芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

芝庭づくりの悪戦苦闘の記録(その5)

我が家の西洋芝は、2005年冬?春に華々しくスタートしましたが、同年夏にはなすすべもなく全滅。

小型耕運機まで持ち込んだ土壌改良と殺菌剤の導入で、2006年春はとても順調でした。

そして問題の梅雨と夏は越えられたのでしょうか。





2006/8/19 芝の様子1
2006/8/19

2006/8/19 芝の様子2
2006/8/19

病気による多少のハゲが出て、やや弱ってはしまいましたが、最初の年とは大違いでした。

ピシウム病と思われる菌糸や枯れが頻発し、決して満足のいく状態とはいえませんでしたが、何もせずに全滅した最初の年と比べると、やはり土壌改良と薬剤の効果は大きいようです。

土壌は1年でかなり硬くなってしまい、根の張りもあまり深くないようなので、どちらかといえば殺菌剤の効果が大きいのではないかと思われます。

2006/9/16
2006/9/16

2006/9/16
2006/9/16
秋になり、生き延びた芝を低刈りして、追い蒔きの準備です。

KBGブルーベルベット

2006/9/19
2006/9/19
ケンタッキーブルーグラスの比率が高い雪印種苗Cタイプが底をついてきたので、新たにタキイ種苗のネット販売でケンタッキーBG「ブルーベルベット」単品1kgを買い足しました。キメが細かく耐病性、耐暑性、耐陰性が高い品種とのことです。

種を蒔いて目土を掛けて完了です。この年以降、ペレニアルライグラスはなくなって、ケンタッキーBGとトールフェスクだけになりました。

また、この年から、ネット通販でピシウム病の予防薬であるホセチル剤を購入し、オーソサイド(キャプタン剤)などとのローテーションを組みました。

2006/11/4
2006/11/4
初期成育は順調です。

ピシウム病の菌糸や小さな枯れが散見されましたが、見つけ次第殺菌剤の局所散布で対応です。

2007/3/17
2007/3/17
3年目の冬越しを終えました。やや肥料が不足気味で、土壌が硬くなっていたので、約15センチ間隔でコアリング(穴あけ)し、砂、たい肥、パーライト、化成肥料を混ぜた芝用目土で埋め戻しました。

2007/5/13
2007/5/13
3シーズン目の全盛期です。
この年も順調です。


2007年の夏越しは写真が残っていません。記憶では2006年夏とほぼ同じかやや悪い程度だったと思います。


2007/10/30
2007/10/30
4代目を追い蒔きし、初期成育が順調です。

雪印種苗Dタイプも底をついたため、この年、ケンタッキーブルーグラス「ブルーベルベット」とトールフェスク「ターヒール2」をそれぞれ1kgタキイ種苗からネット購入しました。

新たに導入した「ターヒール2」は、トールフェスクとしてはキメが細かいほうで、葉色は従来のアリッド3より若干明るめです。写真の左奥がアリッド3、右奥から左手前にかけての逆L字部分がターヒール2で、境目がうっすら見えています。

3代目芝刈り機
2007/12/1
騒音対策とメンテのしやすさから、電動回転ハサミ式のアーレスティ「マイグリーン254」から、手動リール式のキンボシ「ニューサンビックモアー2500」に買い替えました。

2008/5/17
2008/5/17

2008/5/26
2008/5/26
そして、昨年の4シーズン目の全盛期。
5/17の写真はおなじみのプロフィールに使用いているものです。


2008/7/27
2008/7/27
4シーズン目の夏。
今のところ、私の庭の土壌、日照と手持ちの薬剤ではこれが精一杯かなと思います。

今年の夏に向けて、薬剤の品揃えの見直しを検討中です。
また、今年も3月頃にはコアリングをしたいと思っています。

今日の芝2009/1/8
2009/1/8
そして最後に、これが最新の状況です。


以上、今回で一気に3シーズン分をupしましたが、長々と「悪戦苦闘記」にお付き合いいただきありがとうございました。

これまで、色々なHPやブログでもっともっと素晴らしい西洋芝を管理し、試行錯誤されている方々の経験を学ばせてもらってきました。

それに比べればまだまだ拙い「見習い芝職人」ですが、私の経験が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

そしてこれからも、どんどん「悪戦苦闘」をupしていきたいと思います。


それにしても、西洋芝も、バラも本当に手が掛かりますね。

でも、毎年春に手を掛けた分の何倍ものご褒美が返ってくるのでやめられないんですよね。


スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/01/10(土) 02:12:08|
  2. 今日の芝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の買い物 | ホーム | 芝庭づくりの悪戦苦闘の記録(その4)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/78-395fa3db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。