芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バラの本 ?村田晴夫さん?

「芝とバラの庭仕事」と題していながら、最近バラの話が少ないので、今日はバラの話題。

我が家にはバラに関係する本が10冊以上。
中でも一番のお気に入りは何といっても村田晴夫さんの本です。

村田晴夫さんのバラの本

バラを育てている方はご存知の方も多いと思います。
村田さんの本の特徴は、バラのひとつひとつの品種というよりも、バラによる庭づくり、とりわけつるバラのことに関してはこの方をおいて右に出る人はいない、という存在です。

最近も、まだ買っていませんが「つるバラのすべて」という本を出版していて、巻末のつるバラの品種別の誘引の仕方の適性を示す一覧表は、時々立ち読みさせていただいています。(村田さん、ごめんなさい。)

村田さんの本が読者を魅了するのは、よくありがちな単なるつるバラの紹介にとどまらず、つるバラが創り出したの庭の風景が多数紹介されているところにあると思います。また、特性別のつるバラの詳しい誘引方法も、他書では見られない詳しさです。特に個人的には、ミニや小輪のつるバラの使い方にも注目しています。

本以外に村田ばら園のホームページにも、村田さんの「つるバラの庭」という本のエッセンスが結構詳しく書かれているのでとても参考になると思います。


ちなみに我が家のバラのうち、ノイバラとつるマジックカルーセルは村田ばら園からやってきました。
ノイバラ

つるマジックカルーセル


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/02/03(火) 23:27:48|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<立春のバラの花 | ホーム | 浅間山の火山灰/グラス類>>

コメント

No title

こんばんわぁ

つるバラ 今までずっと自分の庭にどうやって調和(?)させたらいいのかな
むつかしいな・なんて思って植えていなかったのですが昨年あたりからすこ~し植え始めました
村田ばら園のHPはそんな私の疑問にぴったりでした
まだ全部はよみきれていませんのでおきにいりに入れましたよ

Sunday Gardenerさんのお庭のバラの植栽 自然でとってもすてきですね

後先になりましたが リンクさせていただきました
よろしくお願いいたします






  1. 2009/02/04(水) 20:09:37 |
  2. URL |
  3. miti #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

mitiさん、こんばんは

コメントありがとうございます。

つるバラは、狭い庭を立体に使えるので、誘引次第で意外と使えます。
冬の誘引作業は寒くて辛いですが、その見返りを一度味わうと、次からはとっても創造的な作業と思えて楽しいものです。

村田さんの本は、つるバラの特性ごとの誘引の仕方や最適な場所、さらには花期が終わったあとのシュートの処理までしっかり書かれていて、本当にとても役立ちます。

mitiさんのお庭でも今年の春はきっと綺麗に咲いてくれますよ。
  1. 2009/02/04(水) 21:23:42 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

mitiさん

さっき、うっかり忘れてしまいましたが、リンクありがとうございます。
こちらにもリンクさせていただきますね。
  1. 2009/02/04(水) 21:29:13 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

Sunday Gardenerさん、こんばんわ!

つるバラの誘引って難しいですよね。
って我が家に居るのは黄モッコウぐらいですが…

妙にシュートが勢いよく出て来て、収拾がつかなくなってます~!
この機会に勉強してみようかと思います。。
  1. 2009/02/04(水) 23:44:27 |
  2. URL |
  3. penpen_1go #0QjNWJMw
  4. [ 編集 ]

penpenさん、こんばんは

つるバラの誘引って、バラの個性が分かってくると、春の姿を想い描きながらやれるので、寒いけどとても楽しい作業になりますよ。

問題は夏から秋にかけての伸びたシュートの扱いなんですよね。モッコウバラのようにある種規則的に放射状に伸びてくれるのは、まだ良いほうですね。

つるバラのシュートは、翌年花を咲かせる大切な枝なので、そう切る訳にもいかないんですが、我が家のつるバラはどれも枝が不規則に暴れまくります。

枝先のトゲが服に引っ掛らないように支柱などを使って上に向けてやるんですが、マンションなので上の階まで際限なくまっすぐ伸ばしてやる訳にもいかず、狭い庭の上空にアーチ状にしなった状態で複雑に絡まりあっています。

これもつるバラの特性なんだから仕方が無いと勝手に納得してるんですが、家内やお客さんには「ジャングルみたい」と評判があまりよろしくありません。
  1. 2009/02/05(木) 00:56:20 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/108-3cc95aab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。