芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日差しは高くなったけど...

強い北風が吹き荒れた一日。
日中には気温は13.0℃まで上がったものの、日が翳り始めると一気に冷え込んできました。


お彼岸が明けて、日の高さはもう9月中旬頃と同じというのに、
日本列島は冷たい空気にすっぽり覆われたまま。


庭に出たのは3時過ぎから。
日が高くなる季節になると、我が家の庭は午後遅くからマンションの建物の陰に入り始めます。

マンションの建物はほぼ真南に向いているので日当たりは良いのですが、
2軒西隣から数メートル前に張り出している関係で、だいたい3時過ぎからだんだんと陰に入っていきます。
お陰で夏には西日が直接当たらないというメリットもあるのですが。


そんな日が少し翳り始めた時間帯の庭の様子を写真に収めてみました。

ジュビリーセレブレーション
「天使の輪」を被ったジュビリーセレブレーション。
白い鉢の縁から反射した光の悪戯なんですが...

バラはこの2週間ほどでどんどんと葉の展開が進んでいます。



 クレマチス・ジャックマニー
ジャックマニー
クレマチスも旺盛につるを伸ばし始めています。
系統名にもなっている遅咲き強剪定の代表品種。
5月中旬頃から紫紺の中?大輪花をたくさん咲かせ、バラとの相性も抜群。



コブシ
コブシ
ムクドリの食害が酷いですが、今日は風が強いせいか
まだ3割ほどの花は無傷です。



スノーフレークとクリスマスローズ
コブシの木の足元では、スノーフレークとクリスマスローズが花ざかり。



クリスマスローズ
クリスマスローズはそろそろピークを過ぎ始めたかな、という感じ。
雄しべが落ちて子房(種袋)を膨らませ始めた花が増えています。



 安曇野
安曇野
ウィーピングスタンダードにした一重のミニのつるバラ。
趣味の園芸テキスト4月号の「小輪のバラ」のトップをデカデカと飾っています。




さて、心配な原発事故ですが、各地の水道水で検出されている放射性ヨウ素。

いったいどんな放射性物質なのか。
そして、どの程度心配なのか。

なるべく、分かりやすく書いてみます。


まず、ヨウ素といえば、海草に多く含まれていることはたいていの方はご存知でしょう。
人体中では、その大部分がのどの部分にある甲状腺に分布しています。
甲状腺ホルモンのはたらきに不可欠な物質で、一般に日本人は海産物を多く食べる生活習慣があるため
ヨウ素の摂取量は十分足りていて、放射性ヨウ素を微量含んだ水道水を多少飲んだところで
甲状腺に取り込まれる量はあまり多くない、ということのようです。

チェルノブイリで問題になった乳児の甲状腺ガンの多発は、内陸での事故だったため、
住民(乳児)がもともとヨウ素欠乏症気味だったところに、無防備に牧草から牛乳へと濃縮された
ヨウ素を大量に摂取してしまったために起きたということのようです。


そもそも、放射性ヨウ素は、核燃料中のウランの核分裂によって発生しますが、揮発性が高い気体状で、
健全な核燃料であれば被覆管と呼ばれる金属製のさやに収まり、かつ原子炉の中に封入されているので
通常であれば環境に放出されることはありません。

今回、大量に漏れ出している放射性物質の大部分は、ヨウ素131とセシウム137です
事故によって燃料が破損し、原子炉内から漏れ出して大気中に大量に拡散してしまった訳ですが、
ヨウ素は常温で、セシウムは数百度でガス状のため、一番漏れ出して拡散やすい物質と言えます。

別の見方をすれば、核分裂で生成する他の固体状の放射性物質がほとんど検出されていないということは、
核燃料自体が爆発によって大きく破損して飛び散っている訳ではないことが推測できます。

チェルノブイリの事故では、核燃料のウラン、プルトニウムを含む様々な放射性物質が原子炉の爆発とともに
大気中に飛び散りましたが、福島の場合はそこまでの事態には至ってないということです。


大気中に漂い出したヨウ素とセシウムは、気体状もしくは水蒸気やチリなどに付着して、
ちょうど煙が風に乗って拡散するように広がっていきます。

そのため、風向きによって、空気中の濃度は大きく変わってくるし、
雨が降ると、雨と一緒に地表に多くが落ちてきます。

12日に最初の爆発が起きて以来、関東地方で雨が降ったのは3回ですが、
関東地方では天気が悪いときには北東からの「やませ」と呼ばれる冷たい風が吹くことが多いため、
そのことが今回の関東の水道水でのヨウ素131検出に大きく影響しているようです。


さて、そのヨウ素131ですが、この放射性物質の大きな特徴は、だいたい以下の通りです。
 (1)気体状で水にも良く解ける
 (2)甲状腺に集まりやすい
 (3)ベータ線(β線)を出す
 (4)半減期が約8日

(1)、(2)はすでに述べたとおりですが、次に(3)のベータ線と(4)の半減期について。

放射線には主に、
 アルファ線、ベータ線、ガンマ線、中性子線
の4つがあって、それぞれの正体は、ヘリウム原子核、電子、電磁波、中性子です。

今回問題となっている放射性物質で問題となるのは、このうちベータ線とガンマ線で、
それぞれヨウ素131はベータ線、セシウム137はガンマ線が問題になります。


ヨウ素131はベータ線(電子)を放出して、キセノン131という別の物質にどんどん変わっていきます。
X線とよく似た性質のガンマ線とは違って、ベータ線は電気を帯びた粒子(電子)なので、
物質をあまり透過しません。
薄い金属板や1cmほどのプラスチックでも止まってしまいます。

こうした性質から、ベータ線は対外からの被曝(外部被曝)による問題よりも、
体内に取り込んだ被曝(内部被曝)の方がより問題になります。

ヨウ素131の場合は、甲状腺に集まり、さらにベータ線が直近の部分、すなわち甲状腺自身を集中攻撃する
恰好になるので、その点が一番問題なのです。

先日、東電の下請け作業員が高濃度のヨウ素131を含んだ水に足を踏み入れて被曝しましたが、
この場合もベータ線の特徴から、水に浸かった皮膚部分だけが大量に被曝していて、
「ベータ線熱傷」というやけどとよく似た症状になるようです。
全身に強い放射線を浴びたり、体内に大量に取り込んだ訳ではないようなので、
おそらく症状は足だけの局部的なもので済んで、命に関わるようなことはなかろうと思います。



次に、ヨウ素131の半減期8日というのは、ヨウ素131の量が8日で半分になるということです。

したがって、ヨウ素131を含んだ水は、8日間汲み置きしておけば半分、1ヶ月で約16分の1、
80日で約1000分の1になる、という訳です。

これは、甲状腺に取り込まれた場合も同じで、ベータ線を出しながら減っていきます。
したがって、今回検出されたような低い濃度のヨウ素131は、継続して高い濃度のものを摂取し続けない限り
ほとんど問題がない、ということなのです。
水道水しか手に入らない場合は少しぐらいは飲んでも構わない、というのはもともと十分に濃度が低い
ということに加えて、さらにこういう理由があるからでしょう。

なお、ヨウ素131から変わったキセノン131は半減期が約11.8日でガンマ線を出しますが、
ヨウ素と違って、他の物質とくっつかない性質の不活性ガスなので、体内からすぐに排出されてしまうため
ほとんど問題ありません。


今日のニュースでは、まだ、各地の水道水からヨウ素131が検出されているようですが、
どこも、あまり継続性はないようで、例えば東京の金町浄水場では、
日に日にヨウ素131の濃度は下がり続けて、問題のないレベルまで下がっています。

同様に、福島原発から海水にヨウ素131が放出されているようですが、
ヨウ素に関して言えば、食物連鎖で濃縮されることがあったとしても、
半減期が短いため、ほとんど問題になることはないでしょう。

むしろこちらは、問題があるとすれば、セシウムなど、ヨウ素以外の半減期が長い放射性物質の方でしょう。



やや長くなってしまいました。


次回は、同じく大量に放出されたセシウムについて書いてみようと思います。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/03/26(土) 23:59:20|
  2. 今日の庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<寒いけど | ホーム | 地震発生から2週間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/888-5782cc60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。