芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あっという間に真っ白に

このところ1日おきに雪がちらついていますが、
夕方から降り始めた雨が夜になって雪に変わったと思ったら、
あっという間に真っ白に。

帰り道、東京では雨、横浜駅で霙になり、
家に着いた9時頃にはすっかり本降りの雪に変わり、道路まで真っ白。

11時頃までに5cmあまりの積雪になりました。


夜の雪景色

風流を介さない高校生の娘が庭に出て雪だるまを作って
友人に写メを送ったため踏み荒らされてしまいました。
(雪だるまの頭は落ちてしまってますが。。。)


12時前はやや小降りとなり、どうやらピークを越えたようですが、明日の朝は交通の混乱が心配です。




さて、昨日のブログでご紹介したように、吉住志穂先生のセミナーで習ったばかりの
花撮影のテクニックを試してみましたが、
今日から何日かを使って、私なりに理解した吉住流テクニックをご紹介します。

ただ、このブログの主な読者層はガーデニングや花栽培そのものを趣味としている方が中心で、
あくまで花写真は、その記録手段という方が多いと思うので、
あまり一眼の技巧に深入りしすぎないように、なるべく平易に、
かつコンデジのみを使っている方にも役に立つような話を中心に進めたいと思います。

ただし、あまり平易すぎても既に一眼を駆使されている方から見ればつまらなくなってしまうので、
基本的な一眼テクもご紹介して、一眼をお持ちの方にはタメになり、
コンデジしかない方には、一眼で撮ってみたい、と思っていただけるような内容にしたいと思います。


セミナーでは特にメモを取ったりはしなかったので、このブログでは、特に筆者の印象に残り、
かつ試してみて効果絶大だったものを中心に、何日かに分けて順不同で採り上げていきます。

なお、取り上げる内容は、吉住先生の話された内容を忠実になぞるということではなく、
あくまで先生の話を聴いた筆者なりの理解で、かつとてもタメになったこと
ということですので、その点はご了承を。
 

まず初日の今日はこれから。

花撮影テクニック・その1。

セミナー画像(チューリップ)
          CP+ 吉住志穂の花撮影テクニック ?ステキに撮影&ブログで公開? より

「花撮影は横からアングルが基本」

昨日の1枚目のクロッカスの写真、如何だったでしょうか。


一般的に、花の撮影というと、ひまわりや桜など背が高いものを除けば、
たいていの場合は何も考えなければ、上から見下ろして撮るのがごく当たり前です。

クロッカス・ジプシーガール
<クリックで拡大>

ご覧いただいて分かるように、地面スレスレの横方向からの撮影アングルです。


実は、同じ花を20枚近く色々なアングルから設定や背景を変えながら撮ったので、
それらの内から、上から見下ろしたアングルの写真と比較してみましょう。

  クロッカス、上からアングル

如何でしょう?
背景がボケ易い明るい単焦点レンズで撮影しているので、これはこれで悪くないような気もしませんか。

ここでは背景に注目してください。

ボケているのでクリアには見えていませんが、地面や葉っぱ、下草などが乱雑に入り乱れています。
花を見下ろしたアングルは、多くの場合、背景となる地面や葉っぱまでの距離があまりないので、
ごく普通のズームレンズや、さらにはコンデジの場合であればなおさら、
花の背景に地面や葉っぱなどがかなりハッキリ、クッキリと写ることになります。

記録写真としてはそれでも十分ですが、結果として主題の花がゴチャゴチャした背景に埋もれてしまい
せっかくの花の印象は相対的に薄くなってしまいます。


一方、吉住先生のセミナーでのチューリップの写真や、昨日のクロッカスの写真は、
背景が花であったり、離れたバックの玉ボケであったりすることで、
主題である花をより効果的に浮かび上がらせる写真に仕上がっています。


カメラが一眼であれば、この2つの例のように背景をボケさせることも容易なのでより効果的ですが、
仮にあまりボケていなくても、背景に同じ花や違う色・形の花を選んで並べることは簡単に出来てしまいます。


菜の花のように同じ花を背後にたくさん並べるだけでなく、
例えばお花畑で、花の列が切り替わる部分を被写体に選べば、背景は別の色・形の花になります。


横からアングルの最大の利点は、このように背景を自分で選べることです。

注意深く花の周囲、場合によっては遠くまでを観察して、背景にできる花、色、光などを探します。
背景との距離をとると、昨日のクロッカスの写真のように、背景を完全にボケさせることができ、
主題の花が浮かび上がるとともに、うまく強い光が当たっている点や木漏れ日などを見つければ
効果的に玉ボケを入れることもできます。


最後に、下から見上げるアングル。

セミナー画像(コスモス)
          CP+ 吉住志穂の花撮影テクニック ?ステキに撮影&ブログで公開? より

青空をバックに、風に揺れるコスモス。
素敵ですね。

ひまわりとか、背の高い花にはとても効果的なアングルです。
ただし、そう頻繁に使えるアングルではありませんが...


如何だったでしょうか?


花の周囲をよく観察して背景を注意深く選んでから、
いつもよりしゃがんで、あるいは膝をついて、
また、場合によっては這いつくばって試してみてください。

きっと、今までとは違った花の姿が撮れることと思います。


ひとつだけ、追加アドバイス。

失敗をおそれず、気にせずたくさん撮りましょう。
色々と背景、アングルなどを変えてとにかく数を撮ってみて下さい。

これは、同じ日の別のセミナーの講師が強調していたことですが、
1、2枚だけで奇麗な写真が撮れることはそうあるものではありません。
プロはたくさん撮るのだそうです。
特に、動かない花や風景は、自分が動いて、設定もあれこれ変えて撮るのです。

そして後から一番良いもの、自分が気に入ったものを選ぶのです。
ひとつ選ぶのは難しいけれど、自分の選ぶ基準がはっきりしている人は上手くなるのだそうです。

デジカメは気に入らない写真は消せばおしまい、コストは掛かりません。

もちろんその分、あとで選ぶには時間は掛かりますが、自分が撮った写真が1枚でも奇麗に撮れていれば
とても楽しい作業です。


ぜひ、試してみてください。

明日以降も、順次、吉住先生の花撮影テクニックのエッセンスをご紹介します。



最後の最後に、今日の庭の写真から。

こぼれ種のクリスマスローズ第1号が開花

一昨年にこぼれ種から発芽したクリスマスローズの第1号が開花しました。
表がうっすらとグリーン掛かった淡いピンク、裏がピンクのリバース。
親は白に細かなスポットが入ったダブルの自家受粉と思われますが、祖父母の遺伝子が発現したようです。

兄弟が数株あって、次々と開花しそうですが、どうやら色々とバリエーションがありそうです。
手前左の開花目前の花なんかは、親そっくりの雰囲気。

開花次第、追ってご紹介します。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/14(月) 23:59:59|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<横浜の「豪雪地帯」 | ホーム | おや?一日で写真の腕が...>>

コメント

こんばんは~

横からですか。。。今度やってみます
地植えのおうちは大変ですね(-_-;)
確かにクロッカスの写真 横からのほうがきれいです 
雰囲気がありますね

  1. 2011/02/15(火) 19:32:36 |
  2. URL |
  3. guranbia3000 #xHucOE.I
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こちらも昨日は午後から雪でみるみるうちに積もりました。
って、ほんの少しでしたが。。。

写真のセミナーに行って来られたんですね。
ステキに撮れてます(^_-)-☆
そうそ、先ずはいろんな角度から撮ってみる。
ほんとデジタルだからいいですよね。

わぁ~~クリスマスローズ開花したんだ!
一昨年の毀れ種から?
グリーンがかった淡いピンク素敵!
とっても美人さんだわ♪
親はどんな娘なんでしょう?
兄弟株も楽しみですね(^_-)-☆
  1. 2011/02/15(火) 20:37:56 |
  2. URL |
  3. Ryo #-
  4. [ 編集 ]

guranbia3000さん、こんばんは~

難しく考えず、まず試してみてください。
コンデジは液晶画面で確認しながら写せますが、
私の一眼は、写すまではファインダーからしか見られないので
結構大変です。

花は上向きが多いので、どうしても上から撮ることが多くなりますが、
いつもと違うアングルも面白いものです。
花に思い切り寄って、背景からは離してボケさせるのが基本パターン。
コンデジでは背景がボケにくいのでなかなか難しいですが、
「花撮影(マクロ)モード」にセットしてチャレンジしてみてください。

そのうち、一眼が欲しくなるかも。
  1. 2011/02/15(火) 22:21:03 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

Ryoさん、こんばんは~

1年ぶりにしっかりと積もりました。
もうほとんど融けてしまいましたが。

一眼の経験豊富なRyoさんからみれば
「初級者コース」でお恥ずかしいですが、
とにかく色々と数を撮ること、
上手な作品をたくさん見ること、
これは誰でもやれば出来るので
実践していこうと思っています。

クリローの親は交配1年生苗で購入した
ホワイトに淡いスポットのddで、
その苗についていたタグによると、
祖父母はホワイトdd × ホワイトブロッチdd。
どうやら父方曾祖父母以前への先祖がえりのようです。
  1. 2011/02/15(火) 22:54:51 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/849-45b9568e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。