芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

脚立の上から

梅雨入りが目前に迫ってきました。
気温も27.5℃と高めで、これまでに比べてやや蒸し暑さも増してきました。

バラも終盤を迎えて、緑がどんどんと濃くなっています。


6月6日(日)に、つるアイスバーグの剪定作業で脚立に上りましたが、
いつもの階段以外からの目線で見下ろすのもいいものです。

 シェードガーデン1
シェードガーデンを見下ろしました。(2010/6/6)
満開になった安曇野のウィーピングスタンダードの下で、
ギボウシ、風知草、シダなどが所狭しと葉を重ね合わせています。


    シェードガーデン2
    花はほとんどなくても、様々な色、形が重なり合い、
    緑の生命力に圧倒されてしまいます。(2010/6/6)



視線をアーチの方に移してみました。

アーチと花壇
アーチの右半分、ピエール・ド・ロンサールはいくつかの花を残して終わってしまいましたが、
左半分のニュードーンは真っ盛り。アーチから大きく盛り上がって咲いています。(2010/6/6)

花壇では、なんと言ってもアリウム・ギガンチウムの「葱坊主」が目立っていますが、
様々な銅葉、黄金葉、シルバーリーフがモリモリと茂っています。
左下で大きく目立っているシルバーリーフはホワイトセージ。


アーチ周辺を地上から。

   ピエール・ド・ロンサール
   ポツンと少し遅れて咲いたピエール・ド・ロンサール。(2010/6/6)


        ニュードーン
        ニュードーンは満開。(2010/6/6)
        しかし少し花首が長いので、アーチとの一体感が今ひとつ。
        来年はアーチを別のバラに譲らせようと検討中です。


 花壇とフェンス
新設花壇の側からフェンスを眺めました。(2010/6/6)
紫の「葱坊主」の存在感は別格ですが、
満開の白万重やラムズイヤーもとてもいい感じです。


blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています



スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/06/07(月) 23:16:25|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<伸びる、伸びる | ホーム | つるアイスバーグの剪定>>

コメント

Sunday Gardenerさん、こんばんわ~。

まさにお手本のようなお庭ですね~。
バラやクレマが見事に咲き誇っているのはもちろん、
様々な緑のグラデーションも素晴らしいですね~♪

いつもの眺めとは違って、また新鮮です。

ギガンチウムの存在感は格別ですね!
  1. 2010/06/08(火) 00:54:28 |
  2. URL |
  3. penpen_1go #0QjNWJMw
  4. [ 編集 ]

こんにちは~(^_^)

アーチも難しいですね
上向きに咲くのでニュードーンの入れ替えはいいのかもしれません~ ピエールはばっちりそうですね♪
でもニュードーン 蕾が多そうですね~

一番最後の写真
マンションのお庭とは思えません…
高さも厚さもすばらしいです♪

うちの白万重…どんどんのびて ついに私を越しました(-_-;) …が花はつかず…
これは横にしないと花がつかないものなんでしょうか??(←今頃って気もしますが)
  1. 2010/06/08(火) 11:32:30 |
  2. URL |
  3. guranbia3000 #xHucOE.I
  4. [ 編集 ]

こんばんは~!

Sunday Gardenerさんちのお庭、バラが終盤とはいえ、
まだまだ華やかで素敵ですねぇ~♪(^^;
うちのバラはもう殆どが咲き終えていますよ。
ニュードーンは今が満開ですか・・・上品な色のバラですね♪香りも良さそう~。
ラムズイヤーは庭に欲しいひとつのハーブです♪^^
こうして改めて見ると、緑と花の量の配分って重要ですね~。。
花ばかりでも疲れるし、緑だけも寂しいし・・・
庭のバランスって難しいです。。(´∇`A、、

  1. 2010/06/08(火) 21:36:29 |
  2. URL |
  3. ぴーちゃん #odxjtw2U
  4. [ 編集 ]

こんばんは~

高い位置からの眺めが新鮮ですね
特に最初と最後の写真が好きです♪
安曇野のピンクとグリーンのグラデーションが引き立て合っていてとっても素敵!

ギガンチウムがとてもいいアクセントになっていますね

ツルバラのステムの形態はとっても大切なポイントなんですね!
  1. 2010/06/08(火) 22:04:56 |
  2. URL |
  3. Aozoraharuka #c4DmjxtY
  4. [ 編集 ]

penpenさん、こんばんは~

いえ、いえ、お手本だなんてとてもとても。。。

シェードガーデンが元気なのは、化成肥料を多少ばら撒いていますが、
それよりコブシの落ち葉を満遍なく撒いているので、
土が良い状態を保っていることが大きいように思います。

上から見ると、葉の重なりと奥行きがよく見えますね。

ギガンチウムは500円の球根1球ですが、大正解でした。
  1. 2010/06/08(火) 22:27:54 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

guranbia3000さん、こんばんは~

アーチは品種選びが難しいですね。
春の花が短めのステムで咲いて、、花は横から下向き。
だいたいこの辺は必須要件でしょうね。

最後の写真のエリアは、クレマチス・H.F.ヤングとカクテルで始まって、
どんどんと役者が入れ替わっていきます。
ラムズイヤーを去年ここに移植して、成長したのは今年が初めてですが
ずいぶんと花壇の厚みが増していい雰囲気になりました。

白万重はまだ蕾が着きませんか?
上への成長力が勝ちすぎているのかも。
そろそろ先端を倒してやって、成長のエネルギーを
花芽形成に向けてやるといいかもしれませんね。

少し気が早いですが、花後に上の方だけ軽目に剪定してやると、
秋におそらく上の方で再度つるが伸びて花が咲くと思います。
今まで伸びた縦方向のつるを冬剪定で来年以降の主幹として残してやれば、
来年の春にはおそらく各節から一斉に新たなつるが伸びます。
横向きに誘引すれば一気に花数が増えると思いますよ。


  1. 2010/06/08(火) 22:56:08 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

ぴーちゃん、こんばんは~

ニュードーンは超強健で成長力抜群、花つきもいいのですが、
本当は壁面やフェンス向きですね。
香りはそれほどでもないですが、透明感のあるパールピンクの花が壁面いっぱいに咲くと見事ですよ。
挿し木株を家内の実家に里子に出したところ、
見事に壁面を飾っています。

ラムズイヤーはこれからの梅雨の季節、
雨を含んで蒸れ易く重みで倒れてしまうのが難点ですが、
倒れた株が根付いて横に広がっていきます。
写真の左端と奥にも見えると思いますが、
来年はたぶんもっと茂ることになるでしょう。

花はある意味一瞬ですが、葉は1年を通じて長く付き合うので
3~4本に1本は、カラーリーフや斑入り、グラスなどを混ぜるといいですよ。

  1. 2010/06/08(火) 23:20:47 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

Aozoraharukaさん、こんばんは~

1枚目のシェードガーデンを見下ろした写真、
とても素敵でしょう?
様々な葉が幾重にも重なっているのがよく分かります。

ギガンチウム、お勧めですよ。
大きく葉が茂るので、花芽が立ち上がるまでは
邪魔にならない場所で鉢で育てて、
入れ替えるとスペースが無駄にならないですね。

アーチのバラ選びは難しいです。
ステムが短くて花が横~斜め下向きが理想ですね。
夏以降のシュートの処理がさらに難問で、
ランブラー系以外はポールや近くの壁面を使って上に逃がしてやらないといけません。
  1. 2010/06/08(火) 23:32:52 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは~

シェードガーデン、品種の違うギボウシや質感の
違う葉との組み合わせが美しいですね~
この写真、持ち帰って良いですか?
おぎはら植物園で、黄金ふうち草、銅葉三つ葉など
買ったので組み合わせの参考にさせていただきますね。
クジャクシダは売り切れでした。

つるバラの剪定、お疲れさまでした~
花枝が多いので大変ですよね。バジルも今年
ボウベルズがたくさん花をつけたので、「どこで
切ればいいんだ??」と迷いました
葉っぱ何枚残すんだっけ?
シュートを出すにはどれくらいの負荷?
4季咲き性もあるから、あまり切ったら咲かないし

つるバラ初心者丸出しですね(^_^;)
  1. 2010/06/09(水) 11:08:58 |
  2. URL |
  3. バジル #-
  4. [ 編集 ]

バジルさん、こんばんは~

シェードガーデンの写真、どうぞ喜んで。
少しでも参考にしていただければ幸いです。

アンジェラくらい花数が多いと、とても一本一本考えて剪定していられないですね。
実際、アンジェラに限らずつるが長く伸びるつるバラの場合、
花枝途中からの芽で返り咲いたり秋の花が咲くのはそれほど多くないので、
枝の剪定自体は、光合成の葉を適度に残す以外それほど難しく考える必要はありません。
むしろ、切り戻すことによって強いシュートの発生を促して、
新しいつるにできるだけ更新させることを狙います。

イングリッシュローズのようなシュラブ・タイプの半つるバラは、
HTやFLとつるバラの中間的な性格ですが、
自然樹形を生かした花がら切り程度(5枚葉を1~2枚つける程度)の
軽めの剪定で済ませ細めの枝も残したほうが秋の花つきがいいことが多いようです。
ボウベルズの樹形や枝ぶりを画像検索で見た限りでは、
半つる性としては比較的コンパクトな樹形のようなので、
軽めの剪定にとどめて、冬剪定まで自然のままか、
「噴水」状に弓なりに先端が水平になる程度まで軽く誘引してやる程度が向いてそうですね。
太くて強いシュートが出た場合は、しっかり上向きに伸ばしてあげてください。
  1. 2010/06/09(水) 21:37:27 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/607-683a4cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。