芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

開花ラッシュ

今日も晴れて強い南風が吹きました。
明日からは下り坂のようですが、気温は高めで、
週末に向けていよいよピークが近づきつつあるようです。


今日、新たに数品種のバラが開花。
開花ラッシュの様相を呈してきました。

ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ
ゲンコツ剪定したダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズが元気に開花しました。


     安曇野
     安曇野
     階段脇の擁壁上からウィーピングさせた一重のつるのミニバラの一番花が開花しました。
     すぐ下のアンジェラとともに、びっしりと鮮やかなピンク色が階段脇を埋め尽くします。


テキーラ・サンライズ
テキーラ・サンライズ
バラを始めた初期の頃に手に入れた派手な覆輪のポリアンサ。
今となっては、何でこんなマイナーなのを手に入れたのかはよく分かりません。


       シルクレッド
       つるのミニバラ、シルクレッド。
       義母に贈った母の日のプレゼントが枯れそうになって帰ってきたのは、もう3-4年前。
       円錐形のオベリスク仕立てですが、去年黒点病にやられたこともあって
       あまり花つきがよくありません。


 ロイヤルボニカ
 ロイヤルボニカ
 ボニカ82の枝変わりの修景バラ。
 樹形、花つきはフロリバンダ。
 花色ははっきりとしたピンク色で無香。
 照り葉で超強健です。


テラス前
毎朝、拾っても拾っても新雪の花びらがまさに「新雪」のように降り積もります。

朝日が眩しい日は花が輝きすぎて写真撮影にはあまり向きませんが、
背後の窓ガラスに、朝日を浴びたアーチのピエール・ド・ロンサールと
フェンスのウィリアム・モリスが映り込んでいます。


    ローテローゼ1

          ローテローゼ2
         花束から芽接ぎしたローテローゼが見ごろを迎えました。
         やはり日本の切りバラ代表品種だけあって、素晴らしい見栄えのよさ。
         赤いバラの花束といえばこのバラです。


何枚UPしてもキリがないくらい咲き乱れ始めましたが、
本日の厳選の一枚。

ウィリアム・モリス
フェンスの上で朝日に向かって咲くウィリアム・モリス。
さりげなくクレマチスのつるが絡んでいます。



最後に、15日の国際バラとガーデニングショウ、第4弾。
今晩はUPが遅くなったので、かなり手を抜いてほんの少しだけ。

 黒柳徹子1
 黒柳徹子女史が敬愛する19世紀の米国の詩人、エミリー・ディキンソンの詩の世界を再現した庭。


黒柳徹子2
ローズテラスのステージでは、「エミリー・ディキンソンの庭」をテーマに
黒柳徹子氏、田川啓二氏(ビーズ刺しゅうデザイナー)、
バラの貴公子、大野耕生氏(ローズグロアー)の対談が開かれてました。
(私は全然聴いてませんでしたが。。。)

この他にも、小山内健氏、後藤みどりさん、ケイ山田さん、吉谷桂子さん、
そしてもちろん村田晴夫氏など、いつも雑誌やテレビに登場するこの世界のビッグネームが
そこら中にいて、さすがにバラ/ガーデニング界の大イベントだけのことはありました。


明日以降もテーマガーデンやガーデンコンテストなどの様子を少しずつご紹介していきます。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
     


スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/18(火) 23:59:35|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ピーク近し | ホーム | アーチ、フェンス周り>>

コメント

おはようございます

テキーラサンライズの記事 わかる気がします(^_^;)
育て初めの頃欲しかった品種と 今欲しい品種ってかなり違ってきています
当初はダブルディライトとか欲しかったんです
いまでも観るときれいですがうちの庭には…と そんな感じです

切り花品種って整ってますよねぇ…
どの品種も「見せる」ための感じできれいです
育てるのは難しくないですか?

そして最後…黒柳さん 見事に会場にマッチしていますね(^^♪ 
  1. 2010/05/19(水) 09:58:22 |
  2. URL |
  3. guranbia3000 #xHucOE.I
  4. [ 編集 ]

こんばんは☆

我が家の薔薇もピークに達してきました♪
ゲンコツ剪定したダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ開花してよかったですね♪
私も今度ダメもとでやってみよう~
ほんと!安曇野蕾がビッシリですね!(^◇^ ;) ほぇ

そうそ、私も同じく!
初期に植えた薔薇って今思うと全然好みじゃない(^。^;)
その頃はそんなに薔薇に詳しくなかったしね。
今はやはりイングリッシュローズに目がいきます。

ローテローゼ、これぞ薔薇!って薔薇ですね(^^ゞ
綺麗~~♪
  1. 2010/05/19(水) 20:54:35 |
  2. URL |
  3. Ryo #-
  4. [ 編集 ]

guranbia3000さん、こんばんは~

バラの花は知れば知るほどキリがないところもあるし、
好みもだんだんと変わっていくけど、
その花本来の美しさを発揮してくれさえすれば、
どの花もやっぱり魅力的ですね。
理由はどうあれ、数ある中から縁があって
我が家で咲いてくれることになったバラには
どれも愛着を感じずにはいられません。

切花品種は、さすがに1本ン百円で買う方がいるだけの素晴らしさがあります。
一般にスラリと花茎が伸びて、
一本一本に長さがあるのが切花向きの条件のようです。
株全体としての姿はやや不安定で、ガーデン植えには
必ずしも向いてないことが多いかもしれません。
切花でも人気のジュリアなんかは、あまり強健でもないし、
少し気難しいところがありますね。

黒柳徹子さん、さすがの存在感です。
芸能界のオールドローズ、なんて言ったら叱られちゃいますかね。
  1. 2010/05/19(水) 21:37:56 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

Ryoさん、こんばんは~

この分だと我が家のピークは、
遅咲き品種を除けば、今週後半から
今度の土日辺りになりそうです。

ゲンコツ剪定したダイアナ・プリンセスオブウェールズも
ブルーバユーも、ほんの2ヶ月前の姿が想像できないくらいです。
どの枝も瑞々しくて、一気に若返りました。
根さえしっかりしているようなら、大抵の剪定はヘッチャラみたいです。

安曇野は毎年びっしりと咲いてくれます。
小輪のつるバラは結構いいですよ。
大輪のバラとの相性もいいし、強健で少々絡め合ってもOK。
たとえば夢乙女なんか、どんな風にでも誘引できるし、
大きさも50cmから5mまで剪定で自在。
庭の表現力アップにも一役買うこと間違いなし。
ひとつお試しあれ。

最初の頃に選んだバラは、「初心者向き」として売られていたものが多いですが、
例えば我が家の顔、新雪とアンジェラはまさにそんなバラです。
今だったら全く違ったのを選んだでしょうけど、
それはそれで、長く愛されてきているつるバラだけのことはあるな、と関心します。
その点、ブッシュタイプのバラは、やっぱり何でこんなのを選んだの?
って思うのがない訳ではないですね。
って思うの
  1. 2010/05/19(水) 22:02:32 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~

たくさんのステキなバラが咲き始めましたね。
どの花も、ただただウットリです~i-233

深紅のバラももちろんステキですが
私はダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズみたいな
優しいピンクのバラが好きです。
先日、ご近所でもステキに咲いたバラを見せていただいて
家に帰って病気のバラ達に溜息。。。i-227
どうも、相性が悪いようです。
  1. 2010/05/19(水) 23:30:16 |
  2. URL |
  3. nonco #NNZ72WTo
  4. [ 編集 ]

noncoさん、こんばんは~

どんどん加速が付いて咲き始めましたよ。
新たにご紹介しましたが、土日頃にはピークになりそうです。

ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズは、咲き進むにしたがって
アプリコットピンクが乗ってきます。
今日新たにUPした写真と見比べてみてください。
故ダイアナ妃の名を冠しているだけあって、
とても優美で存在感たっぷりのバラですよ。

バラに病気はつきものですが、早め早めの対策が必須ですね。
一旦広がり始めると、いくら薬をつかってもなかなか直りません。
病気や虫を見つけたらすぐにむしり取る。
さらに病気になりそうな弱い葉も先に取ってしまう。
あるいは病気になる前に予防消毒する。

それでもなかなか思いどおりに行かないことが多いですが、何より先手必勝です。
  1. 2010/05/20(木) 00:32:21 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/587-a1983900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。