芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

殺菌剤を補充

また秋晴れが戻ってきました。
日中は25.9℃まで上がって、10月としては少々暑いくらいでした。


今晩、宅配便が届きました。

殺菌剤を補充
芝用の病気対策のための殺菌剤です。

先日からご覧いただいているように、ほとんど毎週のように芝の病気対策で殺菌剤を散布していますが、
HCなどの園芸売り場に普通に置いているものに比べて、使用量が桁違い多いので
農家向けのものをネットで取り寄せて使っています。

いつも愛用しているのは楽天市場の
 農家の店 みのり

常時、10種類程度の殺菌剤を病状に応じてローテーションしながら使っていますが、
この店は品揃えが豊富で、西洋芝の病気に効果があるものが色々と手に入ります。


今回、補充したのは、
 ダコニール1000フロアブル(250ml) 成分名;TPN 
 トップジンM水和剤(250g) 成分名;チオファネートメチル 
 ロブラール水和剤(100g) 成分名;イブロジオン
 タチガレン液剤(100ml) 成分名;ヒドロキシイソキサゾール
 タチガレエース(100ml) 成分名;ヒドロキシイソキサゾール、メタラキシル

いずれも数百円から千円強。
最初の2つは、バラや草花用にHCなどで家庭用として少量サイズのものが売られていますが、
分量は数倍から1桁程度多いのに、値段は大して変わりません。もちろん、バラにも使っています。

今回補充しませんでしたが、他には

 ベンレート水和剤(ベノミル)
 オーソサイド水和剤80(キャプタン)
 アリエッティ水和剤(ホセチル)
 ラリー水和剤(ミクロブタニル)
 サプロール乳剤(トリホリン)
などを使っています。

殺菌剤の成分と適用病害の対応などを詳しく知りたい方は、
 左のリンク欄「ゴルフ場防除技術研究会・資料室」の
  ゴルフ場で使用される芝適用・登録
  http://www.bougiken.com/PDF/NO15.pdf
をご参照ください。

各商品とも、芝に限らず様々な植物に使用でき、
商品、成分ごとに適用植物、適用病害、使用可能回数などが異なります。
必ず各自で十分ご確認の上ご使用ください。



さて、西洋芝をやってない方にはかなり退屈な内容だったかもしれません。

今日もあまり変わり栄えしませんが、庭の様子です。

西洋芝の様子(16日目)
今日で最初の種まきから16日目。右手前部分は10日目。
だいぶ生え揃ってきました。

右手前部分は、ペレニアルライグラス、トールフェスクが5cmほどになり、
遅れて発芽したケンタッキーブルーグラスも1cmほどになりました。




バラのほうは、待望の秋バラが少しずつ開花し始めました。

オールドブラッシュ・チャイナ1
オールドブラッシュ・チャイナが開花。


 オールドブラッシュ・チャイナ2
春には一番に開花する原種バラですが、まだ気温が高いこともあり、
花は小ぶりで、姿もかなり乱れています。




blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/10/05(火) 23:59:38|
  2. 芝用の道具、資材、小物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<バラの成長は旺盛 | ホーム | 雨上がりの朝>>

コメント

こんばんは

ずいぶん芝が濃くなってきましたね
半分はもういい色になっています~
目に見えて手ごたえがあると うれしいですね

オールドブラッシュ チャイナ
蕾のガク?が長いんですね~
うちのもたまに長くなりますが
こういう種類なんでしょうか

原種系とありますが 葉っぱのかたちも面白いです
  1. 2010/10/06(水) 20:46:41 |
  2. URL |
  3. guranbia3000 #xHucOE.I
  4. [ 編集 ]

guranbia3000さん、こんばんは~

芝はまずまず順調です。
季節が秋雨から秋晴れのパターンに移ってきたようなので
大きなヤマは越えつつあるかな、って感じです。

オールドブラッシュ・チャイナ、
このバラは、それまで一季咲きしかなかった欧州のバラに
四季咲き性を初めてもたらした中国原産の原種バラです。
フロリバンダ系の多花性をもたらしたノイバラや、
ルゴザ系のもととなったハマナスのように、
日本や中国原産のバラが、交配を重ねた現代のバラに大きく関わっています。
一般にバラは西洋の花という先入観があると思いますが、
バラやクレマチスが、遡れば日本の花に行き着くって意外ですよね。

ガクが長いのはたまたま何かの偶然でしょうね。
いつもはそうでもないですよ。
葉っぱの形は、ややスリムでフラットなのが特徴です。
確かに改めて見ると、こういう「淡白」な感じの葉っぱはあまり多くないかもしれませんね。
でも、5~7枚葉というバラの葉の特徴自体は違っていないですよ。
  1. 2010/10/06(水) 22:52:05 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/722-585e5a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。