芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

観葉植物、室内へ

冬らしい日が続いて、今日は冬至。
1年で一番日が短くなり、日の高さも低くなりますが、
実際には寒さはこれからが本番。

2月初旬の立春の頃までは、厳しい寒さが続きます。



一方、あっという間にクリスマスも目の前。

横浜駅の地下街には恒例のケーキ売り場がズラリと並びました。



ところで我が家の観葉植物、
具体的にはゴムの木系の2本ですが、
大きくなりすぎて邪魔になってきたので
ここ3年ほどは冬以外は外に出していました。


フィカス・ウンベラータとフィカス・ベンガレンシス。
どちらも耐寒気温は5度前後。
基本的には最低気温が10℃を割り込み始めると、室内に入れなければいけません。


ところが、やっぱり大きすぎてなかなか気が進まなかったんですよね。
あれよあれよと言ううちに、寒波がやってきて連日5℃を割り込み始めてしまいました。


フィカス・ウンベラータ
すっかり葉が黄色くなり始めて、さすがにこれはマズイ!
という訳で、急いで室内に取り込むことに。

しかし、やっぱりデカイですよね。
背丈は2m弱、横幅も1.5mほどにもなっています。

因みにこの木は、4月、桜が散った頃に外に出して、
バラの花が終わった頃に一番太い幹のすぐ手前まで、「棒」のような状態になるまで切り戻していますので、
夏の間4ヶ月ほどだけでこれだけ成長して葉を茂らせました。


寒さで葉もだいぶダメージを受けているので、思い切って小さくしてから室内に取り込むことにしました。


フィカスウンベラータの根鉢
鉢から根鉢を抜き出しました。
ちょっと水やりも不足気味のようでした...


ここから根鉢を崩して、株を小さくすることに。

ひこばえ分離
結局、メインの幹は根元近くまで切り戻し、
1本だけ幹の脇から生えていた「ひこばえ」を本体から切り離して、
これだけを残すことに。



フィカス・ウンベラータ室内へ
切り離したウンベラータの「ひこばえ」を、スリット鉢に植え替えて室内取り込み準備完了。
樹高、約30cm。
随分とコンパクトになりました。

ちなみに、日曜日に室内に取り込んで、僅か3日ほどで黄色く傷んでいた最後の葉は落ちてしまいました。

小さな芽の先が2,3見えていますが、あとは暖かい室内で
これらの芽が成長・展開することを期待するしかありません。



次はもう一本のフィカス・ベンガレンシス。

フィカス・ベンガレンシス
別名、ベンガル・ゴムの木とかベンガル・ボダイジュとか言われています。

こちらは、ウンベラータほどの急成長はないものの、じわじわと大きくなって
鉢の高さを入れて背丈を超えるほどにまで成長しました。

ウンベラータのようなひこばえは出ていないので、
大胆に一気にバッサリ根元近くまで切るのはちょっとリスクが大きすぎます。


そこで、

フィカス・ベンガレンシス 剪定後
太い幹だけ大胆に切り戻し。

結局、一番下の枝だけ残しましたが、残した枝自体もちょっと徒長状態。

春以降、様子を見ながらこれらの枝も切り戻して、完全に1から仕立て直すつもりです。



さて、これで観葉植物の室内取り込み完了。

思っていた以上に小さくでき、室内に入れてもさほど邪魔にならなくなりました。



最後に、今朝の庭から。

クイーン・エリザベス
クイーンエリザベス。
寒い中、階段の上でゆっくりと開花目前まで辿り着きました。

果たしてこのまましっかりと開花まで進むことが出来るでしょうか。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/22(木) 23:59:36|
  2. 観葉植物、室内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<新雪の誘引 ~その2 | ホーム | ちょっと季節外れのバラの芽接ぎ>>

コメント

なんていうグッドタイミング!

実はうちも、外で大きくなり過ぎて
お家に入らなくなった子がいたのです。
本当にお写真付きで説明してくださり
ありがたいです。
私も小さくしたいと思います。
名前はわからなくなってしまった子なのですが
斑入りでゴムの葉の仲間っぽい感じです。

年末が近づいてきましたね。
たくさん、する事があって
目が回っていることでしょう。
風邪に気をつけて、片付けていってくださいね~。
  1. 2011/12/23(金) 08:25:33 |
  2. URL |
  3. lavi_chan #-
  4. [ 編集 ]

laviさん、こんばんは

このウンベラータ、元は高さ20cmほどの
ハイドロカルチャー苗だったんですよ。
ゴムの木は夏に外に出すと
あれよあれよと大きくなります。
でも、元気で奇麗な葉を茂らせるには
室内だけじゃダメなんですよね。

本来、小さく切るのは初夏の成長期がベスト。
その時期なら幹だけにしてしまっても再生します。

今は暖かい部屋の中に入れるにしても
よほど暖かくないと新芽が出ないので
ある程度葉を残して切ってください。
根を弄るのも今はあまりお奨めできません。

今はあくまで仮の剪定にとどめ、
本格的に樹形を整えるのは来年の梅雨入り前頃
外に出して好きなようにバッサリ切りましょう。
  1. 2011/12/24(土) 00:40:02 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/1112-11e53ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。