芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

横浜の「豪雪地帯」

結局、雪は昨夜に速報したように、我が家周辺では約5cmの積雪。

 今朝の積雪1


気象庁の公式発表では横浜の積雪は2cmでしたから、
気象台のある横浜・山手の倍以上の雪が積もったことになります。


我が家から約3kmほどしか離れていない横浜駅周辺でも、今朝の段階ではもうだいぶ融けていて、
日陰に残っていた雪でもせいぜい1-2cm程度。

我が家は横浜駅からも至近距離なのに、ほんの少し海から離れている、都市化の影響が少ない
ないなどが原因でこれだけの「豪雪」になってしまったのかもしれません。

今朝の積雪2


  階段の雪


実際、横浜駅周辺で我が家周辺への道を尋ねたとすると、

「浅間下から軽井沢の峠を越えてから、さらにずっと坂を上っていってキャベツ畑が広がっている辺り」

と教えられるような場所なので、さしずめ「横浜の嬬恋高原」といったところでしょうか。
(横浜にお住まいの方ならご存知でしょうが、冗談じゃなく、浅間下、軽井沢という地名が実在します。)

 「嬬恋高原」のキャベツ畑
「嬬恋高原」の雪のキャベツ畑から眺めた横浜駅、みなとみらい方面



雪の話題はこの辺にして、花撮影セミナーのレポート第2弾。

今日は、構図のお話。

花撮影セミナー(構図1)
          CP+ 吉住志穂の花撮影テクニック ?ステキに撮影&ブログで公開? より

ちょっと不鮮明ですが、このガーベラの写真の構図についての説明から。

この2本のガーベラの構図を少しずつ変えたものの中から一番良いものを選びましょう、
という質問に対する正解の写真がこれ。

ポイントは、主役の花の選択、花の向きと配置。


正解を見てしまうと、主役は真ん中の花というのは明らかですが、
その配置によっては右側の花が主役に見えたりもしてしまいます。

ここではやはり、花芯が見えてより大きく写っている花が主役な訳ですが、
この花が向いている方向に広い空間をとります。


そして大きく開けた空間の側に、背景のボケなどのちょっとしたアクセントを入れて、
構図全体のバランスをとります。



吉住先生の言葉を借りると、

構図は天秤のバランスで。


花撮影セミナー(構図2)
          CP+ 吉住志穂の花撮影テクニック ?ステキに撮影&ブログで公開? より


主役の花をど真ん中にデンと構えるのはいわゆる「日の丸構図」と言って、悪い構図の代表なので、
まず、主役を左右、上下に少しずらします。

この場合の原則は、花の向いている側を広く取ります。

そして、左右、上下に天秤の要領で、小さく写った脇役をバランスが取れる位置に配置します。

左上の蓮の花を例にとれば、背後に小さく見える3つの花で左右、上下のバランスを取っている訳です。
右上の写真の場合も同様です。

下2枚はさらに応用例。
左はV字、右はS字に蓮の花を配置して、「天秤」のバランスを取っているのがわかりますか?



バランスを取るための脇役は花だけに限る必要はありません。

花撮影セミナー(構図3)
          CP+ 吉住志穂の花撮影テクニック ?ステキに撮影&ブログで公開? より

この作例では、背景に小さく写った花で左右のバランスを取った上で、
主役の花が向いた左上の空間を広く取り、そこに上下方向のバランスをとる格好で
白い玉ボケを入れています。



如何でしょうか?

昨日の「横アングル」で撮るときに、構図のバランスを考えて背景を選んでみましょう。

このとき、背景や脇役をなるべくボケさせて主役を引き立たせるのが望ましいのですが、

次回はこの「ボケ」について。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/15(火) 23:59:28|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ボケ | ホーム | あっという間に真っ白に>>

コメント

勉強になります

おはようございます。
ukbeatです。

雪、すごかったですね。
先日は、横浜から東京に帰ったら
雨だったので、やはり雨かと思っておりましたら
夜には雪が積もり始めました。。。
2センチでしたけれど(笑)

Sunday Gardnerさまのところはずいぶん
積もったんですね。。。。フサフサの芝が
手伝ったのかもしれませんね。

写真の撮り方、かなり勉強になりますね。
悪い例として「真正面から撮る」というのが
笑ってしまいました。いつもそうでした!

横から、ですね。今後気を付けてみます。

天秤のバランス・・・屋上では厳しいかも
しれませんねぇ。背後に映るのは、壁ばかり。。
鉢を動かして、ほかのバラをコラボさせるしか
ないでしょうか。

春がもっと楽しみになりました。

次回編、また勉強させてもらいます!
  1. 2011/02/16(水) 06:16:36 |
  2. URL |
  3. ukbeat #OLHiJ7es
  4. [ 編集 ]

ukbeatさん、こんばんは~

今回の雪は僅かな温度差で雨との予報が外れ、
場所によっても積雪がずいぶんと違ったようです。

花の写真は、たとえば横を向いている花を
「真正面」から撮るのは全然OKだし、
実際、正面から見た方が美しい花も多いのですが、
写真の「ど真ん中」に日の丸のように写すのは
構図的に如何にも素人写真で良くないという意味です。

背景は壁でも何でも良いのですが、
ゴチャゴチャさせずにスッキリさせて
主役の花を目立たせるという趣旨です。
たとえば黄色系の花色は、反対色(補色)の青空を背景にすると
とても良く映えます。
その場合、雲はワンポイントとして使えるかもしれません。
壁と平行のアングルで撮れば、お隣の花ももちろん背景に使えるし、
一眼だと強くボケさせやすいので、
日光を反射して光っているものは何でも
いい丸ボケとして使えます。

今日は、ボケについて触れるのでお楽しみに。
  1. 2011/02/16(水) 22:43:01 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/850-8996975e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。