芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

掘り返し

週末があっという間に終わってしまいました。
ちょっと安ワインを飲んだら、「春眠暁を覚えず」状態になり、
おかげでたっぷりと寝られました。

という訳で、今日は2日分をまとめて更新。


芝の穴あけ
日曜日は、関東地方の天気があまり優れず、庭仕事に出るのにちょっと躊躇するほど
思いのほか寒い一日でした。

そこで、身体を温めると言う訳でもないですが、思い立って芝庭の穴あけ(スパイキング)に着手。
キャンプのテント固定用の鉄製の杭(長さ約20cm、太さ約1cm)を使って、
約5cm間隔で深さ5?10cmの穴を開けました。

時間にして1時間弱くらいでしょうか。
一心不乱にただひたすらズブズブ、ザクザクと。。。

大体庭の面積の半分程度に穴を開け終えました。

この作業は、踏み固めたれら地面に空気を入れて、根の張りを助ける作業。
まもなく休眠期が終わる西洋芝には、春の一気の成長を誘発してとても効果的です。

野球場やサッカー場、ゴルフ場などでは、もちろんこんな手作業ではなくて、
大きなローラーにスパイクを取り付けた機械で一気に穴を開けます。

花壇などと違って、芝は一旦植えつけると掘り返せないので、こんな作業で、
地面を耕すのと似たような効果を引き出します。

実際の穴あけ作業では、穴そのものによる通気もさることながら、
引き抜き時に土が引っ張られて、固まった地面がやや緩んで亀裂が入り、土が元より若干盛り上がります。
新しい根や空気、栄養分が入り込むには充分な空間が確保されて、春からの成長が促される訳です。


さすがに今日は腰と掌が気持ちの良い筋肉痛でした。



身体も温まったところで、今度は、残っていたミニのつるバラ「夢乙女」の誘引作業。

 夢乙女の誘引
テラスに置いた12号鉢に植えた夢乙女。
去年から、テラス上の新雪に昇っていくような恰好で誘引をしていますが、
今年は、枝数も増えて、長さも最長5mほどまで伸びたので、
新雪から滝が流れ落ちるようなイメージで、横方向にも新雪とコラボするように誘引しました。

出来上がりの程は、咲いてのお楽しみということで。



そして、今日のテーマである掘り返しの本命ともいえる作業。

バラ鉢の掘り返し作業1
当初は全面的な土の入れ替えと思っていましたが、
ズボラと実験を兼ねて、土替えを1年遅らせることを決意。
バラ鉢表面の土を掘り返して、馬ふん堆肥と緩効性肥料(マグァンプK)を漉き込むことに。



バラ鉢の掘り返し作業2
チョイチョイと5?10cmほど、ハンドシャベルを使って鉢土を掘り返して
堆肥と肥料を混ぜ込みました。

鉢によって根の張り具合が違うのが実感できましたが、深さ10cmくらいまでは案外根が張っていません。
裏を返せば、まだまだ根の張る余地があるということなのだろう、と勝手に解釈して
とりあえずは結構効果ありそうかな?と一応ニンマリ。
少なくともコガネムシの幼虫などは出てこなかったけど、もっと深くに居たりして。。。

念のため、冬眠が終わった頃にオルトランを撒いてみる予定です。

1時間あまりでテラスのバラ鉢の「掘り返し」はすべて完了。
いや?、こんな楽して大丈夫かな??と内心心配を感じながらも、
効果のほどは春のお楽しみ、ということで。

バラを含めてバラ科の植物は厭地現象といって、同じ土に長い間植えられていると弱るという性質があるので、
鉢の土替えでも、原則としてバラ同士での土の使いまわしはしないのですが、
3年目の鉢も多い今回、結果がどうなるのか我ながら興味津々です。



さて、作業的なものはこれでおしまい。

残りは花撮影のお勉強の成果も兼ねた写真を少々ご紹介します。

こぼれ種のクリスマスローズ第3号 1
こぼれ種のクリスマスローズ第3号が開花しました。



こぼれ種のクリスマスローズ第3号 2
第3号は、これまでの2つと違って、花びらはほぼ純白。
昨日のものよりはスポット(ブロッチ?)もちょっと控えめです。
親はスポットがもっと薄くてかなり控えめですが、全体としては良く似た容姿です。

ちなみに、祖母ホワイトdd × 祖父ホワイト・ブロッチdd なので、
第2号とともに祖父の血が濃く反映されているようです。
ブロッチ、スポットは遺伝的に優勢で、かつてはこれを消す方向で盛んに交配が行われたらしいのですが、
やはり自然の摂理には逆らえない、ということでしょうか。

個人的には、これはこれでクリスマスローズらしくて好きですけど。



安曇野
安曇野
小さな葉が無数に展開し始めました。



つるアイスバーグ
こちらは、つるアイスバーグ。

これからは、日に日にバラの葉の展開が始まっていきます。
経験上は、少なくとも横浜ではこの時期以降の多少の寒の戻りはあまり心配ないのですが、
むしろ4月に入って、枝が少し伸びて花芽が形成し始める頃の寒の戻りの方が
春の花数に大きく影響するようです。


最後に、今朝の何でもない写真から。

植え付けを待つ種まき苗
軒下の日当たりが良い特等席で植え付けを待つ種まき苗。

自家採種ビオラは、やはり親とは似ても似つかないもの多数。
これはこれで種まきの楽しさですが。。。

キンセンカ(カレンデュラ)・ブロンズビューティーは、一旦蕾をピンチ後、
新しい蕾が上がって来つつあります。
そろそろ植え付け適期です。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/21(月) 23:59:34|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<久々の気持ちよい日差し | ホーム | 三脚も出動>>

コメント

ukbeatです

おはようございます。
日曜日は確かに寒かったですね。
怪獣(息子)と公園に行きましたが、
バラの本を読むも寒くて寒くて、
怪獣に頼んで、早めに帰ってきました。

バラの手入れもできずじまいで。。


「新雪」に大注目です。枝ぶりを見ると
すご~く伸びるんですね。実家の「新雪」は
この春どうなるか。。。期待大です。
オベリスクじゃ抱えきれない程の枝が出そう
ですね。。。何に這わせるか考えないと。

今はアーチを横型にして使っていますが
(スノーグースとイエスタデー)、新雪、
そしてお共のピエール、ルージュピエール
達は、ガゼボがいいかな、と思っています。

が!あの高さになると、誘引も三脚を使わないと
出来なくなりますよね。やはりメッシュフェンス
が良いかもしれません。


土替え、わたしも毎年できるか自信がなくなり
ました。鉢植えでも土を耕すことを、先日の
趣味の園芸で知りました。我が家の鉢は、
み~んな、カッチカチです。。。施肥はまだ
なのですが、3月に入ったら全てにしてあげる
予定です。

緩効性肥料・マグァンプK→というのがある
んですね。今はぼかし肥料を使っていますが
どうなんでしょうね。液肥を今年良いものを
買ったので(P-cat)、こちらも期待しています。

長くなりました。
今日は有給を使って、怪獣の発表会へ
行ってきます。平日の休み、うれしい限りです。
  1. 2011/02/22(火) 07:12:06 |
  2. URL |
  3. ukbeat #OLHiJ7es
  4. [ 編集 ]

ukbeatさん、こんばんは~

新雪は、ステムが剛直で少し長めなので、
アーチやオベリスクには少し合いにくいでしょうね。
ガゼボも誘引したつるから離れてやや上向きに咲く
新雪はあまり向いていないように思います。
やはりこのバラの本領が発揮できるのは、
広い壁面やフェンスで伸び伸びと誘引した時じゃないかと思います。
いずれにせよ、枝が太くてゴツイのであまり小細工には向かないバラです。
その点、ピエールはステムが短く、花も横向きなので、
壁面、フェンスはもちろん、アーチ、ガゼボにも悪くないでしょう。

趣味の園芸で小山内先生がえらくあっさりとチョイチョイとやってましたね。
ちょっと手抜きかなと思ったりもしましたが、
あんなものかな、と思い直したのも事実です。
まあ、何事も結果を恐れず実践あるのみですね。

マグァンプKは中粒で1年、大粒で2年OKの触れ込みです。
成分がリン酸主体なので、ベースとなる元肥として
花には良いと思いますが、
少なめな窒素、カリ分は定期的な液肥で補っています。
ここ3~4年使っていて、土替え時に目分量で混ぜ込むだけなので楽ですよ。
花後などに追加で有機の置き肥などと併用してもOKです。
  1. 2011/02/22(火) 21:17:02 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/855-c46b2a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。