芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春の嵐 ?露出補正の話?

今朝は生暖かい南からの強風とともに激しい雨が降る春の嵐に。


春の嵐
ギンヨウアカシア・プルプレアの鉢が、強風でなぎ倒されてしまいました。


今日の横浜の最高気温はなんと16.2℃でしたが、朝の7時過ぎに記録されています。
激しい雨と風が吹き荒れていた頃ですが、気象庁HPのアメダス・データによると、
それからほんの1時間も経たない午前8時には9.3℃まで急降下。
ところが、午前中のうちにまた上昇に転じて、一気に青空が広がった12時の時点では再び15.3℃。

そして、もうひとつ驚くべきことに、今朝7時の時点で横浜は16.1℃だったのに対して、
東京(大手町の気象庁)では6.9℃。なんと10度近くも温度差があったようです。

ちょうどこの時間帯に、低気圧の中心が関東南部を通過したらしく、
低気圧の南側に入った横浜では強い南風が吹き込み、
逆に、東京は低気圧の中心の北側で、冷たい北風が吹き込んだようです。



さて、先週末からご紹介してきた吉住志穂先生の花撮影テクニックのセミナー。

今日でほぼひと通りを終えて、最終回にしようと思います。


今日のテーマは「露出補正」。

一眼にせよコンデジにせよ、いつもオートで撮っているとほとんど関係ない話のようですが、
結構写真の仕上がりに大きく影響してきます。


花撮影セミナー(露出補正)
          CP+ 吉住志穂の花撮影テクニック ?ステキに撮影&ブログで公開? より

これは、吉住先生のセミナーのスライドですが、菜の花の写真を例に説明しています。

3枚の写真のうち、上の写真がカメラのオート設定で撮った画像ですが、
これをそれぞれ+(プラス)と?(マイナス)の露出補正して撮った画像と比較しています。

見て分かるとおり、左側は?補正で暗くなり、右側は+補正で明るくなっています。

この場合、上のオート設定でもごく普通の写りですが、+補正した場合の方が明るく華やかで
より春の雰囲気が出ているように感じられます。

逆に、マイナス補正の方は、薄暗くて不自然だし、何より全然春らしくありません。


もちろん人によって好みが違う場合も多いのですが、このケースでは、オートのままでも構わないものの、
積極的に+の露出補正をした方が、より春らしく見せることができる、
つまり良い写真、ということになります。


さて、ここでいきなり「露出補正」と言われてもチンプンカンプンかもしれませんが、
デジタルカメラの場合、シャッターを切るとレンズを通して光が入射し、
「フィルム」に相当する半導体画像センサーがこの光を捕らえ、
電子信号の形に変えてこれをメモリーに記録します。

「露出」というのは、シャッターが開いている間に入射する光の量のことで、
この量をシャッタースピード(シャッターが開いている時間)と、絞り値(水道の蛇口に例えれば、
水流の太さ)でこれを調整します。
一般的なデジカメでは、オートモードでこの露出を自動的にコントロールしているので、
普通なら押すだけで奇麗に写ります。


ところが、オートモードでは、無難な露出コントロールは得意でも、
残念ながら季節感覚や春のルンルン気分まで判断できないので、
最後は人間が調整してやらないといけない訳です。


露出補正は、EVシフトとも呼ばれ、機種によって異なりますが、
おおむねこんな感じです。

露出補正の例
最近買ったばかりのコンデジの液晶画面での例ですが、
液晶画面中央下の目盛りがそれで、普通、-2?0?+2の間で1/3刻みで調整できます。
例えば+1というのは露出(光の量)が2倍、+2は4倍を意味します。

操作の仕方はカメラによって少し違うので、マニュアル(取扱説明書)を参照してください。


さて、露出補正の実例ですが、今朝の写真から。

つるアイスバーグと雫 0EV
まず、オートでの露出(0EV)



つるアイスバーグと雫 -補正
こちらは暗めのマイナス補正。



つるアイスバーグと雫 +補正
そして明るめのプラス補正。


あまり良い比較ではないのですが、随分と違った雰囲気で写ります。



露出補正は、こんな雰囲気の違いの表現だけでなく、
背景の明るさや色によってオートだとどうしても実物より暗めに写ったり
明るめに写ってしてしまう場合に、より現実に近づけるためにも良く使います。


よくある例は、空をバックに花を逆光で撮った場合は暗めに(あるいは真っ黒に)写ってしまうので+補正を、

あるいは深紅のバラをアップで撮った場合に、やたらと明るい赤に写ってしまうので?補正を掛けます。



ここでは、撮影時に予め露出補正の設定をしてから撮る一般的なケースで説明しましたが、
一眼の場合には、ファイルサイズの選択で通常用いられるJPEG(JPG)モード
(LモードやFineモード)のほかに、RAW(ロウ;「生」の意)モードがあって、
これを選べば、撮影の後からPC上で自由に露出や色合いなどを、画像を全く劣化させることなく
調整することができます。

ただし、ファイルのサイズがLモードやFineモードの3?5倍にもなり、必ずPCでの現像処理が必要になるので
気合を入れてここぞという写真を撮る場合以外には、結構手間が掛かって大変です。

でも、写真一枚一枚を吟味しながらベストの状態に現像していく作業を通じて、
写真の良し悪しを判断する目が養われていくことは間違いありません。

私は昨年暮れ、立て続けにレンズを購入した頃から、原則としてRAWで撮影して
あとで明るさなどの微調整をしています。

先日のセミナーのあとの「実習」では、かなり露出補正を後から調整しました。
特に、背景に玉ボケが入った写真や、逆光気味で暗い背景に浮かんだような写真は、
微妙な光の具合を表現するために、かなり大胆に露出補正を使いました。


一眼をお持ちの方は、ぜひ一度はRAWモードを試してみることをお奨めします。
きっと見違えるような写真がPCの画面上に現れることになるでしょう。



花撮影セミナーのシリーズは、とりあえず今回でおしまいにします。

吉住志穂先生のセミナーでのお話をベースに、私なりの理解、解釈などを加えながらご紹介しました。

最後のRAWモードの話などは、一眼を持っていない人には無関係で、
少し難しい話になってしまったかもしれませんが、
より詳しい吉住先生の花撮影テクニックにご関心の方は、

 こちら

をご覧になってみてください。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています


スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/18(金) 23:59:08|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<三脚も出動 | ホーム | 穏やかな朝>>

コメント

ukbeatです

おはようございます。

グラウンドカバーのお話、ありがとうございました。
強い草を植えれば、雑草は生えてこない。。。
という考えはありませんでした。

色々な庭を実際に見てみないと
だめですね。


露出のお話、確かにデジカメでもありましたね、
そんな数字が・・・(←この程度の知識です。。。)
今度、動かしてみようかと思っています。

一眼への道は長そうです(汗)
  1. 2011/02/19(土) 08:27:36 |
  2. URL |
  3. ukbeat #OLHiJ7es
  4. [ 編集 ]

こんにちは~

一日のうちに気温差が大きかったり
ちょっとしか離れていない場所でも大きく差があったり
変な天気ですね
体調を崩さないように気をつけてくださいね!

ちょっとバタバタしていてコメント失礼していました
セミナーのお話はとっても興味深くお勉強させていただいていました^^
Sunday Gardenerさんが益々写真へのテンション上がっているのが伝わります
楽しみにしていますね♪

こぼれダネから育てたクリスマスローズが素敵なお顔を見せてくれていますね
華やかなddですね♪
  1. 2011/02/19(土) 13:46:51 |
  2. URL |
  3. Aozoraharuka #c4DmjxtY
  4. [ 編集 ]

ukbeatさん、こんばんは~

バラ栽培には色々な知識がそれなりに必要で、
(難しいということを実感することを含めて)
やっぱりひと通りのことが分かるには
3~4年は掛かってしまいます。
色々なことが分かって次の年に試してみる、
いつもそんなことの繰り返しです。

バラと相性の良い植物と混植するのも楽しいですよ。

カメラは凝りだすとキリがないですが、
一眼とコンデジではやはり差が大きいですね。
一眼だと、オートで何も考えずに押すだけでも
それなりにボケの効いた奇麗な絵が撮れます。

最近は、コンデジと同じようなタイプの
比較的コンパクトな一眼も増えていて、
そんな機種でも見違えるような写真が撮れるようになります。
http://diji1.ehoh.net/contents/hana.html
  1. 2011/02/19(土) 21:55:00 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

Aozoraharukaさん、こんばんは~

今日は一転して寒くなりました。
暖かくなったり、寒くなったり、
この繰り返しパターンは春が近い証拠。
早くも2月は後半戦、
楽しい季節はもうすぐです。

先日の花撮影セミナー、そんなに難しい内容ではなくて
紙の上知識としては知っていることばかりでしたが、
やはりプロが直にしゃべると説得力が違いますね。
今まで以上に写真撮影が楽しくなりました。

クリスマスローズ、昨日の暖かさでまた開花が進みました。
向こう1週間ほどで一気に花数が増えそうです。
  1. 2011/02/19(土) 22:02:36 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

ukbeatです。

寒い日曜日になりましたね。
娘がもうすぐ英検(二次面接)に出かけて
いきますが、私と息子は今日も家で
ヌクヌクしています。

リンクありがとうございました。
あのレベルがいいです!助かります~。

昨日は少しお日様が出たので
久々に寄せ植えの手入れをしました。
来週ブログにUPしようかと思います♪
  1. 2011/02/20(日) 10:43:34 |
  2. URL |
  3. ukbeat #OLHiJ7es
  4. [ 編集 ]

ukbeatさん、こんばんは~

色々と誘惑が多くていけませんね。
まあ、カメラのほうは少し余裕が出来てからでも充分でしょう。
奇麗に花が咲き揃って、お手持ちのカメラで撮ってみて、
どうも物足りない、写真にももう少し気合を入れてみたいと思ったときにでも
今回の話を思い出してみてください。
いくら頑張っても写真は実物を超えられませんから。

ukbeatさんの無限の興味と知識欲を拝見していると、
まずは「実物」の世界に全力投球することから始められることをお奨めします。
  1. 2011/02/21(月) 23:17:55 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/853-fdc192ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。