしなってその先端に花が咲くのですが、
アーチ本体からかなり離れたあらぬ所で気の向くままに花が咲くので、アーチとの一体感がまるで無し。

そこで翌年の冬、近くのフェンスに移植して誘引し直したところ、まずまず見られるようになりました。



ウィリアム・モーリス3
それでも、花枝が長く伸びること自体は変わらないので、こんな風に自由奔放に咲くこともしばしば。


このじゃじゃ馬な枝ぶりと優雅に整った花とのアンバランスが
なんとも曰く言い難いこのバラの特徴でしょう。



この外のバラですが、

パットオースチン
パットオースチンや・・・



黒蝶、マジックカルーセル
黒蝶、そしてマジックカルーセルと、次々に開花が本格化し始めています。



ところで昨日、野ネズミらしき被害をお伝えしましたが・・・

野ネズミ被害
今朝もまたやられていました。

残念ながら赤トウガラシ、七味トウガラシ作戦は、少量過ぎたのかどうやら効果が無かったようです。

この週末もう少し様子を見て、相変わらず酷いようなら今年も殺鼠剤の出番かもしれません。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/21(金) 23:59:14|
  2. ウィリアム・モリス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

また野ネズミか?

全国的に秋晴れのよいお天気続きだそうですが、
関東地方だけは例外で、昨日水曜日あたりから曇ってばかりでスッキリしません。


今朝、庭に出ると...


野ネズミ?
また今年もやられてしまいました。
野ネズミのようです。


去年も一昨年も被害に遭いましたが、去年は殺鼠剤を仕掛けて「大物」を仕留めたのですが
残念ながら一族郎党全滅とまでは行かなかったようです。


この場所のほか、テラスに沿ってずっとバラ鉢などの下もくぐってトンネルを作っているようで、
写真の箇所を含めて芝がテラスと接している2箇所の芝が持ち上げられてしまっています。

応急処置として、盛り上がった部分を押し戻して踏み固め、
さらに応急対策として、「トンネル」が芝に侵入する部分の穴の中に、効果の程は分かりませんが
台所にあったドライチリペッパー(乾燥赤トウガラシ)と、七味トウガラシを振り撒いておきました。


効果がないようなら、また殺鼠剤(毒エサ)を使わないとダメかもしれません。
あまり気分の良いものじゃないんですけどね。




テラス前のバラ
因みに、トンネルはこのテラス前のバラ鉢の下をずっと横切っています。
2年前に鉢を置く場所の確保のために、テラス前の地面にレンガを敷いて
奥行き30cmほどのうなぎの寝床のようなスペースを作ったのですが、
レンガのない地面が浮き上がってしまっています。

そろそろ球根を植えようと思っているのですが、去年は花壇の球根をかなり食い荒らされてしまったので、
ホントに困ったものです。



最後に気分転換にもう一枚。

オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ

先日来ご紹介しているように、決して整った顔立ちではありませんが、
とにかく繰り返してよく咲いてくれます。

19世紀、欧州のバラ育種に初めて四季咲き性をもたらした中国産の原種バラ。
その素朴な見掛けだけではなく、とても爽やかな良い香りのバラです。

早咲き品種なので、今の時期花後に切り戻すと、おそらく12月頃にもう一度咲いてくれることでしょう。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/20(木) 23:59:41|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆっくりと

朝から曇り空で気温もあまり上がりませんでした。

最高気温は17.2℃と11月中旬並み。
週末に掛けてしばらくぐずつき気味の日が続くようです。


今日の芝
週前半のやや暑いくらいの陽気で、週末に刈ったばかりの芝は早や伸びてきています。
庭全面に撒いた細粒固形肥料が効いているようです。



テラス前のバラ
テラス前のバラが少しずつ賑やかになってきました。



テラス前とバラ花壇
春のバラとは比べ物にならないですが、少しずつでもバラが咲いてくれると
やはり庭に出る楽しみが全然違います。



パットオースチン
パットオースチンはこの秋3輪目。



黒蝶
相変わらず黒蝶は次々と開花しています。



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ
秋が深まるにつれ、花が大きくなり、花形も少しずつ整ってきました。



新雪とカクテル
フェンスの新雪とカクテル。



ウィリアム・モーリス
ウィリアム・モーリスはこれまで単発お開花でしたが、
これからは房咲きが期待できそうなほど蕾があちこちに。



アンジェラ
階段の上では、花数は少ないですがアンジェラが。



安曇野のローズヒップ
安曇野はローズヒップが色づいて早くも見頃を迎えました。



低めの気温が幸いして、バラの開花がずいぶんゆっくりになってきました。

これから3週間くらいがバラの見頃でしょうか。
この週末は生憎雨になりそうですが、そろそろバラ園やガーデン巡りが楽しい季節がやってきました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/19(水) 23:59:10|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

緑の芝とバラ

今日も日中は少々汗ばむようなお天気。
最高気温24.7℃まで上がりました。


西洋芝種まき30日目
西洋芝の種まき開始から今日で30日。
約1ヶ月が経過しました。

芝刈り機が入り、ようやくいつもの庭に戻ったような感じ。
やっぱり緑鮮やかな西洋芝の庭は最高に気持ちがよいですね。

しかしそうは言っても、まだ向こう1ヶ月半ほどは細心の注意をしながら
しっかりと芝の密度を上げていかないといけません。


緑の芝とバラの風景1
雑然と鉢を並べているだけのバラですが、緑の芝とセットになると格段に見栄えが良くなります。



緑の芝とバラの風景2
ポツンと一輪、パットオースチンが咲きました。



緑の芝とバラの風景3
なんでもない雑然とした風景も、緑の芝があるだけでそれなりに絵になります。



パットオースチン
パットオースチンはこの秋2輪目。
いくつか蕾が控えているので、これから暫く代わる代わる咲いてくれそうです。



不明の切花品種
名称不明の切花品種。
この角度では判りませんが、花びらの裏側はもう少し濃いピンク。



不明の切花品種(2011/9/16)
開きかけで徐々に剣弁状にめくれ上がっていく頃の方が裏表の色の対比が見えて奇麗です。
1日前の写真もちょっと手遅れでしたが、若干ピンクの違いが見て取れます。



レッドカスケード
レッドカスケードの開花が始まっています。
背後では、ジュリアがすっかり開き切ってしまいましたが、
代わりにセプタードアイルの蕾が膨らみつつあります。



ご覧のとおり我が家の秋バラは花数が少なくて、いかにも寂しい感じです。

秋の我が家の庭は、緑の芝が主役、バラが名脇役といったところでしょうか。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/17(月) 23:59:06|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

芝刈り機登場

早朝までの雨が上がって奇麗に晴れ上がった一日でした。

夜間の温度が高く、明け方にだいぶ強く降ったようなので昨日の芝の踏み付けのダメージが
少し心配でしたが、芝はなんとも無く元気でした。

芝刈り前の芝

昨日踏み付け残した部分も、試しに踏んでみると大丈夫そうだったので、
思い切って芝刈り機を入れることにしました。


約3ヶ月ぶりに芝刈り機を引っ張り出してきました。

3ヶ月ぶりの芝刈り機
前回刈ったまま手入れをせずにそのままだったので、刈りカスや埃でかなり汚れています。



芝刈り機の回転刃(研磨前)
リール式の回転刃もさび付いて上手く回りません。



芝刈り機研磨セット
いずれにせよ研磨が必要なことは予め織り込み済み。
研磨セットを引っ張り出してきて研磨作業に取り掛かりました。

チューブ入りのコンパウンド(研磨剤)を回転刃に塗って、通常とは逆回転させて研磨します。



芝刈り機の回転刃(研磨後)

刃の摺り合わせを微調整しながら回転がスムーズになるまで廻して研磨完了。
コンパウンドを拭き取って新聞紙の切れ端などで切れ味をチェック。

準備万端整いました。



この芝刈り機は刈り高を10mm-34mmで6mm刻みでセットできますが、
上から2段目、28mmでセット。
慎重に刈り取りをスタート。



芝刈り完了1
日当たりが悪く昨日の踏みつけで倒れたままの芝が多い部分はそれほど刈れませんでしたが、
日当たりの良い部分は、昨日踏み残した部分を含め奇麗に刈れました。



抜けた芝
想定していたとおり、日当たりの悪い部分で一部根こそぎ抜けた芝が見られましたが、ごく一部。
踏み付けをパスした追い撒き部分も、芝刈り機のホイールが踏んだ部分で若干新芽が潰され気味でしたが、
それほど目だったダメージは無さそうです。



芝刈り完了2
庭全体の日が翳ってから、改めて写真撮影。



芝刈り完了3
あまり刈れなかった日当たりの悪いシェードガーデン寄りは踏み付けによるデコボコが見られますが、
日当たりの良いテラス側はストライプ状に刈り痕も残って仕上がりは上々です。


芝にとってはかなりのストレスなので、芝刈り終了後いつものように殺菌剤をジョウロで散布しました。

 タチガレン(ヒドロキシイソキサゾール)
 ラリー(ミクロブタニル)
 園芸用液肥500倍

因みに、いつも原則的に2種類の殺菌剤を撒いています。
ひとつはピシウム菌対策(タチガレン、オーソサイドなど)、
もうひとつはダラースポット、ブラウンパッチ、ラージパッチなどの対策(ラリー、ロブラールなど)。

後者は、バラの黒点病防除などと共通的に使えるものが多いですが、
前者のピシウム菌にはいつもの殺菌剤はほとんど効果がなく、効く薬剤は限られています。
色々とネット上の専門業者、ゴルフ場向けの資料などを参考に、
農家向けのネット通販で芝にも使えるものを探し入手しています。


ご関心が高い方は、以下をご参考にされると良いでしょう。

http://www.bougiken.com/PDF/NO15.pdf
http://www.bougiken.com/PDF/NO17.pdf
(ゴルフ場防除技術研究会; かなり専門的な内容で、薬剤はゴルフ場向けのため個人では入手が難しいものばかりですが、薬剤成分名から、農家向けの同じ成分の薬剤を探すことは可能です。ただし結構手間が掛かります)

http://www.sandt-uniquedev.com/nouyakulist.html
(エスアンドティ; 殺菌剤リスト リンク禁止なので上記URLをcopy & pasteでお願いします。)


農家向けの薬剤は、郊外や農業地域にお住まいの方ならHCや農協でも比較的手に入るようですが、
都市部だとネット通販に頼らざるを得ません。
例えば、楽天やYahoo!ショッピングなどで商品名「タチガレン」で検索すると結構色々なお店がヒットします。



さて、今日は日差しが強く少々汗ばむほどの良いお天気でした。

バラも色々と咲き始めていますが、長くなったので今日は一枚だけ。

今日のバラ
1本あたりの花数は少ないですが、色々と咲き始めています。
左から、
 ラ・カンパネラ
 切花品種(品種名不詳)
 ジュリア

明日以降、改めて。



最後に、今日は空気が澄んで、夕焼けが奇麗でした(色は若干強調しています)。

富士山と夕焼け



明日から週の半ばまでは良いお天気ですが、徐々に季節相応のヒンヤリした空気が戻ってくるようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/16(日) 23:59:53|
  2. 芝用の道具、資材、小物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芝の踏み付け

朝のうち強風とともに降っていた雨が止んで、日中はずっと曇っていました。

横浜の最大風速は21.6m。
暖かい南風が吹き込んで最高気温も27.5℃まで上がり、かなり蒸し暑さを感じる程でした。

芝の上に大量に散らばった落ち葉を拾い集めてから、吹き抜ける風に芝が乾いた頃を見計らって
芝の踏み付け作業に取り掛かりました。

芝の踏み付け1
これまで足を踏み入れたことの無かった芝を優しく踏みつけていきます。

これは、園芸書やガイドブックには書かれていない自己流なのですが、
経験上、いきなり芝刈り機を入れると、特に日当たりが良くない徒長気味の芝が
根こそぎ抜けてしまうことがよくあるので、踏みつけることで浮き上がり気味の目土を押さえつけ
芝にもストレスをかけることによって根張りをしっかりさせる効果を狙ったものです。

芝刈り機を入れると必然的に踏みつける訳で、もう踏みつけること自体は問題ないと判断しているのですが、
これを芝刈り機を入れる前にやる、というのがSunday Gardener流。



芝の踏み付け2
こうして、後から追い蒔きをした部分を除いて、すべて踏みつけ終わりました。



芝の踏み付け3
このあと、倒れた芝を手のひらで逆さに撫でながら起こしてやります。
踏み付けによって、日当たりがあまり良くない部分はべっちゃんこに倒れてやや心配でしたが、
起こしてやる事で芝自体に大きなダメージは無さそうで、改めてホッとしました。

これでいつでも芝刈り機を入れられる状態ですが、このまましばらく置くことで
芝は徐々に元どおり立ち上がって刈り易くなります。
ただ、今日は夕方以降また雨が降る予報なのと、芝刈り機の研磨が出来ていないので明日以降にお預け。


このあと雨降りを見越して、種まき後初めて細粒の芝用化成肥料8-8-8を30g/平米ほど撒きました。

化成肥料を撒布後、肥料を地面になじませるため水撒きをして本日の作業は完了です。


その後、今晩はまだあまり気温が下がらず11時現在でまだ23℃もあります。
今更ですが、ちょっと病気の発生が心配になってきました。


雨はまだ大して降っていませんが、このあと一旦しっかり降ってから、
明日の朝までには止んで昼頃から晴れてくる筈です。
雨が止んだら芝の様子を観察の上、芝刈り機を入れるにせよ入れないにせよ
殺菌剤を予防散布する予定です。



さて、今日咲いたバラ。

ラ・カンパネラ 1
ラ・カンパネラ(HT)



ラ・カンパネラ 2
大輪のカーネーションのようなフリル咲き。



ラ・カンパネラ 3
前にも書きましたが、ジャパンフラワーセレクションの
フラワー・オブ・ザイヤー2006-2007(切花部門)受賞品種。
もともと切花用だったものを、キリンがその後ガーデニング用として販売し始めたため、
直ぐにネットで予約して入手した、ある意味思い入れの深いバラです。

花もちは抜群に良いのですが、残念ながら香りはほとんどなし。

ここ2,3年は黒点病やカイガラムシにやられてあまり元気がありません。



秋バラ続々
他にも続々とバラが咲き始めています。

明日以降も順次ご紹介していきます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/15(土) 23:59:23|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋のバラはゆっくりと

夜になって雨が降り始めました。

このところ夜中に降ることが何度かありましたが、外で雨に降られたのは久し振りです。


裏を返せば、日中はそれだけ気持ちの良い秋空が続いているということで、
このところバラも芝もまずまず順調です。


秋のバラは、春と違って開花がゆっくりで、開花してからの花もちも良好。
決して数は多くないのですが、開花のプロセスをじっくりと楽しむ事ができます。


黒蝶
先日来、ゆっくりと開花が進んでいる黒蝶。
これから徐々にロゼット咲きへと変化していきます。



レッドカスケード
同じく深みのある赤い花を咲かせるレッドカスケード。
花径2-3cmしかないミニのつるバラですが、こちらも花もちの良さは抜群。



レッドカスケード2
成長力も抜群で、テラス内の鉢で一旦2m近くまで誘引後、
さらに伸びたシュートが枝分かれしながら芝庭の方へと大きくせり出してきました。

この枝に年内に花が咲くのは難しいかもしれませんが、
来春にはこのシュートに何十本もの花枝がつくことになるでしょう。



マジックカルーセル
マジックカルーセル(マジック・キャローセル Magic Carousel = 魔法の回転木馬)は、
暑いうちから代わる代わる花を咲かせていますが、
こちらも、ミニバラがつる性に枝変わりしたものとして入手しましたが、
先祖返りしてしまったのかつる性は弱くなって、小振りのフロリバンダ程度の枝ぶりです。

これまでの薄い花色とは違って、鮮やかなピンクの覆輪が目立ちます。



この雨、明日は降ったり止んだりで、日曜日まで少し残りそうです。

明日は久々に庭仕事はお預けの週末になるかもしれませんが、
芝刈り機の登場も近いので、久々に刈り刃の研磨など、裏方仕事に丁度良いかもしれません。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/14(金) 23:59:43|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

西洋芝26日目

昨日サボったので西洋芝の成長記録。


西洋芝種まき26日目 1
いつもの階段からの図。
だんだんと緑が濃くなって、日々の変化は乏しくなってきました。

やや発芽不良で追い蒔きをした2日目に種蒔きした部分(仮足場用レンガの右上一帯)も追い蒔きから1週間半。
隙間だらけだった部分にもケンタッキーブルーグラスの発芽が出揃いました。
現在1cmほどの草丈が3cmほどにまで伸びれば、芝刈り機を入れても大丈夫でしょう。



西洋芝種まき26日目 2
全体的に手刈りで3-4cmほどに刈っています。
トールフェスク、ペレニアルライグラスは成長が早いので、伸び放題の部分を毎朝少しずつ刈っています。
放置すると1週間で軽く5cmほど伸びる勢いです。

この写真右奥はケンタッキーブルーグラスが結構伸びているので、いつでも芝刈り機を入れられる状態ですが、
手前の追い蒔き部分にはまだちょっと早すぎるので、今暫くお預け。

でも今度の週末あたり、試験的に右奥部分だけでも芝刈り機を入れてみようかとも思案中です。



西洋芝種まき26日目 3
2週目に蒔いた部分もかなりしっかりと生え揃ってきています。
横から見ると、もう違いはほとんど判りません。

ただ、写真奥のシェードガーデン寄りの部分は、さすがに日当たりが悪く、
ヒョロリと徒長気味で密度もまだイマイチ。
今芝刈り機を入れると、ぺっちゃんこに倒れてしまう可能性大。
芝刈り機導入は、先行きの天気予報も見ながら慎重に判断します。


ただ、少なくとも徐々に足の踏み入れは始めていきます。
寒冷地系の芝は麦の仲間なので、適度な「麦踏み」は根の浮き上がりを抑え、
分けつを促す効果もあるのです。


いずれにしてもこの週末あたりからは、少しずつストレスを与えて強い芝になるよう鍛えていきます。



ところで忘れてましたが、追い蒔きとほぼ同じ時期に階段の上にも西洋芝の種まきを済ませています。

階段上の西洋芝の種まき(1週間半経過)
種まきから約1週間半。
秋-冬は生垣を抜けてくる木漏れ日以外ほとんど日が当たらないので、
トールフェスクを6-7割まで増量しています。

今のところまずまず順調です。



最後にバラの様子を少しだけ。

黒蝶
ゆっくりと黒蝶の開花が進行中。

写真での再現が難しい黒バラの赤ですが、
露出補正を-1.0EV、DPPでのRAW現像(RAW→JPEG変換)時にピクチャースタイル「スタンダード」から
「色の濃さ」を-1補正して、赤が鮮やかに写り過ぎるのを抑えています。



カクテル
カクテル
こちらは同じ赤でも色鮮やかな赤。
露出補正はせず、黒蝶とは逆に「色の濃さ」を+1段補正してみました。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/13(木) 23:59:43|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

続々と

この秋は、先日の台風以外、ホントに気持ちの良いお天気が続いています。

お陰で西洋芝の成長もすこぶる順調。
あまりに順調すぎて特に変わったこともないので、久し振りというか約3週間ぶりに芝の写真は無し。


爽快な秋晴れ続きに恵まれて、バラもいよいよ開花本番が近づいてきました。

黒蝶
黒蝶(FL)の秋バラ第一号が開花目前。
6cmほどの小振りのバラですが、シックな花色で繰り返し良く咲いてくれます。
花もちの良さも超抜群で、1-2週間咲き続けます。



ラ・カンパネラ
ラ・カンパネラ(HT)
このところ黒点病やカイガラムシにやられてずっと調子が悪く、まともな花が咲いてくれませんでしたが、
久々に花びらがギッシリ詰まった花が咲いてくれそうで、かなり期待できそう。
初代のフラワーオブザイヤー2006-2007(切花部門)を受賞したバラ。
フリル咲きのカーネーションのような見事な花を咲かせます。
開花はとてもゆっくりですが、花もちも雨で傷みさえしなければ超抜群です。



切花品種(名称不明)
名称不明の切花品種。
花束から芽接ぎで再生したいくつかのバラのひとつ。
明日か明後日あたりに開花が始まりそうな雰囲気です。



オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ
次々と開花が続いています。
涼しくなるにつれて、開花後の花姿が少しずつまともになってきました。



新雪
新雪
テラスの頭上で、先日咲いた花の副蕾が咲き始めました。



ウィリアム・モーリス
アーチの向こう側でウィリアムモーリスが開花。
養生中の芝に足を踏み入れないとクリアに見る事ができません。
芝の上にそーっと片足を置いて、半身の姿勢で見上げながら一枚。

台風の影響で周囲の葉の傷みが目立ちますが、蕾はそこかしこに順調に上がってきています。
背景は、高い位置に咲いたカクテル。



春のように圧倒されるほどの花数とは程遠いですが、
秋のバラは一つひとつの花をじっくりと楽しめます。


寒くなり始める11月末頃まで、春とは一味違うバラを楽しみましょう。



最後ですが、シュウメイギク(秋明菊)が開花しました。

シュウメイギク
シュウメイギク・スプレンデンス

一昨年の秋、開花苗をシェードガーデンの明るい場所に植え付けましたが、
周りの植物に負けてしまったのか、その後一度は消えかかりそうになっていました。
生き残っていたとても小さな芽をポットに戻してじっくりと養生。
何とか2年越しで復活してくれました。

今度こそ条件の良さそうな場所を選んで再度植えつけてやるつもりです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/12(水) 23:59:08|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パットオースチン

パットオースチンが開花しました。

パットオースチン
ビタミンカラーのこのバラが咲くと、"パッと"明るくなった気分。

このバラも先日ご紹介したジュリアに負けず劣らず足が速いバラ。
昨日のお昼前の時点ではまだ開花に気付きませんでしたが、
午後から庭の外に出て生垣を刈って、夕方に庭に戻ってみるともう咲いていました。 


10月もはや中旬になり爽やかな秋のお天気が続き始めたこともあって、
秋バラの蕾が次々に膨らみ始めています。

見頃は当初の目論見どおり10月下旬頃からになりそうですが、
夏も咲かせ続けたので、夏の花を切った時期によっては早めに咲くものもポツリポツリ。
パットオースチンも8月20日に咲いた記事が残っているので、その枝から伸びたものかもしれません。



ザ・フェアリー
ザ・フェアリー
小輪のシュラブですが、ポツリと咲きました。
背景の真っ赤なローズヒップは安曇野。



さて、今朝の芝。

西洋芝種まき24日目
これからの季節、ひんやりと晴れた朝には朝露がびっしり。
お昼になれば自然に乾いてしまいますが、長時間湿ったままだと病気が発生し易くなります。
毎朝、芝の上の落ち葉を拾うのが日課なので、その時についでに
手で芝の表面をサッと撫でてやって露を落としてやります。

ちょっと手を掛けすぎと感じるかもしれませんが、こうしてやることで
芝の成長がまさに手に取るように判るし、菌糸の発生なども初期のうちに目が届き
一足先に殺菌剤の予防散布などの手が打てて、結果的に手遅れにならずに済みます。

ちょうどバラの黒点病の見回りと同じようなもので、不審な兆候を見つけたら素早く対処。

日本の気候では病気に罹り易いバラと西洋芝、どちらも対応の基本は共通しています。



それにしてもバラと西洋芝、どちらも何と手が掛かることか。





blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/11(火) 23:59:41|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久々の買い物

3連休もあっという間に終わりました。
のんびりと庭仕事が楽しめました。


ところで昨日、久々に行きつけのGCで買い物をしてきました。


去年あたりから植えつけるスペースが無くて、せっかく買って帰ってもポットのまま枯らしてしまうことも。
そんなこともあって、最近は買い物を控えていましたが、2年続きの猛暑や野ネズミの被害で
消えてしまった宿根草のスペースが出来始めているので、買い足し、買い直しをメインに...


買い物 1
秋の宿根草の植え付けシーズンです。
多くが買い直しですが、気が付いてみると銅葉系だらけでした。

中央奥の白い花はユーパトリウム・チョコレート。以前、買おうと思って一旦かごに入れたのに
何故か止めてしまったもの。今度はちゃんと持ち帰りました。

右奥、少し見えにくいのはリシマキア・ミッドナイトサン。
花壇のやや日陰気味の部分のグラウンドカバー用に。
去年植えたものはよく広がって、春には黄色い花も咲いて良かったのですが
猛暑の影響か、いつの間にか消えてしまいました。
今年も頑張ってもらいます。

右手前はリシマキア・ファイヤークラッカー。
同じ銅葉のリシマキアですが、こちらは立ち性。
地下茎でよく広がり、とても丈夫とのこと。
1m近くになるらしいので植え場所は要検討です。

左手前もリシマキアで、アトロパープレア・ボジョレー。
名前のとおりワインカラーの花穂が素敵なお気に入りですが、
残念ながらなかなか宿根してくれません。


以上、リシマキアの兄弟たちは日向-半日陰でOKなので、シェードガーデンの明るめの場所か
バラの木陰になるような場所に植えてやる予定です。


中央手前はカラーのクローバーのシリーズから、ティント・ワイン。
これも買い直しです。


そして左奥。
これはGCではなくて近所のHCで割安のクリスマスローズの2年生苗を見つけてGET。
イエローのダブル、野田セレクションとか。750円也。
開花にはまだ1年あまり掛かりそうですが、いずれお遊びの交配親に。



そしてこちらは冬の定番、ビオラ。

花ざかりビオラ3種
花ざかりビオラ3種。
こんもりと花数たっぷりに育つサントリーの定番苗。
右から、ベルベットゴールド、ゴールド、ホワイト。

ベルベットゴールドはここ数年毎年買っていますが、
春には1株で10号鉢からこんもりと溢れるように咲いてくれます。



そして球根も。

球根あれこれ
原種系など植えっぱなしでOKなものをなるべく選んでいますが、
去年から今年にかけて野ネズミにかなり荒らされて、球根がだいぶ食べられてしまいました。

多くは買い直しですが、アリウム・ギガンチウム以外はどれもバラなどの足元に植えられるよう
小振りのものばかりです。

球根の穴あけも併せてGETしました。



庭への植え付けは、芝が養生中で足場が悪いため今回は見送りました。
芝がしっかり生え揃う今月下旬以降か、モノによってはビニールポットなどに仮植えの予定です。



さて、西洋芝ですが今日もお天気が良く生育は順調です。

西洋芝種まき23日目
種まきスタートから23日目。
左奥の足場が取れない部分には、そーっと足を踏み入れて芝を刈りました。

3週間経過した部分は、慎重になら足を踏み入れてももう大丈夫です。

ただ芝刈り機は、根がしっかり張る前に入れると、切れ味があまり良くない場合に
根こそぎ抜けてしまう恐れがあります。

目土が浮き上がって根張りが緩いものもあるので、一度庭全面を慎重に踏みつけて
根張りをしっかりさせてから芝刈り機を入れることになります。

そろそろ来週あたりからでも大丈夫だとは思いますが、追い蒔き部分があるので、
おそらくもう少し様子を見て芝刈り機は再来週あたりから、と言ったところでしょうか。



ところで、日が低くなって庭の日当たりが悪くなってきたので、南側の生垣の外側を刈り込みました。

生垣の刈り込み後
この写真は内側(庭側)から見た生垣の様子。
ちょっと判りにくいと思いますが、ひと夏を越えてワサワサと茂っていた生垣を
刈り込んでスッキリさせたので、少し向こう側が透けて見えるようになりました。

これで多少は生垣寄りの芝にも木漏れ日程度の陽が当たるようになる筈です。


ところで今回の作業は、特にフェンスにはよじ登らず地面に立って剪定鋏が届く範囲で済ませました。
上の方には届かなかったため、生垣の上辺近くはまだ茂り放題のままです。
7年前の入居後しばらくして、日当たり確保のため公園側から覗けない程度の高さまで一旦切り詰めたのですが、
数年の歳月でまたずいぶん高くなってしまいました。

たぶん11月初旬頃にマンション管理組合で契約した造園業者が生垣のメンテナンスに入るはずなので、
業者さんにお願いして、公園から覗けない程度まで30-50cmほど背丈を詰めてもらおうと考えています。



今週も、週末近くまでは良いお天気が続きそうです。
全体としてみればこれだけ芝の生育が順調な年は近年なかったかもしれません。

何とか今月一杯このまま秋晴れ傾向が続いてくれれば、
気温が下がり始めて病気にやられる恐れは格段に下がります。

されど油断は禁物。
土壌と日当たりの面で大きなハンディキャップがあるので、
今後も芝刈り、殺菌、施肥を手を抜かずに頑張ります。

来年こそ西洋芝の夏越し成功を目指して。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/10(月) 23:59:52|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

短い秋の1日

気持ちの良い秋の休日が続いています。

芝の種まきが終わって、まとまった庭仕事は一段落。
やや取り留めなく細々と庭をいじっているだけで、あっという間に時間が過ぎていきます。


芝の上に落ちた落ち葉拾い、伸びた芝の一部の手刈り、
バラの黒点病の葉を毟り取って殺菌剤散布、やり残していた秋の種まき、などなど...


あっという間に時間が過ぎていきます。


秋の到来とともに日が目に見えて低くなり、3時前には早くも日が傾き始めます。

西日の西洋芝
横から見るとかなり生え揃った芝に西日が差し込みます。
庭の南側は、生垣の陰に入ってしまうため、直射日光がしっかり当たるのは日没前の2-3時間だけ。
比較的日陰に強いトールフェスク主体にしていますが、どうしてもやや徒長気味になってしまいます。



1枚目の写真からちょっとだけ視線を上げると...

西日に輝くペニセツム
もう終わり掛けたペニセツム・ウィローサム(ギンギツネ)の穂が西日に輝いていました。




2軒隣のお庭
ほぼ同じ視線でフォーカスを後方に合わせました。
2軒隣のお庭です。

うちのマンションは緩やかな斜面に建っている関係もあって、
同じ並びの専用庭でも各戸ごとにかなり環境条件が違っています。
こちらのお庭は生垣なしで前(南~西側)が完全に開けています。
日当たりもとても良さそうで羨ましい限りです。



芝にとっては必ずしも好ましい事ではないのですが、
1日を通して庭の木や南側の公園の木々の陰が差し込むので、
時間の経過とともに、光と影が様々な表情をを見せてくれます。



アルバメイディランド
アルバメイディランド
背後は木漏れ日に輝くカクテルの若葉。



オレガノ・ケントビューティー
寄せ植えの大鉢から枝垂れるオレガノ・ケントビューティーとハツユキカズラ。




オレガノ・ケントビューティー2
こちらはバラのアーチに吊るしたハンギング鉢のオレガノ・ケントビューティーとコクリュウ。



光と影の協演はここまでにして、最後に芝の生育の様子から。

西洋芝種まき22日目
種まき開始2日目に炎天下で種まきした部分の発芽が悪かったため、先週末に追い蒔きをしましたが、
順調に発芽が進んでいます。

既に3週間が経ち3本程度まで分けつしたトールフェスクの隙間の空間に
先週蒔いたトールフェスク・ターヒール2、ペレニアルライグラス・SR4600が1-2cmまで伸び、
さらにまだ1-5mmながらケンタッキーブルーグラス・アルカディアも発芽が始まっています。

来週末にはほとんど緑で埋まって、生育順調な周囲と殆ど見分けがつかない様になってくるでしょう。



西日の写真を撮ってから、秋の本格シーズンになって以来初めてガーデンセンターに出掛けてきました。
家に戻ったときにはもう真っ暗でした。

3連休もあっという間に残すところ1日。
明日は今日の戦果品をさっそく植え付ける予定です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/09(日) 23:57:57|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジュリア - Julia's Rose -

ジュリアが開花しました。


ジュリア 1
本当は開花直後の方が美しいのですが、昨日の午後の暖かさで一気に開花が進んでしまったようです。

先日も書いたように、9月上旬の剪定で咲いた花ではなく、8月中に咲いた枝を切り戻したもののようです。
まだ気温が高いうちに蕾が膨らみ始めたこともあってか、花びらの数も少なくあっさりめの印象。



ジュリア 2
切花でも人気品種で、特に花嫁のブーケとしてとても人気があるそうですが、
とにかく足が速いバラなので、春のシーズンでも開きかけの「旬」の期間は半日から長くても1日。


ジュリア 2011/5/7
2011/5/7
5月の開花の様子ですが、この辺からもう少し"巻き"が解けてふんわりとし始めた頃がベストでしょう。



ジュリア 3
まだ幾つかの蕾が続いています。
次の花を楽しみにしましょう。




さて、芝の方は引き続き順調です。

西洋芝種まき21日目 1
今日で種まきスタートから3週間が経過。
庭全体がすっかり緑で覆われました。



西洋芝種まき21日目 2
右側中ほどの追い蒔きをした部分も発芽は順調で、トールフェスク、ペレニアルライグラスに続いて
ケンタッキーブルーグラスの発芽も少しずつ始まりました。

第1週に蒔いた部分は2度目の手刈りを済ませました。
先週の初めての手刈り以降、分けつも進み始めているので、今回はやや短めに4cmほどまで刈り込みました。

この後、夕方までに第2週に蒔いた部分(左と手前側)にも初めて鋏を入れ、
浅め(5-7cm程度)に刈り込みました。

この調子で行けば、来週末にもう一度手刈り、
そして再来週末にはいよいよ芝刈り機を入れることが出来そうです。



そして、今週も予防殺菌。

 チオファネートメチル
 ホセチル
 園芸用液肥(5-7-5) 500倍
 尿素(46-0-0) 1000倍
 オリゴグルコサミンL(活力剤)1000倍

以上を10L、ジョウロで芝庭全体に散布しました。


発芽して以降は好天が続いてくれた方が病気発生のリスクが格段に減って助かります。
追い蒔き分を含めひと通り発芽したので、これからはやや乾き気味で管理していきます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/08(土) 23:59:52|
  2. ジュリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨上がり

昨日1日降り続いた雨は50mmを超え、かなりしっかりとした雨になりましたが、
朝には止んで、お昼前には奇麗に晴れ上がりました。


ジュリア
9月初旬に剪定したバラも早いものはそろそろ蕾が膨らみ始めています。
先日のオールドブラッシュ・チャイナに続いて、このジュリアが2番手になりそうです。
ちょっと早過ぎる気がするので、たぶん、この花は
9月よりも若干早い時期に切った枝から伸びたのではと推定しています。



アルバ・メイディランド
こちらは先日、ウィリアムモーリスとともにご紹介したアルバ・メイディランド。
この周辺は若干黒点病が蔓延していて、どんどん黒点の出た葉をテデトールしていますが、
芝の種まきの影響で足場が悪く、取り除くのがどうしても遅れがちになってしまいます。




西洋芝種まき19日目1
西洋芝は雨の影響は最小限で済みました。



西洋芝種まき19日目2
このようにコブシの木やアーチの下では、継続的にポタポタと落ちてくる雨の雫で
目土が少し掘り返されて、芝も倒れてしまっています。



西洋芝種まき19日目 3
いつものように階段上からのアングルで。

全体としては、はっきりと緑が濃くなってきました。
追い蒔きした部分も、トールフェスクやペレニアルライグラスの追加の発芽が始まりました。
おそらく体育の日3連休のうちにケンタッキーブルーグラスの追い蒔き分も発芽するでしょう、



今度の連休も手刈りに施肥、殺菌剤のフルセットが必要になりそうですが、
初めて芝刈り機を入れるのは、どうやら早くてももう1週先になりそうな感じです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/06(木) 23:59:53|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋の色

台風以来のまとまった雨になりました。

冷たい雨が降り続き、気温は15℃前後で横ばい。
明日の朝まで降り続く見通しです。



ところで昨日、今日と北陸某所へ出張してきました。

紅葉
このところの冷え込みで、はや紅葉が少しずつ始まりかけていました。



そんな訳で、今日の庭の写真はなし。

安曇野のローズヒップ
お天気に恵まれた昨日、4日の朝の写真です。


横浜の我が家の庭は、まだまだ秋の雰囲気には程遠いですが、一部のローズヒップが色づき始めています。
安曇野はここ数日でずいぶんと赤味が増してきました。

安曇野の塩害
ところで安曇野は、先日少し触れたように塩害の影響でかなり葉が傷んでしまいました。



ノイバラ
一方、こちらはノイバラ。

こちらはもともとコガネムシに食害されていたこともあって、
台風の塩害の影響を受けて、既に傷んでいた葉の大部分は落ちてしまいました。
ただ、ヒップの方は例年色づくのがかなり遅いので、まだ暫くは緑のまま。



これからはひと雨ごとに秋が深まっていきますが、今年の横浜の秋は塩害の影響で
きれいな秋色はあまり楽しめなくなるかもしれません。



昨日の朝の西洋芝の様子です。

西洋芝種まき17日目 1
いつもとは逆方向から。

ようやく庭全体が緑に覆われてきました。



西洋芝種まき17日目 2
上から見るとまだ薄いですが、日に日に緑が濃くなっていることははっきりと確認できます。


こうして見ると、2日目に種まきした部分(2枚目の右側中央付近)の
発芽率が低く結構緑が薄いままということが見て取れます。


追い蒔きした種の発芽は、おそらく明日辺りから。
今日の雨は結構しっかり降っていますが、幸い水が浮いて種が流されてしまう程ではなさそうです。



雨降って地固まる。

明日の朝には上がって、また暫くは秋晴れの日々がやって来そうです。
この調子で秋晴れ基調の状態がもう暫く続いて、芝の密度が上がってくれることを期待しましょう。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/05(水) 23:59:01|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おっと、失礼!

10月に入って最初の出勤。
今日から上着とネクタイの季節に戻りました。


最低16.2℃-最高22.6℃と涼しくなったのでちょうど良いだろうと思ってましたが、
久し振りだと案外暑苦しくて...

電車に乗ったり街を歩いてもまだ上着なしやノーネクタイの人も結構いました。
クールビズが随分と浸透して違和感があまり無くなってきたようです。

出先で人と合う予定がないときは、まだ暫くノーネクタイでも良いかな、という感じです。



さて、ヒンヤリとした空気が気持ちの良い朝の庭です。

カクテル
高々とフェンスオーバーに伸びたカクテル。
春と違って成長と開花が混在しているので、花自体はまばらです。



アルバメイディランド
アルバメイディランド
もともと階段の上に植えているランブラーですが、旺盛に横に這って、
ひとたび接地すると直ぐに根を出して、そこを新たな起点にシュートを立ち上げる逞しいバラ。

そんな小株をアーチの足元に移植したところ、どんどん広がりつつあります。

フェンスのウィリアム・モーリスの足元から、一部は隙間を縫うように上にも広がってきました。
2-3cmほどの小花で、枝張りも拡散気味に細く柔らかい枝が横に伸びるタイプなので、
そんなに邪魔になる存在ではありません。

ちょうどクレマチスがつるバラの隙間を埋めるのと似たような感じです。



おやっ!?

ウィリアム・モーリス
おっと、これは失礼。

ウィリアム・モーリスの枝がフェンスの向こうに大きく越境して花を咲かせています。
(右側のカクテルもフェンスの隙間から花を向こう向きにかせてますね。)

枝がフェンスをくぐっている訳ではなくて、フェンスの頂上越しに1mほど弓なりに伸びた枝の
垂れ下がった先端に花を咲かせたようです。
このバラらしい枝ぶりといえば枝ぶりですが、端整な花姿には似合わないこの奔放さには手を焼く事もしばしば。

かつてアーチに這わせましたが、このように花首が長くてアーチに上手く収まらないので
フェンスに移植した過去がある「前科」持ちのバラです。

つるは比較的柔軟性があるので、今度の週末にでも「連れ戻す」ことにします。
それまで、どうかお隣さんに花を楽しんでもらえれば幸いですが。。。



ここからはいつもの芝の成長記録です。
もうそんなに劇的な変化がある訳ではないので、西洋芝に特にご興味のある方以外は適宜読み飛ばして下さい。


西洋芝種まき16日目 1
手前側、2週目に蒔いたエリアが急速に緑を増しています。



西洋芝種まき16日目 2
上から見るとまだ薄いですが...




9月24日(9日前)種まき部分
先々週の土曜日(9/24;9日前)に蒔いた部分のクローズアップ。
まだ短いものの、ケンタッキーブルーグラス・アルカディアが結構な密度で発芽しています。



9月18日(15日前)種まき部分
種まき開始2日目(9/18;15日前)に蒔いた発芽が芳しくない部分と比べてみました。
こちらは明らかにケンタッキーブルーグラスがスカスカです。
土曜日に追い蒔きしたので、来週の今頃にはおそらく上の写真のようになってくれる筈です。



涼しくなって20℃を少々割り込む程度の気候は、寒冷地タイプの西洋芝にとっては絶好の生育環境。
紅葉の季節を迎える11月一杯までにどれだけ密度を上げられるか。

多少の病気発生は見込まれるとしても、このまま涼しい秋晴れベースの天気が続いてくれれば
今年の西洋芝の種まきは9割方うまく行ったも同然。


過大な期待は禁物ですが、どうかこのまま秋晴れの日々が1日でも多く続いてくれますように。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/03(月) 23:59:05|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初の芝刈り

今日はずいぶんとヒンヤリとした1日。

最高気温21.4℃、最低気温17.9℃
だんだんと朝は20度を切るのが当たり前になってきました。

これから数日はもう少し冷え込む日が続きそうです。


さて、芝の種まき開始から約2週間。

今日、初めて芝を刈りました。


西洋芝種まき15日目(初めての芝刈り)1
と言っても芝刈り機ではなくて、芝刈り用の鋏を使って手刈りです。

長いものでは既に8-10cm近くまで伸びてきたので、5cmほどの高さまで刈り揃えました。
大部分は芝刈りというよりは、先端部に少し鋏を入れる程度。
鋏を入れてストレスを与えることで、縦方向だけへの成長から横方向への成長、
つまり分けつを促してやる効果があります。

これからは刈り込むことで少しずつ芝の密度を上げていきます。
ただし、芝刈り機を入れるのはもう2週間ほど先からになります。


上の写真、一番手前側は先週の土曜日に新しい種を蒔いた部分。
ペレニアルライグラス・SR4600とトールフェスク・ターヒール2は3-4cmほどに。
ケンタッキーブルーグラス・アルカディアも発芽が始まっています。



西洋芝種まき15日目(初めての芝刈り)2
階段の上から見下ろすとこんな感じ。
まだスカスカですが、最後に蒔いた手前左にもうっすらと緑が出ているのが分かります。



西洋芝種まき15日目(初めての芝刈り)3
この角度で見るとだいぶ緑がはっきりと分かります。


芝刈りの後、庭全体に殺菌剤と液肥を。

 オーソサイド(キャプタン)
 ロブラール(イプロジオン)
 500倍液肥+尿素1g/L
 オリゴグルコサミンL 1000倍
を10Lジョウロで散布しました。



庭のバラはポツリ、ポツリと開花中。

オールドブラッシュ・チャイナ
オールドブラッシュ・チャイナ
早咲きで、剪定から早くも咲き始めました。

一昨日の暑さで咲き急いだ分、花姿は貧弱です。
このバラが奇麗に咲くのは、ゆっくりと開花する早春と晩秋だけ。

欧州に初めて四季咲き性をもたらした原種系のバラなので、とにかく繰り返し咲くことが取り柄。
もう少し寒くなるまで待ちましょう。



新雪1
新雪がポツンと開花しました。



新雪2
これは昨日の写真。(2011/10/1)



新雪3
階段の上から望遠レンズで狙うとこんな感じです。(2011/10/1)



新雪のローズヒップ
取り損じた新雪の花ガラがローズヒップに。
長さ3cm、直径2cmほどと結構巨大です。



明日以降、一段と冷え込みます。
どうか風邪をひかないよう体調管理にはお気をつけ下さい。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/02(日) 23:59:55|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風による塩害

もう、というか早や、というか、10月になりました。
今年も残すところ3ヶ月。

東日本大震災、長くて暑い夏、そして台風直撃と色んなことがありましたが、
ここに来て、先日の台風の影響が思わぬ形で尾を引いています。



昨日、芝の上への落ち葉の話を書きましたが、今朝の庭は晩秋かと思わせるほどの落ち葉が。


暴風によって擦れあって葉が傷んで散っているものとばかり思っていましたが、
近所を歩いてみても、どうやら木の種類によって、葉が萎れるようになったり、
茶色く変色しているものも見られます。

まだこの時期に落ち葉、というのはどうも早すぎるのでネットで調べてみると、
どうやら同じような被害が横浜各地でレポートされていて、原因は塩害のようです。


あの台風直撃の当日、台風の中心が関東北部を通過中の夕方6時過ぎに
激しかった雨が止み風だけになりました。
強い南風が雨が上がった後も暫く吹いていたので、海岸の波しぶきが風に乗って
内陸部まで運ばれたのでしょう。
雨が降っていれば塩分は流されてしまったのでしょうが、どうやら葉に付いた塩水がそのまま乾いて、
塩分に弱い葉だけが枯れてしまったというのが真相のようです。

我が家の周りでは、ヤマボウシやケヤキの被害が酷く、バラではノイバラの葉がかなりやられてしまいました。

お隣の庭のヤマボウシは、もう8割方落葉してしまい、マンション周りのケヤキも
茶色く変色してしまっています。


因みに我が家は、一番近い海は横浜港(東京湾)で3kmほどですが、当時の南~南南西の風向きからすると
むしろ鎌倉、江ノ島方面(相模湾)から吹き付けた可能性が高そうです。


事実、かなり内陸部の横浜カントリークラブ(東戸塚より内陸側)のケヤキが
塩害で茶色く変色したとの情報を見つけました。


我が家の庭でも、風による傷みに加えて、いつもとは少し違う変色や葉枯れが
いくつかの落葉樹やバラなどで見られます。
この秋、横浜周辺ではあまり奇麗な紅葉がみられなくなるかもしれません。


ここまで文字ばかりで申し訳ありません。
日中には気が付かなかったので、塩害の写真は撮り損ねてしまいました。
写真は、後日ご紹介します。




さて、一部のバラには台風のダメージが出ていますが、多くのバラは大丈夫。

ウィリアム・モーリス1
ウィリアム・モーリスが咲きました。

周辺部を少し虫に食べられていますが、まずまずの状態です。
昨日暑かったのと、最近芝の観察のために下ばかり向いていて
このバラらしいクウォーターロゼット咲きの状態は見逃してしまいました。

芝の種まきで花の正面に回りこめないので、カメラを持った片手を伸ばして
当てずっぽでブライインドショット。
2枚目で何とかそれらしく写りました。



ウィリアム・モーリス2
レンズを望遠に交換して、少し離れた位置から。



ウィリアム・モーリス3
近くのアーチに絡んだクレマチスと。



週末から寒くなるとのことでしたが、今日はまだ24.5℃と夏日目前で、長袖では少々汗ばむほど。
日中は、芝の発芽があまり良くない部分の追い蒔きや、階段の上部分の芝の種まきなどをやっているうちに
あっという間に日が暮れてしまいました。

日が暮れてから、ずっと撮り続けていた芝の成長の写真を撮り忘れたことに気付き、
慌てて三脚を引っ張り出して、かなり薄暗い庭の様子を何とか撮影しました。


西洋芝種まき14日目(一部追い蒔き)
13秒、 f4.5、 ISO 800、 17mm

13秒開放でそれなりに明るく写っていますが、実際は真っ暗になる直前。
窓からこぼれる部屋の照明から実際の暗さが伺えます。
肉眼では真っ黒に見える地面と踏み石しか識別できないほどでした。


写真中央から右手前部分に芝の種を追い蒔きしました。
 ケンタッキーブルーグラス・アルカディア 60%
 ペレニアルライグラス・SR4600      20%
 トールフェスク・ターヒール2      20%
の混合比率で全体的に満遍なく追い蒔きし、薄めに目土を被せました。


こうして横方向からの光が当たると芝の成長具合が良く分かります。
新たに導入した種を蒔いた左手前と左奥はともに発芽は順調です。



今日、追い蒔きをしながら考えたのですが、2日目、3日目の発芽率が悪いのは
どうも残暑の炎天下に種まきをして、蒔いたばかりの種が「煮えて」しまったのではないか。

当日のお天気の推移をウェザーニュースのデータで調べてみたところ、3日間とも30℃超で暑かったものの
1日目は晴れたり曇ったり、2,3日目はカンカン照りでした。


1日目に蒔いた種も発芽前の2日目、3日目に同じように炎天下に晒されているので、
この仮説は微妙な感じもしますが...


真相はよく分かりませんが、いずれにしても30℃を超える炎天下での種まきはあまり望ましくない。
これは来年以降への教訓としましょう。


明日は、殺菌剤と活力剤、液肥を散布する予定です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/01(土) 23:59:43|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。