芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤いバラの写真

最高気温33.9度。

また真夏の暑さが戻ってきました。
向こう1週間も晴れマークがずらりと並び、
まだしばらくは秋の涼しさはあまり期待できないようです。

こう暑いと、水やり以外の庭仕事はかなり厳しいので、
水やり時についでにできる範囲で、目だった雑草を抜いたり、
病気や害虫で傷んだ葉を毟り取ったりするのが関の山。
先週から、頑張って液肥やりを再開しましたが、結果的に水やりが2度手間になるのでかなり大変です。

庭中にオルトラン粒剤を散布する予定でしたが、この暑さではとても無理。
先々週にバラ鉢だけは一度撒いたし、黒点病対策や、
バラの花を食害するルリマルノミハムシ対策の薬剤散布も含めて来週に持ち越しです。


さて、昨日の続きになりますが、今日は赤いバラの花の色が
写真ではなかなかうまく再現できないことについて。


赤バラの中でも、特にいわゆる黒バラ系の花は、
デジカメで撮るとどうしても明るい色に写ってしまいがちです。


我が家の黒バラ、黒蝶での写真の例から。(2009/5/14撮影)

黒蝶(オート)
黒蝶(絞り優先オート)

真っ赤なバラとして写っていますが、本来の黒バラの雰囲気が全然表現できていません。


直後に同じバラをマイナスに露出補正して(-2/3EV)撮りました。

黒蝶(オート-2/3EV)
如何でしょうか。
(マイナスの露出補正というと何か難しそうですが、要は少し暗く撮ったということです。)
まだ、黒バラの花色は十分再現できていませんが、だいぶ本物の色に近づきました。


経験上、デジタルカメラでは深い赤色とやや薄めの紫色の再現にはいつも苦労します。
これはデジイチでも同じで、メーカーや機種毎の画像センサーや画像処理プログラムの個性によって
全然違った色に写ることが珍しくありません。
(持っていないので確信はありませんが、たぶん高級一眼機種でも同じような傾向があると思います。)


上の例では、黒バラの花に露出を合わせると(カメラの設定によりますが、
一般にピントを合わせた部位周辺の明るさに露出が合います)、
カメラは被写体が暗いと判断してしまい、暗い部分がちゃんと写るように
実際より明るく撮ってしまった訳です。

このように黒バラの撮影には露出補正が一番大きなポイントですが、
実は写りが違ってくる理由はそれだけではありません。


もうひとつの黒蝶の例。

黒蝶2010/8/22(オリジナル)
これは、今日の午後4時過ぎに撮った黒蝶(絞り優先オート、-2/3EV)。
これでもそれなりに黒バラの雰囲気は出ていますが、少し画像全体が青みがかった感じです。

実はうちの庭は、夏の間は午後3時頃以降、マンションの建物の影に入るので、
週末の写真撮影はこの時間帯に撮ることが多いのですが、今日のように明るい青空が広がっていると
空の青にかなり影響された写真になってしまいます。

写真全体の色バランスはホワイトバランス(WB)といって、
真っ白い被写体が白く写るように調整して撮るのが基本ですが、
デジカメでは、通常、これをカメラが自動的に判断してくれます(オート・ホワイトバランス;AWB)。
ところが、例えば室内の白熱灯で撮った写真が実際より
かなり黄色っぽく写ってしまった経験があると方も多いと思います。
カメラがホワイトバランスを判断しそこなうことは実は多々あって、
上の写真の例では、空の青い光を判断しそこなって、全体的に青っぽく写ってしまった訳です。


実はこの写真は、昨日ご紹介したRAWモードで撮影していますが、
Lモード(JPG高画質)のオート撮影で撮れる画像とほぼ同じ処理をした画像、
つまり、通常のオートで撮るとこんな絵になります。


では、このRAW画像を、カメラ付属の画像処理ソフトを使って
カメラが判断を誤った青い空の影響を補正して、手直ししてみましょう。

黒蝶2010/8/22(画像調整後)
全体の青みが取れて自然な暖かい色になりました。
 WB;撮影時オート→太陽光
 さらに露出補正を-2/3EVかけた上で、コントラスト(明暗差)と色の濃さを若干強調してみました。
 
如何でしょうか。
葉色がやや黄緑色に写っていますが、これは画像調整とは無関係で、
夏場に葉色が薄くなってしまったためで、もともとこんな色です。


黒バラといっても夏場はあまり黒くならないので、かなり実際の色に近づいたように思います。
もうあと一歩色に深みが出れば文句なしなのですが、今のところ私の腕ではこの辺がいいところでしょう。

今日の例では日陰の青空の場合ですが、夕焼け空や背景色などによって
ホワイトバランスが狂ってしまう場合は少なくありません。
屋外でオート・ホワイトバランスが大きく狂うことはそう滅多に無いとは思いますが、
ちょっと色がおかしいと思ったら、ホワイトバランスもチェックして見てください。
(今日は触れませんでしたが、紫色が再現できない場合はホワイトバランスで調整できる場合があります)


因みに、プロや上級者は、さらに微妙な花色のニュアンスを微調整し
目を見張るような花色の再現を極限まで追い求めていくようです。


今日は、デジタル一眼(CANON EOS Degital X)での赤いバラの花色の調整の例をご紹介しましたが、
コンデジでも、たいていの機種で露出補正とホワイトバランスの設定は可能だと思います。
また、撮ったあとからでも、画像編集ソフトやアルバムソフトなどで明るさ調整や色調整ができます。

今日の例のようにRAW撮影ができるのは一眼か、コンデジでは一部の上級機種だけですが、
大画面で伸ばして見たり大判印刷するようなことでなければ、結構調整できます。

関心がある方は、デジカメや画像編集ソフトのマニュアルを参考にしながら試してみてください。


最後に、こんな難しいことはとても。。。という方には、簡単な話をひとつ。

花を撮るマクロ(接写)モードがあるデジカメの場合(お花のマークが付いていませんか?)、
色調整が自動的に色鮮やかで華やかに写るようにセットされている場合があります。
一度、マクロモードと通常モードで写りに違いがあるか見比べてみてるといいでしょう。



日々の写真撮影と画像チェックが楽しくなること間違いなしです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/08/22(日) 23:59:01|
  2. Photos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<夏バテ? | ホーム | 暑さはいつまで。。。>>

コメント

こんばんは

写真は調整でかなり違ってくるんですね
なにもわからない私ですが 
2枚目の黒蝶のほうが色がいいのは感じますね♪

以前 黒真珠を撮りましたが 私のコンデジでは
全然色が出なかった気がします(-_-;)
私のコンデジも一応WBはじめいろいろつているんですが
どれを試しても思うようにとれず へこみました~
マクロもあるんですが 最近はめったに使いません
画像はほとんどPCで調整して使っております

カメラも使いこなせれば楽しそうですね
FC2に来て いろんな方の写真を拝見して
ちょっと興味が出てきました

SundayGardenerさんのお話も頭に入れて
コンデジでとりあえず もう少しきれいにとれるように
頑張ってみたいです(^_^.)
  1. 2010/08/23(月) 21:03:23 |
  2. URL |
  3. guranbia3000 #xHucOE.I
  4. [ 編集 ]

赤い色や青い色ってなかなでにくいです(--〆)

露出補正やホワイトバランスで ずいぶん表情がかわってみえますね

それにしても Sundayさんの黒蝶たくさんお花つけててきれい♪

  1. 2010/08/23(月) 22:24:46 |
  2. URL |
  3. miti #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

guranbia3000さん、こんばんは~

写真の色は、昔のフィルムの時代は、
フジは緑と青の山の景色(もちろん富士山も)が、
サクラはポートレート(そしてもちろんサクラの花も)が奇麗に撮れる、
と言われていましたが、
デジカメにもメーカーや機種によって色づくりの個性があります。
デジタルの最大の特徴は、画像の調整が後から簡単にできることなので、
使い慣れたPCソフトを使ってあれこれいじってみるのは正解です。

極論を言えば、とりあえずピントが合って写ってさえいれば、
後からPCで何とかなる可能性は高いです。
それから、だんだんと背後のボケとか、
フォーカスのシャープさとかがコンデジでは不満に思うようになって来たときには、
一眼が選択肢に入ってきます。

今のコンデジは、十分高性能です。
まずは自分流でたっぷり楽しんでみてください。
  1. 2010/08/23(月) 22:44:39 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

mitiさん、こんばんは~

赤や青~紫はいつも苦労します。
以前複数持っていたコンデジは
機種によって写る色が全然違い、
どれも本物とはかなり違っていました。

一眼を買っても、程度の差はあっても、
なかなか満足のいく色では撮れません。

いろいろと調べていくうちに分かったことは、
デジカメとはそういうものだ、ということ。

そして後からPCで調整できることもデジタルの特徴です。
確かにフィルムの時代では、現像屋さん任せが当然で、考えもしなかったことです。

撮影時に色々と設定するのは結構大変ですが、
とりあえず何も考えずに撮っておけば、
後からデジカメ付属のソフトでも結構色々なことができます。
遊び感覚で一度試してみるといいですよ。

こうして久々に春の花を見ると、今の季節とは全然違いますね。
  1. 2010/08/23(月) 22:56:42 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/679-8bda1122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。