芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初めての芝刈り

病気が発生した西洋芝。
今朝、改めて確認したところ、ほぼ菌糸は消えているものの、
一部にピシウム病とみられる新たな菌糸の発生が見られたので、
ピシウムに効果があるタチガレエース(ヒドロキシイソキサゾール、メタラキシル)を追加散布。


特に、アーチ周辺の最初に種まきをした日当たりがあまり良くないエリアは、
芝が徒長気味で、蒸れて病気が発生しやすくなっているようです。


最初の種まきから2週間あまり。
手刈りで少しスッキリさせて、地表面への風通しを良くすることにしました。


 芝刈り用の足場
アーチの下の奥の伸び放題の部分は、種を植えずに残した足場から手が届かないので、
まだ幼い芝を傷めない様に、そっと木の板を敷いて仮の足場を作ります。



 芝刈り前
芝刈り前
もう10cm前後まで伸びて、多くの芝が乱雑に倒れ始めています。



芝刈り後
芝刈り後
5cm前後まで刈り込みました。
寝てしまった芝はうまく刈れませんが、なるべく起こして刈ってやります。

地表面が蒸れて病気が発生した部分は、芝の根元が黒っぽく萎れています。
べったり倒れたように見える部分の多くは、小規模ながら地表部に病気が発生しています。



足場を撤去
足場を撤去しました。
芝が完全に倒れてしまっていますが...



足場を撤去2
手でやさしく起こしてやると、ほぼ元通りになりました。



芝刈り終了後
他の部分は何とか手が届くので、芝に踏み入れることなく刈り終わりました。

昨日に比べるとかなりスッキリしました。

右手前の1週間前に種まきしたエリアもだいぶ生え揃ってきました。


今夜から明日にかけて雨が降ったら、しばらくはカラッとした晴れが続き、
気温も涼しくなるようなので、これ以上の病気蔓延が止まってほしいものです。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/10/03(日) 23:59:06|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<雨上がりの朝 | ホーム | 芝に病気発生>>

コメント

病気、早く発見して素早く対処されたから
菌糸が消えて良かったです。
でも、新たな別の病気が?
なかなか、忙しいものですね。
やはり、毎日の観察が欠かせませんね。

ゴルフ場なんて、どうやってあの芝を綺麗に保っているのでしょうね。
忙しい時期と、放っておいても大丈夫な時期があるのでしょうが、大変ですね。
  1. 2010/10/04(月) 12:09:05 |
  2. URL |
  3. みー #93tm7Y9E
  4. [ 編集 ]

みーさん、こんばんは~

全体としては順調ですが
なかなか目が離せません。

ゴルフ場の芝は、やはりプロが面倒を見てますからね。
ただ、関東以西のゴルフ場はグリーン周りを除いて
冬は枯れる暖地向けの芝がメインですから
西洋芝とはかなり管理が違います。

大まかに言うと
(1)冬は枯れる暖地向けの芝(一般家庭の芝はほとんどこのタイプ)、
(2)高温多湿の夏に弱い寒冷地向けの常緑の西洋芝、
(3)上記を春、秋に切り替えるウィンターオーバーシーディング(WOS)
の3種類に分かれます。
北日本、高原を除き、ほとんどのゴルフ場は(1)でグリーン周りだけ(2)、
サッカー場や甲子園などの野球場、JRAの競馬場などは
最近は冬も緑鮮やかですが、(2)もしくは(3)が主流です。
ただし、西洋芝を使う(2)、(3)は、高温多湿期を中心に
殺菌剤を多用していることはほぼ間違いありません。
  1. 2010/10/04(月) 22:46:50 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

お~!
詳しい説明をありがとうございます。
ほんとうに、ゴルフ場だけでなく
サッカー場や野球場、競馬場など
芝生が敷き詰められているところは、結構あるもんですね。
バラでもなんでも、プロが管理すると
別物みたいで驚嘆しますが
プロに迫る管理をされる方は、ほんとうに心から尊敬します。
Sunday Gardener さんも、難しいものを巧みに育てていらっしゃって、すごいですね。
わたしは、バラ落ちこぼれ組で、手のかからないものばかり育てているので、お恥ずかしい限りです(ーー;)
  1. 2010/10/05(火) 10:25:47 |
  2. URL |
  3. みー #93tm7Y9E
  4. [ 編集 ]

みーさん、こんばんは~

プロに迫るなんて、とんでもない。
西洋芝をやっている方は、ネットで見る限りほとんど男性ですが、
どなたも、最初のきっかけはゴルフであったり、サッカーであったりして、
私も含め比較的安易に始めて、「深み」に嵌っていった方が多いようです。
何しろ、秋に種蒔きをすると、冬までにはそこそこの緑の絨毯が出来上がり、
春に最高潮に達したかと思った矢先、
梅雨以降に全滅させるというのが典型的パターン。
翌シーズンもう一回チャレンジしてしまうと、もう抜けられなくなるようです。

バラをやっている男性も、似た傾向があるような気がします。
どちらも奥が深くて、病害虫対策や剪定、誘引も半端じゃなく手が掛かるので、
花そのものの魅力さもさることながら、
あれこれやっているうちに病み付きになってしまうようです。
  1. 2010/10/05(火) 23:04:00 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/720-8af42732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。