芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨は夜更け過ぎに...

朝から一日雨です。


でも週末は回復していい天気に。

雨は夜更け過ぎに?♪
雪へと変わるだろう・・・じゃなくて晴れて、明日は気温がぐんぐん上がりそうです。

予報では明日の最高気温はなんと19℃。
半袖とまでは言わないものの、上着なし、薄手のシャツを腕まくり、という感じになりそうです。


さて、今朝の雨の庭の様子です。

雨の庭
外に出られないので、テラスから新花壇方向を眺めました。

手前から伸びる2本の枝はイングリッシュローズ「セプタードアイル。
長く弓なりに伸びて、少し垂れ下がった枝の先端部分にうつむき加減で花や蕾がついています。
なお、この2本以外の枝は軽めに剪定してしまいました。



    クレマチス「白万重」
    さて、12月10日(木)、つまり昨日の撮影ですが、
    クレマチス「白万重」の花がゆっくりと開花しています。
    つるが先に進むにつれ少しずつ開花のタイミングが遅れ、花も小ぶりになっています。


ところで、先日こんなのを見つけました。

斑入りヤブランの実
場所は、階段の麓のシェードガーデン。
ヤブソテツ(左)とクジャクシダ(右)に挟まれて、斑入りヤブランに黒い紫色の実が。(12月7日)
斑入りのヤブランは、普通の緑一色のヤブランのようにはなかなか実が生りません。

ヤブランは、株分けで簡単に殖やせますが、今回はせっかくなので、遊び心で種から育ててみることにしました。


ちょっとネットで調べてみましたが、ヤブランの場合、実生(種まき)で斑入り葉は遺伝しにくいようです。


斑入りヤブランの種1
ローズヒップと同様、実の表面の果肉(黒紫色の部分)には発芽抑制物質が含まれているので取り除きます。


     斑入りヤブランの種2
     取り出したまん丸のタネは、一旦乾燥させると発芽能力を失ってしまうそうです。
     そのまま、濡れティッシュにくるんで、タネ保存用に使っているチャック付き小袋に入れて
     発芽まで室温で保存します。発芽までは40-60日掛かるようです。



これは全くのお遊びですが、発芽まで手も掛からないので2ヵ月後のお楽しみとしておきましょう。
変わった斑入り葉が出ると面白いでしょうが、まず無理でしょうね。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/11(金) 23:59:46|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<つるアイスバーグの誘引 | ホーム | 本格的な冬到来を控えて>>

コメント

こんばんは~(*^_^*)

バラのヒップ 皮には発芽抑制作用があるんですか
かたい感じですよね
今ヘリテージのがしわしわになってなってます(-_-;)

村田先生の本今回ひさしぶりに読み直したら
色々納得して読めました
以前はさっぱりだったんですが
何年か経って少しは理解できるようになってということでしょうか…?
今年は剪定…やる気になってきました~
  1. 2009/12/12(土) 21:58:00 |
  2. URL |
  3. guranbia3000 #xHucOE.I
  4. [ 編集 ]

guranbia3000さん、こんばんは~

バラのヒップの果肉には発芽抑制物質が含まれていて、
そのまま株元に落ちてもすぐには発芽しにくいようです。
その代わり、小鳥たちがヒップを食べて
抑制物質を消化してからどこかに
「落として」くれると発芽し易くなります。

これは、今とは違う環境に子孫を残して、
万一のことがあっても同じ原因で死滅してしまわないための
生き残り戦略で、とてもよくできたメカニズムです。

人間もそうですが、多様性のある集団はしたたかで、
日本人のように同質性が高いと、いい時は絶好調でも、
何かあると一気に没落してしまいます。

昨今の苦しいご時勢、日本人も
植物のサバイバル戦略を見習わないといけませんね。

村田先生の本は、バラ中心主義というか、
人間の都合ではなくてバラの習性をうまく利用して
風景を創っていくというコンセプトが貫かれているように思います。
その真髄がつるバラの誘引作業で、
村田先生の本を読んでからは、
如何にしてバラの特性を引き出せるかという
とても創造的な作業だと感じるようになりました。
  1. 2009/12/12(土) 23:47:06 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/425-cbe8b821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。