芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

写真選び

バラのシーズンは、毎朝写真撮影が忙しい日が続きます。

昨日あたりからかなり肌寒くなり始めて、バラの花の持ちもよく、
たっぷりと写真撮影が楽しめます。
(庭から戻ると、慌しく身支度を整えて出勤です。)


今日の場合だと、撮った写真は22枚。
特にマクロレンズの場合は、絞り値(f値)を幾つか変えて撮るので
似たような写真の中から「この1枚」を選ぶ作業が毎晩待ち構えています。


と、ダラダラ文字で書いても何のことやら分かりにくいので、実例を示しながら。


セプタードアイル
セプタードアイル
あの愛いらしいカップ咲きまでもう一息。

ただこれだけだとつまらないので、マクロで思いっ切り寄ってみました。



セプタードアイル2
EF 100mm f2.8 Macro USM
1/100 f2.8 ISO200

正面から。
美しい花弁の重なりに吸い込まれてしまいそう...



セプタードアイル3
EF 100mm f2.8 Macro USM
1/200 f2.8 ISO200
少し角度を変えて。

絞り開放(f2.8)で撮ると、被写界深度(ピントの合っている奥行き)は非常に浅く、
前後は大きくボケて、かなり立体感、遠近感が感じられます。



セプタードアイル4
EF 100mm f2.8 Macro USM
1/100 f4 ISO200
ほぼ同じアングルで。

絞りを1段(2.8→4)絞りました。
前後のボケ感を残しながらも、フォーカスされているエリアを若干広めました。
違いが分かりますか?



今回、こんな似たような写真が全部で5枚。
その中から一番気に入った1枚を選びます。

好みはあるでしょうが、私の場合はこの似たような3枚の中なら最後のが一番かな?

いつもなら、1枚目と4枚目(場合によっては2枚目も)を選んでBLOGにUPする訳ですが、
実際には、ここまで来るまでには、

RAW撮りした写真を現像ソフトDigital Photo Professional (DPP)で、PCモニターを見ながら1枚1枚、
 (1)露出補正(明るさ調整)
 (2)ホワイトバランス調整(撮影時はオート。特に曇りの日など。)
 (3)ピクチャースタイルなど、カラー、コントラスト調整(要すれば。「スタンダード」が原則。)
 (4)レンズの周辺減光、歪、色収差の補正(要すれば)
などを調整の上、RAWからJPG(圧縮)フォーマットへ変換します。

この一連の画像処理、変換作業を、銀塩時代の用語で「現像」と呼んでいます。


ちょっと話が横道に逸れましたが、こんな現像作業をしながら、
お気に入りの写真をピックアップしていくのです。



同じような事例をもうひとつ。

黒蝶1
黒蝶
EF 100mm f2.8 Macro USM
1/25 f4 ISO200

以前、黒バラの色調整について書きましたが、今回はアングル選びの実例です。
(ここまで辿り着くまでに、DPPで露出補正、カラー調整などを済ませています)



黒蝶2
縦アングルで。



黒蝶3
思い切って一部だけ。


さて、どの写真がお好みでしょう?
もし1枚だけ選ぶとしたら、私は3枚目でしょうか。

ここでも実際はもう1枚あって4枚の中から選ばなければなりません。



最後にもう一つ。(というか、3枚。)

カクテル1
カクテル
この派手な色、元気が出ますね。

背景のピンクのバラは、ウィリアムモリス。



カクテル2
90度ほど違うアングルから。



カクテル3
ピントを奥の花に変えてみました。

ここでも微妙にアングルやf値が違う写真が全部で6枚。
この中から、1-2枚を選ぶことになります。


毎日、こんな風に自分が撮った写真を見た目だけでなく
実際の撮影データ(f値など)を確認しながら微調整、吟味していると、
撮影時のアングルはもちろんのこと、露出設定なども自然と身に付いてきます。


とは言っても、写真はやはり芸術。
センスが占める部分が大きくて、最低限の知識や技術が身に付けば、
あとは今のデジタルカメラが大部分やってくれるので、
極端に言えば誰にでも「芸術的写真」が撮れるようになる可能性だけはある訳ですが、
実際には、駄作の山を築いてばかり、というのが実態です。

そんな素人の「腕」を補ってくれるのが高級なカメラだ、これまた男の「道具信仰」をくすぐる訳ですが、
素人がC社やN社の高級一眼やレンズを使ったところで大した写真は撮れない訳で、
逆にプロならKissの入門機でも素晴らしい写真が簡単に撮れてしまうのですよ。

分かりきったこととは言え、我々素人はせっせと「道具信仰」に走るしかない
そんな悲しい性を捨てる事は出来ず、その結果として今日もC社、N社は大儲け。
(O社は財テク失敗を誤魔化そうとして、ばれてしまったようですが...)


そんな達観したようなフリをして旧式Kissで腕を磨いていますが、
やっぱり最新式、ハイランクの一眼が欲しい...

(現実は、今のが壊れてでもくれない限り、厳しい事業仕分けを逃れられそうにもありませんが...)



最後は話が大きく脱線してしまいました。

これから週後半にかけて冷え込むようです。
残り僅かなバラシーズン、長持ちするバラの花を目一杯楽しみましょう。

どうか皆様、風邪を召されませんように。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/09(水) 23:59:51|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ふたたびセプタードアイル | ホーム | 雨上がりの立冬>>

コメント

お写真に厚みがあり、奥行きがあり
花びら一枚一枚がうっとりするほど美しいです。
さすが、師匠と勝手に呼ばせていただきます(笑
たくさん、写して自分でわかるようにならなければ
本物じゃないのですね。
道は遠いのかも。。3年もオートオンリーでしたので。。。
カタログをもらってくるので
N社、C社は理解できるようになりました(笑

今度の日曜日に、親戚が二人薔薇を見に来て下さるのですが
誰も見てくれないお庭なので、何だか嬉しいです。
実は、我が家のお庭は、通りから見えないんです。
ですので、道行く人とお友達になる事もなく
薔薇のお話もする事もなく
ひきこもっているのですが
こうして、ブログで話す事が出来て
嬉しい限りです(笑
  1. 2011/11/10(木) 17:55:22 |
  2. URL |
  3. lavi_chan #-
  4. [ 編集 ]

laviさん、こんばんは

誰でも最初は初心者ですから
そんなに身構えなくても大丈夫ですよ。
一昔前と違って今の一眼は、色々なモードが選べて
ユーザーの腕前に合わせて随分と使いやすくなっています。
入り口の敷居が下がったこともあってか
最近は「カメラ女子」が急増して
バラ園でも一眼を構える女性を多く見かけます。

最近は教本やハウツー本以外にも、
NHK教育の初心者向けデジイチ講座とか、
DVDテキストのほか、ネットにも初心者向け情報が
ふんだんに用意されています。
一度「デジタル一眼 入門」でネット検索してみて下さい。

じっくり選んで、買うときは思い切って。
カメラに限らず進化が早い最近のデジタルものは
「欲しい時が買い時」と言われていますが、
デジイチの場合は新製品発売直後だけはベラボーに高いので
発売直後3ヶ月だけを外せば、いつでも買い時です。

うちの庭も表からは見えないので、
家族と限られたお客様限定です。
ブログを始めてから、ずいぶんと張り合いが出て
頑張れているように思っています。
  1. 2011/11/10(木) 22:44:54 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/1077-40afbb03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。