芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

露出補正とピクチャースタイル

今日も朝からひんやりと雨が降る一日。

お昼過ぎには止みましたが、最高気温は23℃どまり。
10月上旬並みの涼しさでした。



さて、先日少し触れたピクチャースタイルに関連して、色々とコメントをいただいたので、
特に色の再現が難しい黒バラの撮影と調整について、実例をご覧いただきましょう。

(一眼をお持ちでない方でも、露出補正の効果は十分参考になると思います。)



サンプルは、先日の花火の日にご紹介した黒蝶。

黒蝶
これが、先日(8/17)UPした黒蝶の写真。



この写真は、先日も書いたようにいつものようにRAWモードで撮影して、
後から画像の明るさの調整、ピクチャースタイルの選択を行っています。


まず、撮ったままの写真から。

黒蝶(撮ったまま)
(撮影データ)
 Body: Canon EOS Kiss Digital X, レンズ: EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM
 撮影モード: 絞り優先オート, Tv: 1/50, Av: 5.6 ISO: 100
 露出補正: -0.67, 焦点距離: 68mm,
 ホワイトバランス: オート, ピクチャースタイル: スタンダード

黒バラは実際より赤色が明るく写ってしまう傾向があるため、予め露出補正-0.67(-2/3)をかけてあります。
露出補正の効果で、このままでもOKなくらいまずまずの出来。
ほんの少し、まだ赤が派手すぎるかな、という感じです。



では、もしも予め露出補正をかけずに完全オートで撮影したとすると...

黒蝶(露出補正なし)
こうなります。(カメラ付属のPCソフト、Digital Photo Professional (DPP)で補正。以下同様。)

露出補正なしの完全オートだと、実物よりかなり明るい赤になってしまいます。



そこで、DPPで露出補正を撮影時の-2/3から更に-1/6追加して、-0.83(-5/6)に。

黒蝶(露出補正-0.83)
これでかなり実物の雰囲気に近づきました。
ただ、まだ黒バラの深い赤が十分に表現しきれていない気もします。



ここで、ピクチャースタイルを変えてみましょう。


2-4枚目の写真のピクチャースタイルは、すべて「スタンダード」ですが、4枚目を「風景」にしてみると...

黒蝶(露出補正-0.83 風景)
赤や緑の華やかさが増して、パッと見は鮮やかでメリハリも効いた絵になりますが、
黒蝶本来の落ち着いた赤とは正反対の方向になってしまいました。

因みに、明るい色の花や葉を「風景」で撮ると、メリハリの効いた色鮮やかな明るい印象の写真になります。
また、紅葉や青空の入った風景写真では、オレンジや青がより強調されます。

赤バラと並んで色の再現が難しい紫色のクレマチスなどの場合には、風景モードではやや青が強調され過ぎて、
実際より青っぽく写ってしまう場合があるので要注意です。



では、ピクチャースタイルを「ニュートラル」に変えてみましょう。

黒蝶
はい、これで赤が落ち着いた色になり最初の写真になりました。(併せてシャープネスを0から4へ変更)


黒バラの場合、経験的には露出補正を-1EV前後、
ピクチャースタイルはスタンダードないしニュートラルが最適ですが、
今回もほぼそのような結果になりました。



なお今回、ホワイトバランスはオートのままで大丈夫でしたが、晴れや曇り、日陰など、
撮影時の条件によってはオートホワイトバランスがずれてしまう場合がたまにあります。
日中の屋外で撮影する限り、夕日とか電球下など極端な条件でなければ、
ホワイトバランスが狂うことはそう多くありませんが、
朝の青空の下の日陰で、まれに青っぽく写ってしまう場合があるので、
そんな時は「太陽光」や「くもり」などに変えて試して見てください。



今回の例は、RAWモードで撮影して、後からPCソフトのDPPで調整、設定を行って現像(画像処理)しています。

RAWではなくLモードで撮影する場合は、この調整、設定を撮影前にあらかじめ行っておき、
あとはカメラ内臓のマイコンが撮影と同時に現像(画像処理)を終えてしまうことになります。


実は、画像処理の内容自体はどちらも同じなのですが、これを予め設定しておきカメラに自動でやらせるか、
後から実際の画像を見ながら調整、設定するかの違いでしかありません。

一眼のオート撮影はかなり精度が高いので、ほとんどの場合は何も考えず押すだけでも
それなりの写真が撮れてしまいます。
RAWモードは後から手間が掛かるし、メモリー容量も3-5倍程度多く消費するので、
ある程度一眼に慣れて、オートだけでは物足りない、もっと絵づくりを楽しみたい、という方むけですが
面倒くさいことは嫌だという方にも、撮影時の設定による写りの違いが手に取るように分かるようになるので、
好奇心や向上心旺盛な方は、一度試してみることをお勧めします。

http://cweb.canon.jp/camera/dpp/


以上は、Canonの一眼での例ですが、Nikonほか各社それぞれモードやスタイルの呼称、
数値の目盛り単位などが微妙に違う場合がありますが、詳しくは取扱説明書や
市販のガイドブックを参照してみてください。




最後に、今朝の庭から。


黒蝶
雨の中、テラス側から見た黒蝶。

背景は、シェードガーデンのギボウシ。



レッドカスケードとセプタードアイルの新枝
レッドカスケードと、新枝の成長著しいセプタードアイル。




涼しさも今日まで。
明日からは残暑が始まるようです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/22(月) 23:59:06|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<秋はまだ? | ホーム | 芝庭への砂入れ>>

コメント

SundayGardenerさん、おはようございます~
背景が綺麗にぼやけて、写したいものがくっきりと綺麗に写るって、
ほんとに素晴らしいです。

テラス側から撮られたこの透き通った空気が
写真の中に息づいている感じを撮りたいんです(笑
いつかは、絶対に!
  1. 2011/08/24(水) 07:30:48 |
  2. URL |
  3. lavi_chan #-
  4. [ 編集 ]

laviさん、こんばんは

一眼だと、背景をぼかすことは比較的簡単です。
逆にコンデジ(コンパクト・デジカメ)だと
なかなかボケてくれません。

背景をぼかすコツは、
花になるべく近づいて同じ高さで横から、
そしてできれば背景まで距離があるアングルを選ぶこと。
そしてあまりゴチャゴチャしない、
スッキリとした背景を選ぶことも大切です。
その上で、背景のボケて空いたスペースに
アクセントになる花や光などを丸くぼかして
バランスよく写し込めれば完璧です。

コンデジではどうしてもボケ具合には限界がありますが、
構図の選び方ひとつで随分と写真の印象が違ってきます。

以前受講した花撮影セミナーのエッセンスを
今年の2月12日から数日に亘って掲載しています。
分かり易い実例入りですので、宜しければご参考になさってください。
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/blog-date-20110212.html

それから、宜しければlaviさんのブログを
リンクに入れさせていただきますね。
  1. 2011/08/25(木) 00:06:24 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/1012-7c0a5c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。