芝とバラの庭仕事

マンションの専用庭で西洋芝とバラの庭を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遅咲きのバラ

今日で5月も終わり。

遅いバラの開花と記録的に早い梅雨入り。

あっという間にバラシーズンが過ぎ去ってしまったような気分ですが、
実際にはこれから遅咲きのバラが見頃を迎えます。


階段の上の遅咲きのバラ
階段の上から眺めた遅咲きのバラ。



ニュードーン
ニュードーン
やや遅咲きのとても強健なつるバラ。
地植えすると生育旺盛で、枯らすのが難しいほど丈夫。
多少黒点病が出るくらいで、出たところでまったく平気です。

トゲが物凄いのが欠点と言えば欠点。

コラボしている小輪の濃いローズピンクのバラはスーパーエクセルサ。



スーパーエクセルサ
スーパーエクセルサ
3cmほどの小輪が房咲きになる、四季咲き(返り咲き)の丈夫なバラ。
シュラブ、つるバラ、修景バラと色々な分類のされ方をしますが、
国内代理店の京成バラ園芸では「修景バラ」と分類しています。


つるの長さは2-3m。
斜め上方向に伸びる枝は、先端部に房咲きで花をつけると、
花後はどんどん分枝し、また花をつけて、最終的には高さ1.5mほどの
こんもりとした自然樹形にまとまります。

つるバラのように誘引することも可能ですが、分枝して花をたくさんつけるので、
毎年のつるの入れ替え作業(古枝の切り戻し)が必要なく、伸びた末端の枝を適宜固定していくだけでOK。




アルバ・メイディランド
アルバ・メイディランド
直径2-3cmほどの白い花が20~50ほど、葡萄のように房咲きに。

極めて丈夫で、横張り性が強く、細い枝がどんどん伸びていきます。

これも京成バラ園芸では修景バラと分類していますが、ランブラータイプのつるバラのようにも扱えます。
ただ、太いシュートが長く伸びるというより、分枝しながら細長い枝がどんどんと伸びていきます。
伸ばしても、刈り込んでもOKですが、分枝しやすい細い枝は適度に切り詰めないと、
収拾が着かなくなるほどいくらでも伸び続けます。

また、横張り性の枝が少しでも地面に着くとすぐに発根し、そこから新たな株として成長を始めます。

うちの場合、知らないうちに何株かに増えて横に広がってしまいました。



このほか、まだ未開花のザ・フェアリーもあり、すでに満開の安曇野とともに
階段上の一角をもうしばらくの間、賑わしてくれます。




最後に、ほかの様子を少々。

ウィリアム・モーリスとタチアオイ
花壇のフェンスを賑やかに飾ってくれたウィリアム・モーリスは、
この雨でほとんどの花が傷んで終わってしまいました。

幾つか残った花も、こんな風にボーリング気味で、
例のクォーターロゼット咲きまで展開するか微妙なところです。


タチアオイは、ここに引越してきた最初の秋に蒔いたミックスフラワーの種が宿根化したもの。

毎年、バラが終わった頃に大きく成長してきます。



クレマチス・ジャックマニー
クレマチス・ジャックマニー
幸い降り続いた雨も何とか持ち堪え、ほぼ満開になりました。



明日から6月。
また木曜日頃に雨になりそうです。

梅雨入りしているので仕方ありませんが、今の花をもう少し楽しむためにも、
せめてあと1週間くらいは雨はほどほどにして欲しいものです。



blogram投票ボタン ←Thank you for your click!
人気ブログランキングへ ←Thank you for your click! 人気ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/31(火) 23:59:52|
  2. 今日のバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<梅雨寒 | ホーム | 終盤戦へ>>

コメント

今日から6月衣替えと言うのに寒い一日でした。(-ω-;)ウーン

ほんとあっという間に薔薇シーズンも終盤。
今年はあっけない感じでしたね。
でも小花系が頑張ってますね。
我が家はスーパーエクセルサに似たキングローズが今満開です。
それからアルバ・メイディランドも~
我が家もこのアルバ・メイディランド、ヒョロヒョロ苗でしたが大きくなってきました。

先日お迎えしたウィリアム・モーリス、蕾が沢山ついていてまだまだ楽しめます♪
今一番華やかにしてくれてるウィリアム・モーリスです(*^_^*)
  1. 2011/06/01(水) 17:51:24 |
  2. URL |
  3. Ryo #-
  4. [ 編集 ]

Ryoさん、こんばんは

衣替えでしたが上着がないと寒い1日でした。
一足先にクールビズは始まってますが、
さすがに「スーパークールビズ」とやらは出鼻を挫かれたようですね。
個人的には仕事ではちょっと、って感じですが。。。
プライベートではポロシャツ派ですけどね。

折角のバラシーズン、ホントにあっけなく、って感じですね。

小輪多花性のバラって、花束のカスミソウみたいに
単独で楽しむというより、庭全体で楽しむときや、
大輪との組み合わせでとても存在感を発揮してくれますね。

アルバ・メイディランドは夏、冬の剪定でどんどん
古枝や細い枝をすかしていくと、
結果的に花つきが良くなるようです。
古枝には節々にコブ(根塊)が出来易いので、
その対策にもなります。

ウィリアム・モーリス、気に入られたようですね。
夏以降はやや枝が暴れますが、
これも個性と思って、良い植え場所を
見つけてあげてください。
  1. 2011/06/01(水) 22:55:11 |
  2. URL |
  3. Sunday Gardener #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sundaygardener.blog8.fc2.com/tb.php/945-099ef06e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sunday Gardener

Author:Sunday Gardener
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の庭 (642)
Photos (28)
今日の芝 (76)
芝用の道具、資材、小物 (3)
今日のバラ (113)
挿し木、芽接ぎ、種まき (14)
バラ用の道具、資材、小物 (2)
バラLIST (85)
アイスバーグ(つる) (3)
安曇野 (6)
アルバメイディランド (2)
アンジェラ (10)
ウィリアム・モリス (5)
オールドブラッシュ・チャイナ (4)
カクテル (1)
クイーン・エリザベス (1)
クラウンプリンセスマルガリータ (2)
黒蝶 (2)
コーヒーオベーション (1)
シャリファ・アスマ (1)
ジュビリー・セレブレーション (5)
ジュリア (4)
ザ・フェアリー (2)
新雪 (6)
スーパーエクセルサ (1)
セプタードアイル (3)
ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ (1)
テキーラ・サンライズ (1)
ニュードーン (1)
パット・オースチン (3)
ピエール・ド・ロンサール (2)
ブルーバユー (1)
ポールズヒマラヤンムスク (0)
マジック・カルーセル(つる) (1)
ラ・カンパネラ (2)
緑光 (1)
レッドカスケード (2)
ロイヤルボニカ (1)
ロサ・グラウカ (1)
ロサ・ムルチフローラ(ノイバラ) (6)
Unknown 1 (2)
Unknown 2 (1)
ギボウシ (12)
クレマチス (17)
クリスマスローズ (19)
宿根草、多年草 (57)
ミニチュアダックス (4)
観葉植物、室内 (6)
お出かけ (73)
お買い物 (24)
未分類 (33)
仙台のベランダ (30)
単身生活 (10)
マラソン (9)

FC2カウンター

フリーエリア

ユーザータグ

西洋芝メンテナンス 定点観測 ギボウシ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。