芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

青森紀行(自然編)

今日で6月も終わり。

今週は出張や飲みに出掛けることが多くて、ほとんど更新できませんでした。


仙台のベランダのバラはすっかり散ってしまい、ごく一部の出遅れ組を残すのみ。
クレマチスも最後の散り際を迎えつつあります。

クイーンエリザベスとブルーエンジェル
クイーンエリザベスとブルーエンジェル



覆輪のバラとジャックマニー
ベランダの手摺を乗り越えて顔を覗かせる切花品種の覆輪のバラとジャックマニー



サガエの花
梅雨入りとともにギボウシ・サガエの花首がどんどん伸びてきました。




さて、前回お伝えした青森旅行の続きです。


今回の旅行は今ひとつ天候に恵まれず、特に期待していた1日目の白神山地は散々でした。

白神山地・十二湖の青池
十二湖の青池

不思議なブルーの水を湛えています。

十二湖はその名のとおり白神山地のブナ林の中に点々と湖や沼が連なり、
原生林の雰囲気が楽しめる格好のハイキングコースがいくつもあるのですが、
今回は日本海から吹きつける冷たく湿った空気が白神山地にしっかりと雨を降らせました。

粒の大きな密度の濃い霧雨状態で、とてもカメラを構えられるような状況ではありません。
何とかタオルにくるんで濡れないようにして撮ったのがこの写真を含めて数枚だけ。


足元もかなり悪くなり、結局、ブナの原生林のコースはパス。

駐車場から舗装のある道を青池まで500mほど往復して、それですっかり気分は萎えてしまいました。


五所川原から延々80km以上海岸線を南下してやっと辿り着いた白神ですが、お天気には勝てません。
早々に白神山地を後にして、今度は五能線沿いの日本海岸をただひたすら北上します。


千畳敷海岸
千畳敷海岸
国道101号線と五能線が、荒々しい岩肌の海岸線を縫って走っています。



鯵ヶ沢と五能線
岩肌の海岸線が終わり津軽平野に出る地点が鯵ヶ沢。

写真は津軽平野側から白神側を振り返って撮ったもの。
鯵ヶ沢の港町から右奥の海岸線が白神へと続いています。




ところで鯵ヶ沢といえば、津軽の寒風吹き荒ぶ小さな漁師町を一躍全国的に有名にしたのは...




わさお1
わさお

ある女性ブロガーが命名、ブログで紹介して一躍有名になり、
その後映画化までされたブサかわ犬。



きくや
海辺りのイカ焼き屋、「きくや商店」のおばさんに飼われています。



わさおのおばさん
「こらぁ~、わさお」
と聞いたことある津軽弁の声とともに登場。


映画では薬師丸ひろ子扮する...わさおの飼い主。


いくら何でもちょっと違いすぎかな?(笑)



わさお2
軽トラの荷台に乗り、先ほどの線路沿いの道を海岸へ向って散歩に出かけていきました。

「わさお」は青森の自然とは何の関係ないけど、白神山地が空振りだった分の埋め合わせということで。



1日目は、このまま弘前へ向って一泊。



翌日は、一路十和田湖へ。


十和田湖
十和田湖・瞰湖台

この日もお天気は今ひとつ。
細かな霧雨が降ったり止んだり。


十和田湖は早々に切り上げて、本日の最大の目的地、奥入瀬渓流へ。


奥入瀬渓流1
奥入瀬渓流・阿修羅の流れ



銚子大滝
銚子大滝



奥入瀬渓流の遊歩道
十和田湖を水源にした奥入瀬川が約14kmにわたり風光明媚な流れを形づくっています。

渓流の周囲を覆う新緑や苔むした岩肌がしっとりと濡れて
柔らかな光に包まれてとてもいい雰囲気。


用意していた三脚を使って、スローシャッターで写真に収めました。


新緑の渓流は、紅葉と並んで風景写真の定番中の定番。

高級機材を装備した上級者とおぼしき写真愛好家もたくさんいて、
アングルなどはなかなか参考になりました。



その後、再び霧に包まれた山の中へ。

途中、有名な温泉に立ち寄りながら八甲田山を越えていきます。


八甲田山・睡蓮沼
奥入瀬から青森市に抜ける八甲田・十和田ゴールドラインの峠付近にある睡蓮沼。

まだ日陰には結構たくさんの雪が残っていて、
沼の周囲には水芭蕉や様々な高山植物も見られました。

お天気が良ければ、睡蓮沼の背後には八甲田山の山頂が望めた筈なのですが...



峠道を越えて青森市に向って下り始めると、ようやく青空が広がってきました。

八甲田・萱野高原
八甲田十和田ゴールドライン沿いの萱野高原。

八甲田山の山頂付近は相変わらず雲に覆われたまま。



このまま一気に青森市まで下って、夕方の新幹線の時間まで青森市内を散策。

せめてお天気がこれぐらいなら良かったのですが...

とは言え、梅雨のこの時期なのでお天気のことは諦めないと。

もともと梅雨時だからお得なチケットが出ている訳で、
贅沢を言ってはいけません。



悪いお天気なりに青森の自然を楽しんだ旅行でした。



次回、最後に「温泉編」をお届けします。
お楽しみに。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています



スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/30(土) 23:59:00|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

青森紀行(歴史、文化編)

金曜日の夜に東京から仙台に戻り、土曜日早朝の新幹線で新青森へ。

実は、JR東日本の「大人の休日倶楽部」の期間限定キャンペーンで
JR東日本4日間乗り放題13,000円のチケットを購入しました。

木曜夜から休みを取っての横浜帰宅も含めてすべて込み。
乗車券乗り放題のほかに、新幹線、特急の指定席も6回まで取ることができます。

大人の休日倶楽部チケット
恥ずかしながらもう50歳を超えているので、「大人の休日倶楽部」に入会すると
JR東日本の200km以上のチケットはすべて5%引きで購入できます。
いつもの新幹線乗車時ならビールとおつまみが浮く程度ですが、
今回は横浜往復だけでもかなりお得なのに、さらに新青森往復まで。


このため、東京からの戻り、仙台から新青森往復はすべて満席状態。
車内には熟年や老夫婦がかなり目立ちました。
斯く言う自分も「熟年」かと思うとちょっとお恥ずかしいのですが、気持ちだけは若いので...



まず新青森駅でレンタカーを借りて、すぐ近くの三内丸山遺跡へ。

三内丸山遺跡
三内丸山遺跡は、古くからその存在は知られていたものの、
1990年代の県営野球場建設中に大規模遺跡が発見され、
日本最大級の縄文遺跡であることが判明しました。

その意味では、かなり「新しい」遺跡ということになります。


三内丸山遺跡
大量に発見された住居の遺構や土器、埋葬跡などをもとに当時の住居が再現されました。、
発見された遺跡の大部分は発掘調査後、保存のために埋め戻されたそうです。


霧雨が断続的に降り続く中、1時間ほどかけて遺跡内と展示施設を見学後、
一路次の目的地、五所川原へ向かいました。




五所川原は津軽半島の根元、津軽平野の中心部に位置します。


ここでのお目当ては「立佞武多(たちねぷた)の館」

立佞武多の館1
「ねぶた」といえば青森市、「ねぷた」といえば弘前市が有名ですが、
ここ五所川原は「立ちねぷた」。



立佞武多の館2
巨大な「立佞武多の館」の中には、過去2年と今年の本番に登場する「立ちねぷた」が展示されています。

下から見上げるだけでなく、エレベーターで立ちねぷたの頂上部まで一気に昇って、
建物の内壁にらせん状に取り付けられたスロープをぐるりと廻りながら
様々な高さ、角度から見学することが出来ます。


立佞武多の館2.5
五所川原の立ちねぷたは、高さ22m、なんと7階建てのビルの高さに相当します。

五所川原では、明治時代まではこの立ちねぷたが行われていましたが、
電気の普及とともに、町じゅうに張り巡らされた電線の高さに合わせて次第に小型化し、
遂には廃れてしまいました。

また残っていた当時の写真や図面も戦後の大火ですべて焼失してしまい、
誰も知る人さえ居なくなりかかっていました。

ところが、1990年代になって、明治時代の立ちねぷたの様子を撮影した写真と設計図面が発見され、
町の有志が町おこしのために募金を募り、立ちねぷたの復活に取り組み始めました。

最初は高さ7mから始めましたが、なんと約80年ぶりに五所川原立ちねぷたが復活しました。


その巨大な立ちねぷたは青森だけでなく大きな反響を呼び、市も電線を地中化するなど、
立ちねぷたの復活に全面的に協力。
やがて、この立ちねぷたを保存、展示する「立佞武多の館」が遂に完成しました。

立佞武多の館3
そう大きな建物もない五所川原で、この立ちねぷたを収容する「立佞武多の館」はひと際その巨大さが目立ちます。

館内の大スクリーンの映像で見ましたが、立ちねぷた当日(8月4日から8日にかけて開催)には、
この巨大な建物のガラスの扉が開いて、中から展示されている立ちねぷたが登場してきます。

その様子はまさに圧巻で、これは是非本番を見なければと思わずには居られませんでした。

弘前城の桜と同様、宿を取るのが至難の業ですが、
今年の夏は何とか立ちねぷたを見に五所川原まで再度足を運びたいものです。



その後、五所川原を後にし、鯵ヶ沢から深浦の海岸線を経て白神山地へ。


そちらでも相変わらず雨は止まず、結局は計画していた山歩きは大部分キャンセル。
もっぱら白神山地の麓、日本海の美しい海岸線を走る五能線沿いの国道、
片道80kmを往復しただけで終わってしまいました。



そして1日目の最終目的地、弘前へ。

泊まったのは弘前駅前のビジネスホテル。
さっそく夕食がてらに、駅から程近い津軽三味線のライブハウスに向かいました。

津軽三味線1
ライブハウス、とは言っても、居酒屋に舞台があるだけのような気軽な雰囲気。

1時間ほどビールと青森の海の幸でチビチビやっていると、いよいよ津軽三味線のライブが始まりました。

演奏するのは、つい先ほどまで注文をとっていた若い店員たち。


野太い音色を捻り出す津軽三味線の演奏は大迫力。
津軽じょんがら節の力強いビートと、あの高音の早弾きが観客を魅了。

一気に津軽じょんがらの世界に引き込まれました。



津軽三味線2
同じく店員のおねえさんが津軽民謡の歌手に早変わり。



津軽三味線3
1時間余りの演奏の最後には、今は亡き津軽三味線の名手でこの店の創始者であった山田千里氏の夫人、
そして紅白歌合戦にも出場したことがあるという津軽民謡界の大御所、福士りつさんが登場。

迫力の唸りをしっかりと堪能さていただきました。



そして2日目の最後、青森市では、青森ねぶたの展示施設、「ワ・ラッセ」を見学しました。

青森ねぶた1
ワ・ラッセは、東北新幹線の新青森開通に合わせて開館した新しい施設。
常時、前回の最新ねぶたが5基展示されています。


青森ねぶた2
五所川原の立ちねぷたを見た後だけに、ふた回りほど小さく感じてしまいましたが、
おそらく初めて見る人にとっては大迫力間違いなし。

さらに本番では、かなり早いスピードでグルグル回転したり、前後に傾いたり、
想像以上の迫力です。


青森ねぶた3
さらに、飛び跳ねるハネトたちの「ラッセーラ」の掛け声と、巨大な太鼓やお囃子の音が一緒になって
絶対に一見の価値がある祭りであることは間違いなしです。

阿波踊りの徳島出身者から見ても、世界にも誇れる日本の代表的なお祭りのひとつであると断言できます。


ねぶたの家 ワ・ラッセ
斬新な外観デザインの「ねぶたの家 ワ・ラッセ」を出た頃には、ようやく青空が広がり
青森を発つまでの2時間余り、青森駅と港周辺を散策してから新青森駅へ。


あっという間の、しかし中身の濃い2日間でした。


今回、全部は紹介し切れなかったので、次回以降、
青森の「自然編」と「温泉編」とに分けて残りをご紹介しようと思います。

お楽しみに。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/25(月) 23:59:37|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

台風一過・横浜編

金曜日に休暇が取れたので、木曜日の夜、横浜に帰りました。


しかし、夜が明けると雨。
お昼過ぎまでかなりしっかりと降りました。

仕方がないので部屋でお昼までのんびり。
午後に雨が上がってから庭に出ました。


芝刈り前
草ボウボウ状態の西洋芝。
平均15cmくらいまで伸びています。
最後に刈ったのが5月27日ですから、なんと4週間近く。


雨にしっかり濡れていたので、最初の半分くらいは手刈りで。
2時間以上掛けて、最後は一気に芝刈り機で刈りました。

刈り高はうちの芝刈り機では最高の34mm。
いつもは16~22mmですが、これでも本当は刈り過ぎ。
一般に刈り高は半分程度までに留め、日を改めて刈るのが良いと言われていますが、
そんな時間も無いので一気に。

芝刈り後1
芝が濡れているので、倒れて刈れない部分は後から手刈りで。



芝刈り後2
病気が出かかっている部分もありましたが、思ったよりは良好な状態。
5月27日にレーキ掛けでサッチ取りをしたのが功を奏したようです。

その後、殺菌剤をジョウロ散布しました。


(西洋芝のメンテ記録)

 刈高  34mm
 殺菌剤 タチガレン(ヒドロキシイソキサゾール)
     ダコニール(TPN)




さて、先日の台風ですが、宿根草が風と雨の重みで倒れかかっているものが幾つかありましたが、
おそらく南~南東からの風でメインの庭への直撃はそれほどなかったようです。



しかし、風の直撃を受けた階段の上では...


階段の上のバラ1
スーパーエクセルサ、ニュードーン、アルバメイディランドなどが
階段の上に倒れ掛かって完全に通路を塞いでいます。



階段の上のバラ2
南東(写真右奥)からの風に煽られたようです。



階段の上のバラ3
幸い枝折れはなかったようです。

株全体を起こして、数箇所を生垣にビニタイで固定。



階段の上のバラ4
ついでに花がらや無駄な枝を切り落として、何とか元に戻りました。

このあと、黒点病が出始めていたのと、アブラムシなど害虫が多少目立ったので
ダコニール+モスピランをハンドスプレーで散布。

これも約4週間ぶりの割にはそれほど酷い被害ではなくてホッとしました。



午後の5時間ほど慌しく作業を済ませて、この週末は自宅に留まることなく
夜の新幹線で仙台に戻ってきました。


横浜での作業は、それほど気温は高くなかったものの、
湿度が高く、雨露に加えて汗でビッショリになりました。


そして夜遅く、仙台駅に到着すると空気がヒンヤリ。
今やすっかりこちらの気候に慣れて、仙台に降り立つとホッとした気分になります。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/22(金) 23:59:24|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

台風一過

早朝に台風4号は足早に東北地方を駆け抜けました。

7時過ぎには台風一過の日差しも。

ギボウシ・サガエ
花芽が上がり始めたギボウシ・サガエが眩しい朝日を浴びて花首を伸ばしていたのが印象的でした。


台風もさすがに東北地方までくると熱帯で蓄えたエネルギーを使い果たしてしまったようです。
確かに夜半にはそこそこ雨風は強かったようですが、
仙台市内では大きな被害が出るようなことはありませんでした。

ただ、石巻では震災による地盤沈下(というより地殻変動と言った方が適切かも)の影響で、
かなり高潮による浸水の被害があったようです。



ただ、そうは言っても...


クレマチス・ブルーエンジェル
クレマチス・ブルーエンジェルはだいぶ花びらを散らしてしまいました。



クレマチス・ジャックマニーと散ってしまった黒蝶
ジャックマニーの方はまだ比較的健在でしたが、
3週間近く長く咲いていた黒蝶の方は一気に散ってしまいました。



ダイアナ・プリンセスオブウェールズ
そんな中、ダイアナ・プリンセスオブウェールズが何もなかったかのように高貴な花を咲かせつつあります。



ダイアナ・プリンセスオブウェールズ 2
故ダイアナ妃の遺志をついで、苗販売の収益の一部が慈善事業に寄付されていますが、
このバラの開花時の姿は、まさにダイアナ妃を髣髴とさせるものがあり、
高貴さの中にも何か複雑な色合いを秘めている、そんな感じです。



ヤマアジサイ・藍姫
ヤマアジサイ・藍姫

季節外れの台風でしたが、バラやクレマチスを散らせて、
あとから思えば、季節を少し前に進めた台風だったかな、という感じです。



こちらは気楽な状況で申し訳ないですが、
台風がまだ勢力を弱めていない段階で直撃を受けた地域では、
植物や鉢に結構な被害を受けた方もおられるようです。

(ところで、うちの横浜の庭は大丈夫だったかな?)


被害に遭われた方には、台風5号の「返り討ち」にはくれぐれも注意されて
植物の生命力を信じ、必ずや元の状態以上にまで「復旧・復興」されることを
この東北の地から祈っています。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/20(水) 23:59:26|
  2. 仙台のベランダ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

台風接近中

台風4号が東北地方に接近中です。

19日夜は遅くになって次第に雨が強くなってきました。
まだ風は大したことがありませんが、20日明け方頃には仙台付近に最接近する見通しです。



仙台のベランダではいよいよバラのシーズンも終盤を迎えつつありますが、
クレマチスをはじめまだまだ健在です。


クレマチス・ジャックマニー
ジャックマニーが満開です。



クレマチス・フルディーン
フルディーンも開花。
5cmほどの小ぶりの白花ですが、パールのような光沢があります。



クレマチス・ブルーエンジェル1
ブルーエンジェルも満開。



ブルーエンジェル2
いい感じで葉物のハンギングにも絡んでいます。



クレマチス・ブルーエンジェルとテンテル
テンテルとブルーエンジェルの競演。
すっかり開き切って、まもなく散り始めそうな雰囲気。



クイーンエリザベス1
終わりが近づきつつあるバラですが、ブラインドになって出遅れたクイーンエリザベスが
今になってようやく咲き始めました。



クイーンエリザベス
クイーンエリザベス



バラは、未開花の数輪を残して開花株は順次散り始めています。

台風の風でどの程度ダメージを受けるのか分かりませんが、
長かったバラシーズンもこれでいよいよ終わりが近づきつつあることは間違いなさそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/19(火) 23:58:56|
  2. 仙台のベランダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

一晩だけの帰宅

週の半ばから出張続き。
金曜の夜遅くに仙台に戻ってきました。


その出張の最初が東京だったので、一晩だけ横浜の自宅へ戻ってきました。


仕事に出る前の朝、1時間半ほど雨上がりの庭に出て、慌しく終わったバラなどを片付けてきました。


横浜の庭1
庭の西洋芝は2週間あまり伸び放題のまま。
長いものは10cmを超えてちょっとした草むらのような雰囲気になりつつあります。

時間が無いのと雨上がりで、芝刈りは次回に持ち越しました。
幸い病気がまだ殆ど出ていないのが救いです。



横浜の庭2
階段脇のアンジェラはほとんど終わってしまい茶色く変色。
大量に散った花びらが葉の上に降り積もり、雨に濡れて腐り始めそうな状態。



横浜の庭3
階段の上から。
右側の安曇野は、まだピンク色を保ってはいるものの、ほぼ終わっています。



横浜の庭4
1時間あまり掛けてアンジェラの花がらをすべて切り戻しました。

散った花びらがが雨に濡れて葉っぱに貼り付いて、傷み始めているものも多数。
ただ、幸い黒点病などの発病は思いのほか少なく、少しほっとしました。



アルバメイディランド
階段の上のアルバメイディランド。
遅咲きの小輪房咲き。
もう終わりかけていますが、梅雨入り後のこんな時期まで咲いているのは初めてかもしれません。

左側で元気に伸びているのは安曇野のベーサルシュート。


スーパーエクセルサ
同じく階段の上のスーパーエクセルサ。

こちらも遅咲きの小輪房咲き。雨に濡れて大きくうな垂れています。



横浜の庭5
芝庭の周囲でもバラは殆ど終わってしまいましたが、
最高に花もちが良いレッドカスケードだけはまだ華やかさを保っています。



プリンセス・ダイアナ
花が終わってしまったピエール・ド・ロンサールのアーチでは
クレマチス・プリンセスダイアナが満開でした。



朝の僅かな時間、それも雨が上がったばかりという悪い条件で、
計画していた芝刈りや薬剤散布は出来ませんでしたが、

一番の懸案だったアンジェラが取り敢えず片付いてホッとしました。



次回は恐らく1週間ほど先になりますが、梅雨の最中だけにどの程度作業ができるか、
不安を残しつつ横浜の自宅を後にしました。




仙台のベランダ1
週末を迎えた4日ぶりの仙台のベランダは、昼前から梅雨空に変わってきました。

今日は久々に家でのんびり。



仙台のベランダ2
バラがだんだんと終盤を迎えつつあるものの、
まだ一部の品種は代わる代わる新しい花も咲いています。



仙台のベランダ3
クレマチスとともにまだしばらくは楽しめそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています









テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/16(土) 12:45:20|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

満開のベランダ

週末にpenpenさん父娘が来訪してくれた仙台のベランダ。


満開のバラ
ここ2,3日で、ちょうど満開を迎えました。

penpenさんのBLOGで先に公開されたので二番煎じの感はありますが...



ラ・カンパネラ 1
ひらひらの花弁が華やかなラ・カンパネラ。



ラ・カンパネラ 2
大輪のカーネーションのような花型です。



ダイアナ・プリンセスオブウェールズ
ダイアナ・プリンセスオブウェールズ



ダイアナ・プリンセスオブウェールズ2
2日前(6/8)のダイアナ。
こっちの方が奇麗です。



ローテローゼ
元もとは切花だったローテローゼ?
いただきものの切花からノイバラ台木に芽接ぎしました。



アンティークレース
アンティークレース

コンパクトなフロリバンダですが、花嫁のブーケとしても人気の品種です。



セプタードアイル
セプタードアイル
このバラは咲いたのがこれだけ。
大部分の新芽は仙台への引越し当初の寒さに当たってブラインドになってしまいました。

コロンとしたカップ咲きから覗く黄色い蘂がかわいい品種ですが、
涼しい気候でゆっくりと開花する分、花弁の重なりが多くボリューム感たっぷり。



クレマチスも次々と満開を迎えています。

ブルーエンジェル
ブルーエンジェル



ブルーエンジェルとセプタードアイル
セプタードアイルとの競演



ブルーエンジェルとテンテル
窓枠の下のブルーエンジェルとテンテル



ジャックマニー
ジャックマニー



ジャックマニー2
系統名にもなっている遅咲き強剪定の代表品種。



バラ、クレマチスのほかにも、梅雨入りに合わせてヤマアジサイが満開に。

藍姫
藍姫
四国・徳島産のヤマアジサイ



九重山
斑入り葉も美しい九重山
名前のとおり九州・大分産です



狭いベランダで様々な花が所狭しと満開を迎えました。

早めに咲いたものはそろそろ散り始めましたが、横浜の庭とは比較にならないほど
ゆっくりと奇麗に開花して長い期間咲いています。

そして何よりの違いは、黒点病やうどん粉病などの病気がほとんど出ないこと。
薬剤は、引越して早々に一度殺虫・殺菌剤のハンドスプレーを散布したのみ。

周りに感染源が少ないことに加えて、ベランダで雨に当たりにくいことや
涼しい気候が幸いしているようです。



お陰で大した苦労をせずに、毎朝、美しい花を楽しんでいます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/12(火) 01:03:54|
  2. 仙台のベランダ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

復興のトマト

仙台空港近くの岩沼市で、トマト苗の植え付けに参加してきました。


東日本大震災の津波で壊滅的打撃を受けた岩沼市相野釜地区。
仙台空港に隣接した海岸沿いの100世帯余りの集落が全滅し、40人以上の犠牲者を出しました。


市内の約半分の面積が津波に襲われ、比較的被害が小さかった地域でも、
海水を被った田畑は今も塩害でほとんどが再開できずにいます。


相野釜地区の農家の方たちが、市内の少し内陸側の農地を借りて、
スイスの大手種苗会社の寄付金による援助で十数棟のビニールハウスを整備。

今回、知人が運営するNPO法人が募集したトマト苗の植え付けボランティアツアーに参加してきました。



30人余りの参加者の多くは首都圏から参加。
中には、種苗会社のシンガポール拠点の幹部の方も。
仙台駅前に集合して、バスで岩沼市のビニールハウスへ。


車中、色々と被災の状況を話してくれたのは、農業生産組合の沼田さん。

農業の傍ら、被災時には岩沼市議会の議長を務めていた沼田さんから、
仙台空港ビルへの避難や津波が襲う様子、避難中には空港ビル内で1,600人もの被災者が数日間に亘って、
空港売店の仙台銘菓「萩の月」や「笹かまぼこ」で何とか食いつないだ話など
臨場感溢れるお話を伺っているうちにビニールハウスに到着。



簡単に農家の皆さんの紹介や作業の説明を受けてから、さっそく苗の植え付けに取り掛かりました。

トマトの植え付け1
30cmほどに成長したトマト苗を植えつけていきます。


トマトの植え付け2
受け入れ側の農家のみなさんの準備が万端で、苗の植え穴まで開いていて
あとはビニールポットから抜いて穴に入れて土を被せるだけ。

参加人数が募集数の10名を大幅に上回っていたこともあって、
あっという間に植え付けが完了しました。



トマトの植え付け3
植え付け終了後は、農家の皆さんが用意してくれたおにぎりや焼きそば、牛タン焼き
そして採れたてのトマトなどを味わいながらバーベキュー。



相野釜の農業生産組合では、塩害に比較的強いということでトマトの植え付けを選んだとのこと。
春の早い時期に植えつけた採れたてトマトは、とても大きく味が驚くほど濃厚。
お土産に2玉100円で購入してきました。



さらに、ハウスを寄付した種苗会社のご厚意で参加者全員に岩沼メロンのTシャツがプレゼントされました。
このTシャツは、埼玉・東浦和の団体の支援でメロンハウスを整備した際に制作し、
売り上げの約半分が岩沼農業の復興に使われるとのこと。

岩沼メロンTシャツ1
作業用にヤンボーマーボーのタオルまでいただいて帰りました。



岩沼メロンTシャツとトマト
さっそく晩ごはんではトマトサラダでいただきましたが、濃厚でジューシー、
こんなに美味しいトマトをいただいたのは初めてかもしれません。



植えつけたトマトは2ヶ月余りで収穫期を迎えます。
8月下旬にもう一度収穫ツアーを催すとのこと。

「今回は作業が軽すぎたので、次回はもっと働いてもらいます」とは案内してくれた沼田さんの弁。


明るく楽しい雰囲気たっぷりのトマト植え付けツアーでしたが、
終了後に被災した相野釜地区を案内してくれました。



相野釜地区の被災地
皇太子殿下がご視察で立ち寄られたという地点から眺めた相野釜地区。

目の前の僅かに残ったブロック塀の向こう側が案内してくれた沼田さん宅の跡地。

遥か奥に見えるスカスカの松林の向こう側が海、大量の松林をなぎ倒して津波が襲いました。



悲惨な津波被害にもかかわらず、明るく元気に農業復興に取り組むみなさんとの楽しいひと時でした。
皆さんは家を失い、車を失い、畑やハウスと何から何まで、そして中にはご家族まで失った方も。

まだまだ岩沼市内の農地の大半は雑草が茂ったまま。


今や復興需要で賑わう仙台市内に居ると、どうしても震災のことは忘れられてしまいがち。
こうして皆さんに被災地の実情を知っていただくことは、被災地の我々にとっては有り難いことだ、
そう沼田さんが淡々と、しかし明るい口調で語っておられたのが印象的でした。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/11(月) 00:36:57|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

緑だらけ~の庭へ

この週末からいよいよ東北地方も梅雨入り。

赴任以来はじめてと言ってもいいほど一日中しっかりした雨。
いつもなら自宅でのんびりと過ごすところですが、昨日は我が家にお客さんが。


penpen's blog 緑だらけ~! のpenpen_1goさんが、お嬢さんとともに仙台の我が家を訪れてくれました。


ひとしきりベランダのバラを楽しんでいただいた後は、今度はpenpen_1goさん宅へ。


penpenさん宅の庭1
あいにくの雨でしたが、ブログでいつも拝見していたイメージ以上の「緑だらけ~」の庭。



←Thank you for your click!
光景の端々に、自然への愛情が感じられます。



penpenさん宅の庭2
まだ新調したばかりのウッドデッキとデッキチェアーが雨に濡れていました。

お天気が良かったらきっとこのウッドデッキで談笑できたのでしょうけど...


写真で拝見していたイメージ以上に一番印象的だったのは立派に育ったコニファー。
雨で写真は撮りそこないましたが、大きなクリスマスツリーになるプンゲンストウヒなど
ちょっと個人のお宅では滅多にお目にかかれないような見事な樹形とスケールでした。


奥様、お嬢さんや息子さんたちとも楽しい時間を過ごしているうちにあっという間に夕方になり
名残惜しいながら失礼しました。

penpenさん、そしてご一家のみなさん、有難うございました。
今度はぜひお天気の良い日に。



penpen家をあとに、その足で国分町へ。


復興需要で賑わう仙台の夜の街でたっぷり宮城の地酒を楽しんできました。



今日は、これから津波被害を受けた仙台空港近くの岩沼へ。
農家のトマト苗植え付けのお手伝いに出掛けてきます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/10(日) 09:10:18|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

仙台のベランダのバラ・続編

今日の仙台はこれまでになく蒸し暑く、夜になっても気温が下がらないので
こちらに引越して以来初めて夜も窓を開けたまま。
と言っても最高気温は23.9℃と大したことはないのですが...


そんな仙台のベランダではバラやクレマチスが賑やかになってきました。


シャリファ・アスマ 1
シャリファ・アスマ



シャリファ・アスマ 2
今シーズン、我が家のバラに仲間入りしたイングリッシュローズ。
ERの中では香りのバラとして定番中の定番。
この花が一輪咲くだけで、ベランダにフルーティーな香りが漂います。

もちろんご覧のとおり淡いピンクのクォーターロゼットの花の美しさも一級品。



シャリファ・アスマと黒蝶
シャリファ・アスマと黒蝶



黒蝶
黒蝶



ブルーバユー 1
ブルーバユー



ブルーバユー 2
ゆっくり開花するので、色乗りが良くボリュームもたっぷり。



ブルーバユー 3
開き切っても長く開花し続けます。



緑光
緑光



緑光2
緑の観葉植物とのコンビネーション



ラ・カンパネラ
開花目前のラ・カンパネラ



ラ・カンパネラとリナリア
手摺のスリガラスを背景に、リナリアに囲まれて。



アンティークレース
ゆっくりと開花し始めたアンティークレース



クレマチス・テンテル1
クレマチス・テンテルが次々に開花中。



クレマチス・テンテル2
直径5cmほどの小さなクレマチスですが...



クレマチス・テンテル
多花性で、誘引した窓枠の下に次々と。



クレマチス・ブルーエンジェル
ベランダの手摺に誘引したクレマチス・ブルーエンジェルも開花目前。



今週から来週いっぱい辺りがピークになりそう。
梅雨入りが近づきつつあるようですが、ベランダなのであまり雨の心配が無く、
雨が降っても涼しいので、傷みが少なく安心して楽しめそうです。




それにしても、花の終わった横浜の庭が少し心配ですが、
帰るのは早くても1週間以上先になりそうです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/05(火) 23:59:41|
  2. 仙台のベランダ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

横浜のバラ(撮り溜めた写真より)

今日から早くも6月。
仙台では快適な過ごし易い日々が続いてますが、横浜の方はどうでしょうか。


梅雨入りが近づき、不安定なお天気で時々雨も降っているようですが、
満開だったアンジェラやつるアイスバーグなどがどうなっているかちょっと心配です。

今週末は仙台に留まります。
そんな訳で、先週末に横浜に帰って撮り溜めてきた写真から。


つるアイスバーグ、アンジェラ、安曇野
先週末の段階で、散り始める寸前。
きっと今頃はかなり散ってしまい、散りきれず葉っぱに引っ掛かった花びらが
見苦しくなり始めているはず。



アンジェラとニュードーン
階段の上では、淡いパールピンクのニュードーンも咲き始めています。



アンジェラとニュードーン2
ニュードーンは、階段の上に渡したワイヤーに絡ませています。



ニュードーンとアルバ・メイディランド
左側からは小輪のアルバ・メイディランドが咲き始めています。
さらにその奥には濃いローズピンクのスーパーエクセルサもちらほら。



アルバ・メイディランド
小輪房咲きのアルバ・メイディランドはかなり遅咲きの部類。



アルバ・メイディランド
満開時には直径3-4cmの小輪の花が20-30輪集まって葡萄のようにに咲き揃いますが、まだまだこれから。



スーパーエクセルサ
階段の反対側では、ニュードーンとともにスーパーエクセルサの開花も始まっています。



芝庭周りのバラ花壇
一方、芝庭周りは、様々なバラや宿根草、カラーリーフの低木でとても賑やか。

今日のところはここまでで、続きは日を改めて。



ところで、暑くて湿気が多くなる梅雨時を前に、西洋芝の病気予防のためのレーキ入れを済ませました。

西洋芝のレーキ入れ
金属レーキをガリガリと入れてやると、面白いように枯れ芝(サッチ)が浮き上がってきます。

例年、芝が少し暑さや湿気で弱り始めてから慌ててサッチ取りをするのですが、
今年は予防的にまだ気候が良い成長期のうちにレーキを入れました。

西洋芝は最高気温20-25℃、夜の最低気温10℃代ではまだ成長旺盛な時期なので、
これなら芝へのダメージも最小限で済みます。


芝の株元に堆積した刈りカスや病気で枯れた芝は、
放置するとダラースポットなどの病気の巣になりかねないので、
ガリガリとレーキでサッチを浮かせ通気性を良くして、
発病の可能性を極力減らします。


芝刈り後の庭
芝刈りとレーキ入れ後の様子。
今のところ目だった病気は無く、まずまず元気です。


(西洋芝の管理記録;5/27)

芝刈り: 22mm高
金属レーキ掛けによるサッチ取り
殺菌剤:トップジンM(チオファネートメチル)
    タチガレン(ヒドロキシイソキサゾール)
肥料 :園芸用液肥(5-7-5)500倍 0.5L/平米
    芝用化成肥料細粒(8-8-8) 50g/平米
活力剤:オリゴグルコサミン-L 500倍 0.5L/平米



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/01(金) 23:59:54|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。